大蔵財務協会「消費税可否判定早見表」によると事業者が従業員の自家用車を一定条件で借上げる際の借上料(ガソリン代実費+走行距離応じた金額)は課税仕入れに該当するとあります。
この際、課税事業者でない従業員に支払われた消費税はいったいどこへ?従業員がガソリンスタンドに支払う際に転嫁されるということでしょうか?
もしそうであれば、どのような場合でも課税仕入れにしてしまうことが出来るのでは?
お教えくださいm(__)m

A 回答 (6件)

>課税事業者でない従業員に支払われた消費税はいったいどこへ?


これは割り切りのようです。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/6455.htm
従業員は事業者ではありませんから、転嫁とは考えないのでしょう。消費税の還付も受けられません。

>どのような場合でも課税仕入れにしてしまうことが出来るのでは?
課税取引なら、上記URLのとおり、できるということのようです。
病院が使用する薬や医療器具は非課税であったと思いますが。

>走行距離に応じた手当てのようなものまで課税処理というのが・・・。
労働の対価なら非課税でしょう。あくまで借上料だから課税ということだろうと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
やはり転嫁とは考えないのですね。

お礼日時:2006/08/21 22:47

#5です。



>以前、税務署に消費税の課税の判定について問い合わせたところ、支払先が課税処理をしていれば支払元も課税処理として下さいと言われたのですが・・・。

 これは、相手先がどのような者であるか、ということでなく、その取引自体が課税取引かどうかの判断がつきにくい場合に、相手先の処理によって判断する場合があるということだと思います。

 現に#3の方の回答にあるURLにも明確に記載していることからも判断できます。
    • good
    • 0

>走行距離に応じた手当てのようなものまで…



消費税は、物の売買だけでなく、役務の提供についても課税されます。(手数料など)

また、消費税においては、対価を支払った相手先が誰であるかに関係なく課税とするかを判定するようになっていた記憶しています。
 例として、ある個人から中古車を買い取った場合、その個人が個人事業者なのか、一消費者なのかまで調べて、その取引を課税とするかどうかの判定をさせることは経理処理に著しく負担を強いるものであるためだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
以前、税務署に消費税の課税の判定について問い合わせたところ、支払先が課税処理をしていれば支払元も課税処理として下さいと言われたのですが・・・。

お礼日時:2006/08/21 22:38

#3です。

訂正します。

病院が使用する薬や医療器具は非課税であったと思いますが。

病院が使用する薬や医療器具は非課税であったと思いますが、仮に課税であったとしても非課税売上に対応する仕入ですから税額控除はできないはずです。
    • good
    • 0

>走行距離に応じた手当てのようなものまで…



「手当」として支給されるなら、たしかに課税するのはおかしいです。
しかし、手当ではなく自動車の使用料、すなわち会計用語でいう減価償却費として支払っているのであれば、課税で問題ありません。
会社の支払担当者に、どういう性格のお金か聞いてみてください。

>病院での診察料は非課税ですが、病院は薬や注射器などは課税仕入れ…

病院にとって、売上げは非課税だが仕入れは課税というだけのことです。

>課税処理してもいいということになりませんか…

あなたの言葉で説明するなら、売上げは課税処理ができず、仕入れは課税処理をして良いとなります。

この回答への補足

病院での診察料を会社の経費で落とす場合、課税仕入れにしてもいいということですか????
その消費税はどこへ?

補足日時:2006/08/21 22:48
    • good
    • 0

>従業員がガソリンスタンドに支払う際に転嫁される…



そうですよ。
誰だってガソリン代は消費税を付けて払っているし、車の購入や車検修理も、税金や保健代を除いては消費税が付いているでしょう。

>もしそうであれば、どのような場合でも課税仕入れにしてしまうことが…

【どのような場合でも】とまで言い切ってしまうと、そうではない場合も出てきそうです。
具体的にどのような支出を想定しておられるのでしょうか。

この回答への補足

早速の回答ありがとうございます。
ガソリン代分だけならともかく、走行距離に応じた手当てのようなものまで課税処理というのが・・・。
【どのような場合でも】
例えば、病院での診察料は非課税ですが、病院は薬や注射器などは課税仕入れしているから、課税処理してもいいということになりませんか?

補足日時:2006/08/20 13:52
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q車両借上と源泉所得税について

法人が、従業員個人の車輌を月20,000円で借り、その車で従業員が営業を行っているのですが、この場合の車両借上料は給与所得として課税されるのでしょうか?(20,000円というのは妥当な金額と仮定して考えてください)

Aベストアンサー

この車両借上が法人の業務上必要な物として正当性があることを前提にすれば、
支払を受けた従業員にとって「車両借上料」は給与ではなく雑所得になります。(所得税法基本通達35 -2 )
http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/syotok/04/09.htm
法人としては給与所得としての源泉徴収の必要ないもので、
支払を受けた従業員は必要経費を控除した雑所得が20万円を超えた時には確定申告が必要になるものです。
http://www.nta.go.jp/category/kakutei/qa/02.htm#02

Q会社と個人との間で車輌賃貸契約

 保険料などが割安なため、個人(社長)名義で車を購入し、会社で業務に使用したいと考えております。
 会社はとても小さな会社です。(SOHOに近い有限会社)

 会社と社長の間で「車輌賃貸契約」を結び、会社から社長に対して賃貸料を払う形式にする必要があることは調べました。
 社長としても自動車を会社に貸して儲けるつもりはなく、車の購入費用(車両+諸費用)から個人で使用する分(7分の2)を除外して、法廷償却年数に準じた年数(6年)で割った金額を賃貸料にしたいと考えています。(7年目以降は賃貸料をゼロにする)

 この賃貸料は社長にとっては収入かもしれませんが、車の購入資金を手持ち資金から支払っており、賃貸料に「儲け」が含まれていないと感じます。

 このように事実上の儲けがない場合でも、所得として申告・納税する必要が生じてしまうのでしょうか。
 また、車検や自動車税など所有者に発生する費用については、どのように処理すべきでしょうか。


※平日(7分の5)は、車を業務外で使用することはありません。社長の奥さんなど家族が使うこともありません。

 保険料などが割安なため、個人(社長)名義で車を購入し、会社で業務に使用したいと考えております。
 会社はとても小さな会社です。(SOHOに近い有限会社)

 会社と社長の間で「車輌賃貸契約」を結び、会社から社長に対して賃貸料を払う形式にする必要があることは調べました。
 社長としても自動車を会社に貸して儲けるつもりはなく、車の購入費用(車両+諸費用)から個人で使用する分(7分の2)を除外して、法廷償却年数に準じた年数(6年)で割った金額を賃貸料にしたいと考えています。(7...続きを読む

Aベストアンサー

『昨夜まで考えていた方法』でよろしいかと思います。
そこまですると窮屈な気もしますが…。
少々私見を言いますと、
借入や資産購入でよくある諸事情に、法人では信用不足のため個人の名義を利用する、というケース。事業としての利用が明確であれば、否認されないはずです。
では、車の場合
1.その車を必要とする業務内容か否か
  →1台目の場合は問題にはなりにくい
2.通常より高額なものかどうか
  →自社や得意先の地位、業務内容によってはロールスロイスも可
3.個人的な使用目的かどうか
  →自宅の車庫に置いたままでは苦しい

などが通常ポイントになるでしょう。
5/7という考え方は誠実で良いのですが、過去の経験には「じゃあ、これも按分しないといけない!」などと指摘を受けて、やぶへびだったことも(苦笑)
理論値的な結果として、説得力はありますが、表面に出すことは避けたいところです。150万円の譲渡金額でも良いのですが、私なら次のように説明します。
「保険料を安くするため(またはローンが会社では通らないため)、個人で買って会社に転売した。分割で払うので弁済期間中は名義をそのままにしている。金利を取らないのは、たまに私的にも利用するから。しかし諸経費等も会社に負担させているので、分割返済が月3万円のところ、使用料として5千円を差し引いた額を返してもらっている。」
で、譲渡証書は210万円。5千円に関しての賃貸契約書などは作りません。
最初の3つのポイントをクリアしていれば、「ダメという法的根拠を言ってくれ!」とすごむでしょう。(笑)

『昨夜まで考えていた方法』でよろしいかと思います。
そこまですると窮屈な気もしますが…。
少々私見を言いますと、
借入や資産購入でよくある諸事情に、法人では信用不足のため個人の名義を利用する、というケース。事業としての利用が明確であれば、否認されないはずです。
では、車の場合
1.その車を必要とする業務内容か否か
  →1台目の場合は問題にはなりにくい
2.通常より高額なものかどうか
  →自社や得意先の地位、業務内容によってはロールスロイスも可
3.個人的な使用目的かどうか...続きを読む

Q所得税について(車両持込借り上げ代金&通信費)

はじめまして、
 所得税について教えていただきたいのですが

 現在、勤務しているお仕事に
 自分の車を持ち込んでお仕事しています。
 その為、日給のほかに
 車両持ち込み手当てと(一律1万円)
  お仕事は直行直帰ですので
 勤務証明の為、毎日業務日報をFAXしています。
 で、その通信費が一律の金額(2000円)

 ガゾリン代は別にキロに対して金額が出ています。

 ご質問したいのは、
   所得税の課税対象に
   ガソリン代は入っていないのですが、
 車両持込借り上げ代&通信費&日給に対して
 課税しているのですが、
 この、車両手当て&通信費って
  課税の対象になるのでしょうか?
  これは 経費にならないのでしょうか?

 以前も、同じ職種でお仕事していましたが、
 以前の会社は、日給に対して課税していました。
 車両手当てと通信費は経費扱いだったのですが・・
 
 これって、どうなのでしょうか?

 すいません、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 車輌借上費についてですが、会社の側から見れば、もしその車輌が無ければ購入するなりリースするなりする必要が出てくるわけですから、当然支払った分のいくらかは経費(損金)となります。ただし、その金額については妥当性を吟味する必要があります。同年式の同型車をリースするとしていったいいくら払わなければならないのか、社会通念上妥当とされる金額までは経費となるでしょう。当然それを越えれば、支給の名目はどうであれ給与と見なされ源泉徴収の対象たる給与としてのとらえ方になります。

 また仕事の実態がどれほど車を必要としているかにもかかってくるかと思います。全く必要ないのに借上料を払っている場合などは損金とはならず、給与として源泉徴収の対象に入ってくる場合もあります。

 あくまでも実態に即してどう判断するかという観点が基本になります。tannpopo_22さんの質問を拝見する限り、通信費まで含めて課税されているのは間違いのような気もします。ただし年末調整のときに会社の損金となるべきものは排除して計算する場合もありますので、ここに寄せられたみなさんの回答をよく読んで、担当者にお確かめになってはどうでしょうか。

 通信費に関しては証憑(領収書などの証拠書類)が残りにくいこともあり、給与の一部と判断されているのではないでしょうか。またこの2000円を書類の作成やFAXの労働手間賃と考えれば、給与の一部とする考え方も一応は妥当性があります。

 ではtannpopo_22さんから見た場合はどうなるかというと、「雑所得」が生じる可能性があります。車の借り上げ料は本業以外の収入であり、その収入を得るためにどれだけの必要経費がかかったか、加えて「事業」占有率がどれくらいあるのかを計算することによって経費となる数字は出るわけです。そうやって算出した「経費」を「収入」から差し引いた残りが所得となります。

 たとえば車の減価償却費(5ナンバーで取得費が全部で100万円だった場合、18万円ほど)、ローンで払っていればその利息(元金は含みません。支払明細を見れば必ず元金と利息は分けて書いてあります。)、あるいは税金や修理費などなど、かかった経費の合計に占有率を掛けたものが経費になります。占有率とはレジャーや自分の買い物など自分自身の個人的な目的のために自動車を使用すればその割合において必要経費からはずされると言うことです。

 その上で会社から受けている年間(1月~12月)の借上料から年間の必要経費を差し引いて数字が残れば、雑所得と見なされ、3月中旬までの確定申告期限内に給与の源泉徴収票などと一緒に税務署に持っていき書類を書いて提出し、あらたな税額が出ればその分のお金を納めることになります。

 また注意しなければならないのは、これは雑所得ですので、所得の数字の計算の結果、赤字がでても税金が返ってくることはありません。マイナスはゼロと見なした上で、書類の保存以外何もしなくてもよいことになります。

 会社が車輌借上料として払っているのは単に名目上のことで、実質的には全額給与と考えて差し支えない場合には、このような雑所得が個人に生じる余地はありません。地方住民税や社会保険料まで含めて、どちらが得かは実際に細かい計算をしてみないとはっきり言えませんが、計算や申告の手間を考えれば給与でもらった方がいいことが多いような気もします。もちろん実質課税主義のもと客観的に見て実態はどうであるかという判断や、事業所それぞれの事情が一番大きな要素とはなるでしょうが。

 車輌借上費についてですが、会社の側から見れば、もしその車輌が無ければ購入するなりリースするなりする必要が出てくるわけですから、当然支払った分のいくらかは経費(損金)となります。ただし、その金額については妥当性を吟味する必要があります。同年式の同型車をリースするとしていったいいくら払わなければならないのか、社会通念上妥当とされる金額までは経費となるでしょう。当然それを越えれば、支給の名目はどうであれ給与と見なされ源泉徴収の対象たる給与としてのとらえ方になります。

 また...続きを読む

Q協同組合に支払う会費&賦課金の税区分

当社は、同業者の販売目的の協同組合に参加していますが、会費のほかに売上高に比例した賦課金を徴収されています。会費は消費税の「対象外」としても賦課金は「課税」ではないかとも思うのですが、どなたか教えてください。

Aベストアンサー

協同組合などの賦課金に対する消費税の扱いについては、垣間ような通達が出ています。

消費税法基本通達
5-5-3
(会費、組合費等賦課金にかかる消費税)
同業者団体、組合等がその構成員から受ける会費、組合費等については、当該同業者団体、組合等がその構成員に対して行う役務の提供等との間に明白な対価関係があるかどうかによって資産の譲渡等の対価であるかどうかを判定するのであるが、その判定が困難なものについて、継続して、同業者団体、組合等が資産の譲渡等の対価に該当しないものとし、かつ、その会費等を支払う事業者側がその支払を課税仕入れに該当しないこととしている場合には、これを認める。

注1 同業者団体、組合等がその団体としての通常の業務運営のために経常的に要する費用をその構成員に分担させ、その団体の存立を図るというようないわゆる通常会費については、資産の譲渡等の対価に該当しないものとして取り扱って差し支えない。

注2 名目が会費等とされている場合であっても、それが実質的に出版物の購読料、映画・演劇等の入場料、職員研修の受講料又は施設の利用料等と認められるときは、その会費等は、資産の譲渡等の対価に該当する。

注3 資産の譲渡等の対価に該当するかどうかの判定が困難な会費、組合費等について、この通達を適用して資産の譲渡等の対価に該当しないものとする場合には、同業者団体、組合等は、その旨をその構成員に通知するものとする。

詳細は、参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.aiweb.or.jp/help/qa/other/04.html

協同組合などの賦課金に対する消費税の扱いについては、垣間ような通達が出ています。

消費税法基本通達
5-5-3
(会費、組合費等賦課金にかかる消費税)
同業者団体、組合等がその構成員から受ける会費、組合費等については、当該同業者団体、組合等がその構成員に対して行う役務の提供等との間に明白な対価関係があるかどうかによって資産の譲渡等の対価であるかどうかを判定するのであるが、その判定が困難なものについて、継続して、同業者団体、組合等が資産の譲渡等の対価に該当しないものとし、...続きを読む

Q個人事業の白色で申告するのですが、10万円以上のコンピュータは経費・・・。

はじめまして。

12万円くらいのパソコンを購入したのですが、経費になりますか?
個人事業の白色です。

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ANo.2の回答者さまが書いている30万円未満の即時償却の特例は個人にも当てはまりますが、青色申告であることが条件となっております。
質問者様は白色申告とのことですので適用できません。
12万円のPCでしたら減価償却資産として、耐用年数4年の通常償却か一括償却資産として3年均等償却かのどちらかとなります。(新品ですよね)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報