近年、環境破壊についていろいろと騒がれています。
率直にお聞きしますが、本当に騒ぐほどのことなんですか?
生態系を守ろうとしているようですが、地球ができてから全く変わらない生態系なんてないと思うんです。
少しずつだとしても変わっていると思います。
それが急速に変化するとどのようなことが起きるのですか?
進化のスピードについていけないのなら遺伝子を操作して適応できるようにすればいいのではないのですか?
それってだめなんですか?
それにいつかは地球もなくなってしまうわけだし、もう一個地球をつくれるようにしたほうがいいと思うのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (28件中1~10件)

全ての生物が昔も現在も進化の過程にあるとすれば、人間も例外ではないはずです。

確かに現在人間は地球上にあって我が世の春を謳歌しています。個体数は圧倒的に増え、科学、経済などのおかげで個人自らが食料を自給自足する必要もなくなっています。その人間が現在の生活環境を維持し、さらに向上させるためにしていることが地球の環境を少なからず破壊しているのも事実です。このままでは大変だ、何とかしなければ!と大きく騒がれ問題にされています。
しかし、何とかしなければ……どうなってしまうのでしょうか?
人間にとって住みにくくなってしまう?
人類が滅亡する、あるいは個体数が減少する?
他の生物にも影響を与えて種が少なくなってしまう?
地球上の生物が全て滅んでしまう?
何が問題なのか、何を救おうとしているのか私にもわかりません。ですから、あなたがそのような疑問を持たれるのも当然だと思います。人間の個体数が多いことが問題をもたらしているとするならば、戦争をやめようと言ったり、飢餓から子供たちを救おうとしたり、先進医療で致命的な病気を治したりすることはジレンマですよね。
6500万年前、地球上に1個の小惑星が衝突して突然的に地球環境が変化して、当時の覇者であった恐竜たちは絶滅したと聞いています。それでもその変化に順応できる生物がいたおかげで現在の我々人間が存在しているのです。それは恐竜たちにとっては悪夢だったかもしれませんが、生命は相変わらず生き続けたのです。
振り返って現在、環境破壊によって人間自らがダメージを被るのは当然でしょう。さらに多くの生命体にも多大なダメージを与えることになるのも自明の理です。
もしかしたら、人類は滅んでしまうかもしれない。でもそうなったら人間による環境破壊も止まって、ある種の生物が適応して地球上に生き続けるかもしれないですよね。
あるいは環境破壊によって、適応できない人間の個体は死に至るが、適応できる者だけが生き残って個体数が大幅に減少することによって、他の生物と地球上で共存できるかもしれない。
また、こういう考え方もできます。
人間は何故か宇宙に関心を持ち、宇宙開発によって地球の外へ出て行こうとしている。それは冷戦がもたらしたものであるかもしれないが、冷戦が終わった今日でさえ宇宙開発をやめようとしない。これは何故なのか。人間自身も分からないのではないでしょうか。そしてこれも人類の進化の過程であるとするならば、遠い将来、人類はその存続のために地球を捨て、新たな住みかである他の星に移り住むかもしれない。
いずれにしても人類は生存し続けようとするでしょうし、地球上から人類が消えても生命は何かしらの形で存続し続けると思うのですが。
「いつかは地球もなくなってしまう」という永いスパンで考えたら人類はその進化の過程で形態を変えてしまうか、滅亡してしまうかのどちらかでしょうね。
要するに人間を中心に考えるか、地球全体を中心に考えるかで環境破壊の問題の目指すところが変わってくると私は考えるのですが。どう思いますか?
    • good
    • 0

環境問題は、結局は自分がどれだけ自分以外に対して優しくなれるか、だと思います。


対人間にしても対動物、植物にしても。
その優しさを具現化する為に、人間は優れた知恵(あくまで人間サイドの勝手な評価)を持ち言葉を持っているのかなと思います。
最終的には個人の価値観で、何が正しいというのはないはず。
ただ、人間が持つ道徳心や倫理とういものが個人の考えを牽制しているのです。
    • good
    • 0

 えーと…。


 アッチでコッチを紹介しておきながら、報告が遅れました。
 下記のURL、哲学カテゴリーにおきまして、関連する議論が行われております。

 とりあえず、お知らせまで。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=64448
    • good
    • 0

こんにちは。

mickmick2さんの言ってること、分からなくないです。
singuさんの言う「若い人」ですし。(若い人に道徳が少ないっていうのは疑問ですけど。正しくは今の社会だと思います。)

最近回答に対する補足がありませんが、嫌になってしまったんですか?
でも見るだけでもしていてくれたらと思います。

私は自分自身、どういうスタンスでいけばいいのかわからないので、善悪については何も言いませんが、(回答を読んで参考にしています)未来の人のことまで面倒見てられない、という言葉が気になったので・・。それは男性だから言えた言葉だと思いました。女だったら、自分の子供に幸せに生きて欲しいと、何よりも思うと思います。決して男の人がそう思わないとは思ってませんし、子供が欲しくない女性もいるだろうし・・。
ただ「自分の子供」という存在を忘れないで、「愛」を大切にして欲しいと思いました。

あと個人的には、最新のテクノロジーを、膨大な研究費や、実験体やエネルギーを使って開発して生き長らえる方法より、自然の恩恵にあずかった方が遥かに楽で、うまくできていると思います。インターネットは素晴らしいですけど、こんなに目が疲れるのって悲しいです。
個人的な見解ですけど、これからはいろんな発展レベルで生きることを選択できるようになるんでは、と思ってます。例えば私は山小屋で、mickmick2さんは宇宙で遺伝子操作して。って無理でしょうか?

何だかんだいって長くなってきましたが、人間のよくできた脳みそを地球の一生物として留めさせておくのが宗教だと思ってます。
    • good
    • 0

追記です。


どうしても、環境破壊がいけないと思えないのなら、
石牟礼道子著 「苦海浄土 わが水俣病」
を読んでみてください。

何の罪もなくただ、そこに住んでいたというだけの人々が
どれだけの被害を水俣病でうけたかをよく考えてください。
そこで、痛みを感じず、まだ、自分に関係ないと思われるのなら、
水俣の被害はまだ、終わっていないということも付け加えておきます。
そして、これは、どこででも起きうることなのです。
たまたま水俣だっただけのことなのです。
    • good
    • 0

レスや補足をもう一度読んでいて、下の自分の回答に付け加えたいことが


でてきました。
人間が、自分の代、子供が生まれたら子供の代、孫が生まれたら孫の代までの
心配しかせずに、自分達の快適だけを追求して生きていったら、
いつかはどんづまりに陥って滅びるのは簡単に予想されることだと思います。
確かに、現段階では自分には何の関わりもないことなのだから、
明らかに自分にとっての実利や実害を超えた、気持ちの問題だと思います。
時間的に違うところにいる人にでも迷惑をかけて生きるか、
かけずに生きるか、という選択に他ならないと思います。
つまり、『ただ生きるのではなく、良く生きる』ということです。
世の中に刑罰がなかったら、あなたは平気で人を殺したり
物を盗んだりできますか?
もしできるのだとしても、世の中に法というものが生まれたのは、
相互の安全や自由を保証するためです。
つまり、法は人類にとって安全で豊かなをもたらす合理的なものなのです。
同じように人の心に組み込まれた(社会的に教育された)道徳というものも、
人類を守るものだと思います。
未来の人のために生きるなんてばからしいと感じるかも知れませんが、
未来の自分の「種」のために生きるということは、すでに人間という動物が
持っている本能的なものだと言うこともできるかと思います。
今の若い人には、道徳というものをきちんと身につけている人が
少ないような気がします。
自分という個人が、いかに環境や社会に依存しているかということを考えれば
自分の利益ばかり追求することが結果的に自分を苦境に立たせることに
なりかねないのではないでしょうか。
そんなに完全に独立した存在じゃないと思いますよ。自分って。
例えば遠い国の誰かではなく、身近な人間(例えば家族)が、
環境破壊に伴って起きた現象によって苦しい立場に立たされるなりしたら、
どうしますか?それを今防ぐことができるなら、防ぐべきだと思います。
第一、ずっと先のことだとしか感じていないかも知れませんが、
今現在でも、充分空気は以前(私が物心ついた頃)よりも汚くなったし、
健康な人からみたら大した問題でもないかも知れませんが、
喘息を煩っている私のような人間にとっては、
この空気がもう少しきれいになったら、と思うことがよくあります。
自分が死ぬまでの間にも、まだ地球は変わってゆくだろうと思います。
それをなんとか遅らせたいと、私は思ってしまいます。
とにかく、「道徳」は、必要があって生まれた合理的なものだということを
理解していただければと思います。
    • good
    • 0

地球は無くなってしまいますが、


それは50億年も先のことだといわれています。
第二の地球をつくって、地球を脱出してそこに住むということが
技術的に可能になるまでに、地球は人間の手によって滅びる
と予想されるからこそ、現在、環境の破壊を止めようと
頑張っているのではないでしょうか。
遺伝子についても、まだまだ未開拓な分野ですし、
進化(というのは、人類が地球を変化させていくという意味でよろしいの
でしょうか)のスピードについていけるように簡単に遺伝子を操作する
くらいの技術があれば、不治の病や原因不明の奇病などというものは
この世になくなってしまっているのではないでしょうか。
科学というものは、ものすごいスピードで進んでいるように見えますが、
生命にしろ、原子核にしろ、宇宙にしろ、人類のルーツというか、
そんな根源的なものの実態が明らかになってきたのはここ最近で、
まだまだ解明されてない部分は多いと思います。
ですから、逆に希望も持てるとは思うのですが、
今できることをやるという意味では、科学の発達だけに期待するより、
なるべく地球が長持ちするように努力する方が現実的だと思います。
全くの素人なのに、だらだらと書いて長くすいませんでした。
    • good
    • 0

>本当に騒ぐほどのことなんですか?


確実に暖かくなっている!と言いますが、地球はもともと気温の変動はありますし、20年続けて暖かくなっていると言ってもそれがそのまま人間活動の影響だと断定することはできません。
地球の変動は、100年、1000年のスパンで見なければわかりません。
しかし、だからと言って、何もせずこのままの状態を20年続けて、取り返しのつかないことにするわけにはいかないのです。
時事通信社より出ている「地球の報復 大気に映る環境破壊」ルイーズ・B・ヤングをお勧めします。
また、この本にはマスコミ等が過剰に危機感をあおることについても述べられています。過剰な危機意識は突拍子もなく不自然なやり方で解決させようとします。しかしそれこそ危険で傲慢なことです。
慎重に、注意深く急ぎましょう。
地球の自己調整能力を超えなければいいんですから。
>全く変わらない生態系なんてない
人間が良いようにやることです。人間を自由に進化できないから。
大昔地上には酸素がありませんでした。作り出したのは植物です。このとき新しい環境に適応できなかったものは消えました。
これも一種の環境破壊? 環境が変わると困るからやるのです。消えたくないでしょう?
最後に。「最も進化したものは、最も保守的である。最も環境に適応し、利用しているからだ。」
    • good
    • 0

レスを含めておもしろく読ませていただきました。



憶測ですが、mickmick2さんは環境破壊は心配だけど、環境保全団体や世論が「環境を守らなければならない!」と騒ぐのが偽善ぶっている、もしくはうるさく聞こえてえて嫌なのではないですか?

わたしは声高に「これが正しい。」というの苦手ですし、深く考えて無理矢理に答えをだす必要もないと思います。もっと簡単に済ませてしまってもいいとおもいますよ。

michmich2さんは別に環境破壊が良いとは思っていないでしょう?

ケージに閉じ込められている鶏がかわいそうだと思えば放し飼いされている鶏の卵を買えばいいし、
安全テストのために目にシャンプーを入れられるうさぎがかわいそうだと思えば動物実験をしていないシャンプーを買えばいいし、
土壌を長持ちさせたいと思ったら(間接的に支援するという意味で)有機栽培の野菜を買えばいいし、
森林が減るのがいやだと思ったら再生紙を買えばいいし、
排気ガスが嫌なら公共の交通機関を利用すればいいし、
たまには良いことでもするかと思ったなら募金でもすればいいですし、
地球環境が心配だと感じたなら、そのまま心配してやればいいと思います。
それで地球がもう一個できたならそれでいいし、上手いこと遺伝子を操作する技術が出てきてもいいじゃないですか。
あまり考えすぎると泥沼にはまりますし、人間嫌いになるかもしれませんよ。

無理をせず、できることをできる範囲でやって、「人事を尽くして天命を待つ。」ってことでいいんじゃないでしょうか。
おっしゃるようにいつか私たちが滅びるときがきて、あの時やっとけば良かったなんて後悔をするのはもったいないですよ。

あまり質問に対して的を得た答えではないですね。
まあ、もっと楽に構えてくださいということです。深刻に考えたって事態は良くなりませんよ。(補足を見てちょっと疲れているように感じたので)どんな立派な理論を掲げたところで行動しなければ何にもならないですから。

それにしても20個もレスがつくなんて皆さん環境に感心があるのですね。これも環境問題が騒ぎ立てられたおかげでしょうか。
    • good
    • 0

おもしろいことを言う人ですねぇ。


笑っちゃいますねぇ。

僕は地球が壊れていっていることを日々体感しつつ生きていますが、
どうやら、mickmick2さんは違うようですね。
で、僕が思うにあなたはどうやらサイバーパンク系のSFにかぶれてらっしゃる。
で、それがすぐにでも実現可能であるかのように思ってらっしゃる。

それは甘いと思うんですがねぇ。

これをあなたに納得してもらうためにはどうもデータより、
状況の説明で言った方がいいようです。

まず、地球が壊れていっているという状況。
1)僕が子供の頃(20年ほど前)と比較して確実に冬は暖かくなっています。
 ほぼ、ずっと今まで同じ土地に住んでいますのでその変化を言っていきましょう。
2)そのころ、冬は関東地方でも外を歩くとき靴をつたって、アスファルトの
 冷たさが伝わる程に寒かったし、朝は毎日のように土に霜が出て、息は必ず
 といっていいほど白くなり、外の水は毎朝凍り、大雪といえば、積雪30cm
 ぐらいのことをいい、それが年に3回ぐらいは降っていました。
3)で、最近は初雪しか雪が降らない年もあり、踝まで雪が積もれば大雪などと言います。
 2)で挙げたその他の条件については毎日なんてことはなくなり、回数は減る一方です。
4)1)2)3)のことから、確実に地球は20年の間にも温暖化が進んでいると、
 僕は体感しています。
5)そのスピードでそれだけの温度上昇が起きていることを考えあわせると、
 あなたの生きている間にも十二分にあなた自身に影響を及ぼすことが考えられます。

次に科学について。
こちらは手短にいきましょう。
単純に言って、科学者は自分の発見や手柄を秘密にしておくことのできない人種です。
あなたの言う<地球をもう一個>は計画するとしたら、全世界レベルで一致団結して、
経費をまかなわなければいけないような話なので、知らないうちに計画が進んでいる
なんていう陰謀論めいた考えも可能ですが(しかしその前に世界中で紛争が起きている
状況でどんな話であっても一致団結が可能とは思えませんが)
人工進化が可能になりつつあるなんて話なら、はっきりいって1企業の研究機関でも
進められます。で、そういう話が出ているのなら、ここに書き込みにくるような博学な
人達が知らないわけがありません(笑)
それどころか、まだ人類はDNAの仕組みがどうなっているのかすら知りません。
操作なんてできないのですよ。要するに。
ぜんぜん先の話なんですって。
あとね、遺伝子(DNA)を操作できるとしたって、そりゃ、そこから先に生まれる生き物
にだけなんですよ。もう生まれちゃってる僕らはどうしようもないんだからね。
そんな技術があったって。

破壊のスピードはどんな場合だって作るスピードより早いものですよ。
あなたが子供の頃作ったであろうプラモデルなんか、1月かけて作っても
30秒もたたずに壊せるでしょう?
同じことなんですよ。あなたが生きている間に人類が破滅しないなんて
保証はひとつもないのですよ。いっときますけどね。

だから、環境を守るっていうのは、未来のためじゃないのですよ。
今生きてる自分の為。

人類破滅なんて話にならなくったって、たまたま食べた魚や肉で、
一生治らないような公害病になることだってあるんですよ?
ヒトゴトだと思ってると痛い目みますよ。ほんとに。

ま~、僕個人としては、環境破壊を止めろなんていう権利ないですけどね。
こーやって、無駄に電気使ってインターネットとかやってるんだから。
この電気を作ってる原子力発電所が突然事故を起こして、日本や地球が滅びても、
便利さや遊びで無駄な資源を使ってきた自分自身の自業自得ってとこだろうと思ってますけどね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地球温暖化のシステムを火星に輸出すると火星に住めるようになりますか?

地球温暖化のシステムを火星に輸出すると火星に住めるようになりますか?

火星は当然のことながら太陽からの距離が地球より遠いので寒い

のでしょうが、今、地球で問題になっているフロンとか様々な温暖化に

関する原因物質をそっくり火星に持っていけば火星は温暖化し

将来住めるようになるのでしょうか!?素朴な疑問です。

Aベストアンサー

そういう惑星環境改造を「テラフォーミング」と呼びます。
火星の場合、おっしゃるとおり人工的に温暖化を起こさせようという案もありますが、むしろ大気が薄くて気圧が低いので空気を増やすのが先決です。
あとフロンや炭酸ガスを持ち込めばOKというわけではありません。
熱が宇宙に逃げないのが温暖化の原因ですので、なにがしかの熱源が必要です。
地球の場合、人間が発する熱や太陽熱、地球自身の発する熱が原因ですが、いずれも火星にはありません。

現在考えられている案で、一番近いのは黒っぽい地表類を散布。これにより太陽熱の吸収率を上げ、大気を生物の呼吸に適した質に改造するというやつでしょう。

Q生態学の本を探しています

生態学(植物と動物の両方)を独学で大学2年ぐらいの知識まで学びたいと考えています。
私が調べた中では「生態学キーノート」という本が良いのではないかと思いました。

まだ調べきれていない本もあると思いますので、
この道の権威の方の本や、個人的にオススメがあれば教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

私が大学生の時使ってたのは、これです。
かなり古いですが、生態学の古典ですな。

オダム「生態学の基礎」 上・下
培風館

最近の書籍ではこれですかね。
「生態学―個体・個体群・群集の科学」
M. Begon, J.L. Harper, C.R. Townsend
京都大学学術出版会

参考URL:http://cse.niaes.affrc.go.jp/minaka/files/seitaigaku.html

Q地域生態学

水田環境(里山環境)が高い生物多様性を保っていた理由を、水陸の植生がつくるパッチダイナミクス、エコトーンの視点から説明すると?

Aベストアンサー

エコトーンは生物群の遷移層のことです。例えば、森林と草原の境界
といったところを指します。このような場所は一般に生物層が多彩、
と言われています。
里山や水田は、ヒトが自然に手を加えることによって、植生の遷移
(草原>陽樹林>陰樹林)を止めていると考えられます。
したがって、その周囲の原生林などとの間のエコトーンが狭く、
生物層が豊かになるのだと言えるかも知れません。

ぜんぜん自信なくてすんません。

Q鴨の生態

鴨について 鴨は川にいますが鴨はきれいな川にしかいませんか? それとも汚い川にしかいませんか? また水の汚れは関係ありませんか?

Aベストアンサー

私が高校生のころ、
冬になってまったく使わなくなったプールに
鴨が泳ぎに来ていましたよ。

そのプールは水を抜いていなかったので、
とても濁っていました(青緑色に)。

なので汚い水のある環境でも平気なのでは
ないでしょうか。
ただ、プールの中には人工的なゴミ(空き缶、ビニール袋等)は
ありませんでしたので、自然の中で汚れた水に限るかもしれません。
これはあくまで個人的な推測ですが・・・。

ご参考までに。
失礼します。

Q景観生態学について

里山研究において景観生態学という分野からの視点が重要であるということを知り、景観生態学の本を読んでみたのですが、どうもよく理解ができません。申し訳ありませんが景観生態学の概要について教えて頂けないでしょうか?「里山の利用履歴と植生」について知りたいと思い、この内容での卒論を検討しているのですが、目的(調査理由)の部分でもっともらしい理由付けができずに悩んでいます…。ここ1ヶ月ほどその理由付けを考えてはみれど浮かばないといった状態です。アドバイスをよろしくお願いします。

Aベストアンサー

最近里山ブームでそこに生活の場のない人たちが関心を持つのは良いことでしょう。
まず、文献ありきでははなく、現場を駆け回り、関わりの深い(深かった)現地の人たちに聞けば自ずと見えてくるでしょう。文字情報から得た観念が先行するような分野とは思えません。景観生態学は知りませんが、里山に生活の場のあった人達に「景観」などという概念があったでしょうか?

私の故郷では近くの里山から冬の寒い時期に子供まで動員して1年間分のクヌギを切り出して薪に、落ち葉は堆肥にしていました。つま先から冷える寒さに唐辛子を足袋に入れ、木を引きずって運んだのを思い出しました。切り株からは春に新しい芽がでて数年すれば切り出せるまでになりました。雉、野うさぎやキノコ、その周りでは山草などが採れ、実利を兼ねたリクリエーションにもなっていました。しかし、今は冬でも緑の山に変わっています。昭和30年ころにはプロパンガスや化学肥料が普及して手のかかる里山の産物は利用価値がなくなったのです。昔のような里山の維持に掛かるman・hourに現在パートの時給を払ったとすれば、はたして産物の価格は如何ほどになるでしょう。今は子供が手伝いをしませんし、薪を貰っても使いようがありません。
荒れた都市近辺の里山をみて郷愁からボランティアを買ってでる人を動員して、はびこった孟宗竹を切り出しても使い道がなく市の焼却場で処分したと聞き、容易ならぬことと思い知らされました。現在の経済性をもとに、如何に活用するか実現性のある回答を期待しています。

最近里山ブームでそこに生活の場のない人たちが関心を持つのは良いことでしょう。
まず、文献ありきでははなく、現場を駆け回り、関わりの深い(深かった)現地の人たちに聞けば自ずと見えてくるでしょう。文字情報から得た観念が先行するような分野とは思えません。景観生態学は知りませんが、里山に生活の場のあった人達に「景観」などという概念があったでしょうか?

私の故郷では近くの里山から冬の寒い時期に子供まで動員して1年間分のクヌギを切り出して薪に、落ち葉は堆肥にしていました。つま先から冷え...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報