最新閲覧日:

 私は過去を ずっと引きずってしまうんですが、どうすれば
引きずらないようになれるんでしょうか?
 たとえば、好きな人と行った場所・浪人を選ばないで妥協したこと・過去の過ち・恥ずかしかったこと・
 CMとか見ると本当に 嫌になってしまいます。
あのとき こうすれば良かった、こう言えば良かった・・・・・など。
今も 本当にこれでよかったのかとか、いろいろ考えてしまいます。
後悔先に立たず。?とか言うけど、分かってても考えてしまいます。
どうすれば こんなに過去をひきずらなくていいようになるでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

たぶん、今が幸せじゃないからそう思うのではないでしょうか。


今まで、諦めないで、自分の目的に向かい、邁進したことがないのでは?

スポーツや囲碁など、勝ち負けがはっきりするものに、
トライしてみましょう。

悔いがない一瞬、瞬間が得られますよ。

タモリさんのイフでしたかしら、
道が2つあり、どちらを選んでもというテレビドラマや、
工藤静香、狂言の和泉さん、デビット伊東の映画。
ドラエモンの作者、フジコフジオの漫画が原作の、
人生やり直しストーリーなどをお勧めします。

いろいろ思いつくままのあなたの人生の選択肢を想像して、
書き出してみるのはいかがでしょうか。

人生ゲームのように、どの道もあるとしたら、
あなたの将来は、無限に広がることでしょう。

今のあなたが好き、今の自分を好きになってくれる相手が見つかれば、
今の自分の満足できることでしょう。

年取ると忘れてしまいますから。
    • good
    • 0

後悔を忘れるということは、誰だって出来ません。

妥協したこと・過去の過ち・恥ずかしかったことなど誰でもあります。あなたのまわりの人でも表面的にわからないだけで、後悔があるのはあなたひとりだけじゃありません。自分一人だけじゃないということを肝にめいじましょう。

過去を引きずりすぎてるというのは、いま幸せでないことの原因を過去に求めてすぎていると言い換えることが出来ます。
過去を引きずらなくていいようにするには、今の自分が幸せになればよいのです。
過去を引きずってるから幸せになれないのではなくて、今の自分を幸せにしようとしていないから幸せになれないのです。幸せとは目的の達成にあると思いますから達成できそうな目的を立てて歩きだすしかありません。幸せでない原因は過去ではなくて、目的を持とうとしないことにあるのですから。(もしくは、目的があまりにも壮大すぎるのではありませんか?壮大なのがいけないということではありませんが最初からおおきすぎると誰でも最初の一歩を踏み出せません。)

千里の道も一歩からとありますが、千里の道ではなく、近くのコンビニでも行くくらいの目的から始められたらどうでしょう。     
私もあなたとたいして変わりません。自分に言い聞かせるつもりで書かせてもらいました。



自分で病的と思えるくらい心の内面ばかりに意識がはいりこんで気持ちが沈みこむというのであれば、心療内科などにかかるというのも前向きな意味で必要かもしれません。
    • good
    • 5

おれもよく過去のことを思って恥ずかしくなりますが、「人間ってそうゆうもんだししょうがないや」と思って諦めております。



自分を悪いと思ってあらがおうとしているhohoさんは、そんなおれから見ると結構カッコイイです。
    • good
    • 1

私も同じように感じるときがあります。



<あのとき こうすれば良かった、こう言えば良かった・・・・・など。

多分、そうやって過去のことを考えている方が、楽だから、そうやってしまうのでしょうね。

今日現在の自分の、何か不満とか不安、思い通りにならないことを、すべて、過去の選択失敗のせいにしてしまえば、楽だからです。

本当は、これからだって、いくらでも、再挑戦か、それに近いことは実現可能なのに、トライするのが恐いのです。

だから、とりあえず、昔の自分に責任を負わせ、今の自分の行動は何も起こさないでぐーたらしているわけです。

心の奥では、もうそろそろ、ぐーたらもおしまいにしたいな、と気付き始めているのでしょう?

やってみることです。もったいないよ、時間が。
    • good
    • 1

程度の差こそあれ人は皆後悔しながら生きています。

生き物の中で人間ほど過ちを犯すものはいないでしょう。悔いのない完全無欠な人生などありえないと思います。だからこそたくさんの人生訓や格言が生まれ、宗教が存在するのではないでしょうか。

多くの人はそう達観してなるべく前を向いて力強く生きて行こうと努力しています。すんだ事はすんだこと、覆水盆に返らずで、過去はチラリと横目で見る程度にして前へ進むべきです。立ち止まるにはあまりにすること、見ることが多いのが人生です。未だ見ぬ美しいこと、まだ体験していないすばらしい事、未だ知らない知識の多いこと、現状に満足せず次々と新しいことに挑戦し続ければ、過去のことは気にならなくなります。何度も後悔するほど我々は偉大な人間ではないのです。過ちがあって当たり前の凡人なのです。自分を美化したり過大評価しないことです。
凡人だから強く生きられる、凡人だからこそ見える世界がある・・全てプラス思考でいきましょう。
    • good
    • 2

太宰の本にありました。

題名は忘れたけれど、とても印象に残っています。
 恥ずかしい思い出をふと思い出してしまった時にお風呂の湯船で顔を洗いながら、さて、さて、と言ってしまう、という内容です。僕も数々の過ちをおかしてきましたが、いつもこの下りを思い出して、さて、さて、と話題を変えることにつとめます。
    • good
    • 1

hoho65さん、こんばんは。



人生の岐路(大げさ?)に立った時、自分の責任で選択肢の内から1つ選んでいますか?

私は何かと人のせいにしがちなところがあると自覚していますので、
そういう時は、敢えて自分の人生に対する責任を感じながら選択するようにしています。

そのせいか、今では明らかに選択ミスをしたなと思うこともありますが、
そういうときでも、後悔だけが残ると言うことはないです。(ある意味重症?)(^^ゞ

とてもありきたりで申し訳ないですが、「失敗は成功の母」ですよ!

私も修行中(?)です。
お互い頑張りましょう。(^o^)丿
    • good
    • 0

私が思うに、たとえば道が二つに分かれていて、右に行っても左に行っても後悔する人はすると思うんです。

でも本当は、右にいけば左に行ったら絶対手に入らなかったものが手に入っているはずだし、左に行ったら右に行った場合とは違う大事なものが手に入っているものなんです。過去の過ちだって、恥ずかしかったことだって、それがあるから今の自分は繰り返さないようにと学習してることってあると思います。 sabodesさんも言っていますが、今後悔する時間が多いと、後々に振り返ってみて「あの後悔してる時間はもったいなかった、前向きに考えて時間を使っておけば...」って後悔することになりかねませんし、後悔しそうになったら「ヤバイヤバイ、また無駄に時間を使うところだった」と頭を振って先のことを考えるとかどうでしょう...
    • good
    • 3

こんにちは。



自分は偉そうなこといえるような、できた人間ではありませんが1つだけ「後悔」について考えている(いつも自分に言い聞かせている)ことがあります。

後悔先に立たず、は終わってしまったことを今更悔やんでも仕方がないみたいな意味だと思うのですが、後悔したってことは、もっといい方法が別にあったと見つけることができた、ということだということです。
その時は失敗だと思っても、長い目で見れば必ずその人の糧になるということです。
だから後悔しなくなったら、その人の成長は止まってしまうということです。

これは自分が人間的に尊敬している人がおしゃっていたことです。

偉そうに語ってしまいまいた・・・。
でも自分も、分かっていても考えてしまいますよ。
機械じゃなくて人間ですから・・。
    • good
    • 1

これは私個人の意見なので正しいかどうか分かりません。


話しを読むと過去を振り返っていますよね。すんでしまったことはいくら振り返っても事実なので消えません。忘れるためには、未来を見ればいいと思います。何か新しいことに挑戦するとか、過去を振り返る時間も無いぐらい何かをすれば自然と段々に過去の記憶は、薄れていいことだけしか残らなくなります。
 前向きに生きていれば、後ろを振り返る事もなくなるんじゃないでしょうか。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報