国保は「世帯」単位の加入と聞いていますが、

 父(世帯主)
 母
 長男(25才、失業中) 
 三男(17才、高校生)

と4人が同一世帯に属し、国保に加入している場合、

(1)保険料を負担しなければならないのは誰か。
(2)それぞれが負担しなければならない場合、
 保険料の算定は、主にどのように決められるのでしょうか?

初歩的な質問ですが、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

3割 計算」に関するQ&A: 3割の計算

A 回答 (3件)

国保は、ご質問の通り所帯単位で加入します。



1.保険料の納付義務者は所帯主です。

2.保険料は、次のように計算されます。
世帯の前年の所得に応じて計算される「所得割り」・世帯の資産に応じて計算する「資産割り」・世帯の加入者数に応じて計算する「均等割り」・一世帯にいくらと計算する「平等割り」を合計したものです。
ただし、市区町村により「資産割り」は加算されないところもあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の御回答、ありがとうございます。
(1)について、私もそう思っていたのですが、ある本に

「保険者は世帯主または組合員から保険料を徴収」とあり、
また、「税金方式で保険料を課す時はこの限りでない」、
さらに、「税金方式の場合は市民全員に対して、所得に応じて税金を課す」
という旨の記述があるのですが、この場合はどうなるのでしょうか。

申し訳ないのですが、もう少し詳しく教えて下さい。

お礼日時:2002/03/26 22:54

 国民健康保険料は、世帯主が世帯員の代表として負担(支払う)義務がありますので、世帯員の中で国民健康保険に加入している人がいる場合、世帯主が国保に加入していても加入していなくても、役所は世帯主宛に保険料の納入通知書を発行しますし、滞納がある場合も世帯主宛に督促状を発行します。

ただ、これは役所の手続き上のことであって、世帯主が全額負担する場合もあるでしょうし、家族で分けて負担する方法もあります。最終的に、決められた額を納付すれば、良いことです。社会保険の場合には、 一人一人が給料から差し引く方法で保険料を徴収していますが、国保の場合世帯の一人一人に対して保険料を請求すると煩雑になりますので、世帯主が家族の分をまとめて納付する義務があるとしています。

 保険料の算定は、1世帯あたりの平等割、加入者一人当たりの均等割、固定資産税に応じた資産割、前年所得に応じた所得割、の4方式で計算されます。世帯で国保に加入している人1人毎に4方式で計算をして、最終的に合計をした額が世帯の保険料となります。この4方式の料や率は市町村毎に決めますし、4方式が資産割のない3方式で計算をする市町村もあります。

 例えば、世帯の中でそれぞれの保険料を負担するようにしたい場合には、役所の国保課に連絡をすると、1人毎の保険料を算出してくれます。

 「市民全員・・・」の部分ですが、地方税法のどの部分でしょうか?現行地方税法では、市民全員に対して課税するのではなく、国民健康保険の加入者に対して課税をすることになっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございました。

「…世帯主又は組合員から保険料を徴収しなければならない。ただし、
 地方税法の規定により国民健康保険税を課するときは、この限りでない。」
 (国民健康保険法 第七六条)

上記引用の後に、そのような説明があったので、よく理解できないで
いるのです。「市民全員…」が地方税法のどの部分に該当するのか
分からないので、質問しているのですが…。

地方税法、第七〇三条の四のことを仰られていると思うのですが、
「市民全員から…」に該当する内容が、見受けられないようです。

また、市町村のその年に必要な医療費用の見込み額の65%を徴収し、
40%の国が負担する部分のことを「市民全員から…」と言っているとも
思えません。

私の読解力がないのか、ご迷惑をお掛けしました。
自分で調べてみます。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/03/28 01:41

(1)いちおう「世帯主」にたいして支払い通知書が来ますが、実際に負担するのは、世帯の「みんな」でしょう。

「世帯主」が失業中の場合もあるだろうし。
「世帯主」が国保加入者でない場合(たとえば、世帯主はサラリーマンで家族が商売をしている)もありますから、「世帯主または組合員」という表現になるのだと思います。
「平等割」のない自治体もあります。
「市民全員に」ということは、国保に加入していない家族の分まで払え、ということになりますが、実際にやっている自治体はあるでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答、どうもありがとうございました。

お礼日時:2002/03/28 01:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

3割 計算」に関するQ&A: 割引の計算方法

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国保保険料を按分負担しているときの社会保険料控除

2つほど質問させていただきます。

・私は国民健康保険の被保険者ですが、世帯主ではありません。
・保険料は、まず世帯主が自分の所得に基づき保険料を計算し、請求額との差額を私が出して、世帯主名義の納付書で支払っています。
・世帯主も私も、毎年おのおの確定申告を行っています。

★このような状況で、私が負担した保険料相当額を、世帯主ではなく、私自身の社会保険料控除として計上する方法はあるのでしょうか?

★私が、自分の疾病等で規定額以上の医療費を支払ったときの医療費控除は、世帯主ではなく、私が受けるという認識でよろしいでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
私が実務に携わっていた時の経験を記します。

>★このような状況で、私が負担した保険料相当額を、

関与先の方で同じような事案がありました。
その方はご自身の確定申告において、自身の所得をもとに国保の賦課通知書から自己の負担すべき分を計算し社会保険料控除の申告をしたのですが、否認されました。
税務署の主張は、国保の按分は認められないというものでした。
国保は世帯主に課せられ世帯主が支払うものです。また世帯主に代わって世帯主と生計を一にする納税者がその全額を支払う事もあるでしょう。しかし、たとえ実際に各々の負担割合に応じた金銭の授受があったとしても、それは家計内において自己に係る分を負担しただけであり支払ったという要件を客観的に満たすものではないから申告上は認められないというものでした。
負担したのは事実なので私自身その見解には納得がいきませんでしたが、法令等のどこにも按分しても良い旨の根拠を見つける事はできませんでしたし、関与先の方も納得され先生も同じ見解でしたのでその時は税務署にしたがって申告致しました。

しかし、ここでの過去の質問・回答には、市区町村の国保担当経験者が確定申告期に世帯構成員別に証明書を出したとする回答もございました。(所得税上の社会保険料控除を受けることが出来たかは分かりません。)
ですので、結論としましては管轄の税務署と御住所地の国保担当課に確認なされます方が安全と思います。


>★私が、自分の疾病等で・・・

医療費控除は国保とは切り離して考えます。
あくまでご自身が実際に支払ったものに対して受けることが出来ます。

あいまいな回答で、ゴメンナサイ。

こんにちは。
私が実務に携わっていた時の経験を記します。

>★このような状況で、私が負担した保険料相当額を、

関与先の方で同じような事案がありました。
その方はご自身の確定申告において、自身の所得をもとに国保の賦課通知書から自己の負担すべき分を計算し社会保険料控除の申告をしたのですが、否認されました。
税務署の主張は、国保の按分は認められないというものでした。
国保は世帯主に課せられ世帯主が支払うものです。また世帯主に代わって世帯主と生計を一にする納税者がその全額を支払...続きを読む

Q個人住民税や国保料算出のもととなる「所得」とは何?

個人住民税税額の算出でいう「所得割」の「(課税)所得」というのは、
・確定申告書にある「所得金額合計」のことか
・確定申告書にある「所得金額合計」から「所得から差し引かれる金額(つまり各種控除)」を引いたもののことか
どちらでしょうか。

平たくいえば、所得はあるが、「○○控除」を引いたら、「課税される所得金額」がゼロ(マイナス)になる場合、
「所得割」でいう「課税所得」はあるのかないのか、ということです。
国保料の「所得割」についても教えて頂けると幸甚です。

Aベストアンサー

自治体により国保税の計算は異なります。

通常、所得から算出となっている場合には、課税所得ではなく所得、つまり各種の所得控除を差し引く前の金額である場合が多いです。とはいえ全国全部を調べたわけではありませんので課税所得ベースの自治体もあるかもしれません。

もう一つは税額から算出する自治体です。この場合には課税所得までいき、更に税額が求まり、その税額に係数をかけて国保税を求めることになります。この計算を行う自治体の場合には所得控除を含んだ形となります。

ご自身の国保計算がどうなのかはご自身の自治体にご確認下さい。

Q生命保険料、国保等の控除の申請について教えてください。(国税局のHP見

生命保険料、国保等の控除の申請について教えてください。(国税局のHP見ても難しくて・・)
●雇用保険給付中で、扶養から外れています。今年1月から退職まで(6月)の源泉徴収を見ると、給与等の支払金額は約176万です。夫の年末調整で、扶養者控除、配偶者控除欄は対象にならない場合は何も記載しなくていい のでしょうか?(対象にならないですよね?)

●私の国保の保険料、年金、生命保険料の控除は(もし夫が払っていたとして)扶養、配偶者控除の対象になる・ならない関係なく、夫の年末調整で申告できますか?

●ちなみに、生命保険は私の口座引き落としで、国保等他は窓口で納めていたら(実は10月1日から加入でまだ納めてないです)生命保険は確定申告、国保保険料等は夫の年末調整って事になりますか?(両方確定申告?)

●扶養になったり、外れたりした場合、来年の12月の時点で、どのくらい雇用されていたら年末調整で申告ってことになりますか?

Aベストアンサー

>●雇用保険給付中で、扶養から外れています。今年1月から退職まで(6月)の源泉徴収を見ると、給与等の支払金額は約176万です。夫の年末調整で、扶養者控除、配偶者控除欄は対象にならない場合は何も記載しなくていい のでしょうか?
そのとおりです。

>●私の国保の保険料、年金、生命保険料の控除は(もし夫が払っていたとして)扶養、配偶者控除の対象になる・ならない関係なく、夫の年末調整で申告できますか?
できます。

>●ちなみに、生命保険は私の口座引き落としで、国保等他は窓口で納めていたら(実は10月1日から加入でまだ納めてないです)生命保険は確定申告、国保保険料等は夫の年末調整って事になりますか?(両方確定申告?)
そのとおりです。
貴方は確定申告、ご主人は年末調整でできます。

>●扶養になったり、外れたりした場合、来年の12月の時点で、どのくらい雇用されていたら年末調整で申告ってことになりますか?
12月の給与をもらうときまでです。

Q年途中で社会保険加入、夫の健康保険の扶養を外れる、税等の負担増で

パートで勤務しています。2月まで夫の健康保険の扶養になり、3月から、勤務先にて社会保険等の手続きを踏むことになりました。昨年までは、130万未満の収入になりましたが、今年は130万以上となります。夫のほうでは家族手当はついてません。
私のほうでの社会保険料、健康保険料の負担がある他、夫のほうでの負担増は税の配偶者特別控除がなくなるというだけでよろしいでしょうか?その分の税負担が増えると考えるだけでよろしいでしょうか? 収入的には今年で150万も満たないかもしれなく、収入源になることはわかっていますが、ほかに気づいていないところがあれば教えていただきたいです。

Aベストアンサー

>夫のほうでの負担増は税の配偶者特別控除がなくなるというだけでよろしいでしょうか?
貴方の年収が103万円を超え141万円未満なら、配偶者特別控除を受けられます。
103万円以下なら配偶者控除です。

>その分の税負担が増えると考えるだけでよろしいでしょうか? 
いいえ。
貴方自身の税金も増えます。

>収入的には今年で150万も満たないかもしれなく、収入源になることはわかっていますが、
3月から健康保険の扶養をはずれるなら、年収150万円なら損はないでしょう。
2か月分の健康保険料、厚生年金は払っていませんし、貴方の税金もその分少ないですから。
通常、扶養をはずれる場合、1年間で考えた場合に、年収160万円以上稼がないと、130万円ぎりぎりで働いたときと比べ、世帯の手取り収入は減るもしくはほとんど変わらないということです。

>ほかに気づいていないところがあれば教えていただきたいです。
特にありません。

Q国民健康保険税を滞納していますが、世帯主は変更できますか?また、世帯主

国民健康保険税を滞納していますが、世帯主は変更できますか?また、世帯主を変更した場合、以前までに滞納していた保険税の督促は新たな世帯主にいくのですか?

Aベストアンサー

>では、収入がなかった場合、会社から源泉徴収票の資料が役所に回りませんから
>どのみち所得が無い事が証明されるという事は
>個人では、確定申告に行かなくて良いのでしょうか?

そうです。だって収入がないということは無職ということです。
源泉徴収票を発行するのは会社なのですから、無職であれば
どの会社が源泉徴収票を発行してくれるのですか?
だから学生しかり主婦しかり無職の人はいちいち確定申告を
しません。

>確か、確定申告は130万以上所得がある人や2ヶ所で働いて
>いる人はしなくてはいけないんですよね?

確定申告というのは「収入」から「正しい所得」を算出するた
めに行います。
バイトで1月から12月の給料が60万円でも、月々給料から
所得税を引かれていれば確定申告することで所得税額が0円
と計算されますので、月付き給料から引かれている所得税は
全額還付されます。
ですので収入があれば確定申告してもいいんです。
理由は月付き給料から差し引かれている所得税額は
あくまでも概算ですから。それを確定するのが年末調整で
あり確定申告なんです。

ですので収入があれば確定申告をしてもいいんです。
ただ確定申告をする事で概算で引かれている所得税が
少なければさらに徴収されますけど。徴収されるのが
イヤだから確定申告したくない!っていうのは脱税に
なります。

130万以下というのは健康保険の扶養になれる範囲
であって、所得税の扶養になれるのは103万以下です。
ですのでarisu123さんのお子さんが103万以下の
収入ならarisu123さんの年末調整もしくは確定申告
でarisu123さんの扶養にすることができ、arisu123
さんの所得から38万円引いてくれますので所得税額
にしてarisu123さんは年間38千円程度安くなります。

で、お子さんの方はというと103万以下なら所得税
額が0円になるので、月付きの給料から所得税が引か
れていれば確定申告をすることで給料から引かれてい
る所得税は全額還付になります。

>昨年は所得があったとしても今年は所得がない人は
>確定申告に行ってわざわざ所得はないと知らせに行かなくても大丈夫で、来年の国保や市税は安く計算
>されますかね?

そういうことになります。
収入がないのは源泉徴収票や、確定申告書が役所に回って
来ないことで収入0円とみなしてくれますから。
だから子供や主婦はいちいち確定申告しないんです。

ご存じだとは思いますが、

所得というのは収入から経費分を差し引いた額です。
例)年収103万円の人は経費は65万と国で認めてくれています。
(年収に応じた経費ってとある一覧表に載っています。タイトル忘れ
 ました票。)
一律、「本人控除で38万円」が認めてくれるので
103万の収入-経費65万円-本人控除38万=所得は0円
となり0円に所得税率が掛けられるので103万以下の人は
所得税額が0円になり給料から差し引かれていれば全額
還付になります。

所得を控除してくれる項目として、障害者なら27万
老人ならXX万、勤労学生ならXX万、生命保険料払って
いればXX千円、子供の収入が103万以下なら38万
と、どんどん収入から所得を引いてくれるんです。

ですからもし障害者であれば130万までは所得税が0円
になります。
収入130万円-経費65万-本人控除38万-障害者控除27万=所得0円

>では、収入がなかった場合、会社から源泉徴収票の資料が役所に回りませんから
>どのみち所得が無い事が証明されるという事は
>個人では、確定申告に行かなくて良いのでしょうか?

そうです。だって収入がないということは無職ということです。
源泉徴収票を発行するのは会社なのですから、無職であれば
どの会社が源泉徴収票を発行してくれるのですか?
だから学生しかり主婦しかり無職の人はいちいち確定申告を
しません。

>確か、確定申告は130万以上所得がある人や2ヶ所で働いて
>いる人はしなくてはいけな...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報