旅行していると、各地に『風力発電用の風車』を見かけます。ふつう発電所といえば、必ず鉄塔と送電線があります。ちょっとした変電設備もあります。でも、どの風力発電にも、風車の他には何もありません。風力発電は、他(水力、火力等)の発電のように、変電所のような付帯設備はいらないのでしょうか? ここで発電した電力は、どこへ、どうやって送電しているのでしょうか? なるべく専門の方の”技術的”なお答えをお待ちします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

これだけではかわいそうなので、



風力発電は風向きが変わりますから、送電線を露出していると断線しませんか?
これを防ぐには、どの角度でも2点の接点を持つブラシ(モーターの原理)を応用せねばなりません。

また、鉄塔は乱気流を発生させ、風車の振動を発生させませんか?

まあ、専門家さんのチキンハート(どーでも良い程度の効率)
をアップさせるのが狙いと考えます。^○^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えを寄せていただいてありがとうございました。

お礼日時:2007/02/15 17:17

地中に埋め込んであるだけなんですが、それが何か?



風車は風の通り道に設置しますので、普通に地上に送電線をおくと
風に煽られてショートしたりしますので、風の弱いところまで
引っ張ってから地上に引き出しているのです。

なお、風力発電の場合、発生電力がそのままでは安定しませんので
一旦調整用のトランス(コンデンサ)を経由してから送電線に送ら
れます。この変電所以降は通常の送電線です。

http://www.eco-power.co.jp/contents/knowledge/01 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えを寄せていただいてありがとうございました。

お礼日時:2007/02/15 17:14

電線は地中埋設しているだけではないでしょうか。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

お答えを寄せていただいてありがとうございました。変電所のような付帯設備はいらないのでしょうか?

お礼日時:2007/02/15 17:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q風力発電について質問です。

風力発電について質問です。

近年、風力発電所をたくさん建設している国を教えていただけませんか。

Aベストアンサー

【世界で実用化が進む風力発電:目立つ中国、インドの台頭】
風力発電は、世界で急成長する再生可能エネルギー産業のひとつである。電力供給全体に占める割合で見ると、風力発電が国の電力供給全体の約20%を占めるデンマークが先端を行く。
しかし、近年においては米国の他に、中国、インドが新規設備容量を急速に増加させており、これまで風力発電で先駆していた欧州諸国との差を縮めている。
世界風力エネルギー協会(WWEA)のデータによると、1999 年には13,700 メガワットであった世界の風力発電設備容量はここ10 年で11 倍近くに増加した。2008 年末時点で121 ギガワットであった設備容量は、本年度末までには152 ギガワット、来年末までには190 ギガワットに達する見通しである(グラフ1)。
風力発電設備容量を国別で見ると、2008 年には米国が25,170 メガワット(世界全体の約21%)と、前年トップだったドイツ(23,903 メガワット、世界全体の20%弱)を追い越し、急速な成長を遂げている(表1)。また中国も近年、設備容量を大幅に拡大した国のひとつである。中国は2008 年においては設備容量を倍増し、前年4 位だったインド(9,587 メガワット)を追い越して、12,210 メガワットに達した。
2008 年の新規設備容量を国別内訳で見ると、米国がトトップで31.62%、中国が23.83%と、両国で世界全体の半分以上を占めている(グラフ2)。特に中国は、近年驚くべきスピードで風力発電能力拡大を遂げており、オーバーキャパシティに直面する懸念すら生じている。中国の風力発電累積設備容量は2007 年において127.3%、2008 年において106.5%拡大した。
今年においては新規設備容量で米国を追い越してトップに立ち、累積設備容量ではドイツとスペインを抜いて、米国に次ぐ世界2 位になる見通しだ。
http://www3.keizaireport.com/file/WDC047.09.pdf


ドイツは脱原発で、2030年までに再生エネルギー割合を全体の50%にする計画です。
世界でただ一つ原発にしがみつく日本とは雲泥の違いです。

【世界で実用化が進む風力発電:目立つ中国、インドの台頭】
風力発電は、世界で急成長する再生可能エネルギー産業のひとつである。電力供給全体に占める割合で見ると、風力発電が国の電力供給全体の約20%を占めるデンマークが先端を行く。
しかし、近年においては米国の他に、中国、インドが新規設備容量を急速に増加させており、これまで風力発電で先駆していた欧州諸国との差を縮めている。
世界風力エネルギー協会(WWEA)のデータによると、1999 年には13,700 メガワットであった世界の風力発電設備容量はこ...続きを読む

Q簡単な水力発電を作りたい

模型用モータを使って簡単な水力発電を作っています。
水車の軸にモータを接続してモータの軸を回して豆電球を点灯させる仕組みです。
水車は勢いよく回るのですが電球が点灯しません。
どなたかアドバイスをいただけないでしょうか?

Aベストアンサー

>手でモーターをつまんで回しても光っている映像を見たことがあります。
>その程度で光るものではないのでしょうか?

モーターの軸の直径に円周率を掛けて軸の円周長さを求め、指による動き(移動量/時間)を計算し、
どの程度の回転数/秒で回している事になるのか計算してみると良いですよ
それと、水車の具体的な回転数と比較して見てください。

>より小さな電力でも発光する素子というと例えばどんなものがありますか?
既に、回答がついている通り、麦球やLEDなど

例えば、下記のリンク先でCK1010-13 1.5V-15mAとか
http://www2.ttcn.ne.jp/ota-minilights/shopping-bulbs.htm
ただし、過電圧を加えると直ぐに切れます。

また、豆電球と言ってもピンキリです、7.2V-1A用と1.5V-0.15A用では
後者の方が小さな電力で発光を視認できる事を期待できます。
そもそも今使われている豆電球は何V・何A用でしょうか?

また、定格VF=1.8V等の赤LEDなども僅かな電流から発光を視認できます。
ただ、こちらはより少ない電流から発光を視認できますが、電圧は0.9V以上程度は
必要なので電圧があまりに低い場合は発光の視認は難しくなります。

>手でモーターをつまんで回しても光っている映像を見たことがあります。
>その程度で光るものではないのでしょうか?

モーターの軸の直径に円周率を掛けて軸の円周長さを求め、指による動き(移動量/時間)を計算し、
どの程度の回転数/秒で回している事になるのか計算してみると良いですよ
それと、水車の具体的な回転数と比較して見てください。

>より小さな電力でも発光する素子というと例えばどんなものがありますか?
既に、回答がついている通り、麦球やLEDなど

例えば、下記のリンク先でCK1010-13 1.5V-1...続きを読む

Q風力発電の発電効率に関して

風力発電設備等の各発電設備には『発電効率』○○%という言葉が出てきます。風力発電設備の場合、風力エネルギーから電気エネルギーを得るわけですが、風と電気を比べて『発電効率』○○%と言っても比べる基準が違うため、良くわかりません。
風力発電の『発電効率』とは何に対しての効率なんでしょうか?

Aベストアンサー

「風の持つエネルギー(風の運動エネルギー)に対して、どれだけのエネルギーを電気として取り出せるか」ということです。

参考URLは、風の持つエネルギーの算出方法です。

参考URL:http://www.rmkoubou.mce.uec.ac.jp/contents/Report/windcar/column-2.html

Q冷却用のファンを風車にすると発電しますか

いろいろな電気製品に装備されている冷却用のファンに二本の配線がありますが製品を分解して取り出したファンを風で廻すことによって、この配線から直流電気が取り出せますか。

Aベストアンサー

交流ファン:交流発電します。
直流ファン:内部では交流発電しますが、ファンの日本の配線には電圧は出てきません。
内部に、直流→交流にする電子回路が入っています。

Q【風力発電ビジネスの世界は詐欺ですか?】 太陽光発電ビジネスは国を相手に騙した詐欺だったと前回の質問

【風力発電ビジネスの世界は詐欺ですか?】


太陽光発電ビジネスは国を相手に騙した詐欺だったと前回の質問でした。

風力発電は一基1200万円くらいする。

でも風力発電の中身を分解して見てみると中身は至ってシンプルな設計で、発電機とブレーキと増速機に風車となるブレードが付いているだけである。

部品点数で言うと5点だけで支柱のポールを含めても6点しかない。

接地工事代と基礎代は別である。

よって一点の価格が200万円する。

で実際に雷が落ちてブレードが破損してまともに回転しなくなって業者に交換の見積もりを出したら200万円と言われたと言う。

避雷針が付いているがオプションであり別料金である。

避雷針は避雷針専門のメーカーがあり風力発電業者の管轄外なのだ。

避雷針も山の上に風力発電を設置するので大きい雷が何回も落ちると壊れるのだ。

避雷針を定期的に交換する費用とときどき落ちて壊れるブレード代一基に付き200万円で全然風力発電で儲からないという。

儲かるのは設置した風力発電業者だけであった。

何が言いたいかというと部品点数が少ない風力発電がなぜ一基1200万円もするのかということだろう。

基礎代も避雷針代も設置代も含まれていない。

これはボッタクりとは言わないのだろうか?

【風力発電ビジネスの世界は詐欺ですか?】


太陽光発電ビジネスは国を相手に騙した詐欺だったと前回の質問でした。

風力発電は一基1200万円くらいする。

でも風力発電の中身を分解して見てみると中身は至ってシンプルな設計で、発電機とブレーキと増速機に風車となるブレードが付いているだけである。

部品点数で言うと5点だけで支柱のポールを含めても6点しかない。

接地工事代と基礎代は別である。

よって一点の価格が200万円する。

で実際に雷が落ちてブレードが破損してまともに回転しなくなって業者...続きを読む

Aベストアンサー

> 儲かるのは設置した風力発電業者だけであった。
> これはボッタクりとは言わないのだろうか?
貴方もやってみましょう。

Q無人発電所の送電線事故検出保護継電器について。

大きな系統に接続している無人発電所において送電線事故を検知する保護継電器が働いて発電機停止となった場合、現場にいかず遠方から復帰をかけることがあると聞くのですが、その場合どのように発電所内外の事故の区別をしているのでしょう。
よく使われる送電線事故検出用保護継電器は「過電流継電器(51)」「地絡過電圧継電器(64)」「周波数継電器(95)」だと思います。
「周波数継電器」はあきらかな送電線故障だと判断できると思いますが、「過電流継電器(51)」「地絡過電圧継電器(64)」については発電所内部の事故の可能性もあるかと思うのですが、遠方から復帰をかけてもよいものなのでしょうか。

Aベストアンサー

まず、同一発電所で事故検出をした場合、そのリレーが、どの回路を保護する目的で取付けられているのか、また、事故方向を検出できる場合、保護回路からどちらの方向で事故が起きたかがわかりますので、送電線、所内母線、発電機のどの位置で事故がおきているかがわかりますので、送電線が復旧したら、遠方操作で発電を再開することができます。

送電線事故の場合、自分の発電所よりも、相手側が先に事故検出し、自分は単独運転(系統から切り離されている状態)になります。この場合は、健全な送電線に切り替えて、発電を再開することができます。

発電機母線事故などの場合、多くの場合は、電気を利用している客先に迷惑をかけないように、発電機からとめてゆき、母線事故未検出になるまで、あらかじめ定められた順序で停電させていきます。
このように、遠方からでは復帰できない事故も多くあります。

Qビジネスとしての風力発電

ビジネスとしての風力発電について教えて下さい。

現在、海沿いの比較的風が強い場所に土地を所有しています。
現在は遊休地です。
広さは1万坪ほどあります。

風力発電の設備を新設し、売電によって利益を上げたいと考えています。

以下の情報ありましたらどなたかご教授下さい。

1)風力発電設備の費用
2)1)に対しての補助金の有無とありの場合、その条件
3)損益計算シュミレーション
4)風力発電の地理的・土壌的設置条件

以上、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

http://www.jwpa.jp/

ここにでも電話して、風力発電設備の会社を聞いて
質問下さい


それに・・・
高圧で契約電力500kW以上ならは買い電気は1kW/hで12円程度

風力の小口の買電が10円程度ですから・・・
電量会社としては完全な赤字です

自前で6円以下で発電(火力発電)できる

大口はもっと安いです
それにエコ発電(本当はエコではない)支援の為に
国が一定量購入を電量会社に義務つけているだけです

電量会社としては採算悪化になるので買いたく無い

したがって、風量発電が増えても義務数量以上電量会社は買いませんので・・・・将来の経営が成り立たない可能性も高い非常にリスクがあります

将来 買電の値段が引き下げられる恐れも高いのでこの辺もリスクが高いです



 

Q風力発電機の効率について

風力発電機 ベッツの限界値・出力簡易計算について

ベッツの理論でどんなに理想的な風車でも、風から得られるエネルギーは59%しかとりだせないとありますが、
調べてみると、変換効率70%を超えると書かれている風車もあります。これは、ベッツの理論ができた時代には
存在しない、風車形状の登場や技術が発達したからなのでしょうか?
参考URL http://www.etllc.org/jp/index.php?pages=products_01

風車の軸の簡易出力計算で(1気圧1.205kg/㎥として Cpは風車のパワー係数) E=1.893r2V3Cp
という式で軸の出力を計算できると書籍にありましたが、
答えとして出てくるワット数は 毎秒あたりの出力でしょうか?それとも毎分・毎時でしょうか・・

Aベストアンサー

ベッツの理論では羽が固定されている場合の理論値で風圧をある程度後ろに逃がさないと回転できない為に限界効率が決まりますが
この風車では可動羽にすることで風圧を完全に羽で受けることができる為に大幅な効率アップを可能にしていると考えられます。
実は私も可動羽で高効率の風車の可能性を考えていたのですが技術的に難しいので設計まで到達できませんでした。

Q家庭用の風力発電って太陽光発電に比べてどうなの?

家庭用の風力発電をWEBでみたのですが、実のところ太陽光発電に比べてメリットとかデメリットってどうなのでしょう?
ぶっちゃけ売電で元が取れるレベルなんでしょうか?
設置とかされている方、おられましたら教えてください。

Aベストアンサー

売電が前提なら、家庭用の風力発電設備は販売されていません。

#2さんの風速について補足すると、
強風注意報が出ている時の風速位でほぼ満足できる発電量が得られ、
強風警報が出ると、安全のために発電を停止しなければならない。
普段(注意報が出ていない時)は、電力を消費する機械。

あと、騒音や影の影響も大きなデメリットです。
隣の家まで、数百mから数km離れていないと実用的ではないです。

Q台風の時の風力発電

このところ強力な台風が頻繁にやってきますが、こんなとき風力発電の風車は有効活用されているのでしょうか。

理屈の上では一番の稼ぎどき(発電どき?)だと思うのですが、何かの文章で「暴風雨など風速が早すぎるときにはストッパーを入れて回転させないようにする」というようなことを読んだような気がします。でも風車を回しても回さなくても支柱は風圧を受けるんでしょうし、蓄電やエネルギー転換(充電や揚水ダムへの貯水)さえうまくいけば「記録的な大型台風」だって風力や波浪発電としてエネルギー発生の好機になるような気がするのですが・・・?台風の時に太陽光がダメなら、その分を風力や波力で少しでも取り戻す、という発想は単純すぎ?

それとも送電や発電機周辺の摩擦熱などの対策が出来ていないのかも・・・。「強風時用のギア設定」とかを入れることもできない?(季節変動が大きいことを承知の上で、せっかくあれだけでかい(でかすぎる)エネルギーがやってきてに日本中が難儀しているのですから、少しは使ったってバチは当たらないんじゃないかと思いました。)

Aベストアンサー

まず壊れます。

強風に対しては、
・羽根の角度(ピッチ)を変えて回転を抑える
・風車の角度を変えて(傾けて)回転を抑える
・発電した電気で働くブレーキを付ける。
といった強風対策が採られるのが普通ですね。

発電用風車は想定風速を限って設計しており、高回転に耐える構造にはなっていません。遠心力で羽が根元から吹き飛んだりしかねず、危険なわけです。
強度を上げると、
・重くなり、支柱や基礎地盤への負担が増すとともに、弱い風で回らないものになる。
・高価になる
といった不都合が生じるので、現実的ではないのです。

強さや方向を頻繁に変えながらやってくる暴風は、発電には向かない。偏西風など、「一定の方向から一定の強さで吹く風」を利用するのが風力発電立地のキモです。
また、発電機の特性として、回転が遅すぎても速すぎても発電効率が低下するというのもありますね。


波浪にしても同じで、平時の発電効率を重視してあり、台風などは「過負荷」でしかないのです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報