出産前後の痔にはご注意!

聖徳大使や天武天皇はなぜ仏教を日本に広めたのでしょうか。
為政者が宗教を保護するのに「ただ好きだったから」
なんて単純な意味とは思えないんですが、
どのような意味があったのでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 現代日本人の宗教観からすれば、宗教は個人のものですが、奈良時代までの仏教は、国家仏教と呼ばれるように国家が管理したものでした。



 その導入の目的には、天皇を中心とした中央集権国家を作るためのイデオロギー(思想・理念)としての側面があります。

 元々、大和朝廷はその成立の経緯から、地方・中央の有力豪族の連合国家で、天皇家といえども絶対的な権威・権力があるわけではなく、言わば地方分権でした。
 しかし、国の規模が大きくなり、外国とも交流が行なわれるようになり、天皇を中心とした中央集権国家を作ろう(=国力のアップ:外交上の有利・政権担当者の権限の強化。中国という国家を見ることで、中央集権国家の国家としての能力の高さに目覚めたのではと思います。)という流れが起こってきます。

 中央集権にする以上、政権成立の経緯から、天皇―豪族の長―部民(豪族に属する人々。天皇家も豪族の一つとして直接支配する部民を持っていました。)という所属関係となっている国民を、直接天皇が支配する関係にしなければなりません。

 つまり、天皇家に属する部民のみが、天皇の命令に従う意識を持っていただけで、他の国民はそれぞれの豪族の長に従うという意識を強く持ち、「天皇や朝廷との直接のつながりは全く意識されていない。」という現状を、変えなければなりません。

 そこで、所属する豪族の枠を超えて、共通の考え方を持たせる目的で、仏教を国家的に導入することを考えたのです。
 国家仏教が導入されれば、国=天皇=朝廷=仏教=寺院(国分寺)と仏教を信じる人々が、豪族の長を通さず、直接つながりを持つ政治体制が始まります。

 当然、既存の豪族は最有力の物部氏を中心にその導入に反対し、逆に天皇家の家老(古代ではこのようには言いませんが)的な立場で、勢力を伸ばしていた蘇我氏としては、当然導入に賛成しました。

 物部氏が敗れたのは、豪族の中にも「中央集権」でないと、今後は他国との関係で不利になると考える人が結構多かったからでは、と思います。
    • good
    • 1

もう充分に説明はされていますが、補足まで。



古来、天皇やその側近(後の物部氏の先祖らですね)は、各地それぞれの神様を祭っていたのを伊勢神宮の名の下になんとなく統一された神道のようなものにまとめあげていきました。
これは、かなり初期から少しずつありましたが、朝廷による全国統一が進んだ丹波併合の頃くらいから顕著に出てきた傾向です。
その後、一度武烈天皇で天皇の系譜が途絶え、遠縁ということで遠国から継体天皇が呼ばれます。
継体天皇は、滋賀あたりで生まれ育ち、成人してからは福井のあたりにいました。 福井は、朝鮮半島との行き来の道中ですから、自然大陸で起こっていた仏教などに触れる機会も多く、本人が積極的でないにせよ、その周りにいる人たちは影響されていたようです。
中でも顕著なのが、継体天皇が上京するときについてきた関所の番人で、これが後の蘇我一族になっていきます。
だから、蘇我氏は既得権益を抑えていた物部氏に対抗するために、仏教を持ってきたんですね。

天皇は、そのときどきの側近となる人々のパワーバランスを見て、神道や仏教をそのときの状況に合わせて取り入れていったのだと思います。
    • good
    • 0

他の方の回答の他に、その時代に誰が政治の実権を握っていたか、或いは実権を握ろうとしていたかということでしょうね。


物部氏の神道、これを追い落として仏教を持ち込み、実権を握りたい新興の蘇我氏。

さらには、神道と仏教の両方を手にして(神道は旧姓の中臣、仏教は藤原と言う姓を使い)政治の実権を握った藤原氏というのは後の話。
蘇我入鹿や、藤原鎌足の名はご存知でしょう。

歴史では政治権力と、宗教はどこの国でも一体です。
    • good
    • 0

天皇などの支配者が広めようとしても


宗教のような精神的なものは民衆にその気が
なければ広まりません。
日本人は農耕民族です。隣近所が助け合わなければ
できないのが農業です。また作物を育てるのは
優しい気質を育てます。

詳しくは説明できませんが、一神教は攻撃的な
気質の狩猟民族に向いています。
仏教のような多神教は、穏やかな気質の日本人に
合っていたんです。

日本は政府が細かく多数の規制で国民や
経済活動をコントロールしていたので
社会主義国と言われたんです。
ですから、この問題では北欧などの
資本主義国と比較しても意味がないんです。

「知っていることなら何でも教えます。」というのは
本心でしょうか。
    • good
    • 0

こんにちは。


昔の仏教は今とは意味が全然違います。

仏教と共に外国の技術や物資を輸入していたので、布教を妨げない事で便宜を図った。

仏教自体が当時最先端の学問だったので、これを行政で一手に握る事で、支配力の強化を図った。

外国からは巨大な寺院がある事がステータスとみなされたので、世界標準となるべく仏教を保護育成した。

というのが主な理由でしょう。
ただ好きだったなんてお話じゃないです。

その結果、後には道鏡のように、生臭坊主に国政が翻弄される事になりますが。
    • good
    • 0

 当時の仏教は、建築技術、彫刻技術、冶金技術、製紙技術、作筆技術、絵画の技術等の先端テクノロジーとセットになって輸入されました。


 宗教的側面についてもそれなりに需要はありましたが、かような技術が欲しかったという面がありました。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本に仏教が広まったわけ

教養の一環として質問させてください。
仏教が日本に広まったのは政治的な理由であることは
昔々の歴史の授業で習いましたが(^^)
仏教を国教にしようとしたことでどんなメリットがあったのでしょうか?また、自然信仰だった日本人が仏教を受け入れられたのはなぜでしょうか?

Aベストアンサー

「メリット」
仏教を取り入れるメリットは中国追随型の国家にする所にあったと思います。

崇仏派の藤原鎌足は幼少時代から中国発の学問取得に熱心で、
政治制度を中国型にすることに生涯を費やしたと言っても良いです。

当時の中国は唐。中国では、唐の前の随から
仏教が国教のような存在になり、唐代は最も仏教が進化した時代です。
中国の政治スタイルを学び取り入れるためには、
仏教を欠かすことはできませんでした。

当時、日本は白村江で新羅と唐の連合軍にボロ負けした後で、
遣唐使も中断していました。
朝廷とその周辺には朝鮮半島派と中国派がおり、
かなりの政治闘争があったのですが、その勝者が
藤原鎌足を中心とする一派です。


「普及」
天皇が受入れ、貴族がそれに追随したので、
権力の中枢に近づくためには仏教が必要だったこともあり、
いわゆるトップダウン型の普及があったことは確かですが、
下々の者達が仏教を受入れたのは単純です。

信仰は仏教的な言葉で言えば現世利益のためにやるもので、
他の宗教を信仰していてもそれは同じことです。
既存の宗教より強い効力があれば、そちらに乗り換えるのは普通のことです。

仏教の場合、治水事業や病気治療の技術を持った僧が
全国各地を回り、明らかな現世利益を施したので、
急速に普及しました。
この方法論はいつの時代にもどの宗教でも登場していますが、
たぶん最初は行基あたりだったでしょう。

現世は苦労しても来世で、というのは信仰が普及した後に受入れられた思想だと思います。

「メリット」
仏教を取り入れるメリットは中国追随型の国家にする所にあったと思います。

崇仏派の藤原鎌足は幼少時代から中国発の学問取得に熱心で、
政治制度を中国型にすることに生涯を費やしたと言っても良いです。

当時の中国は唐。中国では、唐の前の随から
仏教が国教のような存在になり、唐代は最も仏教が進化した時代です。
中国の政治スタイルを学び取り入れるためには、
仏教を欠かすことはできませんでした。

当時、日本は白村江で新羅と唐の連合軍にボロ負けした後で、
遣唐使も中断...続きを読む

Q仏教の伝来について

日本にはじめて仏教を広めた人はだれでしょうか?

Aベストアンサー

538年に、百済の聖明王の使いで訪れた使者が欽明天皇に金銅の釈迦如来像や経典、仏具などを献上したことが日本での仏教の始まりです。

その後推古天皇の時代に「仏教興隆(こうりゅう)の詔(みことのり)」が出さして、各地で寺院建設が始まりました。

約600年には聖徳太子や蘇我馬子が権力争いのために日本の多くの地に寺院が建設されたらしいです。
ちなみにこの頃に作られたのが、飛鳥寺(法隆寺)です。

つまり答えはこの↑2人かな。よく聖徳太子って言われてますが。

Q前方後円墳はなぜ出現したのか?

前方後円墳はどんな経緯があって、またどんな原因で作られるようになったのですか?

Aベストアンサー

豪族の権力をより示すためでは?
方墳や円墳より大きいので

Qイスラエル人ってユダヤ人なの?

タイトルのとおりです。中東問題の番組をみてて気が付いたんですが、イスラエル国民について教えて下さい。

1.イスラエル国民=全員ユダヤ人ですか。
2.人種的には白人ですか、アラブ系ですか、基本的に。
3.宗教的には全員ユダヤ教の信者ですか。 イスラム教や仏教を信仰するイスラエル人っているんでしょうか。
4.ユダヤ人のために建国した国がどうしてユダヤって言葉を国名に使用しなかったでしょうか。
5.パレスチナ人って全員イスラム信者でしょうか。
6.よくパレスチナ難民っていいますが、彼らのパスポート発行はどこが行なっているんでしょうか。
7.パレスチナ人は、例えば漢民族とかクルド族とか一緒で、民族性でいえば全員同じ民族なんでしょうか。

HPをみても難しいので、簡単にご回答願えれば幸いです。

Aベストアンサー

一般に、民族とは文化的背景、特に言語を共有する集団を指します。共通の言語は共通の生活領域を前提とすることが多いので、結果的に、民族は同一人種から構成されることになります。しかし、ユダヤ人は例外です。
ユダヤ人は2000年前に国家を失ってから世界各地に離散していたので、言語や肌の色に共通点はありません。ユダヤ人とは、原則的には「ユダヤ教徒」からなる宗教的集団なのです。
※それでは「ユダヤ教徒」とは何かということが問題になりますが、複雑過ぎてここでは深入りできませんので、ユダヤ教徒を自認する集団でも、その奉ずる教義によってはイスラエル当局からスンナリとイスラエル国籍を付与されない場合があることだけを指摘しておきます。イスラエル当局のいう「ユダヤ教」とは、端的にいえば、神殿時代(以降)のユダヤ教を指しています。

現在、イスラエルは、ユダヤ教徒およびユダヤ人の母親から生まれた子供をユダヤ人と認め、国籍を付与しています。後者がユダヤ人とされる理由は、ユダヤ人女性は自分が生んだ子供をユダヤ教徒として養育する宗教的義務を負っていることにあります。よって、日本人も、ユダヤ教に改宗すればユダヤ人になることができます(教義や歴史に関する難しい試験や、宗教指導者による面接などがありますが)。

イスラエルには、ユダヤ人=ユダヤ教徒以外にも、キリスト教徒やイスラム教徒である国民が存在します。なぜなら、現在イスラエルの領土となっている土地には、古くからユダヤ教徒・キリスト教徒・イスラム教徒が混住していたからです。しかし、現在では、ユダヤ人=ユダヤ教徒が圧倒的多数を占めていることは確かです。

人種構成はさまざまです。ユダヤ人=白人というイメージとは裏腹に、アフリカ系(黒人)やアジア系(黄色人種)のユダヤ人も存在します。なお、言語についても、公用語であるヘブライ語を解さず、出身地の言語しか話せないユダヤ人も多数存在します(特に、旧ソ連崩壊後に入国したロシア系ユダヤ人)。

イスラエルという国号についてはすでに回答されています。宗教的な意味のある国号です。

パレスチナ人とは、パレスチナ地方の住民を指す言葉です。すでに指摘したとおり、パレスチナ地方にはもともとユダヤ教徒・キリスト教徒・イスラム教徒が混住していました。民族的には、アラブ人(アラビア語)、ユダヤ人(アラビア語・ヘブライ語)及びキリスト教系少数民族が存在しました。しかし、ユダヤ教徒であるパレスチナ人はイスラエルに迎え入れられたので、現在のパレスチナ人は多数のアラブ人とキリスト教系少数民族からなっています。

パレスチナ地方は、その大部分がイスラエルに、一部がヨルダンに併合させました。ヨルダンが併合したのは、ヨルダン川東岸といわれる地域です。この地域に住んでいたパレスチナ人は、幸か不幸か、ヨルダン人としてヨルダンの旅券を所持することができます。

参考URL:http://homepage.mac.com/ceramic_tsuka/rekisipage.html

一般に、民族とは文化的背景、特に言語を共有する集団を指します。共通の言語は共通の生活領域を前提とすることが多いので、結果的に、民族は同一人種から構成されることになります。しかし、ユダヤ人は例外です。
ユダヤ人は2000年前に国家を失ってから世界各地に離散していたので、言語や肌の色に共通点はありません。ユダヤ人とは、原則的には「ユダヤ教徒」からなる宗教的集団なのです。
※それでは「ユダヤ教徒」とは何かということが問題になりますが、複雑過ぎてここでは深入りできませんので、ユダヤ教徒...続きを読む

Q最初の天皇はなぜ誕生したのか?

初代天皇は、どういう経緯で出来たのですか?
神武天皇は、国王(日本で一番偉い人)みたいなものだったのですか?

Aベストアンサー

実はそのことについてわからないので困っているんです。
というのも3世紀に活躍したとされる邪馬台国の卑弥呼という女王の解釈により、最近では神武天皇でさえ紀元前660年前の人物とすることには異論がありながらも、その存在自体はありえて、だからこそ正史である『日本書紀』に記載されているのでは?といった論調もあります。
神武天皇そのものというより、神武の伝承として伝わる物語の核になる史実が存在した。それは現存はしていませんが『日本書紀』編纂の主な材料となりえた『帝紀』などに書かれていたのであろう。と予測する立場があるんですね。
ですから国家や天皇の成り立ち自体はよくわかっていない中で、神話などの古伝承から国家や天皇の成り立ちを整合性を以って説明できるのでは?と目下奮闘中といった人々もいる。とのあり方が現況では一番進歩が見られるスタンスであり、逆にそのような暗中模索な状況こそが、現在の学界における日本国家成立の研究、ないし天皇支配の淵源の研究などの現状だと思います。

そして天皇(大王)を中心とした国家といった概念が表れたであろうとされるのが、いわゆる4世紀の古墳時代と呼ばれる時代であったことは、考古史料から、特に前方後円墳などの規格性の強い墓制の出現で見当がつきつつあるのですが、そこの詳しい実態は、日本はもとより、3世紀段階における日本の国情を伝えた古代中国の史書などが4世紀時点ではないためよくわからないんです。いわゆる「謎の4世紀問題」ですね。

いずれにせよ『魏志』倭人伝などの記述から、卑弥呼が活躍する前後(3世紀)にあっては「倭国大乱」と評価できる内戦状態が、その規模は別として事実あったのでしょうね。もちろんその戦闘状態は天皇の出現と無関係であるとも思えないんです。その様な中、詳しい経緯はわかりませんが、倭国大乱と呼ばれる混沌とした戦乱の世にあって、統一的国家としてのヤマト政権を樹立するだけの武力ないし交渉力が、4世紀段階における天皇(大王)の祖先にあったことは疑う余地はないのかな?と思いますし、考古史料などが語る結果から帰納法的に糸を手繰りつつ明らかにしようと試みている、3世紀から4世紀にどのような経緯で歴史がつながるのか?といった問題は、識者はもとより僕に限らず古代史に興味を持つ者が一番知りたい部分なのです。

ですから率直に申し上げれば「初代天皇は、どういう経緯で出来たのですか?」という質問については「こっちが知りたい部分です」といった頼りない回答になり、せっかくのご質問に明確にお答えできないことを心苦しく思いながらも、現状をご理解いただければありがたいと思う次第です。

実はそのことについてわからないので困っているんです。
というのも3世紀に活躍したとされる邪馬台国の卑弥呼という女王の解釈により、最近では神武天皇でさえ紀元前660年前の人物とすることには異論がありながらも、その存在自体はありえて、だからこそ正史である『日本書紀』に記載されているのでは?といった論調もあります。
神武天皇そのものというより、神武の伝承として伝わる物語の核になる史実が存在した。それは現存はしていませんが『日本書紀』編纂の主な材料となりえた『帝紀』などに書かれていたの...続きを読む


人気Q&Aランキング