向精神薬と、睡眠導入剤を飲み続けてしばらくになります。そういう生活を送っていると、麻酔が効きにくくなると聞いたのですが、どうなのでしょうか。まだ30代で、手術の経験はありませんが、以前胃カメラを飲んだときに、病院で注射された麻酔が全然効きませんでした。将来手術するようになったらどうしようと心配です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

中村守@外科医です


麻酔が効きにくいことはありません、これは酒飲みでも同様です。手術に関しては心配要りません。
上部消化管内視鏡(胃カメラ)の導入に使うのは麻酔薬ではなく、睡眠導入剤です。ですから、大政が出来ていますので効きにくいのは当然です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

もう手術中に目が覚めたらどうしようとか思っていたので、安心しました。ありがとうございました。

お礼日時:2006/11/11 23:34

不安なら医師に聞きましょう。

胃カメラ前の注射は麻酔ではありません
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お医者さんに聞くのも確実ですね。ありがとうございました。

お礼日時:2006/11/11 23:34

専門家では、ございませんので、経験だけ。


私も、抗うつ剤を飲みだして11年。しかし、歯医者の麻酔は効きます。

胃カメラの麻酔、あれは、人に聞いても、「効いた実感はない」位のもので、誰にとっても苦痛です。

経験的に大丈夫ですと申し上げたいです。

大酒のみも麻酔が効かないと言われていますが、実際に大酒のみで手術した人も近くにいて、「効いた」らしいですよ。

参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

安心しました。これで安心して安定剤が飲めます。回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/11/11 23:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q抗うつ剤、抗不安剤で麻酔が効きずらくなるって本当ですか?

姉がうつ病で、抗うつ剤、抗不安剤を飲んでいるのですが、それらの薬を飲んでいると麻酔が効きずらくなる、という情報を最近知りました。
そのため不安になっています。
本当なのでしょうか?
そして、対処法などはあるのでしょうか?
よろしければ教えて下さい。

Aベストアンサー

私もうつ病で、20年近く抗うつ剤等を処方されて服用しています。
7月に全身麻酔で手術を受けましたが、とてもよく効き、副作用もほとんどでませんでした。
人によるとは思いますが、それほど心配しなくては大丈夫ではないかと思います。

Q全身麻酔について

手術の為、全身麻酔を行うらしいのですが、以前全身麻酔の手術をしたという方から聞いた話なんですが……麻酔が効かない事があるというのは本当でしょうか?
その方の話によると、意識はあるのに身体のみに麻酔が効いていて、動けないけど手術の痛みは感じ、痛いまま手術をした、と言っていました。

あと、眠剤や精神安定剤を服用していると麻酔がかかりにくいという話は本当でしょうか?
1年ほど前、胃カメラの際に麻酔をしましたが、効きませんでした。
2年程、精神安定剤を毎日服用しています。眠剤はここ1年ほど使用していません。

Aベストアンサー

 麻酔科医です。
 自分が全身麻酔の説明をする際、患者さんからこのような質問をされた時は「(全身麻酔中に意識があるということが)必ず無いとは言えませんが、確率はかなり低いと思います」とお答えしております。

 全身麻酔に使用するお薬は、意識を取る麻酔薬にせよ、痛みを取る鎮痛薬にせよ、ほとんどの薬が患者さんの血圧を低下させます。しかし、普通の患者さんに普通に使用する場合はもちろん、ちょっとくらい状態の悪い患者さん程度なら、血圧を上げるようなお薬を併用したり、点滴の量を増やしたりすることで安全に麻酔を行なうことができるのですが、患者さんの状態が悪すぎたり、不測の事態が発生したりして極端に血圧が低下してしまった場合には、麻酔のお薬を使用することができなくなります。そのような場合、「体が動かないのに、意識があった」「痛みを感じた」ということは、起こり得ます。もちろん、麻酔薬を入れることができないくらいの血圧低下など、そうそう起きることではありませんが、「可能性としてはありうる」ということです。
 他に、麻酔中に麻酔器という麻酔の機械が壊れてしまったり(ほとんど無いとは言うものの、「壊れない機械」なんてありませんし、実際私も過去数度経験があります~この場合は、迅速に対応できたために患者さんが目を覚ます前に機械を交換することができました)、機械の操作を誤って麻酔薬の量が少なくなってしまったりということがもしあれば、その場合も同様の事態は起こり得ます。

 これは、麻酔のみならず全ての医療行為について言えることですが、「絶対、100%確実」という事はございません。しかし、それがなるべく100%に近くなるように、我々医療従事者は努力いたしております。その点、ご理解いただければと思っております。

 なお、精神安定剤に限らず、一部の薬剤を長期間使用することで、麻酔薬が効きずらくなるという事は確かに起こり得ますが、そもそも麻酔薬の効果自体に患者さんの個人差がありますし、我々麻酔の専門家が行う全身麻酔に関しては、「効くまで増量し、効きすぎることのないよう減量する」ようなさじ加減を行っておりますので、その点はご安心ください。

 以上、まずはご参考まで。

 麻酔科医です。
 自分が全身麻酔の説明をする際、患者さんからこのような質問をされた時は「(全身麻酔中に意識があるということが)必ず無いとは言えませんが、確率はかなり低いと思います」とお答えしております。

 全身麻酔に使用するお薬は、意識を取る麻酔薬にせよ、痛みを取る鎮痛薬にせよ、ほとんどの薬が患者さんの血圧を低下させます。しかし、普通の患者さんに普通に使用する場合はもちろん、ちょっとくらい状態の悪い患者さん程度なら、血圧を上げるようなお薬を併用したり、点滴の量を増やし...続きを読む

Qウイルスの力価(titer)とは?

ある本を読んでいて「感染者でウイルスの力価が低い」というような記述があったのですが、ウイルスの力価とはどうゆう指標なのでしょうか?
また、力価が低い場合どうゆう意味なのでしょうか?

教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

 具体的にどうやって力価を測定するか説明した方が判りやすいでしょう。

 まず、検体(ウイルスが含まれる液体)を段階希釈します。2倍ずつ段階希釈すると2倍、4倍、8倍、16倍・・・に希釈されたウイルス液ができることになります。10倍ずつなら10倍、100倍、1000倍、10000倍・・・ということになります。

 そしてそれらのウイルス液を、そのウイルスに感受性を持っている(そのウイルスが感染することができる)モノに感染させます。それは培養細胞だったり発育鶏卵だったりします。

 その後、ある一定の期間後にその細胞なり発育鶏卵が「ウイルスに感染しているかどうか」を調べます。
 何をもって「ウイルスが感染しているか」判断するのは、測定方法によりいろいろあるのですが、最も単純な細胞変性効果(CPE)を指標とするのでしたら、判定は細胞を顕微鏡で観察してCPEが起きているかどうかを見るだけです。

 で、最終的には「どの希釈濃度まで"感染"することができたか」という数字がそのウイルスの力価となります。
 その数字の出し方や単位は、ウイルスや手法によっていろいろあります。1つのウイルスでもいろいろな方法で力価を測定できますし。

 例えば、インフルエンザウイルスの力価を測定する方法を2つ挙げてみます。

 1つはこのウイルスが持つ「赤血球凝集能」を利用する方法で、ウイルス液を2段階希釈した液を鶏の赤血球と反応させます。
 例えば64倍希釈した液までが赤血球を凝集し、128倍では凝集しなかった場合、このウイルスの力価は「64単位」という言い方をします。
 この手法(HA法)は、反応時間が1時間ほどと短く、反応させる赤血球もラボで採血用の鶏を飼っていれば採血~赤血球調整まで1時間もあればできてしまうので、たいへん手軽に実施可能です。
 インフルエンザウイルス以外にも赤血球凝集能を持つウイルスはけっこうあるので、比較的多用される力価測定法です。ただ、赤血球ならなんでも良いというわけではなく、「豚の赤血球」でなければならないとか「ヒトのO型の赤血球」とか、ウイルスによっていろいろです。どこまで本当か判りませんが、「鶏ではダメだけど烏骨鶏の赤血球ならうまくいく」みたいなものもあって、変わった動物の赤血球に凝集能を持つウイルスを分離した時は、採血する動物を探すのに苦労します。その動物を飼っているヒトや施設が見つかっても、血液が欲しい理由を説明するのに苦労したりして。(どう説明しても、その動物そのものを検査されると勘違いされてしまう)

 また、インフルエンザウイルスは犬の腎臓細胞に感染能を持っています。この犬の腎臓細胞は"株化"されているものなので、つまり市販されています。
 この犬の腎細胞を培養し、それに10段階希釈したウイルスを感染させ、1週間ほど培養してCPE(細胞変性)が起きているか確認する方法もあります。

 この場合、1種の希釈ウイルス液を4本の試験管(培養細胞)に感染させたとして、10000倍希釈のウイルス液が4本中2本の細胞を変性させたとすると、力価は「10^4TCID50/25uL」という表記になります。これは「10の4乗まで酌したウイルスが50%の細胞に感染した」という意味です。/25uLというのは、96穴プレートで試験する場合は、たいてい1wellあたり25uL(マイクロリットル)のウイルス液を接種するからです。
 上では「試験管」と書きましたが、現在ではたいてい96個の穴(well)が開いたプレートを使います。私が初めてウイルスを習った先生は「対トレーションは試験管でやらねばならぬ!」という信念の人でしたが・・・

 同様にインフルエンザウイルスは発育鶏卵(胎仔がいる受精卵です)にも感染するので、やはり10段階希釈したウイルスを9~11日齢の発育鶏卵の尿腔膜内に接種する方法もあります。判定方法は基本は細胞と同じなのですが、鶏胚が死滅するのを見るのか尿腔液を回収してHAの有無を見るのかといったところです。
 この場合、単位はEID50を使います。「50%の卵に感染する」という意味合いです。
 ちなみに細かいことですが、TCID50もEID50も"50"は下付き文字で表記します。

 細胞の場合、ウイルスによって感受性細胞は異なりますので、ウイルスの検査機関では常に10-20種類の細胞を培養しています。
 株化細胞であれば「買える」のでいいのですが、ウイルスには"初代培養細胞"でないと感染しないものもあります。まあノーマルでは細胞は元の臓器から培養するとせいぜい数代しか保たないのですが、「異常を来して半永久的に継代可能になった細胞」が"株化細胞"です。
 初代培養細胞でないと増えてくれないウイルスも多々あるため、この初代培養細胞は基本的に自分で作るしかないので苦労することになります。
 なのでたまに「妊娠した牛の新鮮な死体」などが手に入ると、いそいそと胎仔を取り出して細胞を作るというわけです。中にはすごくレアな「羊の胎仔肺細胞」なんて細胞を持っている人がいたりして、私がさんざ苦労して分離できなかったウイルスをその人がそのレアな細胞であっさり分離してしまったりすると、ちょっと悔しかったりします。
(ちなみにここで言う「分離」と力価測定は作業的にはほぼ同じです)

 このように、いわばウイルスの力価とは「結果論」なんです。
 「このウイルスはVero細胞で10^4TCID50/25uLの力価だった」という場合、この数字は"このVero細胞との組み合わせ"でしか通用しません。同じウイルスをMDCK細胞に接種すれば10^2しか出ないかもしれませんし、逆に10^8くらい出てしまうかもしれません。
 また、同じVero細胞であってもAというラボとBというラボで培養されているVero細胞が「同じもの」である保証もあまりないです。元は同じ細胞でも、それぞれのラボで何代も何代も継代されていくうち、「別物」になってしまうことはよくありますから。
 また、あるラボで培養されている細胞が、新たにあるウイルスに対する感受性を獲得することもよくあります。そうなるとその細胞は例えば"Vero-Jagar細胞"というように新たに名前が付けられて株化される、というわけです。
 そうすると今まで力価測定が不可能だったウイルスが可能になるわけです。

 つまりNo.2さんの回答に付け加えるなら、「その細胞がそのウイルスに対する感受性が低い」という要因もあるわけです。
 例えばコロナウイルスなど、患者の便中にはけたたましい量のウイルスが存在するのですが、「力価を測定」するとロクな数字が出ません。ノロウイルスに至っては未だ感受性細胞が見つかっていないため、力価測定不能ですし。つまり言い方を変えると、どんな系で試験しても「力価ゼロ」という結果しか得られないわけです。
 「力価は結果論」というのはそういう意味合いです。

 具体的にどうやって力価を測定するか説明した方が判りやすいでしょう。

 まず、検体(ウイルスが含まれる液体)を段階希釈します。2倍ずつ段階希釈すると2倍、4倍、8倍、16倍・・・に希釈されたウイルス液ができることになります。10倍ずつなら10倍、100倍、1000倍、10000倍・・・ということになります。

 そしてそれらのウイルス液を、そのウイルスに感受性を持っている(そのウイルスが感染することができる)モノに感染させます。それは培養細胞だったり発育鶏卵だったりします。

 その後、あ...続きを読む

Q精神薬を自分で辞めて離脱症状を我慢して離脱症状がなくなった人いますか

精神薬を自分で辞めて離脱症状を我慢して離脱症状がなくなった人いますか


どれくらいの期間でなくなりましたか

Aベストアンサー

人により薬の種類や症状、仕事等の周囲環境も違いますので一般的には言えないと思います。
他の人も言われていますが、急に断薬して離脱症状を我慢したりすると反って前よりも悪化してしまう事が多く、危険だと思われます。

医者と相談して少しずつ減薬したり、弱い薬に変えたりして様子を見ながら数か月から1年(或いは場合によってはそれ以上)程度は掛けながら断薬まで持っていくのが普通ではないでしょうか。

次も参照してください。
http://okwave.jp/qa/q6191055.html #5

Qうつ病の入院する目安は・・・

うつ病の入院する目安は・・・

 
 うつ病で入院した事がある方、詳しい方のみ回答お願いします。

うつ病で入院する目安は、どのぐらいでしょうか?入院した事のある方は、その間どんな治療をしたか、どんな生活を送っていましたか?

 
  うつ病になって、2年になります。通院していますが、薬が効いているのかわかりません。人にイライラしだすと、止まらなくなる事があります。食事は自分で作れないので最低限だけは食べています。

 家事はできる日もありますが、できない日が多いです。1度入院した方がいいと、私の母はいうのですが、何の知識もなく言っています。

 医者に入院したいと言ってできるものですか?一人寝ていれば、心穏やかに過ごせる日も多いです。

  
  うつで、入院された方の実体験など、どのぐらいの症状で入院になるかなど教えてください。

Aベストアンサー

ウツで入院歴のある、既に完治済みの経験者です。

パソコンが使えるような状況ではおそらく重傷と言うほどではないかと思います(経験から)。
でも今の状況を打開するためにそれも可能性として考えてみたいのでしょうね。
何かを試してみるのはとても良いことですよ。どこから、状況が打開されるかわからないし
色々試すことであなた自身の思考や発想も幅広くなることもあるから。

入院には「強制入院」と「任意入院」があります。
強制入院とは医師の判断で拒否権も何もなく行われる入院です(かなりの重傷者ですね)。
任意入院は本人の希望で行われる入院です。

私の場合は任意入院でした。理由は家族を攻撃(言葉の暴力とか)して家庭を壊しかねない
状況とちょっと深刻な身体状況であったため。

医師に相談してみてください。医師があなたの考えや判断に一理あると思えば
入院する病院を探してベットを確保してくれるはずです。
任意入院は入院するのも任意であれば退院するのも任意で行うことができます。
医師の判断なく、退院しますと言って退院することが可能です(わたしがそうでした)。

入院生活は規則正しい生活というのがもっとも合う表現です。
どんなに体がきつくても眠くても食事の時は起きて食べないといけないし、薬も飲むまでしっかり
チェックされる。持ち物も普通の入院以上に規制される(自殺の危険性などを考慮して)。
他の患者もいるのでそちらの方面でイライラすることもある。
医師は思いの外何もしてくれない(状況観察が大切なので)。
私の経験では返って疲れましたね。廊下に鳴り響くTVの音や、同室の患者の症状など。
何かを期待し求めるならきっとそれは肩すかしを食らったように感じると思います。

入院期間は人それぞれです。任意入院は特に。私など2週間で退院しました。
意味がないと思ったので。
それでもやってみるのも悪くないと思いますよ。冒頭に書いたように、今の状況を打開
するにはなにかを試し続け、自分の固まった思考や発想を変えていく必要があるのですから。
何か聞きたいことがあれば質問をください。
答えられる限り、経験からお返事します。

ウツで入院歴のある、既に完治済みの経験者です。

パソコンが使えるような状況ではおそらく重傷と言うほどではないかと思います(経験から)。
でも今の状況を打開するためにそれも可能性として考えてみたいのでしょうね。
何かを試してみるのはとても良いことですよ。どこから、状況が打開されるかわからないし
色々試すことであなた自身の思考や発想も幅広くなることもあるから。

入院には「強制入院」と「任意入院」があります。
強制入院とは医師の判断で拒否権も何もなく行われる入院です(かなりの重傷者...続きを読む

Qベンゾジアゼピン抗不安薬の断薬失敗後の対処法

こんにちは。

自分は先日ベンゾジアゼピンの断薬に失敗しました。
薬品名はセパゾンです。

断薬には2ヶ月半くらいかけました。
断薬から1週間以上経ってから酷い離脱症状が出始め、2週間で再服薬です。
実は以前にも減薬→断薬に失敗していて、その時は約3ヶ月かけました。
こうやって書いていると同じ失敗を繰り返しているなと思います・・・。
減薬期間が短すぎますよね?
よければアドバイスください。


4日前まで寝たきりで自殺ばかり考えていたけど、今は何とか寝たきり状態は回避できています。
しかし、まだまだ状態は悪くて、不安感や焦燥感、憂鬱感が酷く外出することができません。苦しいです・・・。
さすがにこのような状態のまま生きていくことはできませんので、何か対処法をしっかりとらなければと思っています。

やはり今の状態を改善するためには、坑うつ薬を新たに飲むなり、ベンゾジアゼピンを増量するしかないのでしょうか?
本当はもうこれ以上精神薬は飲みたくないのですが、外出さえできない生活には精神的にも肉体的にも耐え切れそうにないので、我慢して飲むしかないと思っています。
それと、離脱症状を緩和するのに受診するとよい科をご存知でしたら教えてください(心療内科、精神科は除く)
また精神薬の減薬・断薬指導、離脱症状に詳しい病院も教えていただきたいです。


質問が沢山で申し訳ありませんが、御回答宜しくお願いいたしますm(__)m

こんにちは。

自分は先日ベンゾジアゼピンの断薬に失敗しました。
薬品名はセパゾンです。

断薬には2ヶ月半くらいかけました。
断薬から1週間以上経ってから酷い離脱症状が出始め、2週間で再服薬です。
実は以前にも減薬→断薬に失敗していて、その時は約3ヶ月かけました。
こうやって書いていると同じ失敗を繰り返しているなと思います・・・。
減薬期間が短すぎますよね?
よければアドバイスください。


4日前まで寝たきりで自殺ばかり考えていたけど、今は何とか寝たきり状態は回避できています。
しか...続きを読む

Aベストアンサー

ミスしてました。すみません。5%ずつを提案されて10%にしてもらいました。

減薬中は2週間おきに病院に行っていたんですが、この間が辛かったです。減薬中はとにかく光が痛く何日も眠れな中で病院に行くだけでへとへとでした。

予約していても一時間位は待つので、先生に話して病院に減薬中に行った時はすぐにベッドで休ませてもらって、そこで順番が来るまで横になって待ってました。

そのおかげで通院も挫折しませんでした。

それから主治医はジェネリックでもそうじゃなくても同じ製薬会社の物を使いたがり、その為薬局はいつも同じ所に行きました。

同じ薬のジェネリック品でもメーカーによって製造過程が違うから脳に作用する薬なので統一した方がいいと言っていました。


断薬を決意してからはアシュトンマニュアルは一切考えないようにしました。あれは私には逆効果でした。神経質になりそうだったので減薬中、断薬直後はネットもしないし何も考えませんでした。

断薬直後ってかなりネガティブになりますよね?私はお笑いのDVDばかり見てました。音が怖かったので音は小さくして見てました。

服薬中って脳がどんよりしてぼーっとして凄く嫌で。同世代と比べてあきらかに頭の回転が鈍かったから悲しかったです。

でも今は離脱症状も全くなくなり頭がすっきりしました。学生時代の数学の文章代を解いたら頭の中がキビキビして解けて嬉しかったです。

ミスしてました。すみません。5%ずつを提案されて10%にしてもらいました。

減薬中は2週間おきに病院に行っていたんですが、この間が辛かったです。減薬中はとにかく光が痛く何日も眠れな中で病院に行くだけでへとへとでした。

予約していても一時間位は待つので、先生に話して病院に減薬中に行った時はすぐにベッドで休ませてもらって、そこで順番が来るまで横になって待ってました。

そのおかげで通院も挫折しませんでした。

それから主治医はジェネリックでもそうじゃなくても同じ製薬会社の物を使いたが...続きを読む

QSSRIの断薬・離脱症状たすけてください

はじめまして
神経科に10年通って断薬し離脱症状で苦しんでいます
なぜ断薬にふみきったかといいますと
パキシルの化学構造がMDMAとう幻覚剤に酷似しているから、
麻薬となんらわかりないものを飲んでいたとゆうことに気づいたからです
SSRIだけではなく、いまの精神医学が扱っている薬物、向精神薬、こう欝薬
統合失調症の薬など全部です

主に飲んできた薬
 
 パキシル40mm
 ベンゾジアゼピン系の睡眠薬(ロヒプノール・デパス)

今月はじめくらいから断薬してきましたが
先日ひどい頭痛と吐き気、後頭部の筋肉の痙攣が酷くなりました
吐き気止めをのんだら余計吐き気がひどくなり、睡眠薬を飲んでも辛くて寝れず
のどに手をいれて5~6回ほど吐きました
いくぶんましになりましたが、後頭部の筋肉の痙攣、硬直がでてきてしまい
もうどうしようもありません、
後頭部の頭蓋骨の下あたり、亜門とよばれるあたりが数秒間痙攣し、顔面をガクガクしながら
硬直し、それにつらなる筋肉も心臓あたりまで硬直し、一時的に呼吸困難になります
そんな症状が意識がある間はずっとつづいてしまいます

以前会社で作業中、このような副作用で後頭部の筋肉から心筋部が硬直してしまい、
意識を失い倒れこんで救急車で運ばれました、CT撮影、MRI頭部撮影で異常ありませんでした
神経科の担当医に相談しましたが、それは薬の副作用ではなく、あなたの精神状態が悪いから、そうゆう振るえがきたのだといわれました

パキシルの副作用なのかベンゾジアゼピンの副作用なのか自分でもわかりません
10年間に及ぶ投薬で脳にとりかえしのつかない損傷をうけているのでしょうか
この副作用から逃れるのには自殺しかないのでしょうか
28歳~38歳まで投薬してきた男性ですが、この先どうしたらいいのかわかりません

はじめまして
神経科に10年通って断薬し離脱症状で苦しんでいます
なぜ断薬にふみきったかといいますと
パキシルの化学構造がMDMAとう幻覚剤に酷似しているから、
麻薬となんらわかりないものを飲んでいたとゆうことに気づいたからです
SSRIだけではなく、いまの精神医学が扱っている薬物、向精神薬、こう欝薬
統合失調症の薬など全部です

主に飲んできた薬
 
 パキシル40mm
 ベンゾジアゼピン系の睡眠薬(ロヒプノール・デパス)

今月はじめくらいから断薬してきましたが
先日ひどい頭痛と吐き気、後頭...続きを読む

Aベストアンサー

私もSSRIを服用中ですが、一度に断薬するのはよくありません。
本当に少しずつ、減らしていきます(私も減薬中)。
脳が気付かないくらいゆっくり断薬していけば強い離脱症状は
防ぐことができます。
必ず医師の指示のもと、行ってください。

Q波がある、首が固まるような傷みと離脱症状との関係で教えてください

ベンゾの薬を10年くらい飲んでいまして
眼科で眼瞼痙攣と診断されたのが約半年前で
眼科の先生はベンゾ系の薬から来た薬剤性眼瞼痙攣と診断してもらいました。
先生は薬を止めれば眼瞼痙攣も治るとのことで
半年前くらいから薬をじょじょに減らしていきました。
三か月くらいたったところで、シーーンという耳鳴りが始まるのと、首が固まってしまうような感じで
左右に回すことも非常に痛くジャリジャリゴリゴリ音が鳴ってます。
ただ、一日中ではなくて、調子の良いときもあります。
一度 首が痛くなると、ただでさえあまりテンションが上がっていないうえに
ボトックスの治療を受けましたけど、まぶたのほうも調子が悪く 負のスパイラルという感じです。
まぶたが調子悪いから首の痛みが出るのか?
首の痛みからまぶたの調子が悪くなるのか?
それとも、どちらも減薬からの離脱症状なのか?
いろいろ調べましたけど、よくわかりません
離脱症状から首の凝りが出るとも書かれているのも見たことがありますし
調べても調べてもよく分かりません。
もともと緊張する人間だと思いますので
そういう緊張から首やまぶたにくるのかな とも考えたりもします。
それ以外では自律神経がおかしいのか とも考えます。
メンタルの先生は離脱症状はないとおっしゃっています。
同じような経験をされた方
詳しい方 アドバイスを頂けましたら本当に助かります。
病院に行ったほうがよければ、何科が良いのかも今の自分には分かりません。
どうか、よろしくお願い致します。

ベンゾの薬を10年くらい飲んでいまして
眼科で眼瞼痙攣と診断されたのが約半年前で
眼科の先生はベンゾ系の薬から来た薬剤性眼瞼痙攣と診断してもらいました。
先生は薬を止めれば眼瞼痙攣も治るとのことで
半年前くらいから薬をじょじょに減らしていきました。
三か月くらいたったところで、シーーンという耳鳴りが始まるのと、首が固まってしまうような感じで
左右に回すことも非常に痛くジャリジャリゴリゴリ音が鳴ってます。
ただ、一日中ではなくて、調子の良いときもあります。
一度 首が痛くな...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。
昔の自分と状況が酷似しています。

眼科の先生の診断は正しいと思いますよ。ベンゾジアゼピン系薬剤には抗コリン作用がありますので目にきますね。(目だけでなく、長期服薬であらゆる面に負の影響を与えますが)

自分は当初眉間のムズムズと右目のまぶたや眼球がひきつるような症状が現れて、あらゆる眼科をまわりました。そのうち後頭部の違和感と吐き気を催すようなひどい頸椎のコリや、シャンシャンするような耳鳴りも出初め、麻酔科にまでいってブロック注射まで行いましたが余計に悪化しました。
(麻酔とベンゾジアゼピンは交叉するので当然なんですがそんなことは医者は気にかけていませんでしたね…)

調べるうちに常用している薬のせいではないかというかねてよりの疑念が持ち上がり…それまでにも心療内科の主治医には副作用とか依存性を問うてはいましたが、そんなふうに不安になると症状が現れるとかいう薬理性をまるで無視した非科学的な説明で誤魔化されていました。
なんとか協力してくれる先生(精神科ではないです、ダメ元ですがった他科の先生。そこでベンゾジアゼピン、SSRI離脱症候群の診断をされました)を見つけて減薬始めてからは廃人になりました。
今思えば減薬の速度が早かったのですが、でも、自分の場合は減薬などまったくしていない常用段階でかなりの症状が出まくっていましたので(常用量離脱、耐性離脱などというそうです)、いずれにしても苦しむよりなかったと思います。

大変な苦しみでしたが、断薬2年超えるころにやっと日常生活に楽しみを見出すことができて、ほとんど大丈夫になったのは3年過ぎた頃でしたかね。そのころには、服薬時に現れていたわけのわからない症状はすべて消えていました。
離脱症状として受けたダメージで今でも残存しているのはかすかな飛蚊症くらいです。天気の良い屋外にいると少し気になる程度です。身体症状では動悸と頸椎の痛みはしつこかったように思います。あんなにひどかったのに忘れてしまいました。

自分の経験で言えば、薬剤性の症状はそれをやめることで回復しますが、薬剤をやめていくうえでの離脱症状のダメージはどうなるか…?これも少しずつよくなっていくのですが、どの程度の期間でどの程度の回復が見込めるのかは個人差が大きいようです。
離脱症状を最小限におさえるのは、ゆっくりとした減薬プランをたてることです!
決していきなりやめたり、急激な速度でやめたりしてはいけないです。取り返しのつかないことになります。

また私の経験だけを見て必要以上に恐れることはないです。
私の場合は「常用量離脱」を引き起こしていたことと「減薬速度が早かった」がために、3年超の長期離脱症候群に陥っただけであり、ご自分にあった減薬プランに沿って着々と減らしていけばここまで苦しむということはないように思います。
でも、あなたは10年服薬ですから、もし断薬を望まれるなら慎重になることが大切です。

まずは自分で調べることと、理解のある医者を見つけることです。経験上、精神科ではらちがあきません。
渡米して専門ホスピタルに入院する人もいるような状況で、日本国内では離脱をサポートするようなシステムがありませんので、とにかく慎重に。

※この投稿は、決して個人での薬物離脱を推奨するものではありません。やめるにしても医師による指導と経過観察は必須です。

はじめまして。
昔の自分と状況が酷似しています。

眼科の先生の診断は正しいと思いますよ。ベンゾジアゼピン系薬剤には抗コリン作用がありますので目にきますね。(目だけでなく、長期服薬であらゆる面に負の影響を与えますが)

自分は当初眉間のムズムズと右目のまぶたや眼球がひきつるような症状が現れて、あらゆる眼科をまわりました。そのうち後頭部の違和感と吐き気を催すようなひどい頸椎のコリや、シャンシャンするような耳鳴りも出初め、麻酔科にまでいってブロック注射まで行いましたが余計に悪...続きを読む

Q風邪を引いているとき、なぜ全身麻酔はいけないのですか

1週間後子供が手術予定です。

手術をする際全身麻酔をしますといわれてます。

風邪を引いていると危険だと説明されたのですが、
具体的にどう危険なのでしょうか。

また、鼻水と咳だけで熱はないのですが、手術は延期したほうがいいのでしょうか。

Aベストアンサー

麻酔科医は、患者さんの状況と麻酔の方法、手術の侵襲の大きさなどを考慮して、総合的に麻酔の可否を決めています。
 風邪症候群は、主に種々のウイルスによって鼻から肺までのいろいろな場所に炎症が起きる状態を言いますが、炎症が上気道(鼻からのどの手前まで)に限局している場合にはくしゃみ、鼻水、鼻づまり、のどの痛みなどの症状が、下気道(のどの奥から気管、気管支、肺まで)まで炎症が及ぶと声のかすれ、咳などの症状が加わります。急性上気道炎中の小児に麻酔をかけても、術後の呼吸器合併症は増加しなかったという報告もある一方で、(下気道まで炎症が及んでいる場合はもちろん)炎症が上気道に限局している場合でも気道全体の過敏性が増強し、喉頭けいれん、気管支けいれん、無気肺その他気道合併症が数倍から数十倍多くなるとも言われてます。また、これら気道の過敏性は症状が治まった後も数週間持続すると言われていますので、4~6週間ほど手術を延期するのが理想的です。しかし、それだけ間を開けると他の感染症にかかってしまったり、ご家族の方々の負担が増えてしまったりしますので、実際には前述の通り麻酔科医がいろいろな条件を判断し、麻酔の可否を決定することとなります。
 以上、先ずはご参考まで。

麻酔科医は、患者さんの状況と麻酔の方法、手術の侵襲の大きさなどを考慮して、総合的に麻酔の可否を決めています。
 風邪症候群は、主に種々のウイルスによって鼻から肺までのいろいろな場所に炎症が起きる状態を言いますが、炎症が上気道(鼻からのどの手前まで)に限局している場合にはくしゃみ、鼻水、鼻づまり、のどの痛みなどの症状が、下気道(のどの奥から気管、気管支、肺まで)まで炎症が及ぶと声のかすれ、咳などの症状が加わります。急性上気道炎中の小児に麻酔をかけても、術後の呼吸器合併症は増...続きを読む

Qしばらく洗髪できない時のお手入れ方法

来月入院・手術の予定があります。
耳なので、術後10日くらい洗髪禁止になります。
で、この10日間のあいだ、髪の毛というか頭皮が脂臭くなってくるので、臭い・かゆみ・フケの処理について、何かよい方法があったら教えてください。

じつは1年半ほど前にも、もう片方の耳を手術してまして、この時カユミはさほどでもなかったのですが、臭くて自分の頭の臭いでノドが痛いという日々を過ごしておりましたので、今回は少しでも軽減できればと思っております。

ちなみにドラッグストアで売っていた某化粧品メーカの「水のいらないシャンプー」を試しに使用してみたのですが、香料がつよく術後の回復期に使用するには不向きと思われました。

洗髪できない数日間の不快感を少しでも軽減できる方法を教えてください、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

私も、とある手術で1ヶ月ほど、シャワーも洗髪も禁止だった事があります。
髪の長さが、腰まであったもので、かなり困りました(苦笑)
で、「ドライシャンプー」なるものを購入してもらい、使ったのですが・・・たしかに香料がキツかったですね(苦笑)
私がした事は、
好きなハーブ系オイル(私はミント系が好きです。)をたらした水にさらして
軽く絞って電子レンジで蒸したタオル。
これで地肌を軽くマッサージする感じで・・・
結構サッパリしましたよ(^^)
自分でしていても、気持ちいいんです(^^)
髪の毛自体には、何もしませんでした。
地肌を清潔にしていれば、大して匂わないものですね。
毎日、朝晩、していました。

どうぞ、お大事に・・・


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報