『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

スイング軸は首の付け根から背中にかけて1本の結んだ線だというので頭を動かさず軸を意識してスイングしています。みなさんは軸を意識してスイングしていますか?また正面から見た場合軸はまっすぐでなく左に傾いている(アドレス時に右肩が下がっているため)と何かの本に書いてありましたが斜めの軸を意識しだすともうわからなくなってしまいます。

A 回答 (4件)

慣れるまではそれぞれの軸は意識しましたが、今は全く意識していません。


ところで、背中の軸を意識しているのになぜ頭を動かさないのでしょうか。
首の付け根から背骨を軸にするのなら頭は動くことになりますので、全く動かさないのは間違っています。
これは、両目でボールを見ることになりトップが浅くなり手打ちとなり弱々しい球筋となります。
できればハーフスイングでグリップを見ながらスイングを数回振って下さい。
そうすれば、軸が意識出来るようになります。
そして、ボールを打つときはトップの位置では両目や右目ではなく左目のみでボールが見える位置まで頭を動かして下さい。
初めはボールを打たずにゆっくりテイクバックをして下さい。
そのスイングで軸が意識できればそれが貴方のトップでの最大の捻れ位置となります。
逆にフォローは右目で見るようにしますが、実際ボールは飛んでしまいますのであった位置に仮装ボールをイメージすることになります。
わかるまで、ボールを打たずに素振りをするのが良いと思います。
わからなくなったらゆっくり素振りして下さい。
>正面から見た場合軸はまっすぐでなく左に傾いていると何かの本に書いてありましたが斜めの軸を意識しだすともうわからなくなってしまいます。
左に傾いている???何の本を見られたのでしょうか。
ドライバーは右に傾ける人はいますが、左は聞いたことがないです。
基本はアイアンで構えて正面から見て真っ直ぐな軸でなければ真っ直ぐには飛びませんよ。
因みに今までは方向性を安定させる背骨の軸のことですのでお間違えのないように。
その他にも飛距離アップする足の軸がありますが、これはもっと背骨の軸が分かってから練習して下さい。
    • good
    • 0

丸山茂樹が面白い発言をしていました。

何と、彼の軸は左目なんだそうです。

始終、左目でボールを見るんだそうです。その他にも、背中 首 変わった人は鼻とかお尻の穴(笑)何て言う人もいるんですよ。

自分にあった軸を探せばいいんです。まあ、これが分からないから質問されているんだろうけど。。。

基本は、前傾姿勢を保ったままスィングする事です。軸は意識する物ではなく自然に出来る物です。

hirosr294さんは、ふすまを開ける時に体が左右に動きますか?無駄に動いたら上手く開けられないでしょ?その時、一本ピシッと軸が通っているのですよ。それは、軸を意識しているのではなく自然に出来ている物です。

ただ、ゴルフスィングは前傾姿勢を保ったまま回転すると言ういびつな動きをするスポーツですからあれこれ考えてしまう。

いろいろ試さずにそれと一つ決めてそれを続けて下さい。無駄な動きは(上下左右)軸を台無しにします。

始終、ディンプルが見える位”静かに”スィングすると自然と軸は出来て来ますよ!
    • good
    • 1

失礼ながら、多分理解できないと思いますが、私が経験したり勉強したりして得たことを書いてみます。



>正面から見た場合軸はまっすぐでなく左に傾いている
こういった表現は、アドレス時の話で、スウィング中、多くは別の動きをします。

スウィングには、大別して、アップライトとフラットがあります。
アップライトの方が正確だとかいわれたりしますが、おおむね、身長によって決まります。背の高い人はアップライトに振れますが、背の低い人はクラブの長さの関係上どうしてもフラットにしか振れません。

それから、スタンスには、スウィングの弧の最低点が自分の体のどの位置にあるかにより、大別して2通りあります。
最低点が自分の体の中心付近にある人のスタンスを、Yスタンス(前方から切るとY字型になっている。最近はこういう呼び方はしないのかもしれませんが)と呼んでいました。
最低点が、左腕の付け根の前あたりにある人のスタンスは、Kスタンス(これも今ごろは言われていないかも)と呼ばれていました。
弧の最低点を知るには、5番アイアンくらいのクラブで地面に少し当たるように何回も振ってみて、その跡を見れば分かります。

Yスタンスの人は、体の軸がほぼ垂直ですが、Kスタンスの場合は、体の軸は左足に平行となりますので、正面から見ると軸が左に傾いています。

どちらがよいかは、ほぼ各人の好みによると考えてよいようです。ただ、打った球筋は違います。

>スイング軸は首の付け根から背中にかけて1本の結んだ線
Yスタンスでフラットなスウィングの場合には、当てはまりますが、アップライトスウィングでは当てはまりません。軸を固定しては、打てません。
また、フラットスウィングでも、あまり軸を考えると、いわゆる「明治の大砲」になりますので注意が必要です。
軸を考えるときに勘違いし易いのは、背骨は実際は胴体の中心よりほんのわずか後側にあり体の中心と言っていいほどのところにあるのを、背の表面に近いところにあるように感じることです。

>頭を動かさず
これも、誤解し易い表現です。
アップライトスウィングの場合は、腰がダウンスウィングに入ってからフィニッシュまで左に移動します(フィニッシュでは腰が左脚の上付近に(ちょうど正面から見て逆Cの字型になる)なる)ので、体のバランスをとるために頭は左(飛球方向の逆、後)に動きます。中心点は首の後よりの付け根付近です。。
フラットスウィングでYスタンスの場合は、腰の移動はあまりなく、むしろ腰を回転させるので、頭、軸はあまり(左右には)動きません。

>斜めの軸を意識しだすともうわからなくなってしまいます。
そうです。スタンスとスウィングの組み合わせで、体の動きは全く異なります。つまり、必然的な組み合わせというものがあります。
自分のスタンス、スウィング、背が高いか低いか、肥っているか痩せているか、好みはどうかなどにより、色々なことを決めていかないと、労ばかり多くて実のないものになります。

色々な人が色々なことを教えていますが、自分のスウィングの必然的な組み合わせに適しない理論は百害あって一利もありません。
いろいろ試してみるのはいいことですが、そのことが自分の組み合わせにあっているかどうかを見極めることが必要です。しかし、これが大変難しいことです、が試行錯誤で見つけた人は、早く上達します。

腕が上がるにつれ、壁にぶつかるたびに、いろいろ分かるようになり、自分のスウィングも何度か変わります。
    • good
    • 1

「軸」


フォームが出来上がるまで
フォームが崩れた時
意識するものです
基本は軸は垂直、アドレスの時だけ、右手が下になっている分
右に傾きますね
(プレーヤーの正面から見ると左に傾いています
LEFTY:左利きの場合は、その反対)

軸もそうですが
両方の肩を水平に回す事
腰を水平に回す事
ができるよう意識してください
クラブが下向きに振れていると思うくらいが
水平で丁度いいと思います

アドバイスまで
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q間違ってますか?テイクバックでの始動は腰からで、手は何もしない。

当方、基本的なことは、複数のレッスンプロから2年以上教わりましたが、なかなか安定したスイングができずに、その後はしばらく自己流でコツをつかんだつもりでおりました。
その自己流のコツとは、石川遼くんが始動の時、少し腰が回る(動く)のをヒントをもらったのですが、
「スイングの始動は腰からで、肩、腕、手首は腰が45度位回るまで何にもしない」です。
これを実践すると
(1)バックスイングの前半で、グリップが体から離れなく、グリップが体の正面から外れない(三角形が崩れない)ため、ダフリ、トップ、シャンクもろもろが出なくなって、とにかく方向性が劇的によくなった。
(2)自然とインサイドにクラブが上がるため、スライスを克服できて、ドロー回転で飛距離が伸びた。
(3)テークバックが非常に単純になるので、再現性が高く、1球目からナイスショットがでる。
上記の利点を実感しているので、これは変えたくないのですが、1ヶ月ほど前に、久しぶりにレッスンプロに見てもらったところ、「バックスイングは、肩を45度くらいまわしてから腰を回し始める。グリップは体から遠ざけるように外側に大きく動かす」
と指導を受けました。
多分それが、世界共通の良いスイングなのでしょうが、全く安定しなくなり、ドライバーは右や左で使い物にならなく、アイアンもダフリはじめ、スライスして、コースにいけるような状態ではなくなりました。
やはり、これから先、長く上達するためには、変えたほうが良いのでしょうか?
練習量は多いほうで、まだ若いので、将来は競技会などにも出たいと考えております。
ヘッドスピード47位 スコア90台です。

当方、基本的なことは、複数のレッスンプロから2年以上教わりましたが、なかなか安定したスイングができずに、その後はしばらく自己流でコツをつかんだつもりでおりました。
その自己流のコツとは、石川遼くんが始動の時、少し腰が回る(動く)のをヒントをもらったのですが、
「スイングの始動は腰からで、肩、腕、手首は腰が45度位回るまで何にもしない」です。
これを実践すると
(1)バックスイングの前半で、グリップが体から離れなく、グリップが体の正面から外れない(三角形が崩れない)ため、ダフリ、...続きを読む

Aベストアンサー

とりあえずハンディ3のものです。
少しはアドバイスできるかと思い投稿しました。

世界共通のスイングと言うのはありえません。
流行りはありますが、これ!といったものはないのです。

例えば、グリップ。
オーバーラッピングの人もいるし、
インターロッキングの人もいます。
またフックグリップの人もいれば
スクェアグリップの人もいます。

世界最高峰といわれる世界メジャーで勝つ人の中には
ストロンググリップの人もいるし、
スクェアグリップの人もいます。
両者世界でNo1の座を獲得しています。
つまりどちらでもいいと言うことです。

同じように、
肩から回す人、
腰から動かす人、
あるいは足首からスタートする人、
もちろん、クラブヘッドから動かす人、がいます。
岡本綾子なんかヘッドから動かす人ですね。

では、ホントに回しているのか?といえば回しているのではなく
右腰をちょっとだけ引いて、スイングスタートのきっかけにしている人も、俺は腰からスタートする!と言う表現をしますが
それを聞いた人は、「腰から回すんだってよ」になってしまいます。

理屈としては、スイングは上下の回転差を使うのですから
土台は止めておかなければ「ねじる」ということはできません。
スタンスは動きませんよね。
完全に止まってます。始動でつま先が動く人はいません。

腰から下も本来できるだけ動かさず、上体をひねった方が
ひねりと言う意味では力がたくわえられます。
(力がたまる、ということはあえて力を要れずとも
戻すだけで十分なパワーがあるということです。)
消しゴムですね。下を止めておいて上をねじれば
戻る力は強いです。
こんちくしょう!とばかりに力入れて打たなくても
スッとリリースしてやるだけでビュンと振れます。

腰も上体も右を向いてしまったのではひねったのは足首
あるいはひざという事になりますが、骨格上それは無理です。
ひざがねじれるわけがありませんから腰も方も同じ方を向く人は
足の付け根(股関節)を前後にずらしているだけとなります。

箸をイメージしてみてください。
箸の先端を3cmくらい開いて大根を刺してみてください。
大根を上にしてこの大根を回そうとおもたっらそれぞれの接点を
前後にずらすだけですよね。
ねじれていませんね。

消しゴムをひねるのにどこを持ってひねるのが一番楽ですかね?
そう!一番上を持って(土台から一番遠いところ)を持ってひねると
楽ですね。

では「ひねる・ねじる」と言うとき、カラダのどこが一番ねじれているのでしょう?

腰ですかね?(骨格をイメージして下さい)
腰はねじれませんね。なぜかと言うと
腰には骨盤がついています。骨盤をねじるなんてことできるわけがありませんよね。

では、肩?
肩には肩甲骨やその下には肋骨がついてますからここをねじること
もやはりできません。

ねじれているところは骨が一本でしかもねじれる
構造になっているはずです。
それってどこ?
骨盤の上から肋骨がついている下までの背骨です。
人間のカラダがねじれるのはこの部分しかありません。

この間は背骨一本だけしかありません。
ねじれているところはこの背骨なのです。

さてねじれている場所はわかりました。
では、どうやってねじるの?といえば上を動かす以外にありません。
つまり肩です。
肩を回そうとしない限り背骨のフリーな部分がねじれることはありません。
下を完全に止めて肩だけ回していくと限界がきます。
腰も回さず、肩だけだと90度までは行きません。
したがってバランスよく手も上がりません。
バランスよく、手を上まで上げるにはどうしても
肩を90度に回さなければなりません。
そこで、先ほどの箸の先の大根です。
足の付け根を前後にずらすのです(これを外から見ると腰を回しているように見えるだけ)

腰はなるべく動かさないようにして(消しゴムの原理)
肩を回していくと45度くらいしか回りません。
(今、背骨のフリーなところがねじれています)
しかし、90度まで回さないと手が上がらないため
そこまで回そうとすると、それにつられて股関節が前後にずれ
肩を回す手伝いをします。
この時の股関節のずれが「腰を切る」と言う表現です。
腰を切るのではなく肩を90度回そうとすると自然と切れるのです。

と言うわけで、回りくどくなりましたが

順番は下を一切動かさず、まず肩を回していく
肩だけでは限界に来たとき腰がそれについて回っていく
のです。
これが原理原則、道理と言うのもです。

この腰と肩のずれは人間普通45度くらいです。
ですので見た目は肩90度、腰が45度回っているように見えるわけです。
腰を動かさず、90度ねじれる人がいれば
腰なんか動かす必要はありません。

したがって、「回す」のであれば肩からがおおかたの正解です。

しかし、冒頭に書いたとおり人それぞれですから
先に腰を切って45度を作っておいてそこから90度肩を回しても
かまいません。そのほうが打ちやすければ。

しかし腰は回すのではなく(骨格上回りません)
股関節をずれしているだけですから
勘違いしないでください。

タダ、ちょっといわせてもらうと、
打ちやすいとはいっても、
変則的であることは間違いありません。

クラブで言うなら、
まず、真上に上げといてそこから右に回していくのと同じですね。
同じ形になるのですが先に最後のことをやってしまおう
と言うことですから。

美しく、流れるようなスイングは
必ずといっていいほど、土台から遠いところから始動し、戻りは
土台に近いところから行ています。

岡本綾子はクラブヘッドから動きます。一番遠いところからです。
クラブヘッドが動いて肩が回りはじめ肩が限界に近づくと腰が連動して
動きトップを迎えます。
切り返しは右足を踏みこみ(蹴り)左に体重を乗せつつ腰を元に戻してくるとそれにつられて、肩、クラブの順でおりてきます。

よく左からスタート!とかいいますが、
そんなことができるはずがありません。
右に体重移動しているのですから
左側は力入らないはずです。
左足を下ろすことはできますが左に体重を乗せていくには
右足を踏まなければなりません。
左を踏み込むにはまず右足を使って左に体重を寄せるわけです。
無意識にやってますから「左スタート!」と言う表現になってしまいます。
実は右足で左に寄せてます。

さて、ゴルフが難しいのはここからです。

骨格と筋肉の使い方は道理として
「上からまわし、下から戻す」のですが
そのきっかけはまた別の話です。

必ずしもきっかけと回し始めるところは違います。

私の友人にトーナメントで名前は出たことありませんが
ツアープロがいます。
こいつはスタートのとき、右腰の出っ張ったところを
ピクっと右後ろに引きます。少し回しているようにも見えます。
これは見た目には腰から回しているように見えますが
実は単なるスイングの始動のきっかけであって、本人は
上から順番に回しています。

まさしく遼くんもきっかけであって、腰を回すことなど一切考えていないはずです。
あー言う人たちは、スイングが体にしみこんでますから
きっかけを与えるだけでスムースに上から順番に回っていきます。

超スローで見ると、右腰がわずかに動きますがほんとのスタートは
クラブヘッドです。
岡本綾子はクラブヘッドが大きく先行するだけの話で
タイガーであろうが、その辺のツアープロであろうが
100人が100人ともわずかに早くクラブヘッドからスタートします。

そりゃそうですよね、先に方を回したのでは
シャフトが反対側に傾きます。
ヘッドを引きずってくるようなあげ方をする人は一人もいません。
必ずヘッドの方が先に行きます。

正面からタイガーウッズを見ると
構えたときは左腕とクラブがグリップのところでわずかに
折れ「く」の字に見えます。スタート直後には左腕とシャフトがまっすぐになってます。
ヘッドがひざの高さに来たときはもう逆「く」の字に見えます。

ヘッドからスタートしてるからです。
つまり、構えたときに手の甲がわずかに外に曲がっているのを
スタートと同時に腕と手の甲がまっすぐになるということです。

ですので厳密に言えばスタートは「手首」と言うことになります。
手首をまっすぐにすることからはじめれば
同時に動くのはクラブヘッドと言うことになります。


といろいろ書きましたが、
ゴルフの上達は理屈ではありません。

なにが一番ゴルフを上達させるかって
「プライオリティー(優先順位)」です。

生活の中におけるゴルフのプライオリティーを上げれば
ゴルフは間違いなくうまくなります。

酒飲む時間あったら素振り、
家でごろごろしてる時間あったらパターの練習。
テレビ見ながらでもグリップの確認。

シングル(3以下)になろうと思ったら仕事よりゴルフ!
カーちゃんを質屋に出すくらいになれば
間違いなくプロになれます。

ゴルフだけは情熱と根気です。
プライオリティーが上がれば必然的に練習時間も多くなりますから
確実にうまくなります。

逆を言えば、どんなに頭の中であーでもないコーでもない
理屈をこねたところでそれだけでは絶対にうまくなりません。

考えてうまくなれるんだったら、前の晩寝ずに考えたプロが優勝します。
考えたってスコアが良くなるわけではありません。
打って打って打ちまくるのです。
その中から自分のスイングをつかむんです。
ある程度まではレッスンやプロの指導も必要でしょうが
80を切り始めたらもう技術的なことは自分で探すのです。

プロの助言は精神的なことや、戦略的なことくらいです。
昔、そろそろ引退か?と言うようなプロに技術的なことを
聞いたことがあります。
この人はマスターズまで出た事のある人です。
一緒にラウンドした時、この人が下り斜面のグリーンに向かって
左傾斜のところから打ってピピッと止めてびっくりしたことがありました。
どうやって打ったの?と聞いたら、
「どうやって?かぁ~・・・そーだなー5万発打ってから打ったら
止まったんだよ」といってました。

つまりは、教えたってお前にデキっこねーだろ!
つべこべ言う前に練習しろ!と言うことだったんですね。

練習練習また練習!
頑張ってください。

とりあえずハンディ3のものです。
少しはアドバイスできるかと思い投稿しました。

世界共通のスイングと言うのはありえません。
流行りはありますが、これ!といったものはないのです。

例えば、グリップ。
オーバーラッピングの人もいるし、
インターロッキングの人もいます。
またフックグリップの人もいれば
スクェアグリップの人もいます。

世界最高峰といわれる世界メジャーで勝つ人の中には
ストロンググリップの人もいるし、
スクェアグリップの人もいます。
両者世界でNo1の座を獲得...続きを読む

Q体の軸は右に傾くかなくてもいい?

ある質問で両肩は地面に対し水平でも良い(右に傾ける必要が無い)
というお話がありましたが
本当にそうなのでしょうか?

Aベストアンサー

軸が傾くは、簡単だと思いますヨ。
右に体重7 左に体重3
逆に左に体重7 右に体重3

と、いくらでも軸は変化します。
で、いくら右に体重7 左に体重3だと仮定して、そんな人はいないとは思いますが(バックスイングで体重をのせる乗りしろがありませんからネ。)

軸は傾きますが、反対に傾かないでもいいですが、どちらにしても、重心は体の真ん中に無意識においているということです。

アプローチなんかみられたもんじゃないでしょうネ?

「インパクトにおける傾きです」
インパクトにおける傾きは、ほぼ100%が、ビハインザボールで軸が右傾斜しています。

これも、簡単な理由で、別にゴルフは野球のように、水平に回転するわけではないですので、前傾角度の斜めの角度に対して回転しますので、あの位置であの形がインパクトが一番効率がいいわけです。
(インパクトの形は無意識に軸と重心を一致させているはずですヨ。重心が流れたら、パワーが流れますからネ?)

簡単にいうと、下半身は飛球線のあっち方向に行かせて、上半身は飛球線とは反対方向に持っていく。
つまり、下半身と上半身の引っ張りっこ。です。

これも簡単な理由ですが、下半身と同じ方向に頭を持っていく→パワーはゼロ開放。
下半身と同じ方向に上半身を持っていく→パワーはゼロ開放。

簡単にいうと、プロはあの形で「クラブの遠心力」に、耐えているということです。
素人は、当然、クラブの遠心力と一緒にトップから流されますけど…
そのほうが打ち方としては楽だし。お気軽だし。

筋肉でいえば、下半身の大臀筋や太ももの内転筋群が左に行く、しかし、上半身の左背筋は、それに耐えている。しかも、左肩を持ち上げないように、三角筋や僧帽筋で耐えている。
みたいな感じです。(当然、これは筋肉を大雑把にわけたものですので、こればかりが働いているわけではありません。あくまで、イメージです。)

軸が傾くは、簡単だと思いますヨ。
右に体重7 左に体重3
逆に左に体重7 右に体重3

と、いくらでも軸は変化します。
で、いくら右に体重7 左に体重3だと仮定して、そんな人はいないとは思いますが(バックスイングで体重をのせる乗りしろがありませんからネ。)

軸は傾きますが、反対に傾かないでもいいですが、どちらにしても、重心は体の真ん中に無意識においているということです。

アプローチなんかみられたもんじゃないでしょうネ?

「インパクトにおける傾きです」
インパクトにおける傾きは、...続きを読む

Qゴルフスイング、どうやったら本当に力まない・ボールに当てに行かないで済

ゴルフスイング、どうやったら本当に力まない・ボールに当てに行かないで済むのか?

ゴルフスイングで、「グリップはゆるく、手首・腕・肩は力まずにスイングしろ」と、
色々な所で教えられ、頭では嫌というほど分かっているいるのですが、
どうしても、できません。力んでしまうのです。

さらにボールを前にすると、前述の身体の各部位が力むのに加え、
ボールを当てに行くようなスイングになってしまいます。
これも治りません。

ボールがない素振りなどでは、比較的スムーズにスイングできていると思うのですが、
一体どうすれば本当に解決できるのでしょうか?

たまに「よし、だったら力を抜いてスイングしよう。グリップもゆるくしよう。当てにいくのをやめよう」と思いボールを打っても、結果全然飛ばなかったり当たりもダメだったりして、
マイナスの経験しか蓄積されていないので、「やはり力をある程度入れなければダメなんだ・・」と思ってしまうフシもあります。

真剣に悩んでいます。メンタル面なのか技術面なのか・・。
いい方法があればお教えください。

Aベストアンサー

「なぜ」力を抜けと言われるのか、という部分に尽きる気がしますけど、どうですか?
要するに動かしたい部分に力を入れると、重いものを動かすのと同じになってしまいます。速く動きません。逆に力を抜きすぎるとどうなるかというと、全身から力を抜いてしまうと飛びません。当然です。また、動かしたいところの力を抜きすぎるとふにゃふにゃ過ぎて軌道が安定しません。曲がります。但し、人には欲というのがあります。飛ばしたいと思えば、ある程度可動部にも力みは入りやすくなります。ゴルフの場合は軸の関係上、アドレスからテークバック部分、トップオブスイングあたりまでボールを「見ている」状態ですからなおさらです。「力を抜け」くらいの意識でちょうどいい力加減になり「やすい」からそう言うということです。動かしたいところの力の抜きすぎは人の欲という観点から行けばほとんどあり得ない話とも言えるんですよ。

では、ゴルフスイングで一番よく動く部分はどこでしょうか?「腕・手」ですよね。フルショットでは180度以上どころか200度以上回転します。そんな動かしたい部分に力を入れるということはバカ重い車軸を軽自動車に入れるようなものです。動きにくいことこの上ないでしょうね。それと同じですよ。ただ、エンジン部分に当たる部位は動きの中で力を作り出す必要がありますから、動いて力が入る結果になります。(足の場合と背中の場合があります。その人の体つきや幼少からの筋肉の使い方による筋肉構造によって最適なスイング方法は異なります)スイングの軸は当然フラフラすればボールはまともに当たりません。
グリップを考えてみましょう。グリップしてクラブの支点となる部分はクラブヘッドから一番遠い部分になりますよね。その方が大きな円を描きやすいし、大きな円をイメージしやすいはずです。だから、左手3本と言うということです。ちなみに自分は左小指しか意識にないですが、小指関節と薬指・中指の関節の連動性が天然でいいようで、左3本では力み過ぎになってしまうからそうしているということです。万人の基本を自分の体を考えてそうなるように方法論をカスタマイズして自分の基準を作っただけの話です。

当てに行くのをやめる...それはいい方法だと思いますよ。その部分だけは継続はした方がいいでしょう。自分はゴルフ始めたての頃、こう考えました。「当てに行って小手先スイングするより、体(全身)を使って空振りする方がよっぽどマシ」って。他のスポーツ経験があり、体を使わなければマトモにボールは飛ばないことを体で体得していたからそう考えられたんですが、その方がいい方向に行きやすいかと思います。大枠を先に作って、上達のたびに段々細かくなる微調整を継続させればいいと考えたということです。その微調整こそが練習でしょう。今でも自分は初心者にはそう言います。但し、微調整前だと激しく下にズレているとクラブを折る可能性もあります。実際自分はクラブ破損に関しては前科2犯です。

技術でもメンタルでもないと思います。まずは探究心を持って考えてみましょうよ。

「なぜ」力を抜けと言われるのか、という部分に尽きる気がしますけど、どうですか?
要するに動かしたい部分に力を入れると、重いものを動かすのと同じになってしまいます。速く動きません。逆に力を抜きすぎるとどうなるかというと、全身から力を抜いてしまうと飛びません。当然です。また、動かしたいところの力を抜きすぎるとふにゃふにゃ過ぎて軌道が安定しません。曲がります。但し、人には欲というのがあります。飛ばしたいと思えば、ある程度可動部にも力みは入りやすくなります。ゴルフの場合は軸の関係上...続きを読む

Q内藤雄士コーチのフレーズによくある「右ひじを支点に」と・・・・

内藤雄士コーチのフレーズによくある「右ひじを支点にテークバック&ダウンスイング」とありますが、
いまいち理解できません。支点を辞書で調べると「
回転運動の中心となる支えの点」と書いてあります。
う~ん・・そのまま考えてみても分りません。
どなたか、助けてください。

Aベストアンサー

右肘を支点にすることによりスウィングの基準を作り手や腕が毎回同じ軌道を通りやすくするためなのですが、この右肘がポイントでこれを上手に使う事によってハーフダウン時にスムーズにポケットに入る訳なのです。

内藤コーチや江連プロに指導を受けているプロの右肘の動きに注目した方が分かりやすいと思います。
宮里プロに代表されるレートコック系のテークバックの右肘の使い方と比べれば違いが良く分かりやすいと思います。

内藤コーチはテークバックの早い段階でコックを終了させる事を薦めています。
コックが早ければ右肘が体から外れにくいからです。

右肘が体から離れてしまうとインパクトで右肘が伸びきってしまって強いボールを打つ事は難しくなります。
ドライバーでもアイアンでもハンドファーストでインパクト後もさらにクラブヘッドが加速し続ける様にするためにはボールを押せる体勢(インパクトの形)を研究すると良いと思います。

右手一本でボールを打つときには右肘が体から外れない方が上手く打てる事に気づけば理解出来ると思います。

そうですね! 星野プロの右肘の使い方なんか最高ですからチャンスがあったら見て下さい。

右肘を支点にすることによりスウィングの基準を作り手や腕が毎回同じ軌道を通りやすくするためなのですが、この右肘がポイントでこれを上手に使う事によってハーフダウン時にスムーズにポケットに入る訳なのです。

内藤コーチや江連プロに指導を受けているプロの右肘の動きに注目した方が分かりやすいと思います。
宮里プロに代表されるレートコック系のテークバックの右肘の使い方と比べれば違いが良く分かりやすいと思います。

内藤コーチはテークバックの早い段階でコックを終了させる事を薦めています...続きを読む

Qゴルフスウィング インパクトでの伸びあがり

最近、デジカメで自分のスウィングチェックをしてます
そこで、気になったのが「インパクトでの伸びあがり」前傾姿勢がキープできず体が起き上がってしまっていました
近くの練習場のワンポイントレッスンで腰が止まっているから伸びあがると指摘されました
自身では相当意識しているのですが・・・・・・
それからは腰を回転させるように練習しているのですが、何度撮影してもやはり上体が起きてしましす
腰の回転がスムーズにいくコツなどあれば教えてください(ドリルなどもあれば)
また、上体が起き上がらない為のコツも合わせてお願いします

よろしくお願いします

Aベストアンサー

ボールの行方が気になって、
顔を上げてしまうのが原因の一つだと思われます。
最初のうちは、顔を上げないように気をつけましょう。
つまり顔は下を向いたまま、
目だけでボールの行方を追うという感覚です。
プロのスイングをチェックしてみると、
皆さん、始動からインパクトまで、
頭の位置が全然動いていないのが分かります。
そこまでは難しいでしょうが、
目指すのは、そこですよ(^^;
     

Qテイクバックで体重を右股関節に乗せるコツ

お世話になります。今までテイクバックで右足に体重を乗せるイメージでしたが、そうするとスエーしやすく安定しません。右股関節に体重移動をするとあまりスエーせず安定して打てます。ですが、、右股関節に体重移動をイメージしているつもりが上手くいきません。うまく右股関節に体重がのるコツはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

ご承知かも知れませんが、アドレスでは股関節を折り曲げて前傾し、背筋を伸ばして構えます。
この姿勢を保ちながら、且つ、右膝が右に流れないように(極端に言うと、右膝でボールを見続けながら)バックスイングすれば、自然に右股関節に体重が乗ります。
アドレス時の体重は、拇指球に掛けるで正しいです。
物足らない様な感じかも知れませんが、それくらいでOKです。
あまり極端に意識しすぎて、体の一部に力が入り過ぎるとスムースなスイングの妨げになります。
アドレスの姿勢が出来ていれば、特に、右膝に注意して見て下さい。

アドバイスまで。

Q「トップでは左肩をアゴの下に」という基本

よくレッスン書などで【トップでは左肩がアゴの下に】とありますが
、その通りにすると低いトップになってしまいます。
アゴが邪魔でそれ以上腕があがりません。

プロのスイング写真をみたんですが、
ほとんどのプロが、トップでは左肩がアゴの上にきてました。
後方から見た場合、左肩でアゴが隠れる感じです。
タイガーも肩でアゴが隠れてます。

私もアゴを少し引き気味にして、アゴの上に左肩をもってくると
いい高さのトップになります。

ただ、レッスン書にかかれていることとは違うので
正直どうしたらいいのかわかりません。

アドバイスをください。

Aベストアンサー

>私もアゴを少し引き気味にして、アゴの上に左肩をもってくると
いい高さのトップになります。

これが正解です。

そもそも左肩がアゴの下にという理論は相当古いもので長身の外国人を対象にしていると思われます。
この理論を日本人の一般的な体型で実践しようとすると、左肩の上にアゴを乗せるというような不可思議なスイングになってしまいます。
本来は左肩を回せ、アゴの下に入るまで回せという意味だったと思います。
これはよほど首の長い人ならいざしらず、普通の人には向かないと誰でも判ります。
この状態だと確かにトップは高くなりませんね。止めましょう。
アゴの上で正解です。
ここからだとトップでの高さは確保でき、ドローを打つためのタテ振りが容易にできます。
レッスン本もいいですけど10年経つと理論が古く感じることがあります。
アゴ理論はいつから言われているか分かりませんが、相当古い時代から言われてきて真面目なゴルファーは一途に練習したんでしょうね。
レッスン本は捨てなくてもいいです。
昔はこういう理論もあったんだ程度の認識でいいと思います。

>私もアゴを少し引き気味にして、アゴの上に左肩をもってくると
いい高さのトップになります。

これが正解です。

そもそも左肩がアゴの下にという理論は相当古いもので長身の外国人を対象にしていると思われます。
この理論を日本人の一般的な体型で実践しようとすると、左肩の上にアゴを乗せるというような不可思議なスイングになってしまいます。
本来は左肩を回せ、アゴの下に入るまで回せという意味だったと思います。
これはよほど首の長い人ならいざしらず、普通の人には向かないと誰でも判りま...続きを読む

Q腕はまったく振らない?

いつもお世話になっています。
よくゴルフでは腕・手に意識を持たない方が良いと言われます。
本当に全く意識を持たない方が良いのでしょうか?
腕を振る意識は全く必要ないのでしょうか?

というのは、私の場合、腕を振る意識は皆無で、体を回転させた結果、腕がついてきているだけのスイングなのですが、もっと腕を振っていった方がパワーが伝わるのではないかと思っています。

例えば野球ではボールを打つ時は体の回転だけでなく、腕も振っていると思います。
テニスでも当然、腕を使ってラケットを振っていると思います。

もっと腕を振る意識を持った方がいいのかな、と思っているのですが、どうなのでしょうか?

今は本当に腕を振る意識はほぼ皆無です。
仮に目いっぱい振るのを100、全く振らないのを0とすると、感覚的には1ぐらいです。

Aベストアンサー

ANo.4です。
補足の中身を回答させていただきます。

>>「叩く」ためには腕や手に意識がないと無理だと思いますので、
>>やはり本来は意識を持たせるべきなのかなぁと思っていますが

との事ですが、手を使わないプロゴルファーはいないと思います。青木功プロは「多くのプロは体を回すことばかり考えている。クラブを持っているのは手なのに不思議だ。俺は違う。」と言っています。
青木プロは手に意識を多くおいて、結果的にボデイが同調しているのだと思います。ですから「単なる手打ち」にならないのではないでしょう。

私の所有するレッドベターのビデオでは、手に持った生徒がそれをアドレス位置のボールに向かって投げるドリルをしているシーンがあります。
トップの形の右手を内旋させながら伸ばしていく動作が右手の使い方であるとの説明です。

青木プロとは対極にいるはずのボデイターンで有名なレッドベターでも、正しい手の使い方の重要性を説いているということは、手を使わなければゴルフの上達はないということの証ではないでしょうか。

人間は機械ではありませんから、毎回同じバランスでスイング出来るはずはありません。したがって、最終的には手の動作で微調整してインパクトを迎えているはずで、ボデイターン打法を自称しているプロであっても無意識の意識の中でやってのけているはずです。
プロがインパクト以降に片手を離すシーンを時々見かけます。酷いミスショットになりそうなのところを反射的に補おうとしているのでしょうが、手を使う意識(普段は無意識でも)がなければあのようの芸当は出来ないと思います。

>>飛ばそうと思うと振り遅れる。
>>叩くと左に行く。

前者はボデイターン派に多く、後者は手に意識の多くを置くプロに多いと思います。

質問者さんは練習場において、目一杯飛ばすスイングをし、なおかつそれでストレートか若干フック気味のボールが出るように練習されたらよいのではないでしょうか。

「振り遅れないように右手の内旋動作と左手の外転(ベン・ホーガンのモダンゴルフでの表現)を使い、ボデイーと腕の動き(クラブヘッドの動き)を同調させる」という動作が身に付くと思います。

>>体を思いっきり速く回すと体が開いてプッシュやスライスしやすくなりますので、
>>「頭を残して左肩を開かずに体を思いっきり速く回す」という自分でも矛盾した
>>ような表現になります。

私も似たような経験がありますが、正に矛盾した動きであり、毎回タイミングがマチマチになってしまいます。手の使い方を覚え、最終的には無意識に使えるようになればよいと思います。

ANo.4です。
補足の中身を回答させていただきます。

>>「叩く」ためには腕や手に意識がないと無理だと思いますので、
>>やはり本来は意識を持たせるべきなのかなぁと思っていますが

との事ですが、手を使わないプロゴルファーはいないと思います。青木功プロは「多くのプロは体を回すことばかり考えている。クラブを持っているのは手なのに不思議だ。俺は違う。」と言っています。
青木プロは手に意識を多くおいて、結果的にボデイが同調しているのだと思います。ですから「単なる手打ち」にならないのでは...続きを読む

Qバックスイングで頭がどうしても下に下がってしまいます。

バックスイングで頭がどうしても下に下がってしまいます。
軸を意識し、肩の線に平行に、前傾軸に対して垂直にバックスイングしているつもりなのですが、
腕の上げ方か肩の回し方が悪いのか、どうしても頭が下に下がるんです。
頭を上下に動かすのはマイナス面が多いのでどうにか直したいのですが、
方法がわかりません。
アドバイス宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

イキナリですが・・・・


『まず前傾せずに野球のスイングのように横振りしてみてください。』


それならおそらく頭が上下や前後に動くなんてことは無いと思いますが・・・・
そのまま横振りを続けて少しずつ前傾していってみてください。


『どうですか?まだ頭上下してますか?』


これでダメだった場合は・・・・


『じゃあ今度は同じことを"目をつぶって"やってみましょう!』


クラブは短く持ってマットに擦る必要はありません。
練習場のゴムティーなんかを目をつぶったまま打てれば最高です。


デジカメなんかで動画を撮れれば客観的にも確認できますが、目をつぶることによって体の動きが感じやすくなっていると思います。頭の動きもどうなっているか感じれませんか?


というか、おそらく素振りであれば出来てませんか?
実際ボールを打とうとした時『ボールを見よう!見よう!』という意識が強いと
テークバックで頭がボールに近づくかた結構おられます。
ダウンスイングではその反動に頭が上がってしまいます。


頭は多少であれば動いても構わないですよ!っていうかプロでも多少は動いていますし、人間のパーツで一番重い部分・・・全く動かすな!というのは逆に難しい注文です。でも仰るとおりあまり大きな上下動は宜しくありません。


アタマ・アタマと強く意識し過ぎるとかえってギコチ無くなったりしますので胸やみぞおちとボールの距離が変わらないような"イメージ"・・・・例えばボールと胸の間に糸が張ってあって、それがスイング中ずっとピーンと張っている状態をイメージなんかしながら素振りから始めてください。上手く上下動せずにアイアンのソールでマットをシュッシュッと続けて振れるようになればOKです。


ボールってあまり凝視する必要はありません。上手くなれば目をつぶってもボールは打てます。視界の中にボンヤリ在るな~程度で充分です。


もしこれでもダメなら・・・・膝かな?
テークバックで左膝が前に折れていませんか?
と同時に右膝が伸びてませんか?


体を支えている足が上下すれば当然頭も上下します。
スイング中あまり膝の高さを変えないように足を使うのが正解です。
両足(両膝)の間に挟める程度のボールのような物があれば挟んで素振りしてみてください。


スイングを直接見ていないので、以上はあくまで想像ですが、頭を動かしたく無いのであれば、まずは一旦"頭から離れて"スイングを見直してやりましょう。

イキナリですが・・・・


『まず前傾せずに野球のスイングのように横振りしてみてください。』


それならおそらく頭が上下や前後に動くなんてことは無いと思いますが・・・・
そのまま横振りを続けて少しずつ前傾していってみてください。


『どうですか?まだ頭上下してますか?』


これでダメだった場合は・・・・


『じゃあ今度は同じことを"目をつぶって"やってみましょう!』


クラブは短く持ってマットに擦る必要はありません。
練習場のゴムティーなんかを目をつぶったまま打てれば最高です。


デジ...続きを読む

Q肩を水平に回すということ

お世話になっております。
最近、スランプにおちいり、特にミドルアイアン以上で
ボールがトウに当たり、飛びません。
原因はグリップに力が入りすぎとか、体が起き上がるだと
か、修正をしてますが、よく言われる「肩を水平に回す」
って、地面に対して水平なのか、上半身の軸に対して90度
で回転させるのか・・・悩んでおります。
プロのスイングを見ると、軸に対して概ね水平みたいですが。
軸に対して水平の場合、アドレス時には右肩が下がっており、
一つの目安として左肩を回転させた場合、アドレス時の右肩
付近にもっていく、でいいのでしょうか?
宜しくご教示下さい。

Aベストアンサー

肩を水平に回すとレッスンでよく耳にする言葉ですが、あくまで背骨の軸に対してです。
真っ直ぐ地面に垂直に立っている場合なら肩を地面と水平に回すことはできますが、背骨の軸を前傾していくと肩だけ水平に回転させるのは体の構造上難しくなります。
ショートアイアンの場合は自然と前傾しますから、スイング軸もタテ振りになって上手く打てます。
でもシャフトが長くなってくると体が起きてきて横殴りのようなスイングになってしまうことがあります。
こうなるとフェイスが寝た状態で当たりますので、トウ側に当たりやすくなり仮にちゃんと当たってもクラブの性能は発揮できません。
ドライバーは前傾姿勢が起き気味になるというだけで、タテ振りということは変わりません。
シャフトの長いクラブが苦手という人はアドレスのときの前傾姿勢がトップのときに起き上がってしまい、結果横殴りのスイングになっている場合が多いものです。

右利きの人の場合はグリップで右手が下になりますので、当然、右肩が下がります。
>アドレス時の右肩付近にもっていく、でいいのでしょうか?
あまり、肩でイメージを作らない方がいいと思います。
持って行くのでなく、結果としてそうなるかもしれませんが肩をあまり意識すると力が入りすぎてヘッドの重さで打てなくなります。
どうしても肩付近のイメージでスイングを考えたいのであれば、テイクバックで左手が地面と水平になったときに肩からヒジのラインを意識して、左手のそれと右手のそれが平行になるように気をつけてください。
右手の脇を空けるような形になりますが、トップまでが楽に回るようになります。

肩を水平に回すとレッスンでよく耳にする言葉ですが、あくまで背骨の軸に対してです。
真っ直ぐ地面に垂直に立っている場合なら肩を地面と水平に回すことはできますが、背骨の軸を前傾していくと肩だけ水平に回転させるのは体の構造上難しくなります。
ショートアイアンの場合は自然と前傾しますから、スイング軸もタテ振りになって上手く打てます。
でもシャフトが長くなってくると体が起きてきて横殴りのようなスイングになってしまうことがあります。
こうなるとフェイスが寝た状態で当たりますので、トウ...続きを読む


人気Q&Aランキング