ある男性がいるとします。仮にA夫さんとします。
A夫さんは結婚していて、B美さんと言う奥さんがいます。
B美さんは定期的な通院が必要な、また将来人工透析が必要になるかもしれない
病気があります。ですがその病気のことをきちんと話さずA夫さんと結婚しました。
そしてB美さんは結婚してすぐ浮気をしました。
A夫さんにバレて、言葉では別れたと言いました。
それから2ヶ月余りして、B美さんは妊娠しました。
A夫さんは疑う余地もなく自分の子供だと思っているようです。
ですが、生まれた子はかなり重篤な障害がありました。
A夫さんは悩んでいます。妻の昔の浮気。障害のある子。。。
怖いので自分の子かどうか、DNA鑑定まではしたくないと言っています。

こんな場合、A夫さんはB美さんに対して離婚訴訟はできますか?
また訴訟に勝つ見込みのある場合はどういう理由でですか?
慰謝料はどれ位取れるでしょうか?

教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

不貞行為を理由に離婚訴訟できるかと思います。


病気という理由での離婚は難しいでしょうね。

http://www.nattoku-rikon.com/child-support/

慰謝料の額は一概には言えません。
ケースバイケースですね。
    • good
    • 0

端的に考えると、離婚訴訟は出来るでしょうね。


訴訟理由はB美さんの不貞行為だと思いますが…

それでも、不貞行為の証拠が必要になってきます。
当然、訴訟後の子供の事も考えないと駄目ですが…

慰謝料に関しては、婚歴や収入などが参考になってくるかと思います。
DNA鑑定まではわかりませんがね…
    • good
    • 0
この回答へのお礼

実際身近な人の事で、傍目で見ててもかわいそうな位本人が悩んでいたものですから・・・
勝手におせっかいで聞いてみたと言う訳です。

A夫さんの性格からして、勝てない訴訟はしないといった感じです。
子供のことは手放す気はないようですし、自分1人で育てるとなると、お金も
今以上に必要でしょうしね。。。
妊婦の頃からちゃんと話し合いもせず家出するような奥さんからは慰謝料なんて
取れないのが現実なんでしょうね・・・

不貞行為の証拠は元彼(?)の写真があったようです。
本当に切れていたら、処分しちゃってるかも知れないですね。

参考になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2002/03/25 18:17

> A夫さんはB美さんに対して離婚訴訟はできますか?


できます。通常は調停前置ですが。(調停には応じないのでしょうね)

> また訴訟に勝つ見込みのある場合はどういう理由でですか?
質問の意味が分かりにくいのですが、
「訴訟を有利に運ぶことのできる、訴訟理由は?」
ということでしょうか?
簡単に言えば「浮気」(不貞行為)でしょう。

> 慰謝料はどれ位取れるでしょうか?
(これだけでは)分かりません。
慰謝料は、資力、離婚原因などの要因と責任の割合によって決まります。
A夫さんは、弁護士を雇って訴訟をしても、足が出るかも知れません。

実際の訴訟については、市町村等で行っている無料法律相談でお尋ねになるのがよろしいでしょう。
(これ以上のことは、Webで書き込むことではないと考えます)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

>質問の意味が分かりにくいのですが、
>「訴訟を有利に運ぶことのできる、訴訟理由は?」
>ということでしょうか?

そういう事です。
分かりにくくてすみません。

やっぱり不貞行為をつつくと有利なんですか・・・
不貞行為プラスα(病気のことを話さず結婚してA夫さんを困らせた、
子供が障害を持っているのに満足に看護ができない)等の理由で
普通の不貞行為に対する訴訟よりも有利に運ばないのかな、、と思っただけなんです。

市町村等の無料の法律相談と言うのは、実際に訴訟を起こすかどうか
分からない人でも利用できるんでしょうか?

そういう相談ができるとこでも探してみようと思います。
(ここはもう少し気軽に(真剣に考えてないわけではないのですが)相談できるかな
と思ったので書いてみました)

お礼日時:2002/03/25 18:10

1.離婚は2人が合意すれば、できます。

訴訟もまず、調停から始まります。
2.慰謝料は、ゼロに近いでしょう。夫に実害が少ないからです。一般でも、妻側から300万円くらいです。
3.子供が夫の子でないと、医学的な証明ができない限り、夫が不利になります。子供の養育費は、成人まで払うことになります。婚姻中の妊娠は、その夫婦の子と推定されます。推定をくつがえせるのか、血液型やDNA鑑定です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

もしB美さんが離婚に合意しない場合はどうでしょうか?
障害のある子供がいるということで、訴訟が通らない(負ける)ということは
考えられますか?

また、結婚する時にB美さんの病気のことをちゃんと話してなかったという点は、
万が一子供の障害との関連性があった場合、訴える要因になるでしょうか?

また、B美さんは子供が生まれて精神病になり、通院しているとしたらどうでしょうか?
そのために、満足に子供の病院に看護しに行けないとしたらどうでしょうか?

実はこれは身近な人の身の上に起こった、実在する話です。
傍目から見ても、DNA鑑定した方がいいように思えるんですけどね・・・

お礼日時:2002/03/24 21:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q訴訟における嫌がらせについて質問させていただきます。仮にAさんが原告と

訴訟における嫌がらせについて質問させていただきます。仮にAさんが原告となり訴訟を起こしたとします。その際、被告Bさんの家族や知り合いが嫌がらせの手紙、或いは、嫌がらせの電話、自宅訪問等をしてくるというのは起こり得ることなのでしょうか?またそうなった場合の対処方はどうすれば良いのでしょうか?さらにこの事で訴えを取り下げた場合、いくらかの費用がかかってしまうのでしょうか?質問が多くてすいません。詳しいかた、よろしくお願いします

Aベストアンサー

質問者様。訴訟に関して心配はあると思いますが、それは相手をよく観察すればある程度判明することです。前も言いましたように、まだ起きてないことを必要以上に心配することはやめたほうがよいと思います。そこまで心配するということは被告はそこまでやりそうな人(たち)なのでしょうか?

そうなると「訴訟の提訴と判決から得られるもの」と「被告からの嫌がらせ(があるかもしれない)」を天秤にかけて質問者様が決定しなければなりません。

わたしの例を挙げると、相手方が取下げを求めて家に一日中電話をかけてきたことはありました。電話線のジャックを抜いてその場はしのぎましたが。ただ、そのあと裁判になりましたが相手からのアクションは全くと言っていいほどなくなりました。

ですから、結果は誰にもわかりません。嫌がらせはあるかもしれませんし、ないかもしれません。質問者様は今、嫌がらせがあっても提訴したいという気持ちがある中で迷っておられるのだと思います。じっくり考えてください。

訴えを取り下げた場合の費用は、それについてなかったと思います。印紙代によっては幾らか帰ってくる場合があります。既に納めた郵券も使わなかった分は帰ってくるかもしれません。

ただそれよりも問題なのは取下げの費用などではなく、タイミングによっては、原告だけでは訴えを取り下げることができなくなることがあるということです。

それは「被告が答弁書や準備書面を裁判所に提出したとき」です。これ以降は原告だけでは取下げはできません。なぜなら被告はいやおうなく裁判に巻き込まれることになり、取下げを認めるかどうか被告にも判断させないと不公平だからです。

こうなってからどうしても裁判を終了したい場合、相手に取下げの同意をもらうか、原告が請求を放棄する(つまり原告敗訴)しかありません。また終局判決の後の取下げの場合は、同じ理由で提訴はできません。請求の放棄の場合は、それの無効を主張することはできるようですが、その判断のための裁判で時間がかかりそうです。

質問者様が裁判で何を主張したいのかがわからないので何とも言えないのですが、問題解決の方法は裁判だけでなく調停という方法もありますよ。これは非公開ですのでプライバシーを心配することもそれほどないと思います。

これのほうが「争い」という感じではないと思いますので、相手もそんなにカリカリしないと思いますがどうでしょうか?

質問者様。訴訟に関して心配はあると思いますが、それは相手をよく観察すればある程度判明することです。前も言いましたように、まだ起きてないことを必要以上に心配することはやめたほうがよいと思います。そこまで心配するということは被告はそこまでやりそうな人(たち)なのでしょうか?

そうなると「訴訟の提訴と判決から得られるもの」と「被告からの嫌がらせ(があるかもしれない)」を天秤にかけて質問者様が決定しなければなりません。

わたしの例を挙げると、相手方が取下げを求めて家に一日中電話をか...続きを読む

Q 土地Xの共同権利者A及びB(Aの子。配偶者C及び子3人がいる。)につ

 土地Xの共同権利者A及びB(Aの子。配偶者C及び子3人がいる。)について、仮にAが死亡した場合、そのまま放っておくことは問題ないでしょうか(つまり、Bのみが権利者となります。)。または、何か届出を行ったり、税金の問題が発生するのでしょうか。
 また、A(Bの親、Aの配偶者はすでに死亡)死亡後、Cを土地Xの共同権利者として追加することについて、「相続」に関する問題は発生するのでしょうか。
 ちなみに、Bには妹(配偶者及び子2人がいる)が1人います。
 現在、関係書籍を読んでいるところで、平行して質問させていただきます。どうぞ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

土地xのAの持分はAの相続人に相続されます。
Aの相続人はBと妹のようですから、二人で相続します。どのように分割するかは、
・Aに遺言があれば、遺言に従う。
・遺言がない場合には、全相続人で話し合い決める。決めた内容は分割協議書を作成する。
・分割協議書が作成できない場合、相続登記は法定相続分B1/2、妹1/2でのみ登記可能。
ということになります。

相続登記をせず、そのまま放っておくことも可能ですが、その場合Aの持分は暗黙的に1/2、妹1/2の権利になります。妹死亡後は妹持分は妹の相続人が同様に相続していきます。

CはAを相続することはできません。Aが遺言で持分をCに遺贈すると書いていた場合のみCへの登記が可能です。
Bの持分をCに贈与することは相続とは無関係に可能です。

税金については、
・相続税についてはXを含むの遺産全部の評価額がわからないとわからない
相続税は、Xを登記するかしないかや、Xを誰が相続するかには影響されない。
・Xについての登記関係の税金については、登記時点で登記免許税等が発生する。
 不動産取得税は相続人(B,妹)にはかからないが、Cが受贈した場合にはかかる場合と
 かからない場合がある。
です。


 

土地xのAの持分はAの相続人に相続されます。
Aの相続人はBと妹のようですから、二人で相続します。どのように分割するかは、
・Aに遺言があれば、遺言に従う。
・遺言がない場合には、全相続人で話し合い決める。決めた内容は分割協議書を作成する。
・分割協議書が作成できない場合、相続登記は法定相続分B1/2、妹1/2でのみ登記可能。
ということになります。

相続登記をせず、そのまま放っておくことも可能ですが、その場合Aの持分は暗黙的に1/2、妹1/2の権利になります。妹死亡後は妹持分は妹の相続人...続きを読む

QA社がB社へ社員を派遣するのに、A社とB社の社長さんが同じ人って、ありですか?

バイトを首になったので新しく正社員さんになろうと思って、会社を探したら自分に合いそうなところが見つかりました。
そしたらそこから別の会社に出向(?)するための募集だそうです

ところが、その出向させられる先の会社の社長さんも、募集している会社の社長さんと同じ人なんだそうです。それって、怪しいんでしょうか?。

派遣会社って何か法律とかに縛られていませんでしたっけ?よく、派遣会社登録~号とか求人票に書いてありますよね。この会社はかいてないんです。
出向(?)なら派遣会社ではないんでしょうか?
同じ社長の会社へ派遣するって何か深い意味があるんでしょうか?

もしかして、雇われた会社だけ倒産とかしてまた首になると困ります。
とても不安なんですが条件はいいんです。
どなたか、わかられる人がおいでになれば、どうか御教授ください。

Aベストアンサー

出向には、元の会社に籍を残して出向期間が終わったら戻ってくる在籍出向と、籍を移して元の会社に戻らない移籍出向とありますが、通常はすでに雇用している社員を役職定年などを機に、他の会社で就業させるときなどにいうように思います。

在籍出向させるために新たに雇い入れ、ずっと出向先の会社にいるのであれば、労働者派遣と同じ就業形態ですから、労働者派遣法違反になる可能性が高いです。違法と思われないように便宜的に「出向」とよんでいるだけで、派遣の許可を取らずにもぐりでやってる違法行為かもしれません。特に社長が同一であれば、かなり怪しいです。労働者派遣事業の許可や監督は、都道府県労働局がしていますから、労働局に相談されることをおすすめします。

なお、「専ら(もっぱら)派遣」というのは、特定の企業だけを対象に労働者派遣を行うことを言い、専ら派遣を行うために労働者派遣の許可を受けることは認められていません。大企業のグループ内の派遣会社も、グループ内企業にしか派遣しないとすることはできず、新たな派遣先確保を行うよう指導を受けているはずです。

Qこれってなんの罪に問われますか? AさんとBさんがLINEで話していました。Aさんがそのトーク内容

これってなんの罪に問われますか?

AさんとBさんがLINEで話していました。Aさんがそのトーク内容をスクショし、Cさんに送りました。CさんはBさんにその事を言い、BさんとAさんはそのことで喧嘩になりました。
↑の話は例ですが、このような場合、Aさんはなにかの罪に問われますか?

Aベストアンサー

犯罪ではありません。

Q根抵当権の債務者がAさんBさんです

根抵当権の債務者がAさんBさんです
Aさんが22・8・31亡くなりました
Aさんの相続人はBさん、CさんですがBさんが相続したいと思っています
この場合、登記はどうなりますか?

Aベストアンサー

根抵当権の相続と合意の登記です。

#1は参考にしないでください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報