血糖値の調節機構について教えて下さい!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

血糖値を低下させるホルモンとして;


インスリン;膵臓のランゲルハンス島β細胞から分泌されるものです。主として肝臓に血漿中のグルコースを取り込みます。取り込まれたグルコースはグリコーゲンに生合成されるか、或いは、代謝されてエネルギーとなります。
血糖値を上昇させるホルモンとして;
グルカゴン;膵臓のランゲルハンス島α細胞から分泌されるものです。クリコーゲンをグルコースに分解するのを促進し、血糖値を上げます。
エピネフリン、副腎皮質ホルモン;副腎皮質から分泌されます。
ACTH;脳下垂体前葉から分泌され、副腎皮質を刺激して副腎皮質ホルモンの分泌を促進します。
以上のホルモンがバランスを保っているのです。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0

Kawakawa様の回答に少し補足しますと



高血糖は回答の通り。

低血糖は幹線経路として
視床下部(糖中枢)で感知→(交感神経)→副腎髄質→アドレナリン(エピネフリン)分泌

補助経路として
1(膵臓が直接感知)→グルカゴン
2アドレナリン→脳下垂体前葉→ACTH(副腎髄質刺激ホルモン)→(副腎髄質)→糖質コルチコイド
→(タンパクの糖化)→血糖上昇

3成長ホルモン

糖尿病(高血糖)で有名なインシュリンでもこの経路は一つ、それに対して低血糖の経路はいくつかありますよね。
なぜか?答えは低血糖はその状態になると死に至るとても危険な状態なんです。
で経路がたくさんあるんですね。糖尿病の薬をたくさん飲んで自殺を図るなんてお話もありましたよね。
    • good
    • 2

以下の参考URLサイトが参考になりますでしょうか?


「血糖・インスリン・糖負荷試験・HbA1C 」
このページからのリンクで、
http://bme.ahs.kitasato-u.ac.jp/qrs/imd/imd00177 …
(糖尿病)
http://bme.ahs.kitasato-u.ac.jp/qrs/imd/imd00178 …
(低血糖症)

ご参考まで。

参考URL:http://bme.ahs.kitasato-u.ac.jp/qrs/imd/imd00320 …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q★至急!!!★遺伝子発現の正の調節とは、どのような調節機構か教えてください。

遺伝子発現の正の調節とは、どのような調節機構か教えてください。ちなみにレプレッサーとコンプレッサーの語句を使わなきゃいけない問題なのですが、分らなくて・・・。
お願いします。




あ、あと細菌で正の遺伝子発現制御の例を教えてください。

Aベストアンサー

単なる正の調節であれば、araCを使って書けばいいかと思いますが、
圧縮機が関係する話を聞いたことがありません。

2006年に農芸化学奨励賞を受賞した、
「圧力生理学から見た高水圧による酵母生理機能の活性化」
のような例を求められているのではないでしょうか。

Q血糖値の調節

血糖値の調節の機能の中で、血糖値低下の働きは1つしかないのに、血糖値上昇の働きが3つもあるのは、なぜですか?

Aベストアンサー

#2さんが仰有っているように,低血糖は生命に極めて危険です。わずか数分で死に至ります。ですから多数のシステムをバックアップとして使用しているのだと思います。

また,時間的なものもあります。アドレナリンやグルカゴンは内分泌腺が分泌しますが,指令は神経です。割に素早く肝臓や筋肉のグリコーゲンを血糖に換え,血糖値を上昇させて調節します。日頃はこれがメインです。

しかし,糖質コルチコイドは分泌される仕組みを勉強しましたよね。間脳→脳下垂体前葉→副腎皮質→糖質コルチコイドですから時間がかかります。そして何よりも重要なことは,糖質コルチコイドはタンパク質を糖化するのです。つまり食べ物が食べられないときに自分の筋肉を食べちゃうんですよ。

ということで上昇の仕組みは複数あります。

Qラクトースオペロンの転写調節機構と真核生物の転写機構の相違点

ラクトースオペロンの転写調節機構と真核生物の転写機構の相違点はどのようなものがありますか。
どなたか回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

原核生物では、構造遺伝子のすぐ近くにある調節遺伝子の産物であるレプレッサータンパク質がオペレータ領域にくっつくのは容易かもしれませんが、
真核生物ではm-RNAは細胞質に移動し、そこでタンパク質に翻訳されるわけですから、調節部位を見つけてくっつくのは大変だろうなあと思います。

Q血糖値と尿糖値の関係について

血糖値と尿糖値の関係について教えてくださいお願いします。

Aベストアンサー

これで参考になるかな?

http://www.isshin.or.jp/okamura/oka14-8.html

参考URL:http://www.google.co.jp/search?q=%E8%A1%80%E7%B3%96%E5%80%A4%E3%81%A8%E5%B0%BF%E7%B3%96%E5%80%A4&ie=UTF-8&hl=ja&btnG=Goo

Q運動すると血糖値が下がる原理を教えてください。

質問(1)運動などで血糖値が下がるとグルカゴンが分泌され血中へのグルコース供給量が増し血糖値を維持しているのは分かります。ではなぜ運動すると血糖値が下がるのでしょうか

質問(2)摂取したグルコースはどこに蓄えられますか?
『主に肝臓』という答え方で良いですか?

よろしくお願い致します

Aベストアンサー

余分のグルコースは糖毒性を発揮します。具体的にはタンパク質と反応して、全身の細胞の内外にある酵素やそのほかの蛋白質の働きを低下させます。要するに細胞の代謝全般に悪影響を及ぼします。一方適量のグルコースは全身の細胞のエネルギー源として不可欠でもあります。いわばグルコースは両刃の剣的なものということになります。体は余分のグルコースを無害なものに変えて貯蔵する機能を持っています。筋肉や肝臓はグルコースをグリコゲンにして蓄えます。脂肪細胞は脂肪の形で蓄えます。筋肉は運動によってグルコースを消費しますが、インスリンがなくてもグルコースを取り込んでグリコゲンに返るために血糖値を下げることに貢献しています。運動療法の意味は二つあります。一つはグルコースの消費ですが二つ目はよく使っている筋肉はグルコースをグリコゲンに変えてくれるので、日ごろ運動をして筋肉を増やしておくと血糖が下がりやすくなります。ただ筋肉のグリコゲンはグルコースに変えられても筋肉によってしか使われませんが、肝臓のグリコゲンは血糖が減って来るとグルコースに変えられ血液の中に放出されます。糖尿病の場合運動療法が有効なのは筋肉を増やすことのほかにインスリンがなくとも血糖を下げてくれることにもよるはずです。血糖を下げるという意味では肝臓よりも筋肉の役割のほうが多いと思います。ただ長期的には脂肪細胞の役割も大切です。また筋肉は血糖が下がってkると筋肉のタンパク質を分解してアミノ酸を作るこのアミノ酸が肝臓に送られて肝臓で合成されたグルコースが血液の中に放出されて血糖を上げる結果になります。これは早朝起床時などに毎日起こっていることだと聞きました。この意味でも筋肉の働きというのは大変大きいものだと思います。

余分のグルコースは糖毒性を発揮します。具体的にはタンパク質と反応して、全身の細胞の内外にある酵素やそのほかの蛋白質の働きを低下させます。要するに細胞の代謝全般に悪影響を及ぼします。一方適量のグルコースは全身の細胞のエネルギー源として不可欠でもあります。いわばグルコースは両刃の剣的なものということになります。体は余分のグルコースを無害なものに変えて貯蔵する機能を持っています。筋肉や肝臓はグルコースをグリコゲンにして蓄えます。脂肪細胞は脂肪の形で蓄えます。筋肉は運動によってグ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報