この町は、ずいぶん前に人口が5万人を超えたのに、市制へ移行していません。全国的には市になるために合併までしているのに...町のホームページをみても市への昇格についてなにもいっていませんでした。なにか市になれない理由、または町にとどまることのメリットでもあるのでしょうか。

A 回答 (1件)

 府中町は県都広島市に囲まれ、大企業の本社があり、固定資産税などの税収が裕福なため、広島市からの合併の誘いに、再三断わってきました。

市制とかの変革の話があると、必ず、合併の話になることは確実です。この話を避けるために市制昇格の話を避けたものと思われます。同じような状態の村が静岡県(浜名郡可美村)にありましたが、浜松市に合併されてしまいました。
 府中町では単独市制昇格のメリットを訴えて町民に理解を求めている様です。

参考URL:http://www.akifuchu-town.jp/qa/qadn.htm
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qある町がある市と合併して、のちににその合併された町が合併した市から離脱することはできますか?

ある町がある市と合併して、のちににその合併された町が合併した市から離脱することはできますか?

Aベストアンサー

自治体は合併するのみではなく、分離することも法的に可能

実際に分離した事例もないでもない

質問が、するかしないかではなく、出来るかどうかなので

答えは「出来る」となる

現実的かどうかは別だけどね

Q札幌市の人口が名古屋市の人口を超えるのはいつ?

札幌市の人口増加率は著しく、札幌市の人口が名古屋市の人口いつか超えそうです。こえたら日本で指折りの大都市となりますね。(今もそうですがあまり有名ではないです)人文地理学的な予想ではいつ頃越えるのでしょうか?
現在の人口増加率から計算していいです。

Aベストアンサー

参考URLに、国勢調査による人口のデータがあります。
  1985年国勢調査 名古屋 2,116,381 札 幌 1,542,979
  1990年国勢調査 名古屋 2,154,793 札 幌 1,671,742
  1995年国勢調査 名古屋 2,152,184 札 幌 1,757,025   
  2000年国勢調査 名古屋 2,171,557 札 幌 1,822,368

2000年の名古屋と札幌の人口差は、2,171,557 - 1,822,368 = 349,189人
1995年から2000年までの札幌の人口増加数は、1,822,368 - 1,757,025 = 65,343人
1年間平均では、65,343 ÷ 5= 13,069人増加しています。

もし、このままのペースで札幌の人口が増え続け、名古屋の人口は2000年度のままだとしたら、
  349,189÷13,069= 26.72
2027年には、札幌が名古屋を抜く事になります。
しかし札幌の人口増加数は、今後もう少し下がってくると思いますので
2027年よりは先になるのではないでしょうか。

またこれ以下は蛇足ですが、私は名古屋と札幌、ともに住んだことがあります。
その経験から言うと、やはり名古屋の方が大きな都市だ、という印象があります
人口の比較ではほぼ同じような両都市ですが、人口密度・周辺の都市人口
という点から比較すると、かなり差があるように思います。

例えば名古屋の周辺にはいくつか30万規模の市がありますが、札幌にはないですよね。
それから人口密度は以下の通りです
  名古屋市 8067.60人/平方km
  札幌市  1625.49人/平方km (南区を除いても、3590.47人/平方km )
http://www.glin.org/prefect/city/index.html

計算ミスがあったら、ごめんなさい。それから私は札幌も名古屋も大好きです。 

参考URL:http://www2.wbs.ne.jp/~ms-db/database(population).htm

参考URLに、国勢調査による人口のデータがあります。
  1985年国勢調査 名古屋 2,116,381 札 幌 1,542,979
  1990年国勢調査 名古屋 2,154,793 札 幌 1,671,742
  1995年国勢調査 名古屋 2,152,184 札 幌 1,757,025   
  2000年国勢調査 名古屋 2,171,557 札 幌 1,822,368

2000年の名古屋と札幌の人口差は、2,171,557 - 1,822,368 = 349,189人
1995年から2000年までの札幌の人口増加数は、1,822,368 - 1,757,025 = 65,343人
1年間平均では、65,343 ÷ 5= 13,069人増加して...続きを読む

Q群馬県伊勢崎市の合併後の人口

2005年の1月1日に新伊勢崎市となったそうですが合併後の人口は何万人なんでしょうか?
検索しても合併前の人口しかわかりません。
お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

こちらのサイトは参考になるでしょうか。
http://www.city.isesaki.gunma.jp/~gappeiproject/index.htm
http://www.city.isesaki.gunma.jp/~gappeiproject/gaiyou.htm

参考URL:http://www.city.isesaki.gunma.jp/~gappeiproject/index.htm,http://www.city.isesaki.gunma.jp/~gappeiproject/gaiyou.htm

Q市や町の合併について

私の地元は静岡市のですが、今清水市と対等合併ということで話が進んでいるのですが、合併することでお互い何が有利なのでしょうか?国は合併について(合併をすることで)お金を出す面について損をするんでしょうか特をするのでしょうか?

Aベストアンサー

 国は合併を促進していますので、合併した市町村に対しては、5年間は地方交付税を補償するといっています。この地方交付税は、市町村にとっては大きな収入で、町村では年間予算の4割から5割程度を占める、貴重な財源となっています。例えばA市の地方交付税が40億円、B市の地方交付税が30億円で合併した場合には、本来は合併後の自治体の地方交付税は、両方の合計をした70億円ではなくて50億とかの額になるのですが、合併後5年間は70億円を保証します、ということになっています。国としては、合併市町村に対してはこのような措置をしますが、合併をしない市町村苦に対しては、地方交付税を減額していくますので、国としては地方交付税の額が減りますので、国は損得で言うならば得になります。しかし、その地方交付税は国民の税金であることを、忘れてはいけません。

 有利・不利については、色々な意見がありますが、合併する段階での双方の住民を含めた論議が大切です。財政的な部分では、人件費が減るでしょう。市長や町長は1人で良いことになりますし、議会議員も双方の合計の半分程度になるでしょう。行政サービスも従来どおりでしょうが、今まで自分の町の役所が遠くて隣町の役所がすぐ近くにあった場合には、隣町の役所が自分の町の役所になる場合もありますので、便利になる場合もあるでしょう。又、各種公共料金などの住民負担は、増になる場合もあるでしょうし、減となる場合もあるでしょう。自治体によって、このへんは状況が異なります。

 何よりも問題になるのは、自分たちの住んでいた市町村の名前が無くなる事でしょう。特に高齢の方にとっては、先祖代々から住んでいた町の名前がなくなることへの、抵抗や淋しさが当然あるでしょう。

 国が合併を推進するのは、国から市町村に対して交付している、地方交付税を少なくするためです。そのために、アメとムチの政策として、合併をした場合には地方交付税は従来どおりのお金を5年間補償します。合併しない場合には、地方交付税は減らします、という政策です。

 国は合併を促進していますので、合併した市町村に対しては、5年間は地方交付税を補償するといっています。この地方交付税は、市町村にとっては大きな収入で、町村では年間予算の4割から5割程度を占める、貴重な財源となっています。例えばA市の地方交付税が40億円、B市の地方交付税が30億円で合併した場合には、本来は合併後の自治体の地方交付税は、両方の合計をした70億円ではなくて50億とかの額になるのですが、合併後5年間は70億円を保証します、ということになっています。国としては、合併市町村に対し...続きを読む

Q今後も市区町村の合併はあるのでしょうか

今後も市区町村の合併はあるのでしょうか?
あるとしたら何故に平成の大合併の頃にやらなかったのでしょうか?

Aベストアンサー

>今後も市区町村の合併はあるのでしょうか?
旧法が失効後の新しい「市町村の合併の特例等に関する法律」下でも市町村合併が続けられています。
この法律は平成22年3月31日で失効するので、それまでは今後も20程度の合併が予定されています。

>あるとしたら何故に平成の大合併の頃にやらなかったのでしょうか?
合併相手方との不調以外の一番の原因は、首長・議会・住民の反対です。
合併先進地と言われたところが、合併後に国が宣伝していたメリット以上にデメリットの方が大きいのが判り、少しでも財政上のゆとりがある地域では単独維持に舵を切りました。
ところが、このときに合併しなかったところに対し、地方交付税の削減や起債の発行を認めないなど、国は無言の圧力をかけて合併を進めようとしています。
また、No.3の方も回答されていますが、「一定規模以下の町村の自治権限をカットする」など地方制度調査会(総理大臣の諮問機関)での意見が、合併しない市内町村への脅しにもなったいます。 
 


人気Q&Aランキング

おすすめ情報