こんちちは。
私は、3年~5年先に、外資系コンサルファームで、マーケティング戦略や、事業戦略に携わる仕事をしたいと思っています。分野は情報通信分野を希望しています。

今は、その布石となるような仕事をして、経験を積んだり、勉強したいと考えて就職活動をしています。

しかし、一般企業でマーケティングに従事して、専門性を高めた方がいいのか、コンサルファームに入って、アシスタントからコンサルタントの道を目指した方がいいのか、2社の選択を判断しかねております。

というのも、大手コンサルファームの募集要項を見ると、どれも、コンサルタントとしての職種経験は問わず、各業界における経験や専門知識の方を重視しているように見受けられるからです。

私は、社会人としての経験が浅いので、もし、このままコンサルファームに勤めたとしても、次に希望するコンサルファームに転職したいとなった時に、
「コンサルの仕事してたかもしれないけど、その他の経験が浅いんじゃね・・・」と、書類選考時点で落とされてしまうのでは?と危惧しています。
また、実際コンサルタントとして働くにしても、現場の事をわかっていないと、結局いい仕事ができないのではないかという不安もあります。

しかし一方で、一般企業に勤めるより、コンサルファームでいろんな業界のさまざまな企業を垣間見たり、コンサルタントとしての思考技術、(問題発見/解決力、分析力、論理的思考力等)を培っていく方が、
3~5年後の転職時に、使える人材になり得るのではないかとも考えます。

どうか、数年後の目標のためには、今どちらの選択をするべきかについて、
アドバイスを頂けないでしょうか。

宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

コンサルタントの仕事内容がよく理解できていない感じを受けます。


あらゆる分野でコンサルタントが活躍していますが、少なくとも顧客を訪ねて相談、指導を行う人はその分野の経験者です。一方指導を仰ぐ方もその分野での経験者です。販売や経営に自社のノウハウだけでは限度を感じ外部の専門家に相談するわけですから、社内の専門家、経験者を納得させるだけの知識と経験が求められます。(理論や手法だけでは相手を納得させることは出来ません)

従って学卒でコンサルタントになることは出来ません。出来るのはコンサル会社の事務です。即ち、プロのコンサルタントが必要とする資料を探したり、データをまとめたりタイプしたり、プレゼン資料を作成したりする補助業務ならできるでしょう。

あなたが情報通信分野のコンサル業務に興味があるのであれば、その分野に就職し少なくとも営業、業務、企画などの分野で相当の経験をつむのが先決でしょう。経験の多寡によりアウトプットが決まってくるので、経験に見合ったコンサルしか出来ないでしょう。自ずから顧客層も限定されます。
    • good
    • 0

コンサルティング会社が採用時に職種経験を問わないのは、経験や専門知識の方を重視しているからではなく、コンサルタントとしての潜在力が職種経験に依らないためです。

また、コンサルタントとしての実力がある人であれば、一般事業会社での経験は問わず、大歓迎で採用します。競合他社採用は最も成功確率の高い採用ルートの一つだからです。
選ぶべき道は、更なる将来に、マネジメントになりたいのか、スペシャリストになりたいのか、によって異なるように思えます。経営者は必ずしも専門知識で最も優れているとは限りませんし、マーケティングの専門家が経営に優れているとは限りません。
いわゆる外資系コンサルティングにはマネジメントコンサルティングが多く、経営者へのキャリアパスにはなりますが、専門家になるには途中で進路変更が必要になる可能性が高いと思います。
専門家としての実務を積み上げて経営者になる道もありますが、どこかで自力でブレイクスルーする必要があるでしょう。
世の中にはマーケティングに特化したコンサルティング会社もありますが、私自身は実態を良く知りません。
    • good
    • 0

私が企業側にいて、コンサルを受けた経験からお話しますね。


当社へお見えになったコンサルさんは一応に中年でしたが、
コンサル対象の業務経験を長年企業や業界内で積んだ「先達」と
いう感じでした。
数名の方とお会いしましたが共通している点は、ご自身の長年の
業務経験をIT技術を駆使した手法をミックスして、業務の成果を
向上させるという内容でした。
私が思うにコンサルさんの条件とは以下のようなことでしょうか。

(1)当然のことながら、コンサルを受ける企業側にも知識や経験を
 豊富に積んだ社員がおり、彼らがコンサルを受ける訳ですから、
 コンサルの知識値や経験値が、社員を上回る事が絶対条件です。
(2)さらにコンサルの必要性や改善点を、社員に「気付かせる」ことが
 もっとも重要な事になります。社員が気付き、会社が行動しなくては
 コンサルさんの成果も上がりません。

(1)は企業での経験であり、(2)はコンサル経験から生まれるのでしょうか。

私はマーケティングは全く判りませんが、コンサルに求められる成果は
「売上の拡大」だと思います。コンサルにはそのような実体験がないと
聞く側にも伝わらないように思いますが、如何でしょうか。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q経営コンサルタントと戦略コンサルタント。

経営コンサルタントと戦略コンサルタント。

理系の就活生です。
コンサル業界に興味を持ち、
いろいろと調べているところですが、
経営コンサルトと戦略コンサルの仕事違いがわかりません。

わかる方ぜひ教えてください。


そして、外資系企業は学歴特に重視されるそうで、
やはり大学の成績も重視されてますでしょうか?!

Aベストアンサー

申し訳ないがこれを調べられない時点で絶対にあきらめた方がいい。
絶対にだ。これはイヤミではない優しさです。本屋なり検索なり手段はたくさんあるだろうに

Qコンサルファームのお仕事について

私の印象だと、戦略系=紙ベースで終了。
会計系=その次の段階にシステム絡めて云々(実務)というイメージがあるのですが、
(1)会計系の中に”業界コンサル”とか”業務コンサル”というのがありますよね。その方たちは何をされる方なのでしょうか??
(2)戦略系は問題抽出→解決手法をレポートというところで終了なのでしょうか?
 その後の実行フェーズにはほんとに全くノータッチなのでしょうか?
(3)もし、ノータッチなら実行は誰がやるの?社内の人間のみ??

以上3点ほど、出来たらコンサルタント経験がおありの方ご指導ください。
端的で申し訳ありませんが、是非にお願いします!!

Aベストアンサー

まずおおざっぱに、経営戦略→戦略遂行の業務プロセス・システム→そのプロセス・システムの運用(実務)という流れがあるのですが、その「主要対象」が、戦略系は上流、会計系は中流・下流にあります。

そこで貴方のご質問ですが、
(1)”業界コンサル”はある特定の業界、例えば、小売り業界とか金融業界とかを対象とし、”業務コンサル”は文字通り、業務プロセスの改善、業務システムの設計、場合によったら運用などを行うと考えてよいでしょう。
(2)戦略系の仕事の中核は、あなたのいう解決手法だけでなく、そのさきの「解決案」の提言までですが、当然それが実行されることには大きな関心があり、実行されるように、いろいろの提案をしたり、大事なのは、実行する気になるように、顧客を戦略策定の過程に巻き込んで、一緒に考え、”当事者”になってもらうことです。実際実行されているかもチェックします。
(3)したがって、このご質問の直接的回答は、社内の人ということになりますが、(2)の過程があることが大事です。ポンと”紙”(レポート)を渡しておしまいというわけではありません。

Q金融(または経営・戦略)コンサルについて教えてほしいです

↑のようなコンサルってがんばってマネージャーとかのクラスにいけばものすごい給料がもらえると聞いたのですが本当なんですか?

また、仕事はどんなことをするのでしょうか(ある程度は知恵袋などで知ってるのですが、もうちょっと具体的な仕事内容とかが知りたいです。)
企業とかに実際に行って、企業に足りないところを指摘するっていう感じだとは思うのですが・・・

今のところは理系志望なんですが、やっぱり経済学部とかのほうがいいのでしょうか?
まだ進路変更もある程度は可能なんです(理系の科目でいける経済学部とかもありますし)が、いままで理系の勉強をしてきたということもありまして・・・
理系の数学処理能力とかを評価する企業もあるとあったのですが、経済学の知識とかがなかったら駄目だと思うので、どっちの進路がいいのかわかりません。

Aベストアンサー

たとえばGMへ行って車1台につき1,000円のコスト削減ができるような方法を提案すると、車の生産台数が年間1,000万台なら100億円の経費削減、ということは100億円の利益が出ることになります。

「100億円も儲けを増やしてあげたんだから、その5%ちょうだい。」
と言えば5億円の報酬がもらえることになります。

でもGMという会社は世界中に1社しかありませんし、コンサルタントは大勢いますから、大部分のコンサルタントは年間売り上げが数億円以下の会社のコンサルしかできません。
年間数億円の売り上げのどこをどうひねくり回しても、数十万円の報酬しか出てきません。

数千万円の商店のコンサルだと、数万円かもしれません。
ものすごい給料とは限りませんよ。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4496038366/mixi02-22/

Q戦略系コンサルとSIerの違いとそれぞれの強み

現在コンサル系の業界研究をしているのですが、
タイトル通り、戦略系コンサルとSIerの違いとそれぞれの強みは何でしょうか?

Aベストアンサー

戦略系コンサル:
コンサルティングが業務の中心です。
ただ、コンサルティングというのは企業(クライアント)から見た場合、「戦略策定支援業務のアウトソース」といった位置付けなので、
どこまで企業から評価・信頼を勝ち取るか、というところがそのコンサルファームの強い弱い、得意不得意につながってきます。
また最近では、企業の財源も十分ではなくなってきていることもあり、こういったコンサル会社の多くも、ベンチャーキャピタルetc. 様々なビジネスモデルを模索している、といったところではないかと思われます。

SIer;
システム導入が業務の中心で、コンサルはその上流部分にあたる業務となります。
システムを扱っていることは強みにも弱みでもあります。システム構築・運営・保守は一定の収入を定期的に得やすいビジネスモデルですので、その意味では戦略コンサルよりも収支基盤としては安定しているといえるかもしれません。
その反面、システム導入先でないところを顧客にしにくいなど、独立性という意味で若干の足かせがあると考えられることも事実です。


いずれにしろ、allisnaさんが、そういった仕事につかれた後にどうしていきたいか、そこが1つのポイントかもしれません。
比較的高給がとれ、最初から企業のそれなりのポジションの人とやりとりが出来る分、そのあとの”仕事の伸び”というところが課題としてクローズアップされてきます。これには、「他者と協調しつつも、自分のチカラでどこまで出来るか」というところがポイントになってきます。


上記に触れさせていただいた「違い」に関する1つの見方から、allisnaさんご自身で、どこまでこの両者の違いを深められるか、そしてご自身への適性を見極めていけるか、というところが、1つのカギになるかもしれませんよ。

以上ご参考になるところあれば幸いです。

戦略系コンサル:
コンサルティングが業務の中心です。
ただ、コンサルティングというのは企業(クライアント)から見た場合、「戦略策定支援業務のアウトソース」といった位置付けなので、
どこまで企業から評価・信頼を勝ち取るか、というところがそのコンサルファームの強い弱い、得意不得意につながってきます。
また最近では、企業の財源も十分ではなくなってきていることもあり、こういったコンサル会社の多くも、ベンチャーキャピタルetc. 様々なビジネスモデルを模索している、といったところではな...続きを読む

Q経営コンサルタントの仕事とマーケティング

こんばんは。
現在、経営コンサルタントの職に就きたいと考えているのですが、経営コンサルタントの仕事は「マーケティング」とは関係あるのでしょうか?別の言い方をするとマーケティングの知識を持っていないと、経営コンサルタントの仕事は勤まらないのでしょうか?
もし分かる方いらっしゃいましたら御願い致します。

Aベストアンサー

 経営コンサルティングをするとしても、経営全般をカバーするのか、経営の中の特定の領域を深くサポートするのかによって違うと思います。私は経営コンサルティングを本業としていますが、サポートしているのは品質マネジメント・環境マネジメント・労働安全衛生マネジメント・情報セキュリティマネジメントの領域、一言でいえば経営リスクマネジメントです。これらの中ではマーケティングは主要な要素とはなっていません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報