個人で4年ほど掛け金を払っていたのですが
60歳以下の社員全員分(2人)を福利厚生費として経費計上したいのですが
一般的にOKでしょうか。掛け金は年20万ぐらいです。
会社は有限会社で約30年たちました。
だめな時は どうするのが最良な方法でしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

保険の代理店をしています。


共済として考えずに保険と考えてください。
先に書かれていますが、どのように会計処理をするか決定するのは、保険料をだれが負担をして、だれが受け取るか。解約や満期のお金は、だれが受け取るか等々です。

私たち生命保険を販売する場合には、損金として以下に処理をするか。しかし、同じ損金でも給与ではなく、福利厚生で処理をできる保険を提案します。そして、少しでも資産計上しないものを。

年金払いを希望せずに退職金のような一時金のものなら、年齢にもよりますが資産計上せず、又給与にならない保険はいくつか提案できると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>福利厚生で処理をできる保険を提案します。そして、少しでも資産計上しないものを。
ですよね。退職金積みたて系にしておげよかったです。とほほ
電話で法人契約にかえられないとのことでした。とほほ
こうなったら100歳まで生きてやるーーー。とほほ

お礼日時:2002/04/01 22:53

#1の追加です。



>福利厚生費 で検索したところ 共済もはいっているのです。

この場合の共済というのは、慶弔関係の共済だと思います。
このような慶弔関係の共済の掛け金は、福利厚生費として処理できます。

一般的に、年金共済の掛け金を企業で負担した場合は、
満期金も死亡保険金も受取人が会社であれば、預貯金と同じく資産勘定に計上しておきます。
受取人が、社員個人の場合はJAの回答のように、社員に対する給与として処理します。

このように、年金と死亡保険金の受取人が、会社か個人かによって処理方法が異なります。

参考urlをご覧になると、電話による無料税務相談が出来ますから、相談された方が確実です。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/9200.HTM
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とほほ あきらめます。 ありがとうごさぞいました。

お礼日時:2002/04/01 22:39

JAの年金共済の内容が判りませんので、直接の回答ではありませんが、JAにお聞きになれば 、経費として計上できるどうかと、処理方法を教えてもらえます。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

JAに聞いてみました。個人の給与扱で会社の経費にしているところもあるようです。
くわしくは 税理士 会計士に相談してください との対応でした。

が 福利厚生費 で検索したところ 共済もはいっているのです。
でも私の共済はだめってことなんでしょうか?良い共済とだめな共済があるのでしょうか?

お礼日時:2002/04/01 11:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QJAの年金共済を福利厚生費としても問題ないですか。

個人で4年ほど掛け金を払っていたのですが
60歳以下の社員全員分(2人)を福利厚生費として経費計上したいのですが
一般的にOKでしょうか。掛け金は年20万ぐらいです。
会社は有限会社で約30年たちました。
だめな時は どうするのが最良な方法でしょうか。

Aベストアンサー

保険の代理店をしています。
共済として考えずに保険と考えてください。
先に書かれていますが、どのように会計処理をするか決定するのは、保険料をだれが負担をして、だれが受け取るか。解約や満期のお金は、だれが受け取るか等々です。

私たち生命保険を販売する場合には、損金として以下に処理をするか。しかし、同じ損金でも給与ではなく、福利厚生で処理をできる保険を提案します。そして、少しでも資産計上しないものを。

年金払いを希望せずに退職金のような一時金のものなら、年齢にもよりますが資産計上せず、又給与にならない保険はいくつか提案できると思います。

Q経費の計上年について

2010年11月の光熱費を2011年1月に支払った場合、この光熱費は何年分の経費として計上すべきなのでしょうか?

Aベストアンサー

>2010年11月の光熱費を2011年1月に支払った場合、この光熱費は何年分の経費として計上すべきなのでしょうか?

会計の理論でいうなら、費用の発生時に計上すべきです(発生主義会計)。また税務においても、原則として費用の発生年度に必要経費(損金)に算入する必要があります。

しかしながら一方で、光熱費のような少額の費用については必ずしも費用の発生時に拘らず、継続適用を前提として、その支払時に計上することを容認しております(現金主義会計)。税務においても、継続適用を前提として、その支払時に計上すれば良いのです。

従って個人事業主の場合も、発生主義に拘るなら2010年11月分の光熱費は2010年の経費に計上すべきですが、継続適用を前提として、現金主義会計を採用して構いません。つまり、支払いを行った2011年の経費に計上して差し支えありません。

Q福利厚生の全く無い会社への転職

・webの広告代理店

・社員数12名(男4女8)

・福利厚生無し(厚生年金、健康保険の分は還元するから自分で入れというスタンス)

・試用期間3ケ月給料約20万



上記スペックの会社の営業職で内定もらえたのですが、どうでしょうか?

福利厚生全く無しで、
社長と常務以外の男性社員は20代というのが非常に気になります。

自分でも調べたのですが、
福利厚生が全く無いというのは、
数十年後の自分に対して全く投資しないのとイコールだと感じました。

私は今年29歳の男で中堅私大卒、
職歴は営業職わずか半年と、
契約社員の塾講師2年です。

福利厚生が全く無い企業でも、
正社員の内定をもらえただけマシと考えるべきでしょうか。

面接の時に福利厚生の事については

「社会保険は厚生年金に加入しない分は、
給料に還元しますので、あとはご自分で自己投資するなりお考えになって下さい。」

と言われました。
しかし、
試用期間の3ケ月は給料約20万で、
その後も年棒350~400万と、
自分で保険や年金に加入すると考えた時に、
決して高い年収だとは思えません。

私の経歴で、
正社員として雇用されるチャンスもなかなか無いでしょうから、
冷静な判断ができません。
お知恵を貸して下さい。
宜しくお願い致します。

・webの広告代理店

・社員数12名(男4女8)

・福利厚生無し(厚生年金、健康保険の分は還元するから自分で入れというスタンス)

・試用期間3ケ月給料約20万



上記スペックの会社の営業職で内定もらえたのですが、どうでしょうか?

福利厚生全く無しで、
社長と常務以外の男性社員は20代というのが非常に気になります。

自分でも調べたのですが、
福利厚生が全く無いというのは、
数十年後の自分に対して全く投資しないのとイコールだと感じました。

私は今年29歳の男で中堅私大卒、
職歴は営業職わずか...続きを読む

Aベストアンサー

福利厚生が無いのは分かりますが、「社会保険・厚生年金」が引かれないのは貴方にとって今後不利です。まず、その会社は本当に株式会社ですか?株式会社にあっては「社会保険・厚生年金」の加入は義務付けられています。では貴方にとってはどうか、社会保険が無いと言う事は国民健康保険・国民年金です。年金の形態からいえば将来厚生年金のような額はもらえません。もう一点は給料の源泉徴収ですがその会社は「源泉徴収」はされていますか?つまり給料から所得税を引いて、それを税務署に収めてくれるのですか?それが無ければ「所得税の申告」を貴方が役所でしなくてはなりません。給料の額だけで契約して「社会保険・厚生年金」も無い、もっと小さな会社でも良いですからやはり社会保険、厚生年金のある会社にいかれてはいかがですか?又この頃は派遣社員でも社会保険は加入しています。

Q前期法定福利費 過大計上について

いつもお世話になっています。

前期決算時の仕訳で、経過分の雇用保険を立替金から法定福利費へ振替えました。
途中社員の退社があり、結果、昨年の雇用保険更新時の概算保険料より確定額が減少し、
その確定額が決算仕訳で法定福利費に計上した金額よりも少なくなりました。

昨年度更新時立替額  100,000
昨年度決算時振替     65,000
今年度確定額        58,000

昨年度の経費として多く計上してしまった事になるのですが、
(1)今期に差額の7,000円を雑収入で処理しても良いのでしょうか?
(2)また、その時の仕訳で、借方は何になるのでしょうか? 

(3)それとも雑収入ではなく、前期損益修正益として処理し、
(4)修正申告が必要になるのでしょうか?
どなたか、詳しい方教えて下さい。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

No.1です。

>前期の法定福利費はそのままで、今期その差額を処理するのに
 立替金  7000/雑収入  7000
この仕訳で良いのでしょうか?

はい。その通りです。

前期末決算仕訳で
 法定福利費 65000/立替金 65000

この仕訳で、貸方の「立替金」の額65000円は、実際の金額よりも7000円だけ多過ぎたので、「立替金」元帳の残高が実際の金額よりも7000円だけ少ないはずです。この残高を修正するために、

〔借方〕立替金 7000/〔貸方〕雑収入 7000

と仕訳します。

なお前期の法定福利費はそのままにしておかなければなりません。

Q福利厚生???

よく「社会保険」「福利厚生」がしっかりした所がよいと言いますが、

「健康保険」と「厚生年金保険」二つ合わせて
『社会保険』ですよね?

で、

「雇用保険」と「労災保険」二つ合わせて
『労働保険』というのですよね?

では『福利厚生』というのは一体なんの事でしょう?
「住宅手当て」は『福利厚生』の部類ですよね?

『福利厚生』をネットで検索すると、

~(従業員などの)利便及び健康増進のこと。~

と出てきました。

という事は、
『社会保険』や『労働保険』のように
固定されているものではなく、
それぞれの会社によって
内容が変わってくるという事なのでしょうか?

という事は面接のつど、
「応募欄の待遇の所には
福利厚生と書かれていましたが、
その内容はどういったものなのでしょうか?」と、
毎回聞かないといけないのでしょうか?

なんだか拙い文章の上、
マヌケな質問で申し訳ないと思いますが、
解答の方お願い致します。

Aベストアンサー

住宅手当、社宅、独身寮、
保養所、スポーツクラブ利用権
運動会、社員旅行、食事手当

などいろいろありますね。
もちろん会社によって全く異なりますね。
最近は無い会社が多いですね。

福利厚生について、面接で聞くのはやめておいた方がいいと思いますよ。

Q従業員に現物支給のお弁当を福利厚生費(非課税、給与にしない)で計上する場合

従業員に現物支給のお弁当を福利厚生費(非課税、給与にしない)で計上したいのですが、従業員の負担をゼロにしたい上の意向があり、以下のような形をとっています。
(一ヶ月のお弁当代が7000円を超えない場合・・・例えば6400円)
 3200円を従業員負担分として控除(天引き)し、同額を食事手当てとして給与支給
(一ヶ月のお弁当代が7000円を超える場合・・・例えば7400円)
 3900円(7400-3500)を従業員負担分として控除(天引き)し、同額を食事手当てとして給与支給
→これで福利厚生費の条件である半分以上従業員負担で3500円の上限をクリアとしているのですが、食事手当てが同額支給されているのに従業員が半額負担していると言えるのでしょうか?
 給与が必要とされる条件に「但し、食事手当て等の給与支給がないこと」みたいな通達はあるのでしょうか?

国税庁の以下の部分は読んでおります。
https://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2594.htm

Aベストアンサー

ご質問の方法で差し支えありませんが、当然「食事手当」は課税所得(源泉税の対象)に該当します。

Q福利厚生会への補助

私たちの会社では社員の福利厚生を目的とした、福利厚生会を設立しています。その福利厚生会に会社より補助金(予算の30%相当)を出そうという話が出ています。この場合福利厚生費として損金算入出来ますか?福利厚生会には全社員参加しており、会費を月に2000円徴収しています。

Aベストアンサー

一応は、福利厚生費として損金算入出来ますが、会社の消費税計算上は、不課税支出となります。
また、補助金のほとんどが会社の決算時に、福利厚生会に残高として残っているような場合には、税務上認められない場合がありますし、その使い方によってはみなし給与・みなし寄付金等とされる場合がありますので、支出目的に注意して下さい。

Q法定福利費と福利厚生費の違い

経理初心者です。
法定福利費と福利厚生費の違いを教えてください。
社会保険料はどちらでもいいのですか?

Aベストアンサー

どちらも従業員の為に会社が支出する福利費なのですが、そのうち、法令で会社が負担しなければならないと決められているものを会計処理する時の勘定科目が「法定福利費」、そうでないものを会計処理する時の勘定科目が「福利厚生費」です。

(1)法定福利費の例:
労働保険の保険料の徴収等に関する法律第三十条では会社が国に納める労働保険料のうち被保険者(従業員)が負担する部分を定め、残額は会社が負担しなければならないとしています。この会社負担の労働保険料をのうち「法定福利費」として計上します。健康保険料や厚生年金保険料も同様です。

(2)社員忘年会の費用や、社員旅行の費用は、法令で決まっている訳ではないが、会社が支出するときは「福利厚生費」で計上します。

Q福利厚生が全く無い企業への転職について

・webの広告代理店

・社員数12名(男4女8)

・福利厚生無し(厚生年金、健康保険の分は還元するから自分で入れというスタンス)

・試用期間3ケ月給料約20万



上記スペックの会社の営業職で内定もらえたのですが、どうでしょうか?

福利厚生全く無しで、
社長と常務以外の男性社員は20代というのが非常に気になります。

自分でも調べたのですが、
福利厚生が全く無いというのは、
数十年後の自分に対して、全く投資しないのとイコールだと感じました。

私は今年29歳の男で中堅私大(日東駒専レベル)卒、
職歴は営業職わずか半年と、
契約社員の塾講師2年(現職)です。

福利厚生が全く無い企業でも、
正社員の内定をもらえただけマシと考えるべきでしょうか。

面接の時に福利厚生の事については

「社会保険は厚生年金に加入しない分は、
給料に還元しますので、あとはご自分で自己投資するなりお考えになって下さい。」

と言われました。
しかし、
試用期間の3ケ月は給料約20万で、
その後も年棒350~400万と、
自分で保険や年金に加入すると考えた時に、
決して高い年収だとは思えません。

私の経歴で、
正社員として雇用されるチャンスもなかなか無いでしょうから、
冷静な判断ができません。
お知恵を貸して下さい。
宜しくお願い致します。

・webの広告代理店

・社員数12名(男4女8)

・福利厚生無し(厚生年金、健康保険の分は還元するから自分で入れというスタンス)

・試用期間3ケ月給料約20万



上記スペックの会社の営業職で内定もらえたのですが、どうでしょうか?

福利厚生全く無しで、
社長と常務以外の男性社員は20代というのが非常に気になります。

自分でも調べたのですが、
福利厚生が全く無いというのは、
数十年後の自分に対して、全く投資しないのとイコールだと感じました。

私は今年29歳の男で中堅私大(日東駒専レベル)卒、
...続きを読む

Aベストアンサー

怪しい会社には応募するのは辞めましょう。
中には個人情報を収集するために募集をかけて採用しない会社もあります。


・webの広告代理店

広告代理店は競争が激しいです。
また電通のように、事実上広告業界を支配しているところもあります。
こういったところに入社した場合は将来安泰です。給料にも恵まれます。

・社員数12名(男4女8)

零細企業の場合仕方ありません
平均年齢20代はブラック企業の典型ですが、5年以内に設立した会社などの場合は例外です。
新しい会社、例えば堀江貴文が興した会社は社員数名で募集をかけてもほとんど集まらず、
採用してもこない。とのことです。
とても大きな会社になり成功しました。逮捕されましたがまだ有罪は確定していません。
サラ金四天王の専務が国から逆転勝訴で2000億円とりましたし。
まだわかりません。


・福利厚生無し(厚生年金、健康保険の分は還元するから自分で入れというスタンス)

厚生年金は年金の信頼性がない。
半額は会社負担である。ということから加入してない企業もあります。
まあでも労働者からすれば心配の種ですね。


・試用期間3ケ月給料約20万

これは職安で探したのであればまだマシなのかもしれません。
職安は99%ゴミ求人しかありません。
求人にお金をかけない会社はダメです。

でもこれらの条件はあらかじめ承知の上で応募し、採用されたわけですからあなたにも責任はあります。
給料10万、年間休日70日とかだったら応募しませんよね。

学歴は優れていると思いますが、学歴が通用するのは新卒の時のみです。
25~26再程度までは転職に多少使えます。
それ以上の年齢は大卒かどうか?程度しか気にしません。
証券会社のように一流大学以外とらない会社もありますが、そういった会社はあなたは既に書類選考すら通りません。


正社員で内定もらえたのが良いかどうか?
については難しいところです。
なぜかというと通年採用している企業、よくあるIT偽装請負、住宅営業などは
正社員採用しますが離職率が高く、2~3年で辞めてしまうので実際安定性はありません。


企業名でググる。程度はしたと思いますが2chなどにヒットしなくても判断する方法はあるんです。

・社員の定着率を聞きます。(離職率だと感じ悪いので)
・就業時間が10:00-19:00だと仮定すると、21:00~22:00に電話してみます。
間違い電話のフリをして誰か出たら残業が多い会社と判断できます。
数回確認した方がいいでしょう。

★書面の労働条件の提示はありましたか?
重要です。これがないと社員なのかバイトなのか、給料、休日すら口約束ですよ。
無い場合は、要求してください。拒否したらその会社には入社しないでください。
あなたの為です。


年俸350-400であれば安くはありませんよ。
35歳の年収が10年前に比べ200万ダウンしていますから。
むしろいい方かもしれません。
30歳になったら、その経歴では書類選考すら通りませんよ!


いい会社はたくさんあります。
いい会社は定着率が良く、あまり人を募集しません。
募集しても高スペックな人がたくさん応募するので倍率が高くなります。
自分のスペックを考えると、今の時代いいのかもしれませんがブラック企業かどうかは判断してください。

怪しい会社には応募するのは辞めましょう。
中には個人情報を収集するために募集をかけて採用しない会社もあります。


・webの広告代理店

広告代理店は競争が激しいです。
また電通のように、事実上広告業界を支配しているところもあります。
こういったところに入社した場合は将来安泰です。給料にも恵まれます。

・社員数12名(男4女8)

零細企業の場合仕方ありません
平均年齢20代はブラック企業の典型ですが、5年以内に設立した会社などの場合は例外です。
新しい会社、例えば堀江貴文が興した会社は社員数...続きを読む

Q個人事業の福利厚生費

個人事業で起業し、初めての経理でよくわからないことだらけです・・・もしよろしければ回答お願い致します。
現在、個人事業主(主人)と専従者(妻の私)の2人です。

福利厚生費は社員のための費用、食堂や社宅、事務所での備品や消耗品代などがあたると捉えていますが、
作業服を購入した場合、個人事業主の分は、福利厚生費にはなりませんよね?専従者の分は福利厚生になるのでしょうか?ならなければどの科目で処理するのが妥当でしょうか?

夫婦で個人事業をやっている場合、福利厚生の科目は出ることはない思っていたらいいでしょうか。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>福利厚生費は社員のための費用、食堂や社宅、事務所での備品や消耗品代などが…

事務所での備品や消耗品を福利厚生費というのは無理があるでしょう。
作業服などは、独立した科目「消耗品費」でよいと思います。

福利厚生費は、たとえば慰安旅行などを指すのですが、個人事業主の場合、家族の私的な旅行と線引きがむつかしい部分があります。
調査を受けたときにトラブラが起きないよう、この科目はなるべく使わないほうがよいと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報