初めての質問です。カテゴリーが良く分からないので、その他の資格のカテゴリーにも投稿しています。ネチケット違反でしたらすいません。
私は現在大学の4年生なのですが、今後の進路について悩んでいます。
私は法学部に所属しているため、ずっと弁護士を目指して勉強してきました。今はロースクールを目指して勉強しているのですが、最近金銭的な問題などで、このままロースクールに進むべきか、普通の大学院に進むべきか悩んでいます。そこで質問なのですが、私は現在知的財産法について興味がり、普通の大学院に進むならば、知的財産法について研究しようと考えています。その過程で、弁理士資格を取得し、将来その道の実務家になろうと思うのですが、法律系弁理士の将来性はどのようなものでしょうか?因みに、私はTOEIC750、中国語検定準1級程度の語学力と行政書士資格を持っています。法律系ですので、将来的には商標や意匠に関する侵害訴訟やコンサルティングに従事したいと考えています。特に語学力に自信がありますので、今後大学院に進学した場合さらに語学力を伸ばしながら、中国での知的財産法との比較研究をしたいと考えています。その場合、卒業後は中国関係の渉外事務に務めたいとも考えています。
現在この分野で活躍されている方がいらっしゃれば是非ご教授ください。よろしければ、将来見込める年収や就職先などもお教えてください。自分的には法律事務所に入りたいと思っているのですが?弁理士資格で法律事務所に入るのは難しいでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>法律系弁理士の将来性はどのようなものでしょうか?



理系弁理士と比べると格段に厳しいのは間違いないですが、本人次第としかいいようがありません。そもそも資格は手段に過ぎないと考えないといけません。

>TOEIC750、中国語検定準1級程度の語学力と行政書士資格

TOEICだけでは英語力を測ることはできませんが、750というのは正直言いまして文系弁理士の中では低い方ではないかと思います。あまり大勢知っているわけではないですが、文系弁理士ですと900以上の人がごろごろしていると思います。理系で750以上ならウリになるんですが…。
行政書士資格はあっても全くウリにはなりません。弁理士になれば行政書士資格はひっついてきますし、それでもなお行政書士登録する弁理士は殆どいません。
中国語はいいかもしれません。日本語・英語・中国語を自在に操れる弁理士なら、文系でもウリになると思います。

>将来見込める年収や就職先などもお教えてください。自分的には法律事務所に入りたいと思っているのですが?弁理士資格で法律事務所に入るのは難しいでしょうか?

法律事務所勤務の弁理士はおりますが、就職時の競争は激しいと思われます。それを勝ち抜くにはウリが欲しいですね。中国語は結構魅力的かと…(個人的見解です)。
年収は本当になんともいえません。本人次第、職場次第です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 御礼が遅くなりました。ご回答ありがとうございます。大変参考になりました。もう一つ質問したいのですが、弁理士試験は定員制の競争試験ですか?それとも。基準点で判定される合格点式試験ですか?

お礼日時:2007/03/19 19:00

相当高度の理工学の知識を要求されますが、その方面の知識はいかがでしょうか。

その点で司法書士より難しいかと思います。就職先、収入は他の法律職と同じように、ピンからキリまでですのでなんとも言えませんが、弁護士の下、司法書士の上といったところでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。私は高校までは理系でしたが、大学入試時に文転して以来、理系の専門知識には全く触れていません。おそらく、弁理士の主な仕事である明細書の作成をするには相当苦労すると思います。ただ、現在でも司法試験の勉強をしていますので、法学と語学には幾分か自信があります。経済的に余裕があればこのまま弁護士を目指そうと思っているのですが、ちょっと厳しいです。そこで、文系でも弁理士の資格と語学力があればそれなりの仕事ができるのではないのかと考えました。語学と法律の知識を駆使して活躍されている弁理士の方は多いでしょうか?また、私は特許事務所よりもむしろ法律事務所で働きたいと考えているのですが、弁理士資格ではお門違いとなるのでしょうか?さらに、中国での知的財産権の侵害がニュースでよく話題になるのですが、その方面の将来性はどうでしょうか?勿論英語も好きですので、英語力も更に伸ばしていくつもりです。あと、できれば著作権に関する弁理士の仕事も教えていただけませんか?著作権に関する侵害訴訟代理もできるのでしょうか?因みに学歴は一応偏差値60以上の国立大卒になりますので、弁理士資格があれば何とか就職はできるのでしょうか?現在22なのですが、大学院を出るときには25になると思いますので少し心配です。

お礼日時:2007/03/13 19:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q弁理士の将来性

今、脚光を浴びている知的財産分野において、50歳を目途に弁理士資格を取得した場合、具体的年収や転職先などはどのようなもの環境でしょうか?新聞雑誌等でも求人記事を多く見かけるのですが・・・。

Aベストアンサー

A3です。最後に1つあります。
経験年数がいくらあっても、だめ弁理士の烙印を押されている人がいます。逆に経験年数が少なくとも商売繁盛の人もいます。これは受験機関で特許事務所を経営している弁理士先生に聞いた話です。

やる気があれば、いくらでも、どうにでもなると私は確信しています。
得意分野を1つ作りそこから、少しずつ仕事の分野を拡大していくようなやりかたもあるだろうし、工夫はいくらもできると思います。
雇用してくれる理解ある経営者はいますよ。
この業界では技術系の大学や院を卒業しなければ駄目というようなことを言う人がいます。まったく腹立たしい。そのような人の言うことは無視して少しずつ前進された方がいいと思います。文学部出身の人や主婦の人だって合格してそこそこ仕事していますよ。

Q知的財産部員が発明者となることについて

はじめまして、知的財産関係の仕事をしているものです。
上司の行為について、どうしても納得がいかないのでご質問させていただきました。
他所様ではどの様に対処しているのか知りたいです。
もしくは取り決め等あるようでしたらお教えいただけないでしょうか?

以下、私が納得行かないと思った行為です。
(1)Aが発明を完成させ、Aのみを発明者として特許出願X(方法の特許)を行った。
 後日、上司が特許出願Xの方法とは別の方法でも課題を解決できることに気がつき、
上司のみを出願人として特許出願Yを行った(方法が違うため効果も微妙に違うが、
最終的に得られるものは一緒)。
(2)特許出願Xにかかる実施品について、実施品と全く同じ形状の意匠出願Zを、
 Aのみを創作者として意匠出願Zを行った。
 意匠出願Zに類似する意匠Uや関連意匠V、部分意匠Wを上司のみを創作者とし
て出願。

以上のように、「Aの着想がなかったらあんた絶対に考え付かんかったやん!」というのを
平然と自分の名前で出願します。
本来であれば発明者らとブレインストーミングを行い、他の方法でも出願できないか等、
網羅的な出願を検討すべきかと思いますが、それを行わず、発明者への展開もないまま、
上司の上に確認を取って即出願です。
他でもどなたか似たような質問をされていましたが、発明者について明文化された規定が
ない以上どうしようもないのでしょうか?
知財としては現在2人のみで、私は知財経験、社会人経験共に浅いため、ほぼ、上司の決
定=知財の決定です。
今は発明表彰規定が整備されていないためそれほど問題とはなっていませんが(私としては
周りから愚痴を言われるので大問題ですが 汗)、発明表彰規定ができようものならば、周りの
不満が爆発しそうで怖いです。

はじめまして、知的財産関係の仕事をしているものです。
上司の行為について、どうしても納得がいかないのでご質問させていただきました。
他所様ではどの様に対処しているのか知りたいです。
もしくは取り決め等あるようでしたらお教えいただけないでしょうか?

以下、私が納得行かないと思った行為です。
(1)Aが発明を完成させ、Aのみを発明者として特許出願X(方法の特許)を行った。
 後日、上司が特許出願Xの方法とは別の方法でも課題を解決できることに気がつき、
上司のみを出願人として特許出願Yを行...続きを読む

Aベストアンサー

No.2です。
同じ部門内に知財があるんですね。
A氏の業務も分かっているという事だとすると、防衛のために特許Yや意匠U・V・Wの
申請をしたと言う事でしょうか。

上司の方は他社が特許Yや意匠U・V・Wの登録してしまった場合を危惧して、
申請したという事ですよね?

個人的には「A氏や関係者と話くらいすればいいのに」と思いますが、、、

現時点で発明表彰などがないのであれば、知的財産の戦略として知財が勝手に申請をするのも
分からなくは無いです。考えていない人の名前を勝手に使う訳にもいきませんし、
表彰が無い以上は誰の名前で登録しようとそのまま会社所有に移行して終わり。

A氏や関係者と知的財産戦略について相談/報告をした方が良いとは思いますが、
会社の知的財産戦略として防衛のために特許を申請するのであれば、
「A氏の特許」では無く、実質的には「会社の特許」になるので
A氏の意向を確認するより、防衛すべき特許/意匠を申請する事が優先されても
仕方ないという考え方は出来ないでしょうか。

A氏の着想が起源だとしても、実際に考えたのは上司であり、知的財産戦略として
申請すべきと判断したのが上司だったので、上司の名前にしたと考えると
表彰などが無い現状においては(1)も(2)も説明がつくのではないでしょうか。


ただそんな場当たり的な知的財産戦略で本当に守れるのかどうかは疑問が残りますね。

せっかく危ない点を見つけた訳ですし、上司に
「もっと網羅性の検討をしないと穴を攻められる」
と言う事で改善策を提案してみればよいのではないでしょうか?

No.2です。
同じ部門内に知財があるんですね。
A氏の業務も分かっているという事だとすると、防衛のために特許Yや意匠U・V・Wの
申請をしたと言う事でしょうか。

上司の方は他社が特許Yや意匠U・V・Wの登録してしまった場合を危惧して、
申請したという事ですよね?

個人的には「A氏や関係者と話くらいすればいいのに」と思いますが、、、

現時点で発明表彰などがないのであれば、知的財産の戦略として知財が勝手に申請をするのも
分からなくは無いです。考えていない人の名前を勝手に使う訳にもいきませんし、...続きを読む

Q知的財産を侵害したものを購入する行為について

ふと思ったのですが、これって刑事罰の対象にもなりうるのでしょうか。
知的財産を直接侵害しているわけではないのですよね。

特許の場合は、消費者がこれが特許!(侵害)ってわかるようなことはめったにないでしょうから
あまり問題にならないでしょうが、さすがにヴィトンやグッチの偽物バックを中国で買って
知りませんでしたなんてありえませんよね!

Aベストアンサー

知的財産には著作物と特許、実用新案、商標、意匠、その他があります。それらに係る知的財産権は、その侵害について、それぞれの法律で定められています。

たとえば、著作権の侵害については、著作権の制限というのがあって、著作権法30条に定める私的使用目的や学校での使用など様々な例外があって、著作権(の侵害)が常に主張されるわけではありません。その中で、違法著作物を私的使用目的で購入することは侵害とされていません。

特許の場合は、特許法101条で、「業として」為される行為が侵害とされていますから、個人が違法発明製品を購入することは除かれています。つまり、購入することだけで特許法上の問題になることはないでしょう。

しかし、たとえば、その違法製品を輸入(購入)するような場合は、個人であっても関税法や関税などにより、税関で没収・廃棄されることもあります。また、購入の目的が国内での頒布だったりすれば、侵害と見なされ懲役や罰金の可能性が出てきます。

ついでに著作物の場合ですが、平成24年の法改正で、有償著作物(たとえば、市販のCD/DVDなど)が違法にアップロード(侵害)されている状況で、さらにそれを個人がダウンロードすると侵害となり懲役・罰金の対象となりました。

知的財産には著作物と特許、実用新案、商標、意匠、その他があります。それらに係る知的財産権は、その侵害について、それぞれの法律で定められています。

たとえば、著作権の侵害については、著作権の制限というのがあって、著作権法30条に定める私的使用目的や学校での使用など様々な例外があって、著作権(の侵害)が常に主張されるわけではありません。その中で、違法著作物を私的使用目的で購入することは侵害とされていません。

特許の場合は、特許法101条で、「業として」為される行為が侵害とされていま...続きを読む

Q弁理士の妻。弁理士事務所で働いている方に質問です。

弁理士の妻。弁理士事務所で働いている方に質問です。

無知ですみませんが、私は今年文系大学を卒業し、小学校で講師をしている女です。

結婚を前提に付き合っている彼が弁理士を目指して勉強中です。
彼は、将来的には事務所を開業したいそうです。
何年かかかるでしょうが、熱意はとてもあるので、きっと弁理士試験に合格すると思って応援しています。

私は彼のためにできることは何かと考えています。
まだ婚約はしてません。
笑顔や料理など、居心地のいい家庭にすることも考えていますが、彼の仕事を理解・手助けしたいのです。

しかし私はこの業界のこと、仕事のことが全くわかりません。
調べてみましたが、弁理士がどのように働いているか、イメージがありません。
彼の仕事を支えるための勉強がしたいです。

私はとても頭がいいわけではありませんが、国立大卒レベルなのでコツコツ勉強すれば、何でも勉強できると思っています。
今の仕事の契約もあと半年ですし、次の仕事はこの役に立つ勉強ができることを基準に考えています。

私は趣味ができるなら、業種・職種に関して、こだわりはないです。
今は恥ずかしながらラブラブ期なので、彼のためになることを中心に考えています。

補助員も弁理士を目指しているだけの知識がいるし、行政書士とかだったらいいでしょうか?
英語を勉強したらよいでしょうか?
事務や秘書やアシスタントってできますか?

どんな風に手伝いができるか教えてください。

弁理士の妻。弁理士事務所で働いている方に質問です。

無知ですみませんが、私は今年文系大学を卒業し、小学校で講師をしている女です。

結婚を前提に付き合っている彼が弁理士を目指して勉強中です。
彼は、将来的には事務所を開業したいそうです。
何年かかかるでしょうが、熱意はとてもあるので、きっと弁理士試験に合格すると思って応援しています。

私は彼のためにできることは何かと考えています。
まだ婚約はしてません。
笑顔や料理など、居心地のいい家庭にすることも考えていますが、彼の...続きを読む

Aベストアンサー

一番いいのはあなた自身の今の仕事を、契約などでなく本格採用してもらって、しっかり安定的に収入を得られるようになることだと思います。

弁理士って今や掃いて捨てるほどいます。独立はそんなに簡単ではありません。私はどちらかというと雇う側の立場ですが(自分も資格を持っています)、「独立しました、仕事を下さい」のような類の売り込みは山のように飛び込んできます。
もちろん弁理士試験合格仕立ての新米に仕事を出す気にはなりません。最低10年、できれば20年としっかり経験を積んでもらわないと。

そうなる前に我慢できず、威勢良く独立してみたけれど、結局お客がつかず、雇われ弁理士に逆戻り、という人もたくさん知っています。かなり厳しい世界ですよ。

ですので、将来結婚されるつもりなら独立当初お客がつかなくても家計を支えられるようしっかりとした収入の道をあなた自身が得ることが一番の支えになると思います。

彼と同じ道に行ってしまったら、共倒れですから。

Q知的財産について

ものづくりにおいて世界が知的財産にうるさくなったのはいつからですか。
数十年にも前になりますが私の父が企業づとめのときは制度自体あったものの
今ほどうるさくなかったしもろにパクルって海外企業から目をつけられる以外は
特許問題など意識する必要が全くなかったといってました。
Apple VS Samsungでちょっと気になりました。

Aベストアンサー

知的財産の保護については、13世紀にも遡ります。ベネチアン・グラスの製法を守るため情報を隠したのが歴史の始まりです。その後、15世紀に最初の特許法が制定されました。
要は、昔から、知的財産は重要だったということです。日本では明治時代から本格化しました。
ご存じの特許関連法律も制定されています。
現代の産業で知的財産は極めて強力な武器です。最近は、中国の特許出願や、権利侵害が多く目につくようになりました。国家的な戦略が背景にあります。
知的財産の諸権利は、現在の産業戦争にあっては最強の武器なのです。今後も争いは激化するでしょう。
一般の人々も無関心ではいられなくなってきています。
ご存じの著作権も知的財産の一部です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報