私は、前々から気にしてた事があります・・。人前に立つと異常に緊張する事です。物事をするときに手が震えたり、言葉をしゃべるときに声が震えたり・・・・
本当に恥ずかしくて泣きそうです・・。どうしたら過度の緊張をなくす事ができますか??みんなに言われたりしてすごく嫌な気持ちです・・・。よりによって大勢の人の前で話さなければいけないので少しでも改善したいのです。

どうか教えて下さい..........

A 回答 (4件)

そのお気持ち、痛い程解ります。

(^_^;
参考URLは以前私の体験を交えて回答した質問です。
御参考までに御覧になってみて下さい。

ちなみに「あがり症」で過去の質問を検索すると何件かヒットしますので、併せてご利用下さい。(^_^)

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=133869
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆さん緊張という事で悩んでいらっしゃるのですね。少し安心しました.もっと自分に自身をもてるようになりたいです。

お礼日時:2002/03/15 15:32

「過度の緊張」とおっしゃいますが、人前で全然あがらない人もあまり居ないと思います。


結構長く人前に立っている人でもあがっていると思います。
”うまいしゃべり”はできなくてもあがらなければそれで気持ちが楽になる・・・ということならば、人前に立っても観衆の顔を見ないようにするといいかも知れません。
「見てる、見てる・・・」とたくさんの目を意識すると恐ろしいですから、壇上に立つのなら真っすぐ前を見る。段差が無いのなら足元を見る。
観衆は「この人、どこ見て喋っているんだろう?」と思うかも知れませんが、それでも無事に喋ることはできると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。気にし過ぎがかえって自分を緊張させているのかもしれませんね、、あまり深く考えないようにします。

お礼日時:2002/03/15 15:37

僕は昔、ホテルマンをしていました。


披露宴で何百人のお客様の前で、「大変長らくお待たせいたしました。ただいまよりご両家様御結婚ご披露宴を開宴させていただきます。それでは、ご来賓の・・・・・(以下かなり長い)」など、様々な言葉を発しなければなりませんでした。
最初は非常に緊張して戸惑いましたが、結局、「間違いを訂正する術」を身に付けてから、緊張しなくなりました。というと非常に大げさですが、間違えたら「失礼いたしました。」と言ってしまえばいいって考えるようにしたんです。
言葉に詰まったり、噛んでしまったりしたときは、逆ににこっと笑って「失礼いたしました。」って言えばいいんです。間違えるのはあたりまえ、緊張するのも仕方ない、だからうまくいかないのはあたりまえ。だったら、気持ちよく「すみません、慣れてないもので(笑)」なんて言っちゃえばいいんです。

それと、視線は下を向くと余計に怖く感じるので、一番遠くを見ましょう。
近くの人には目線を合わせずに、遠くの人を見る。もしくはわざと焦点を合わさずにぼやっとして見る。僕は、よくこの手を使いました。

なんと言っても、開き直りが一番ですよ。
あなたが他人の発表を聞いて、その人がまちがえたとしても別になんとも思わないでしょ?大丈夫、みんなそんなもんです。
いちいちあげあしとる人のほうがただの意地悪なんだから、気にせずにがんばってくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

気にするだけ無だってことですね、、、力強い言葉ありがとうございました。いろいろと参考になりました!

お礼日時:2002/03/15 15:34

私も、過度の緊張症です。

お気持ちはよく分かります。
人前で話す時は、自分なりに原稿を作って練習したり(たとえ短い挨拶でも・・・)暗記するほど何度も繰り返して読んでみたりしますが、それでも声が震えたり、持っている原稿が震えたりしてしまいます。
そこで私は、自分から言ってしまう事にしたんです。たとえば・・・
『私は過度の緊張症で、皆様のまえに立っただけで、声は震え、足はすくんでしまいます。お聞き苦しいところが多々あると思いますが、どうぞお許しください。』
と、前置きしてから話すようにしました。
それでも完全に声の震えがなくなったわけではありませんが、前置きして、事前にあがり症であることを会場の皆さんに知ってもらった方が、少しは気楽に話せるかな・・・と思います。
そうじゃないと(こんなに声が震えてしまって、みんなどう思ってるいるだろう・・・)と気にし始め、それこそ挨拶どころじゃなくなってしまうからです。
そうして慣れていけば、『私はあがり症で・・・』とあなたが始めると
『またまた・・・(笑)』と会場が和むような雰囲気になるかもしれません。
私的な解決法で、あなたに当てはまるかどうかわかりませんが、どうぞ、肩に力を入れずにがんばってみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね前から言っとけば楽かも.....回答ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/15 15:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q懇談会や人前で話す事に緊張してしまいます・・

以前にもこちらで何度か質問させてもらい、お世話になった事があります。
今回、主人の転勤で3月に引っ越しをしました。子供は幼稚園を卒園し、新しい小学校で入学式を迎えました。来週には参観日のあとで簡単な自己紹介と一か月を振り返って子供はどんな様子かなどを話すようなんです・・。
いつも自分の番がくると、緊張して頭が真っ白になるので困ってもいい様に、紙に書いて持っておくようにしています・・。

今回も文章を考えているのですが、転勤してまだ慣れていないという事と子供のその後の様子を話すには、どのような文章で結びつければいいでしょうか?簡単でいいです。アドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

大丈夫。みんな緊張してるんです。
貴方だけじゃない。貴方だけが特別な事をする訳じゃない。
良い意味で皆そういう適度な不安と緊張と仲間意識の中で集ってる。
その中で、貴方が貴方なりに貴方の言葉でお子さんの事を話す。
その言葉一つ一つを周りは丁寧に聞いています。
だから多少ぎこちなくても、緊張してても、つっかえても気にならないんです。周りは親としての貴方と、貴方が感じているお子さんの様子を聞きたいんです。それを貴方の言葉でシンプルに伝えれば良い。
台本を創って綺麗にまとめなくても良いんです。
それこそ当日貴方がトップバッターである可能性は低い。
であれば、周りの話し方を参考にするのもあり。
貴方の緊張と、貴方が伝えるべき話をごっちゃにしない。
貴方が貴方の事を前で喋るなら緊張するでしょ?
でも貴方の事じゃないんだよ。メインは貴方のお子さんの話。
そう考えたら貴方だけが緊張感を抱える理由が無い。
子供の変わりに話してるんだと思えば良い。
下手に用意しすぎると余計にテンパってしまうからね。
周りは暖かいですよ。大丈夫。貴方の過程が転勤後なら尚更ね。
大丈夫。普段の貴方の延長で良いんです。貴方の言葉でお子さんの事を表現してあげれば☆

大丈夫。みんな緊張してるんです。
貴方だけじゃない。貴方だけが特別な事をする訳じゃない。
良い意味で皆そういう適度な不安と緊張と仲間意識の中で集ってる。
その中で、貴方が貴方なりに貴方の言葉でお子さんの事を話す。
その言葉一つ一つを周りは丁寧に聞いています。
だから多少ぎこちなくても、緊張してても、つっかえても気にならないんです。周りは親としての貴方と、貴方が感じているお子さんの様子を聞きたいんです。それを貴方の言葉でシンプルに伝えれば良い。
台本を創って綺麗にまとめなく...続きを読む

Q人前で緊張しない最善の方法

今まで人前で何度か発表した事があります。
最初はわりとあがらずに済むのですが、時間が経つにつれ緊張して足も震えるんです。
緊張しながらも頑張って終わらせるのですが、就職活動の事後講習の時に就職活動で何をしたかなどを人前で発表しないといけないんです。
勿論、その場には沢山の人が来るはずです。
今までの何倍以上も緊張するだろうし、もしかすると声も掠れるか出ないかもしれないです。
どうすれば大勢の人の前で緊張を緩和させることが出来るのでしょうか?
一週間後の事なので、出来るだけ早くいいアドバイスを教えて下さい。
本当にお願い致します。

Aベストアンサー

イヤだと思わず、発表内容を充分に練習・確認しておくことです(余裕とゆとりが生まれます)上手くやろう・人によく見てもらおうと思うと余計プレッシャーになり緊張するので自然体でいてください。何より大切なのはこのような練習の場が用意されていることに感謝することです。この先、もっと大変な場面に遭遇する可能性があるかもしれませんよ。発想の転換で乗り切って下さい。応援しています。

Q人前で発表する時緊張してしまって文章がつかかったり、声が震えてうまく話せません、どうすれば上手く人前

人前で発表する時緊張してしまって文章がつかかったり、声が震えてうまく話せません、どうすれば上手く人前で発表できますか?
ご意見お待ちしてます!よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

私は、何十年と人前で話すなんていうことをしたことがない人です。
あるインストラクターの試験で、プレゼンをしなくてはならなくなり、いろいろ自分でも勉強をし工夫してみました。
試験は、うまく成功しました。

まさか、コツがあるとは、思わなかったですね。

NHKでも、人前で上がらない方法なんてやっていました。
(2013年4-5月『人前であがらないスピーチ術』)
http://amazon.co.jp/dp/4148272065

ここで述べているのは、「正しい姿勢」が上がらないコツだと言っています。
震えないためには「腹式呼吸」だと言っています。
でも、そんなことで大丈夫な人は少ないと思います。

私の使ったテキストは、
『自信がつくプレゼンテーション』FOM出版
http://amazon.co.jp/dp/4893119400
(読み返すと、細かすぎて、あまり役に立たないかもしれません。)

それで自分でまとめてみました。

1.最初に、どんな人が誰が聴くか。
 それに従い必要な情報を準備して置きます。
 偉い人がいるのとか、人の話を聞かなさそうな人がいるとか。

2.何をメインポイントにおくか。
 全体の流れを予め要点を箇条書きにします。
 序論・本論・結論で組み立てます。
 また、数字を入れることによって、その話の信ぴょう性が高くなります。

3.もし、板書やスライドを使う時は、それを別途用意します。


4.台本作り
 箇条書きを元にして、ざっと文章にしてしまいます。
 これをだんだん付け足したり、削ったりします。

5.ストップウォッチや時計を使いながら、声を出して読んでみます。
 思ったように時間配分が行かない時は、大幅に割愛します。
 実際に喋る時は、周りの雰囲気によって、変える必要がある時もあります。
 また、堅苦しい話ばかりになった時は、息抜きのようなちょっとした脱線する話も入れるとよいです。
 実際の場では、自分の読みあげる時間の1.2から1.5倍ぐらいに遅くなります。

 格言とか難しい単語は、予め練習した以外は、まったく喋れません。信じられないほど、思い出せません。
 
 台本は、だいたい4~5回ぐらい、ストップウォッチや時計などを使いながら、いろんなところを調整しながら、時間内(秒単位まで)に収まるようにして、文章を直していきます。シミュレーション(イメージ)を怠らないことです。
[質疑応答がある場合は、ある程度用意しておきますが、その場で、適当なことを言って繕わないことです。「私は今分かりませんので、宿題にさせていただきます」として、やり過ごすことが大事です。知らないことは知らないとしないと、後で足元をすくわれることになりかねないのです。]
 
 実際に話す時は、台本ではなく、最初の箇条書きのものだけを見ながら進めていきますが、短い話なら、覚えてしまいます。また、イントネーションよりも、気がつかないような口癖は、耳障りになりますから、直しておかないといけません。特に、「えーと」とか、聞いている側では繰り返されると耳障りになります。
 
 台本で、自分がこういうように話せるというイメージがつかめれば、何ら心配はありません。

6.決められた時間は、絶対に守ることが大事です。
 少ないよりも、オーバーするほうがいけません。人に迷惑が掛かることがあるからです。得てして、オーバーしがちです
 
7.実際の場では、導入部分(つかみ、落語の枕)で、全体の雰囲気がつかめれば、後は重大なミスをしなければうまく行きます。自分の話を聞いているというターゲットになる人を、ある程度決めておき、その人から視線を動かして、全体に視線が行き届くようにします。声も後ろの人に、ちゃんと声が届いているか確認してもよいと思います。話す時は、下をむいて原稿を読んではいけません。前をみて話ます。一番手前の人に小さな声で話しかけることで、前の人をだらけさせないようにすることもあります。

聞いていそうもないなっていう人にも、ちょっと気をつけてみておきます。怖そうな人だったりの時は、目線を送るだけにしておきます。そうでなければ、名前を読んでもよいと思います。だいたい、相手もこちらの様子を伺っています。顔をみていると、分かって聞いている人と分かっていないままに、もやもやしている人が手にとるように分かるようになります。

間のとり方は、まず、聞いている人の顔をみることです。そうすると落ち着きます。自分の信頼する友人が、最適です。聞いているなって思えばよいのですが、そうでない場合は、多少の沈黙を長く入れることで、視線を集めることが可能になります。しかし、沈黙が長すぎると、もう二度と視線を戻せませんから、注意してください。

8.板書が入る場合、焦るのは誤字と漢字忘れ。これが結構、話の雰囲気を壊すことがありますから、事前にチェックして用意周到に行うほうがよいです。
 
9.最後は、その場の雰囲気にもよりますが、自分の話を聞いていただいたことに感謝をして、これで終わったことを皆に伝えます。
------
ここまでが、FOMのテスキト内容を元に私の言葉でまとめたものです。
うまくしゃべれないのは、自分の言うことが頭の中でまとまっていないのと、自分の話に自信がないからです。きちんとした台本を作りましょう。
自分自身を落ち着かせるのは、視線を最初に誰に向けるかということが大事です。

以上が、私の人前で発表する-プレゼン-のコツです。

こんにちは。

私は、何十年と人前で話すなんていうことをしたことがない人です。
あるインストラクターの試験で、プレゼンをしなくてはならなくなり、いろいろ自分でも勉強をし工夫してみました。
試験は、うまく成功しました。

まさか、コツがあるとは、思わなかったですね。

NHKでも、人前で上がらない方法なんてやっていました。
(2013年4-5月『人前であがらないスピーチ術』)
http://amazon.co.jp/dp/4148272065

ここで述べているのは、「正しい姿勢」が上がらないコツだと言っています。
震えないために...続きを読む

Q物事を映像としてとらえる事の出来る方

過去ログを見ると、右脳、つまり物事を映像としてとらえる事の出来る特殊?な能力を持たれる方がいらっしゃるようです。よく芸術に優れてる方が多いとも聞きます。これは普通の人でも、訓練で出来るものでしょうか。もし出来るとしたらどのように!!

Aベストアンサー

「フォトグラフィック・メモリー(写真記憶)」のことを言っているのでしょうか?
見た物を写真に撮るように、映像として記憶できる能力です。
電線に留まっている鳥の数を数えたり、電話帳などを記憶したり。

これがある友人が居ますが、特に特殊な訓練をしたわけではないとのこと。
才能に左右されるのではないでしょうか。

友人曰く「冷蔵庫の中身とか、立ち読みした情報誌くらいしか覚えないので、あまり役に立たん」と言ってますが、
それはかなり重宝する能力だと思います。ハイ。
問題点として、教科書などを覚えておいて試験で使うが、
一夜漬けばかりで内容を理解してるわけではないので、実際勉強にならんとか。

Q聖書と神について......(助けてください!!!)

一神教と多神教が世の中にはあると思います。ただその違いがよく分かりません。自分のリサーチだと

一神教:絶対的な神がいて、その神が人々に語りかける。そして神の創った戒律を守らなければ罰せられる(アダムとイブに神が罰を与えたように)

多神教:元々神という者は人々の心の中に存在するものである。人々が災害などを恐れて自然を奉るようになった。そこから生まれたのが多神教である。

でも正直これが正しい解釈なのか分かりません。そしてさらにこの一神教と多神教を聖書の中の話と掛け合わせて説明をしなければいけません。こうなってくるともうどうしたらいいのか分からなくなってしまいました。どなたか助けて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

キリスト教は一神教です
神がイエスをこの世に送った。
神がイエスが地上から離れその間聖霊が私たちを守護しそして心に語りかける。

アダムとイブの与えたのは罪ではありません。なぜなら その後神はその子孫を守護し導いていますからね。試練を与えたと言うのが正しいのかな?

すべてが神が創った 木も石も水も食べ物も そして木や石を神として祭るのは偶像崇拝と私たちは呼びます。
キリスト教では石を神として祭ってもその石は僕たちを守らないし
そして僕たちの祈りを聞かないというのがキリスト教の持つ考え方です。

そしてキリスト教の神様はどんな悪いことをしても悔い改めもうしませんと言うなら罰しません。愛の神様ですね


人気Q&Aランキング

おすすめ情報