プロが教えるわが家の防犯対策術!

ハイラックスサーフ、6万キロの車ですが、最近CDを聞いたりすると音が悪く感じます。スピーカーは何も交換したりしていません。

純正スピーカーの耐久年数はどれぐらいでしょうか?

また、交換するとしたら純正に交換するか、社外品に交換するのか、どちらが安上がりで新車時と同等に近い音質を得られるでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ちょっと古い話ですが


H5年式のマーク2を新車で買って
最初の車検で右のスピーカーが
次の車検で左が音割れしました。
純正はくそで間違いありません。
社外品がより安くよりいい音のものが手に入るとおもいます。
    • good
    • 0

少し前の日産の 楕円のスピーカーは 良く鳴らなくなると


有名ですけどね
純正スピーカーはたいてい 薄くて弱い紙なので 湿気を良く吸うのに
ドアの内部は外なので。。。梅雨時は おもーい音ですねー
純正のスピーカーは いくらオプションで良い物を付けても
社外品の安いやつよりも劣るので いらない物です! 捨てましょう
新車の状態の音は決して良くないです トヨタは特にラジオ用です
ボリュームを大きくすると解ります~
フロントだけでも 2個で1万円らいの物に取り替えるのが
良いでしょうけど デッキの性能にもよります
    • good
    • 0

使い方に因りますが、悪ければ4-5年かな。


社外なら1万ほどで十分な物があります。
純正を買うよりはよほどお得です。
    • good
    • 0

細かく言うと 配線の劣化もあります。



スピーカーの耐久年数は 使い方や製品の当たり外れも加味します 熱や酸化の影響が 経過年数でも影響するでしょう

社外品 パイオニアや、クラリオン、SONYの9800円クラスへの交換でだいぶ違います。
コレくらいは出して損は無い金額ですよ!
音に透明感が出ます。 新車時より良い音になっちゃいます。

海外製安い純正交換用スピーカーは 怪しいのでお薦めしません

純正は買うと意外と高い金額で 性能はイマイチ コーンが見た目安い紙みたいですよ

純正は中古ショップで 下取り品が ジャンク扱いとして メチャ安価格で売ってます。(需要が無いので安価)300円とか
    • good
    • 0

しっかりした音で聴きたいなら、5年が限度だと思います。


そういう細かい事にはこだわらない、という人にはいつまでも使えるもの、ということになるでしょう。

例え中古でも、社外品なら新車時よりもいい音で聴く事ができます。

なぜなら、使っている部品が純正よりも良いからです。
あと、交換するならデッドニングとインナーバッフルを同時にする事をお勧めします。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスピーカーの寿命は...

スピーカーはどの位もつ物なんですか。あとスピーカーに良くない事って何ですか。

Aベストアンサー

スピーカと言っても色々な種類が有りますので此処では一番標準的なコーン型について説明します。スピーカの寿命は、平たく言えば音が出なくなるまでです。音が出なくなる理由としては「ボイスコイルコイルの断線」が一番多いですね。コーン紙はたとえ破れてしまっても音は出ます。只、まともな音が出ないだけです。学校の教室にあるスピーカなんて多分学校新設してから建て替えるまで音が出てる限り交換はしていないでしょう。私の子供の頃は、中古ラジオのスピーカの裏側に大きなガムテープみたいなものを貼り付けてコーン紙の破れを補修してるものが平気で売られてたそうですw。音質を追求しないスピーカならこれでいいのかも知れませんが、オーディオ用となるとそうは行きません。寿命時期としては上にあげた断線とコーン紙の機械的汚損です。オーディオ用スピーカはどちらも交換修理用コーン紙が有れば全て交換すべきです。今流行のエッジ交換では音が変わってしまいます。その変化を楽しむのならそれもOKなのですが、純粋にそのスピーカの音を求めるなら完全交換必要です。スピーカーに良くない事については、スピーカのコーン紙は殆どの場合紙ですので、他の方が仰ってる通りです。あとコーン紙を触らない事ですかねw
蛇足ですが、昔のALTECのスピーカはエッジもコーン紙も30~50年以上殆ど問題なく使えるものが多いですので一度お試しされては如何ですか?(私も40年前のaltec使用しています。)

スピーカと言っても色々な種類が有りますので此処では一番標準的なコーン型について説明します。スピーカの寿命は、平たく言えば音が出なくなるまでです。音が出なくなる理由としては「ボイスコイルコイルの断線」が一番多いですね。コーン紙はたとえ破れてしまっても音は出ます。只、まともな音が出ないだけです。学校の教室にあるスピーカなんて多分学校新設してから建て替えるまで音が出てる限り交換はしていないでしょう。私の子供の頃は、中古ラジオのスピーカの裏側に大きなガムテープみたいなものを貼り付...続きを読む

Q車のオーディオの寿命と値段、性能について質問です。

車のオーディオの寿命と値段、性能について質問です。

明日、三菱のekワゴンを購入予定です。
オーディオを純正のものではなく、ディーラーからいただいたパンフレットから選ぼうと思っています。
スピーカーも2つから、4つにするつもりです。

clarionの2DIN-CD/SDチューナーアンプ(¥47,460)というものにしようかと思っているのですが。


1、普通何年位故障しないで使用できるものなんでしょうか?
2、この値段はディーラーの値段です。
後からイエローハットなどでのせかえる方が安いですか?
3、音楽蓄積機能がついてるもので、(ナビ以外)
オススメのオーディオを教えて下さい。

車について全般的に初心者です(>_<)

みなさん教えて下さい、お願いします。

Aベストアンサー

ジュースをこぼしたりしない限りは故障しにくいと思います。
足回りを硬くしたりすればまた変わってくると思いますが・・・
車内でタバコを吸う場合はレンズが汚れて読み込みにくくなる場合もあると思います。


デッキ・スピーカーはそれぞれ好みがあると思うんで、量販店に行って実際に操作・視聴されるのがベストと思います。
デッキは音にこだわる等なければ、同じ価格帯の中で操作性のいいものを選んだ方がいいと思います。
スピーカーはメーカーによって高音が強く感じたり、低音が強く感じたりする場合もあるので好みで選びましょう。
オススメはセパレートタイプで高音と低音に分かれているタイプです。
装着したことがなければ感動物です。価格は3万くらいであると思います。
フロントには純正が付いていると思うんでそれをリアに回してはどうでしょう?

デッキよってはipodを直接繋いだりできるのもあるので、持っている場合はオススメです。
FMで飛ばすより圧倒的に音もいいし、タイトルも出て操作もデッキで行えます。

ディーラーで買うより量販店で買う方が大体安いし種類も豊富です。
工賃も交渉次第でタダになったりする場合もありますし。
ひとつ前のモデル等はかなり安く置いてあったりします。


一般的に有名メーカーは、カロッツエリア・アルパインがあります。
デッキに曲を入れるよりか、CDのみのipod対応1DINデッキ+小物入れ等にしたが圧倒的に便利と思いますし、コストも抑えれるかと。(持っていなければこの際に購入する価値も十分あると思います。車以外でも聞けますし)

ジュースをこぼしたりしない限りは故障しにくいと思います。
足回りを硬くしたりすればまた変わってくると思いますが・・・
車内でタバコを吸う場合はレンズが汚れて読み込みにくくなる場合もあると思います。


デッキ・スピーカーはそれぞれ好みがあると思うんで、量販店に行って実際に操作・視聴されるのがベストと思います。
デッキは音にこだわる等なければ、同じ価格帯の中で操作性のいいものを選んだ方がいいと思います。
スピーカーはメーカーによって高音が強く感じたり、低音が強く感じたりする場合もあ...続きを読む

Qスピーカーの寿命ってどのくらいでしょうか?

コンポの買い換えを検討しています。98年に購入したDENONのコンポとアメリカのメーカの
インフィニティ、INFINITY Reference ONEの組み合わせで聴いてきましたが、アンプが数年前に
修理してまた壊れてしまったので、いよいよ買い換えようかなと思ってます。
でも、スピーカ自体はちゃんと鳴ってますし、よく言われるエッジの剥げも外見上はないようです。
14年経過して、何回も引っ越ししてますが、当時も5万ほどしましたし、あんまりお金もないんで、
スピーカはまだ使えないかなと思ってます。
西海岸のメーカなんで日本の湿気に弱いとの指摘もあるようですが、スピーカの経年劣化って
どれくらいをめどに考えたら良いものなんでしょうか?
なお、このスピーカで音楽を聴いているのはほとんど週末だけです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

経年劣化と使用劣化とがあり、主に Speaker Unit の Diaphragm を支えている Edge 素材及び Edge と Diaphragm とを貼り合わせている接着剤の劣化が激しいものです。

一般的に Consumer 向け工業製品は連続使用時間 1 万時間を超えるものは希ですので 1 万時間÷24時間/日÷30日/月=約 14ヶ月が連続使用に於ける耐久時間の目安となるのですが、PC (Personal Computer) の HDD (Hard Disk Drive) などのように Consumer Use でも HDD を回しっ放しにする PC が増えてきたことから 90 年代前半には 12ヶ月から 24ヶ月で交換しないと怖かったものが、90 年代後半には 2 倍以上にも耐久性があがり、現在では 3 万時間以上 (丸 4 年近く) 耐えてしまうようになったものもあります。

しかし Audio 製品は、特に Amplifier では電源 Condenser (Chemical Condenser) の耐久性が OS (Organic Semiconductor) Condenser などの一部のものを除けば軒並み常温 (25℃) で 1 万時間前後となっており、周辺温度が 10℃ 上昇すれば耐久性は半減するといったものもあります・・・このため Amplifier では電源 Condenser が逝ってしまうことが多いものです。

Audio 業界では他の製品も耐久性は似たり寄ったりでしょうから常温常湿での連続使用耐久時間で 1 万時間前後というのは 1 つの指標になるのではないでしょうか。


Speaker System の場合は経年劣化が使用劣化よりも早く訪れる場合もあり、(他の素材に関しては長くなるので説明は割愛しますが) 特に Polyurethane (ウレタンゴム) Edge を使用しているものや布に Polyurethane 樹脂を染みこませた Edge を使用しているものなどは Polyurethane の加水分解 (空気中の窒素酸化物などでも分解します) によって全く使用していなくても 10 年から 20 年で Edge がボロボロになってきます。

Edge がボロボロになった例は・・・
http://bokenasu.oops.jp/junk/aura/at5c.htm
これは布に Polyurethane 樹脂を染みこませた Type のもので、30 年以上経過していることを考えれば、分解された樹脂が Cone 紙 (Diaphragm) にまで染み込んできてしまいますので、残念ながら Edge を純正品に取り替えたところで元には戻りません。

御質問者さんが所有されている Infinity Reference One はこちら・・・
http://bokenasu.oops.jp/junk/r_one/r_one.htm
典型的な Polyurethane Foam Edge ですが、加水分解よりも先に接着部が剥がれてきていますので、前の所有者の方はかなり低音 Power をブチ込んでいた方なのでしょうね。

使用劣化の連続使用耐久時間というのは標準入力での耐久時間とすべきでしょうから 1W 入力と思いますが、能率の低い Speaker System では 1W 以上ブチ込むでしょうし、低音好きな人は常時 1W 前後の低音 Power をブチ込んでいる可能性があります。

INFINITY Reference One の能率は 90dB SPL/m (1W) ですので低音 Boost 派や広い部屋で大音量を出すような人でもなければ入力電力は Peak で 1W というところでしょう。

そこで 1 日 24 時間連続で馴らしている場合は 14ヶ月 (1 年余)、1 日 8 時間ならば 42ヶ月 (4 年近く)、1 日 4 時間ならば 84ヶ月 (7 年) という指標が導けます・・・Jazz 喫茶など 1 日 8 時間鳴らしっ放しにしているところでは 4 年ほどで Speaker の腰が抜けてくるのもこうした理由です)

勿論、環境による偏差も大きいものですので、寒暖湿乾の激しい過酷な環境では上記指標よりも短期間で劣化が耳に付き始めるものですが、一般家庭では数割ほど長めの指標になるだろうと思いますし、その頃には経年変化による劣化も重なってくるだろうと思います。

ちなみに私は BOSE M901CSIV という連続 400W 入力に耐えられる Speaker に Super Tweeter として追加した耐入力 15W ほどの INFINITY Emit-K (FOSTEX RP Series の OEM 品) を 2 度も火を噴かせたことから Peak 20W 以上をブチ込んでいたことがあるのですが、さすがにのべ使用時間 1 千時間ほどで店頭 Demonstration 品との音色差が出始め、4 千時間ほどで手放しました(笑)・・・Peak 数W ほどの日本的な使い方ならば 10 年持つ Speaker でしょうが Peak 20W 以上もブチ込んでいてはねえ(滝汗)。

Paper Cone Diaphragm の場合は経年劣化よりも使用劣化の方が早く来る場合があって、BOSE M901CSIV のような Full Range Unit の場合は Diaphragm の張りが弱ってきて高域が鈍って来るようでしたが、御質問者さんの INFINITY Reference One の場合は Plastics Hard Cone Woofer + Plastics Dome Tweeter ですので Diaphragm そのものが Edge 部よりも先に劣化して腰砕けになることはないだろうと思います。

・・・というわけで御質問者さんの INFINITY Reference One はそろそろ経年劣化による Edge 疲労が起こり始める頃ですが、使用劣化に関しては週末ぐらいにしか使わないとのことですのでちょうど良い音色頃になっているのではないかと思います・・・Edge 疲労を起こすまではまだまだ安心して使えるということですね(^_^)/。・・・多分、Edge の張り替えも可能と思いますし・・・。

経年劣化と使用劣化とがあり、主に Speaker Unit の Diaphragm を支えている Edge 素材及び Edge と Diaphragm とを貼り合わせている接着剤の劣化が激しいものです。

一般的に Consumer 向け工業製品は連続使用時間 1 万時間を超えるものは希ですので 1 万時間÷24時間/日÷30日/月=約 14ヶ月が連続使用に於ける耐久時間の目安となるのですが、PC (Personal Computer) の HDD (Hard Disk Drive) などのように Consumer Use でも HDD を回しっ放しにする PC が増えてきたことから 90 年代前半には 12ヶ月から 24ヶ...続きを読む

Qアンプ、スピーカーの寿命、耐用年数について

初めて質問します。よろしくお願いします。

10年近くSANSUIのAU-α607XR, BOSE 121の組み合わせで聴いています。
当時、たまたま目にしたオーディオ雑誌にオススメの組み合わせとあったので秋葉原で購入したんですが、購入以来、音質には満足して愛用しています。
しかし、10年近く経過していると気付かないうちにアンプやスピーカーが劣化し音質が低下しているんじゃないかと気になりました。一般的に劣化というか耐用年数はどの程度なのでしょうか?

一方で、アンプのテクノロジーが大きく進化していて、最新の機種にすると目からウロコの体験が待っているんじゃないかとも思っています。

iPodも愛用していますが、現在の構成よりも3~5万円程度のiPod専用スピーカーの方がいい音するってこともあるでしょうか?
もしそうなら、より手軽で省スペースな方が有難いので買替えしようかと思っています。

量販店で試し聴きをしたことはありますが、ウルサい売り場環境と自宅リビングでは環境が違いすぎてイマイチ判断できません。

昔はPIONEERのCDプレーヤーを接続していましたが、CDプレーヤーは売却し、最近はMacBookのiTunesからAirMac Express経由で無線で飛ばした曲を聴いています。CDとMP3を無線で飛ばした音の優劣が気にならない程度の耳です・・・
洋楽ロック・ポップ・ダンスを新旧幅広く聴いています。

初めて質問します。よろしくお願いします。

10年近くSANSUIのAU-α607XR, BOSE 121の組み合わせで聴いています。
当時、たまたま目にしたオーディオ雑誌にオススメの組み合わせとあったので秋葉原で購入したんですが、購入以来、音質には満足して愛用しています。
しかし、10年近く経過していると気付かないうちにアンプやスピーカーが劣化し音質が低下しているんじゃないかと気になりました。一般的に劣化というか耐用年数はどの程度なのでしょうか?

一方で、アンプのテクノロジーが大きく進化していて、...続きを読む

Aベストアンサー

>> 一般的に劣化というか耐用年数はどの程度なのでしょうか? //

ケースバイケースなので、「一般的に」論じるのは簡単ではありませんが...

1. スピーカーについては、特に(1)エッジなど支持系の劣化、(2)ネットワーク部品の劣化が問題になり得ます。

(1)は、特にウレタンエッジのもので顕著ですが、エッジが劣化してボロボロになってしまいます。また、そうでなくても、振動板が重力に引っ張られて、支持系の対称性を保てなくなり、音質に影響が出るとされています。環境にもよりますが、ウレタンエッジの場合、おおむね10年~20年程度で問題が出てくることが多いようです。

なお、ラバーやセーム革で補修することもできますが、物理的特性が変わってしまうので、音質も変わってしまいます。

(2)は、主にコンデンサの問題で、一般的には10年~20年程度で寿命を迎えます。すべてのコンデンサがフィルムタイプの場合にはそれほど問題がありませんが、電解コンデンサやオイルコンデンサの場合、それらの液体が蒸発してしまうので、この問題は避け難いです。

2. アンプについては、特にコンデンサの劣化が問題ですが(他へのダメージが大きい)、リレー、ボリューム、ハンダなど、様々な部分に劣化が生じ得ます。

コンデンサについては、周辺温度が10度下がるごとに寿命が2倍に伸びる、という物理法則があって、これによると、やはり10年~20年程度で初期性能を維持できなくなる可能性があると考えられます。リレーやボリュームは、接点の劣化や摩耗が主で、ハンダは経年劣化で接触不良を引き起こします。

>> アンプのテクノロジーが大きく進化していて、最新の機種にすると目からウロコの体験が待っているんじゃないか //

ここ20年来の大きな変革といえば、デジタルアンプの普及が挙げられます。しかし、「デジタルアンプだから良い」という訳ではなく、やはり工業製品である以上、超えられないコストの壁が存在するといえます。

むしろ、時代の潮流が広帯域化、高解像度化にあるので、それに合わせた音質の変化というか、トレンドの変化の方が顕著でしょう。高音質になったというより、求められている質が変わった、といっても良いかも知れません。

>> 現在の構成よりも3~5万円程度のiPod専用スピーカーの方がいい音するってこともあるでしょうか? //

上述の通り、安いものは値段なり、です。オーディオ専業メーカーが作っているものもありますが、やはり低音質です。もちろん、ベッドサイドにおいて気軽に使うような場合には十分な場合もありますが、定価9万円のアンプ、定価5万円のスピーカーに敵うものではありません。想定している場面がそもそも違う、といっても良いでしょう。

>> CDとMP3を無線で飛ばした音の優劣が気にならない //

むしろ、AirMac Exp.だから分からない、という可能性も考えられます。AirMac Exp.のアナログ出力の品質は、それほど高くないというのが通説かと思われます。

>> 一般的に劣化というか耐用年数はどの程度なのでしょうか? //

ケースバイケースなので、「一般的に」論じるのは簡単ではありませんが...

1. スピーカーについては、特に(1)エッジなど支持系の劣化、(2)ネットワーク部品の劣化が問題になり得ます。

(1)は、特にウレタンエッジのもので顕著ですが、エッジが劣化してボロボロになってしまいます。また、そうでなくても、振動板が重力に引っ張られて、支持系の対称性を保てなくなり、音質に影響が出るとされています。環境にもよりますが、ウレタンエッジ...続きを読む

Qスピーカーを交換しても純正オーディオだと音は良くならないのですか。

現在、カーオーディオが純正オーディオ+純正スピーカー(4つ)という構成です。

もっと、いい音で音楽を聴きたいので、純正オーディオはそのままで、スピーカーをいいやつに交換しようと思っています。
スピーカーはアゼストかカロッツェリアの2万円くらいのスピーカー(ツイーターが一体になっているやつ)を付けようと思っています。もちろん、4つとも変えるつもりです。

スピーカーを変えただけでも結構音って良くなるものですか。
それより、スピーカーを変えるより、サウンドシャキットを付けた方が音がいいのですか。

なかには、スピーカーを変えてもあまり変わらないとおっしゃる人も居るので、そこら辺のことを教えてください。

ちなみに、デッキは純正のままで、全く変える気がありません。
(インパネの一体性が失われるのが嫌なので)
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
カーオーディオにはこれと言ったゴールがないのが
やっかいですよね。
たいていの事は皆さん回答されているようなので…。

流れとしては
#7さんの回答のように
まず取り付けをしっかりさせてからスピーカーを交換
(同時にやるのが一番効果的です…。)するのがよいのではないか…と思います。

ご存知かと思いますが、純正スピーカーはドアの鉄板に直付け、もしくはプラスチックのステーを間にかましてビスで止められているだけです。
周辺の鉄板ごと振動してしまうので音がビビリます。

そこでバッフルボードと呼ばれる厚手のステーをはさむことによってしっかりスピーカーを固定させ、同時に余計な振動を吸収します。
 さらに、ドアには「サービスホール」というメンテ用の穴があいており、スピーカーの前から出た音と後ろから出た音が互いに打ち消し合ってしまうため、低音がスカスカになってしまうのです。そのサービスホールをふさいでやるのがデッドニングです。

自分の経験上、この2つをやってさらにスピーカーを交換すると劇的に変わります。今まで聞こえなかった音が聞こえてくる…というか、全体に厚みのある音になります。

最近はデッドニング用のキット(ドア2枚分の材料)も売られてますし、オートバックスなどのカー用品店
ではサンプルとしてデッドニングの有無それぞれのドアを置いていて試聴できる店もあります。店によってはデッドニングの作業をしてくれるところもありますし。(2~3万円はかかるみたいです)

ドアの内貼りが外せれば作業自体は難しくないとは思いますが、やりだしたらキリがなくなる場合もありますので…(笑)

デッドニング関係のいろいろなパーツを出しているエーモン工業のURLを貼ってみましたので、よかったら見てみて下さい。

参考URL:http://www.amon.co.jp/guidance3.html

こんにちは。
カーオーディオにはこれと言ったゴールがないのが
やっかいですよね。
たいていの事は皆さん回答されているようなので…。

流れとしては
#7さんの回答のように
まず取り付けをしっかりさせてからスピーカーを交換
(同時にやるのが一番効果的です…。)するのがよいのではないか…と思います。

ご存知かと思いますが、純正スピーカーはドアの鉄板に直付け、もしくはプラスチックのステーを間にかましてビスで止められているだけです。
周辺の鉄板ごと振動してしまうので音がビビリます。...続きを読む

Qパイオニアとケンウッドのスピーカーについて

パイオニアとケンウッドのスピーカーの音質の差を知りたいのですが、どちらがいいのでしょうか?
差はあったとしても素人にはわかりにくいレベルでしょうか?

Aベストアンサー

厳密には、同じシステム(カーオーディオ本体)とアンプの組み合わせで
聞き比べるのが 良いですが 自分の車に装着しての比較は無理でしょう 
カー用品店のディスプレーでもおよその比較は出来ると思います。

お気に入りのCDを持ち込み 店員さんに言って双方のメーカーの聞き比べです。
聞く耳を持って聞く「聞き比べようと思えば差は解りますよ」

個人的に言わせて頂くと 
パイオニアは、そつなく無難な音が出る
ケンウッドは、ガチャガチャした子供っぽい 聞きつかれる音と感じます。
カーオーディオは、温度変化・振動と過酷な条件で使用するので耐久性や 性能劣化を考えて選ぶ事も重要では?
この点でも やはりパイオニアとクラリオンです。

スピーカーですが 1万円程度のものは、純正でもそれなりに良いシステムオーディオ装備の場合 スピーカーレベルに大差なく 変化が期待できません
純正の普通のシステムの車なら 少し良く感じ 耐久性が向上します。
2万円代のスピーカーですと 余程の聞き音痴さんで無い限り クリアーなサウンドが感じられると思います。

別体アンプを積まれていれば これ以上の高級スピーカーも検討の余地ありですが。
純正システムなら 2万円代より上の物は 性能を発揮できないでしょう。
取り付け時 バッフルボード(3千円位)という ドアとスピカー間に挟み込む合板を取り付けると 音のビビリも解消しますし 
ドアの奥に集音シートを張ったり デットニングで 音質がグングンUPしますよ

オーディオは お金を掛ければよくなるものでもなく ご自信の車に有った システムで ご自信の心地よく聞き疲れない音を探す
また スピーカー取りつけやデットニング等で作り上げグレードUPさせられます。

厳密には、同じシステム(カーオーディオ本体)とアンプの組み合わせで
聞き比べるのが 良いですが 自分の車に装着しての比較は無理でしょう 
カー用品店のディスプレーでもおよその比較は出来ると思います。

お気に入りのCDを持ち込み 店員さんに言って双方のメーカーの聞き比べです。
聞く耳を持って聞く「聞き比べようと思えば差は解りますよ」

個人的に言わせて頂くと 
パイオニアは、そつなく無難な音が出る
ケンウッドは、ガチャガチャした子供っぽい 聞きつかれる音と感じます。
カー...続きを読む

Qケンウッドとカロッツェリアはどっちがお勧め?

カーオーディオを買い換えようか迷っています。候補としてはケンウッドのU737とカロッツェリアのDEH-P630(いずれも新製品)の2つです。音質や操作性、耐久性など総合的に見てケンウッドとカロッツェリアではどちらのほうがお勧めでしょうか??両方使った方から意見を聞けたらうれしいです。ちなみにスピーカーはカロッツェリアのものを使っています。

Aベストアンサー

カーオーディオ製造経験からして パイオニア、クラリオンが 一番作りがしっかりしています。故障が少ない 操作性が考えられているなど

ケンウッドは ちょっとおもちゃ的に感じます 音質も聞き疲れる気がします
アルパインも 高いでだけで 中身は・・・ 以前のアルパインはパネルやスイッチの樹脂が 傷付き易い柔らかい樹脂使用でした
ブランドイメージ先行で 高級モデルは良いが 中級や安価モデルはたいしたこと無いと 個人的に感じています。

長く良い音が続き壊れ難いのは パイオニアです。

Qスピーカー 16/17センチの違い

こんにちは。自動車の社外品スピーカーで質問があります。

 主に16/17センチのサイズがメインのようですが、多くの車種は
両サイズとも取り付けができるように感じます。(フィッティング
ガイドを見ていると)そこで、、、

1、どちらがより汎用性が高いサイズなのでしょうか
2、将来的にはどちらかに偏る流れはありますか
3、1センチの違いで音質の違いはありますか
4、フィッティングガイドを見ると両サイズつきますが、
どちらがベターでしょうか(MH21S 現行ワゴンR フロント用)


その他アドバイスもあれば是非、よろしくお願いします。

Aベストアンサー


汎用性の点から見れば16cmです。
17cmは4点留めでしか固定できません。
http://pioneer.jp/carrozzeria/products/f_series/img/zoom_1.jpg

それに対して16cmはフレーム部に多数のネジ穴を開けてありますので、3点でも4点でも固定できるため対応車種が多くなっています。
http://pioneer.jp/carrozzeria/products/f_series/img/zoom_2.jpg

また、17cmが取り付けられる車種であれば、16cmでも取り付けられます。



現状では17cmに移行しつつありますが、16cmの対応車種の多さを考えれば無くなることはないかと思います(楕円や12(13)cmといったマイナーな規格をなくしてしまったメーカーはあります)。



17cmの方が若干低音域が広いですが、通常聞き分けることは困難かと思います。



17cmを選んでおくのが無難かと思います。
スピーカ自体は使用していると劣化しますので、あまり使いまわしのことまで気にする必要はないと思います。


汎用性の点から見れば16cmです。
17cmは4点留めでしか固定できません。
http://pioneer.jp/carrozzeria/products/f_series/img/zoom_1.jpg

それに対して16cmはフレーム部に多数のネジ穴を開けてありますので、3点でも4点でも固定できるため対応車種が多くなっています。
http://pioneer.jp/carrozzeria/products/f_series/img/zoom_2.jpg

また、17cmが取り付けられる車種であれば、16cmでも取り付けられます。



現状では17cmに移行しつつありますが、16cmの...続きを読む

Q純正スピーカーを社外の数千円のスピーカーへ

家族が現行タントに乗っています。
先日純正オーディオが壊れたので、数千円の社外1DINオーディオ(アルパイン)に交換しました。

それで、現在2スピーカーなのでこの際だから4スピーカーへの換装を考えているのですが・・・・
ネットで見ると2個セットで4000円以下のスピーカーが売られていますが、説明には純正スピーカーと入れ替えるだけで音がよくなるとうたっていました。

それで質問なのですが、純正スピーカーというのは市販数千円に負けるほどチープなのでしょうか?

一応考えているのが
1.F純正スピーカーをRに移動し、Fに数千円にスピーカー設置
2.F/Rとも数千円のスピーカに換装
の2つなのですが、やはり2にした方が、断然いい音になるのでしょうか?
それほどそんなに変わらないレベルなんでしょうか?

Aベストアンサー

純正はとりあえず耳障りじゃない音が出ればいいのでそれなりの物です。しかし、自動車メーカーが採用するだけあって耐久性は保証期間を全うする程度は備わっています。その、ネットで4000円以下のシロモノは、多分中国製など海外のものでしょう?スピーカーに限らず中国製でもきちんと設計してしっかり作った製品はありますけど、なんたってどこで作ったかわからないような安物は安かろう悪かろうの典型ですよ。買ってすぐおシャカになったり、ろくな音が出なかったり、つまり安物買いの銭失いにならないよう、国産(海外製造含む)を買うのがおすすめです。ヘッドユニットがアルパインならとりあえず前だけでもスピーカーもアルパインにしたらいかがでしょうか。

Qカロッツェリアとアルパインのスピーカーについて

はじめまして。
社外スピーカーの導入を検討しているのですが、よくわからないところがあるので、詳しい方教えてください。

1.アルパインとカロッツェリア両者の「カスタムフィットスピーカー」という定義は何となくわかるのですが、カロの「ユニットスピーカー」
 「RSスピーカー」というのは、「カスタムフィットスピーカー」とどう違うのでしょうか?アルにはそのカテゴリーが見当たりません。

2.カロのHPには、スピーカーごとに適合車種メーカーが記載されており、車種別適合表もありますが、アルのHPには見当たりません。
 例えばマツダ車特有のだ円形のスピーカーも無いですし、アルの適合車種はどのように判断すればいいでしょうか?古い車など。

3.カロの「カスタムフィットスピーカー」には、コアキシャルタイプも含むほとんどすべてに専用ネットワークというものが付属してますが、
 アルにはハイエンドモデルのセパレートタイプにしか付属していません。それでいて、両者同等グレード?の価格は均衡しています。
 「DDリニア」というシステムが、ネットワークに匹敵する性能をもっているということでしょうか?

また、皆さんはカロッツェリアとアルパインのどちらが好みか、両者の特性なども教えて頂けたら助かります。
よろしくお願いします。

はじめまして。
社外スピーカーの導入を検討しているのですが、よくわからないところがあるので、詳しい方教えてください。

1.アルパインとカロッツェリア両者の「カスタムフィットスピーカー」という定義は何となくわかるのですが、カロの「ユニットスピーカー」
 「RSスピーカー」というのは、「カスタムフィットスピーカー」とどう違うのでしょうか?アルにはそのカテゴリーが見当たりません。

2.カロのHPには、スピーカーごとに適合車種メーカーが記載されており、車種別適合表もありますが、ア...続きを読む

Aベストアンサー

1.「カスタムフィット」というのは、自動車メーカー純正のスピーカーとほぼ無加工で互換性があるものです。完全ではないのは、自動車メーカーによって取り付け用のボルト位置が異なっていたりして小加工が必要な場合があるからです。
「ユニットスピーカー」はいわば汎用品です。取り付けにそれなりの加工が必要な場合がほとんどです。逆に言えば、加工さえ厭わなければどこにでも付きます。
「RSスピーカー」はカロッツェリアの最高峰であるXシリーズ(今はそう言わないのでしょうか?)用に開発されたものです。アルパインで言えばF#1Statusシリーズと同じようなグレードのモノです。
>http://www.alpinef1status.com/j/products/index.html
カスタムフィットのようにポン付け交換するようなスピーカーではなく、本当に良い音を聴きたい、そのためには大きな加工も構わない、というようなユーザー層を狙っています。価格以上にインストールも難しいようです。

2.オフィシャルHPのトップに「クルマ別情報」というものが有ります。ここからスピーカー取り付け部の寸法などを見て、スピーカーの情報と照らし合わせれば大体の見当は付くと思います。また純正スピーカーのサイズも記載して有ります。
もしかしてオートバックスなどに行けば車種別のマッチング情報一覧がある可能性も有ります。

3.マルチウェイのスピーカーならほぼネットワークを持っています。それがスピーカーとは別体か、それともスピーカー一体か、という違いだけです。アルパインのセパレートタイプはスピーカーライン一体タイプのネットワーク(というかハイパスフィルター)です。取り付け性を考慮した結果だと思います。別体式ネットワークって結構取り付け場所を考えますから…。カロッツェリアで別体式を採用しているのはマルチ駆動を考慮しているのかも(あくまで私の想像ですよ)。
ちなみに別体式だから高級、一体式だから安物、ということではありません。もちろんスペースを取れる別体式の方が有利な場合が多いと思いますが、問題は出音です。出音さえ良ければ別体式だろうが一体式であろうがどうでもよいことです。

出音の傾向はアルパインは中音が強く出るタイプ、カロッツェリアは高音がきらびやかに響くタイプだと思います。私は良く聴くジャンルが男性ボーカルやロックなのでアルパインの方が好きです。

1.「カスタムフィット」というのは、自動車メーカー純正のスピーカーとほぼ無加工で互換性があるものです。完全ではないのは、自動車メーカーによって取り付け用のボルト位置が異なっていたりして小加工が必要な場合があるからです。
「ユニットスピーカー」はいわば汎用品です。取り付けにそれなりの加工が必要な場合がほとんどです。逆に言えば、加工さえ厭わなければどこにでも付きます。
「RSスピーカー」はカロッツェリアの最高峰であるXシリーズ(今はそう言わないのでしょうか?)用に開発されたものです...続きを読む


人気Q&Aランキング