【お知らせ】カテゴリの見直しについて

一般に金属の錆をとるには酸で洗浄すると言う方法が知られていますが、酸以外で化学的に錆を除去するためには、還元型漂白剤(ハイドロハイター、ハイポ、ハイドロサルファイト)などで洗浄して錆を除去することはかのうなのでしょうか?

初心者的質問ですいません。ご存知の方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんにちは。


金属酸化物を還元して元の金属にする、という方法はない事はないです。
ただ、非常に強い還元力が必要なので、錆び落としではなく、金属その物を作る精錬で行われています。

錆び取りに使えない理由はもう一つあって、錆びというのは、金属本体から剥離してかなり多孔質な状態になっています。
この状態で還元しても金属のスポンジみたいな状態になってしまって、元の滑らかな金属表面にはなりません。

例えば、化学の実験でよくやるのが、酸化銅2を加熱して水素ガスを通して還元して金属銅を得る実験をしますが、ピカピカの銅にはなりません。

ご質問であげられた還元剤で金属酸化物を還元するには力が弱すぎると思います。

この回答への補足

>非常に強い還元力が必要なので、錆び落としではなく、金属その物を作る精錬で行われています。

つまりは、錆落としには非常に強い還元力が必要なので還元力の弱い還元型漂白剤では錆落としには使えないということですね。

>錆び取りに使えない理由はもう一つあって、錆びというのは、金属本体から剥離してかなり多孔質な状態になっています。この状態で還元しても金属のスポンジみたいな状態になってしまって、元の滑らかな金属表面にはなりません。

なるほど、その為、元のような滑らかな表面を得る目的から、酸性溶液中でその多孔質な部分をすべて溶かしきってしまう為に、酸性溶液中で錆落としを行うということなんですね?
ただ、錆落とし後の状態がスポンジのような状態でも還元力さえ強い還元剤さえあれば(もし存在するなら)、酸性溶液中でなくとも、錆を落とすことは可能という事なのでしょうか?それともやはり、スポンジのような状態になっている奥の部分にまでは還元剤が浸透せず、錆は取りきれないということになるのでしょうか?

補足日時:2006/11/16 23:54
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとう御座います。出来ましたら補足事項にお答えいただけるとありがたいです。

お礼日時:2006/11/17 00:15

お呼びでしたね。

遅くなりました。m(__)m
>スポンジになってもいいから・・・という事であれば、無理やり強力な還元剤で還元する事は可能です。
しかし時間がかかるのは、前の方のとおりです。
先に例であげた酸化銅を水素中で加熱する実験では赤い銅の粉が得られますが、酸化銅の粉ではなく、あらかじめ銅の網を焼いて酸化銅にして黒くしておいた物を使う方法もあります。
この場合、剥離した銅の粉とざらざらの、一応、銅の色をした金網が出来ますがピカピカにはなりません。
この反応が進み易いのは、水素は分子が非常に小さいため、金属の中に入り込む事が可能だからです。
※脱線しますが、鉄の中に水素が入り込んで鉄をボロボロにしてしまう水素脆性という現象は結構有名で溶接や水素を発生する物やロケットの燃料タンクや配管などでも非常に重要な問題です。

なので水素のような金属の結晶格子の中にまで入り込んでしまう還元剤なら割と可能ではありましょうけど、液体の還元剤では、No3 様の回答の通りになるでしょう。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

なるほど、よくわかりました。
再びのご説明ありがとう御座いました。

お礼日時:2006/11/18 10:08

ANo.1 の補足です。


錆が固体状態では還元剤が有効に働かない理由:
「さび取り」にかぎらず、反応系一般に、反応が進むためには、反応にかかわる反応物同士の接触が必要です。

液体あるいは溶液状態では反応物は分子(あるいはイオン)の粒子として動き回っています。
固体状態では大きいカタマリになっています。

反応は反応物の接触(衝突)によって生じます。
溶液では溶液中の反応物がすべて反応に参加できますが、固体では表面にある反応物しか参加できません。
従って、固体状態では反応の進み方が非常におそくなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、つまりは、溶液を攪拌してやれば、反応物同士の接触が増加する為、酸性溶液中でなくとも反応が促進するものの、#2さんのお話も総合すると、ハイドロサルファイトなどの還元型漂白剤では錆を落とすほどの還元力を持ち合わせていないため錆落としにまでは至らないということなんでしょうか。

ありがとう御座いました。

お礼日時:2006/11/17 09:40

まず、


ハイドロハイターについてはしりません。
ハイポ、ハイドロサルファイトは「亜ジチオン酸ナトリウム」です。

「錆」と言う以上、固体状態にあるわけで、還元剤を有効に働かすためには、「錆」を溶かさなければ成りません。

多くの金属酸化物は酸性溶液で溶かすことが出来ます。
(アルミニュウムのような両性の金属の酸化物は強アルカリ溶液で溶かすことができます。)

しかし、
「亜ジチオン酸ナトリウム」は酸性溶液中では自身が分解してしまう。
「亜ジチオン酸ナトリウム」は、多くの金属について酸化物から金属へ還元できるほど強力な還元剤ではない。

したがって、「亜ジチオン酸ナトリウム」によって錆を取ることは難しいと思います。

この回答への補足

>還元剤を有効に働かすためには、「錆」を溶かさなければ成りません。
>多くの金属酸化物は酸性溶液で溶かすことが出来ます。

なるほど、、金属の錆をとるためには還元作用のみではなく、酸性溶液中に錆を取りたい金属があること の二つの条件が必要であるということが判りました。つまり、酸性溶液中で自身が分解せず、安定に存在できる還元型漂白剤が存在するなら、錆とりに使用可能ということですね?

ただ、酸は元々錆とりに使用できるのですから、そこにわざわざ酸性溶液中で分解しない還元型漂白剤など入れなくとも良いということになりそうですね。

ところで、錆が固体状態では還元剤が有効に働かない理由はなんなんでしょうか?(固体でも還元剤が接触している部分はあるわけですからその部分で還元反応は起きないのでしょうか?
(つまりは、金属酸化膜が厚い錆などの場合に酸性溶液中でないといけないということですか?)
・・すいません。初心者的疑問で・・

補足日時:2006/11/16 22:47
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとう御座います。出来ましたら補足事項にお答えいただけるとありがたいです。

お礼日時:2006/11/17 00:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサンポールが鉄の赤錆を剥がす原理を教えてください

今バイクのガソリンタンクをサンポールで洗浄し、赤錆を取り除く作業にトライしています。
前段階の実験として真っ赤に錆びた針金(工事現場の足場などで使われている軟鉄)をサンポールの原液、希釈液=原液2:水1、1:1、1:2の4通りに10分間浸して、原液または原液2:水1の時、良好な結果の得られることがわかりました。この後は重曹水で中和処理をしておくことが必要なのも検証しています。
ところでサンポールは塩酸が主成分なので、酸で錆び=酸化鉄が取り除ける→鉄が甦る原理があることを目の前にして自分の既成観念がひっくり返りました。酸化したものを無くす(というよりこの場合は剥がす=分離する?)にはアルカリや還元物質の出番ばかりではないのですね。自分は化学の専門家ではありませんが、ある程度は化学反応式を理解できるつもりですので、原理的なレベルというか、素人にもへぇーそうなるんだとわかるレベルでサンポールと赤錆の化学反応の世界を教えていただけたらと思います(色々調べたのですが赤錆の正体自体がよくわかりません)。
ちなみに塩酸と重曹の反応だったらHCl+NaHCO3→NaCl+CO2+H2Oで塩と二酸化炭素と水ができるから処理水を下水に流しても無害だなと理解しているほどの者です。

今バイクのガソリンタンクをサンポールで洗浄し、赤錆を取り除く作業にトライしています。
前段階の実験として真っ赤に錆びた針金(工事現場の足場などで使われている軟鉄)をサンポールの原液、希釈液=原液2:水1、1:1、1:2の4通りに10分間浸して、原液または原液2:水1の時、良好な結果の得られることがわかりました。この後は重曹水で中和処理をしておくことが必要なのも検証しています。
ところでサンポールは塩酸が主成分なので、酸で錆び=酸化鉄が取り除ける→鉄が甦る原理があることを目の前に...続きを読む

Aベストアンサー

別に酸化鉄が鉄に戻ったわけではありません。酸化鉄が溶けただけです。溶けた下から酸化されていない鉄が出てきただけです。当然、サビがひどければ鉄は薄くなります。

Fe203 + 6 HCl → 2FeCl3(水溶性) + 3 H2O

重曹水で処理するのは酸が残っていると、鉄が溶けてさびやすくなるからです。

Qなぜ?アルカリだと鉄などは、さびにくいのですか?

なぜ?アルカリだと鉄などは、さびにくいのですか?

Aベストアンサー

こんばんは

ステンレスは「サビているからサビない」というのはご存じでしょうか?
表面がごく薄い(数nm)のサビが酸素の侵入を防ぎます。
ただ、鉄のサビが被膜を作るのではなく、添加物であるクロムのサビが被膜を作ります。
「ステンレス=サビない」は実はサビています。極薄のサビがサビの進行を防いでいます。

>アルカリだと鉄などは、さびにくいのですか?
アルカリの溶液で100~150℃ですと、鉄の表面に数μmの四三酸化鉄の被膜が出来ます。
「くろぞめ」として、サビ防止に使われています。

Qクエン酸で錆落し

よく薬屋さん等に売っている「クエン酸」が、錆落しに使えると聞きました。錆びた釘の、錆びを落としたいのですが、クエン酸はどれくらいの濃度が適当なのでしょう?
知ってる方がおられましたら、教えてください。

Aベストアンサー

市販されているクエン酸なんてあるのかはわかりませんが、和光純薬工業株式会社でうられているcitric acid10gを飽和水溶液にしてやったら落ちますよ。ただ酸で金属そのものを溶かすので長い目で見ると逆に腐食しやすくなる気がします。釘であるならば新しいのに交換するのが理想だと思います。
 なお飽和は濃すぎるので1対10ぐらいでもよいかと思います。素手ではちょっと危険なので必ず手袋をしましょう。
  以上ponでした

Qクエン酸は何時間でステンレスを変色させますか?

クエン酸の水溶液を作り、トイレットペーパーを浸して溶けたトイレットペーパーをステンレスの部品に貼り付けています。釣り竿のステンレスガイドがそれです。サビを取りたいのですが、変色されても困ります。何時間程度までなら放っておいて大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

>クエン酸の水溶液を作り、トイレットペーパーを浸して溶けたトイレットペーパーをステンレスの部品に貼り付けています。
 クエン酸で錆は取れないですけど・・
 金属は、酸と酸素、および水の存在で錆びやすい。ステンレスは表面に酸化クロムの不働態が形成されているため、酸に浸されていない限り、容易には錆びません。
 よって、クエン酸はまったく逆効果です。どうしてそういう発想なのか理解できません。重曹などの塩基性のものなら分かります。

 クエン酸を使用するのは ステンレスポットに、カルキ分が水垢( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E5%9E%A2 )として付いているような場合に、それを溶かすことに使用されます。

>サビを取りたいのですが、変色されても困ります。
 錆を取るのでしたら、還元剤( チオグリコール酸アンモニウム・ハイドロサルファイトナトリウム--添付)などを使いますが、釣具でしたら目の細かいペーパーか金属ミガキのほうが効率的です。

 錆を防止するのが目的でしたら、酸素・水を遮断すれば良いのですから
・油や塗料を塗る。
・アルミなどイオン化傾向の大きな金属で覆う(犠牲酸化)

>クエン酸の水溶液を作り、トイレットペーパーを浸して溶けたトイレットペーパーをステンレスの部品に貼り付けています。
 クエン酸で錆は取れないですけど・・
 金属は、酸と酸素、および水の存在で錆びやすい。ステンレスは表面に酸化クロムの不働態が形成されているため、酸に浸されていない限り、容易には錆びません。
 よって、クエン酸はまったく逆効果です。どうしてそういう発想なのか理解できません。重曹などの塩基性のものなら分かります。

 クエン酸を使用するのは ステンレスポットに、カルキ...続きを読む

Q鉄が錆びる仕組み

鉄が錆びる仕組みについて調べました。
これまでのところ、以下のような理解です。

□鉄さび = 酸化鉄。
□化学式は Fe(OH)3
・しかし、さびといっても、他にも種類はあるらしい。
□乾燥した状態では、鉄は酸素と勝手に化合したりしない。

□水が鉄の表面につくと、以下の反応が始まる。
・水に、大気中の二酸化炭素が溶けて、酸性(電解質)になる。
・そのため、鉄がイオン化する。(とける)Fe2+ 
・一方、水は酸素と水素に分離する。 H、O
・そして、水の中で、これらがくっつく。 Fe(OH)3

(1)【以上の理解で、正しいでしょうか・・?】
(2)【水が酸素と水素に分離する、というくだりが微妙です。水って、そんなに簡単に、分離してしまうものなんですか?なんらかの刺激はひつようないのでしょうか?】

■また、以下のサイトも調べました。
http://www.sofutemu.co.jp/page1.html
その結果、新しい事実!として、以下のようなことが書いてありました。

・鉄鋼(鉄のことと考えます)は、エネルギーの強い部分と弱い部分がある。
・水がつくと、”反応が起こり、エネルギーの移動が始まる”。
(強い部分から、弱い部分に、エネルギーが移動する)
・弱い部分に、エネルギーをあげた”強い部分”は、安定するために、OやHと結びつく。

 おそらく、以上二つの説明は、同じことを別の言い方で説明しているのでしょうが、、、 

(3)【”反応が起こりエネルギーの移動が始まる”・・・の部分を、もう少し詳しく知りたいと思いました・・。】

(4)【もしも自分に理解できるならば、「一体、強い部分、弱い部分とはなんだ?」ということも、知りたいと思いました。】



 もしも、ご存知の方がいましたら、どうぞよろしくお願いします!

鉄が錆びる仕組みについて調べました。
これまでのところ、以下のような理解です。

□鉄さび = 酸化鉄。
□化学式は Fe(OH)3
・しかし、さびといっても、他にも種類はあるらしい。
□乾燥した状態では、鉄は酸素と勝手に化合したりしない。

□水が鉄の表面につくと、以下の反応が始まる。
・水に、大気中の二酸化炭素が溶けて、酸性(電解質)になる。
・そのため、鉄がイオン化する。(とける)Fe2+ 
・一方、水は酸素と水素に分離する。 H、O
・そして、水の中で、これらがくっつく。 Fe(OH)3
...続きを読む

Aベストアンサー

少々間違っておられます。
おっしゃる通り、純鉄は乾いた空気中では錆びません。

湿った空気中では、いわゆる「赤錆」という錆ができます。
まず、鉄の表面に微小な水滴が付着します。
その水滴の中に酸素が溶け込んで陽極と陰極ができ「局部電池」が形成され、Fe2+ イオンが溶出します。
恐らくそのサイトの「エネルギーの強い部分と弱い部分……」のくだりは局部電池の陽極と陰極のことでしょう。
(局部電池が分からなければ検索してみてください)
その結果鉄はオキシ水酸化鉄(III) FeO(OH) や酸化鉄(III) Fe2O3 といった三価の鉄化合物になります。
これがどんどん剥がれて内部の鉄がむき出しになって……と繰り返されるのです。
penichiさんは水酸化鉄(III) Fe(OH)3 ができると言っておられますが、実際にはそのような化合物は存在しません。
速やかに脱水してオキシ水酸化鉄(III)になると考えられます。
また、水滴中に塩化物イオン Cl- や硫酸イオン SO4 2- などのイオンが存在すると、錆びはかなり早く進行します。

また、「黒錆」という黒い錆があるのをご存知ですか?
これは酸化鉄(II,III)または四酸化三鉄 Fe3O4 と呼ばれる鉄の酸化物の一種です。
この錆はかなり緻密で、ちょっとやそっとでは剥がれないので内部の鉄を保護してくれます。
その結果鉄の錆びがストップします。言ってみれば「いい錆」なんですね。
鉄釘や鉄鍋がそう簡単に錆びないのはこの錆のおかげです。

少々間違っておられます。
おっしゃる通り、純鉄は乾いた空気中では錆びません。

湿った空気中では、いわゆる「赤錆」という錆ができます。
まず、鉄の表面に微小な水滴が付着します。
その水滴の中に酸素が溶け込んで陽極と陰極ができ「局部電池」が形成され、Fe2+ イオンが溶出します。
恐らくそのサイトの「エネルギーの強い部分と弱い部分……」のくだりは局部電池の陽極と陰極のことでしょう。
(局部電池が分からなければ検索してみてください)
その結果鉄はオキシ水酸化鉄(III) FeO(OH) や酸化鉄(I...続きを読む

Q真鍮についた緑青の落とし方

真鍮に付いた緑青の落とし方を教えてください

Aベストアンサー

さんこうに
http://blogs.yahoo.co.jp/bmjfs458/24088089.html

Q真鍮製品の上手な磨き方

 仕事の話になるので日曜大工のカテゴリとそれますが、こちらで訪ねた方が確実だと思い質問致しております。

 会社に真鍮製品の在庫が豊富にあるのですが、保管が悪かったらしく製品の色が芳しくないものがたくさんあります。
 何れも新品なのですが、こんな色では売ることが出来ないと社員一同頭を悩ませており、その製品をなんとか販売できるまでにしろ!という大役を押しつけられてしまいました(涙)
 製品としては目に付くところで使用されるわけではないので新品同様までに綺麗にしなくてはいけないというわけではないのですが、ピカールで磨いて上司に見せたところNGと言われてしまいました。
 ピカールで磨いた以上に真鍮に光沢を持たせるには、どうやったらいいでしょうか?
 私的な考え方として、
・自動車用のコンパウンド剤を使用する
・スチームを使用する
 を考えています。
 ちなみに、ピカールは真鍮用のブラシとウエス(古タオル)を使って磨きました。

Aベストアンサー

#8です
以前写真現像(正確には現像停止)に使用した酢酸があることに気付き、試験してみました。

10%溶液を作り、汚れた真鍮を二時間漬けて置く。

引き出してティッシュペーパーで拭くと、ピカピカになっていました。留意点は

1.漬けておくだけで、擦ったり磨いたりの手間はいらない

2.10%も2時間も共に根拠はない。最適な値は他にあると予想される

3.真鍮に酸化膜以外の汚れが附着していると「酸洗い」を妨害するので、予めそのようなものは剥がしておく

4.酢酸の入手先は、私の場合ヨドバシカメラの写真用品売り場。その他薬局でも入手可能かもしれない(未検証)。いずれにせよレモン酢よりは大幅に安価

>#膨大な真鍮製品を大量のタバスコで拭きながら
>#噎せ返っている光景を想像して、ちょっと笑えました
>笑うなんて、非道い。(涙)
でも、ブラックユーモア的な情景がナントモ(^^;
 

Qタイルに付いた錆びを落としたい

こんにちは

玄関の床のタイルの上に長期間鉄製の傘たてを置いていたのですが、掃除をしようと傘たてを動かしてみると錆び(もらい錆び?)が床のタイルに付いていました。
タイルは少しざらざらした石のような素材です。

その錆びを落とそうと普通の洗剤等で試してみたのですが落ちません。

何かよい方法がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

こんにちわ。
以前同様の質問に答えていましたので少し修正して返答しますね。
石やタイル等に付いたシミは酸素系の漂白剤もしくは食器用の付けおき洗剤(酸素系漂白剤と比べると効果は鈍りますが・・・)でつけおくことが必要です。
対象面にキッチンペーパーなどをおき、その上に洗剤を十分にかけてください。その後サランラップ等で覆ってあげると乾燥を防ぐことが出来ます。乾いてしまったら又かけて・・・何回か試すうちに除去できるはずですよ。
※念のためにスミで試してください。
酸素系の漂白剤は業務用の洗剤屋さんやダスキンさんに行けばありますのでわりと簡単に手に入りますが、めんどくさい方は通販で「オキシクリーン」という名前で売っているようですので購入されてみては・・・。
また、天然石のサビは石の鉱物質に反応してしまって石自体がサビている場合がありますのでその場合には残念ながら手遅れです。
もしそれでも落ちない場合は、清掃業者に依頼されたほうが・・・

Q錆取りについて。

錆取りについて。

白いキッチンの台に空き缶をしばらく置いていたら
錆のあとがくっついてしまいました。

どうしたら落ちるでしょうか?

Aベストアンサー

>白いキッチンの台…

って、材質は何でしょうか。

ともかく、中学校で習った理科を思い出しましょう。
錆は鉄が酸化したもの。
酸化の反対は還元。
ということで「還元系漂白剤」の出番です。
http://www.kao.com/jp/haiter/hit_hydro_00.html

Q車のアルミホイールの白サビ除去方法について

車のアルミホイールにできる白いニョロニョロした線状の腐食を白サビというそうなのですが、
先日ネットで買ったアルミホイールのリム部分やディスク部分に結構ニョロニョロできていて、それを除去したいと思い、マザーズというメーカーの「マグ&アルミポリッシュ」というものを買って使用したのですが、ただ表面をワックス掛けしたようなだけの結局効果ゼロで逆に擦りすぎてコンパウンドのせいか
くすんでしまいました。
この白サビを取るケミカル品があったら教えていただけないでしょうか。
見た限りこの白サビというのは表面の隆起感覚が無いので、中に浸透しているものかと思われますので、ワックスみたいな表面をコンパウンドで磨いて除去するには、くすんだり、まだらになったりして
あまり綺麗に仕上がらない気がします。
液状化したもので中まで浸透して除去できる物の方が素人の考え的には良いように感じますが
よく分かりませんので、是非使用した人に紹介して欲しい次第です。
できれば、リムのポリッシュ部分の鏡面の光沢などをくすませないように仕上げられるものがあれば
ベストなのですが。
仮にやはり表面の研磨が必要な場合は、ピカールだとどうでしょうか?
くすんだり、シミになったりしますか?その後クリアを吹けべ光沢は戻るでしょうか?

車のアルミホイールにできる白いニョロニョロした線状の腐食を白サビというそうなのですが、
先日ネットで買ったアルミホイールのリム部分やディスク部分に結構ニョロニョロできていて、それを除去したいと思い、マザーズというメーカーの「マグ&アルミポリッシュ」というものを買って使用したのですが、ただ表面をワックス掛けしたようなだけの結局効果ゼロで逆に擦りすぎてコンパウンドのせいか
くすんでしまいました。
この白サビを取るケミカル品があったら教えていただけないでしょうか。
見た限りこの白サ...続きを読む

Aベストアンサー

アルミ腐食は アルミ素材と クリアー塗装の間に侵攻していきます。
メッキ、アルマイト処理以外は クリアー塗装がされ アルミ地肌が出ている事は有り得ません

表面の クリアー層を落とし 地肌を磨いても 黒い線や 灰色線が残ると思います。

中古アルミ店に聞いたところ 直して売らないのか?質問したら 
ポリッシュ アルミ光沢にクリアー塗装のリムには 修理が効かない 
理由:綺麗に直せず ピカピカには戻せないそうです。
腐食を落とし 塗装で着色なら 下地が隠せるので可能と言ってました。

BBSのリム部ポリッシュなど この腐食の問題が 多いです。

金属磨き等は、地肌に対して有効であり クリアー塗装されたうえでは クリアー層まで 磨いて落とさないと 研磨出来ませんし 研磨後 クリアー塗装をする必要が有ります。
ピカールも 同じです。

クリアーポリッシュのアルミは 腐食蜘蛛の巣状が出たら 諦めるか 着色塗装するしかないでしょう。
なので 初めから 選ばない事 また ちょっとした傷からも 腐食の進行が 始まるので
クリアーで タッチアップして 地肌が露出しない様に 注意が必要です。

ホイールって 走行中に ゆがみひずみ 戻る の繰り返しで 
塗装も見えないひび割れとかも起き 腐食の
入口になるのかな とも 考えています。
リムポリッシュは 綺麗なの2年程度と お考え下さい。

腐食が 少なければ 腐食部分を 耐水ペーパー#1000とかで 削り落とし 研磨剤で磨いて落とせる範囲まで 落とし クリアー塗装を かけてみるしかないでしょう。

アルミ腐食は アルミ素材と クリアー塗装の間に侵攻していきます。
メッキ、アルマイト処理以外は クリアー塗装がされ アルミ地肌が出ている事は有り得ません

表面の クリアー層を落とし 地肌を磨いても 黒い線や 灰色線が残ると思います。

中古アルミ店に聞いたところ 直して売らないのか?質問したら 
ポリッシュ アルミ光沢にクリアー塗装のリムには 修理が効かない 
理由:綺麗に直せず ピカピカには戻せないそうです。
腐食を落とし 塗装で着色なら 下地が隠せるので可能と言ってました。
...続きを読む


人気Q&Aランキング