アロマテラピーで、虫よけやインフルエンザ予防などができるって聞いたのですが、どういうふうにすればいいでしょうか。

子供はまだ1才だったんですが、シュタイナー関連のお店(オイルも売ってる)で、1日4~5時間を上限になら使っていいと言われて、ティーツリーとかユーカリ、夏はアンチモスキートなどをエッセンシャルオイルディフューザーに入れて使ってました。(実際には1時間も使ったことはありませんが)

今年も、同じようにするつもりだったんですけど、今日初めて行ったお店(アロマオイル専門店)では、小さい子供の前で使っちゃダメって言われて。。。どうしていいか分からなくなってしまいました。

小さい子がいる家庭での、具体的なアロマの取り入れ方、特にインフルエンザや夏の虫除け対策を教えてください。

あと、外出するときなんかは、どうすればいいかも、教えてください。携帯用のアロマストラップとか、ペンダントとか、そういうのを身に着けさせれば、子供のまわりの空気を浄化したり、蚊を遠ざけたりしてくれるかなーなんて、思ったのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

メディカルのアロマテラピーのショップと教室で指導しているアドバイザーです。

「ユーカリ・レモン」と「シトロネラジャワ」は虫除けナンバー1.2!!インフルエンザにはなんといっても「タイム」←いろいろあるけど「タイムツヤノール」が比較的優しい。けど皮膚刺激のある精油だから希釈は忘れないで!・・・だから子供のインフルエンザ予防には「ラベンサラ」「ティートゥリー」「ユーカリラディアータ」あたりかな。子供って風邪ひくと寝るときと朝の起きたてに、も~のすっごい咳き込みませんか?うちの子は二歳~三歳の今もこの三点セットをアロマランプで焚いてやります。一晩中。そしたら咳き込みで眠れない日がほぼなくなりましたよ。他の方が言ってらっしゃる通り協会は沢山あります。営利目的なところも・・・同じように精油メーカーも協会以上に多い!これがヤッカイ!!絶対使いたくないのとかあったり・・・私はクライアント・生徒さん家族には必ずプラナロム・健草医学舎のものをすすめます。子供には精油を抽出するときに出てくるハーブウォーターは精油より優しく扱いやすいですよ。ラベンダーやカモマイルのウォーターなら赤ちゃんにも安心!精油の希釈→アロマランプでたくのはあまり神経質にならなくてよいですが小さな子供は嗅覚が鋭いから半量。1歳過ぎてたら広い部屋で焚くなら神経質にならなくても大丈夫。精油によりますが・・・ケトンなどが成分に入ってるものは絶対駄目!直接塗布は1才を過ぎてからに!1~7歳は0.5~1%以下(塗布部位により)が無難。ここでは制限があって説明しきれないのが残念。でも子供の為にアロマでホームケアなんて関心です。虫が死んでしまうような怖い防虫剤を幼い子供にもかけるなんて、もってのほかですよね。アロマは勉強して上手に活用すればとっても効果的だし、しらないと怖い場合もあります。ぜひ自信で本を買う程度でも勉強してドンドン使ってください。本当にいろいろなケア方法があります。頑張って下さいね。あなたのような方、職業柄、とってもうれしいです(^^)
    • good
    • 3
この回答へのお礼

パソコンの調子がわるく、お礼が遅くなってしまってすみません。
詳しく、わかりやすく教えていただき、とても嬉しかったです。
さっそく実践しています。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2006/12/25 17:59

アロマテラピーはお薬ではないにせよ、刺激の強いものも多くあるので、小さい子がいたり、妊娠中の場合などは信頼できるプロの方の指導を受けて行うのが良いと思いますよ。

    • good
    • 0

専門家紹介

ドクターズミー医師

職業:医者

医師、歯科医師、栄養士、薬剤師、獣医師、カウンセラー等に直接相談できる、
メディカル・ヘルスケアQ&Aサービス「Doctors Me(ドクターズミー)」に所属する医師が回答します!
▼ Doctors Meとは?⇒ https://doctors-me.com/about

詳しくはこちら

専門家

そうですね


アロマを勉強した方法にもより人によって微妙に回答が違ったりしますのでなんともいえないところもあります
学校も何箇所もあり、協会もた~くさんありますのでそれぞれ言ってる事が違うなんていっぱいです。

NO.1さんの言うように私もラベンダー・カモミール・ティーツリーです。
ちなみに私はラベンダーとカモミール、ティーツリーなら3歳までOKと教わってきました。

ちなみにユーカリが子供にOKとは何を根拠にユーカリと特定して出てきたのかは不明です(今まで聞いたことないですね)


下記で使う精油は上の3種にしたほうがいいかと思いますが神経質になることはないと思います。
妊娠で使ってはいけない精油とかもありますが実際それが原因で流産が起きた事は今まで一度もないそうです。
ただやっぱり危ないといわれる成分が含まれていますのですすんで使うことはよくないですけど・・

使用例ですが
洗濯のすすぎ(香り付けや殺菌など)にもいいですし、
インフルエンザならハーブティーでも飲まれて対策を取ってみてはどうでしょうか。
夏の虫除けはラベンダーで対策できます。
ルームスプレーでも作ってみてはどうでしょうか。
また掃除にはティーツリーがいいですね。気分転換でラベンダーにしてもいいと思いますが。
外出するときは可能なら香水を作ってみるとかどうですか?
もしくはハーブで作ったものを持ち歩くとか・・・
それにたまに精油をしみこませて持ち歩けばいいと思います。

アロマセラピーにははまってるけどハーブにはあまりはまってないという方が最近は結構いますね。
日当たりのいい窓際でいい香りのするハーブを育ててみたりするのもいいと思いますよ。
ハーブは料理にも使えますのでローズマリーをお肉料理に使ったり、新鮮なペパーミントの葉をちぎってお茶に入れたりお菓子に混ぜたり、試されてみてはどうでしょうか。
乾燥させたラベンダーのハーブを混ぜて作るクッキーとかおいしいですよ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

パソコンの調子がわるく、お礼が遅くなってしまってすみません。
ハーブを取り入れることは、考えていませんでした。
楽しそうだし、良さそうですね!
ぜひ試してみたいと思います。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2006/12/25 17:58

私はアロマテラピーを趣味にして楽しんでいる者です。


1995年に購入した本ですが

「最新 アロマテラピーガイドブック」フレグランスジャーナル社
クリスティーン・ウエストウッド 著 
高山林太郎 訳

の中に子供に使用する際の注意が書かれた項目があります。
この本は出版されてから時間がたっているので、手に入りづらいと思いましたので
その中から抜粋して引用しますね。
----------
生後0ヶ月から12ヶ月まで…ラベンダー油かカモミール(ローマン)油を一滴だけ、つぎの方法で用います。
 (a) 湿布
 (b) 室内での芳香拡散
 (c) 精油一滴を、15mlのスイートアーモンド油に入れて希釈して、
    ・マッサージに
    ・沐浴に

1歳から6歳までの幼児には…ティートリー油、ラベンダー油、カモミール(ローマン)油を、1滴から3滴、赤ん坊の場合の(a)、(b)、(c)と同様に使用します。

7歳から12歳までの子供には…精油はおとなと同じものを使ってけっこうです。ただし、用いる精油の滴数は、おとなのときの半分にします。

13歳以上には…おとなと同じ精油を、同じ量だけ使用してください。
----------
※精油1滴は0.05mlです。

このような記載を参考にし、後はお子様にあった量を適宜調節して使用できるものと思われます。でも私は子供の頃、あまり好きでない香りで鼻が詰まったりするようなアレルギー反応がありましたので、お子様によっては大人以上に香りに対する反応が敏感に出ることが考えられると思いますので、お子様にとっても好まれる香りかどうかというのも、使用するかしないかの判断基準になると思います。これは嫌いな香りではかえってリラックスできないと訴える大人の意見もあるので、子供にも当てはまるのではないかと私が思ったことです。

最近出版されている本で、お子様に対する使用についてのものが書かれたものがあれば、そちらのほうが情報として新しいはずですので、良い本が見つかると良いのですが…

ところで、先の引用には無かったフルーツの精油(スイートオレンジやレモンなど)は食べ物でなじみのある香りですし、芳香浴として取り入れることも可能かもしれません。いくつかの本に、寝つきの悪い子供にスイートオレンジの香りをあらかじめ部屋に焚いておくと寝つきが良い、という記述もよく見かけました。

虫除け対策ですが、ラベンダーはもともと虫除け効果のある精油ですから、他の精油の使用が心配でしたらラベンダーだけを使用した虫除けスプレーなどを自作されてみるのはいかがでしょうか。50ml程度のガラス製スプレーボトルに1から5滴までのラベンダーと少量(小さじ1程度)の無水アルコールを混ぜ、それに精製水(私は市販のミネラルウォーターなどもよく使います)をスプレーボトルに入れて、使用する前によく振って使います。

外出する際、これは私の考えですが、あまり精油をかぎすぎても時として気分が悪くなることも考えられますし、有効成分を取りすぎる危険もあるかもしれませんので、常に香りがある状態よりは「必要に応じて、適宜に使う」ほうが良いのではないかと存じます。

お子様にも香りの好き嫌いがあるかもしれないので、その点は親子間で話し合って、最終的に使用量を親御さんが決めて上げられればよいと思います。

この分野は有資格の方も大勢いらっしゃいますので、長年趣味だけの私がお答えするのもどうかと思いましたが…アロマの本は種類もけっこうありますので、どれか気に入りそうで参考書になりそうなものを1冊持っていると心強いと思いますよ。質問者様のお役に立てれば幸いです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

パソコンの調子がわるく、お礼が遅くなってしまってすみません。
とてもとても参考になりました。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2006/12/25 17:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアロマオイル・精油(アロマテラピーその他色々で使用の物)などは何処のメーカーが良いのですか?

最近、アロマテラピー等に興味を持ち
ロフト等でオイルとアロマポットを買って
簡単に家でたまにするのですが、

アロマオイル・精油(アロマテラピーやその他色々な使用の仕方の物)などは同じ匂いの?
アロマオイル・精油等でも、値段に安いのから
高いのまでありどこのメーカーが良いのかわからないのですが、ここのメーカーがいいとかありますか??

不安やイライラ等に効くと言われている
「ネロリ」を購入しようと思うのですが、
あまり売っていなくて
ネットで検索すると沢山のメーカーからでていて、
どこのメーカー(どこのブランド)を購入していいかわかりません。

全くの初心者なので
あまり詳しく無いのでわからないのですが
アロマオイル(エッセンシャルオイル)は、
アロマポット等に垂らしてするのでは無く、
蓋を開けてそのままたまに匂いを嗅いでもいいのでしょうか??

そのような使い方をしたらきつ過ぎるのでしょうか??

★後、不安やイライラに効くエッセンスオイルもあれ ば教えて欲しいです。

★お勧めのメーカー(できればネットショップがいの ですが)がありましたら教えて下さい。

★使用の仕方等詳しい方も教えて下さい。

宜しくお願いします。

最近、アロマテラピー等に興味を持ち
ロフト等でオイルとアロマポットを買って
簡単に家でたまにするのですが、

アロマオイル・精油(アロマテラピーやその他色々な使用の仕方の物)などは同じ匂いの?
アロマオイル・精油等でも、値段に安いのから
高いのまでありどこのメーカーが良いのかわからないのですが、ここのメーカーがいいとかありますか??

不安やイライラ等に効くと言われている
「ネロリ」を購入しようと思うのですが、
あまり売っていなくて
ネットで検索すると沢山のメーカーからで...続きを読む

Aベストアンサー

初めまして。アロマ大好きなものです。

ネロリはオレンジの葉から抽出されるんですよね。

とても効果なものだけに、本物はとても高いです。(うん万円・・)ローズも同様です。

ニセモノは沢山出回っているので気をつけてください。

まず遮光ビンでないものはだめですよ。あと異常に安いのはおかしいです・・

あたしが好きなメーカーは、ライブラ、ガイア、サノフロール、生活の木です。

サノフロールは中でも有機栽培をしたものですので、
少し高いかもですが香りが違います。
(メーカーによって香りも微妙ですが違います)

是非、ショップに行ってお試しで嗅いでみてください。

あたしは個人的にサノフロールの商品が大好きです。
(ちなみに好きな精油は、柑橘系やゼラニウムです。)

瓶をそのままだと濃いので逆に気分が悪くなるかも?

アロマポット、アロマランプ、沐浴・・etcさまざまな
アロマの方法がありますが、あたしがよくするもので~

洗面器に2滴~3滴垂らして頂いて、手浴・足浴はどうでしょうか?手もひじをつけるようん形で。
とても香りがひろがりリラックスできますよ!

そしてお風呂に使われる場合は、5滴でとめておいてください。それ以上入れると逆効果にもなりかねます。
あと、精油は水にとけないので香りが薄くなった?と思って、たさないようにしてくださいね。
そういう場合は、温度を上げると(お湯をたす)
再び香りが復活します。

*ちなみに柑橘系の精油は晩はひかえてくださいね。
なぜかというと肌に刺激を与える場合もありますので。
昼間の使用のがあっていると思われます。

ディフューザーはかなりおすすめでよ。
あたしも愛用していますが・・やめられません(笑)
検索してみてください♪マイナスイオンまでだしちゃいます。

イライラにきく精油ですが・・
そもそも自分の好きな香りだとリラックスするんですが、
好き嫌いものありますが・・
ラベンダー、ローズ、ゼラニウム、ベルガモットetc・・
ゼラニウムはホルモンにいいので、女性には是非です。
あたしはゼラニウムとラベンダーをミックスしたものが
とても大好きですが。

これからの季節は、花粉症などにいいのはユーカリや
ティートゥリーという精油です。風邪などの時もいいですよ。

あと、最初にも書きましたが・・ニセモノが本当に沢山でてるんですよ。。今のところまだ規制が甘いので(TT)
ニセモノだと効果がでないんです。
なので自分の目で、そして情報をしっかりつかんでから
購入して頂いて、リラックスタイムを楽しんでください♪

あ、サノフロールから出ている「フラワーウォーター」があるんですけど、あたしはこれのラベンダーを化粧水がわりに使用しています。
ほんと肌の調子もよくなって嬉しい限りです。
*ちなみにフラワーウォーターとは・・
精油を抽出する際の副産物です。

初めまして。アロマ大好きなものです。

ネロリはオレンジの葉から抽出されるんですよね。

とても効果なものだけに、本物はとても高いです。(うん万円・・)ローズも同様です。

ニセモノは沢山出回っているので気をつけてください。

まず遮光ビンでないものはだめですよ。あと異常に安いのはおかしいです・・

あたしが好きなメーカーは、ライブラ、ガイア、サノフロール、生活の木です。

サノフロールは中でも有機栽培をしたものですので、
少し高いかもですが香りが違います。
(メーカーに...続きを読む

Qインフルエンザウィルスは夏はどこで何をしているの?

 インフルエンザウィルスは湿度の高い夏はどこで何をしているのでしょうか?
 湿度が50%以上だとウィルスは空中浮遊できなくて、死滅するというのを
訊いたことがありますが、一部のウィルスはどこかで潜んでいるのでしょうか。
それとも湿度が低くなる頃に新たにどこかで生まれて、発生するのでしょうか?
それともヒトの体内に潜んでいるのでしょうか?でもそれなら湿度は無関係?

Aベストアンサー

 獣医師でウイルスに専門知識を有しています。

 まず基本ですが、インフルエンザに限らず「ウイルス」は、"生きた細胞の中"でなければ増殖することはできず、また増殖以外の"生命活動"をしない微生物です。
 その構造は端的に言うと、「遺伝子が入ったタンパク質の殻」に過ぎません。そのタンパク質の殻は細胞膜のように物質を出し入れするための生理的活性があるわけでもない正真正銘の「ただの殻」ですし、その殻の中には遺伝子が入っているだけで、その遺伝子から情報を読み取り、翻訳して蛋白質を合成する器官は持っていません。
 なので、細胞内に入って、細胞に自分の遺伝子を読ませ、細胞に「殻」などを生産してもらわなければ増殖することができない、というわけです。

 なので、インフルエンザだけでなく、どんなウイルスも「空中」で生き延びることができるものは存在しません。
 細胞の外でのウイルスは単なる物質としての振る舞いしかしませんから、時間と共に「壊れる」一方です。
 ただ、その「タンパク質の殻」の構造によって、環境中であっという間に壊れてしまうウイルスや、非常に長い時間耐えるウイルスがいるだけの話です。どちらも「環境中では死滅する(壊れる)一方」ということには変わりなく、その速度が違うということです。
 インフルエンザはどちらかというと「壊れる速度が速いウイルス」に入ります。「壊れる速度が遅いウイルス」の代表はノロウイルスでしょう。

 また、どんなウイルスも基本的に乾燥条件には弱いです。つまり死滅速度が速くなります。また熱にも弱いです。
 インフルエンザウイルスが「湿度が低い環境を好む」と言われているのは(きちんと調べた報告はあまりなく根拠が以外に脆弱なのですが)、ウイルスの死滅速度の問題ではなく、湿度が低い方が咳やくしゃみなどで飛ぶ"飛沫"が長距離まで飛び、また空中に浮遊する時間も長いため、感染に有利、ということのように思えます。
 また、ヒト側でも乾燥すると咽喉頭や気管支の粘膜が傷みやすい=粘膜免疫がうまく働かずウイルスが感染しやすくなる、といった面もあるでしょう。
 感染が成立してしまえば、ヒトは恒温動物ですので環境中の温度や湿度はまったく無関係です。

 とりあえず、インフルエンザに限らずウイルスは、「生きた細胞内でしか増殖できない」ということと、「増殖以外の"生命活動"をしない」ということだけ基本として覚えておいて下さい。

 ちなみに「夏の間ウイルスはどこにいるか」ですが、「乾燥低温である冬季にインフルエンザが流行する」のは温帯及び寒帯での話です。熱帯地域ではインフルエンザは1年中発生しています。(この点からしても"インフルエンザウイルスは低温低湿度環境を好み・・"は怪しげになるのですが)
 なのでインフルエンザウイルスは、夏の間は熱帯地方などで流行を維持しているのでしょう。それが季節と共に北上あるいは南下して両半球に拡大していくと。毎年のワクチン株の選定も、早い季節に低緯度地帯から分離されたウイルスの解析によることが多いですし。

 もちろん日本でも夏の間はウイルスがいないかといえばそうでもなく、ヒトの間を小規模な流行を維持しているでしょう。夏のインフルエンザも皆無というわけではありませんから。

 また、ヒトのインフルエンザはヒトだけに感染し、ヒトの間でのみ流行しています。
 他にインフルエンザに罹る動物は鳥、豚、馬などがいますが、それぞれの動物種ではそれぞれ別のインフルエンザウイルスが流行しています。
 つまり、インフルエンザウイルスの自然宿主は元々はカモなどの水禽類なのですが、その自然宿主から豚やヒト、馬などに伝搬して、現在では「ヒトインフルエンザ」の自然宿主はヒトであり、豚、馬についてもそれぞれの動物が自然宿主になっている、という状況です。

 現在アジアで起きている「鳥インフルエンザのヒトへの感染」だけはまた別で、これは「鳥のウイルスにヒトが感染した」ので、ヒトはこの場合"終宿主"という言い方になります。これでヒト→ヒト感染が起きて新型インフルエンザが発生、ということになれば「ヒトが自然宿主になった」ということなんですけどね。

 それはともかく、現在のヒト、豚、馬、鳥のインフルエンザウイルスは、互いに動物種を越えて感染することはありません。豚は鳥型、ヒト型両方のウイルスに感染しやすいのと、現在鳥→ヒトの感染が起きていることは例外です。(その豚ですら、豚独自のインフルエンザウイルスを持っている)
 それぞれの動物種にそれぞれのウイルスが流行しているわけですから、「中間宿主」なるものはありません。
 もしそんなものがあれば、インフルエンザウイルスは遺伝子組み換えを容易に起こすウイルスですから、毎年のように「新型インフルエンザ」が発生してその度に世界で数百万人~数千万人が亡くなる事態になっていることでしょう。
 「中間宿主」仮説が成立する可能性があるのは豚だけですが(他の動物種との間ではそもそも感染がまず成立しない)、もしそんなことが起きれば豚固有のインフルエンザウイルスと組み替えを起こしてすぐ判ってしまうでしょうし、そもそもその組み替えウイルスができたらそのまま新型インフルエンザになってしまう可能性が高いです。
 ということで「中間宿主」はありません。
 ま、今後そういうことが起きる可能性はありますが(新型インフルエンザ関連で)、少なくともヒトの季節性インフルエンザの流行に関して、ヒト以外の動物種が関与していると言うことはありません。

 獣医師でウイルスに専門知識を有しています。

 まず基本ですが、インフルエンザに限らず「ウイルス」は、"生きた細胞の中"でなければ増殖することはできず、また増殖以外の"生命活動"をしない微生物です。
 その構造は端的に言うと、「遺伝子が入ったタンパク質の殻」に過ぎません。そのタンパク質の殻は細胞膜のように物質を出し入れするための生理的活性があるわけでもない正真正銘の「ただの殻」ですし、その殻の中には遺伝子が入っているだけで、その遺伝子から情報を読み取り、翻訳して蛋白質を合成...続きを読む

Qインフルエンザ菌とインフルエンザウィルス

菌とウィルスが違うのは分かりますが、どうして同じ「インフルエンザ」
という名前が付いているのでしょうか。
ご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

私も知りませんでしたが、参考URLに分かりやすく書いてありましたよ。

参考URL:http://www.bl.mmtr.or.jp/~shinjou/inhu3.htm

Qインフルエンザ予防接種と豚インフルエンザ

2009年4月30日現在、豚インフルエンザが脅威を増してます。
 私は昨年12月にインフルエンザの予防接種を受けましたが、この予防接種は今回の豚インフルエンザにも効果があるのでしょうか。もし効果があるのなら、病院に接種希望の人々が殺到してしまうかもしれませんね。

Aベストアンサー

 日本(だけでなく世界中でですが)で冬期に流行するインフルエンザ(季節性インフルエンザと言います)の亜型はH1N1とH3N2です。H1N1はソ連型、H3N2は香港型とも言われています。

 H5N1というのは、数年前から東南アジアで鶏から感染して既に300人近い人が亡くなっているウイルスの亜型です。

 今回の"メキシコ風邪"はH1N1なので、ソ連型と同じ亜型です。
 ですが、抗原性は大きく異なるので季節性インフルエンザのワクチンは効かない、ということになっています。まあ全く効かないと言うことはないだろう・・・とは個人的には思うのですが。

QA型インフルエンザ感染後の新型インフルエンザ予防接種について

先日3歳の娘と、1歳の娘を含め家族全員がA型インフルエンザに感染しました。
子どもたちは新型インフルエンザ予防接種の接種対象であるため、今月末に接種をしようかと思っていたのですが、接種する必要はあるのでしょうか。

Aベストアンサー

A型という事ですが、遺伝子検査はしましたか?
現在A型感染はほぼ新型だと思ってよいと思います。

ので、新型にかかったのであれば予防接種は必要ないのでは?

それより季節性を接種した方が良いでしょう。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報