妻が浮気して相手と示談となりました。相手が自分に五十万の慰謝料を払うと約束したのですが、なかなか払ってくれません。示談のときに第三者にたってもらった方がよかったのでしょうか。この先どうしたら良いのでしょうか。誓約書も書いてもらいました。そのとき仲介人はいません。この請求が通るのでしょうか。請求を通すにはどのようにしたらいいのでしょうか。教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 為になるかどうかは分かりませんが、私が知っている範囲でお答えします。


また、個人的な意見と、聞いた話ですが参考になればと思い、載せていただきます。
 この場合の慰謝料とは相手(不倫の相手方)の不法行為により、あなたが受けた精神的苦痛に対する代償だと言えるでしょう。
そういった事から、あなたには浮気により受けた精神的苦痛により、損害賠償を請求できる権利はあるものと考えます。
 請求の方法、金額ですが、内容証明書を郵送するのが1番でしょうね。
 相手との話し合いで解決すればその方が1番です。それでもだめなら民事調停で裁判所に訴えるといった形になるのではないでしょうか。
しかし、調停を起こすと言うことは、相手は勿論、浮気の相手方となったあなたの奥さんも浮気の事実を証言せざるを得ないのではと思います。そうなった場合、あなたと奥さんの間(夫婦間の絆)に亀裂が入るといったことは十分に考えられるのではないでしょうか。
 相手を許せないといったことから、あなたは慰謝料を請求しているのでしょうから、その気持ちは十分に分かります。
 私もその立場であれば同じ様に請求したかもしれません。
 しかし、慰謝料に固執するあまり、一度は修復しかけた夫婦間の絆が壊れるとしたら、これはどのようなものか?
 勿論、これはあなたにあきらめろとかそういったことでは決してありません。ただ、今後の夫婦間の事を考えての上での意見です。
また、話は戻りますが、慰謝料の請求の時に相手方にどういった方法で誓約書を書いてもらったのか?といった事も問題です。
 あなたが「間に仲介人」とい言ったのもそういった事ではないかと思いますが、もし万が一、誓約書を書いて貰った時、脅し文句、暴力に訴えるなどしていたら、別な意味であなたに不利な状況を作ってしまったと考えられるでしょう。
 相手がお金を出さないで、調停となった場合、相手はそういった事を主張してくる可能性は大きいと思います。
その為に、証明してくれる人、第三者的な立場の人(弁護士など)に仲介に立って貰ったもうが良いのだと思います。
 こういった、不倫関係の問題は、お互いに感情的になることが多く、よもや暴力事件や、脅迫と言ったことにまで発展する可能性が十分にあります。そうなった場合、50万円の慰謝料の為に、自分のこれからの人生を棒に振っても?等と思います。
 ですので、話し合いに当事者2人だけということは、極力さけた方が良いと思うのです。
誰か、間に立ってくれる人が欲しいですね。
これは余談として、こういった話もあると思って欲しいのですが、
私が聞いた話で、東京や大阪など大都市では近所とのつきあいも無く、不倫しても以外と周囲には広がらないのですが、以前秋田から引っ越してきた友人から同じ様な話を聞きました。
 彼は秋田の田舎町で暮らしていて、1つ年下の子と結婚したのですが、残念ながら奥さんが浮気をしたそうです。
この時、大騒ぎして相手の男から慰謝料を150万円貰ったそうです。
勿論、素直に払ってくれずに、調停を依頼しての、その結果の慰謝料です。
しかし、相手は彼の友人で、それまで他の友人等とグループで良く飲みに行ったり、一緒に遊んだりしていたそうです。
 結果、理不尽な話ですが、不倫の話はグループの他の仲間は勿論、小さな町で会ったため町中の噂となり、また、金銭的な解決で、調停などといったトラブル?となったことで、夫婦間もだんだん冷えて来て、けんかが絶えず、彼は、奥さんに暴力を振るい始め(最初は、叩くと言った程度であったが、だんだん相手の男に対する憎しみを奥さんにぶつける様に成ったらしく、殴る、蹴るといった行動に出てきたようです)て、結局2年しないうちに離婚になり、その離婚で暴力に対して警察に訴えられ、慰謝料まで請求されたそうです。(最初にきっかけは奥さんの浮気ですが、彼は話し合いの結果、奥さんの浮気を許し、やり直そうといった話をしていたのですから、浮気を原因にして奥さんに暴力を振るうなどといった事は勿論許されなかったわけです。)
そういった事が、積み重なり、周囲の友人たちも彼の近くから遠ざかって行き、彼自身それまで暮らしていた町からも逃げるように出て行くこととなったのです。
彼は、東京に出てきて私と出会ったのですが、良い奴です。
 浮気をした男に何かしてやりたかった。殴りたいけど、殴れない、そういった事からお金を要求して、何かしら相手に思い知らせてやりたい、俺が苦しんだ分の気持ちを少しでも・・と何時も飲んだときにそういって泣いていました。
 150万なんて別に欲しいと思った訳じゃないって言って泣いていました。
 
 あなたの気持ちは分かります。慰謝料の請求も権利です。
訴えれば、勿論、50万円は貰えます。
 ただ、手段、方法は慎重に、あなたが奥さんと一緒にやっていきたいと思うならよく考えて行動して下さい。
 とりとめのない意見で申し訳ありませんが、参考となればと思います。
  
    • good
    • 0

 法律的には、貸し金などと同様に債権債務関係が確定していますので、誓約書に強制力を持たせることになります。

それには、簡易裁判所へ支払えという裁判手続きをするか支払い督促手続きをすることになります。支払い督促の方が簡単ですが、相手が異議を申し出ますと訴訟手続きに移行されます。金額が30万円を超えていますので小額訴訟は使えません。
 支払い督促
http://www.asahi-net.or.jp/~zi3h-kwrz/law2sihara …
 裁判手続き
http://www.asahi-net.or.jp/~zi3h-kwrz/law2shosik …
    • good
    • 0

任意に支払ってくれないのだから、最終的には裁判して、相手の財産を差押さえて、ということなのでしょうが、とくに差押の段階でうまくいかずに、判決がただの紙切れというのが普通のパターンです。


 浮気相手の方が、ちゃんとしたサラリーマンなら、給料を差押さえるのを目的として、裁判というのは、まだ、現実味がありますが・・・。
 家財道具や、持ち家に強制執行をかけるというのは、現実味がありません。
 債権回収の裁判というのは、骨折り損になることが普通なのです。
 相手方と連絡がつく状態なら、いわゆる「あめとムチ」の交渉をしてみてはどうでしょうか?
 「とりあえず、20万払ってくれたら、全部で30万でいい」とか、不動産があるのなら、「支払をしばらく猶予する代わりに、仮登記をつけさせてくれ」とか。
 本来、示談のときに、そういう駆け引きが必要だったんですが・・・。書面とか、仲介人とか、そういうことじゃないと思いますが・・・。
 それも無理なら、裁判しかないですけど、なかなか満足行くような経過にはならないと思います。率直な話。
 相手方が、何も訴訟行為を起こさないなら、証拠や、証人がないことなんて、民事訴訟では何の問題もないんです。あなたの主張した事実が一方的に認められますから。
 でも、訴えられて、そこまで開き直れるというのは、差押さえられて困る財産が何もないということですからね。
 あるいは、お金に困っている人だと、自己破産とか、任意整理とかで、弁護士ついていたりすることもありますので、そういうことだと、たかが50万円の裁判に弁護士が登場してきます。
 あなたの主張した事実をにべもなく、「争う」だの「不知」だの書いた答弁書をよこしてきます。内容証明を出しているのなら、その言葉尻を捉えて、「脅迫行為」とか主張してきます。ぎゃくに「慰謝料請求の反訴を提起する予定である」とか、いつまで経っても訴えてきませんけど。
 最良のシナリオは、相手方が、裁判ということに必要以上にびびって、任意に支払ってくれるという形ですが、その場合でも、現金と、訴えの取下書を同時に取り交わすことが大事です。
 こういうことでは、常に「give and take」の状態を作って、話をすすめていくことです。
 
    • good
    • 0

相手の書いた誓約書の内容にもよりますが、慰謝料として50万円を支払うと書いてあり、相手の署名や押印があれば、支払を請求できます。



まず、内容証明書(配達証明付)を送り、期日を指定して、その期日までに支払うよう請求する文言と、支払わない場合は、法的な手段を取る旨を書いておきます。

指定の期日までに支払が無い場合は、少額訴訟などの方法で訴訟をするとよろしいでしょう 。

内容証明の書き方は、下記のページをご覧ください。
http://www.path.ne.jp/baumdorf/knowhow/know_nais …

少額訴訟については、参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.meix-net.or.jp/~kyotoben/kikitai/shou …

この回答への補足

誓約書は、私のほうが用意しました。内容については相手も同意してくれたんですけど、べつにかまわないのでしょうか。

補足日時:2002/03/11 05:41
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q調停離婚後の慰謝料請求について

今月調停離婚が成立しました。
養育費のみ決めて、離婚しました。
離婚原因は夫のDV、借金、浮気です。すべて証拠はありますが、精神的につらく、慰謝料請求はしませんでした。

ですが、調停成立後すぐに夫の嘘が発覚したり、調停時に約束してこと(私の荷物を返してもらう)などが守られないため、やはり慰謝料請求をしたいと考えていますが、調停離婚後は慰謝料請求はできないのでしょうか?

調停の最後に裁判官の方が、これで離婚は成立し、今後財産分与や慰謝料などの請求はしないと、口頭で言っていたのですが、やはりできないのでしょうか?
調停中は慰謝料請求は離婚後にと考えていたので(友人に離婚後に請求できると聞いていたため)
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

調停の成立により、裁判所の調停により離婚やその条件についてお互いに合意したということになりますので、調停の条件になかった慰謝料を請求するということは、結果的に裁判所が同席したその合意をあなたが一方的に破棄したという形になります。
従って、調停後に状況が変わって裁判所が仲介した合意事項を覆すだけの合理的な根拠があなたに立証できるかどうかということになります。

ですので、今後は裁判所の調停が無効であることをあなたが立証することになるので、まずは裁判所とあなたの訴訟になるでしょう。
まずは弁護士に相談するべきであると思いますが、質問文を見る限り、裁判所の決定を覆す立証ができないのではないでしょうか。

>調停中は慰謝料請求は離婚後にと考えていたので(友人に離婚後に請求できると聞いていたため)
これができる根拠を確認しましたか?
仮にご友人が適当なことを言っていたとしても、それが正しいかどうかを確認する義務はあなたにあります。
仮に慰謝料請求が斥けられた場合、ご友人に対して損害賠償請求をできる根拠はありますか?
なければ、残念ながらあなたの間違った情報の入手方法に過誤があることになります。
行動に移す前に、きちんと弁護士などの専門家のアドバイスを受けたほうがいいでしょう。

調停の成立により、裁判所の調停により離婚やその条件についてお互いに合意したということになりますので、調停の条件になかった慰謝料を請求するということは、結果的に裁判所が同席したその合意をあなたが一方的に破棄したという形になります。
従って、調停後に状況が変わって裁判所が仲介した合意事項を覆すだけの合理的な根拠があなたに立証できるかどうかということになります。

ですので、今後は裁判所の調停が無効であることをあなたが立証することになるので、まずは裁判所とあなたの訴訟になるでし...続きを読む

Q明後日にケンカした相手と示談交渉しますが、相手がバカ多い示談金を請求された場合どうしますか? 鼻血ぐ

明後日にケンカした相手と示談交渉しますが、相手がバカ多い示談金を請求された場合どうしますか? 鼻血ぐらいしか出てないですが、ほんとに悩みます、 僕はまだ大学生なので、ケンカを挑発したのも相手で、五万円ぐらいで済ませますか?

Aベストアンサー

>警察も相手が先に手を出したのがわかってます。なぜなら、店の中の防犯カメラにはっきり写していますので、これは正当防衛のやりすぎたということで済ませるでしょうか?たとえバカ高い請求額が請求された場合は断ったほうがいいですか?

何を基準に「高い」と判断されるのか不明ですが・・・・
相談者に「負傷無し」で、相手に「負傷あり」では、相談者には有利な点が殆どありません。
正当防衛と書かれていますが、そもそも正当防衛の範囲は極めて狭く、受ける害を超えることは許されていませんので「過剰防衛行為」となる可能性が高いでしょう。
相手が先に手を出しても、相談者の反撃が原因での負傷であれば、一部相殺の話はできますが、全額は難しいでしょう。
相談者が殴られても、一切手出ししなければ今回の様な問題はありませんでした。

Q離婚に伴う慰謝料請求

 別居中の妻から、暴力を理由に離婚請求訴訟を起こされた友人がいます。その友人は、現在失業中で住宅ローンの返済もできず、しかも預貯金等全部妻に持ち逃げされたため、年金生活者の母親が生活費の援助をしています。その友人は、暴力をふるった事実は認めているため離婚判決がでるのはやむをえないと考えており、しかも訴状の中では慰謝料請求、財産分与請求のいずれもがなされていないため、裁判所へは答弁書も出さずこのまま放っておくつもりのようです。従って欠席判決により暴力をふるった事実が認められ離婚判決が出そうです。
 ところで訴状の中には、前述のとおり慰謝料請求、財産分与請求がなされていませんが、離婚判決をもらった後で、改めて慰謝料請求、財産分与請求の訴えを起こしてくる可能性はあるでしょうか(たとえば先に離婚判決をもらっておくと、あとで慰謝料請求をする場合に有利に展開できるとか)。
 妻からの今回の請求が離婚請求だけであるため、その範囲内で異議がない場合は(どうせ負けるなら)、相手方や裁判所へ何らの返事をせず欠席判決になっても特に不利益はないと友人は言いますが、そのとおりでよいのでしょうか。

 別居中の妻から、暴力を理由に離婚請求訴訟を起こされた友人がいます。その友人は、現在失業中で住宅ローンの返済もできず、しかも預貯金等全部妻に持ち逃げされたため、年金生活者の母親が生活費の援助をしています。その友人は、暴力をふるった事実は認めているため離婚判決がでるのはやむをえないと考えており、しかも訴状の中では慰謝料請求、財産分与請求のいずれもがなされていないため、裁判所へは答弁書も出さずこのまま放っておくつもりのようです。従って欠席判決により暴力をふるった事実が認められ...続きを読む

Aベストアンサー

#2です。
確かに今回の判決で、「暴力」が離婚理由と認定されてしまうと思いますので、それを認めたくないのであれば、反論する必要があります。例えば暴力に至った理由が妻側にもあるといった場合で、不名誉な敗訴をしたくないとのことであれば、答弁すれば良いかと思います。

ただ友人が「どうせ負けるから」といって欠席していたり、離婚はやむを得ないと思っているのであれば、無駄な経費をかけて裁判を継続させるより、さっさと離婚に同意して相手に訴えを取り下げさせた方がよいのではと思いますが。

また後日慰謝料請求訴訟を提起された場合には、今回とは別訴であるため請求の是非や金額はその際に改めて審理される事項であるため、慰謝料について友人が主張したいことがあるのならば、その際にしっかり主張すれば良いかと思います。
財産分与については、事情がどうであれ二人で築いた財産ある以上、原則的に分与しなくてはならないもの(相手側の責任等で値切れる性質のものではない)であるため、いまから何かを主張しておいて有利に進む性質のものではないと思えます。

Q示談を求められ同意書と誓約書2通を交わしましたが、支払い期限になっても何も言ってきません。

このことを尋ねると、数日後、根も葉もないことが書かれた文章が送られてきました。言いがかりをつけ、金額を安くしようと思ったらしいです。送ってきたものは全くの言いがかりで何の証拠もないものです。
相手は弁護士をつけ、約束した金額より安い金額を提示してきましたが、この時は、約束を守って欲しいと伝えました。しかし、後になって考えると一旦相手が反省していると思い示談する気になりましたが全く反省の色も見えなく、このような汚いことをする相手を許せません。今は示談する気はありませんが、もし、約束した金額を払うと言ってきたとき、私も同意書と誓約書を破ることになり、私は不利になってしまうでしょうか?
裁判前なので、相手は全く反省の色がなく、このような汚い事をされたことを伝えたいのですけれど、どこへどのように伝えたらよいでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

当初取り交わした同意書・誓約書を守る意思が見られ無いので、示談には応じないと明文化した文書を送付してはいかがですか。
今回の事があって、相手が支払ってくる前に。

ついでに、同意書・誓約書が守られなかっただけで無く、送られてきた文書を元に、反省の色も無く示談を反故にしたのは先方からだと主張しても良いでしょう。

内容証明にして送っておいて、裁判時に示談に応じないのはなぜか問われたら、それを準備書面として提出すれば良いかと。

Q離婚後の慰謝料請求

今の私の状況で元旦那の不倫相手に慰謝料請求出来るのか教えて下さい。

・H19年 元旦那の浮気が発覚し別居
・H20年 調停不成立
・H21年 離婚裁判開始
・H22年 離婚裁判成立(養育費と慰謝料270万で和解)

○頑張って浮気の証拠を集めたので浮気発覚からすぐに不倫相手は特定出来てました。

○調停は元旦那が自分の不倫を認めず私を悪者にして離婚をしようとしたので話しがまとまらず不成立になりました。

○今まで不倫相手に慰謝料請求しなかった理由は、裁判での慰謝料要求額が300万でしたが最終的に270万(元旦那の年収は約300万)とほぼ希望額だったことと、不倫相手と関わりたくなかったからです。

離婚して生活も落ち着いてきましたが最近不倫相手への憎しみが消えるどころか増すばかり。
思いきって慰謝料請求しようと思いました。
しかし慰謝料請求の時効などの問題や現在元旦那と不倫相手は結婚し女が無職の状況などから果たして請求出来るのか不安になりました。

どなたか詳しい方がいたらアドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

相手の女性が働いていようが無職だろうが関係ありません。
不倫関係が発覚した日から3年以内であれば、慰謝料請求できます。
それ以降は時効の到来により請求不可になります。

ただし、実際にお金を払ってもらえるかどうかは別問題です。

Q追突事故の示談、払ってもらえるか不安です

信号待ちに後ろから追突されました。
私のほうは、保険で車両は対象外です。
相手の方は現場検証の際、本人は無職・重度の障害者で足が不自由(震えている)・任意保険は入っている・両親と暮らしている、と言っていましたが、実際、車は障害者用ステッカーは貼られておらず、普通の車・任意保険は入っていたが、切れいる・両親とはくらしておらず、若い子供が養っている?・教えられた携帯番号・自宅電話とも滞納で止められている(ためしにかけるまで言わなかった)というような状態でした。
相手は、現場検証が終わった後、謝罪して全面的に悪いということを認めており、保険がないので示談で、こちらの修理代は負担するとは言っています。
しかし、上記のような状態と照らし合わせて、失礼ですが、とても払ってもらえるようには思えません。
この場合、もし払ってもらえない場合、どういう対処をしたらいいでしょう?もしくは円滑に支払いをすませてもらうにはどうしたらいいでしょうか?

Aベストアンサー

私の場合は父を事故で亡くしましたが、相手の人は飲酒運転で、尚且つ任意保険には加入してなく自賠責保険のみの加入でした。何度か話し合いをしましたがダメでした。そのため弁護士に一任したら話が早くまとまりました。
少しお金はかかりますが、弁護士に一度相談してみるといいと思いますよ。

Q離婚の慰謝料請求は旦那さんの両親にも及ぶのですか?

教えてくださいませ。

離婚の慰謝料請求は旦那さんの両親にも及ぶのでしょうか?
例えば、奥さんが請求したり、確定した慰謝料全額を旦那さんが払えない場合はその親が負担したりするのかな?とふと気になりまして。

分る方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

慰謝料というのは、精神的な損害賠償のこと
です。

従って、
婚姻の当事者でない両親に、損害賠償が認められるためには、
その離婚に対して、故意過失に基づく
違法な行為がなければなりません。

だから、他の方が回答しているように、
両親がその婚姻に不当に関与して、それが原因で
離婚になったような場合でなければ、両親には
及びません。

旦那さんに金がないが、両親には金がある、などと
いうことは関係ありません。

Q慰謝料請求相手との示談書に書く住所や氏名について

友人が2年前のあるトラブルについて慰謝料請求を求める内容証明郵便が弁護士を通じて郵送されてきたそうです。
彼女はもう相手と関わり合いたくないとのことで、相手の要求をのむことにしたようですが、最終的に示談書を作成するにあたり、現住所や氏名を書き込まなければならないのかと悩んでいます。
彼女は昨年結婚し、改姓しているのですが、現在の住所や氏名を相手方に知られると、なんらかの報復を受けるのではないかと恐れているようです。ちなみに相手は相当厄介な人物らしいです。
内容証明は彼女の旧住所・旧姓宛に送られてきているようですが、示談書に関しても旧姓・旧住所で署名してはいけないのでしょうか。
文書の法的効力がなくなってしまったり、あるいは公文書偽造(?)などの罪に問われることもあるのでしょうか?

Aベストアンサー

示談書に書かれた住所とお名前で
あなたの友人が特定されると有効です。

以前住んでいた住所で旧姓でも
相手はトラブルのあったあなたの友人と示談書を交わすのですから
あなたの友人と特定されます。

以上の理由から有効です。

Q離婚手続き + 妻と浮気相手への慰謝料請求手順

離婚手続き + 妻と浮気相手への慰謝料請求手順

妻が浮気をしていて、興信所を使い相手の家に入るところ、出るところの証拠写真を撮りました。
これを元に妻との離婚手続きを始め、妻への慰謝料と浮気相手への慰謝料請求に進みたいと思います。

手順をどのように踏んだらいいかざっくりアドバイス頂けますか。
まずは弁護士に相談でしょうか。

Aベストアンサー

お礼ありがとうございます。
No.4です。

>また話し合いをした際に録音しておき、嘘をついた場合もこちらに優位になるかご存じでしたら教えて下さい。

慰謝料をとるというアドバンテージではありません。
事実を認めさせるうえで有効ということです。

裁判では客観的な事実による判断です。
まして民事において相手が嘘をつくことにより、
どれほどのペナルティがあるかは・・・
ごめんなさい。勉強不足で私にはわかりません。
調停などでは少なからず調停員の心象を悪くすることに寄与するかと思いますが、
「相手の嘘を打破するための証拠開示」の有効性は弁護士さんに確認したほうがいいでしょう。


ただ、直接相手と対峙するにおいて○日と●日男の家に行った事実。
この証拠を確保しておけば、いざ相手と対峙することになった時、
散々取り繕わせた後
「いや○日はこの証拠がある。言っていることがまるで違う。事実は?」
と問い詰めることができます。
「じゃ●日は?」
これを続けて2回もやられば一般人は簡単に嘘をつくことができなってしまいます。
そこから証拠はなくとも確実に浮気していたであろう△日は?
の問いに嘘をつく必要がなくなってしまうのです。
もっと周到にするなら▲日の証拠を見せずとも、
素直に事実を認めることを確認した上でになります。

これを男と奥さん個別に実施できれば、
そこで引き出される事実もおそらく変わってきます。
この期に及んでまだ・・・という部分ですね。
奥さんと男が口裏合わせできない措置を講じる必要がありますが。


シナリオはいくつも考えられるでしょうが、
策士、策に溺れるという言葉もあります。
今できることは更なる証拠の確保とその有効性の確認かと思います。

委託先の事業所または本社に、
件のような状況はどのように対応されるか確認されましたか?
もちろん今は匿名で掛けるしかないでしょう。
お咎め無しなのか、厳然たる措置なのか、
それぐらいは確認しておいたほうが良いですね。

お礼ありがとうございます。
No.4です。

>また話し合いをした際に録音しておき、嘘をついた場合もこちらに優位になるかご存じでしたら教えて下さい。

慰謝料をとるというアドバンテージではありません。
事実を認めさせるうえで有効ということです。

裁判では客観的な事実による判断です。
まして民事において相手が嘘をつくことにより、
どれほどのペナルティがあるかは・・・
ごめんなさい。勉強不足で私にはわかりません。
調停などでは少なからず調停員の心象を悪くすることに寄与するかと思いますが、
「...続きを読む

Q年末に支払われるはずだった未払い賃金をなかなか払ってもらえません。

年末に支払われるはずだった未払い賃金をなかなか払ってもらえません。

会社は代表者本人が保証人になって保証協会絡みの借金があるらしく、いま会社を倒産さすと代表者個人の負債になるため、細々と赤字経営して実質上は会社を休眠閉鎖して凌ごうとしているようで、現に新たな別会社に仕事取引先の契約は移行させていっているようです。


私としては会社を閉鎖や倒産させられる前に、手形ででも一度支払ってもらい、代表者個人に裏書してもらおうかとも考えていますが違法でしょうか?

それかほかに良い方法があれば…

Aベストアンサー

やはり、労働監督署を挟むことになると思います。


人気Q&Aランキング