ある物質にフッ素を含むかどうか調べる時はどうやってやるんですか?
また同様に塩素の時もわかる方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

どちらの場合も前処理により測定できる形(HF等)に持っていき、滴定もしくは比色分析に持ち込みます。


イオンクロマトも利用できます。

詳しくは、丸善、岩波、化学同人などから出ています実験全集の分析編をご覧になるのが良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。助かりました。

お礼日時:2001/01/12 17:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマウスウォッシュが虫歯の原因になることもある?

私は小学校低学年のときから中学卒業まで虫歯になることがありませんでした。歯磨き指導を受けていて、食後30分以上は磨かないなど意識していたのですが、現在、初めて神経を抜かなければいけないほどの虫歯を経験してしまい、どうしてこうなったのかわからないのです。

私は中学卒業あたりから歯の矯正器具を着けたのですが、その影響で口呼吸になってしまい、寝ている時によだれをたらすことが頻繁でした。しかし、ある日、家族の勧めでマウスウォッシュをするようになったとき、よだれをたらすことがあまりなくなったのです。

これはたぶん、唾液の分泌量が減ったということになると思うのですが、どうでしょうか。唾液の分泌量が減ると虫歯になりやすくなると聞きましたし、マウスウォッシュすると本来、なくしてはいけない菌までなくなってしまうような話を聞いたのですが、マウスウォッシュが原因で虫歯になることもありますか?

Aベストアンサー

アルコールですからね、皮膚をアルコールで殺菌してそのままにすると皮膚を守っているバリアの細菌まで殺してしまうので乾燥してひび割れます。

口腔内でも同じ事が起こっていると思えます。

抗生物質を服用して腸内の細菌をバクテリアとともに殺すと消化不良を起こしたり便秘します。腸内の善玉菌まで殺してしまうからです。

マウスウォッシュで虫歯菌が殺せるのは一時的な事。トイレの細菌を殺せるのも一時的。いずれは戻ります。定期的に消毒液を使用することの方が害だと私的には思います。現代は化学物質だらけですから、体の受け入れられる絶対量を超えるとアレルギー症状を起こします。

私は毎回のマウスウォッシュで喘息発作を起こし使用を中止しました。4年ほどしてからボトルの後ろに喘息の症状のある人は使用しないでくださいと付け加えられるようになりました。じゃ、毒なんじゃんと思いましたよ。

Q過塩素酸 塩素酸 亜塩素酸 次亜塩素酸

高校生の授業なのですがなぜハロゲンのオキソ酸で
でてくるたいとるのものとしては塩素酸が基準と
なっているのでしょうか?何か歴史的経緯はあるのでしょうか。接頭語はそれだけしかないからというこたえ
では納得できないです。急いでいますので
できれば速く返答お願いします。

Aベストアンサー

補足します。

このような非金属イオンの酸化物とみなせる物質を一般に「オキソ酸」と
言いますが、もっとも安定な酸を基準にするそうです。

化学IB・IIの新研究/卜部吉庸/三省堂

Qマウスウォッシュを日常使いしてる方、日本人の成人何割位と思いますか? また口臭予防の効果は感じますか

マウスウォッシュを日常使いしてる方、日本人の成人何割位と思いますか?
また口臭予防の効果は感じますか?

Aベストアンサー

こういう統計があります。
http://www.dims.ne.jp/timelyresearch/2015/151020/

Q塩素とフッ素の融解熱の違いについて

塩素の融解熱は6.4kJ/mol、フッ素の融解熱は1.6kJ/molです。
フッ素の融解熱が、塩素の融解熱より低いのはどうしてですか。
高校1年生のレベルでの答を知りたいのです。
いくらかレベルの高い回答でもかまいません。

Aベストアンサー

フッ素分子と塩素分子は互いに良く似た性質を持つ分子なのですけど、フッ素分子間に働くファンデルワールス力が塩素分子間に働くファンデルワールス力よりも弱いので、フッ素の融点や沸点や融解熱や蒸発熱は、塩素のそれよりも低くなります。

ものすごく大雑把な傾向として、ファンデルワールス力は、分子量(原子量)が大きくなるほど強くなります。そのために、ハロゲンの融解熱は F2<Cl2<Br2<I2 の順に大きくなりますし、希ガスの融解熱も Ne<Ar<Kr<Xe の順に大きくなります。ただし、融解熱(や融点や蒸発熱や沸点)は他の因子にも左右されますし、ファンデルワールス力そのものも分子の形などに左右されますから、分子量だけを頼りに、例えばキセノンと塩素の融解熱の大小を議論することは、あまり意味がないです。

……高校1年生のレベルだとこんな感じでしょうか。

本当は結晶構造(分子の詰まり方)についても言及しないといけないのでしょうけど、固体フッ素は他の3つのハロゲンとは少し異なる構造で、しかもそれが柔粘性結晶という厄介なシロモノなので、狡い話ですが、結晶構造の話には深入りしない方がわかり易いんじゃないかなと思います。

また、窒素と酸素とフッ素とで比べると、

物質, 融点, 沸点, 融解熱, 蒸発熱
N2, -209.9, -195.8, 0.72, 5.58
O2, -218.4, -183.0, 0.44, 6.82
F2, -219.6, -188.1, 1.56, 6.32

とのことなので(理化学辞典より、単位は℃またはkJ/mol)、上のお話はあっさり破綻します(だいたい似た大きさになるよね、ってごまかしたいところですが肝心の融解熱がO2とF2で三倍以上違います)。あまり応用の利かない説明で、すみません。

フッ素分子と塩素分子は互いに良く似た性質を持つ分子なのですけど、フッ素分子間に働くファンデルワールス力が塩素分子間に働くファンデルワールス力よりも弱いので、フッ素の融点や沸点や融解熱や蒸発熱は、塩素のそれよりも低くなります。

ものすごく大雑把な傾向として、ファンデルワールス力は、分子量(原子量)が大きくなるほど強くなります。そのために、ハロゲンの融解熱は F2<Cl2<Br2<I2 の順に大きくなりますし、希ガスの融解熱も Ne<Ar<Kr<Xe の順に大きくなります。ただし、融解熱(や融点や蒸発...続きを読む

Qマウスウォッシュで虫歯になる?

リステリンなどのマウスウォッシュを使用後、水で口をゆすがないと虫歯になると聞いたのですが、
本当ですか?
もしそういう危険があるのなら、説明書きに書いてあるでしょうし、虫歯予防のためのマウスウォッシュで
虫歯になるとは理解できません。
中には、刺激を和らげるためか、甘みを感じるものもありますが、キシリトールだと思っていました。

(虫歯になる、と言っていた友人は、テレビで見たと言っています。)

Aベストアンサー

虫歯ってどうしてなるのでしょう?
定説では、虫歯菌が歯を溶かす?ってことになっています。
リステリンで虫歯菌が繁殖する状態になるのであれば、虫歯になりやすいことになります。
が、虫歯は本来、口の中の状態によります。
虫歯になりやすいなりにくいというのは、やはり良くはみがきをしていた方がなりにくいです。ただ、虫歯は、生活習慣病という範疇に入ることもご存知でしょうか?だらだらと間食をする方などは、口の中が酸性に偏ってしまいます。歯を酢の中に一晩つけるとやわらかくなってしまいます。これと同じで、簡単に言うと、やわらかくなった(実際には微量)ところに虫歯菌が繁殖して歯を溶かしていく。ですので、これを防止するのに人体では唾液が出て、中和しています。間食が多いと中和されにくい状態が続く為、虫歯になりやすいということになります。
リステリンは、虫歯の原因菌を殺菌する効果があるもので、また、phも調整されていますので、これが原因ということは、考えにくいと思います。

参考URL:http://www.listerine-jp.com/index.html

虫歯ってどうしてなるのでしょう?
定説では、虫歯菌が歯を溶かす?ってことになっています。
リステリンで虫歯菌が繁殖する状態になるのであれば、虫歯になりやすいことになります。
が、虫歯は本来、口の中の状態によります。
虫歯になりやすいなりにくいというのは、やはり良くはみがきをしていた方がなりにくいです。ただ、虫歯は、生活習慣病という範疇に入ることもご存知でしょうか?だらだらと間食をする方などは、口の中が酸性に偏ってしまいます。歯を酢の中に一晩つけるとやわらかくなってしまいま...続きを読む

Q塩素酸イオンや亜塩素酸イオン、次亜塩素酸イオンはどのように結合している

塩素酸イオンや亜塩素酸イオン、次亜塩素酸イオンはどのように結合しているんですか?配位結合なのかなぁとは思うんですが、それでもどの原子の電子がどこにどう使われたかががわかりません。ほかにもチオ硫酸イオンや亜硫酸イオンについても教えていただきたいです。

Aベストアンサー

これ
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5896465.html
やこれ
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4948580.html
やこれ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A1%A9%E7%B4%A0%E9%85%B8
をご覧下さい。

各種オキソ酸などに見られる中心元素とOとの結合は配位結合でなく二重結合性で、
形式的にオクテット(最外殻電子8個)を満たしていません。
この二重結合は、O=Oなどの通常の二重結合とは異なっていて、どこの電子が~とは簡単に言えません。
とりあえずそんなものなのだなあ、と思っていてください。

Qマウスウォッシュについて

今までマウスウォッシュはクリニカを使ってたのですが、リステリン フレッシュミント を試しに使ってみたら今まで使ってきたものよりも刺激が強くて痛みを感じました。
その分リステリンの方が効果が高いとかあるのでしょうか?

Aベストアンサー

あまり関係は無いと思いますけど・・・・・リステリンの刺激はアルコールによる物ですから、消毒効果はさほど強いとは言えません。より強い消毒作用のある薬剤も多数有りますし、最近ではリステリン自体も低刺激性の物を押していますし。この手のマウスウォッシュの効果は、薬剤の強さと言うよりも どのくらい長い間口の中に保持できるかによる効果の方がはるかに大きいと言えます。
従って、あまり刺激が強すぎて短時間しか口に入れておけない物よりも、低刺激のためにより長い時間 口中に留めておける物の方が効果は高いという考え方が多数派です。

洗口剤・マウスウォッシュの類は、本来ならば取り立てて使う必要の無い物です。 最も大切なことは正しい歯磨きで正しく汚れを落とすことです。
歯磨き粉ですら使う必要は無い物ですので、その手の製品はなおさら必要がないと言えるのです。
特に強い清涼感やアルコール等を含む物は、その刺激で歯を磨けたと勘違いする人も多く、かつ粘膜に対して強い刺激があります。
歯を磨けないときの代用品としての目的が強く、特に口臭予防に関しては逆効果であると言う意見もあるのです。

とは言え、歯磨きの補助としての効果は期待はできます。特に使い方のタイミング等はありません。前後どちらでも結構です。
歯を磨いてから2時間程度で使うと言う人もいます。

あまり関係は無いと思いますけど・・・・・リステリンの刺激はアルコールによる物ですから、消毒効果はさほど強いとは言えません。より強い消毒作用のある薬剤も多数有りますし、最近ではリステリン自体も低刺激性の物を押していますし。この手のマウスウォッシュの効果は、薬剤の強さと言うよりも どのくらい長い間口の中に保持できるかによる効果の方がはるかに大きいと言えます。
従って、あまり刺激が強すぎて短時間しか口に入れておけない物よりも、低刺激のためにより長い時間 口中に留めておける物の方が...続きを読む

Q炭素Cとフッ素Fを含む化合物の飽和蒸気圧曲線が掲載させている文献

現在,大学で研究を行っています。
研究を進める上で炭素Cやフッ素Fを含む化合物
例えば
四フッ素炭素(CF4)
ヘキサフルオロエタン(C2F6)
などの飽和蒸気圧曲線が掲載されている文献が必要なのですが、
どの文献を調べたらいいでしょうか?どうか教えてください。
よろしくお願いします。

インターネットで調べた所,以下のような参考になるサイトは見つけたのですが,できれば文献の方がいいので。
以上宜しくお願いします。

http://www.uprise-system.co.jp/P14_ch_jouki.html

http://www.sdk.co.jp/html/products/finegas/detail/cf4_c.html

http://www.sdk.co.jp/html/products/finegas/detail/c2f6_c.html

Aベストアンサー

NIST Chemistry WebBook / Search for Species Data by Chemical Formula
http://webbook.nist.gov/chemistry/form-ser.html
Thermodynamic Data の Phase change にチェックを入れて検索して、Antoine Equation Parameters のところをみて下さい。

NIST Chemistry WebBook / Thermophysical Properties of Fluid Systems
http://webbook.nist.gov/chemistry/fluid/
Saturation properties ― temperature increments を選んでデータを入手して下さい。引用の仕方は、データページにある Recommended citation
for data from this page.をクリックすれば分かります。

Qマウスウォッシュについて

始めまして。Joeと申します。
今私はマウスウォッシュを使っています。これは吐き出したあと、水で口をゆすぐものなのでしょうか、それともそのままゆすがないものなのでしょうか?
誰か知っている人がいればご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

マウスウォッシュマニアです^^
その後、水でゆすぎますよ~。そのままだと口の中が気持ち悪くないです?生唾出てくるし。
いろんなマウスウォッシュ試しましたが、注意書きに「水でゆすいでも効果に影響はありません」って書いてありますよ♪
なので、ゆすいでもOKだと思います。私は何回かゆすいでます。

Q同一温度、同一圧力のもとでフッ素と気体Xを細孔から真空中に流出させた。同じ物質量の気体が流出するのに

同一温度、同一圧力のもとでフッ素と気体Xを細孔から真空中に流出させた。同じ物質量の気体が流出するのに、フッ素では14.0秒、気体Xでは28.0秒を要した。気体Xの分子量を求めよ。

この問題の解答(解説付き)をお願い致します。

Aベストアンサー

細孔から真空中への気体の流出ですから、グレアムの法則が使えます。グレアムの法則によれば、細孔から真空中への気体の流出速度は分子量の平方根に反比例します。ですので、実験結果から、気体Xの分子量はフッ素F2の分子量の (28.0/14.0)^2 倍になります。


人気Q&Aランキング