痔になりやすい生活習慣とは?

タイトル通りです。出頭に応じないと以下の処分をするそうです。

 「・・・督促状発行後、国税徴収法に基づく滞納処分が開始され、関係各所に調査を行い、あなたの財産(預貯金等)を差し押さえられる場合があります。・・・世帯主を連帯納付義務者としており、連帯納付義務者の財産も滞納処分の対象になる場合があります。」

近々、未納分を払いに行くつもりですが、ひとつ疑問が湧きました。

「国税徴収法に基づく滞納処分が開始」とありますが、国税徴収法を調べた結果、文字通り滞納した「国税」を「徴収」するために適用できる法律ではないかと思いました。

年金保険料納付も国税と同じ国民の義務ですが、保険料は国税ではないのではないでしょうか?この法律は行使できないのではないですか?もしかしたら私の屁理屈かもしれません。そのときはごめんなさい。

ちなみに、この命令書の内容は、本物です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「国税滞納処分の例」


国民年金法の条文、載せておきますね。
第4項を見てください。

(督促及び滞納処分)
第九十六条  保険料その他この法律の規定による徴収金を滞納する者があるときは、社会保険庁長官は、期限を指定して、これを督促することができる。
2  前項の規定によつて督促をしようとするときは、社会保険庁長官は、納付義務者に対して、督促状を発する。
3  前項の督促状により指定する期限は、督促状を発する日から起算して十日以上を経過した日でなければならない。
4  社会保険庁長官は、第一項の規定による督促を受けた者がその指定の期限までに保険料その他この法律の規定による徴収金を納付しないときは、国税滞納処分の例によつてこれを処分し、又は滞納者の居住地若しくはその者の財産所在地の市町村に対して、その処分を請求することができる。
5  市町村は、前項の規定による処分の請求を受けたときは、市町村税の例によつてこれを処分することができる。この場合においては、厚生労働大臣は、徴収金の百分の四に相当する額を当該市町村に交付しなければならない。
6  前二項の規定による処分によつて受け入れた金額を保険料に充当する場合においては、さきに経過した月の保険料から順次これに充当し、一箇月の保険料の額に満たない端数は、納付義務者に交付するものとする。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

tokimekisyarousiさん、わざわざ条文までありがとうございます。
自分たちは責任取らずに納得できませんね。

お礼日時:2006/11/23 19:53

#1さんのとおり、税金滞納したときと同様の手続きで処分されます。


いままで社保職員が怠慢だっただけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

uu_ooさん、ありがとうございます。
社保庁職員の怠慢と不祥事の数々、許せませんね。

お礼日時:2006/11/23 19:49

国民年金法で国税滞納処分の例によつて徴収するとなっています

    • good
    • 0
この回答へのお礼

xs200さん、早速のご回答ありがとうございます。
今回ばかりは無視できないようですね。トホホ。

お礼日時:2006/11/23 19:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q未払金と未払費用の違いについて。

未払金・・・{例}固定資産の未払額、有価証券の未払い額。

物、またはサービスを買い入れてまだ代金を払っていないものをいいます。また、商品・材料などの営業用の物品購入勘定である買掛金とは区別します。
会計原則では事務用品等の「費用になるもの」もあてはまることになっていますが、実務では、この部分は未払い費用と決めて、処理のし易い割り切った考え方を取り入れているところもあります。

未払費用・・・{例} 家賃、給与、賃借料、経費一般の未払い額。

まだ支払いの済んでいない営業用外の購入費用。
会計原則では、「継続的な役務提供を受ける場合、期末までに提供済みの部分について未払いのもの」となっていますが、実務では、費用の未払い分と理解してして簡易処理する場合があります。

各々の定義は以上の様になっていますが、未払金の説明にある
>会計原則では事務用品等の「費用になるもの」もあてはまることになっていますが、実務では、この部分は未払い費用と決めて、処理のし易い割り切った考え方を取り入れているところもあります。
という文がある為に混乱しています。

「費用になるもの」も未払金になるのであれば、未払費用とはどうやって区別すればいいのでしょうか。
未払金と未払費用の正しい分別の仕方を教えて下さい。
宜しくお願い致します。

未払金・・・{例}固定資産の未払額、有価証券の未払い額。

物、またはサービスを買い入れてまだ代金を払っていないものをいいます。また、商品・材料などの営業用の物品購入勘定である買掛金とは区別します。
会計原則では事務用品等の「費用になるもの」もあてはまることになっていますが、実務では、この部分は未払い費用と決めて、処理のし易い割り切った考え方を取り入れているところもあります。

未払費用・・・{例} 家賃、給与、賃借料、経費一般の未払い額。

まだ支払いの済んでいない営業用外の...続きを読む

Aベストアンサー

質問の内容どおり、会計原則上、「費用」の未払い分は「未払金」、「未払費用」のどちらにもなりえます。
契約上の役務の提供が完了していれば「未払金」、
未完了であれば「未払費用」という区分けです。

そうはいっても、この違いを意識するのは結構面倒なので、費用の分はすべて「未払費用」と仕訳する実務を取り入れてるところもあるんだよ。ってことをいってます。会計原則にはもちろん反していますね。

会計原則上の違いについて、こんな例が紹介されているサイトがあったので参考にしてみてください。

>例えば、給料を考えてみましょう。
>毎月20日締めの翌月10日払いとします。
>当月21日~末日までの給料は未払費用となり、
>前月21日~当月20日までの給料は未払金となります。
>なぜなら、この例でいえば、契約上、毎月21日~翌20日までの役務の提供をもって完了すると考えられるので、
>月末における翌月10日に支払う給料は未払金として処理され、
>当月21日~末日までの給料は、月末時点では、当該契約から判断して、
>役務の提供がすべて完了していないので未払費用として処理されることになります。

質問の内容どおり、会計原則上、「費用」の未払い分は「未払金」、「未払費用」のどちらにもなりえます。
契約上の役務の提供が完了していれば「未払金」、
未完了であれば「未払費用」という区分けです。

そうはいっても、この違いを意識するのは結構面倒なので、費用の分はすべて「未払費用」と仕訳する実務を取り入れてるところもあるんだよ。ってことをいってます。会計原則にはもちろん反していますね。

会計原則上の違いについて、こんな例が紹介されているサイトがあったので参考にしてみてくださ...続きを読む


人気Q&Aランキング