テレビで自閉症のドラマがやってますが、自閉症というのは、脳障害ですか?生まれたときから自閉症なんですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

詳しくはこちらで



参考URL:http://www.cocokarada.jp/disease/detail/K4170017 …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。

お礼日時:2006/12/06 12:14

はい、生まれた時には既に自閉症です。



テレビのように知的障害を伴う自閉症や、
知的障害を伴わない自閉症もあり、
更には知的障害を伴わず、言葉の遅れの無い自閉症もあります。


生育過程で発症する障害ではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。

お礼日時:2006/12/06 12:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q発達障害と自閉症の関係について

30代の女性です。数年前に受けたWAISーIIIの検査結果

言語性VIQ=116 動作性PIQ=79 全検査FIQ=100
言語理解VC=133 知覚統合PO=72 作動記憶WM=85 処理速度PS=100
下位検査では、言語性尺度の「単語」「知識」「理解」「類似」「符号」が15点前後に対して、「算数」「完成」「積木」「推理」「配列」が5~6点
というものでした。

心理検査の所見では「能力の偏りが著しく発達障害の可能性が濃厚」と書かれ、医師には「いわゆるアスペルガーやPDD、LDではない」と言われました(おそらく特定不能の広汎性発達障害ということだと理解しています)。
事務系の総合職として働きましたがとにかく仕事ができず不適応を起こし、退職して結婚しましたがほとんど引きこもり状態です。

自分自身を振り返って、自閉症の「三つ組の障害」があるように思えないし、家族もそう言います。自覚できてないだけで、本当は問題があるのでしょうか。幼少期を振り返って、こだわりやADHD的な問題もなかったし、社会性やコミュニケーションの面でとくに障害があったとも思えません。社交的ではありませんが、社会的な状況を読んで適切な言動をとること、相手の意図を察することは人並みにできると思っています。心理検査の所見から考えると、職場での適応障害は人間関係が原因というより、能力の偏りに起因するところが大きかったと思えます。行動力がなく決断できず先延ばしにしてしまう傾向は自覚しています。集団行動が好きではなく人付き合いはなるべくしたくありません。

質問ですが、この検査結果からしてやはり私は発達障害なのでしょうか。また、発達に凹凸がある、ディスクレパンシーが大きいということと自閉症スペクトラムはどういう関係にあるのでしょうか?能力にばらつきがある結果として、想像力や社会性に自閉的な問題を生じるのか?逆に発達に凹凸があっても自閉症スペクトラムに当てはまらない人もいるのか?もしそうならば、なぜ自閉症の上位概念として発達障害があるのでしょうか。「特定不能の広汎性発達障害」ということは私の中にもなにかしら自閉症的なものが存在しているのでしょうか?

以上、ご回答よろしくお願いいたします。

30代の女性です。数年前に受けたWAISーIIIの検査結果

言語性VIQ=116 動作性PIQ=79 全検査FIQ=100
言語理解VC=133 知覚統合PO=72 作動記憶WM=85 処理速度PS=100
下位検査では、言語性尺度の「単語」「知識」「理解」「類似」「符号」が15点前後に対して、「算数」「完成」「積木」「推理」「配列」が5~6点
というものでした。

心理検査の所見では「能力の偏りが著しく発達障害の可能性が濃厚」と書かれ、医師には「いわゆるアスペルガーやPDD、LDではない」と言われました(おそらく特定不能の広汎性発達...続きを読む

Aベストアンサー

臨床心理士をしています。

これまでのさまざまなご苦労、お察し申し上げます。
また、診断を巡っての疑問が解消されず、お気持ちも不安定なものを抱えたまま生活をしていらっしゃり、悩みも多いかと存じます。

診断につきましては、医師のみが行えることがらですし、このサイトではそういうことに言及はできませんので、可能性として触れさせていただきます。

1.知能検査の結果と発達障害の診断との関連
 発達障害の診断には、最近では、アメリカ心理学会のDSM-IV-TRや、WHOのICD-10といった診断基準が用いられることがほとんどです。
これらでは、心理・行動上の特徴(いわゆる「症状」とお考えいただいて構いません)によって診断を就けるという、いわば「状態診断」を行います。
その際、診断基準にも一部含まれますが、医師は、生育歴、発達歴を詳しく聴取して、診断の参考とします。

知能検査の結果は、診断基準には含まれませんので、あくまでも診断を下す上での参考データとして用いられるに留まります。

一般に、自閉症及びその関連障害(近年では、自閉症スペクトラムとカテゴリ化されるようになっています)や、学習障害、注意欠損多動性障害のある方では、言語性IQと動作性IQの大きな差異(ディスクレパンシー)、また、群指数(言語理解、知覚統合、作動記憶、処理速度)の標準得点の間のアンバランス、さらには、下位検査評価点の間のアンバランスがよく見られます。

ただし、これは、「発達障害の方では、こういうアンバランスがほとんどの場合にともなう」ということであって、必ずしも「知能検査の結果にアンバランスがあるから、発達障害である」ということを意味する訳ではありません。
ここは、誤解なさらないようにしてください。

2.質問者様の知能検査結果の解釈と、アンバランスの出現頻度
1)知能検査結果の解釈
質問者様の知能検査の結果では、全検査FIQ=100ということですから、全体的な知能の水準は、平均的といえます。

他の方のご回答にありますように、知能指数(IQ)、群指数(標準得点)は、ともに、ある年齢群の中で平均的な成績を取った場合に、IQまたは標準得点=100となるように作られています。
また、IQや、標準得点は、統計学的には、正規分布すると考えられており、この性質を利用して、IQ、標準得点の標準偏差は、15に設定されています。
そのため、IQ、標準得点ともに、85~115の範囲に68.4%の人が入るように設定されています。
また、90~100の範囲が「平均」と判定されますが、この範囲には50%の人が入るようになっています。

質問者様の場合、全検査IQ、処理速度の群指数は、いずれも100ですので、「平均」といえます。言語理解は、133ですので、「とくに高い」範囲に入りますし(130以上)、言語性IQ=116は、「平均の上(110~119)」に含まれます。
一方、作動記憶=85は「平均の下(80~89)」、知覚統合=72と、動作性IQ=79は「境界線(70~79)」と判定されます。
以上、本来は、測定誤差を考慮に入れるべきところですが、記述が繁雑になりますので、詳細は割愛してあります。
「境界線」というのは、知的障害(IQ<70)と、定型発達(いわゆる健常者、正常知能)との境界線のレベルと言うことを意味します。

これらから考えますと、全体としては平均的な知能水準をお持ちですが、個別の知的能力を見ますと、高低さまざまなものが含まれており、それらを平均した結果であると考えられます。
つまり、得意な面と不得意な面の差が相当大きく、そのために、学業や仕事のある側面はよくできるものの、一部には、周囲の方よりも、残念ながら劣った能力であると言わざるを得ない面もあるということを意味します。

2)IQ、群指数それぞれのバランス
次に、言語性IQと動作性IQの差、また、4つの群指数の標準得点相互の差について、ご説明します。
以下に、2つのIQまたは、群指数の差を示し(マイナスは、前者から後者を引いた結果を示しますので、あくまでも便宜的につけました)、括弧内には、それが、WAIS-IIIを作成した元のデータではどのくらいの比率で見られたかを示しています。

言語性IQ-動作性IQ……37(0.1%)
言語理解-知覚統合……61(0.7%)
言語理解-作動記憶……48(0.4%)
知覚統合-処理速度……-28(6.0%)
言語理解-処理速度……33(4.3%)
知覚統合-作動記憶……-13(36.4%)
作動記憶-処理速度……-15(31.5%)

以上、7つの差は、13~61とかなりの相違がありますが、統計学的にみますと、いずれも5%水準で有意な差が認められます。
つまり、これらの差が偶然に生じた確率は、5%未満という小さなもので、何らかの理由があると考えられます(ここで、それを検討するには、情報が足りませんので、これ以上言及はしません)。

また、標準化対象群(検査を作成する際に用いた対象者をこのように呼びます)での出現比率を見ますと、言語性IQ-動作性IQ、言語理解-知覚統合、言語理解-作動記憶の3つのペアにおける差は、いずれも出現率が1%未満ですので、かなり少ないと言わざるを得ません。
これに対して、知覚統合-処理速度と、言語理解-処理速度のペアでの差は、5%前後ですので、やはりあまりないくらいの差が見られたと考えた方がよいでしょう。

以上のペアに見られるような程度の差が見られる方は少ないものですから、学校や社会での生活、普段の日常生活では、やはりずいぶんいきづらい思いをしてこられたのではないかと思えます。

残りの2つ、知覚統合-作動記憶と、作動記憶-処理速度については、30%以上の頻度で見られますので、比較的よくある差があったといえます。

3)いわゆる健常者(定型発達者)における知能のアンバランス
いわゆる健常者(定型発達者)であっても、2種類のIQや、群指数がすべてほぼ同じ数値になるとは限りません。
つまり、一般的な言い方になってしまい恐縮ですが、そういう方もあれば、多少とも凸凹のある方も結構いらっしゃるということになります。
具体的には、群指数の組合せのどのペアで見るかによっても異なりますが、群指数で10くらいの相違は、40~50%程度の出現率ですし、15ですと10~20%前後の出現率となります。

3.発達障害と自閉症との関連
DSM-IV-TRなどの診断基準によれば、発達障害という概念の中に、自閉症、学習障害、注意欠損多動性障害などが含まれています。ただし、一部では、これらの個別の障害は、重複することが知られています(添付した画像をご参照ください)。

4.最後のご質問について
お示しいただいたWAIS-IIIの結果からは、何らかの発達障害という診断が下っても不思議ではないと考えられます。
ただし、この結果からそれが何か、ということについては明確には申し上げられません。
すでに述べましたように、発達障害の診断が下る方には、ほとんどの場合、WAIS-IIIなどの知能検査の結果にアンバランスがともなうという関係があるからです。

主治医がおっしゃったように、「特定不能の広汎性発達障害」ということであれば、質問者様の中にも、何か、自閉症の特徴に当てはまるものが認められる、と考えるのが合理的であると思います。

小生としては、疑問な点や、これから生活していく上で、どのような点に留意したらよいかということについては、やはり、診断を下された主治医や、知能検査を実施された心理士にまずは、ご相談になることがよろしいと思います。

また、都道府県や、政令指定市には、発達障害者支援センター、精神保健福祉センターなど公的な相談機関がありますので、WAIS-IIIの結果の写しがあればそれをお持ちになって、こういう公的機関に、生活や就労について相談することもできます。

さらに、最近は、発達障害の方々の生活、仕事の上での留意点や、工夫をまとめた本もたくさん出版されていますので、それらをご参照になるのもよろしいのではないでしょうか。
例えば、星野仁彦さんの「発達障害に気づかない大人たち[職場編]」(祥伝社新書]は、著者ご自身が、ADHDということもあり、さまざまな工夫、ヒントが満載されています。

診断がはっきりしないと安心できないというお気持ちがおありかも知れませんが、診断がはっきりしなくとも、生活の上で困っていらっしゃることに対して、とくに、長所や得意な点を活かした工夫をすること、また、短所は何か他の手段でカバーすることで、ずいぶん楽になることも多いと思います。

以上、とても長くなり、お読みいただくのにご苦労があったかも知れませんが、多少とも参考にしていただければ幸いです。

臨床心理士をしています。

これまでのさまざまなご苦労、お察し申し上げます。
また、診断を巡っての疑問が解消されず、お気持ちも不安定なものを抱えたまま生活をしていらっしゃり、悩みも多いかと存じます。

診断につきましては、医師のみが行えることがらですし、このサイトではそういうことに言及はできませんので、可能性として触れさせていただきます。

1.知能検査の結果と発達障害の診断との関連
 発達障害の診断には、最近では、アメリカ心理学会のDSM-IV-TRや、WHOのICD-10といった診断基準が用いら...続きを読む

Q自閉症と統合失調症の違いについて‥

現在保育士の試験勉強をしているのですが、テキストに『自閉症は以前、子供の統合失調症という考え方があったが、現在は否定されている‥』とあるのですが統合失調症を見ると自閉症と症状も一緒で何がどう違うのか全くわかりません。どなたか教えてもらえないでしょうか?

Aベストアンサー

初めまして。
自閉症と統合失調症は全くの別物です。

統合失調症の中で、他人との関わりを絶とうする症状が見られ、これを「自閉」と呼ぶことはありますがそれは「=自閉症」ではありません。とても誤解されやすい名称ですよね。

○自閉症…他者とのコミュニケーション能力や社会性の発達に遅滞がみられる【発達障害】の一種。3歳以前に発症する。
主な症状⇒対人的あるいは情緒的相互性の欠如、話し言葉の発達の遅れ、興味と活動の著しい限定

○統合失調症…思考、知覚、自我意識、意志・欲望、感情など、多彩な精神機能の障害が見られる【精神病性障害】。思春期以降に発病。
主な症状⇒幻覚や妄想、平板な感情やまとまりのない行動、思考


その他、より詳細についてはもう一度ご自分で調べてみてください。できれば本が良いですが、ネットでも調べられます。
試験勉強をしているのに、何もかも教えてしまっては意味がないですからね。私の回答に誤りがある可能性もありますし(苦笑)

大変かとは思いますが、体調に留意して試験勉強がんばってくださいね。

Q自閉症の笑顔

自閉症の笑顔というのは健常者の笑顔と違い、本当に笑っていない時があるというのは本当でしょうか?

Aベストアンサー

アスペルガー症候群の者です。

嬉しい時や楽しい時に笑いますが、
悲しい時に涙を流しながら笑う事があります。
ケラケラ笑うのではなくて、微笑む感じです。
健常者になった経験が無いので(笑)健常者が悲しい時に笑う事があるのかは知りませんが。

ちなみに一人でいる時に微笑んでいる事は多いです。
私は、割と何を見ても楽しめる性格なので、他の人にとってくだらない物に面白みを感じている事があります。
ついでに一人でいて泣いている事もあります。
現在イヤな目にあっていなくても過去にあった悲しい出来事を思い出している時などです。

一人でいる時ほど、自分の感情を敏感にキャッチしやすいみたいです^^;

Q自閉症について

自閉症について

いろんな本を読んだのですが、
自閉症、アスペルガー、多動(学習障害)の区別の仕方がいまひとつわかりません。
自閉症の中に、アスペルガーや学習障害・多動が含まれるのでしょうか。
まったく別なのでしょうか。

Aベストアンサー

日本の中に東京都や大阪府があるように上位区分と下位区分の関係になります。

発達障害
○自閉症
・高機能自閉症
・アスペルガー
・PDD-NOS(特定不能の発達障害)

○LD(学習障害)

○ADHD(注意欠陥多動性障害)

○知的障害

こんな感じです。

質問文にある障害は全て発達障害ですが、同じものではありません。
そして、自閉症・ADHD・LDのうち複数を持つ場合は厳密に診断基準に従うならば自閉症のみの診断とする決まりがあります。
3障害のうちで生活する上で一番障害になるのは自閉症だから、の理由です。
ですが、最近では複数の特性を持つなら両方の診断名を併記する医師も増える傾向にあります。

昔は知的障害を伴う自閉症だけが”自閉症”と呼ばれていましたが、アスペルガーや高機能自閉症の概念が広がってきてから、知的障害の有無に関わらず”自閉症は自閉症”、昔から言われる自閉症は”知的障害を伴う自閉症”と表現する人が増えてきています。
人によって自閉症の定義が異なる為 注意が必要です。


蛇足になりますが、No1さんの回答で、まるで自閉症者には感情がないかのように書かれていますが、普通に感情はあります。
ただし、同じ刺激を受けても そこから受ける感情が異なることはあります。

日本の中に東京都や大阪府があるように上位区分と下位区分の関係になります。

発達障害
○自閉症
・高機能自閉症
・アスペルガー
・PDD-NOS(特定不能の発達障害)

○LD(学習障害)

○ADHD(注意欠陥多動性障害)

○知的障害

こんな感じです。

質問文にある障害は全て発達障害ですが、同じものではありません。
そして、自閉症・ADHD・LDのうち複数を持つ場合は厳密に診断基準に従うならば自閉症のみの診断とする決まりがあります。
3障害のうちで生活する上で一番障害になるのは自閉症だから、の理由です。
で...続きを読む

Q自閉症者のコミュニティー

 自閉症の生徒の担任をしていました。先日無事?中学校を卒業しました。この一年間、なんとか自閉症の人の特性を知りたいと思い様々な本を読みました。       
 それらの本の中で健常者と自閉症者を、地球人と宇宙人に例える表現が多かったです。地球人と宇宙人は感じ方や考え方、コミュニケーションの仕方が違うので、地球人の基準で宇宙人を分かろうとするのは間違っているということを言いたいのだと思います。実際私の担任した生徒も、注意が他へ向きやすい、返事はすれども行動しないなど、なんで???ということが何度もありました。もちろんそれが彼の生きにくさではあるのですが。 
 そこで質問ですが、自閉症の人は自閉症者同士で分かりあうことはできるのでしょうか。
 もし分かりあえるのであれば自閉症者の、自閉症者による、自閉症者のためのコミュニティーがあったらいいなと思います。そうすれば健常者からはなんで???というような行動も自閉症者同士で理解し合い、もっと生きやすくなると思います。変な妄想ですが、ご意見よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>自閉症の人は自閉症者同士で分かりあうことはできるのでしょうか。

出来るような出来ないような。

小さいコミュニティーはある事はありますよ。
所謂自助グループなどと呼ばれるトコなんかがそうです。

私も自閉症者の一人ですが、合わない自閉症者とは対健常者以上に合いません。

複数の自閉症者と接すればわかると思いますが、自閉症って名前は同じでも全く違いますよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報