私は現在国民年金の学生免除制度を受けている大学4年の者です。来月より民間企業に就職することになるので国民年金から厚生年金に変わるのですが、内定先より、入社式に年金手帳を提出するようにいわれました。しかし家に年金手帳がない…。確か学生免除を申請したときに役所の年金課に手帳を預けた記憶が無い訳でもないのですが…。よく覚えていなくって、だれに聞いていいか分からずここへたどり着きました。学生免除申請時に年金手帳は預ける様になっているのでしょうか?そうだとしたら役所の年金課に問いあわせれば良いのですよね…?どなたかご存知でしたら教えて下さい!!お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>学生免除申請時に年金手帳は預ける様になっているのでしょうか?



その様なことはありません。
年金手帳は自分で保管します。

見つからない場合は、市の年金の窓口に印鑑を持って行き、再発行を依頼しましょう。
    • good
    • 1

年金手帳がなくても,年金の番号(基礎年金番号)のわかるものが何かないでしょうか。

たとえば,学生免除の承認通知とか,保険料納付書とか…

基礎年金番号がわかれば,総務のおねぇちゃんの「んもう!」が「んもぅ(~~)」に変わります。
    • good
    • 0

以前姉も団体職員だったため、年金手帳を持っていませんでした。


市の年金窓口へ必要な物(印鑑や身分証明書だったはず)を持って行ったら発行してくれたみたいです。
手帳っぽい冊子ではなく必要最小限の証書部分のみを発行されていました。

とりあえず行く前に問い合わせるのが無難ではないでしょうか。
    • good
    • 0

毎年必ず新入社員の中に何人かいますね。


・年金手帳どっかいっちゃったんですけどぉ…。
・年金手帳捨てちゃったんですけどぉ…。
・etc。
ばっちりと総務のおねぇちゃんに怒られて下さい。
「んもう!」って。
そんだけです。
後は総務が何とかしてくれます。
    • good
    • 0

役所の年金課に問いあわせて下さい。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q厚生年金受給額について質問です。今 50歳ずっと国民年金 保険料支払い免除で来ましたが、今から月収1

厚生年金受給額について質問です。今 50歳ずっと国民年金 保険料支払い免除で来ましたが、今から月収16万位の仕事で厚生年金5年払ったとしたら、年金額は幾ら位増えますか?ざっと 大体 大雑把な金額で良いので、知りたいですm(_ _)m どうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

Aベストアンサー

Moryouyouです。
訂正です。

②老齢厚生年金を月収と年換算を
ごっちゃにしてしまい計算を間違えて
いました。申し訳ありません。

計算式をまとめます。

①老齢基礎年金 50~60歳10年分
 1,624円×12ヶ月×10年≒19.5万/年

②老齢厚生年金 50~60歳10年分
 月収16万×0.5481%×12ヶ月×10年
≒10.5万/年 【月数の掛算入れ忘れ】

③老齢基礎年金 20~50歳30年分
 1,624円×12ヶ月×30年≒約58.5万/年
の1/2となり、年29.2万。

①19.5万
②10.5万
③29.2万
計59.2万/年
月5万弱となります。

②で大きな誤差が出ました。
すみませんでした。m(_ _)m

Q厚生年金→(国民年金)→厚生年金→(国民年金)→厚生年金

厚生年金→(国民年金)→厚生年金→(国民年金)→厚生年金
過去(5年・7年ほど前)に2度失業した時期があり、本来ならば、国民年金に切り換えの手続きをしなければならなかったのですが、
手続きを怠ってしまい、2年ほど、年金の空白期間ががあります。

その当時、年金免除制度を知らなかったため、手続きをしていれば、よかったのですが、過去2年以上前のものは支払いができないとの事と聞きました。今からその分を埋める事はできないのでしょうか。

将来的に年金を受け取る時は、満額納めていた場合から、2年分を減額?、それはどのくらい減額されるもなのでしょうか
(無知なため、質問内容も雑ですが、必要な情報がないと答えられない等がありましたらすみません)

Aベストアンサー

・60歳以降から、国民年金の任意加入を行なう事により、2年分の未納分を支払、満額受給にすることは可能です
・法改正で、過去2年間→10年間に延長、する予定だそうです・・法案が通れば変更になります・・現在時点では時期は不明です(今年か来年?)

・2年分の減額は・・満額に対し5%です(480ヶ月の内、24ヶ月未納で456ヶ月の支払がある場合)
http://www.sia.go.jp/seido/nenkin/shikumi/shikumi02.htm

Q国民年金の最終納付期限

国民年金の最終納付期限は二年後の納付対象月の翌月末日だそうですが、納付受託書の使用期限は翌々月の1日や2日になっていることがあるのはなぜですか? ちゃんと月末の最終日になっているものがほとんどですが。

例えば、平成22年6月分の納付受託書には、使用期限は8月2日です。(7月31日ではなく)

Aベストアンサー

行政機関の休日に関する法律によるものです。
この法律の第2条で「国の行政庁に対する申請、届出その他の行為の期限で法律又は法律に基づく命令で規定する期間をもつて定めるものが行政機関の休日に当たるときは、行政機関の休日の翌日をもつてその期限とみなす」としていますので、それに沿っています。

国民年金保険料の納付は、厚生労働省(厚生労働大臣)という行政庁に対する行為として、法律(国民年金法) に基づく命令として規定されています。
ですから、行政機関うんぬんということになり、この法律をあてはめるのです。

行政機関の休日は、原則、次のとおりです。

一  日曜日及び土曜日
二  国民の祝日に関する法律に規定する休日
三  十二月二十九日から翌年の一月三日までの日

ここで、平成22年6月分の国民年金保険料を見てみましょう。
本来の納期限は、その翌月(平成22年7月)の末日(平成22年7月31日)です。
ところが、平成22年7月31日は土曜日、平成22年8月1日は日曜日ですから、上記の法律の第2条により、この納期限(本来の納期限)は平成22年8月2日でした。

ここまで認識していただいてから、さらに「本来の納期限を過ぎても、そこから2年を経過する日までは国民年金保険料を徴収することができる」という決まり(国民年金法)を認識なさって下さい。
すると、平成22年8月2日から2年を経過する日は平成24年8月2日ですよね。

ということで、平成22年6月分の国民年金保険料は、ぎりぎりでも平成24年8月2日までなら納めることができるのです(これを過ぎてしまうと納められません)。
以上のカラクリ(表現はあまり適切ではありませんが)により、ご質問の例の場合には8月2日となっています。

行政機関の休日に関する法律
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S63/S63HO091.html
 

参考URL:http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S63/S63HO091.html

行政機関の休日に関する法律によるものです。
この法律の第2条で「国の行政庁に対する申請、届出その他の行為の期限で法律又は法律に基づく命令で規定する期間をもつて定めるものが行政機関の休日に当たるときは、行政機関の休日の翌日をもつてその期限とみなす」としていますので、それに沿っています。

国民年金保険料の納付は、厚生労働省(厚生労働大臣)という行政庁に対する行為として、法律(国民年金法) に基づく命令として規定されています。
ですから、行政機関うんぬんということになり、この法律を...続きを読む

Q学生時代の厚生年金と国民年金の免除について

先日家の掃除をしていた時に学生時代のバイトの給与明細が出てきました。懐かしく思いながら見ていると総支給額99020円に対して厚生年金が19700円引かれています。この頃は両親が学生納付特例免除の手続きをしてくれていました。さて、ここでどうしようかと考えてしまいました。

1)社会保険庁へその旨を連絡して調べてもらう(可能なのかしら)。この場合学生納付特例免除と比べてどの程度の期間があれば将来お得になるのか。数ヶ月の厚生年金の追加に対して免除期間が無効になるのか?
2)見なかったことにしてそのまま放置。

1)の場合証明しえる書類は今手元にある給与証明書以外には思いつきません。

何か良いアドバイスをいただけますでしょうか。

Aベストアンサー

先日家の掃除をしていた時に学生時代のバイトの給与明細が出てきました。懐かしく思いながら見ていると総支給額99020円に対して厚生年金が19700 円引かれています。この頃は両親が学生納付特例免除の手続きをしてくれていました。さて、ここでどうしようかと考えてしまいました。


>1)社会保険庁へその旨を連絡して調べてもらう(可能なのかしら)。
もしかしたら、その厚生年金加入記録は基礎年金番号に統合されていない可能性があるなど少々問題があるので、今の内に確認した方がよいです。
いま手元にお持ちの年金手帳全部、印鑑をお持ちになり、社会保険事務所にて確認してください。

>この場合学生納付特例免除と比べてどの程度の期間があれば将来お得になるのか。
得になるかどうかという問題ではありません。

>数ヶ月の厚生年金の追加に対して免除期間が無効になるのか?
厚生年金に免除制度はありません。
つまり、厚生年金に加入しなければならない事業所に勤めた場合には、学生特例の免除制度など使えません。学生であっても必ず加入となります。

なのでご質問者の年金加入記録にきちんとそのときの記録があるのが重要です。


>2)見なかったことにしてそのまま放置。
万一厚生年金加入記録がご質問者の基礎年金番号できちんと登録されていない場合には、単純にご質問者の損になるので、きちんと確認はしてください。

>1)の場合証明しえる書類は今手元にある給与証明書以外には思いつきません。
社会保険事務所側にも記録がありますので、その給与明細は、もしご質問者の基礎年金番号に記録がない場合に、加入記録を探すときの参考資料になりますのでそれもお持ちになって下さい。

先日家の掃除をしていた時に学生時代のバイトの給与明細が出てきました。懐かしく思いながら見ていると総支給額99020円に対して厚生年金が19700 円引かれています。この頃は両親が学生納付特例免除の手続きをしてくれていました。さて、ここでどうしようかと考えてしまいました。


>1)社会保険庁へその旨を連絡して調べてもらう(可能なのかしら)。
もしかしたら、その厚生年金加入記録は基礎年金番号に統合されていない可能性があるなど少々問題があるので、今の内に確認した方がよいです。
いま手元にお持...続きを読む

Q国民年金8年6ヶ月払いました その後ブランク数年 今会社に入って厚生年金3年目です 国民年金は10年

国民年金8年6ヶ月払いました
その後ブランク数年 今会社に入って厚生年金3年目です
国民年金は10年間払わないともらえないと聞きました
最後の支払いから6年過ぎてます 今まで払った国民年金はパアになるんですか?

Aベストアンサー

厚生年金を払っているのだから大丈夫でしょう
合わせた年数ですよね
10年て

Q国民年金(学生)から厚生年金に切り替え

子供が大学卒業まで国民年金保険料を払っていましたが4月から就職したため厚生年金に加入します。
4月からは国民年金保険料は払わなくなりますが手続きしなければそのまま口座から引き落としされるのでしょうか。
そうであれば手続きの方法を教えてください。

Aベストアンサー

会社で厚生年金の加入手続きをします。会社の厚生年金加入日が
国民年金の喪失日になるので、自動的に切り替わります。しかし
加入日に限らず提出等の日にちのずれから、1ヶ月分は口座から
引き落とされる場合があります。しかし、もし引落しされても
社会保険事務所から、還付請求の用紙が送られてきて(返すので
手続きして下さいと言う事です)その用紙が届いたら、誤って
引き落とされた金額を返すので返す先はどうしますか?と言う事で
dosannko2さんの口座番号や住所等書くようになっています。それを
送れば間違って引き落とされた金額がdosannko2さんの口座に振り込まれ
ます。今の時期ですと2~3ヶ月かかる恐れもあります。
まず引き落とされてしまっていたら、1ヶ月程還付請求の用紙が送られて
くるのを待ちましょう。1ヶ月たっても送られてこなければ、管轄の
社会保険事務所の国民年金業務課へお電話されたら良いでしょう。

Q国民年金の延滞金 支払い義務

H16年3月から現在に至るまで(計22ヶ月分)、国民年金が未納となっていましたが、先日来所通知書が届き、保険事務所に行ってきました。
さかのぼって支払いをしてほしいと言われましたが、私は月10万ほどしか給料がないため、家賃光熱費等を支払って食費でいっぱいいっぱいです。
その旨を伝えましたが、滞納したあなたが悪い。と言われ、取り合ってすらもらえませんでした。
さらに、延滞金12万も支払いをするように言われました。
確かに、何度か納付してくれとの書面を受け取り、支払わなかった私が悪いのですが、延滞金と年金保険料で2万は払うことが出来ません。

強引に支払いを約束する書面をかかされました。
延滞金だけでもなんとかならないか?とか、さらに分割できないか?とも相談しましたが、一切拒否されてしまいました。
このままだと、人間らしい生活すらできません。
なにか、対処法などはないのでしょうか?

もうしわけありませんが、教えてください。

Aベストアンサー

都道府県の社会保険事務局へご相談ください。
どういう裁定になるかは、全くわかりません。

>強引に支払いを約束する書面をかかされました
これが事実だとすると、かなり問題があると思います。
ただし、本来免除申請すべきところを放置した責任は感じてくださいね。

Q早期退職により、厚生年金から国民年金へ切り替える

厚生年金を35年かけてきましたが、55歳で会社を早期退職しようと思います。

その後60歳まで5年間、国民年金をかけなければならないでしょうか?

かけた方が、支払い年月が長くなり有利になるのでしょうか?

それともかけるメリットはないのでしょうか?

大雑把でけっこうですので教えて下さい。

Aベストアンサー

老齢基礎年金
804200円×保険料納付済み月数+(保険料免除月数×1/3)/(加入可能年数×12ヶ月)=老齢基礎年金額A
厚生年金
平均標準報酬月額により個々に変わります。
平均標準報酬月額=定年時の税込み月収×0.7(目安算式)
報酬月額×7.5/1000×被保険者期間×物価スライド率((1.03)毎年変わる)=厚生年金額B
A+B=これからもらえるであろう年金の額です。
計算してみたらわかるんじゃないでしょうか?

私は20代なので、公的年金に期待してませんから出来れば払いたくありません。(笑)
でも、applesさんは公的年金もらえそうな年齢(御幣がある言い方になっちゃいますけど、私はもらえるのか不安なので・・・笑)なのでたくさんもらえるならかけたほうがいいんじゃないでしょうか?

長生き出来れば一杯貰えるんでしょうね。
長生きできそうなら払った方が得ですね!!笑

Q確定拠出年金と国民年金基金の所得控除

確定拠出年金と国民年金基金の所得控除

自営業の専業主婦について、以下の認識で正しいかどうか教えてください。

(1)自営業の専業主婦は第一号被保険者である
(2)自営業の専業主婦は国民年金基金・確定拠出年金合わせて
   月68000円掛けることができる(要国民年金支払)
(3)国民年金基金は社会保険料控除で、家族の分も所得控除が受けられるが、
   確定拠出年金は小規模企業共済等掛金控除で、加入者本人の掛金しか控除できない
(4)よって専業主婦で所得がない場合、国民年金基金は夫の所得から控除できるが、
   確定拠出年金は夫の所得から控除できない

Aベストアンサー

>(3)国民年金基金は社会保険料控除で、家族の分も所得控除が受けられ…
>(4)よって専業主婦で所得がない場合、国民年金基金は夫の所得から控除できる…

無条件でできるわけではありません。
夫が妻の分を支払っていることが条件です。
現時点で妻が無職であっても、妻が以前に蓄えたお金とか、親などからの相続や贈与で得た金で支払っているなら、夫の所得控除にはなりません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1130.htm

>確定拠出年金は小規模企業共済等掛金控除で、加入者本人の掛金しか控除できない…

「納税者が・・・」とありますから、その見解で正しいです。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1135.htm

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q退社後、国民年金へ切り替え時の免除制度について

先日、希望退職で会社を辞めました。
社会保険の任意継続手続きはすみました。

次は年金の切り替えなのですが
電話で役所に相談させていただいたところ医療費が家族ともどもで
大変多いので免除申請を一度してみてはどうでしょう?と
助言いただきました。

年金の免除申請をして万一通った場合、
将来的に受け取れる年金の金額が大幅に減るなどや
後でまとめて高額な支払いが来るとか
そういうことなのでしょうか・・・?
正直年齢的にも新しく働けたとしても
そんなに給料のいい仕事につけるとは思えず
まとめて払うとなると余計辛いかもしれず
いま、医療費を削ってでも払っていくほうが
いいのか・・・?と悩んでいます。

免除申請を行うか、黙っているほうがいいか
どちらでしょうか・・?

Aベストアンサー

国民年金の免除申請をした場合、次のようになります。

・免除期間の納付義務が免除されます。督促されません。
・免除期間は、年金受給に必要な25年の納付期間に算入されます。
・ただし、免除期間の保険料を追納しない限り、年金額には(一部が)反映されません。つまり、年金額が減ります。
・2年間は無利子で追納できます。
・10年間(上記2年間を含む)は、利子を加算して追納できます。
・追納すると、将来的に本来の年金額を受給できます。追納は任意です。
・免除を受けると、免除期間は国民年金基金等には加入できないはずです。

・免除を受けずに1年分や数か月分を前納すると、若干割引があります。
・国民年金の保険料は、年末調整や確定申告のとき、その年に納めた全額(上限額無し)を社会保険料控除として申請できます。これにより、税金が若干安くなります。

※追納の際の利子は、銀行預金で貰える利息より高いです。余裕があるなら、先に払った方がいいと思います。

参考URL:http://www.sia.go.jp/


人気Q&Aランキング