私は今年から複数の銘柄を毎日のように売買する取り引き手法をとるようになりました。来年の確定申告の時のことを考えると気が重くなりますが、できるだけ、日々の記録をとっておいてそのまま税務署に提出できるように今から準備しておきたいと思います。
たとえば、大学ノートにその日に取り引きをした銘柄と買値、売値、損益を毎日記録しておけば大丈夫でしょうか。
年間に何百という株式取引を繰り返す人の為の効率のよい確定申告の日々の準備法を教えて下さい。よろしく御願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>大学ノートにその日に取り引きをした銘柄と買値、売値、損益を毎日記録しておけば大丈夫でしょうか。



大学ノートよりもPCの表計算ソフトに入力した方が良いと思います。総損益の計算なども楽ですしデータ変更や検索も楽ですので。
決済した時に決済売買と決済相手、損益、売買に伴う税金(申告分離課税)を入れるようにすると良いと思います。ご自身が管理し易い方法でに行うことだと思います。
証券会社によっては月毎の一覧表を出すところもあります。取引証券会社に問い合わせてみると良いとおもいます(これらをPCデータでも受け取ることができれば一々入力しなくて良いですよね)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうも有り難うございます。私の場合は、まず、表計算ソフトの使い方を勉強しなければいけません。その後に証券会社から送られてくる報告書の数字を正確に入力していけばいい訳ですね。それなら出来そうです。さっそく始めてみます。

お礼日時:2002/03/14 21:43

毎日ですと膨大な量になりますね。

私の場合はそれほど多くはないのですが、小さい文字(6P)で出力してA4で5枚でした。月別の損益をはじめに記載しました。証券会社の処理する取引管理ナンバーも記載しています。そのナンバー付で税務署に情報が流れているでしょうから。
同一銘柄の複数収得価格については総平均法を用いなくてはなりませんが、短期売買では面倒なのでしませんでした。が、年を越す銘柄が発生し、後から計算するのがちょっと面倒でした。手持ちが0になったのがいつかを判断するのが大変です。瞬間的にであれ全部売れば、次に同一銘柄を購入し、さらに購入したときから、新規に平均が発生するのですから。今年からはエクセルでそのつど平均化しております。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私の場合は年間で500回以上の売買になりそうです。証券会社が納税手続きも代行してくれれば一番助かるのですが・・・。
まず、エクセルを使いこなせるようにならなければいけませんね。
皆さんも結構ご苦労されているようだと分かって変に安心してしまいました。
丁重なお答を有り難うございました。

お礼日時:2002/03/14 21:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日々規制銘柄とか、日々公表銘柄とかは、何を日々規制するのでしょうか?よろしくお願いします。

日々規制銘柄とか、日々公表銘柄とかは、何を日々規制するのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://www.tse.or.jp/rules/shinyo/hibikohyo.html
この辺を読んで下さい>

Qデイトレで買値、売値まで公開しているブログ

その日のデイトレードでの取引銘柄とその損益を公開しているブログはたくさんありますが、
取引銘柄の詳細、つまり実際いくらで買い、いくらで売ってそういう損益になったのか
というところまで公開している所を探しています。
今の所、株之助さんの所しか見つかっていないのですが、
他にもそういう所ご存知の方いましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

参考URLのところはどうでしょうか。
1、最初200万円で始めた
2、4000万円まで行った
3、損して600万円までになった
4、出直して、今は1億以上です。
銘柄と売り買いの値段と株数が書いてあります。

参考URL:http://blog.livedoor.jp/nori9asset/archives/2008-09.html

Q「日々公表銘柄」と、それ以外の銘柄の信用残について

日証金の
http://www.jsf.co.jp/de/stock/search.php?target=balance
では、「日々公表銘柄」以外の銘柄でも、信用残が出ています。

どの銘柄でも、毎日信用残が発表されるなら、「日々公表銘柄」にはどんな意味があるのでしょうか?



ついでですが、例えば1805飛島建設は、昨年11月24日に、新規売と現引の両方が停止されています。
売りを減らして下落を止めたいのなら、現引きを禁止するのは逆効果ではないかと思うのですが。。。

しかも、コスモのグラフを見ると、この時点でも買い残が売り残を大幅に上回っています。出来高も、ピーク時より減っています。
なぜ新規売と現引を停止したのか、理由がわかりません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日証金速報・・・全ての制度信用銘柄

日々公表銘柄・・・東証がその残高を毎日公表する銘柄(通常の銘柄は週に1回のみ公表)

>売りを減らして下落を止めたいのなら、現引きを禁止するのは逆効果ではないかと思うのですが。。。

売り禁というのは、現物が足りなくて困っている状態なのです。したがって、現引きされてしまうと、ますます現物が足りなくなってしまいます。

つまり、下落を止めたくて売り禁にするのではありません。あくまでも増えすぎた空売りに、その現物が足りなくなって困るからなのです。

Q信用取引残高の日々公表銘柄

4795 スカイパーフェクト・コミュニケーションズ が
2/2より信用取引残高の日々公表銘柄となりました。
本日の残高はどこをみればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

回答
2/1に東証が指定しました。
下記、東証のHPに毎日4時頃、前日申込分が公表されます。当日分は公表されません。
当日分は、出来高・価格変動で推測する必要があります。

余談
非制度信用銘柄で日々公表銘柄となったため、残高の推移に注目しています。(おいどんだけかも?)

参考URL:http://www.tse.or.jp/data/exotic/data/index.html

Q日々公表銘柄 指定で なぜ暴落?

公表されることを嫌って、と、株式ニュースで言ってましたが、なぜ嫌うのですか? ソフトバンクでしたが。
必ず下がるわけではないのでしょ?

株価の行き過ぎを是正するために行われているらしいのですが、乱高下しても、かまわないと、東証はなぜ考えるのでしょうか?

Aベストアンサー

【日々公表銘柄】
信用銘柄でかなり売り買いが交錯して過熱感が出ている銘柄を
東証は日々公表銘柄として信用の残高を公表しますね。
内容がわかると相場の面白みがなくなるということで
投資家の間には売り買いに警戒感出てきます。

【買い残が以外に多い時】
その結果、思ったよりも買い残が多く売りの残高が少ない時は、
今まで買い仕掛けたディーラー、機関投資家は
踏み上げはないと判断して、いったん利食います。
機関投資家が高値で利食いの成り行きを出してくると
値段は下がりはじめます。
こうなると相場は急に崩れます。
しばらくは買う人はいなくなり長期にわたって低迷します。

【売り残が以外に多い時】
また思ったよりも買いが少なく売り残が多いときは、
買いを仕掛けたディーラー、機関投資家は
安心して売り方が損きりの処分をするまで、買いを入れます。
こうなると売り方は損きりの買いを入れざる得なくなり
かなり大幅な踏み上げがありますね。

【注意喚起】
日々公表銘柄となると相場は反転しますので、
証券会社は信用取引を控えるように注意喚起をします。
現金の担保が不足する事態になるのを恐れて、
現金担保の追加、建玉の処分を要求してきます。
急落、急騰後に相場は終息を迎えることになります。

その銘柄の相場はいずれにせよ最終局面にさしかかったということですね。
下記のサイトに先日の日本電子のことが書かれています。

参考URL:http://www.tse.or.jp/cash/shinyo/hibikohyo.html,http://charge.biz.yahoo.co.jp/vip/news/kab/031010/031010_mbiz140.html

【日々公表銘柄】
信用銘柄でかなり売り買いが交錯して過熱感が出ている銘柄を
東証は日々公表銘柄として信用の残高を公表しますね。
内容がわかると相場の面白みがなくなるということで
投資家の間には売り買いに警戒感出てきます。

【買い残が以外に多い時】
その結果、思ったよりも買い残が多く売りの残高が少ない時は、
今まで買い仕掛けたディーラー、機関投資家は
踏み上げはないと判断して、いったん利食います。
機関投資家が高値で利食いの成り行きを出してくると
値段は下がりはじめます。
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報