近年、環境破壊についていろいろと騒がれています。
率直にお聞きしますが、本当に騒ぐほどのことなんですか?
生態系を守ろうとしているようですが、地球ができてから全く変わらない生態系なんてないと思うんです。
少しずつだとしても変わっていると思います。
それが急速に変化するとどのようなことが起きるのですか?
進化のスピードについていけないのなら遺伝子を操作して適応できるようにすればいいのではないのですか?
それってだめなんですか?
それにいつかは地球もなくなってしまうわけだし、もう一個地球をつくれるようにしたほうがいいと思うのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (28件中21~28件)

最初に断っておきますが、自然破壊は地球にとっては痛くもかゆくもありません。

環境が悪化して全てが砂漠と化し人類が滅びたとしても、地球はまた新たな生命を育むでしょう。
つまり環境保護は人類が生き残るための方法です。

1つずつ見ていきます。

1.生態系保護
確かに地球が出来てから生態系は変わっていってます。しかし生物はその変化に順応してきました。それを進化と言い、食物連鎖は崩れることはありませんでした。
しかし今人類が行っている環境破壊はその順応が出来ないほどのスピードで起きています。そのため食物連鎖が崩れ、種の絶滅・大量異常発生が起きて環境破壊が起き、環境破壊が更に進みます。

2.遺伝子操作
進化についていけないのなら遺伝子を操作すればいいとのことですが、自然界の動物で遺伝子操作をした種を放つと、更に生態系が悪化する恐れがあります。身近な例ではブラックバスを日本に持ち込んだために、湖・池等の日本古来の魚が絶滅の危機に追い込まれています。
人類はまだ生態系をほとんど判っていない状況のため、遺伝子を操作しても生態系を壊さない手段を知りません。

また、遺伝子操作を簡単に考えてはいけません。もちろん自分と同じ姿のクローンは出来ません。何故ならクローンも赤ちゃんから育つわけですから、同じ年になりませんからね。

しかし、母親の胎内にいる時に「この子は頭が悪いから遺伝子を操作しよう。」「女の子が欲しかったけど、この子は男の子だから止めよう」「この子は顔がいまいちだから操作しよう」となったらどうします?
遺伝子操作で良くなるばかりではありませんよ。
生きている人間の交換パーツを作るために生まれてくる人も出てこないとも限りませんよ。
倫理観の無い科学者が利己的に遺伝操作を行うと更に恐ろしいことも起こるでしょう。

しかしながら以上の事は完全に遺伝子が解明されることが前提です。完全に解明されていない場合は遺伝子操作で予測していなかった異常が起こり、人類滅亡が早まるのは確実です。

遺伝子操作は逆に人類を滅ぼしかねない諸刃の刃です。

3.地球を作る。
まず無理です。地球は非常に特殊な条件の基で発生しました。太陽の大きさ・年齢・地球との距離、地球の大きさ・組成・重力の大きさ等、1つでも条件が欠けると生命は発生しなかったのです。それを人類が再現するのは事実上不可能です。
金属の塊の擬似地球は作れても地球そのものは作れません。

今のまま生態系が崩れていくと、地球上は全て砂漠化します。木を植えても土の中に生物がいないために育たなくなります。
少しでも人類が生きていける環境を延命できるようにしていく必要があります。
    • good
    • 0

現在、火星を居住可能な星に作り替えようという動きも実際にあります。


しかしどのような環境を作るのでしょうか?
今の環境問題を克服できないような現状では、新しい環境を創造するなどと
いう大それたことができるはずはありません。
 将来、もし新たな地球を作るとすれば当然、今の環境修復の技術も多分に
生かされます。演習だと思ってはいかがでしょう?解けなければ、いつかは
滅亡するんです。
また、生態系を守る守らないというのは、人間だけの世界で皆が幸せを
感じることができるか?ということだと思います。大多数の人がもし、人だけ
が住む世の中の方が幸せだと思うのでしたら、きっとそうなることでしょう。
    • good
    • 0

地球をもう1つ作るってすごく大変ではないですか?


太陽(恒星)がなければ温度は上がらないし、水や大気がなければ生物は生きていけないだろうし(ひょっとすると他にも必要なものもあるかもしれないし)、もし、もう1つ地球が出来上がってもそこに行くもの大変でしょう。それよりも、今の地球を大切にしたほうが良いと思うのですが…。
    • good
    • 0

「環境破壊」は間違いなく大騒ぎするほどのことです。

しかし,近年の騒ぎの中には「本当に騒ぐほどのことなんですか?」と言いたくなるものがあるのも事実です。では,両者の違いは何かというと,私は「環境破壊」と「環境の変化」とにあると思います。

御指摘の「地球ができてから全く変わらない生態系なんてないと思うんです。少しずつだとしても変わっていると思います。」は「環境の変化」に当たります。これは,自然の状態でかってに変化しているものですので,たとえ変化しても大きな影響はありません。これに手を加える事は,逆に,「環境破壊」になります。近年の騒ぎの中には,この「環境の変化」も「環境破壊」として騒いでいると感じるものも見られます。

一方,「環境破壊」とは,自然に起こるものではなく,人間の人為的な行動に伴って起こる急激な変化と言えると思います。したがって,そこで起こる変化の自然の状態での修復は不可能であり,人類の生存に関わる変化となってしまいます。勿論,人類が滅亡しても構わないとの立場であれば,「環境破壊」も騒ぐ必要のないものになります。

「進化のスピードについていけないのなら遺伝子を操作して適応できるようにすればいいのではないのですか?それってだめなんですか? それにいつかは地球もなくなってしまうわけだし、もう一個地球をつくれるようにしたほうがいいと思うのですが。」については,これらが可能になるよりも「環境破壊」による人類の滅亡の方が早いと思います。

この回答への補足

なぜ、

「進化のスピードについていけないのなら遺伝子を操作して適応できるようにすれば
いいのではないのですか?それってだめなんですか? それにいつかは地球もなくなって
しまうわけだし、もう一個地球をつくれるようにしたほうがいいと思うのですが。」

が可能になるより、「環境破壊」による人類の滅亡の方が早いと思うのですか?

補足日時:2001/05/13 13:20
    • good
    • 0

貴方はご自分が殺されるのを静観できますか?


生物は水や空気無くして生きることは出来ません。
今現在もジワジワと首を絞められているような状態なのです。
遺伝子操作としても強靱な生命体として進化?させられた先がゴキブリ人間でも貴方は満足できますか?
地球をもう一つ作ると仰りますがその資源は何処から調達するのですか?
環境破壊がいけない亊かどうかは人それぞれの価値観で判断基準は変わってきますので明確な絶対真理存在しませんが私は嫌です。
延命や支配を望んでいるのではなく共存を望みます。

この回答への補足

静観できませんよ、もちろん。
でも、自分が死ぬことで何かが変るのなら別です。

たしかに水や空気を必要とするのが生物であると認識しています。
二酸化炭素を必要とする生物も過去にいましたが、いまは酸素を必要としています。

どちらにせよ、水や空気がこの地球上に多く存在するためにそれを必要とするよう進化したのでは、、、

それならこれから何らかの形で進化するのでいいのでは、、、
人間の思い通りになんてならないと思います。

補足日時:2001/05/13 13:09
    • good
    • 0

たとえば温暖化で海面が上がると耕作や居住のための陸地が減る、


環境ホルモンが蔓延すると遺伝子がイカれたりするなど、
「環境によくない」といわれているのを見ていくと
「人間が困る」ことに行き着くからだと思います。
太古には氷河期などで、生態系も変わってきましたが
地球は生命をはぐくんでいます。
多少のことでは地球には問題ないのでしょう。
「環境破壊がいけない」=「人間の住環境が破壊されるからいけない」です。

この回答への補足

環境破壊はいけない。

人間だけがそう主張しています。というか、それを主張できる人間を地球が産み出したと言うか、、、
もし、そうなら人間は必然的に、地球の意志で生まれたのでは、、、

だとしたら、環境破壊は人間だけでなく、この地球が訴えかけている問題なのかもしれませんね。

補足日時:2001/05/13 13:03
    • good
    • 0

環境破壊の結果が進んで、その影響が人間の生存に影響するところまで迫ってきたから騒ぎ出したのではないでしょうか?



もし、変化にまかせて何もしないなら、人間もその影響を享受すべきでは?例え亡び去ったとしても。

現在の科学ではまだ、自然全体をコントロールしたり、もういっこ複製を作ったりはおろか、人間の体一つのコントロールすらできていないのです。

だから、人間も自然の中の生物の一つとして、現在の生態系を維持することが、現在の人類そのものを維持することだということではないでしょうか。

では研究を急げばという話になるでしょうけど、それなら無数の人体実験をやることになります。その実験台として誰を提供できますか?

いずれ自然や人体の全てが解明されるかもしれません。でもそれは間違いなく今すぐではないし、近い未来でもないでしょう。それまでは自然の一員として振る舞うことしかできないと思いますけど。

この回答への補足

なぜ、過去の人間によって引き起こされた環境破壊を、未来の人間のために解決しなければならないのでしょうか?このままだったら人間の生存に関わる。それは大変だ。そう考えるのが普通だとおもいます。でも、生存に関わってくるのはもう少し先のような気がするのです。あと100年かかるなら、僕はもういません。それなら、僕の生存には関わることはないでしょう。しかし、この問題について考えてしまう。未来の人間のことを思って。それなら何のために生まれてきたのでしょうか?未来の人間の肥やしになるために生まれてきたのでしょうか?そんなのは悲しすぎます。何かに操られているようで怖いくらいです。みなさんはどう思いますか?

補足日時:2001/01/17 09:49
    • good
    • 0

地球温暖化で、一部太平洋諸国の経済に甚大な被害も



 [ウェリントン 27日 ロイター] 国連の関連グループのリポートによると、地球温暖化による海面や海温の上昇で、向こう20年間に一部南太平洋諸国の経済が壊滅的な打撃を受ける可能性がある、とみられている。

 リポートは、国際環境団体のグリーンピースの委託により、国連をスポンサーとして活動している科学者・エコノミストなどのグループ、「気候変動に関する政府間パネル」が発表したもの。

 それによると、海面が12~20センチ上昇した場合、ポリネシアとミクロネシアの9カ国で、向こう20年間に総額40億~50億豪ドル(20億~26億米ドル)の損害がもたらされる見通し。

 標高の低い太平洋諸国は、過去何年にもわたり、地球問題に関する国際的な会議で、地球温暖化で環境や経済に甚大な被害がもたらされる、と繰り返し訴えていた。

 同リポートは、地球の温度は今世紀末までに1990年時点の水準から最高6度上昇する可能性がある、と指摘した。
こんな記事を読んで、どう感じますか。

この回答への補足

お話を聞くと、たしかに大変な被害を受けているところもあるんだなぁと実感しました。でも、その被害総額に当たる40億~50億豪ドルってどこに行っちゃうんですか?お金が減るところがあれば増えるところもあるんじゃないんですか?それなら、その国には悪いんですがたいした問題でもないような気がするのですが。

補足日時:2001/01/17 09:37
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地球温暖化のシステムを火星に輸出すると火星に住めるようになりますか?

地球温暖化のシステムを火星に輸出すると火星に住めるようになりますか?

火星は当然のことながら太陽からの距離が地球より遠いので寒い

のでしょうが、今、地球で問題になっているフロンとか様々な温暖化に

関する原因物質をそっくり火星に持っていけば火星は温暖化し

将来住めるようになるのでしょうか!?素朴な疑問です。

Aベストアンサー

そういう惑星環境改造を「テラフォーミング」と呼びます。
火星の場合、おっしゃるとおり人工的に温暖化を起こさせようという案もありますが、むしろ大気が薄くて気圧が低いので空気を増やすのが先決です。
あとフロンや炭酸ガスを持ち込めばOKというわけではありません。
熱が宇宙に逃げないのが温暖化の原因ですので、なにがしかの熱源が必要です。
地球の場合、人間が発する熱や太陽熱、地球自身の発する熱が原因ですが、いずれも火星にはありません。

現在考えられている案で、一番近いのは黒っぽい地表類を散布。これにより太陽熱の吸収率を上げ、大気を生物の呼吸に適した質に改造するというやつでしょう。

Q生態学の本を探しています

生態学(植物と動物の両方)を独学で大学2年ぐらいの知識まで学びたいと考えています。
私が調べた中では「生態学キーノート」という本が良いのではないかと思いました。

まだ調べきれていない本もあると思いますので、
この道の権威の方の本や、個人的にオススメがあれば教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私が大学生の時使ってたのは、これです。
かなり古いですが、生態学の古典ですな。

オダム「生態学の基礎」 上・下
培風館

最近の書籍ではこれですかね。
「生態学―個体・個体群・群集の科学」
M. Begon, J.L. Harper, C.R. Townsend
京都大学学術出版会

参考URL:http://cse.niaes.affrc.go.jp/minaka/files/seitaigaku.html

Q地域生態学

水田環境(里山環境)が高い生物多様性を保っていた理由を、水陸の植生がつくるパッチダイナミクス、エコトーンの視点から説明すると?

Aベストアンサー

エコトーンは生物群の遷移層のことです。例えば、森林と草原の境界
といったところを指します。このような場所は一般に生物層が多彩、
と言われています。
里山や水田は、ヒトが自然に手を加えることによって、植生の遷移
(草原>陽樹林>陰樹林)を止めていると考えられます。
したがって、その周囲の原生林などとの間のエコトーンが狭く、
生物層が豊かになるのだと言えるかも知れません。

ぜんぜん自信なくてすんません。

Q鴨の生態

鴨について 鴨は川にいますが鴨はきれいな川にしかいませんか? それとも汚い川にしかいませんか? また水の汚れは関係ありませんか?

Aベストアンサー

私が高校生のころ、
冬になってまったく使わなくなったプールに
鴨が泳ぎに来ていましたよ。

そのプールは水を抜いていなかったので、
とても濁っていました(青緑色に)。

なので汚い水のある環境でも平気なのでは
ないでしょうか。
ただ、プールの中には人工的なゴミ(空き缶、ビニール袋等)は
ありませんでしたので、自然の中で汚れた水に限るかもしれません。
これはあくまで個人的な推測ですが・・・。

ご参考までに。
失礼します。

Q景観生態学について

里山研究において景観生態学という分野からの視点が重要であるということを知り、景観生態学の本を読んでみたのですが、どうもよく理解ができません。申し訳ありませんが景観生態学の概要について教えて頂けないでしょうか?「里山の利用履歴と植生」について知りたいと思い、この内容での卒論を検討しているのですが、目的(調査理由)の部分でもっともらしい理由付けができずに悩んでいます…。ここ1ヶ月ほどその理由付けを考えてはみれど浮かばないといった状態です。アドバイスをよろしくお願いします。

Aベストアンサー

最近里山ブームでそこに生活の場のない人たちが関心を持つのは良いことでしょう。
まず、文献ありきでははなく、現場を駆け回り、関わりの深い(深かった)現地の人たちに聞けば自ずと見えてくるでしょう。文字情報から得た観念が先行するような分野とは思えません。景観生態学は知りませんが、里山に生活の場のあった人達に「景観」などという概念があったでしょうか?

私の故郷では近くの里山から冬の寒い時期に子供まで動員して1年間分のクヌギを切り出して薪に、落ち葉は堆肥にしていました。つま先から冷える寒さに唐辛子を足袋に入れ、木を引きずって運んだのを思い出しました。切り株からは春に新しい芽がでて数年すれば切り出せるまでになりました。雉、野うさぎやキノコ、その周りでは山草などが採れ、実利を兼ねたリクリエーションにもなっていました。しかし、今は冬でも緑の山に変わっています。昭和30年ころにはプロパンガスや化学肥料が普及して手のかかる里山の産物は利用価値がなくなったのです。昔のような里山の維持に掛かるman・hourに現在パートの時給を払ったとすれば、はたして産物の価格は如何ほどになるでしょう。今は子供が手伝いをしませんし、薪を貰っても使いようがありません。
荒れた都市近辺の里山をみて郷愁からボランティアを買ってでる人を動員して、はびこった孟宗竹を切り出しても使い道がなく市の焼却場で処分したと聞き、容易ならぬことと思い知らされました。現在の経済性をもとに、如何に活用するか実現性のある回答を期待しています。

最近里山ブームでそこに生活の場のない人たちが関心を持つのは良いことでしょう。
まず、文献ありきでははなく、現場を駆け回り、関わりの深い(深かった)現地の人たちに聞けば自ずと見えてくるでしょう。文字情報から得た観念が先行するような分野とは思えません。景観生態学は知りませんが、里山に生活の場のあった人達に「景観」などという概念があったでしょうか?

私の故郷では近くの里山から冬の寒い時期に子供まで動員して1年間分のクヌギを切り出して薪に、落ち葉は堆肥にしていました。つま先から冷え...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報