その状況の頃はまじめに働いていたのですが、やはりまた同じ事の繰り返しで自己破産の手続きさえ途中で終わらせる有様となりました。
遅すぎますが私もいい加減に彼という人がわかったので、離婚を考えました。
ですが、普通に申し入れても逆上して何をされるかわからないため夜逃げ同然に故郷でもある地方から東京へ出てきました。
結婚生活は1年半程で、私が残した離婚届は1年後位に彼が提出してくれました。
私の借金分は返してくれていたし、それだけは裏切らないと思っていたのですが、もう離婚して3年程にもなりますが
返済は滞り気味です。
東京での一人暮しは苦しいですが、なんとか私が毎月5~6万を返済しています。残金はあと130万程です。
彼は1~2ヶ月に2万程振り込んでくれるだけです。
もっと振込んでくれるよういつも電話をしていますが、来週返すの繰り返しで、
払わなくてもいいのに払ってやるだけ有難く思え。訴えるなら訴えろ。ないものはない。と言います。
(彼は再婚したそうなので、全くないことはないと思うのですが)
最初の家族会議の時に私に借金先(彼の兄の勤め先である信用組合)を進めてくれた彼の兄も知らぬ存ぜぬです。
彼の両親は結婚している当時は苦しいのを知っているので食料品を買ってくれたりしてくれていたのに
今となっては彼だけが作った借金じゃないでしょうといいます。
私の毎月の暮らしはとても苦しく、利子を払うのが精一杯で元金がいつなくなるかは先過ぎて考えたくないです。
将来結婚はしたいですが、このままでは無理です。
もちろん任意整理もしたくないです。
私の名義なので仕方ないのですが
130万という借金はやはりこのまま私が払い続けるしかないのでしょうか。
少し調べてみたのですが私が返すしかないように思えます。
私はこの先の人生に希望が持てません。

関連URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=241295

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>こちらでご報告したいところですが、質問をクローズするのに時間がかかっても大丈夫でしょうかね?



ご質問者さま自身の判断だと思いますから、ご自由になされて構わないと思います。

ご参考までに私ならばということで記載いたしますが、一つの質問に関して、ある程度解決を見た場合は一旦締め切ります。もし、解決を見ない場合でも、1週間~1ヶ月の間で適当な期間を切って締め切ります。
最終的な報告を記載した方が良いということはおっしゃる通りですが、最終決着までは時間がかかりますから専門家への相談結果の時点で締切になられると良いと思います。その後の経過に関しては、当該質問に関する回答に記載するよりも、例えば別の問題が発生した時に別の質問(その場合に当該質問のアドレスも記載)をするという方が良いのではないかと思います。これらは単に私の考えですからこの通りにする必要は全くありません。

>家は母親だけのためこれ以上心配させたくないのです。(離婚や上京で心配かけどおしなので)

これは難しい問題です。ご質問者さまの意図は痛いほど分かりますが、私ならば母親に相談します。今は大丈夫だと思いますが、病気で働けなくなる時にはやはり頼りになされるのではないですか?近親者への相談は本当に困ってどうにもならなくなってからするのではなく、最悪の状況に陥る前に行えばそれを回避でき、良いと思います。また、親御さんにしてみれば『親子なのに水臭い』と思うでしょう。これらは決して親孝行なことではありませんが、将来的に親孝行することで幾らでも取り返しがきくと思います。勿論、『また心配かけてごめんなさい』などの素直な謝罪は必要なのは間違いありません。
この点に関しては、私も全く自信がありませんので、然るべきカテゴリーで別のご質問を立ててご意見だけでもお聞きになられることをお勧めいたします。

>兄弟は元々結婚に反対しておりましたので、逆上して彼に詰め寄る可能性があるためふせています。

これはご賢明だと思います。感情的になった場合に思わぬ事件を招く場合があるからです。但し、法律的な決着が付き、ご兄弟も冷静に判断ができる状態になった段階で報告、その上で援助をお求めになった方が良いと思います。恐らく、ご質問者さまの幸せがご兄弟の幸せにつながると思うからです。(今回のケースで良い解決ができず、自己破産などの手続きを取る前には必ず相談した方が良いです。その上で自己破産するべきであり、自己破産の後に報告は良くないと思います)

私も親兄弟と離れ、一人首都圏におります。地域的に離れていても、心まで離れてはいけないと思います。受けた恩は必ず何かで返せば良いと思います。(主旨と関係ないことを記載いたしましたが、過去の自分とダブった部分があり回答いたしました。ご容赦ください)
    • good
    • 0

No.2で回答したものですが、気になった点があり再投稿します



>以前調べた時に「マイナスの財産に関しては放棄できる」といった記憶

これは相続に関するもので、離婚に関するものではないのではないかと思います(専門家ではないので自身ありませんが)。死別の場合と離別の場合では違うと思います。やはり、一度専門家のご意見をお伺いになった方が良いと思います。

繰り返しになりますが、借金の名義が妻の方だからと言って、そちらの方だけが借金に苦しむというのは法の元の平等とは言えないと思います。弁護士でも見解が分れる場合があると思いますので、仮に否定的な意見であった場合に他の方のセカンドオピニオンを取ることもお勧めいたします。仕事柄弁護士と話す機会が多いのですが、人によって言うことはバラバラです。明らかな判例がある場合は良いのですが、そうでない場合はこのようになる傾向が強いようです。否定的なコメントの時は、そのような判例があるのでしょうかと聞くようにすると良いと思います。

>親兄弟にも話せなかったので

赤の他人である私たちでさえ多少は力になれることがあったようですので、血のつながりのある方の方がもっと力になってくれると思います。話を聞いてもらうだけになるかもしれませんが、一人で悩んでいるよりは遥かに前向きになれると思います。

明るい未来というものは必ず皆に存在するもので、人間はそれが訪れる時期が判らないから不安になっているだけ(不祥私の言葉)。元気を出していただけたなら、回答したかいがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

yohsshiさんまたしてもありがとうございます。
なるほど、私が記憶していたのは死別の可能性があるのですね。
また、弁護士でも見解が分かれる話、新聞などでよく見ますが、
それが自分にも当てはまるとは思ってもみなかったです。
判例を聞いてみる点など参考になりました。

調べたところ、地域に法律相談がありましたので
なんとか相談料を工面して予約する予定です。
私と同じ状況の方もいらっしゃるかもしれないので
こちらでご報告したいところですが、質問をクローズするのに時間がかかっても大丈夫でしょうかね?
初めての利用なのでご教授頂けると有難いです。

親兄弟にも話せない理由なのですが、
家は母親だけのためこれ以上心配させたくないのです。
(離婚や上京で心配かけどおしなので)
兄弟は元々結婚に反対しておりましたので、
逆上して彼に詰め寄る可能性があるためふせています。
他人には勿論こんな話できないですし・・・
ですから長年悩んでいたことを話せて、また教えて頂く事も多く本当に力になりました。

お礼日時:2002/03/28 19:41

ご参考になるかどうか判りませんが、突破口になりそうなものを記載いたします。



離婚後の財産分与というものがあります。
http://www.nifty.com/clq110/soudan/rikon/5.html

元々が彼のギャンブルによる借金であること、入籍は後でしたが当時も事実上の婚姻関係にあったと考えられること、口約束でも全額支払を約束したこと、小額であっても支払ってきていること或いは彼の兄の勧めで借り替えを行っていることなどを総合すると別れた旦那さまにも支払義務が存在していると考える方が自然だと思います。これは素人である私の考えですので然るべき専門家の助言を受けた方が良いと思います。

相手に支払義務があるという前提条件が成り立てば、訴訟ではなく調停の申立を行えば良いと思います。相手も相手の親族も、再婚相手の手前もあるのかもしれませんが、支払責任を明確にしない限り、なし崩し的に払わないようにすることを考えていると思います。きちんと対処することが必要だと思います。

名義はご質問者さまだから、ご質問者さまのみが苦しまなければならないというような理不尽な結論を司法が行うとは考えたくありませんので、私の考え方が甘いかもしれません。しかし、このような理不尽がまかり通るほど裁判所というところが血も涙もないとは思いません。

ご参考になるようであれば幸いですが、既にこの点をご検討済であれば申し訳ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

yohsshiさんご回答ありがとうございます。
教えて頂いた財産分与に関してですが、
以前調べた時に「マイナスの財産に関しては放棄できる」といった記憶があります。
ただ、やはり名義は私なので適用されないだろうとあきらめていました。
やはり専門家に聞いてみないとわからないですね。
教えて頂いて少し希望が出てきました。
私の状況の場合に適用されるかは不安ですが、行ってみます。
行かないと始まりませんものね。
本当にずっとうらみつらみの心情でした。
親兄弟にも話せなかったので、お返事頂いただけで少しすっきりしました。
司法が私を助けてくれる事を期待したいと思います。
yohsshiさんにも書いたのですが、本当にありがとうございます。
私に力を与えて頂いて感謝します。

お礼日時:2002/03/26 17:53

大変ご苦労されたんですね。



そんな人や家族とはすっぱり縁を切って、早くご自分の人生を歩んだ方が良いと思います。

任意整理をしたくないのはなぜですか?
借金の名義がwa999さんである以上ご自身に返済の責任があるというのはもうご存じのようです。
毎月5~6万円を返済する力があるのに加え、借り入れをしてから3年以上経っているのであれば任意整理でも十分やっていけると思います。
調停という手もあります。
毎月の支払い明細をごらんになれば分かるように、毎月頑張って支払いをしても元本に充当される額はほんのわずかです。このままではなんの解決にもなりません。

wa999さんのご両親に全てを話し、一括返済を協力してもらうというのもひとつの手です。

wa999さんがお住まいの区域の区役所で無料法律相談等をやっていませんか?もしくは弁護士会主催の法律相談もあります。今のままでは何も変わりません。まずは勇気を出して相談に行ってみてください。それでも良いアドバイスがもらえない場合は、「債務整理に詳しい弁護士を紹介してください。」とお願いしてみるのです。
弁護士費用についても、法律扶助の制度もありますので、遠慮なく弁護士に聞いてください。全然失礼にあたりません。

まだお若いのですから、早く借金を整理をされて、新しい人生の一歩を踏み出されてはいかがでしょうか。

この先wa999さんの人生が明るく幸せに満ちた人生であることを心からお祈りしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

minorunさんご回答ありがとうございます。
任意整理をしたくない理由はあとあと困る事があると嫌だから、
彼の理由で私の人生をこれ以上制限したくないからです。
任意整理について詳しく知っているわけではないのですが、やはり信用を失ったり職業の制限があると思います。
私は今やっている仕事が特殊なため将来個人事業者になる可能性があること。また保険販売の資格を持っていますが
それを使えなくなる可能性があることが挙げられます。
また、将来は再婚もしたいですが、任意整理したことを絶対に相手には知られたくありません。
(強気になれる程現在余裕で返済できているわけではないのですが・・・)
彼の自己破産の時には最初から手続き等全て私も付き添ったのでどんな感じかはわかります。
上のyohsshiさんの解決方法も合わせて、やはり専門家でないとわからない部分もあるようですね。
一度相談に行ってみたいと思います。
やるせないですが、私が行動を起こさないと前に進めませんよね。
本当はもっと早く行っておくべきだったです。
相談してよかったです。感謝します。
ありがとうございます。

お礼日時:2002/03/26 17:50

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q借金や脱税の時効は7年。しかも、海外移住中でも経過する?

ある、小説を見ていたのですが、そこに書いてある文に、商売で成功や失敗をして、天文学的な巨額の脱税や大借金作っても、海外に7年も居れば時効が成立するとありました。
そんなバカな・・・と突っ込みを入れましたが、それなりに根拠があって書いてある気もするので、気になり始めました。
確か、海外にいる場合、時効の期間はストップすると聞いたことがあるのですが、この小説の方が間違っていますよね?
それとも、この小説て事実なのでしょうか?
もし、そうであれば、脱税や借金が頻発しそうですが・・・
法律に詳しい方、ぜひ、教えてください。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

#1です。

確認いたしました。

やはり、民事では海外移住中の時効の停止はないようです。
そして借金は民事ですので停止しません。

しかし、借金の場合、貸し手の側に時効を延長する手段があることと、刑事事件の場合は時効が停止することは、最初の回答と、#2の方の回答のとおりです。

また、通常は大借金なら、担保を取りますので、相手が海外逃亡してもカバーできる可能性が高いです。(普通は担保価値のほうが借金より多くなるように担保を取りますので。)相手が海外逃亡中でも不在で裁判が出来ることはすでに書きましたね。

Q借金を返してくれない。

こんにちは。いつも楽しく拝見させて頂いております。
今回、お金の事について質問させて頂きます。

約2年程前に、両親の知人に90万円を貸しました。
借用書は書いてもらって、私の手元にあります。
私が債権者、知人が債務者です。
その知人は両親が経営する会社の保証人になってくれていて(それなりの見返りは支払いました)、その会社が商工ローンと裁判沙汰になった為に銀行口座を差し押さえられ、その解除の為に90万が必要になり、凍結解除後に90万を持参するという事でした。
しかし、今になっても一向に払う気配がないどころか、既に私の両親に払ったと言い続けています。
両親は貰ってないと言いますし、実際領収書等の証拠もありません。
何故今まで放置していたかと申しますと、借用書の内容が微妙でして、裁判が解決後に払う。とも理解できる内容でしたので、今まで待っていました。まだ裁判は継続中ですが、「解決したら払う」という意思表示では無く、「すでに返した」でしたので、困惑しております。

そこで、近日中にその知人に会い、払ったという証拠を提示して頂くつもりでいます。
証拠として私が考えているものは、銀行の通帳(本当に引き出したか?)と領収書(これは無いかも)です。
その知人は無許可で金融業もしていたようで、バックには恐ろしい人がついているそうですので、こちらもそれなりの予備知識をつけてから会おうと思うのですが、どのような方法で取り返す事が出来るのでしょうか?

拙い文章でわかり難いと思いますので、補足は致します。
どうかご教授下さい。

こんにちは。いつも楽しく拝見させて頂いております。
今回、お金の事について質問させて頂きます。

約2年程前に、両親の知人に90万円を貸しました。
借用書は書いてもらって、私の手元にあります。
私が債権者、知人が債務者です。
その知人は両親が経営する会社の保証人になってくれていて(それなりの見返りは支払いました)、その会社が商工ローンと裁判沙汰になった為に銀行口座を差し押さえられ、その解除の為に90万が必要になり、凍結解除後に90万を持参するという事でした。
しかし、今になっても...続きを読む

Aベストアンサー

>借りたものは返すのが常識だと思っています。

至極、当然です。が安易に自己破産できませんか?ってQが溢れてるのを見て、どうでしょうか?猛者になると複数回の破産をしようと考えてます。

銀行の口座を差し押さえ可能なのは裁判所でそれなりの手続きを踏み、
且つ確定された場合かと。裁判所から通知などありました?

>素直に弁護士に任せるべきでしょうか・・。

餅は餅屋ってんでプロに任すのが、ベストでしょう。
それで、着手金諸々で、質問者の身内にいくばくか負担がありましても、今後の糧になるんでは?

まず、最初っから返済意思の無いアホー相手にするには、かなり難儀をします。

>無許可で金融業もしていたようで、

これが、突破口になりえるやもしれません。
現行犯で抑えないと、言い訳だけは一級でしょうな。

日本ってシステムは、正直者がバカを見るようになってますんで、
質問者も理論武装をしっかりコンクリートでガチガチに固めて、
知人氏と面会してください。その時に言質を取られるような迂闊な
発言をするのは、厳禁ですよ。

某タレントなんか、4億超を1千万にディスカウントで両手が後ろに回ってますんでね。知人氏も某タレントやボクサーほどアホーじゃないでしょう。90万を100円にって考えてるかも?

>借りたものは返すのが常識だと思っています。

至極、当然です。が安易に自己破産できませんか?ってQが溢れてるのを見て、どうでしょうか?猛者になると複数回の破産をしようと考えてます。

銀行の口座を差し押さえ可能なのは裁判所でそれなりの手続きを踏み、
且つ確定された場合かと。裁判所から通知などありました?

>素直に弁護士に任せるべきでしょうか・・。

餅は餅屋ってんでプロに任すのが、ベストでしょう。
それで、着手金諸々で、質問者の身内にいくばくか負担がありましても、今後の糧...続きを読む

Qサラ金からの借金があるのに海外へ

現在別居中の主人の事で質問します。
サラ金からの借金が相当あるようです。
それを完済しないまま、中国へ中国女性と行こうとしています。
あちらでは、女性の実家にお世話になるつもりらしいです。
行ったら帰ってくるつもりはないそうです。
離婚調停をしていましたが、折り合いがつかず
養育費や慰謝料も支払ってもらえないので
とりあえず、取り下げました。
裁判しても払ってくれない人からはお金の請求は出来ないとの事で。
主人は仕事をしていませんので。

その前に婚姻費用分担の調停もやり
婚費として、毎月支払い義務あるにもかかわらず
一度も支払ってもらってません。
履行勧告をだしても知らん顔です。

今現在、日本を脱出する前に離婚だけはしようと
連絡を取るよう頑張っていますが、中々連絡取れません。
サラ金からの借金をそのままにして、海外へ行けるのでしょうか?
それなら、借金して返済に困ってる皆さんは
海外へ逃げる事考えますよね…
そんな事って可能なんですか?

Aベストアンサー

>保証人になるなら本人確認とか必要ではないですか
印鑑証明とか…サラ金ではそんなの必要ないのかしら…

必要です。保証人になった人の意思確認が絶対必要です。
もし,あなたの知らない間に勝手にされていたら,それは私文書偽造ということで無効になりますからご安心下さい。もちろん相手の口車に乗ってしまってはいけません。
それにしても海外逃亡費用はどこから調達するのでしょうか?そしてあちらの国での生活費はどうするつもりなのでしょうね。
あちらには「スネークヘッド」に代表されるヤミの組織がうごめいているとききますから,そういう組織に利用されるだけ利用されて最後はポアされるのがオチでしょう。おそらく逃亡者はそういう海外事情はご存知ないでしょうからね。きっと天罰が下されますよ。
その中国人の女というのは,その組織の一味だったりして。

Qお金を返してくれない人から返してもらう方法

 私の主人が独身時代に2名の人にお金を貸しているのですが、なかなか返してくれません。
 同じ会社の先輩は、主人の転勤で離れた場所にいるのですが、「ボーナスで返します」と誓約書をくれたのに、「実家で借金が・・・」とか理由をつけてかれこれ2年半も返してくれていません。(残金12万円)
 少しづつでもと毎月返済してもらうようにしていましたが、「残りはボーナスで払います」と言ったのに、やっぱり返してくれません。
 もう一人の人は、九州方面へ帰ってしまったらしく、時々1万円返してくれたりしていますが、こちらの方に関しては100万円くらいのダイアモンドを買って、でも会社が倒産したとかで、ダイヤを取り上げられた形になってしまったらしく、個人的に申し訳無いからと返してくれているみたいな感じです。
 どちらも、なんか自分の都合ばかりなので、早く返してもらって縁を切りたいのですが、どのようにすれば返してもらえますか?
 何かよいアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

http://www.e-sosyo.com/main.php
場所が遠いのであれば、上記サービスを利用した小額訴訟を使うのはどうでしょうか?(私は利用したことがありません)

場所が比較的近いのであれば簡易裁判所の支払督促をご利用になられると良いと思います。
http://www.asahi-net.or.jp/~zi3h-kwrz/law2sihara.html

何れの場合も誓約書という証拠があるのでご質問者さまが勝つと思いますが、勝ったとしても相手に支払うべき資産がない場合はどうしようもありません。しかし、先の方はお働きだと思いますし、給与を貰っているはずですからその口座を差し押さえるということがベストだと思います。
後の方は容易に返却が可能かどうかわかりませんが(金額が不明)、30万円以上であっても支払督促は可能ですから、これを行うかどうかということになります。

尚、事を荒立てるならば上記の手段ですが、返済は相手に直接行った方が時間も費用もかかりません。上記の手続きを取るということを明言することでお金が返ってくること場合も少なくないと思います(私の場合)。また、同じ会社であるならば共通の上司に事情を説明して、早期に支払うように促してもらうことも効果的だと思います。社内での金銭トラブルを解決しない場合は解雇になるケースも少なくありませんので、そうなると回収が難しくなりますからご相談なされる相手は選んだ方がよいと思います。

http://www.e-sosyo.com/main.php
場所が遠いのであれば、上記サービスを利用した小額訴訟を使うのはどうでしょうか?(私は利用したことがありません)

場所が比較的近いのであれば簡易裁判所の支払督促をご利用になられると良いと思います。
http://www.asahi-net.or.jp/~zi3h-kwrz/law2sihara.html

何れの場合も誓約書という証拠があるのでご質問者さまが勝つと思いますが、勝ったとしても相手に支払うべき資産がない場合はどうしようもありません。しかし、先の方はお働きだと思いますし、給与を貰っ...続きを読む

Q日本には超多額の借金があるのになぜ海外に投資ができるのでしょうか?

日本は700~800兆円借金があり、将来は国の破綻が危ぶまれているにもかかわらず、なぜODA等海外に多額の援助をするのでしょうか?
ODAのHP↓で目的は判りますが、納得できません。http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/index/nyumon/oda.html

Aベストアンサー

>国は借金の返済方法を考えているかご存知な方はおられますか?

小泉内閣では新自由主義の立場で小さな政府を目指し、借金返済を行おうとしているようです。
構造改革というもので、行政の支出を抑える、自由経済を重視し自由な市場を整備する、福祉支出の抑制などの方針で動いているようです。
具体的な政策として思いつくのはこんな感じです。

・行政の支出を抑える
郵政民営化、省庁再編、国家機関の独立行政法人化

・自由経済を重視し自由な市場を整備
郵政民営化、金融ビッバン、自由貿易協定

・福祉支出の抑制
医療費負担増

郵政民営化について詳しく取り上げます。
郵貯、簡保の300兆円を担保とすることで国債発行が継続されてきた結果、
日本は700兆円といわれる借金を背負っていると考えられています。
郵政民営化で郵貯、簡保の300兆円を政府が担保として扱えなくなることで、
将来に問題を先送りできない=借金を増やさない体制を小泉内閣はつくりたいようです。
そして多分、300兆円の資金が自由な市場にながれることで景気回復→税収増加という借金返済プランなんじゃないかなと思っています。
この改革がうまくいくか?これは難しすぎて私にはわかりません。

>国は借金の返済方法を考えているかご存知な方はおられますか?

小泉内閣では新自由主義の立場で小さな政府を目指し、借金返済を行おうとしているようです。
構造改革というもので、行政の支出を抑える、自由経済を重視し自由な市場を整備する、福祉支出の抑制などの方針で動いているようです。
具体的な政策として思いつくのはこんな感じです。

・行政の支出を抑える
郵政民営化、省庁再編、国家機関の独立行政法人化

・自由経済を重視し自由な市場を整備
郵政民営化、金融ビッバン、自由貿易協定
...続きを読む

Q彼使用携帯 彼女名義で携帯契約、 お金払ってくれない

友達が、困っています。

彼がとある事情で携帯契約できなくて、彼女名義で携帯を借りたそうです。

その後、彼と彼女は別れて、携帯代の請求がきたそうです。

彼女としては、彼女名義だけど自分は使用していないから、彼に払ってもらいたいそうです。

彼の親に電話して催促しても息子に伝えとくとの一点張りです。

どうすれば、彼に携帯代を払わすことができますか?

Aベストアンサー

まずは、名義が彼女なら、即効で解約しましょうよ。

そして、その親には代わりに払え!といいましょう!!
息子の責任は親に取らせればいいのです。
それでも、親が応じない場合は、
その親に「●日までに支払ってもらえなければ、法的に対処させていいただきます」と言いましょう!

しかしながら、できるのはそこまでです。
実際に訴えることは相当難しいので、それでも払ってもらえなければ諦めるしかないですね。

名義を貸すこと自体が法律違反ですので・・・・

Q莫大な借金をしてる一方で、なぜ?小泉竹中経済は海外資産を増やすのですか?

¥700兆の借金から対外資産残¥185兆から先に差し引いて、つもり積もる金利分だけでも軽くしないのは、どうしてですか?

借金が多く、その為に緊縮財政というので教育も福祉も削減する一方で、アメリカ財務省証券の購入額が増えてるなど、不可思議な遣り繰りを思います。

Aベストアンサー

アメリカの対日貿易赤字が膨らむとアメリカの機嫌が悪くなり、あらゆるところでアメリカからの圧力が発生します。かつての貿易摩擦でえらい痛い目にあっているため、こういう総論が日本の政治家や官僚に浸透しているためでしょう。
例えば、政界でなくて財界でも少し前に、GMの不信からトヨタを少しバッシングする論調がアメリカで起こったとたん、トヨタのトップ奥田会長は「場合によってはハイブリッド技術を一部提供しても良い」と発言しました。つまりはこういう事なのです。

Q繰り返し借金のお願いをする人の心理

人にお金を貸すと、なぜ一度で終わらないのでしょうか?

借りる側としては、無利子無担保無期限を望んでいるからでしょうか?

やはり貸してくれた事のある人なら、
『本当に困っている』と泣きついたら借金をしてでも助けてくれるに違いない!と思うのでしょうか?

Aベストアンサー

その他に踏み倒しも簡単、取り立ても貸金業者のように厳しくない
また銀行、サラ金等からもう借りられない状態と言うのも
あるのではないかと思います。

Q江戸、明治時代に海外から借金するとは?

明治時代に日清、日露戦争がありました。日清戦争では補償金を清国から取れたと聞きますが、どんな通貨で受け取ったのですか?現金を船で持って来ますか。それとも何かの借用したという書類ですか?また、日露戦争では戦費を英国から借りたと聞きますが、この金はどのような形で受け取りましたか?ポンド紙幣を船で運ぶのですか?為替の知識がないので、非常に稚拙な質問で恥ずかしいのですが、ちっとも分かってないのでこの際、勉強します。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは
>日清戦争では補償金を清国から取れたと聞きますが、どんな通貨で受け取ったのですか?
日清戦争の賠償金は、講和条約である下関条約(1895・4・17締結)の第4条で、庫平銀(清国の通貨)2億両(テール)を支払うものとされ、1895~1902年の8年間に分割払とし、2年目から残金について毎年5%の利子をつける(批准後3年以内に完済の場合は無利子)としています。また、第8条で講和条約が履行されるまでの担保(保障)として、日本が山東省の軍港威海衛を占領すること。さらに、同条約別約第1条において、威海衛占領経費の一部として、占領期間中毎年庫平銀50万両を払うと規定しています(威海衛守備費償却金)。
その具体的な支払方法・場所等については日清両国で協議され、同年10月6日に合意に達します。その内容は、
1、品位・量目が一定しない庫平銀一両について、純銀37,311g(575グレイン82)とすること。
2、支払いは当時最も信頼性のある通貨である英ポンド金貨で、ロンドンで支払われること。(日本銀行ロンドン支店に収納)
3、庫平銀一両(実際上は純銀37,311g)と英ポンド金貨の交換比率は、1895年(条約締結年)の6、7、8月の銀相場の平均値により算出されること。
とされました。
その後、三国干渉があり、日本に割譲されると決められた遼東(奉天)半島が清国に返還されることになり、奉天半島還付条約の第3条で、還付の報酬として庫平銀3000万両の支払いが決められました。その結果、清国が日本に支払う金額は、2億両+3000万両に、威海衛守備費償却金として3年(最終的に賠償金支払が3年間で終了したので)×50万両=150万両加わり、総計2億3150万両相当の英ポンド金貨が支払われることになりました。
清国はこれを、1898年5月7日までに完済します。下関条約の締結日は1895年4月17日ですが、同年1895年5月8日に批准書が交換され、条約が発効しますので、完済日が批准後3年以内の規定により無利子となるので、完済を急いだと思います。なお、1896、1897年は賠償金の利子は支払われていますが、3年以内に全額が支払われたので、この2年分の利子支払金は、賠償金本体に充当されており、実際的には無利子となっています。
さて、蛇足になりますが、清国は賠償金支払いのために庫平銀・金塊・ポンド金貨などを本国から運んだのかと言うと、運んでいません。清国は数次にわたり外債(借款)をフラン・ポンド建で発行し、ロシア(初期のフラン建起債には政府保証を付けています)・フランス・ドイツ・イギリスの銀行が引き受けをしています。このように外債の発行が8年間の支払い期間を3年間に短縮し、利子を生じさせなかったことになります。
ただ、貨幣が輸送されなかったかと言うと、日本の例になりますが実際は輸送されています(全額ではなく一部)。日露戦争当時の主要戦艦のほとんどはイギリス製で、完成後日本海軍軍人により日本に回航されるのですが、この時に回航される軍艦により輸送されたことがありました。
なお、賠償金等については、来るべき日露戦争に向けての海軍・陸軍の軍備費に充てられただけでなく、八幡製鉄所(現在の新日鉄住金の出発点)の設立資金や、1897年の金本位制(日本は実際上金為替本位制)復帰の資金(準備金)ともなり、日本経済の近代化にも活用されています。
下関条約及び議定書・別約全文
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88:%E4%B8%8B%E9%96%A2%E6%9D%A1%E7%B4%84
奉天(遼東)半島還付条約全文
http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/~worldjpn/documents/texts/pw/18951108.T1J.html
下関条約批准
http://meiji.sakanouenokumo.jp/blog/archives/2009/05/post_13.html

>日露戦争では戦費を英国から借りたと聞きますが、この金はどのような形で受け取りましたか?
これは、外債発行により資金を調達しています。英国(ロンドン債券市場)が中心ですが、アメリカでも起債(ポンドとの確定換算率によるドル払)され、戦争後期にはドイツでも起債(ポンドとの確定換算率によるマルク払)され、債券市場を通じて一般に募集されます。8200万ポンド(約6億8600万円)を集め、日露戦争の戦費の4割をまかなったとされています。
外債と言っても日本国(大日本帝国)が発行する国債です。つまりは国が資金調達のために発行する債券で、債券の売却により資金を得る国の借金です。(国債の)債券は発行額(額面金額で、元金)と償還期限と利率が決められています。実際の販売価格は額面より低く、その上手取り金額は更に低くなり、逆に実質利率は上昇することになります。さて、債券の購入者は額面額に対する利率により、償還期限までの毎年利息を受け取り、償還期限の到来により額面金額(元金)を受け取ることになります。外債の場合、額面額が外国通貨(当該では英ポンド)で表示され、利息も外国通貨(英ポンド)で支払われ、当然償還も外国通貨により支払われます。
ただ、どの国でも債券を発券できるわけではなく、国に信用が無ければ、利率を上げても購入者はないことになります。そのようなリスクを避ける意味でも債券を引き受ける銀行等の金融機関を引受会社(複数の場合は引受団=シンジケート団)として、債券の募集・売り出しを委任します。契約にもよりますが、引受会社・シンジケート団は債券の全額を取得するか、売れ残り総額を取得することが一般的でした。そのため、引受会社・シンジケート団となるものがない場合には、起債することは難しいことでした。日露戦争時の外債発行に東奔西走したのは後に首相となる高橋是清日銀副総裁ですが、起債のための引受手を得るために苦労しています。特に戦争初期には、欧米の間に日本軍の敗戦を予想する向きが多く(=敗戦で債権の回収ができないと見られていた)、引受手がなかなか見つからないさまが、その自伝(中公文庫『高橋是清自伝上・下』)にも記載され、簡単に読むことができます。
紆余曲折を経て、1904年5月に英国銀行団と調整ができ、1000万ポンドの外債が発行されることになります。発行条件は6%の利率で、7年の償還期限、発行価格は93,5(額面100ポンドにつき発行価格は93,5ポンドの割合)、日本政府の手取額は90%(額面100ポンドにつき手取額は90ポンドの割合)という条件でした。発行総額1000万ポンドの内、500万ポンドはロンドンで、後の500万ポンドはジェイコブ・シフの率いるケーン・ロブ社がロンドンの銀行団より額面の90%で再引受して、ニューヨークで募集されることになります。ただし、もしもの場合には日本の関税収入に当てるということを担保としています。
この募集期間中に、鴨緑江会戦で日本軍が勝利すると、日本の外債の人気が上昇し、されにその後日本軍が勝ち進むと、好条件(利率の低下など)で外債の発行が可能になります。これ以降3回、都合4回の起債で上記8200万ポンドを集めています(以降の外債発行もあります)。


以上、参考まで。

こんにちは
>日清戦争では補償金を清国から取れたと聞きますが、どんな通貨で受け取ったのですか?
日清戦争の賠償金は、講和条約である下関条約(1895・4・17締結)の第4条で、庫平銀(清国の通貨)2億両(テール)を支払うものとされ、1895~1902年の8年間に分割払とし、2年目から残金について毎年5%の利子をつける(批准後3年以内に完済の場合は無利子)としています。また、第8条で講和条約が履行されるまでの担保(保障)として、日本が山東省の軍港威海衛を占領すること。さらに、同...続きを読む

Q「住宅保険料/期間    20,000円/2年 」とは、毎月二万ずつ払うということですか?

一人暮らしを考えています。いくつか疑問があるのでご存知の方がいらっしゃれば応えていただけないでしょうか。

(1)住宅保険料/期間    20,000円/2年 」というのは毎月2万払わなければいけないということなのでしょうか?それとも契約時に二万を払うのでしょうか。契約期間 が2年なので契約時に払うだけなのかとも思うのですが。

(2)2年契約をしたら必ず2年間住まなくてはいけないのでしょうか。

(3)管理費(敷金・礼金)などが月1000円というのは普通のことですか?


初めてのことで初歩的なことも分からず、相談する人もいなくて困っています。教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

火災や家財保険ですよね。2年で2万円、ということです。2年目の最後のあたりに更新のお知らせがくると思います(もしくは、特に申請しなければ自動更新)。

契約ですが、賃貸の契約とは全く別のものですので、2年単位で住まないといけないなんてことはありません。賃貸契約が3年で完了(3年で部屋を出た)場合、多分、解約手続きをすれば1年分戻ってきます(戻ってこないかもしれません。そのあたりは保険会社の方針次第です)。

管理費ですが、建物の清掃その他などの費用であれば、妥当な線かと思います。ここ数年住んだ賃貸物件では、管理費というのはありませんでしたが、物件や管理会社によるでしょうね。

敷金は、住み初めに数ヶ月分の家賃を支払い、退去時の清掃や、破損した部分の修復に利用するものです。きれいな状態で部屋を出た場合、大半が戻ってきます。礼金は、家主に謝礼として支払うもので、これは戻ってきません。礼金は、地域や不動産会社によってあったりなかったりします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報