窒素やリンの物質循環の流れ、および循環における微生物のはたらきを調べています。
心当たりのあるお方、ぜひとも情報をよろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

kawakawa教授の詳細な回答がありますが、以下のサイトも参考になりますでしょうか?


1.http://www.jst.go.jp/pr/report/report100/plan.html
(研究主題「バイオリサイクル」の構想)
2.http://www.page.sannet.ne.jp/jai_group/lecture/s …
(生態系とは何か)

また、成書としては以下の本は如何でしょうか?
--------------------------
微生物の生態  13  日本微生物生態学会∥編
出版地 :東京
出版者 :学会出版センター
出版年月:1985.12
資料形態:172p  22cm  4300円
各巻書名: 化学的手法をめぐって  
件名  : 微生物
内容  : 微生物生態学における化学的手法の有効性と限界 坂本充著. 蛍光抗体法の海洋微生物への応用 木暮一啓著. 電子技術の応用による細胞レベルの微生物生態学への道―水圏の微生物存在量の測定を中心として 辻尭著. In vivoクロロフィル蛍光解析による植物プランクトンの光合成の測定 石丸隆,藤田善彦著. 31P-NMRによる細胞内の含リン化合物の動態の解析 小野寺一清,大久保明著. 微生物による窒素・炭素同位体分別 和田英太郎著. 海洋における微生物による無機窒素代謝 小池勲夫著. 海洋における蛋白質およびアミノ酸を中心にみた有機物分解過程 米田義昭著. 13C,15Nトレーサーの同時使用による霞ケ浦における炭素・窒素動態の研究 大槻晃著. 化学分類学的技法による活性汚泥微生物相の類別化 倉石衍著. ルーメン内細菌叢の解析への化学分類学的技法の適用の試み 湊一著. 熱分解法による微生物の同定 金子太吉著. 各章末:文献
ISBN:4762294683
----------------------------------
ご参考まで。
    • good
    • 0

環境内動態のことですネ。


大気中の窒素→植物→動物→死骸→無機態窒素→環境→大気という循環ですネ。
窒素は大気中に約3.8×10^15トン存在します。そして、年間に植物によって44×10^6トンが摂取され、肥料の形でさらに30×10^6トンが植物に移行します。海には2×10^13トンが溶け込んだ後、生物に利用されるのは10^7トンと言われています。
陸生植物は12×10^9トン、海洋植物は8×10^8トンを蛋白・核酸・クロロフィルなどに固定しています。そして、その植物由来の窒素として、陸上動物は2×10^8トン、海洋動物では1.7×10^8トンを含みます。
動植物の死骸からは窒素が発生します。陸上では7.6×10^11トン、海洋では9×10^11トンの窒素が死骸から生じますが、そのうち、海洋では年間2×10^5トンが堆積物として沈殿し、陸上では一部が脱窒素化により大気中へ放出されます。
動植物の死骸からは微生物の作用により、アンモニアや硝酸などの無機窒素化合物が出来ます。これらは土壌・河川・海水に存在します。その総量は陸上で14×10^10トン、海洋で10^11トンです。陸上の無機窒素のうち、年間3×10^7トンは河川、そして、河川を経て海に移行します。
そして、海洋では年間4×10^7トン、陸上では4.3×10^7トンが大気に移行します。
次にリンは、河川・海→植物→動物→死骸・排泄物→溶存リンというサイクルですネ。
リンは海水中には70mg/立方メートル含まれています。土壌のリンは河川に移行し、最終的には海へ流れ込みます。これらのリンは植物体内に取り込まれ、次いで草食動物を経て肉食動物に移行します。その糞や死骸のりんは細菌により、一部が水中溶存性のリンとなります。また、海底深く沈んだリンは海流によって浅い場所に運ばれ、細菌や生物によって溶存リンに変化します。
簡単に述べてみましたが、窒素に関与する微生物のキーワードは脱窒素作用、或いは無機化ということですネ。
リンはATPや核酸の構成元素であることから、全ての生物に利用されますネ。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパソコンの基礎知識って何?

採用条件に、「パソコン基礎知識のある人」とあります。
基礎知識ってどんなことでしょうか。
ちなみに、仕事内容は書類作成、端末入力業務です。

Aベストアンサー

求めるレベルで変わってくると思いますが。

・アイコンやクリックやウインドウといった専門用語がわかる。
・ファイルやフォルダーの概念がわかる。
・マウスが使える。キーボードから入力できる。
・日本語変換できる。
・その上で、ワードやエクセルが使える。
・場合によっては、メールを出したり読んだりできる。
・もしかしたら、プリンターやメールの設定もできる。
・ソフトウエアのインストールができると、楽しいかも。
・たぶんないと思うけど、リソースがいじれる。

最後のほうは冗談です。すみません。

Q吸入気窒素分圧肺胞気窒素分圧動脈血窒素分圧医学系

吸入気窒素分圧肺胞気窒素分圧動脈血窒素分圧
医学系の成書によると、大気の窒素分圧は760*079≒160、吸入気窒素分圧は飽和水蒸気発生し(760-47)0.79≒563、肺胞気は760から(PAO2+PACO2+PH2O)を差し引いたものとあり760-(100+40+47)≒573とあります。
窒素ガスは生体内では不活性なため出入りがないため、肺胞気=動脈血=静脈血ともあります。

気道から肺砲にたどり着くと窒素分圧が増加する???。どう解釈したらよいのでしょうか。



PAO2は(760-47)0.21-(40/0.8)、PACO2は0.863( VCO2/ VA)=0.863(200/4.3)から求めています。
(圧単位はmmHg、VCO2はVドットCO2、VAはVドットAです)

なお、この質問はカテゴリ間違え、以前物理学で質問しました。

Aベストアンサー

「VドットO2毎分250ml>VドットCO2毎分200MLはわかりますが、この差が起こる場所は動脈血と静脈血ではないでしょうか。そしてこの差は酸素とCO2のそれぞれの含量差ではないでしょうか。」

→(1)おっしゃるように抹消の組織で酸素を消費し二酸化炭素を産生します。平衡状態では、(平衡状態とは釣り合いがとれている状態のことですから)、消費された分量に等しいだけの酸素が肺胞から血液中へ取り込まれます。組織で産生されたのと同じ量の二酸化炭素は逆に血液中から肺胞へ移動します。

(2)もしこの両者の量が等しければ(つまり呼吸商が1なら)吸入気窒素分圧と肺胞気窒素分圧とは等しくなります。(吸い込んだ気体に含まれる酸素の一部が同量の二酸化炭素で置換されただけだから、全体の量は変わらないので、吸気中に含まれていた窒素には何も影響しない)。

(3)しかし実際は、肺胞気→血液へ移動する酸素の方が肺胞気←血液へ移動する二酸化炭素より多いので、吸気の量より呼気の量(肺胞気の量)のほうが少なくなります。そのため窒素は濃縮されたことになり分圧も高くなります(つまり、気道から肺砲にたどり着くと窒素分圧が増加することになります)。

(4)以前の説明では、この含量差の分だけ余計に新鮮な空気が流れこんでくるので窒素の量が増え、分圧も高くなると説明したのですがわかりにくかったでしょうか。

「VドットO2毎分250ml>VドットCO2毎分200MLはわかりますが、この差が起こる場所は動脈血と静脈血ではないでしょうか。そしてこの差は酸素とCO2のそれぞれの含量差ではないでしょうか。」

→(1)おっしゃるように抹消の組織で酸素を消費し二酸化炭素を産生します。平衡状態では、(平衡状態とは釣り合いがとれている状態のことですから)、消費された分量に等しいだけの酸素が肺胞から血液中へ取り込まれます。組織で産生されたのと同じ量の二酸化炭素は逆に血液中から肺胞へ移動します。

(2)もしこの両者...続きを読む

Qパソコンの基礎知識を習得でき、将来役に立つ資格を教えてください

パソコンの基礎知識をしっかりとマスターしたいのですが、基礎知識を習得でき、将来役に立つ資格はないでしょうか?
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

民間資格でよろしければ。
試験そのものは、丸暗記で対応できると思いますが、
旺文社のP検定用の3級の参考書は、結構初歩的な事が書かれています。
(最初は、3級位でいいと思いますが、難しいようであれば、4級から。)

ア○○で宣伝してるのとは別物ですので、ご注意ください。

参考URL:http://www.pken.com/

Qリンの循環について

こんにちは

・地球規模での窒素とリンの生物地球科学的循環の特徴について、両者の相違点を明らかにしながら比較して答えよ

という問題で

窒素は、大気中のN2を窒素固定細菌がNH4+にし、地中の硝化細菌によってNO3-、NO2-となり、植物に取り入れられたり、脱窒細菌によって脱窒されて元のN2に戻る。

というのは理解できるのですが、リンの循環がわかりません。

リンはどのように待機中を循環しているのでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

リンは気体の形で大気を循環しません。
基本は土壌中のリンに依存しています。
これを補うため、日本ではリンを肥料として大量に輸入しています。

基本的には陸上なら陸上だけでリサイクルされる形になります。
海に流れたら…ほとんど戻って来ません。

一部の例外としては、自然界では海鳥のフンという形で陸上に帰ってくるか、
人工的な形としては海から取ってきた魚介類という形でわずかに循環する程度です。

Q株式の基礎知識が学べる無料HPを探しているのですが・・・

初心者でまだ初めてまもないため基礎知識が全くありません。
父親がやっているのですが、まだ始めたばかりなので聞いても曖昧で・・・

できれば個人の無料HPで基礎知識が学べる所を探しております。

おすすめのHPがありましたら教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

株式の基礎知識が学べる無料HPならば、
【JCoffeの株式投資日記】がお勧めです。
読みきり形式になっていますので、
どこからでも株式に関する話が読めます。
かなり評判のいいHPで、話をまとめて出版されました。
投資のヒントも随所に書かれていますので、
投資の入門のサイトとしても最適です。
3日ごとに新しい話題の話が載りますので、
お気に入りに登録してお読み下さい。

参考URL:http://members.at.infoseek.co.jp/J_Coffee/index.htm

Q窒素の循環に関して

タンパク質と核酸の違いって何ですか?あと、窒素の循環に関してなのですが、消費者や分解者がタンパク質を排出物として出すときにはなぜ無機物質に変わっているのですか?炭素の場合は分解者が分解するまで排出物はまだ有機物質ですよね?

Aベストアンサー

微生物は、大気中の窒素から窒素化合物を合成します。植物は、根から窒素化合物を吸収し、体内で新しいたんぱく質を合成します。動物は、植物(のたんぱく質)を摂取し、体内で新しいたんぱく質を合成します。また、古いたんぱく質を分解して、尿に含まれる尿素として排泄します。微生物は、尿素を窒素に分解します。

Qバイクの基礎知識

バイクの基礎知識を身に付けたいのですが、そういったサイトなどありましたら教えてください。

Aベストアンサー

http://www.biketel.com/kiso/
http://www.tossnet.or.jp/inspection.php?itemid=527
これなんかどうでしょう?

Q微生物による化学物質の変換について

化学物質が環境中で微生物により受ける変換にはどのようなものがあるのでしょうか。
わかる方、回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

メタン細菌、バイオレメディエーション等をキーワードにお調べ下さい。

Qイミダスと知恵蔵と、現代用語の基礎知識

イミダスと知恵蔵と、現代用語の基礎知識農地1冊買うならどれがおすすめですか?

あなたはどれを買いましたか?

現代用語の基礎知識はなぜあんなに貧弱になったんですか?見劣りするのですが。

イミダスと知恵蔵は手帳と地図帳もついてあの値段はお得だと思うのですが、どうでしょうか?

Aベストアンサー

図書館に勤めていたころ、レファレンス業務で良く使っていたのですが。
知恵蔵が好きでした。個人的に・・・。
好みがあると思いますし、よく引くであろう分野に強いのかどうか・・・。
引き比べるのが一番だと思いますが・・・・。立ち読みできましたっけ?付録がいっぱいなので、縛ってありますよね?お近くの図書館で触らせてもらってはいかがですか?

Q窒素同化と窒素固定 

窒素同化と窒素固定の違いが理解できません。窒素同化は植物で、窒素固定は最近だという区別は付くのですが、窒素同化と窒素固定は互いに関係しているのでしょうか。
アゾトバクターなどの細菌が窒素を窒素固定してアンモニアを作りますよね、それを、亜硝酸菌が亜硝酸にかえて、その亜硝酸を今度は、硝酸菌が硝酸にかえて、それを植物が、イオンの形で、取り込んで、窒素同化して、アミノ酸を作るということでしょうか。つまり、植物は、窒素固定細菌に助けを借りている状況なのでしょうか。両者の関係を教えてください。よろしくお願いします。

上の質問に重ねてお聞きしたいのですが、窒素固定細菌は窒素からアンモニアを作ることと同時に、窒素同化して、タンパク質をつくるということを一挙にやっている細菌なのでしょうか。

Aベストアンサー

 「窒素同化」と「窒素固定」に関しては,edogawaranpo さんがお書きの「生化学」の教科書や「植物生理学」の教科書にのっていると思います。ネットで検索しても多数ヒットします。

 例えば,「GLN(GREEN & LUCKY NET)からこんにちは」というペ-ジ(↓1番目)があります。このペ-ジから,「《グリーン・コーナー》」→「[11] 植物生理学へどうぞ」→「03  〃  〈植物生理学とは2〉」と辿って下さい。

 また,「『高校生物』のインターネット公開授業」というペ-ジ(↓2番目)の「第2部 生体内の化学反応 第4章 同化=炭酸同化と窒素同化」にも記載があります。

 これらを見ると,「窒素同化」とは「窒素ガスを窒素化合物(アンモニア)に変換する事」であり,「窒素固定」とは「はアンモニアや硝酸塩から有機化合物(アミノ酸)を合成する事」らしいです。


 「植物は、窒素固定細菌に助けを借りている状況なのでしょうか」に関しては,植物は生物由来の窒素化合物(タンパク質)を,そのままでは利用できないため,細菌の働きでできるアンモニアや硝酸塩などを必要とするそうです。ただ,アンモニアはタンパク質合成までに硝酸塩より手間がかかるため,硝酸塩の方を好んで利用するそうです。また,アンモニアの濃度が高くなると植物にとって有毒になるそうです。

 一方,細菌は枯れた植物などを分解して栄養をとっていますので,この意味では,両者はお互いに助けを借りているといえます。が,お互いに相手のためを考えてやっている事でないのは分かりますよね。


 「窒素固定細菌が窒素同化して、タンパク質をつくるということを一挙にやっているかどうか」ですが,その能力はあると思います。ただ,上にも書いた様に,枯れ草などの分解で得られるアミノ酸などが充分にある状況で,実際に窒素同化(アミノ酸合成)をやっているかどうか?これはチョット分かりません。

参考URL:http://www2u.biglobe.ne.jp/~gln/index.htm, http://village.infoweb.ne.jp/~hispider/biology/titlepage.htm

 「窒素同化」と「窒素固定」に関しては,edogawaranpo さんがお書きの「生化学」の教科書や「植物生理学」の教科書にのっていると思います。ネットで検索しても多数ヒットします。

 例えば,「GLN(GREEN & LUCKY NET)からこんにちは」というペ-ジ(↓1番目)があります。このペ-ジから,「《グリーン・コーナー》」→「[11] 植物生理学へどうぞ」→「03  〃  〈植物生理学とは2〉」と辿って下さい。

 また,「『高校生物』のインターネット公開授業」というペ-ジ(↓2番目)の「第2部 生体...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報