冬芽や新葉が赤っぽい理由を教えてください。
寒さに強いのでしょうか?

A 回答 (2件)

植物のもつ赤い色素はアントシアニンという赤紫の色素による物です。



新しい葉にはクロロフィル(葉緑素)が少なく、もともと植物の持っている赤紫のアントシアニン色素が強く色を出している様に見えるので赤っぽくなります。クロロフィルは植物が元気になるにしたがって多く作られるようになり、アントシアニンは逆に減少していきます。

そのため、植物が休眠状態にある冬は赤紫がかった色に見え、春になってクロロフィルが多くなると葉っぱ本来の緑色になってくるというわけです。
新芽が赤いのもほとんど同じ理由です。

葉が古くなると黄色くなりますが、この黄色はクロロフィルが減ってカロチノイドという黄色の色素が作られ始めることによるものです。


寒い季節は葉が凍らない様に糖分が多く蓄えられて冬支度をしますが、色の違いはほとんど関係無い気がします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
植物の寒さ対策とは考えない、というご意見ですね。
糖分濃度の上昇ですね。
参考になりました。

お礼日時:2002/02/24 22:15

やはり、寒さは関係していて、効率よく熱の吸収をするためです。



「黒」の方が効率いいんじゃ?

殆どの植物は、「黒い」色素を持っていないそうです。

じゃ、あの黒いオリーブや、黒豆は?

たしか、すんごく濃い赤や、緑またはそれらが混じって
黒く見えるのであって、黒ではないそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとう。
熱吸収を考えた植物の目的的な適応現象
と考えますね。
参考になります。

お礼日時:2002/02/24 22:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこの写真の葉の名前を探しています。前にも質問したの

この写真の葉の名前を探しています。前にも質問したのですが答えがなかったので大きくなった葉を写真に撮りました。お願いします

Aベストアンサー

一般名で、いわゆるテンナンショウ(天南星)類ですな。
http://www.mhlw.go.jp/topics/syokuchu/poison/higher_det_12.html

テンナンショウの仲間は、属に広義としてマムシグサとも呼ばれる。一品種としてのマムシグサや、ウラシマソウもいわゆるテンナンショウ。厚労省によると日本では30種類程度の自生らしい。果実は食べないように。

テンナンショウの仲間
http://yikflower.sakura.ne.jp/flower%20frame%20tennanshou.html
http://www.geocities.co.jp/NatureLand/6324/menu/ta/tennansho.html
http://wwwc.pikara.ne.jp/wildplant/newpage1.htm

下記サイトによると約150種類あるらしい。
http://yasashi.info/te_00007.htm

Q針葉樹が寒さに強い理由は?

針葉樹林が寒さに強い理由は何でしょうか?
あの葉に秘密がありそうです。
しかしとがっている=低温・乾燥に強い
というイメージが湧きません。
詳しくお知りの方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ちょっと知り合いと話をしていましたが、その博学な知人によると:

針葉樹は葉の幅が狭いので、木全体として含有する水分が少なくてすむ。(乞うよう樹林のように葉が広く水分が多いと凍ってしまって生命維持活動に支障をきたすから)また、こっちは今一つ自信がないようですが、葉の幅が狭いと逃げて行く熱などのエネルギー量が少ないからというのもあるかもしれない、とのことでした。

受け売りでごめんなさい。

Q写真有:パキラの葉が多くなってモサモサしてきました。

写真有:パキラの葉が多くなってモサモサしてきました。

1年ほど前から、鉢(直径&高さ13cm)に入ったパキラを育てています。
幹の茶色部分が高さ13cm、その幹から5~6cmの緑の幹が3本伸びていて、
そこから葉をつけた1番細い枝が、各幹に4本ずつ生えています。

暖かくなってきてから、急にモサモサと葉を出して上へと伸びてきています。
大きな葉だと1枚10cm位あります。下の葉が窮屈そうに見えて心配だったり。
大きな葉は、濃く元気な緑色ですが、影になった葉はレタスの様な淡い緑色です。

剪定してあげた方がいいのでしょうか。
また、植え替え等を考え出す大きさの目安などは有りますでしょうか。

長く元気に育てていきたいです。 宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

写真を見る限りは、今年植え替えなかったからか、あるいは冬の管理がいまひとつだったのか、今のところ葉も小さめで元気というほどには見えませんが、(最近)急に成長を始めたということですから育てるにはまったく問題ないでしょう。

◆今のままでも鉢の大きさ・樹形ともに、とてもバランスがいいです。
今のまま管理するなら、下の方の元気のなさそうな小さい葉は少し落としてもいいでしょう。夏の生育中に緩効性肥料の置き肥を1~2回与える程度にして下さい。

<植え替えについて>
本当は6月に植え替えた方が良かったのですが・・・・・
根の成長が早く根詰まりしやすいですから、鉢の下から根が詰まっていないか、または木の成長の度合いによって1~2年ごとに植え替えるのが普通です。

◆植え替えの時期は5月~梅雨明け位までですから、今はそのままのほうがいいです。根が見えていなければ来年5~6月ころ植え替えて下さい。もし鉢の底から見て根が出ているようなら9月下旬に植え替えて下さい。
 ※もし9月に植え替えたら次の植え替えは20~21ヶ月後の5~6月でいいです。

<以下は植え替える場合での話>
(1)新しい土を用意して下さい。市販されている観葉植物専用の土か、自分で作る場合は、赤玉土(小粒)6、腐葉土4ぐらいです。
(2)鉢から抜いた株は周りの古い土を3分の1ほど落として、弱っていそうな根や鉢の周りに密集した根を同様に3分の1ほど切り落として、鉢は今の大きさでもバランスはいいですが、先のことを考えて1サイズ大きくして下さい。
(3)9月には今より成長していると思いますから、植え替える場合は下の方の元気のなさそうな葉を落として下さい。また上の方ですごく大きく成長した葉のうち何枚かは半分にカットしてもいいでしょう。※植え替えは来年にするという場合にも方法は同様にして下さい。
(4)枝の剪定はいずれにしても植え替えの時がいいでしょう。残したい枝と切る枝、育てたい形もイメージして切るといいでしょう。写真の枝はまだ小さいですからそれほど切らなくてもいいように思いますが、9月か来年5~6月に植え替える時、あまりにも細い枝があるようでしたら切り過ぎない程度に落としてもいいです。

●<管理> 参考に
http://www.yasashi.info/ha_00020g.htm
http://www9.plala.or.jp/mosimosi/green/pakla.htm
http://www.yonemura.co.jp/zukan/zukan-k/naiyou/pachira3.htm

がんばって花を咲かせてください^^
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/pakira.html

購入される時がこの位の大きさで、その後成長させます。
http://www.yonemura.co.jp/zukan/zukan-k/naiyou/pachira1.htm
http://www.087greensmile.com/plant-pakira.html

写真を見る限りは、今年植え替えなかったからか、あるいは冬の管理がいまひとつだったのか、今のところ葉も小さめで元気というほどには見えませんが、(最近)急に成長を始めたということですから育てるにはまったく問題ないでしょう。

◆今のままでも鉢の大きさ・樹形ともに、とてもバランスがいいです。
今のまま管理するなら、下の方の元気のなさそうな小さい葉は少し落としてもいいでしょう。夏の生育中に緩効性肥料の置き肥を1~2回与える程度にして下さい。

<植え替えについて>
本当は6月に植え替えた...続きを読む

Q赤や黄色に紅葉した葉が落葉した後になぜ、茶色になるのか?

 http://www.occn.zaq.ne.jp/denki-kisi/htm/kouyou.htm から紅葉する理由はわかりました。つまり、赤い色は『アントシアン』黄色は『カロチノイド』渇色は『プロバフエン』ていう物質がその正体。ということです。
 では、落葉して葉が茶色になるにはどのようなメカニズムで起こるのでしょうか?「色を出している物質が壊れるため」と推測できますが、これらの物質は壊れたりするのでしょうか?
 落葉した葉が茶色になるのは日常的に見受けられる当たり前の現象ですが、そのメカニズムを知りたいのです。どなたかアドバイスをよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

アントシアンやカロチノイドは酸化されやすい物質です。いわゆる抗酸化性物質といえるでしょう。アントシアンはポリフェノールの一種でもあります。

抗酸化性物質としての作用は、それ自身が酸化されて別の化合物に変わるということで、その際にそれらの特有の色も消失するということです。

植物が生きているうちは、それらの物質が補充されるでしょうが、落葉すれば補充されなくなり、空気中の酸素や光の作用で分解されるということでしょう。

プロバフエンのことは知りませんが、タンニンの一種ということのようですので、アントシアンやカロチノイドよりも安定化だと思います。また、分解しても似たような色の物質になるということかも知れません。

Qこの写真の葉の名称をご存知な方はいませんか?

この写真の葉の名称をご存知な方はいませんか?
場所は北信越地方で写真は最近撮影したものです.
よろしくお願いします.

Aベストアンサー

 エゾノギシギシに似ている様な気もしますが、自信はありません。

【参考URL】
 エゾノギシギシ
  http://www.paw.hi-ho.ne.jp/ya-ho/yasopage/tade/ezonogishigishi.htm

 エゾノギシギシ
  http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/angiospermae/dicotyledoneae/choripetalae/polygonaceae/ezonogisigisi/ezonogisigisi.htm

Q宝石珊瑚が、赤やピンクに色ずく理由

私は、宝石珊瑚が大好きです。
そこで質問なのですが、宝石サンゴには、赤、ピンク、桃、白、黒など色々な色のものがあります。
宝石珊瑚の原木を磨くことにより、赤やピンクなどの鮮やかな色に色ずく理由が知りたいです。

なぜ、どのようなことで、赤やピンクになりますか?
ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

あまり専門的では無いですが、このページの下の方に少し出ています。

参考URL:http://p.f122.com/asutakisantin/317_1.html

Q写真のとおりイチゴの葉に黒い点々ができました。

写真のとおりイチゴの葉に黒い点々ができました。
これは親株からとった苗の写真です。
ほかの苗もこんな感じなのですが、回復は無理でしょうか?

炭疽病だと思います。

Aベストアンサー

写真だと良くわかりずらいのですが病班からすると炭疽病だと思われます。
登録農薬としてはアミスターフロアブル、ゲッター水和剤、バイコラール水和剤などがありますので広がる前に防除されたほうがいいです。
紹介した薬剤はそれぞれ系統が違うのでローテーションを組んで散布するようにしましょう。

>回復は無理でしょうか?

ご存知かとは思いますが植物は人間のように修復能力がないので病班が消える事はありません。
病班が広がらなければ薬剤が効いていると判断して下さい。
この時期どうしても炭疽病が発生しやすいので症状が出る前の防除が大事ですよ。

Q桜(ソメイヨシノ)の冬芽について

花と葉の冬芽の見分け方はありますか。
この二種類の冬芽が出る時期に違いはありますか。
漠然とした質問で申し訳ありませんが、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

基本的にすべて葉芽の状態で存在していますが、ある時期がくると花芽に変化します。一般に前年枝の先端の芽が花芽になる花木が多いです。

葉になるか花になるかは落葉してしばらくするともう決まってしまうので、桜の剪定をする場合は落葉後すぐに行うのがセオリーとされています。

冬芽の見分け方ですが、一般的に言われるようにふくらみがあるのが花芽、細いものが葉芽です。ただし今の時期に見分けるのは難しいかもしれませんね。

Q四つ葉のクローバーの写真素材を探しています。

こんにちは。
今、HP用の四つ葉のクローバーの写真素材を探しています。
いくつかは検索サイトなどから見つけましたが
なかなか自分の理想に近いものが見つかりません。
条件としては

・四つ葉のクローバーの写真素材
・あまり群生して写っているのではなく
 単体、もしくは少数で写っているもの。
・加工OKである。(リンクウェアでもかまいません)

以上です。
ご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://www.google.co.jp/imghp?hl=ja&tab=wi&ie=UTF-8
で「四葉のクローバー」という検索キーワードをお試しください。

参考URL:http://www.google.co.jp/imghp?hl=ja&tab=wi&ie=UTF-8

Q童謡に「赤い鳥小鳥なぜなぜ赤い。赤い実を食べた」とあります。

童謡に「赤い鳥小鳥なぜなぜ赤い。赤い実を食べた」とあります。
鳥類の進化が今後も続くとすれば、南天やピラカンサの赤い実を好んで啄むヒヨドリも数千万年の後に、赤いヒヨドリに進化する可能性はあるのでしょうか?
年中、赤い実を食べていないと、その可能性はないですかね?
ふとそんな疑問を感じたので投稿します。
どなたか進化の可能性を教えてください。

Aベストアンサー

ありません。それは童謡の中だけの話です。人間が毎日米を食べても、何万年経っても「体が米になる」ということは無いのと同じです。

体の色はDNAによって決まります。赤い鳥になるには、DNAという設計図に赤色色素を合成する方法を書き込まねばなりません。赤い実を食べてもDNAに赤色色素を作り出す「設計図」は書き込まれないですよね。
↑毎日米を食べたからと言って、「人間の体を米にする方法」が分かることが無いのと同じです。

その設計図を書き込むには、自然界による、あるいは人為的な遺伝子操作が必要です。(自然界の遺伝子操作とは、細胞分裂時等に何らかの原因で遺伝子のコピーミスが起きることです)。
↑人間が米になるには、米を食べるのではなく、人間の遺伝子を米の遺伝子に置き換えなければいけないのと同じです(実際はそんなことはあり得ませんが)。


フラミンゴは赤い色素を摂取することで「フラミンゴ色」に染まっていますが、食べなければ白いフラミンゴです。それは何万年経っても同じです。これは乱暴に言えば、体に色を塗っているようなもので、遺伝子とは何も関係がありません。

仮にその色素を摂取しなくても「フラミンゴ色」になるフラミンゴが出現したとしても、その原因は赤色色素を摂取したからではありません。遺伝子が偶然そのような突然変異を起こしただけのことです。

ありません。それは童謡の中だけの話です。人間が毎日米を食べても、何万年経っても「体が米になる」ということは無いのと同じです。

体の色はDNAによって決まります。赤い鳥になるには、DNAという設計図に赤色色素を合成する方法を書き込まねばなりません。赤い実を食べてもDNAに赤色色素を作り出す「設計図」は書き込まれないですよね。
↑毎日米を食べたからと言って、「人間の体を米にする方法」が分かることが無いのと同じです。

その設計図を書き込むには、自然界による、あるいは人為的な遺伝子操作...続きを読む


人気Q&Aランキング