いま、大学(専門学校で大学の併修)をやっているのですが
大学(もしくは専門学校)に在学中にセンター試験は受けれるのですか?
退学などしないとだめですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 センター試験の実施機関である「大学入試センター」のページを御紹介しておきます。



 「大学入試センター試験最新情報」の「平成14年度大学入試センター試験について」に「受験案内」があります。この中の「出願 1.出願資格と出願資格を証明する書類」をご覧下さい。

 高校卒業であれば,現在何をしているかは関係ないようです。

参考URL:http://www.dnc.ac.jp/index.htm
    • good
    • 0

受けられます。


後輩は毎年受けています。(趣味なようですが(汗

もし願書等で履歴を書かないといけなければ、
○○大学入学というのを書かなければ大丈夫です。
また、私立大学にこれらの拘束はないはずです。
(退学しないと受験不可能ということはない)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学中退は看護専門学校を受験するときに学校側に伝わりますか? 看護専門学校を受験しようと考えていま

大学中退は看護専門学校を受験するときに学校側に伝わりますか?

看護専門学校を受験しようと考えています。現在浪人生です。

大学中退が判明しそうな提出物として考えられるのは調査書のみですが、既卒生の調査書を今から書き直したりするのでしょうか?

大学を中退したことにはきちんとした理由があるので面接時にそれをどのように伝えるか、どれだけ合否に不利になるかを考えていました。
しかし、そもそも学校側には大学に行っていたか、ただの浪人生なのか分からないのではないか?と思いました。

大学中退は受験校に伝わりますか?
また、どのような形で伝わりますか?

ご存知の方、是非教えてください。

Aベストアンサー

たぶん伝わらないと思いますよ。それよりも

学歴上は高卒ですよね、面接の場合、高校卒業後の生活について説明することになり、却って面倒ではありませんか?

中退理由がしっかりしているのなら、むしろこちらから口火を切っても良いのでは?

Q高等専門学校、もしくは、専門学校の教師になるには?

高等専門学校、もしくは、専門学校の教師になるにはどうすればよいのでしょうか?前者は、教授とか助教授などの呼称であると、聞いたので、もしかすると、大学の教員と同じく、教員免許等の資格はいらないけど、博士課程を修了し、論文発表を行うなどをしなければならないのかなと思っていますが、どうなのでしょうか?後者については、全くわからないです。そもそも、高等専門学校や、大学のように、いわゆる「カリキュラム」や、「シラバス」が、専門学校のホームページには、掲載されていませんでした。もっとも、私は、つい最近まで、前者と後者の区別が付いていなかったという非常識な者ですので、そういったものが、専門学校には存在しないのかもしれませんが。ただ、私は、もし、機会があるのなら、中学校、高等学校も含めた「教員」になりたいと思っています。暇なときでよろしいので、表題の私の疑問に答えてくださる方がいらっしゃいましたら、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 私は、高校の教員免許を取得していますが教員免許が必要な職種としては、幼稚園・保育園・小中高校・盲養聾学校の教員を目指す場合には、教員免許の取得が必須になってきます。高等専門学校(工専・商専)などの場合は、教員免許等は不要になります。高等専門学校は、短期大学などと同様の学歴レベルに相当するので、最低でも大学院博士前期課程(修士課程)修了の経歴等が必要になります。高等専門学校に関しては、理工学系や語学系に求人が限られてしまう傾向があります。専門学校に関しては、各種学校という学校分類に当てはまるので、学歴などに関しては厳しくありません。しかし、専門学校の教員になるためには専門資格が必要になってきます。理容系の学校の教員であれば、理容師免許・美容師免許に加えて実務経験や各種コンクールなどの実績などが必要になってきたり、ビジネス系の学校教員であれば税理士・公認会計士の資格や社会保険労務士・行政書士・宅地建物取引主任者、情報処理系の国家資格などが採用条件に絡んできます。特に専門学校に関しては、自分が専門とする分野の資格取得が採用に大きく絡んできます。したがって、専門学校の教員になる場合に関しては、自分が専門とする資格+αが必要かと思います。
 どの校種の教員になるとしても自分の専門性が重視されてくるので、自分の意思を明確にしどの校種の教員を目指していくのかということを見つめていく必要があります。採用等に関しては、各学校のHPや研究者人材データベース(http://jrecin.jst.go.jp/)を参考にしてみてください。
 あと、高等専門学校は、高等学校的な教科(国語など普通科高校などにある教科や科目に関して担当する場合)は教員免許状が必要です。短期大学的な教科・科目(有機化学、分析化学など)に関しては、教員免許などの取得は必要ありません。しかし、教員免許を取得しておけば選択肢が広がることは確かです。もし、教員免許取得を考えているのでしたらがんばってみてください。
 参考になれば幸いです♪

 私は、高校の教員免許を取得していますが教員免許が必要な職種としては、幼稚園・保育園・小中高校・盲養聾学校の教員を目指す場合には、教員免許の取得が必須になってきます。高等専門学校(工専・商専)などの場合は、教員免許等は不要になります。高等専門学校は、短期大学などと同様の学歴レベルに相当するので、最低でも大学院博士前期課程(修士課程)修了の経歴等が必要になります。高等専門学校に関しては、理工学系や語学系に求人が限られてしまう傾向があります。専門学校に関しては、各種学校という学校...続きを読む

Q大学から専門学校に編入は出来ますか? 将来はJRもしくは西鉄電車の車掌になりたいと思いました。 大学

大学から専門学校に編入は出来ますか?
将来はJRもしくは西鉄電車の車掌になりたいと思いました。
大学一年生です
また、私は奨学金で大学に通っているのですが、専門学校に編入した際、手続きなどをすればそのまま奨学金で専門学校に通うことは出来ますか?
おそらく来年の入試で受験というか形になりますよね。
話がまとまっていなくてすみませんが、よろしくお願いします

Aベストアンサー

大学から専門への編入はできません。
奨学金だけのことを言えば、双方の学校が認めれば奨学金は引き継げますが、大学から専門学校への編入自体ができませんから、奨学金は借り直ししないとなりません。
そうなると、返済は、というと、専門学校を卒業したら、大学の分の返済と専門学校の分の返済を行う必要がありますから、奨学金の総額は減っても、月々の返済は大学分の返済が終わるまでは倍になります。

Q学校側が生徒を退学させられる権利(専門→大学)

子供が通っている専門学校が大学になりました。
子どもの下の代から大学生となったので
留年が出来ない為、それまで留年措置となったケースは
「退学」となるという説明を子供たちは受けています。
専門職で勉強も難しく国家資格を要する仕事です。
試験の結果は勿論、実習での評価も留年の対象となっています。
今までは結構な人数が上から下がってきています。
それができないという事で先生からの締め付けも相当です。

が、専門学校を大学にするのはいわば
学校側の都合(?)であり
入学時には全く知らされていませんでした。

このようなケースでは、学校は生徒を退学にできるものなのでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>このようなケースでは、学校は生徒を退学にできるものなのでしょうか。

出来ます。正確には「退学勧告」ですが。

退学勧告を受けたら、自ら「退学届」を出して「中退」をするか、授業料を1年分余分に払って同じ年度をもう一年繰り返す「留年」をするか、どちらかです。

で、今回は、専門学校から大学に変わってしまったため、教育制度と法律的な問題で「専門学校生として生徒を残せない」ので、進級できない場合、卒業できない場合は、専門学校を中退するしかありません。

これは、学校側の問題ではなく「法律上、制度上の問題」なので、どうしようもありません。

文句を言うなら、学校に対してではなく「そういう法律、そういう制度にしている、文部科学省」に言いましょう。

Q子供の専門学校(調理学校)の退学に伴い、授業料の返還を求めることはできますか?

子供の専門学校(調理学校)の退学に伴い、授業料の返還を求めることはできますか?
同様な質問回答が多いなか、また質問せせて頂きます。子供が専門学校(調理学校)を退学したいとの意志を示しています。退学の理由は、うつ病になり学校へ行けないことが主因です。病気の原因は単一ではないと思いますが、医者からも休養と元の環境は無理であろうと言われいます。
学費は、入学金と授業料(一年分)を一括して支払いました。授業料は120万円ほどですが、夏休みを除くと約4ヶ月弱しか受講していません。
学校の約定によれば、『特段の理由がない限り授業料等の返還はできない』と記載
されています。特段の理由が何に該当するかわかりませんが、退学手続きとともに授業料の返還を求めることは可能でしょうか。子供は、8/29に学校へ行って退学の意志と退学の手続き書類をもらってきました。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
学則にて学費の取り扱いが書いてあると思いますが、この場合少し難しいかもしれません。

学校は塾や習い事と違って月謝制ではないので学費を月割りにすることが難し、基本は1年間の授業契約みたいなものなので学校に落ち度がない場合返還に応じられないのかもしれません。(例えば夏休み期間など授業を行ってない時もあるので。)
ただ学校が前期後期の2期制や3学期制の場合ここまでは受講しているというのがはっきりしている場合返金の金額が出しやすいので返還に応じる学校もあります。まずは退学届を提出の際に退学してから受講しない期間をつたえ、返還できないかもう一度確認する必要があると思います。(在学中欠席した分は自分の都合なので話しに出さない方がいいと思います)

どうしても諦められない場合は、弁護士に依頼するまたは消費者センターに相談する手があります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報