質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

はじめまして。
まだ、小学校6年生なのですが、将来は経営者を目指しています。
いろいろ、本を買ったり、Webで調べているんですが、「限界利益」と「ROI」についてきちんと理解ができません。

「限界利益」は、ここまでが利益の限界、もうこれ以上利益が出せない、ってコトなのでしょうか?

幼稚な質問ですいません。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

限界という言葉の意味を知るには、微分という数学を勉強されるとよいでしょう。

小学生向けの数学の本などにも、説明されているものがあります。そうすると、すでに紹介があるように、売上が一単位増えたときに、どれだけ利益が増えるかという意味だというのが理解できます。
100万円の売上のとき、10万円の利益があり、101万円の売上のとき10万800円の利益があるとすると、1万円売り上げが増えたときに、800円の利益が増えます。その800円を850円に増やしたいとき、コストを削減しないといけません。そのようなことを考えるとき、限界利益は有用な概念となります。
    • good
    • 0

限界利益



限界利益とは、売上高から売上に応じて変動する費用(材料費、直接労務費など)を控除して計算される利益のこと。

限界利益が固定費と同額になる売上高が損益分岐点売上高であると言える。
限界利益の売上高に占める比率を計算することで、損益分岐点の算出などが可能となる。
固定費を賄う利益なので、固定費回収に貢献する利益という意味で貢献利益と呼ばれることも多い。
http://www.exbuzzwords.com/static/keyword_575.html

ROI

ROIとは、投資評価指標のひとつで、特定の投資に対しどの程度の利益を生み出しているかを示す。
投資単位であるという点で、全社的な評価を行う経営分析の収益性指標であるROEやROAとは趣旨が異なる。
計算式: ROI(%) = 利益 ÷ 投下資本 × 100
http://www.exbuzzwords.com/static/keyword_1578.h …

参考URL:http://www.exbuzzwords.com/
    • good
    • 1

限界利益は、marginal profitから訳された用語でしょう。



marginalは、

1 へり[縁]の, 端の, 境目の, 辺境の, 辺境に住む.
2 ((限定))欄外の, 余白に書かれた
3 (最低の)限界に近い, 不十分な

限界という意味にこだわらないほうがいいかもしれません。
marginalは、経済学などにもよく出てくるようです。



ROI:return on investment

investmentは、

投下資本, 投資金[額], (事業・株式など)投資の対象, 投資物

北尾CEOで有名なSBIのIはinvestmentです。
    • good
    • 0

【限界利益】


売上
△変動費
----------
限界利益
△固定費
----------
利益

変動費とは、売上げの増減に比例して増減する原価や費用
固定費は、売上げの増減に関係なくかかる費用

限界利益がマイナスということは、簡単に言えば1万円で仕入れたものが5000円でしか売れないような状態のこと。
売れば売るほど赤字が膨らみ、ビジネスとして成り立ちません。
このような商材の取り扱いは直ちに打ち切らなければなりません。


【ROI】
簡単に言えば、投下資本がどれだけの利益を生んでいるかということ。

利益
------×100 (%)
投資額

1億の投資をして毎年1000万円の利益が出る会社と、10億投資して、毎年1000万円利益がでる会社があるとしたら前者の方が投資効率が良いのは明らかですよね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QROIは何%以上あれば大体OKだと考えればいいのですか?

全くの素人です。よろしくお願いいたします。
現在、会社にあるシステムを導入しようとしております。
ところが、そのシステムを導入するに当たって、その効果を報告せよと上司から言われ、色々検討した結果、ROIで報告できればいいかなあと考えました。
ところが、ROIを計算したところ、900%以上の値になってしまい、何だかよくわからない状況です。こんな値を報告したら、笑われてしまうだけみたいな感じもしますし、どこか計算ミスがあるのかと疑ってもしまいます。
色々検索エンジンを使って調べているのですが、結局のところ、ROIはどの程度の値を示せば導入に踏み切っても良いと判断されるものなのでしょうか?
何か基準のようなものはあるのでしょうか?
さっぱりわかりませんので、参考URLなどありました、こちらも教えていただけると幸いです。
是非、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

一般常識としては、ROIは(金利前で計算した場合)最低限市場金利を上回っていなければなりませんが、それ以上の何%を下限とするかは、会社・業界によって違うと思います。

回収年数という観点からも、設備の経済的耐用年数が業界によって全然違うので、一律に考える事は困難です。ソフトウェアは、陳腐化が早いので、実質的な耐用年数は非常に短い(せいぜい2~3年ぐらいでしょうか?)為、工場設備などにくらべれば遥かに早い期間で回収できるのが当然、とも言えます。

また、ROIがあまりに高いとおかしいのは、ある意味「そんな儲かる商売があるのなら、他社がとっくにやっているはずだ。→どこか計算がおかしいんじゃないか」って部分が大きいと思うのですが、システム導入によるコストセーブは、それぞれの会社の事情に全面的に依存する為、こういう発想もあまり意味がありません。

実際、投資回収が1年未満のシステム開発の話は何回か聞いた事があります。(但し、注意しなければならないのは、省力化による費用削減は、計算上のものと、実際にそうなるか=人の首を切れるか=とは全然違う事です。)

・・・という訳で、900%という数字だけからおかしいとは言えないと思います。(参考URLもご覧下さい。)

参考URL:http://www.linkcom.co.jp/whitepaper/Chapter8.htm

一般常識としては、ROIは(金利前で計算した場合)最低限市場金利を上回っていなければなりませんが、それ以上の何%を下限とするかは、会社・業界によって違うと思います。

回収年数という観点からも、設備の経済的耐用年数が業界によって全然違うので、一律に考える事は困難です。ソフトウェアは、陳腐化が早いので、実質的な耐用年数は非常に短い(せいぜい2~3年ぐらいでしょうか?)為、工場設備などにくらべれば遥かに早い期間で回収できるのが当然、とも言えます。

また、ROIがあまりに高いとおかし...続きを読む


人気Q&Aランキング