小説やキリスト教関係の本を読んでいると、ユダヤ人が伝統的に割礼をするという場面がでてきますが、どのような宗教的意味があるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 


  参考URLに、一応ユダヤ教での「宗教的意味」を説明したページを挙げて置きます。このページで述べられているように、「割礼」は、ユダヤ教における「基本的戒律」で、律法での「神との契約」の証であるとされます。典拠は、参考URLは『レヴィ紀』を挙げていますが、この書物は「律法概説書」で、細かい律法規定が細かく記されています。レヴィというのは、レヴィ=ストロースなどの「レヴィ」ですが、これはイスラエルの十二支族のなかで、「祭儀」を扱う支族で、レヴィ人というのは、世襲の下級祭司のことです。レヴィ人に関係する規定というのは、律法規定のことになるのです。
 
  ところで、この「割礼」の話は、『創世記』において、アブラハムが、神の命令に従って旅を初めて、ある所で、神の聖なる領域に近寄った時、神がアブラハムを殺そうとしたので、妻サライが、彼の「前の皮」を取って、これを神に示した所、神は満足してアブラハムを殺さなかったというような挿話が入っています。この話は、『レヴィ紀』が成文化される前の話で、当然、ユダヤ人のこの古い習慣を、彼らの大いなる「父祖」であるアブラハムに根拠付けようと言う話なのです。アブラハムは、知らなかったということになります。しかし、妻が機転をきかして、彼に割礼を施し、神に示したので、神は「契約」を結ぶことをアブラハムが確かに確認したという意味で、アブラハムに害せず、これを認めたのだとも云えます。
 
  こうして「割礼」は、ユダヤ人にとっては、神聖な神との「契約」の意味を持ちますが、『新約聖書』においてパウロは(「ローマ人」か「コリント人」か、またはどれかの書翰のなかです)、「割礼を受けた者(ユダヤ人)も、受けていない者(異邦人)も、キリストは分け隔てなく救ってくださる」と宣言しています。ここでキリスト教がユダヤ教から明白に分離したのだとも云えます。「割礼の契約」を「旧約(旧い契約)」として、「キリストとの霊の交わり=洗礼」を新しい契約=「新約」として、キリスト教の独自性を主張していることになります。
 
  とはいえ、割礼は、宗教的にユダヤ教では、契約と関連付けて理解されますが、衛生的目的の合理性や、成人男子として女性と結婚して性交するのは、「包茎」状態では困るので、「成人式」のなかの儀式として本来あった可能性があります。アブラハムは現に、幼児割礼を受けていないのです。「律法」の色々な煩瑣な規定は、その時代と状況の文化で考えると、衛生上や健康上、病気などの問題において、十分合理的な根拠があったものがあります。例えば、「血を食べてはならない」と『レヴィ紀』などに記されていますが、これは、生の血は消化に悪いとか、砂漠地帯では、腐敗しやすいということがあります。豚肉を食べてはならないはイスラム教の戒律ですが、『レヴィ紀』にも同じ規定があったはずです。この理由も、砂漠地帯では、豚肉は腐敗し易いので、食べない方が健康を害しないという合理的理由があったのでしょう。
 
  割礼は、衛生状態や実用的な合理性があり、成人式と関連していた他に、世界中の文化にある「男根崇拝」というものとも関係があるはずです。日本やインドなどで、この崇拝はあり、神社の神が、男根の形をした石であるなどということがあります。ギリシアでもローマでも、中近東でもインドでも日本でも、こういう崇拝はあった訳で、それは「生殖力」のシンボルであるとすると、ユダヤ教の神が(『旧約聖書・創世記』のなかで)言った、「生めよ増えよ」という言葉は、生物や人間に対する祝福の言葉であって、「生殖力」を祝ったのだとも考えられ、「割礼」は、生殖力ある成人となって、神との契約を結ぶというのが、基本の意味としてあったとも云えます。
 
  ギリシアやローマのプリアポス(男根神)崇拝とか、古典ギリシアの大理石彫刻の成人男性像やアポローンなど男性神のファロスが、少年の形で表現される(つまり、包茎状態で、アポローンの像などは刻まれています)ということは、どういう意味なのか、色々とシンボルや古代の宗教概念などが関係して来て、非常に広い文化横断的な意味があるのですが、とりあえず、ユダヤ人の「割礼」については、宗教的な意味と、それに隠れた、実用的合理的意味があったということです。
  
  >ユダヤ人について(3)
  >http://village.infoweb.ne.jp/~fwgj9369/mystery/J …(3).htm
  

参考URL:http://village.infoweb.ne.jp/~fwgj9369/mystery/J …(3).htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

くわしい回答をありがとうございました。割礼とはキリスト教の洗礼のような位置ずけのものなんだ。と理解しました。参考URLも読みましたが、”割礼をしていないユダヤ教徒はユダヤ人として認められない”というくだりで、ユダヤ教にとって割礼とはいかに重要な儀式なのかもわかりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2002/04/11 09:41

私が読んだ本では宗教的な意味ではなく、保健的な意味合いのものだとありました。


割礼が始まった当初は産まれてきた子供が男子なら産まれてから10日程で割礼していたそうです。その他大人になってからの割礼は結婚する相手の女性の父親にしてもらうのが慣わしだということです。
そうすることで包茎になるのを防ぎ、性行為が不潔になったり、病気になったりするのを防いでいたそうです。
その割礼をユダヤの人達はとても大切に(伝統的に)するのには理由があります。ユダヤ人というのは人類文学的には人種ではなく(簡単に言えばユダヤ教信者の団体)、何も区別するものがないので「私はユダヤ人です」というのがないらしく、割礼をユダヤの証みたいにしていたらしいです。
色々な国で割礼ってあるみたいですが、ユダヤ人が1番最初らしいです。

私が読んだ本はとても古い本だったので、もし違っていたらごめんなさい。
それでは(@†∇†@)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答を頂きありがとうございました。宗教的な意味以外に保健的な意味もあったのですね。又、割礼をすることで、ユダヤ人の証にしていた。というのはとても興味深く感じました。

お礼日時:2002/04/11 09:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイスラム教とユダヤ教とキリスト教の争い、対立関係は?

宗教の質問はとても難しいのですが、どうしてもわからないことがあり、質問させて下さい。

3つの質問があります。

◆ここ最近、ヒズボラとイスラエルの戦争のニュースを見て思ったんですが、宗教で言うと、イスラム教とユダヤ教が対立していますよね。イスラエルを支持しているのはアメリカですが、ブッシュ大統領はキリスト教の右派だと何かで見ました(ブッシュさんは宗教を利用してるだけかもわかりませんが)

イエスキリストを殺したのはユダヤ教の偉いさんなんですよね。でもブッシュ大統領率いるアメリカはイスラエルと仲がいい。むしろイスラエルが親でアメリカが子供のような関係らしいですが。今は、ユダヤ教とキリスト教は仲がいいんでしょうか?

◆宗教戦争ではイスラム教VSユダヤ教はよく聞くのですが、イスラム教VSキリスト教、もしくはユダヤ教VSキリスト教は聞きません。

基本的に対立しているのはイスラム教とユダヤ教なんでしょうか??

◆アメリカをコントロールしているのはイスラエルとかも何かで見ましたが、ユダヤ人はそんなに頭が良くて、お金と権力を持ってるんでしょうか。大昔、ユダヤ人は金融(金貸し)ビジネスをやっていたらしいですが、その名残でしょうか?

※ネットや本などを軽く呼んだ程度の凄く薄い知識で書きましたので、私の質問の中で、間違っている所があればご指摘下さい。

宗教の質問はとても難しいのですが、どうしてもわからないことがあり、質問させて下さい。

3つの質問があります。

◆ここ最近、ヒズボラとイスラエルの戦争のニュースを見て思ったんですが、宗教で言うと、イスラム教とユダヤ教が対立していますよね。イスラエルを支持しているのはアメリカですが、ブッシュ大統領はキリスト教の右派だと何かで見ました(ブッシュさんは宗教を利用してるだけかもわかりませんが)

イエスキリストを殺したのはユダヤ教の偉いさんなんですよね。でもブッシュ大統領率いるア...続きを読む

Aベストアンサー

1.ブッシュは、キリスト教右派ですが、宗教を利用しているというよりもネオコンや宗教団体に「利用されている」という側面の方が強いでしょう。父親と異なり、彼には「何かを利用する」という才覚はないようです。
ナザレのイエスを処刑したのはローマ総督です。ただし、強行に処刑を主張したのはユダヤ教指導者たちという事になっています(聖書の記述が正確だったとして)。
アメリカがイスラエルと仲がいいとは言い切れません。相互に「利用しあっている」と言えるでしょう。ユダヤ教とキリスト教では「宗教的には水と油」です。イスラエルは「政治的バックボーンとしてアメリカを利用」し、アメリカは経済的・軍事技術的支援をユダヤ資本に依存しています。もっと「ドロドロとした関係」です。

2.イスラム対キリスト教の対立は、十字軍遠征にさかのぼります。イスラムの支配地を制圧した十字軍は「足首まで血に浸かった」といわれています。
ユダヤ教とキリスト教の対立は、ローマによるユダヤ王国占領後、ローマがキリスト教を国教としたときまでさかのぼるのではないでしょうか。亡国の民ユダヤはヨーロッパ各地で迫害されゲットーと呼ばれる居留地に押し込まれたりしました。近年ではナチによるユダヤ人迫害などがありますが、基本的にユダヤ人はどこの土地でも嫌われています(ユダヤ人側に原因がある事も多いのです)。
イスラム、ユダヤ教、キリスト教、そしてそれぞれの会派は「おのおの同士」で対立しています。近親憎悪に近い物がありますが、教えの解釈を巡った対立や、宗教指導者の地位を巡った対立もあります。

3.そうとも言えますが、ユダヤ人たち自身が「ヨーロッパの戦争」に基本的には関与しなかったというのも理由です。彼らはとにかく「自分たちはユダヤ人」と思っていますので、ドイツに住んでいても「ドイツの事には無関心」だったのです。それでいて兵器産業でもうけたりしていた為、嫌われる原因となっています。
ユダヤ人がヨーロッパの戦争を陰で操り、その土地の国民が苦しむ事で潤ってきたという見方をする人も結構いますね。現代でもユダヤ資本の多くは兵器産業に大きく関わっています。

1.ブッシュは、キリスト教右派ですが、宗教を利用しているというよりもネオコンや宗教団体に「利用されている」という側面の方が強いでしょう。父親と異なり、彼には「何かを利用する」という才覚はないようです。
ナザレのイエスを処刑したのはローマ総督です。ただし、強行に処刑を主張したのはユダヤ教指導者たちという事になっています(聖書の記述が正確だったとして)。
アメリカがイスラエルと仲がいいとは言い切れません。相互に「利用しあっている」と言えるでしょう。ユダヤ教とキリスト教では「宗教...続きを読む

Qユダヤ教キリスト教イスラム教の共通点

どなたかユダヤ教キリスト教イスラム教共通点をいくつか教えていただけませんか?

Aベストアンサー

元々、ユダヤ教が原点です。(ユダヤ教の原点は何か?は割愛)
で、そのユダヤ教を改革しようとして出てきたのがイエスです。
しかし、結局は改革ではなく分離独立という道を選び、その宗教がキリスト教となります。
成立は紀元前後ですね。

イスラム教は7世紀にアラビア半島で生まれた宗教です。
ユダヤ・キリスト両方の影響を受けて成立しました。

よって、ユダヤ・キリスト・イスラームは3つ併せて「アブラハムの宗教」と呼称されます。
お互いがお互いに密接に関係しているので、共通点もたくさんあります。

1・「聖典」の共通

ユダヤ教は『旧約聖書』(ただしこの呼称はキリスト・イスラム教からのもので、ユダヤ教徒自信は単に「聖典」と呼びます)を唯一の聖典としています。

キリスト教は『旧約聖書』にイエスやその弟子の言葉や手紙を収めた『新約聖書』が加わります。

イスラム教は『旧約聖書』と「『新約聖書』の中の4福音書」に加え、ムハンマドの言葉をそのまんま記した『コーラン』が加わります。

2・共通の預言者

預言者とは、予言者とは違い、「神の言葉を預かり伝える人」という意味です。
3宗教とも、この預言者の存在を重視しています。
そして、預言者は一人ではなくて何人もいます。
当然、共通の預言者もいれば、一方は認めるけど一方は否定される預言者もいます。
共通のモノとしては、

アブラハム・ノア・モーセが有名どころですね。
で、そこにイエスが加わるとキリスト教。
さらに、ムハンマドが加わるとイスラム教です。

ユダヤ教は、イエスもムハンマドも認めません。
キリスト教はムハンマドを認めません。
イスラム教はすべて認めますが、最大にして最後の預言者がムハンマドであると主張します。


3・聖地イェルサレム

共通の聖地もいくつかありますが、やはり最大のモノがイェルサレムですね。
まぁ、ユダヤ教の聖地であり、そこから分派・影響を受けて成立したのがキリスト・イスラムの両宗教なので、聖地が同じってのも仕方ないですね。
ただ、イスラム教はイェルサレムよりもメッカの方が重要視されますね。(といっても、イェルサレムの重要性も無視できませんが)

とまぁ、今思いつくのはこれくらいですかね。
最後に注意してもらいたいのは、これらはおおざっぱな解釈・説明で、当然宗派によっての違いもでてきますし、その解釈の違いから互いに争ったりしています。

元々、ユダヤ教が原点です。(ユダヤ教の原点は何か?は割愛)
で、そのユダヤ教を改革しようとして出てきたのがイエスです。
しかし、結局は改革ではなく分離独立という道を選び、その宗教がキリスト教となります。
成立は紀元前後ですね。

イスラム教は7世紀にアラビア半島で生まれた宗教です。
ユダヤ・キリスト両方の影響を受けて成立しました。

よって、ユダヤ・キリスト・イスラームは3つ併せて「アブラハムの宗教」と呼称されます。
お互いがお互いに密接に関係しているので、共通点もたくさん...続きを読む

Qキリスト教とユダヤ教

キリスト教がなぜユダヤ教を執拗に嫌ったかも自分なりに理解できました。エルヴィラ教会会議でユダヤ教徒との結婚、性交、食事などを禁じたりと本格的な迫害が始まったりした時に、お偉いさんとかはともかく一般のキリスト教徒の方は、イエスはユダヤ教徒として死んだわけですから、なぜイエスと同じユダヤ教徒を迫害してんだってならなかったんですかね?
もしなったとして、それをどう納得させたんでしょうか?

Aベストアンサー

「イエスはユダヤ人であるが」ってとこですけど、「三位一体」という概念を思い出せば、明らかに「one of ユダヤ人 」ではなく、いやそれどころか「one of 人間」ですらなさそうだ。

Qユダヤ教とキリスト教の違いって?

パウロはユダヤ教からキリスト教に変わったんですよね?
では、そのユダヤ教とキリスト教の違いってなんでしょうか?
教えて下さい!!お願いします!

Aベストアンサー

一番、大きな違いはイエスを救世主と認めるか認めないか。
もしくは神として認めるか認めないかでしょう。
次は、ユダヤ教の聖典は旧約聖書とトーラー(律法書、厳密には聖典という言葉は合いませんが)で、キリスト教の聖典は旧約新約聖書であるという点ですかね。
勿論、厳密に違いを挙げるとすればここに書ききれないですけど。

追記ですが、ユダヤ教とキリスト教を考える場合に必ず捉えて欲しい点があります。
それは「ユダヤ教からキリスト教が派生した」訳ではなく、「キリスト教からユダヤ教が生まれた」という事が本質的には一番正しいということです。
歴史の流れとしては「ユダヤ教からキリスト教が派生した」様に見ることも間違いではありませんが、キリスト教というのはイエスの時代に変質に変質を重ねたユダヤ教に対し、イエスが真の(源)ユダヤ教の教えや奥義の一部を証したものだからです。
だからこそ、イエスはユダヤ教の権力者達に狙われ木にかけられてしまったのです。

ユダヤ教キリスト教もそれぞれ色々な宗派(教義)がありますから、それまで考えるとキリがなくなりますけど、最初の二つを大きな違いとするのが一番良いと思います。

一番、大きな違いはイエスを救世主と認めるか認めないか。
もしくは神として認めるか認めないかでしょう。
次は、ユダヤ教の聖典は旧約聖書とトーラー(律法書、厳密には聖典という言葉は合いませんが)で、キリスト教の聖典は旧約新約聖書であるという点ですかね。
勿論、厳密に違いを挙げるとすればここに書ききれないですけど。

追記ですが、ユダヤ教とキリスト教を考える場合に必ず捉えて欲しい点があります。
それは「ユダヤ教からキリスト教が派生した」訳ではなく、「キリスト教からユダヤ教が生ま...続きを読む

Qもしもキリスト、イスラム教が無くなってユダヤ教だけになったら?

地球上でユダヤ教オンリーになったらどうなると思いますか?

全く想像つきません。

Aベストアンサー

ユダヤ教の成立過程があって、バビロンの幽囚がある前後では全く考えが異なります。
そもそもユダヤ教オンリーというのであれば、それ以前の歴史でユダヤ人が絶対的勝者になっていたわけで
現在の先鋭的なユダヤ教ではなく、もっと慈悲にあふれる宗教になっていたでしょう。
現実に初期の頃のユダヤ教はその通りです。

前提条件として現在の迫害色の強いユダヤ教が世界に広まるのか、
それとも古代の穏和な時代のユダヤ教が広まるのか、
あるいはユダヤの歴史で迫害はなかったこととしてカウントするのか、
幾ら三流の歴史小説でもその辺の前提条件すらなくしては書けません。

ちなみに現在の迫害色の強いユダヤ教が広まるとどうなるのか。
ユダヤというのは極端な選民主義、つまり我々は神から選ばれた民という思想です。
ですからパレスチナ問題にみられるように、アラブ人を虐待することを当然のことと思っています。

つまり選民主義による超階層社会が出現することでしょう。
イスラエルに住めるものは地上で一番偉く、日本人も含めて全世界中の人が
どうやってそこに辿り着くかが人生最大のテーマになります。

迫害の歴史をカウントするのであれば、白人やアラブ人には報復として
最下層の奴隷階級が用意されることでしょう。
そこへ落とされれば着る物として自由に与えられない家畜の生活を余儀なくされます。

ユダヤ教の成立過程があって、バビロンの幽囚がある前後では全く考えが異なります。
そもそもユダヤ教オンリーというのであれば、それ以前の歴史でユダヤ人が絶対的勝者になっていたわけで
現在の先鋭的なユダヤ教ではなく、もっと慈悲にあふれる宗教になっていたでしょう。
現実に初期の頃のユダヤ教はその通りです。

前提条件として現在の迫害色の強いユダヤ教が世界に広まるのか、
それとも古代の穏和な時代のユダヤ教が広まるのか、
あるいはユダヤの歴史で迫害はなかったこととしてカウントするのか...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報