30年の住宅ローンを短期固定金利(固定金利期間終了後は自動的に変動金利、または固定金利再選択)で借りました。
固定金利再選択を考えているのですが、手続きとしてはどのような手順になるのでしょうか?
また、当初借り入れ時の条件が転職、退職などにより変わっている場合何か影響があるのでしょうか?
優遇金利の条件として「給与振込、公共料金」などがありました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>優遇金利の条件として「給与振込、公共料金」などがありました。


たとえば、「これこれの条件を満たしていれば固定金利期間終了後も店頭金利からマイナス0.4%」などという条件付の優遇があった場合、その条件を満たしていないなら、優遇はしてもらえない、と言うことはあるでしょう。
ただ、それで一括返済しろ、などということはありません。

実印と通帳と、おそらく1~2ヶ月前に金融機関から「固定期間終了のお知らせ」という通知が行くでしょうから、それを持って金融機関へ行って、相談すればいいと思います。
手続きは、今後、どういう金利を選択するかを決めて、それについて契約書なり特約書なりをかわして、あとは実行してもらうだけです。
(連帯保証人がいるなら、その人たちの署名捺印も必要ですから、1度の来店ではすまないかもしれませんが、その場合は、必要な書類を持ち帰って記入押印して、後日提出で大丈夫です)

話がついて、必要な書類を提出してしまえば、特に面倒はないと思います。
条件変更手数料があると思いますが、これは、実際に窓口で相談してみないとわからないと思います。
    • good
    • 0

> 一括返済を求められたりする場合とは、どんな場合なんでしょう?


返済が出来なくなった時。
住宅ローンの要件を満たさなくなった時。
(転勤等の時に銀行に無断で賃貸にすると、収益物件として住宅ローンの対象外となる)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2007/02/08 10:14

その借りたところによって手続きは異なるのが当然なので、問い合わせましょう。



> 転職、退職などにより変わっている場合何か影響があるのでしょうか?
規定の返済を続けている限りは、特に問題がない場合がほとんどです。

> 優遇金利の条件として「給与振込、公共料金」などがありました。
守っていないと、優遇が取り消されても文句は言えません。一度取り消されると、再び受けることは出来ないと思った方が良いです。

この回答への補足

住宅ローンが実行後に、転職や退職を理由に
一括返済を求められたりするものなのかしら?と
ふと不安になったものですから、質問させていただきました。
一括返済を求められたりする場合とは、どんな場合なんでしょう?

補足日時:2007/02/07 14:49
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
優遇が取り消されるのは仕方がないですね。

お礼日時:2007/02/07 11:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q定期預金の金利について、ある信託銀行のキャンペーンで、利率が0.55%

定期預金の金利について、ある信託銀行のキャンペーンで、利率が0.55%・元本保証とかあったんですけど、ゆうちょのキャンペーンと比べてもすごく差があって不思議です。元本保証でこんなに利率が違うのはどうしてなのでしょうか?何か落とし穴?とかあるんでしょうか?経済オンチですみません。

Aベストアンサー

 住友信託銀行のキャンペーンですね。http://www.sumitomotrust.co.jp/BP/campaign/kinriup_2010autumn/index.html
 なにかと抱き合わせとか、特別な条件や落とし穴があるわけではありません。営業政策上、金利を高くして、お金を集めたいのでしょう。
 どういう営業政策かは、察するに、とりあえずお金を集めて、満期時に、投資信託とか外貨預金とか、銀行にとってうまみの大きい商品に預け替えてもらえることを期待しているのではないでしょうか。満期になったからといって即、大きな金額のお金を引き出してしまうのは、心理的に抵抗がありますし、次の行き先を考えるのもめんどくさくて、そのままその銀行の商品で預け続けちゃう人は少なくないと思います。ただ、条件ではありませんので、満期時に、心を鬼にして、引き出してしまっても全く問題ありません。食い逃げみたいなもんですが、銀行も、そうしたお客さんに対しては、どうセールスしても意味ないことはわかっていますので、去る者は追わずで、簡単に出金に応じてくれます。
 あと、もともと信託銀行とかは店舗数が少ないので、電車賃かけてまで来てもらうためには、少しでも条件を良くしておかないと、お客さんは都銀や郵便局に行っちゃいますよね。

 住友信託銀行のキャンペーンですね。http://www.sumitomotrust.co.jp/BP/campaign/kinriup_2010autumn/index.html
 なにかと抱き合わせとか、特別な条件や落とし穴があるわけではありません。営業政策上、金利を高くして、お金を集めたいのでしょう。
 どういう営業政策かは、察するに、とりあえずお金を集めて、満期時に、投資信託とか外貨預金とか、銀行にとってうまみの大きい商品に預け替えてもらえることを期待しているのではないでしょうか。満期になったからといって即、大きな金額のお金を引き出して...続きを読む

Q住宅ローンの全期間金利優遇1.45%(変動、固定共に)はどうですか?

建設会社で住宅ローンの手続きを進めていっています。
ローンの仮審査の結果の回答が返ってきたのですが、
全期間金利優遇1.45%(変動、固定共に)ということなのですが、
これは世間一般では普通の金利優遇なのでしょうか?

普通がどの程度かがよくわからないので、良し悪しが判断できなくて悩んでいます。
どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>全期間金利優遇1.45%(変動、固定共に)ということなのですが、

おそらく、借り入れ期間中は、ずっと、店頭基準金利より1.45%マイナスしますよ、
という意味ではないですか?

たとえば、その銀行の店頭基準金利が、
3年固定金利2.9パーセントならマイナス1.45で、1.45パーセント、
(3年後に金利が上がって、基準金利が4パーセントになっていれば、2.55パーセント)
変動金利が現在3.1パーセントならマイナス1.45で、1.65パーセント。
(この場合も、変動金利が変われば、それによってまた変わります)

別に、優遇金利幅としては、それくらいはあると思います。
ためしに、近くの金融機関をいくつかまわって、パンフレットを集めてみれば納得できると思います。

Q定期預金のキャンペーン 

経済に疎いものですいません。
今現在、300万円でスーパー定期預金を期間3カ月の年0.1%で預けております。
その信用金庫でボーナスキャンペーンとして3年の定期預金で、期間限定金利年0.6%というのがあります。
今の300万円の定期預金を途中で解約して、その商品に切り替えようと思っています。
その場合、その信用金庫に今の定期預金分より上乗せして預け入れしなければ受け付けてくれないものなのでしょうか?
後、もし切り替えた場合、年にいくらの利息がもらえるのでしょうか?

Aベストアンサー

>その信用金庫に今の定期預金分より上乗せして預け入れしなければ受け付けてくれないものなのでしょうか?
そんなことはありませんので、ご安心下さい。

他の方が言われているように、下記の点を確認して下さい。
1.最低預け入れ額が設定されているか?
2.3年定期の全期間通して0.6%の金利なのか?

>もし切り替えた場合、年にいくらの利息がもらえるのでしょうか?
300万円で年利0.6%の場合18,000円ですが、そこから税金が20%引かれますので、
18,000円-18,000円×20%
=18,000円-3,600円
=14,400円
が、利息として1年後にもらえます。
(注)0.6%の金利が1年間適用される場合


追伸
皆さんおっしゃるとおり、300万円に対して年利0.6%が3年間でも、その3年定期に私は魅力を感じません。
オリックス信託銀行、住信SBIネット銀行、ソニー銀行、スルガNetbank、新生銀行などのキャンペーン金利を比較してみて下さい。

Q変動金利か固定金利か悩んでいます

銀行事前審査が通り、土地購入契約を済ませ、新築予定です。
この時期、固定金利か変動金利かとても悩んでいます。不動産屋さんは
変動を勧めますが、今後の金利上昇を気にしながら過ごすことに不安を感じていますが、現在の変動と固定の金利差でみるとしばらく変動低金利の恩恵にあずかりたい気持ちも多々あります。
今現在固定で2.99% 変動で1.175%ということです。繰り上げ返済を積極的に行っていく
予定です。御教授頂けますでしょうか。
そして、三大疾病保障付ローンの申し込みをされている方はどのくらいいらっしゃるのでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

先ず、どちらを選んでも無理なく払える返済額が前提です。その上で変動金利を選んだ場合でも、差額は貯蓄(一部は繰上返済)しておき将来の金利上昇に備えておけば安心です。どちらを選ぶかは総支払額が分かっている安心を取るか、総支払額が少なくなるかもしれない賭けをするかの違いです(今は変動金利が低いですが、将来どうなるかは分からないでしょうし)。将来の金利が分かる人は居ないでしょうから、こればかりは自分で判断するしかありません。
なお、金利の上昇局面で変動金利が上がりだす前には固定金利は既に上昇している可能性が高いので注意してください。過去のデータでは、金利は下がるより上がる方が早いのも特徴のようです。

ただ、不動産屋に相談するのは間違っており、自分で複数の銀行に相談して一番条件の良い(総支払額が少ない)銀行で借りるべきです。もっと低い固定金利もあるのではないかと思います。
不動産屋は審査に通れば売り上げになり、決済も現金ですのであなたが破綻しようがリスクは一切ありません。当初の返済金額が少なくなる変動金利の方が審査には通り易いことから勧めるというのもあるでしょう(収入に占める返済率が審査では重要)。

先ず、どちらを選んでも無理なく払える返済額が前提です。その上で変動金利を選んだ場合でも、差額は貯蓄(一部は繰上返済)しておき将来の金利上昇に備えておけば安心です。どちらを選ぶかは総支払額が分かっている安心を取るか、総支払額が少なくなるかもしれない賭けをするかの違いです(今は変動金利が低いですが、将来どうなるかは分からないでしょうし)。将来の金利が分かる人は居ないでしょうから、こればかりは自分で判断するしかありません。
なお、金利の上昇局面で変動金利が上がりだす前には固定金利...続きを読む

Q台湾系の東京スター銀行に定期預金してたら日本のマイナス金利の定期預金金利の影響は受けませんか?台

台湾系の東京スター銀行に定期預金してたら日本のマイナス金利の定期預金金利の影響は受けませんか?

台湾系の東京スター銀行でも影響は出ますか?

「3メガ銀、大口預金の金利上乗せ縮小へ マイナス金利で」というニュース記事を見てふと思いました。

外資系の銀行に定期預金していたら、今回の国内銀行のマイナス金利による金利減額の影響は無かったということでしょうか。

中国銀行に日本人が定期預金することとか可能なのでしょうか。

今なら台湾系の東京スター銀行に定期預金するのが1番正しい選択ですかね。

国内に実店舗もあるので潰れても1000万円の保証が付く上に、マイナス金利の影響を受けない。

Aベストアンサー

東京スター銀行は台湾の銀行に買収されたとはいえ、日本で登記された日本の邦人です。 よって当然他の邦銀と同じように日銀の金利政策の影響を受けます。
中国銀行(Bank of China)の日本支店、中国銀行(岡山に本店のある銀行)いずれでも日本人が定期預金の口座を開設することは可能です。

Q住宅ローン 固定金利と変動金利、どちらがいいでしょうか?

住宅ローンですが、今なら固定金利と変動金利はどちらがいいでしょうか? アドバイスください。

Aベストアンサー

こういう話に絶対という事はありませんので以下はあくまで一意見という事でお読みください。

まず住宅ローンの固定金利・変動金利、どちらが有利かと言う質問ですが、現状の金利水準がゼロに限りなく近い最低水準だとすれば今後金利が上がるかどうか?ということになるかと思います。

金利が動く(上がる!)には一般的にいくつかの要素(理由)が必要と考えられます。そこで一つの要素、それもかなり影響があるであろう要素の一つに俗に2008年問題といわれる物が有ります。(参考URL参照下さい。)

簡単に説明しますと、バブル以降に政府が景気対策等で投入した資金の手当て等の為に1998年に発行した10年物の国債償還期限が2008年から急増し、これらを借換える為の国債の額は2008年で総額170~180兆円にも達すると云われています。大量発行する国債を引受けて貰う為には金利を上げざるを得ない(さもなくば引受けてもらえない?)、つまり市中金利も上昇するという論理が成り立つ事になります。(大分端折った説明ですが!)

つまり2008年或いはその前後に金利が上昇する局面が予想される事になります。もちろん最初に述べましたように他の要素もあるやも知れませんし、それによっては時期や程度も変わる可能性もあります。参考URLの他にも「2008年問題」、「金利上昇」等で検索をかけると結構な数のサイトがヒットしますので一度読まれると良いかと思います。

http://diary3.cgiboy.com/0/kuriyama5/

参考URL:http://www.noworks.net/archives/000215.html

こういう話に絶対という事はありませんので以下はあくまで一意見という事でお読みください。

まず住宅ローンの固定金利・変動金利、どちらが有利かと言う質問ですが、現状の金利水準がゼロに限りなく近い最低水準だとすれば今後金利が上がるかどうか?ということになるかと思います。

金利が動く(上がる!)には一般的にいくつかの要素(理由)が必要と考えられます。そこで一つの要素、それもかなり影響があるであろう要素の一つに俗に2008年問題といわれる物が有ります。(参考URL参照下さい。)

簡単...続きを読む

Q金利のいい定期預金を教えてください。

こんばんは。
金利のいい定期預金を教えてください。

キャンペーンとかも大歓迎です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のサイトをご覧下さい。
イーバンクの金利が突出して良いですが、8月21日までです。

http://www.ginkou.info/modules/tinycontent/index.php?id=8

http://www.ebank.co.jp/p_layer/campaign/2007summer/index.html

Q住宅ローン 固定金利と変動金利 どちらを選ぶべきか?

6年前に某地銀で4,050万円を借り入れ、当初固定3年を(2.15%)選択し、さらに3年経過後に再度、3年固定(2.25%)で返済してきました。今月末が見直し月になっております。現在、ローン残高3,250万円 残り期間20年 夫婦合算収入1,400万程度です。3年固定が終了すると、自動的に変動金利に変わります。(7月1日現在2.625% 3年3.35% 5年3.75% 10年4.15%)借り換えの意思があり、既に他行で審査もパスしていることを現在借りている銀行窓口で示唆したところ、残り20年の期間全てにおいてどの金利からも1%優遇するので残しておいて欲しいと言われました。借り換えを希望した銀行は保証料と団体生命保険料の負担がないので諸費用は登記費用だけですむので有効だと思っていたのですが、今の銀行が全期間1%優遇してくれるのなら、そのままでいこうという気持ちに変わりました。そこで今月から(7月)から各金融機関の住宅ローン金利が上がりましたがどの金利(変動か固定指定)を選ぶべきか迷っています。今後は繰上げ一部返済も予定しており年間に100から150万は可能です。宜しくお願いいたします。

6年前に某地銀で4,050万円を借り入れ、当初固定3年を(2.15%)選択し、さらに3年経過後に再度、3年固定(2.25%)で返済してきました。今月末が見直し月になっております。現在、ローン残高3,250万円 残り期間20年 夫婦合算収入1,400万程度です。3年固定が終了すると、自動的に変動金利に変わります。(7月1日現在2.625% 3年3.35% 5年3.75% 10年4.15%)借り換えの意思があり、既に他行で審査もパスしていることを現在借りている銀行窓口で示唆したところ、残り20年の期間全てにおいてどの金利からも1%...続きを読む

Aベストアンサー

金融機関に勤務しており、以前、住宅ローンを担当した事もあり、現在は、金利商品による資金運用を担当している者です。

> 今月から(7月)から各金融機関の住宅ローン金利が上がりました
今月から…という表現は、結果的には正しくなくなるかもしれません。
あくまでも各金融機関が発表しているのは「今月の」店頭表示金利ですので。
今日(7月2日)、6月調査の日銀短観が発表になりましたが、あの数値では7月の利上げはまずないでしょう。8月利上げの可能性は「相変わらず」という印象ですね(私は8月利上げ説です)。
そうなると、8月の住宅ローン金利がどう動くか、大変微妙になります。
8月の金融政策決定会合は22日・23日ですから、8月は各金融機関で住宅ローンの「囲い込み」のために、金利を一旦下げる可能性も考えられますから。
そうなると、今月の金利パターンの変更は見送って、一旦変動金利型に移行させ、来月固定金利型に変更…とした方が有効ですから、判断に悩むところですね。

> 7月1日現在2.625% 3年3.35% 5年3.75% 10年4.15%
某メガバンクさんの金利とも似ていますが(3年だけさらに0.05%低い)、ここから1.00%優遇ということですよね?
適用金利を考えるのならば、「変動金利型1.625%」以外は高いです。
3.15%ならば、借り換えをすれば、残りの全期間・20年固定でも、この金利で借りられる金融機関もあると思います。
とりあえず現在2.25%の金利が1.625%になれば、(ボーナス返済なしならば)毎月の返済額が約1万円減ると思います。
この分は当然に蓄えて繰上返済にプラスしますよね?

この先しばらくは、年2回、0.25%ずつのペースで利上げがあると私は考えています。
ですが、1.00%金利優遇があれば、変動金利型の適用金利が1.625%から3.15%になるには、6回の利上げが必要になります。

変動金利型を採った場合、「金利は半年ごとに見直されるが、返済金額は5年ごとにしか見直されない」ということになると思います。
金利が上昇を続けても返済金額は変わらないので、返済額のうち元本充当部分が減り、結果、元金が減らない…ということにもなります。
金利の見直しが行われた際、金利上昇によって本来ならば返済金額も上昇する分を、別途貯めておき(or運用する)、それを繰上返済する際に上乗せする…という資金管理の仕方ができればいいのですが…。

これができるのでしたら、私は変動金利型をお勧めします。

毎年150万円ずつ繰上返済をしていくならば、
・年利3.50%の全期間固定で借り換え
・年利1.625%の変動金利型とし、半年ごとに金利が0.25%ずつ上昇する
の2パターンを比較しますと、後者では最終的に金利が6.875%まで上昇します。
でも、総支払利息は、変動金利型の方が多少少なくて済みます。
さらに、金利上昇による返済額の上昇分も繰上返済の際に充当すれば、もっと返済期間を短くする事もできます。

金利の上昇はあくまでも予想に過ぎませんし、先々までの資金計画が立つ…という点では、残りの全期間固定にした方がいいと思いますけれど、必ずしも「残りの全期間固定にした方がお得」になるとは限らないことだけ、アドヴァイスをさせていただきます。

> 借り換えを希望した銀行は保証料と団体生命保険料の負担がないので諸費用は登記費用だけですむ
保証料は見た目に負担がない…というだけではありませんか?
また、せっかく借り換えをされるのに、イマドキ「ごく普通の団信」ですか?
保険料は債務者負担になってしまいますが「特定疾病保障付き」なども考えられるべきではないかと思うのですが…。
普通の団信は、高度障害を負った場合にも適用されるとありますが、正直申し上げまして、「死ななきゃ金は払われない」のが実態に近いです。
対して「特定疾病保障付き」は、その疾病と診断されれば弁済がされます。
こういった点も含めて、借り換えの検討もされるとよろしいかと思います。

金融機関に勤務しており、以前、住宅ローンを担当した事もあり、現在は、金利商品による資金運用を担当している者です。

> 今月から(7月)から各金融機関の住宅ローン金利が上がりました
今月から…という表現は、結果的には正しくなくなるかもしれません。
あくまでも各金融機関が発表しているのは「今月の」店頭表示金利ですので。
今日(7月2日)、6月調査の日銀短観が発表になりましたが、あの数値では7月の利上げはまずないでしょう。8月利上げの可能性は「相変わらず」という印象ですね(私は8...続きを読む

Q今、現在1番金利のいい円定期預金を教えてください。

こんにちは。

今、現在1番金利のいい円定期預金を教えてください。
キャンペーン等大歓迎です。

Aベストアンサー

http://www.ginkou.info/modules/tinycontent/index.php?id=8​

上記は銀行の金利比較です。金利上昇局面ですから、今は1年ものが良いと思います。
三菱が1年0,8%
ソニー銀行が0,9%

この2つが他より有利です。

Q住宅ローン 当初最優型の最優遇を受けられる条件は?

先日建物分の決済35年1250万円を済ませました。
(先行して土地分は変動金利全期間1%優遇で契約実行しています。)
建物分も変動金利で行こうと思っていたのですが
先月に10年固定の金利が低くなったので電話で問い合わせた所
審査が必要とのことで当初優遇型の最優遇1.5%は無理でしたが1.2%の優遇になりました。
そこで疑問なのですが当初優遇型の最優遇1.5%を受けられるのはどの様な条件が必要なのでしょうか?
給与振込み、公共料金など土地分の決済までに全期間1%優遇を受けるために移行してます。

Aベストアンサー

#2です。

> 返済比率の件ですが、私の場合年収が少ないので本来なら25%以内に収めなければならないものが26%になってしまっていた・・ということなんです。
そういうことでしたか。
読み違えてしまって申し訳ありませんでした。
25%以内は、多くの金融機関で年収300万円未満の場合の返済負担率の基準になっていますね。

> 「金銭消費貸借契約時」が済んだ後に「貯蓄預金」と「定期積金」をすることを伝えたのですが遅かったのでしょうか?(もしこの2点があれば1.5優遇だったとしたらちょっとがっかりです)
おそらく、ご質問者さまの場合は、これは影響しないと思います。

2月の10年固定の店頭表示金利が3.35%という銀行は、私が知る範囲では関東地方の2行だけなので(住宅ローン融資を行っているのは「銀行」とは限りませんが)、一応、そちらのサイトを覗いてみました。
うち1行は、優遇の詳細が掲載されていませんでしたが、もう1行は結構詳しく書かれていました。

そちらの銀行の金利優遇の適用条件は、「給与振込」と「クレジットカード」だけでしたが、「金利優遇の適用条件を全て満たしても、審査結果により金利優遇幅が異なる場合や金利優遇ができない場合があります。」という記載もありました。
ご質問者さまがご利用の金融機関も同じような基準になっていれば、「金利優遇の適用条件を全て満たしても『審査』の結果、最優遇金利の適用は受けられなかった。」ということになるのではないでしょうか。
そして、銀行は当初から、ご質問者さまが『固定金利選択型』を選択された場合、最優遇金利を適用する気はなかったのではないかと思います(「収入が低い」、「返済負担率が高い」ことから)。
おそらく、銀行にとっては、ご質問者さまが10年固定を選択されるのは『想定外』だったのではないかと思います。

変動金利型ならば、店頭表示金利2.875%から1.00%の優遇を受けて1.875%となる。
けれど、ご質問者さまは金利情勢に敏感に反応され、「10年固定で最優遇金利が適用されれば、適用金利は1.85%になり、変動金利型よりも低い金利が適用されることになる。そうすれば返済負担率も多少なりとも下がる。しかも、いつ金利が上がるか分からない変動金利型と違って10年間金利が据え置かれる。」と考えられたうえで、10年固定を選ばれたのだと思います。

金利選択型(10年固定)を選ばれた結果、返済負担率が基準を超えてしまわれましたので、本来ならばこの段階でも融資NGになる可能性があったんです(基準を超えた返済負担率では、稟議が通りませんから)。
ですが、ご質問者さまの場合、土地融資が先行していましたので、銀行としても「今さら建物についてNGにはできない」となり、融資が受けられたのだと思います。
ご質問者さまには申し訳ない言い方になってしまいますが「建物の融資が予定通りの額で受けられただけでもラッキー」と言ってもいいくらいだと思います。
ましてや、最優遇ではないけれど金利の優遇が受けられたのは、ラッキーだと思います(まあ、優遇がなければさらに金利が上がり、返済負担率も上がるので「そのあたりで手を打っておかないと、ちょっと無理して通そうとしている稟議が、通る可能性がなくなってしまう。」ので)。

団信が三大疾病保障つきで、保険料が金利上乗せ型なんですね。
三大疾病保障は、たいてい保険料が債務者負担で、公庫団信のように年払いができないんですよね…。

保証料に関しては、既に資金実行もされているようですから、保証料の追加徴収はないと思います。
追加徴収はめったにしないので…。
(私は保証会社に出向して保証業務を担当していたこともあるので、『皆無』とは言い切れないんですよ…。)

#2です。

> 返済比率の件ですが、私の場合年収が少ないので本来なら25%以内に収めなければならないものが26%になってしまっていた・・ということなんです。
そういうことでしたか。
読み違えてしまって申し訳ありませんでした。
25%以内は、多くの金融機関で年収300万円未満の場合の返済負担率の基準になっていますね。

> 「金銭消費貸借契約時」が済んだ後に「貯蓄預金」と「定期積金」をすることを伝えたのですが遅かったのでしょうか?(もしこの2点があれば1.5優遇だったとしたらちょっ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報