出産前後の痔にはご注意!

 先日TVでピラミッドについての番組を見ていました。石の種類は石灰岩です。産地からの運搬や加工についても説明していました。その中で「石灰岩は軟らかい石なので加工しやすい」という説明をしていました。石を削る作業の映像もありましたが軟らかそうでした。
 日本には石灰岩が多いです。秋吉台や鈴鹿、伊吹の付近は有名ですがいたるところにあります。私の印象では石灰岩は硬い石です。化石を探す時、割るのに苦労するという感じです。映像で見た感じではまるで凝灰岩のような感じでした。
 エジプトの石灰岩と日本の石灰岩とは違うのでしょうか。
 どうしてもイメージが合わないのです。
 ご意見お聞かせ下さい。

A 回答 (2件)

ご質問文中に挙げられている日本の石灰岩は古生代(2億5000万年以前)のものです。


一方エジプトで使用されている石灰岩は始新世(5500万年前から3800万年前)頃のものです。
示準化石でみると、
日本の石灰岩には大型有孔虫「フズリナ」を含む事があります。
エジプトの石灰岩には同じ大型有孔虫として「カヘイセキ(貨幣石)」が含まれることが知られています。
カヘイセキの化石はピラミッドを見た後代の人々が
「ピラミッドを造った奴隷達の食事の豆が化石になった」
と言い伝えたと聞きます。
同じ石灰岩でも時代が大きく違えば、固結度(硬さ)は大きく異なります。
たとえばごく新しい「琉球石灰岩」は多孔質の比較的軟らかい岩石です。
また石灰岩の主成分である方解石はモース硬度で3と軟らかい鉱物です。
鉄の5.5、多くの岩石に造岩鉱物として含まれる石英の7と比較してもかなり軟らかい事がわかります。
石や鉄の道具で十分加工可能でしょう。
参考になりますでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

同じ石灰岩と言っても時代によって性質が大きく異なるということですね。貨幣石の写真は見たことがあるのですがその元になっている石灰岩の性質の違いは知りませんでした。
琉球石灰岩が軟らかいというのは読んだ記憶があるような気がします。
納得できました。有難うございました。
でもナレーションの中で「石灰岩は・・・」ではなくて「エジプトの石灰岩は・・・」と言っていたのであればあまり不思議な感じがしなかったのではないかなと思いました。

お礼日時:2007/01/27 08:29

こんにちは。


基本的には変わりないと思います。

比較対照の違いではないでしょうか。

そもそも、凝灰岩のような柔らかい石ではピラミッドのような巨大構造物は無理でしょう。

あちらで「柔らかい」と言ってるのは、花崗岩など他の石材と比べてって話じゃないかと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q石炭と石灰岩の出来方の違い

石炭と石灰岩の出来方の違いについて教えてください。
成分(出来る前の元材料)なども知りたいです。
どちらも地中にあり生物の死骸が原料までは判っているのですが。
どうして、石炭と石灰岩に別れるのか判りません。
石炭の出る地域の近所に石灰岩の地域があるのでふしぎに思いました。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは。眠れぬ夜にサイトを回り、この質問が目に留まりました。
質問者さんの着目点とご指摘の内容は、大変重要なことで、意義深い質問だと思います。
私からも噛み砕いた内容で解説もうしあげます。

地層が形成された環境により、その地層(堆積物)を、「浅海に積もったもの(浅海堆積物)」と、「深い海に積もったもの(深海性堆積物)」とに分類することがあります。
質問者さんの地域の石灰岩も、日本であれば恐らくは前者の浅海性堆積物が起源となる石灰岩である可能性が高いと思います。
石灰岩の元になる物の代表は、浅い海に住むサンゴや貝類、ウミユリ、石灰藻の生物に含まれる炭酸カルシウムです。

>石炭の出る地域の近所に石灰岩の地域がある

太古の昔、日本付近には大陸に囲まれた大きな浅い海があった事が過去の研究で明らかになっています。
そしてその浅い海には、沢山のサンゴ(専門的には造礁性珊瑚)やウミユリ等、石灰岩の元となる炭酸カルシウム豊富にを含む生物が沢山生息し、強大なサンゴ礁を形成ていました。
しかしこの浅い海は大陸が衝突しあう境目の窪みにあった為、やがて数千万年の時間をかけ次第に隆起し始めす。このサンゴ礁は海水面から上にあがり石灰岩となり、次第に新たな陸地を形成して行きます。(この過程を専門的には「造山運動」と呼びます)

サンゴ礁があると言うことから、その地域の当時の気候は海水温の高い「熱帯」だった事はわかりますね?
サンゴ礁の存在する大陸沿岸は高温湿潤であり、サンゴ礁が隆起し出来た新たな土地も熱帯の高温多湿な気候。よって新たに海になった地域には熱帯性の大量の植物が大熱帯雨林を形成していたと考えられています。この陸地の植物の遺骸のは、数百万年の年月をかけてその土地に堆積し、さらなる長い時間を掛けて植物に含まれる水素や酸素が地熱や圧力で分離し、残った炭素が石炭になったと考えられえいます。

もう謎が解けましたね?
「石灰岩出来る時代」と「石炭が出来る時代」とが、かつてその地域に存在していたので、石灰と石炭の地層がお互いに伴って分布していると考えられます。

※ただし、石灰岩(石炭)を含んだ陸地がプレートに乗ってきて、石炭(石灰岩)のある陸地に衝突し、石灰岩を含んだ地層と、石炭を含んだ地層が隣同士に存在しているケースもありえます。

質問者さんに更なる興味、時間がありましたらwebで「造山運動」や「チテス海」等のキーワードで検索すれば、更に面白い情報が集まるかもしれません。

私は金属を取り扱う仕事に居り、鉱石を扱う為に地質学を学んだ程度の者ですが、前の方々のご回答に併せて参考になれば。

こんばんは。眠れぬ夜にサイトを回り、この質問が目に留まりました。
質問者さんの着目点とご指摘の内容は、大変重要なことで、意義深い質問だと思います。
私からも噛み砕いた内容で解説もうしあげます。

地層が形成された環境により、その地層(堆積物)を、「浅海に積もったもの(浅海堆積物)」と、「深い海に積もったもの(深海性堆積物)」とに分類することがあります。
質問者さんの地域の石灰岩も、日本であれば恐らくは前者の浅海性堆積物が起源となる石灰岩である可能性が高いと思います。
石灰...続きを読む


人気Q&Aランキング