「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

六腑のうち5つは分かったのですが、三焦というのが何の臓器なのかさっぱり分かりません。ご存知の方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんばんわ。

昔、中医学研修生をしていたことがあります。

五臓六腑の「臓」は実質器官で、「腑」が中空器官である事は既にお分かりかと存じます。

さて、そうすると三焦という腑は、何処の空間を構成する身体部分でしょうか。
じつは、現代(西洋)医学的な解剖を単純に当てはめるとすれば、「胸腔+腹腔」のことを指す大腑です。

因みに、「三」の意味ですが、「三焦」は上焦・中焦・下焦3つの総称です。
上焦:横隔膜より上の部分(胸腔)。
中焦:横隔膜より下~おへそ(腹腔上部)。
下焦:おへそ以下~恥骨(腹腔+そこに存在する小腸・大腸・膀胱なども含めた名称。)

さらに余談ですが、漢方や中医学の概念である五臓六腑は、単純に一般的な肝臓・心臓・脾臓・肺(臓)・腎臓/胆嚢・小腸・胃・大腸・膀胱・(三焦)に当てはめることは出来ません。中医学上の各臓腑は、哲学上というか観念上の存在であり、解剖上の部位名称では無いからです。
ですから、五臓六腑の存在を理解するためには、各器官の生理機能を学ぶ必要があります。

したがって、「三焦」の機能まで考慮すると――
「諸気を主宰し、全身の気機と気化作用を統括。また、その通路」
「水液運行の通路(=疎通水道機能)」
といった役目を担っている部位とされているので、現代的に言うと、「内分泌系」「神経系」によるコントロールや、「免疫系」「リンパ管・血管」なども含まれるかも知れません。

巷のインチキ整体師のように、「ここは胃の経絡(ツボの流れ)だから、あなたは胃が悪い。」などと説明するのは、あまりに安易であり、いい加減な解釈だと言わざるを得ません。

まぁ、インチキ整体師や不勉強な鍼灸マッサージ師等に限らず、
西洋医学的にしか漢方薬を使えないくせに、分かったつもりで小柴胡湯の処方をおこなって、劇症肝炎を引き起こし患者様を死亡させた医師も沢山いますけどね。
医師でも東洋医学の基礎をきちんと理解している者は少ないのが現状です。

かなり脱線気味ですが、ご参考まで。
    • good
    • 17
この回答へのお礼

一番分かりやすい回答でした。詳しいご説明ありがとうございました!

お礼日時:2006/09/25 22:30

三焦が特定の臓器として扱われるときは、膵臓に該当させるのが、


妥当で便利ではないかとおもいます。新しい解釈としてホルモン説
リンパ管説 体腔膜説 酵素説などがあるらしいのでしょうが、
それらをすべて総括したものが、三焦といえるかとおもいます。
別な言い方をすれば、内分泌臓器の総称と考えられてます。
その他呼吸、消化、排泄を総称した機能系とも言われています。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

簡潔でとても分かりやすい回答をありがとうございました。

お礼日時:2006/09/25 22:23

sarujie-kです。

追加させていただきます。

この三焦について、素問の霊蘭秘典論篇では、「三焦は決たんの官、水道ここより出でて、膀胱に属す」と述べられ、難経三十一難には、「三焦は水穀の道路、気の終始する所なり」と記載されている。

しかし、他の腑と違い、三焦の実体は明確なものでなく、多くの異なった考え方や説があるが、しいて言えば臓腑の外府、外衛として、それぞれが包含する臓や腑と密接な関係を有しつつ、それら臓腑の機能を調整したり、あるいは補佐したりする働きを持つものといえよう。

(素問:霊蘭秘典論篇、霊柩:営衛生会篇、難経:三十一難より)

三焦の区分と機能

次に三焦の部位上の区別とそれぞれの機能について分述する。
・上焦 舌下から胃の上口(噴門)までをいい、胸部と心、肺を包含し、主として「天(空)の気」をつかさどり、また、呼吸運動や、飲食物(水穀)の受納を補佐している。
難経三十一難では、「上焦は胃の上口にあり、納めて出でざるをつかさどる」と述べている。(納めるとは、呼吸と飲食の意)。
上焦は「天(空)の気」と「水穀の気」を霧のように全身にめぐらし、肌(皮膚)を暖め、肉を充実させ、毛を潤沢にする。
これにより、肌肉は栄養を得て、外部からからだを守る働きを発揮する
。(この働きを衛気という)

従って、もし、上焦に異常が生ずると、気の運行に障害が現れて、肌肉に暖かみが無くなり、汗口の開閉が悪くなって、悪寒戦慄や発熱などの症状が起こる。
(霊柩:営衛生会篇、快気篇、難経:三十一難)

・中焦 胃の上口から下口(幽門)までの部分をいい、上腹部と、胃、脾を包含し、主として「地の気(飲食物の精気)」をつかさどり、胃と脾の消化、および運化の働きを補佐する。これを難経三十一難では、
「中焦は胃の中かん(月へんに完)(臍の上方)にあり、水穀を腐熟(消化)するをつかさどる」と記述している。

また、中焦は飲食物から栄養素を含んだ気血,津液を生み出す働きもしている。霊柩の営衛生会篇では、「中焦もまた胃中にあり、かすを出し,津液を蒸し、その精微(栄養素)を化して上肺脈に注ぎ、化して血となす」と説明し、同じ快気篇でも、「中焦は気を受け、汁を取り、変化して赤くなる。これを血という」と述べている。
従って、この中焦に機能異常が生ずると消化不良が起こり、気血の生成が低下する。

・下焦 胃の下口から陰部までの部分をいい、下腹部をはじめ、肝・腎・小腸・大腸・膀胱などの臓腑を包含して、主に水液の清濁を分類し、尿や便の排泄を行う。これについて、難経三十一難は、「下焦は、膀胱の上口にあり、清濁」の分別をつかさどり、出して入れず、もって伝導するをつかさどる」と説明している。
従って、この下焦に疾患が生ずると、尿閉、夜尿症などが現れる。

三焦と心包絡は、手のケツ陰経と少陽経のニ経脈を通じて相互に表裏の関係にあり、三焦は臓腑の、心包絡は心のそれぞれの外衛として、この両者はその機能の上で密接に関連している。

こんなところですね。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

かなり専門的な回答ありがとうございます。素人の私には少々難しかったですが。

お礼日時:2006/09/25 22:26

「図説 東洋医学」から引用してみますと、


「三焦」は、気血、津液を全身にめぐらす・・とあります。

三焦は、「決とく(けっとく)の官(溝を切り開いて水を流す役人)」と呼ばれ、飲食物を消化し、それを気血、津液と化して全身にめぐらし、体内の水路を整え、不要の物質を尿、便として排出させる総合的な機能を持つ腑とされている。

「とく」という字は当用漢字に無く、IMEパッドから手書きでも、この単語を表示できませんでした。右上から三段に文字が積まれており、左はサンズイヘンで、右は、上から武士の士、漢字の四、下に貝という字を重ねてあります。

そして、その部位、および機能のうえで、上焦・中焦・下焦の三つに区分される。

三焦を部位で区分するときは、舌から胃の上口までを上焦、胃の上口から胃の下口までを中焦、胃の下口から陰部までを下焦とする。
しかし、それぞれの機能について考えるときは、この区分は必ずしもあてはまらない。

このように説明されております。
参考になりますか?
    • good
    • 2
この回答へのお礼

なるほどー勉強になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2006/09/25 22:28

現代の医学では、三焦というものは存在しません。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q五臓六腑 膵臓はどうして含まれないの?

五臓→心臓、腎臓、肝臓、脾臓、肺

の中にどうして【膵臓】は含まれないのでしょうか?
病気などで、人間【脾臓】を全摘出しても生きていけるそうです。それなら【脾臓】の変わりに五臓の中に【膵臓】が入ってもいいと思うのですが。
もしくは六臓六腑ではいけないの?

文章も分かりにくくてすみませんがお願いします

Aベストアンサー

厳密に言えば東洋医学の五臓とは「肝、心、脾、肺、腎」であり、「肝臓、心臓、脾臓、肺臓、腎臓」とは全く別物です。
以下、東洋医学的な臓腑の解説です。

肝・・・強い意志と決断力、実行力を支配。血を蔵し、爪を養う。精力や
目、筋肉を支配。
心・・・生命活動に重要な陽気の分配を司る。一国の君主のような存在。
脾・・・胃を外からもみほぐし、消化を手伝う。
肺・・・全身に肺気をめぐらせて、皮膚を養っている。
腎・・・津液(水分)を蓄えている。父母から受け継いだ先天の気を宿す。心包から降りてきた陽気は「命門の陽気」となって生命活動を支える。

ですから西洋医学の解剖学的な話は正解ではないのですが、中国語での「脾臓」は日本でいう「膵臓」を示しているのですよ。

中国語の医学書を訳した人が、こんなに重要な臓器に「卑(卑しい)」という漢字を用いるという事に抵抗があったために膵臓という日本名をつけたのだといわれています。

一般に五臓六腑と言われるものは六臓六腑というのが正式であり、六臓のうちあとひとつは心包(今でいう心膜のようなもので、君主である心の命令を実行に移す宰相であり、各臓腑に陽気を分配する臓)です。

鍼灸師でした。

厳密に言えば東洋医学の五臓とは「肝、心、脾、肺、腎」であり、「肝臓、心臓、脾臓、肺臓、腎臓」とは全く別物です。
以下、東洋医学的な臓腑の解説です。

肝・・・強い意志と決断力、実行力を支配。血を蔵し、爪を養う。精力や
目、筋肉を支配。
心・・・生命活動に重要な陽気の分配を司る。一国の君主のような存在。
脾・・・胃を外からもみほぐし、消化を手伝う。
肺・・・全身に肺気をめぐらせて、皮膚を養っている。
腎・・・津液(水分)を蓄えている。父母から受け継いだ先天の気を宿す。心包から...続きを読む

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q『更迭』と『罷免』の意味

皆様、こんにちは。

最近何かとよく耳にする『更迭』と『罷免』ですが、意味が同じように思えてなりません。(他にも『解任』などもあったりして)

どちらも、『人を辞めさす』という意味で間違いないと思いますが。
gooの国語辞典で調べると、『罷免』は単に辞めさす事。
『更迭』は他の人に変える事とでてきます。
だとしたら、『更迭』の用法としては『○○を△△に更迭する』という形となると思うのですが、新聞やTVなどメディアでは『○○を更迭』と使っている気がします。
これは単にメディアがきちんとした使い方をしていないという事なのでしょうか?

なんだかうまくまとまりませんが、『更迭』と『罷免』について分かりやすい用法や明確な違いをご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

罷免--免職と同じで、辞めさせる事. **を罷免する。はやくいえば首
解任---任を解く  課長の任、地位を解く。**さんを解任するはその人の任(地位)を解くで、**さんを辞めさせるという事ではない。結果的には首もあるでしょう.
更迭---人を変える。**を更迭する。--に***を更迭でもいいし、**を更迭するでも、どこへ行こうが更迭をされる事実がわかれば、いいのだから、**を更迭でもかまわいと思います.地位を下げられる人もあり.

Q五臓六腑はどんなときに使う?

四字熟語の「五臓六腑」はどのようなときに使うんですか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

そうですね、 お酒に限定している訳でなく、
全ての食する物に対して、その方が深く感動を与えるような物。
味わい深い物、生き返るような気持ちにさせてくれる物。

感銘するような物と出会う事を広く指しているんだと思います。

とりわけ、お酒は、香りと言う刺激と、アルコールが体に染み渡る様から、
五臓六腑と言う事が比較的多く言われるんだと思います。

そもそもは、ドラマなどで、お酒を飲んで発した台詞が、一般的に普及したように思いますが。
(時代劇や極道など)


僕は、高級料亭でご老人の方が、年に一度の夫婦でのご馳走で、

本日の料理は大変美味しく、五臓六腑に染み渡る思いでした。
と、お言葉を頂き、感銘されていた事を覚えております。

Q最近「カミングアウト」ってよく聞くけど、どういう意味?

最近テレビなどで、「カミングアウト」という言葉をよく耳にします。
国語辞典にはのっていませんでした。
どういう意味なのか非常に気になります。知っている人がいれば、
教えてください。

Aベストアンサー

<coming out of closet>(押入から出てくる)と言う比喩表現
に由来するとされ、元々は同性愛者が自分自身が同性愛である事
を他人に伝えることでした。
最近では性同一障害を感じている人々、HIV感染の人々につい
ても用いられる様子ですが、実際には広く一般の人も含めて、
自分自身について言い難いことを他人に勇気をもって伝えること
を指して使われているようです。

参考URL:http://www.be-senior.com/inpaku/active/imadoki/ka.html

Q鍼灸:取穴部位の暗記で良い方法があったら教えてください。

鍼灸学校に通っている1年生です。
来週月曜12月3日に鍼実技の期末テストがあります。
実際に鍼実技のテストもあるのですが、
その時に口頭試問で「前腕にある全ての取穴部位の中から一つ先生が指定し、その取穴部位を口頭で言う」というテストも含まれています。
たとえばこんな感じです。
先生:「少商穴の取穴部位を言ってください」
生徒:「母指橈側爪甲根部、爪甲の角を去ること1分に取る、です」

範囲は肺経、大腸経、心経、小腸経、心包経、三焦経の前腕部分の全ての取穴部位。確か50穴くらいあったと思います。
よく経穴名は歌に合わせてとか、語呂あわせとかあったりしますが、取穴部位って暗記法とかあるんでしょうか?
また、わたしはこうした、僕はこうやったというような方法がありましたら、教えてください。
当方、日が迫っているにも関わらず、まだ肺経しか覚えていない現状です。(早く手をつければ良かったのですが…)
やはり地味に地道にやるのが一番なんですかねぇ…。

Aベストアンサー

取穴法の暗記方法についてだったんですね。
経穴名の暗記法かと思いました、勘違いしていました(でも、身体に書いて覚えるのはお勧めです)。

取穴法ならいくつかの法則、漢字の意味を知っていれば簡単ですよ。

・淵、谷、谿などがつく経穴は、筋肉や骨の間に出来る陥凹部にあります(太淵、陽谷、陽谿など)。
答えに困ったら「陥凹部」って答えればあながちはずれではないはず(笑)。

・『衝』には「脈」「向かう」「つきあたる」という意味が隠されています。ですから、これがつく経穴は経絡のつきあたりや出発地点である指先か、動脈拍動部にあります(少衝、中衝、関衝などは指先。太衝、天衝、気衝などは動脈拍動部。ですから、手に限っては衝がつけば指先のみ!)

前腕に限っては、このくらいの予備知識があれば大体覚えられると思いますよ。
確か51穴だったと思いますから、がんばって覚えてくださいね~。

失礼しました…。

Q人間の3大欲とはなに?

この質問は このジャンルでふさわしいのかどうかちょっと迷ったのですが・・・。

人間の 3大欲といわれるものがありましたよね。
あれは 食欲と 後はなんでしたでしょう?

また その「人間の3大欲」という言葉は
誰が 言い出したのでしょうか?

Aベストアンサー

人間の三大欲望は
食欲 睡眠欲 性欲 です。
食欲は,物を食べ,エネルギーにする事。
睡眠欲は,睡眠をとり,脳を休ませること。
性欲は,トイレで用をたしたり,エッチをしたり,する事
この3つはある程度は我慢が出来ますが,人間が生きていくためには必ず必要なことです。欲望というより,必要不可欠なことです。
でも、このことを言った人はわかりません。昔からの言い伝えではないでしょうか?

似たような語で,「衣・食・住」これは、生活の上のことです。

Q人間は考える葦である とは?

ふと頭をよぎったのですが、、
「人間は考える葦である」とはどういう意味なのでしょう? また誰の言葉なのでしょう? 簡単な質問ですみません。 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
  「人間は考える葦である」というのは、フランスの17世紀の思想家・数学者であったブレーズ・パスカルの手稿にあった言葉の翻訳です。普通、『パンセー Pensee(思索)』という著作のなかの言葉だとされますが、『パンセー』はパスカルの著作ではありません。パスカルは、もっと系統的に、人間、世界、神の秩序や矛盾などを考察した、体系的な浩瀚な著作を著すことを計画していて、そのメモを多数書いたのですが、構想が難しかったのか、または若くしてなくなった為か、計画した著作を完成させずに死去しました。
  
  残された膨大なメモを元に、パスカルが計画していた著作に似たものを編集することも考えられたのですが、とても、それは無理なので、断片集として、計画のまとまりや、内容の関連性などから、おおまかに断片メモを整理してまとめて、一冊の本に編集したのが、『パンセー』です。当然、パスカルの死後出版されましたし、内容は、緩やかなつながりで、長短の断片文章が並んでいる構成です。従って、本のなかの文章はパスカルのものですが、本は、パスカルの「著作」とはちょっと云えないでしょう。ほとんどできあがっていて、足りない部分などを、他の文章で補ったりして、計画通りかそれに近い本を作ったのならともかく、当初の計画とは違う、「箴言集」か「随想集」のような本になってしまっていますから。
  
  それはとまれ、「葦」が弱いものの代表として人間の比喩に取り上げられているのは事実ですが、何故「葦」だったのか、という疑問が起こります。例えば、「人間は考える蟻である」とか、「人間は考える蝶である」とか、また「人間は考えるクローヴァーである」とか、幾らでも考えられます。
  
  これは、誰かの説明であったのか、わたしが勝手に考えたのか記憶がはっきりしないのですが(おそらく誰かの説明です)、人間が「葦」であるということの比喩は、ナイルの河畔に生える葦は、強い風が吹くと、弱いために、すぐしなって曲がってします。風に抵抗できない。いや抵抗せずに、しなって敗北するのである。しかし、その他方で、偉大な樫の樹などは、風が吹くと、しなることはせず、抵抗するので風に勝利するが、しかし、繰り返し風が襲って来た時、何時か強い風に倒され、根元から折れてしまうのです。しかし、賢明に自らの分を知る「葦」は、風が吹くとそれに身をまかせてしなり、逆境のなかで、一見屈服したように見えるが、しかし、風がやむと、徐々に身を起こして行き、再びもとのなにごともない姿に戻って微風に揺れているということが、人間への「比喩」の意味だったはずです。
  
  少しの風が吹くとしなり、風の前屈して曲がるが、風が去ると、また元のように立ち上がる。人間とはこのように、自然や運命の暴威に対し無力であるが、それに従順に従い、そして暴威をくぐり抜けて、また元のように、みずからの姿で立ち上がる。自然界のなかでたいへん弱く、簡単に風にしなるが、柔軟性があり、運命にも暴威にも屈しない。そして何よりも、「考えることができる」すなわち「精神を持つ」ことで、ただ、自然の力、暴威として、力を無自覚に揮う風に較べて、遙かに賢明で、優れた存在である。……このような意味の比喩ではなかったかと思います。
  
  この葦の比喩は、パスカルという人がどういう人だったかを知ると、パスカル自身のことのようにも思えて来ます。パスカルは、四十に満たないで亡くなっています。彼は、少年の頃から神童と言われたのですが、病弱で、一生、病気や身体の苦痛とたたかいながら、思索し実験し、研究し、晩年は、修道院に入って信仰生活を送ることを決意して、自分自身でも、そのことについて、悩み考えつつ、世を去りました。パスカルは、自分に襲いかかる不条理な病や、身体の不調などと、「たたかう」というより、それを受けて耐え、病の苦しみのなかで思索や研究を続け、「精神」において、自然が与えた病の暴威などを、乗り越えて生涯を送った人だとも云えるのです。
  
  暖めた流動食でないと、喉を通らないというようなこともしばしばあったということは、解説書などには必ず記されているはずです。弱々しい「葦」のように、襲って来る風に身をまかせつつ、思索した精神、それがパスカルなのでしょう。パスカルは「人間とは、運命に従順であるが、しかし、精神で、運命に抵抗し、不屈の意志で、思索することで、運命や自然の暴威を乗り越える自由の存在なのだ」という意味で、この言葉を記したのではないかとも、思えるのです。
  

 
  「人間は考える葦である」というのは、フランスの17世紀の思想家・数学者であったブレーズ・パスカルの手稿にあった言葉の翻訳です。普通、『パンセー Pensee(思索)』という著作のなかの言葉だとされますが、『パンセー』はパスカルの著作ではありません。パスカルは、もっと系統的に、人間、世界、神の秩序や矛盾などを考察した、体系的な浩瀚な著作を著すことを計画していて、そのメモを多数書いたのですが、構想が難しかったのか、または若くしてなくなった為か、計画した著作を完成させずに死去し...続きを読む

Qお米1合はご飯何グラムですか?

お米1合(150g)は炊きあがり後の「ご飯」になった時は大体何グラムでしょうか?
また、炊飯ジャーなどで、容量6L等とありますが、このリットルはどの状態の事を差すのでしょうか?(米?ご飯?、容積?)

Aベストアンサー

一合150gのたきあがりは約300gです。ちなみにお茶碗一杯150gおにぎり一個100gすし一貫20gカレー一人前300g弁当一個220gが標準です。

Qイデオロギーって何ですか???

イデオロギーとはどんな意味なんですか。
広辞苑などで調べてみたのですが、意味が分かりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。

例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに
組織されています。つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。
しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して
公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。
ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。
一応これは一つの例ですけど。

というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。
こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。
この説明で理解してくれると思いますけどね。

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオ...続きを読む


人気Q&Aランキング