人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

一般に使われている「ご迷惑をおかけしました。」ですが、迷惑をかけるのは自分なのに、なぜ「お」をつけるのですか?その行為をする人(主語)が自分の時には尊敬語はつけないものだと教わったので「ご迷惑をかけてしまって申し訳ありませんでした。」と、なんとなく丁寧さに書ける表現を使ったりしています。そのほうがおかしい気はするのですが・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

二か月ほど前に、同様の質問に回答したものがありますので、そちらも参考になさってください。


http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2342707.html

これとは別に、現在、文化審議会国語分科会(旧・国語審議会の後身)で敬語表現についての検討が行われており、つい先日、新しい『敬語の指針(案)』が公表されました。マスコミでもけっこう大きく報道されたので御存知の方も多いと思いますが、「敬語を従来の3分類から5分類にする」というのがキーポイントになっています。
  従来形 →  新しい指針(案)
  尊敬語 → (1)尊敬語
  謙譲語 → (2)謙譲語I、(3)謙譲語II(丁重語)
  丁寧語 → (4)丁寧語 、(5)美化語

以下、その抜粋です。個々の解説は略。
----------------
第2章 第1 敬語の種類と働き

(1)尊敬語  (「いらっしゃる・おっしゃる」型)
    相手側または第三者の行為・ものごと・状態などについて、その人物を立てて述べるもの。
  [例]
   [行為等(動詞、及び動作性の名詞)]
      いらっしゃる、おっしゃる、なさる、召し上がる、お使いになる、ご利用になる、読まれる、始められる、お導き、御出席、(立てるべき人物からの)御説明
   [ものごと等(名詞)]
      お名前、御住所、(立てるべき人物からの)お手紙
   [状態等]
      お忙しい、ご立派

(2)謙譲語I (「伺う・申し上げる」型)
    自分側から相手側又は第三者に向かう行為・ものごとなどについて、その向かう先の人物を立てて述べるもの。
  [例] 伺う、申し上げる、お目に掛かる、差し上げる、お届けする、ご案内する、(立てるべき人物への)お手紙、御説明

(3)謙譲語II(丁重語) (「参る・申す」型)
    自分側の行為・ものごとなどを、話や文章の相手に対して丁重に述べるもの。
  [例] 参る、申す、いたす、おる、拙著、小社

(4)丁寧語  (「です・ます」型)
    話や文章の相手に対して丁寧に述べるもの。
  [例] です、ます

(5)美化語  (「お酒・お料理」型)
    ものごとを、美化して述べるもの。
  [例] お酒、お料理
----------------

「ご迷惑」の「ご」は(1)の尊敬語、「おかけ」の「お」は(2)の謙譲語I、ということになります。これは従来の尊敬語/謙譲語の分類と、意味・用法ととくに変わっていません。

また、「第3章 第2 敬語の適切な選び方」に、謙譲語Iの「お・ご」の問題について以下のような解説があります。
----------------
4 自分側に「お・御」をつける問題
   自分のことに「お」や「御」をつけてはいけないと習ったような気がするが、「お待ちしています」や「御説明をしたいのですが」などというときに、自分の動作なのに、「お」や「ご」を付けるのは、おかしくないだろうか。これは、どう考えればよいのだろうか。
[解説1]
   自分側の動作や物事などにも、「お」や「御」を付けることはある。「お」や「御」を自分のことに付けてはいけないのは、例えば、「私のお考え」「私の御理解」「私のお帽子」など、自分の動作やものごとが相手側や第三者に直接関わらない場合である。自分の動作やものごとでも、それが〈向かう先〉を立てる場合であれば、謙譲語Iとして「(先生を)お待ちする」「(山田さんに)御説明をしたい」など、「お」や「御」を付けることには全く問題がない。
----------------

ついでに、「ご飯」や「お米」は美化語です(従来は丁寧語)。上記解説で謙譲語としては間違いとされている「お帽子」も、美化語としては普通に使われますね。近年とみに増えている感があります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。そういうことなんですね~。よくわかりました。日本語って難しいですね。今まで日常生活で感じていた「この敬語、正しいの??」といった思いがスッキリしました。これから敬語の使い方に迷ったらこの回答を読み直させて頂きます。そういえばお届けする、ご案内する、なども動作の主語は自分なのについていますね。(ご案内の「ご」は「案内」につく美化語かなとも思っていたんですが・・)

お礼日時:2006/10/26 21:40

「お~する」の形は尊敬表現ではなく、謙譲表現ですから問題はありません。

「お書きする」「お読みする」「お見せする」など、こちら側の動作につけて謙譲することで、相手に敬意を表します。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。そうなんですね~。「お~する」が、謙譲語とは知りませんでした。日本語は難しいですね。今後、参考にさせていただきます。

お礼日時:2006/10/26 21:47

実は私も、質問者様と同じような疑問がありました。


目上の人にメールする時など「○○の件で資料を『お送りします』」と書いて良いものかどうか迷ってしまい、苦し紛れに「資料を『送らせていただきます』」などと長ったらしく書いてしまうこともありました。

#2の方の回答をヒントに調べてみたら、「お送りする」「お届けする」も謙譲語だと判りました。では「お送りします」でOKだったのですね。私も疑問が晴れてスッキリしました。どうもありがとうございました>ALL

参考URL:http://www3.kcn.ne.jp/~jarry/keig/c01c08.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんです!!「お~する」が正しいのかわからず、私も「~させていただきます」と使っていました。長いし、言葉がなんとなく美しくなくてなんとかならないかな、と思っていました。私もスッキリです。ありがとうございました。

お礼日時:2006/10/26 21:53

相手に対して話す言葉だから、別に不思議はないと思います。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

すぐにお返事いただいて、ありがとうございました。#1の方の回答にもありましたが、動作の向かう方向が相手っていうことですものね。ありがとうございました。

お礼日時:2006/10/26 22:00

この場合の「お」は尊敬語ではなく、謙譲語になるのです。



似た例に
「聞く」→「お聞きする」(尊敬語は「お聞きになる」)
などがあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですね~。「お~する」が謙譲語になることを知りませんでした。私、恥ずかしながら「お聞きする」は間違った敬語の使い方だと思っていました。自分の動作におをつけるなんておかしいと、自信満々に思っていました・・・。間違っていたのは自分の方だったんですね・・。勉強不足でした。ありがとうございました。

お礼日時:2006/10/26 22:07

「ご迷惑をおかけします」でよいのでは?


「迷惑」に「お」をつけるなんて、とお思いでしょうが・・・あなたは「ご飯をたべる」を「飯をたべる」と言いますか?「米」でもいいけど「お米」と言いましょうよ。等など
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すぐにご回答いただいて、ありがとうございました。#1さんをはじめ多くの方に参考意見をいただいて、「ご迷惑をおかけする」は謙譲語だということがわかりました。ありがとうございました。

お礼日時:2006/10/26 22:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q正しい日本語って、何を基準にすればいいですか?

連絡します。
報告します。
調べます。

上記の言葉は一例なのですが、
AさんがBさんであるお客様と会話する場合、
Aさんの言葉使いとしては、やはり「ご」や「お」をつけるのは間違っているのでしょうか。

Bさん「ではその件はお願いしてもよろしいですか?」

Aさん「・・・・では後日、ご連絡いたします。」
Aさん「・・・・では後日、ご報告いたします。」
Aさん「・・・お調べいたします。」

ある本では、この場合の「ご」は「ごはん」につく「ご」と同じで、
敬語ではない。というのがありました。
なので、付けてもおかしくないのだと。

連絡するのが自分だから「ご」はつけない。
連絡を受けるひとはお客様だから「ご」をつける。
人によりいろいろ意見があるのですが、
何が正しいっていうんもはないのでしょうか。

Aベストアンサー

第1期国語審議会の建議『これからの敬語』(昭和27年4月14日)に、以下のように書かれています。

---------------------------------
4 「お」「ご」の整理
(1)つけてよい場合

  1) 相手の物事を表わす「お」「ご」で,それを訳せば「あなたの」
   という意味になるような場合。たとえば,
     お帽子は,どれでしょうか。
     ご意見は,いかがですか。
   
  2) 真に尊敬の意を表わす場合。たとえば,
     先生のお話  先生のご出席
   
  3) 慣用が固定している揚合。たとえば,
     おはよう  おかず  おたまじゃくし
     ごはん   ごらん  ごくろうさま
     おいでになる(すべて「お――になる」の型)
     ごらんになる(すべて「ご――になる」の型)
   
  4) 自分の物事ではあるが,相手の人に対する物事である関係上,
   それをつけることに慣用が固定している場合。たとえば,
     お手紙(お返事・ご返事)をさしあげましたが
     お願い  お礼  ご遠慮
     ご報告いたします
---------------------------------

ご質問のケースは、4)にあたるものですね。
「ご挨拶」「ご連絡」「お尋ね」「お調べ」「お答え」「お持ち」「お取り置き」「お運び」…。
自分の行為の結果がお客様に及ぶ場合、「お」「ご」を付けないと尊大な印象を与えてしまうおそれがあります。

書店のレジでよく聞くことばで
「カバーをお掛けしますか」は、「はい」と答えると店員が掛けてくれます。
「カバーをお掛けになりますか」と聞かれたことが何度かありました。客に自分で掛けるか聞いているのではありません。
「お~~になる」は自分の行為には使わないので、これは間違いですね。


昭和27年の『これからの敬語』は半世紀も経って現状にそぐわない点もあります。
平成5~7年の第20期国語審議会でも議論されたようですが、「敬語の問題」と経過報告にあるだけで、まとまったものは出ていません。したがって、今のところ昭和27年の建議が唯一の公式な敬語法ということになります。

第1期国語審議会の建議『これからの敬語』(昭和27年4月14日)に、以下のように書かれています。

---------------------------------
4 「お」「ご」の整理
(1)つけてよい場合

  1) 相手の物事を表わす「お」「ご」で,それを訳せば「あなたの」
   という意味になるような場合。たとえば,
     お帽子は,どれでしょうか。
     ご意見は,いかがですか。
   
  2) 真に尊敬の意を表わす場合。たとえば,
     先生のお話  先生のご出席
   
  3) 慣用が固...続きを読む

Q「お誓いいたします」という日本語について

神前結婚式の誓詞奏上で「お誓いいたします」という言葉をよく耳にしますが、あまり聞きなれないためか違和感を感じています。

質問です。誓詞を読んでいる新郎さんが神様に誓うのを自分で「お誓い」と「お」をつけて言うのは正しいのでしょうか?

また、自分が目上の人に対して「お願いします。」と言うのは全く違和感がありません。願うのは自分なのに不思議です。
これはただの慣れなのでしょうか?

Aベストアンサー

広辞苑
ちか・う【誓う・盟う】《他五》
(1) 神仏や他人・自分自身などに対して、ある事を必ず守ると固く約束する。

神様に対して「お誓い」したり「お祈りする」するのは「謙譲語」ですから、間違った使い方ではありません。
自分に対して「お誓い」「お祈り」するのは間違いですけど。

敬語の分類(尊敬語・謙譲語・丁重語・丁寧語・美化語)については、下記質問の回答No.6 にもありますので、ご参照ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2496407.html

Q「ご苦労さま」と「ご苦労をおかけします」

「ご苦労さま」に関係する敬語について、質問が二つあります。

(その1)
目上の人の手をわずらわしたとき、「ご苦労をおかけしました」というのは問題ないでしょうか。目上の人に対して「ご苦労さま」と言うのがまずいことは知っていますが、それとは違う使い方ということで良いですか。

(その2)
ある人に対して「ご苦労さま」と言いたい状況のときに、その人が目上であれば「お疲れさま」と云うべき、ということになっていますが、この「お疲れさま」という言葉が何となくしっくりしません。「ご苦労さま」の本当の敬語体ではないような気がします。「ご苦労さま」に相当する真の敬語がありましたら教えてください。古風な言葉でも構いません。

Aベストアンサー

「ご苦労」は、上の立場の者が下の立場の者に対して使う言葉。
だから「ご苦労をおかけしました」はアウト。
「お疲れさま」も実はアウト。「お疲れ」も同様なんだ。

では、どう言えば良いのかというと
侘びの意を伝える意味で使いたいのであれば、
「ご迷惑おかけしました」
「お手間をとらせて申し訳ありませんでした」
感謝の意を伝える意味で使いたいのであれば、素直に
「ありがとうございました」
「ご足労いただきありがとうございました」
…のような表現で良い。

・・・
あまり古い表現を使うと、表面的にしか捉えてもらえず心証を悪くするので
よほど理解のある上司以外には使わない方が良い。

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q迷惑をかけるかと思いますが宜しくお願いしますは、どういう表現に置き換えられるでしょう。

日本の親御さんからホストファミリーへのメッセージとして、こういうのがあります。
「ご迷惑をおかけすることがたくさんあると思いますが、よろしくお願いします。」
「家を離れたことがないので、失礼なことをするかもしれません。」
これを英語にするとどんな選択肢があるのか
どなたかお知恵をお貸し願えないでしょうか?

I hope my son/daughter won't cause you too much trouble during the homestay.

とかでしょうか??? 日本式に、明らかに迷惑をかけるでしょうや
かけるかもしれません、は、そぐわないですよね?
どなたかそういった表現を訳した経験がある方、お知恵をお貸し下さい。

Aベストアンサー

#4です。
回答を投稿した後考えたのですが in advance が前の方が良いですね。

Thank you for everything you will do for my son/daughter during his/her stay in advance.

Thank you in advance for everything you will do for my son/daughter during his/her stay.

訂正させていただきます。
失礼致しました。

Q「~したい」「~したく」は目上の方に失礼な表現でしょうか?

私は入社2年目の駆け出しの会社員です。敬語の使い方について教えてください。
社内メールにて、自分が送信相手に何かを主張する時、「~したい」「~したく」という文を見受けられます。これは目上の方に失礼な表現でしょうか?
一方「~したいです」と使用すると、個人的にはやや幼稚な響きがあり、抵抗があります。
目上の方に対してはどのような表現が適切でしょうか?
また、他に何かいい表現があればご教授ください。

Aベストアンサー

こんにちは、No.4です。

「思う」「考える」という表現は政治家の選挙演説でも頻繁に使われますが、
自信が無いようには感じませんよね。
主張が一言だけで終わらないのは演説もビジネス文書も同じこと、
意志や主張の強さは文脈の前後で調整していけば良いと思います。

ケースバイケースですが、
自分が「こうだ!」と思っても相手はそう思わない場合もあるので
文をマイルドにしてくれるこういた柔らかい表現、私は重宝していますよ。
(一方的な主張に終始して失敗したこともありますので・・(^^ゞ)

堅めに書くなら他に
「~を検討しています」
「~の実施を検討しています」
などという表現も使えるかも知れませんね。

Q他人に依頼する時の ”~~して欲しい。” の敬語は?

仕事で外注さんなどに見積もりを取ったり、
○○について教えて欲しい事があり、
その旨を文章にしFAXすることがあります。
その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、
どう書くのが正しいのかわからず質問します。

先程も言いましたが、
「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。

例えば、
~~について値段や納期を”教えて欲しい。”
~~の見積もりを取って欲しい。
~~して欲しい。
~~見積もりを取って欲しい。

などです。
”いただきたい”と使うのもいいかもしれませんが、
最近この”いただきたい”を多用したり、間違った使い方をしてるの見かけたり、または無意識に自分自身が間違って使っていることもあるかもしれませんし、
何より、”いただきたい”よりもっとふさわしい言葉があるのではないかと思い、質問しました。

こういう、自分の希望などで”~~して欲しい”というときの敬語はなんと言えばいいのでしょうか。

検索エンジンで調べてみましたが、出てきませんでした。
ビジネスマナーの本に例文として出ているかもしれませんが、
もしかしたら出ていないかもしれません・・・。
と思い、教えて欲しいです。
宜しくお願いします。

仕事で外注さんなどに見積もりを取ったり、
○○について教えて欲しい事があり、
その旨を文章にしFAXすることがあります。
その時に何か不自然に思う敬語を使っているなと感じますが、
どう書くのが正しいのかわからず質問します。

先程も言いましたが、
「教えて欲しい」の敬語がわからず困っています。

例えば、
~~について値段や納期を”教えて欲しい。”
~~の見積もりを取って欲しい。
~~して欲しい。
~~見積もりを取って欲しい。

などです。
”いただきたい”と使うのもいいかもし...続きを読む

Aベストアンサー

外注に対してですよね?
それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。

また、「見積もりを取ってください。」は文法的におかしいですね。
貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。という意味になりますね。
貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。そう言われると、B社はどこから取れば良いのでしょう?

↓こんな感じでかまいませんよ。

         見積もり依頼書

下記条件で見積もりをお願いします。

            記

品名     :○○○○○○○
数量     :10セット
希望納期   :2009年5月20日
納入場所   :弊社内指定場所
支払条件   :従来通り弊社規定に基づき、3ヵ月手形
見積書有効期限:発行日から1ヵ月間

他の文章については、以下のように考えます。
~~について値段や納期を”教えて欲しい。”
 → ~~に関する価格と納期を回答願います。

~~の見積もりを取って欲しい。
 → ~~の見積もりをお願いします。

~~して欲しい。
 → ~~していただきたい。

外注に対してですよね?
それならば自分がお客ですから、敬語も丁寧語も不要で、依頼書にすれば良いと思います。しかし、そうは言っても、相手は他人ですから、それを気遣う程度の丁寧語にすれば良いですよ。

また、「見積もりを取ってください。」は文法的におかしいですね。
貴方の会社をA社、外注をB社とすると、A社の貴方が、B社の誰かにC社からの見積もりを取り寄せて欲しい。という意味になりますね。
貴方がB社に対して見積もりを書かせるなら、「取ってください」は無いですね。そう言われると、B社...続きを読む

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

Q送付いたします。お送りします。どれが正しいですか?

仕事上での取引先に対する言葉(書類の文章)について質問します。
相手先に郵送書類やFAXを送る際に、内容を記した用紙を添えますが、そこに印刷しておく文章は
どのような言葉が正しいのでしょうか?
『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
『次の書類をお送りしますので、ご査収のほどお願い・・・・・』
その他、良い表現やよく見かけるけど良くないと思うもの、などありましたら、教えてください。
『お送り』については、自分が送り主の場合はダメで、相手が送り主の場合の場面で『●●をお送りください』などと頼む場合の言葉なのでしょうか?

Aベストアンサー

『次の書類を送付いたしますので、ご査収のほどお願い・・・』

送る行為は、相手にも関わる事なので、
「送付いたします」と、致しますと言っていても、
「ご」を付けなければ「送り付ける」という意味になります。
「ご」は相手に対する「謙譲語」です。

「ご送付します。」か「ご送付致します。」が正しいです。
「する」の謙譲語は「いたす」なので、「ご送付致します。」が
正しいのです。 二重敬語になるかもしれませんが、こちらの方が
丁寧です。

「お送り致します。」でもOKです。

・「ご」を必要としない場合は、「送付させて頂きます」になります。

例えば「ご連絡します」の「ご」も同様です。連絡するのは
自分の動作ですが、「連絡」を受ける相手に対する敬意を表すため、
謙譲の接頭語「ご」を付けます。

相手に頼む場合は「お送りください。」です。

http://mc2.civillink.net/biz/biz.html

http://allabout.co.jp/gm/gc/297603/

Q「精一杯がんばります」を言い換えると?

クライアントから、かなり難しい案件を任されました。
しかし、今後につながる大切な仕事なので、良い結果を出すために全力を尽くしたいと思います。

そこで、その旨を伝えるべく、返信のメールを出す段になって、はたと困りました。

ビジネス文書なので、もちろん「精一杯がんばります」とは書けません。
「鋭意努力します」なども考えたのですが、仕事はそもそも一生懸命するのが当たり前なので、「がんばる」とか「努力する」とかいう言葉は使わない方がいいですよね。
「尽力」などは、自分のことにはあまり使わないし、傲慢な感じ(押し付けがましい感じ)がすると思います。

そこで、質問です。
謙虚な感じは残しつつ、全力で取り組むことをアピールするのに、ぴったりな表現はないでしょうか。
皆様のアドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

「○○様(貴社?)のご期待に添えますよう、社員一同全力をもって取り組んでまいりたいと考えております。」

というかんじではいかがでしょうか?


人気Q&Aランキング