初めまして。化学の実験のレポートでつまづいた所があるので教えてください!!うちの学科の必修科目で単位落とすと留年かもしれないんで・・・。
質問というのは酸化還元反応のことです。すべて質問されているのは各酸化還元反応の反応式を求めよ、というものです。反応物は
1、硫酸酸性過マンガン酸カリウム水溶液・亜硫酸ナトリウム水溶液
2、硫酸酸性ニクロム酸カリウム水溶液・亜硫酸ナトリウム水溶液
3、硫酸酸性過マンガン酸カリウム水溶液・シュウ酸水溶液
4、硫酸酸性過マンガン酸カリウム水溶液・ヨウ化カリウム水溶液
5、硫酸鉄((2))水溶液・硫酸水溶液・過酸化水素水
6、硫酸鉄((2))水溶液・硫酸酸性過マンガン酸カリウム水溶液
7、硫酸鉄((2))水溶液・硫酸酸性ニクロム酸カリウム水溶液
8、塩化鉄((3))水溶液・塩化スズ((2))水溶液・ヘキサシアノ鉄((3))カリウム水溶液
9、塩化鉄((3))水溶液・ヘキサシアノ鉄((3))カリウム水溶液
10、硫酸酸性ニクロム酸カリウム水溶液・エタノール
11、メタノール・イオン交換水・バーナーで熱した銅線
12、フェーリング液A・B・ホルムアルデヒド水溶液
この中で知っているものだけでいいんで教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

追加質問を拝見しました。

お困りのご様子ですが、以下の半反応式の
ペアから、ご自分で解いてみてください。

(1) MnO7(-) → Mn(2+) / SO3(-) → SO4(2-)
(2) Cr2O7(2-) → 2 Cr(3+) / SO3(-) → SO4(2-)
(3) MnO7(-) → Mn(2+) / (COOH)2 → 2 CO2
  シュウ酸の2つの炭素は、それぞれ酸化数+3です
(4) MnO7(-) → Mn(2+) / 2 I(-) → I2
(5) H2O2 → H2O / Fe(2+) → Fe(3+)
  過酸化水素の酸素は、酸化数-1
(6) MnO7(-) → Mn(2+) / Fe(2+) → Fe(3+)
(7) Cr2O7(2-) → 2 Cr(3+) / Fe(2+) → Fe(3+)
(10) Cr2O7(2-) → 2 Cr(3+) / CH3CH2OH → CH3CHO
(11) CuO → Cu / CH3OH → HCHO
(12) Cu(2+) → Cu2O / HCHO → HCOOH

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=162819
    • good
    • 0

rei00 です。



 私も追加質問(?)を拝見しましたが,この質問へ補足として入れて頂きたかったです。「イオンの変化数」については loveobo さんの親切な回答がありますのでお分かりかと思います。

loveobo さん
> (1) MnO7(-) → Mn(2+) / SO3(-) → SO4(2-)
> (2) Cr2O7(2-) → 2 Cr(3+) / SO3(-) → SO4(2-)
 亜硫酸イオンが SO3(-) になっていますが,SO3(2-) のタイプミスと思います。loveobo さん,そうですよね?
    • good
    • 0

無機反応パネル101(旺文社)が参考になるかもしれません。

    • good
    • 0

> 化学の実験のレポートでつまづいた所があるので


> 教えてください!!
 と言う事でしたら,どう考えて何処で躓いたのかをお示し下さい。でないと,適切な回答がしにくいです。

> すべて質問されているのは各酸化還元反応の
> 反応式を求めよ、というものです。
 でしたら,類似質問「QNo.86812 化学反応式の数合わせ」(↓1番目)や「QNo.162819 あってますか?」(↓2番目)の回答を参考にお考え下さい。その他,「新・化学ノート」(http://www.geocities.com/yoshihitoshigihara/ch_c …)の「3.酸化還元関係」の「4.酸化剤」,「5.還元剤」やこれらのページからリンクされている「半反応式」等も参考になると思います。その上で何処まで分かって,何処で躓いたかを補足下さい。


 一例として【1、硫酸酸性過マンガン酸カリウム水溶液・亜硫酸ナトリウム水溶液】だけご説明しておきます。後はご自分で・・・。

 硫酸酸性: H2SO4
 過マンガン酸カリウム水溶液: KMnO4,酸化剤
 亜硫酸ナトリウム水溶液: Na2SO3,還元剤

 MnO4(-) → Mn(2+) と,SO3(2-) → SO4(2-) と変化しますから,

 MnO4(-) + 8H(+) + 5e(-)→ Mn(2+) + 4H2O (1)
 SO3(2-) + H2O → SO4(2-) + 2H(+) + 2e(-) (2)

 (1)x 2 +(2)x 5 で e(-) を消去すると,
 2MnO4(-) + 5SO3(2-) + 5H2O + 16H(+) → 2Mn(2+) + 5SO4(2-) + 8H2O + 10H(+)

 整理して
 2MnO4(-) + 5SO3(2-) + 6H(+) → 2Mn(2+) + 5SO4(2-) + 3H2O

 MnO4(-) を KMnO4 に,SO3(2-) を Na2SO3 に,H(+) を H2SO4 に直して,左右の各原子の数を合わせると,
 2KMnO4 + 5Na2SO3 + 3H2SO4 → 2MnSO4 + 5Na2SO4 + K2SO4 + 3H2O

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=86812, http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=162819
    • good
    • 0
この回答へのお礼

躓いたというかぜんぜんわからなかったんです・・・。
丁寧に教えていただいて本当にありがとうございます!!
残りの反応式は何とか解いてみようと思います。

お礼日時:2002/03/06 21:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシュウ酸水溶液と過マンガン酸カリウム水溶液の反応について

 シュウ酸水溶液に過マンガン酸カリウム水溶液を加え温める反応について質問です。
 ここで過マンガン酸カリウム水溶液は硫酸酸性でないければならないということですが、
 
 (1)硫酸酸性とはなんですか?
 (2)なぜ「硫酸酸性」でないとダメなんですか?

 ご指導よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1) 「硫酸で酸性にした」という意味です。簡単。

(2)この反応ではシュウ酸と過マンガン酸カリウムの反応量の比が大事です。酸性にするのはこの反応にH^+が必要だから。
ただ、酸性にするのに酸なら何でも良いのでしょうか。
シュウ酸と過マンガン酸カリウムが反応するところに酸自身が割り込んで反応してしまう(=酸がシュウ酸を酸化したり、過マンガン酸カリウムに酸化されたり)するとこまります。
ということでどちらの働きもない硫酸が用いられます。
塩酸や硝酸ではどうなるでしょうか、お考えください。

Q硫酸化鉄(II)と過マンガン酸カリウム水溶液の反応式

酸化還元反応の硫酸化鉄と過マンガン酸カリウムの化学反応式がよくわかりません。イオン反応式は作れるのですが反応式を完成させるうえで反応後の物質がわからないので教えてください。

Aベストアンサー

#1です。

>MnO4(-)+8H(+)+5Fe(2+)→Mn(2+)+4H2O+5Fe(3+) です(あってますか)
あと、硫酸酸性の条件です。

反応材料は硫酸鉄FeSO4、過マンガン酸カリウムKMnO4、硫酸H2SO4です。

イオン反応式には存在しても変化しないイオンは現れません。反応式の左辺にあるイオンの相手がそれです。

MnO4ーの相手の K+
8H+の相手の 4SO42-
5Fe2+の相手の 5SO42-
これだけを両辺に足してみて下さい。

右辺には正の金属イオン、負の硫酸イオンが存在します。正と負を組み合わせると化合物が見えてきます。

右辺に来る-イオンの電荷が偶数ですのでK+と5Fe3+の奇数とうまく合いません。全体を2倍しておきます。

左辺だけ書いておきますから右辺を作ってみて下さい。

2KMnO4+10FeSO4+8H2SO4

Q塩化スズ水溶液とニクロム酸カリウム水溶液の全反応式

塩化スズ水溶液とニクロム酸カリウム水溶液の全反応式は????

イオン反応式まではできましたが・・・全反応式が・・・

Aベストアンサー

相変わらず全反応式にこだわっていますね。
こういう問題があったのですか。それともあなたのこだわりですか。

前の質問にも書きましたが解答は決まりません。
単に数合わせで書いたという意味しかしかないのですがそれでも1つには決まりません。

doc sunday 様は
3SnCl2 + K2Cr2O7 + 7H2SO4 → SnCl4 + SnCl2SO4 + Sn(SO4)2 + Cr2(SO4)3 + K2SO4 + 7H2O
と書いてられます。これも単なる数合わせです。こういう物質ができているだろうと判断する根拠は何もありません。

3SnCl2+K2Cr2O7+7H2SO4→3Sn(SO4)2+3CrCl3+K2SO4+7H2O

でもかまいません。コレも数合わせです。すっきりしているということで言えばこちらの方です。
溶解度についての議論をした結果ではありません。
SnCl2SO4を考えるのであればクロムミョウバンCrK(SO4)2を考える方が現実味があります。

オレンジ色の溶液が青緑色の溶液に変わったという事だけははっきりしています。

全反応式を求めよという問題は設定に無理があります。

前の質問の#3に書いたことをもう一度読んでみてください。

相変わらず全反応式にこだわっていますね。
こういう問題があったのですか。それともあなたのこだわりですか。

前の質問にも書きましたが解答は決まりません。
単に数合わせで書いたという意味しかしかないのですがそれでも1つには決まりません。

doc sunday 様は
3SnCl2 + K2Cr2O7 + 7H2SO4 → SnCl4 + SnCl2SO4 + Sn(SO4)2 + Cr2(SO4)3 + K2SO4 + 7H2O
と書いてられます。これも単なる数合わせです。こういう物質ができているだろうと判断する根拠は何もありません。

3...続きを読む

Q過マンガン酸カリウムKMnO4の硫酸酸性水溶液と過酸化水素H2O2の水

過マンガン酸カリウムKMnO4の硫酸酸性水溶液と過酸化水素H2O2の水溶液の酸化還元反応式を導く問題で 
MnO4(-)+8H(+)+5e(-)→Mn(2+)+4H2O
と 
H2O2→2H(+)+O2+2e(-)
の 
半反応式を掛け足しして電子e(-) を消そうとするのは何故?



最後に反応に関係なかったK(+)とSO4(2-)はどのように、どこに、どうやって加えるの?

Aベストアンサー

この反応が終わった後, 溶液全体でみると電子は「余る」こともなければ「足りなくなる」こともありません. つまり, 溶液全体でおきた反応としては (見掛け上) 電子は関与しなくなります. この事実に対応して, 最終的な反応式には電子が含まれないことになります. 従って「電子を消す」ということになります.
あと, 反応に関係しなかったやつらは「最後に帳尻を合わせるため」に加えます. 例えば MnO4^- は過マンガン酸カリウム KMnO4 として存在していたので, 最終的な式に残っている MnO4^- と同じだけの K^+ を両辺に加えることになります. また, 水素イオン H^+ は硫酸から出てくるので, 水素イオンをすべて硫酸にするために必要な文の硫酸イオンを両辺に加えます. 結果的に右辺では K^+ と SO4^2- が両方余ってきますが, これは K2SO4 という形でまとまるはずです.

Q酸化還元反応式(過酸化水素水と硫酸酸性ニクロム酸カリウム水溶液)

タイトルのとおりなのですが、酸化剤と還元剤をたして、電子を消して、イオン式まではなんとかできたのですが、そこから化学式に直すことがよくわかりません。
左辺のイオンの反対のものを両辺に加えるというところがよくわかりません。
具体的にどのようにすればよいのか、
詳しく説明してもらえるととても助かります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1です。重要なことを思い出しました。
この反応では、ニクロム酸カリウム水溶液が還元剤になる可能性があるということです。つまり、青色のCrO5を生じる可能性があるということです。
ただし、これはマイナーな反応ですので、問題でこれが想定されているかどうかわかりません。「H2O2 CrO5」で検索すればヒットします。英語がほとんどですが・・・なお、CrO5は不安定ですので、最終的には酸素を発生して分解してしまうことになるでしょう。詳細は知りませんが。

上述のことを無視して考えるのであれば、H2O2は還元剤として作用することになります。硫酸酸性KMnO4との反応であればそうなりますよね。
だとすれば、O2が発生するはずです。つまり、
H2O2 + O^2- → H2O + O2 + 2e- 
になるはずです。
KMnO4との反応式を参考にして考えて下さい。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報