3月決算法人ですが、3月31日は土曜日となります。
3月31日期日の受取手形や支払手形の決済日は4月1日となります。
又、売掛金を振込で決済される得意先の多くは4月1日になります。
以上のことから、4月1日までの入金・出金をを当年度として処理することは、許容範囲として決算をしても差し支えないでしょうか。
2002年度は上記のように処理しましたが、現在の会計処理の基本としての対応はどうするのが一番良いのかお教え下さい。

A 回答 (2件)

基本は3月31日が決算の締切日になるのであれば、4月1日付


での取引は、来期の経理処理として取り扱うべきだと思います。
但し、通常決済されるべきものが決済できないまま、締め切ると
貸借対照表の資産負債が、前年度と対比したりすると、膨らんだ
状態になる筈です。
それについては、決算書を作成する際に、経緯を注記しておけば
よいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。驚きの早さに感謝と、このWEB相談の頼もしさを感じました。
ご指摘の通りの点を問題と思っておりましたが、原則に沿って進めて参ります。ありがとうございました。

お礼日時:2007/03/07 22:45

#1の方の仰っているとおり、会計原則から言えば4月1日の取引を3月31日として計上することはできません。

決算期末日が金融機関の休業日であることは、財務諸表の注記として、受取手形及び支払手形など期末日満期手形の決済額を記載することになります。他社の有価証券報告書等の記載を参考にされては如何でしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。
会計原則に沿って、間違えないように進めてまいります。

お礼日時:2007/03/07 22:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q受取手形の取立を留保?した場合の経理処理について

お世話になります。
10月の中頃に取引先から、手形を受取り

   借方         貸方
受取手形  10,000,000  売掛金 10,000,000

といった、経理処理をしております。
しかし、取立期日が到来したのですが、当該取引先から、
取立に出さないで欲しい旨の申し出があり、やむなくこれを受け入れることと致しました。
但し、内金として2,000,000円送金されてきました。
この場合の経理処理について教えてください。

私なりの考え方
その1
手形を返納したこととした経理

借方         貸方
売掛金  10,000,000  受取手形 10,000,000
普通預金  2,000,000 売掛金   2,000,000

その2
手形を返納しなかった経理で、一部取立となったような経理処理

借方         貸方
普通預金  2,000,000  受取手形 2,000,000

といった経理処理を考えたりしておりますが、いかがでしょうか、よろしくお願いします。

お世話になります。
10月の中頃に取引先から、手形を受取り

   借方         貸方
受取手形  10,000,000  売掛金 10,000,000

といった、経理処理をしております。
しかし、取立期日が到来したのですが、当該取引先から、
取立に出さないで欲しい旨の申し出があり、やむなくこれを受け入れることと致しました。
但し、内金として2,000,000円送金されてきました。
この場合の経理処理について教えてください。

私なりの考え方
その1
手形を返納したこととした経理

借方  ...続きを読む

Aベストアンサー

そうですね、修正期日は12/1となりますので、期日現在でどうされるかで、処理方法を判断されればよいかと思います。
本来でしたら、分割してでも期日ジャンプの手形をもらった方が良いでしょうね。状況からも、全額回収は厳しい可能性もありますが、分割回収の方策も先方と話し合われてはいかがでしょうか。

その際は、再度受取手形を計上すればよろしいかと思います。

Q会社で11月3日に来た請求書。いつ支払うのが良いですか?選択肢・11月12日,22日,31日、12月31日

こんにちは、みなさん!!

【質問】会社で使った経費の請求を受けました。請求書が来た日が
11月5日。会社には得に【末締めの翌月払い】といったルールがない。
支払える日だけは決まっていて、11月12日、22日、31日、12月31日とある。さて、どの日で支払うのより良いでしょうか?

私は、12月31日に支払う方が資金を後々まで会社に残しておけるから
良いと考えます。

ご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私なら以下の順に考えますが

1.その請求書に「○○日までに支払ってください」旨の記述があればその日
2.1.の記載が無ければ会社で決めてある基準(末締め翌月末払い等)
3.1にも2にも該当しないならまず上司に確認をしてそれでも決めてなければ当月末(私の経験上だいたいの会社は経費関係は末締め翌月末払いと決めていますが)

Q受取手形を取立手数料を払わずに換金するにはいつ銀行に持ち込めばいいですか?

お世話になります。よろしくお願いします。

受取手形を取立手数料を払わずに換金するには銀行にいつ持ち込めばよいでしょうか?
ネットで少し調べましたら原則「支払期日前日、当日、その後の2営業日の4日間」みたいな感じだったのですが、それで正しいでしょうか?

「支払期日を過ぎたその後の2営業日」に手形を持ち込むことには全くペナルティなどは生じませんか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

零細企業で経理を担当している者です。
私も手形管理していますが取立手数料を取られるのは馬鹿らしい
ですよね?
ですので御社の口座のある支店振り出しの手形でしたら
期日当日に持ち込めば即入金されますし、近郊でしたら1日前、
遠方でしたら2日前に銀行に持って行けば取立手数料は要りません。
ただ御社の取引のある銀行の窓口に行って聞くのが一番だと思いますが。
弊社の取引銀行でも交換所の関係でどうしても取立に出さないと行けない手形もありますが・・・・
期日前に持ち込んだ場合期日に即資金化は出来ませんが取立手数料
は掛かりません。
ご参考までに。

Q支払期日が9月31日。

本日郵送で送られてきました手形の期日が
「9月31日」となっていました。
やはり訂正してもらう必要がありますか?
恐れ入ります、ご教授くださいませ。

Aベストアンサー

問題はなさそうですが。(下記ページ参照)

一応相手に確認して、相手が訂正するといえば差し替えてもらったらどうでしょう。

参考URL:http://www.yb-satellite.co.jp/column/bank/bank-column5.htm

Q受取手形の管理方法、規定等について

皆様、教えてください。
今まで、約束手形を使用した取引はなかったのですが、
上司から近々、売掛金の回収に受取手形が発生することになったので、
手形を受領してから、取立?、回収?といった業務のフローや
マニュアルと規定を作ってほしいと言われました。

簿記で受取手形という仕訳は勉強しましたが、マニュアルなど見たこともありません。
注意点も含め具体的な運用について、教えていただけないでしょうか。
また、マニュアルや規定等を紹介しているサイトなどはありませんか?

皆様、お知恵を貸して下さい!

Aベストアンサー

受取手形管理表のテンプレート
http://www.juno-e.com/exdun/uketegata.htm
管理ソフトのダウンロード
http://www.keikakuhiroba.net/service/format/e38.html

使った事はありませんのでイメージとしてとらえて下さい。

管理項目を入力後に、下記のどの機能まで求めるのか、というところがポイントです。

受取日順にソート→受取債権の管理と売掛金データの消し込み
支払日順にソート→手形期日管理と手形残高・個社与信額の消し込
振出名毎に集計 →個社への与信額の管理
営業担当・部署単位での集計 →個人・部署毎の売掛金管理・与信管理
その他 →販売商品・サービス毎の計数管理

手形の現物管理(手形自体の所在把握、期日前に銀行への取立依頼スケジュール、手形受取時の形式要件チェック、営業→経理への受渡ルール)
取引先・振出人の信用情報の継続把握ルール(企業の信用状況は3ケ月で急変するが、手形だと3ケ月分の売上が固定化される)

等の観点から自社に必要な事項を絞り込んで下さい。

受取手形管理表のテンプレート
http://www.juno-e.com/exdun/uketegata.htm
管理ソフトのダウンロード
http://www.keikakuhiroba.net/service/format/e38.html

使った事はありませんのでイメージとしてとらえて下さい。

管理項目を入力後に、下記のどの機能まで求めるのか、というところがポイントです。

受取日順にソート→受取債権の管理と売掛金データの消し込み
支払日順にソート→手形期日管理と手形残高・個社与信額の消し込
振出名毎に集計 →個社への与信額の管理
営業担当・部署単位での集...続きを読む

Q決算期変更(3月→6月)に伴う短期決算(4月→6月)について

どなたか教えてください。

当社は現在3月決算なのですが来期より決算期を6月に変更する予定です。
それに伴って今年は、4月から6月までの3ヶ月決算をする予定なのですが会計処理は四半期決算と同じでよろしいのでしょうか?
当社は非上場で会社法だけですが、IPOを目指しており有報も作成しております。

方針を決定するにあたり早期に調査しなければいけないのですが、いろいろ探しても文献等がみつからなくて。。

どうか宜しくお願いします。

Aベストアンサー

3カ月決算で行くということであれば、基本的には通常の決算を行えば良いです。税務上の限度額計算はほとんど月割計算になります。
注意しなければならないのは減価償却計算が、四半期決算の場合とは異なった処理になります。
一括償却資産については、四半期決算ではその四半期に所得したものについては全額損金算入とし、過年度取得分についてだけ月割計算するかと思いますが、3カ月決算ではその期間取得分も3/36の損金算入です。
定率法償却での償却限度額は、通常の償却率×3/12ではなく
通常適用耐用年数×12/3の年数の償却率が適用されます。
たとえば通常6年の耐用年数の資産には6×12/3で24年の耐用年数の償却率が適用されます。

Q受取手形記入帳について

簿記2級と3級を学習している者です。
受取手形記入帳についてですが、
2級では、受取手形記入帳は受取手形の増加のみを
記入すると学習しました。
しかし、3級で各取引に必要な補助簿を選択する問題がありますが、
そこでは、受取手形の増減に関わらず、受取手形記入帳に記入するようです。
自分では解決できずにいます。ご回答お願いします。

Aベストアンサー

まあ~受取手形、支払手形の両方を含めた意味で、手形記入帳の使い方次第ですね。文房具店で市販の『手形帳』がどのような形式になっているのか確かめてもらった上で

・発生(増加)額のみを記入する→私が簿記を教わった時の使い方
・手形記入帳の備考欄を使い、取立済み(支手だったら決済済み)のものは消し込んでいく。
 備考欄が空白になっている行の金額を集計すれば、手形の残高となる。
・月単位で締めて、「前月繰越額」「当月増加額」「当月減少額」「自決繰越額」を書くことで、総勘定元帳の手形勘定と一致させる
 →実務に就いてから教わった方法

Q得意先A社の締め日及び、支払日変更に伴い、当社のシステムで得意先マスタ

得意先A社の締め日及び、支払日変更に伴い、当社のシステムで得意先マスターに登録されているA社の締め日と支払日を変更したいのですが、何月何日に変更すればいいのでしょうか。

■得意先締め日
毎月25日から20日に変更

■得意先支払日
翌月25日から翌月末日に変更

■得意先より通知された開始時期
3月請求分より

私は製造業で経理を担当して間もない者です。
なお、現在の日付は2010年2月11日とします。
理由も教えてください。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

3月請求分より⇒2月25日締が最後で、次回は3月20日締にする。
その支払日は4月25日ではなく、4月末日に支払ということ。
ということは、通常、2月25日締めまでは、今のままの処理を行い、2月25日請求処理が完了してから、マスターを変更するのがいいです。

Q受取手形の仕訳について

初歩的な質問で申し訳ないのですが、教えて下さい。
受取手形を貰った時、受取手形/売掛金と仕訳するのですが、
その手形を割引した時、当座/割引手形と仕訳します。
さらにその手形を裏書した時は、買掛金/裏書手形と仕訳します。
そういう仕訳では受取手形が残ったままになるのではないでしょうか?
宜しくご指導下さい。

Aベストアンサー

得意先から受取手形を貰った時、受取手形/売掛金と仕訳し、


(1)その手形を銀行で割引した時、
当座預金/割引手形

割引した手形の期日が到来した時、
割引手形/受取手形


(2)その手形を仕入代金の支払に充当した時、
買掛金/裏書手形

裏書した手形の期日が到来した時、
裏書手形/受取手形


なお、割引手形と裏書手形は共に負債勘定です。

Q稼働日数について質問します。月平均稼働日数は、4月1日~3月31日と1

稼働日数について質問します。月平均稼働日数は、4月1日~3月31日と1月1日~12月31日のどちらを基準に数えればいいのでしょうか。それとも毎月稼働日数を数えた方がいいのでしょうか?前に、社労士さんに、1年の稼働日数を12か月で割った方が良いとアドバイスを受けた事もありましたが、以前に比べ、祝祭日が多くなり毎月の変動が大きくなったような気がします。実際のところ皆さんはどのようにしているのでしょうか。宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

> 月平均稼働日数は、4月1日~3月31日と
> 1月1日~12月31日のどちらを基準に数えればいいのでしょうか。
労務に関する処理に使うのであれば、御社の会計期間に合わせた方が良いです。
つまり、3月決算の企業であれば、4月1日~翌年3月31日の総稼働日数÷12=平均稼働日数


人気Q&Aランキング