ファンタビの世界観を作る二人にインタビュー!

こんにちは。

就職、資格取得について悩んでいる、現在大学二年の者です。現在化学系の学科に通っています。
もう大学二年も終わるということで、就職について悩むようになりました。
そして、悩んで考えた結果、院へ進学して研究の道を行くことは自分には向いていないと思いました。

では、どういった職が自分にはあっているのだろうかと考えるようになりました。世の中には様々な企業、様々な職があるので現時点でこういった職に特定して就職を考えるのはもしかしたら良くないことなのでは…と思うところも正直あります。まだまだ自分の手でいろんな職を調べ、目で確かめる努力はしていくつもりです。

しかし、難しい資格が必要になるような職はもたもたしてられないとも思い、そういった職にも目を向けて就職を考えています。当然もっと調べてから道を決めようと思いますが、今、「弁理士」という職に大変興味を持っています。

理系出身の人が多い職というのがきっかけで興味を持つようになったばかりですが、業務内容には興味があります。しかし、資格をとれば就職出来るという世の中ではないですよね。弁理士の採用は現在縮小しているという情報も知っています。

弁理士資格を取るには死ぬほど勉強しないといけないということは分かっています。
ですが、実際、大学を出て、資格がとれたところで就職はできるんでしょうか?
というのがこの質問の正直なところです。


弁理士の方、弁理士について詳しい方、今勉強している方、僕と同じように理系の大学生の方、誰でも構いません。回答を頂けると助かります。

お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは



弁理士は試験に合格して、新人研修を受け登録すれば、弁理士になれますが、就職できるかどうかは資格の有無よりも実務能力の有無、あるいは、実務をこなせるポテンシャルがあるかどうかの方が重要です。

10年、20年前のように弁理士の数が少なかった頃は、資格を持っているだけでも簡単に就職できた時代もあったようですが、今は一概に資格だけで通用する時代ではありません。まあ、ないよりはあった方がいいのは事実ですが・・・。

弁理士資格を目指されるということは、将来、企業の知的財産部や特許事務所での活躍を期待されてのことだと思いますが、知財業務の基本は、1にも2にも技術を知っていることに尽きます。なので、まずは、資格を目指すよりも技術者として経験を5年以上は積んでください。ちなみに大学で学ぶのは”サイエンス”であって、サイエンスを実用的に応用した”技術”では無いので、在学中に弁理士試験合格⇒新卒でそのまま企業の知的財産部や特許事務所へ就職というのは、実際的な”技術”を知らずにこの仕事に就くことになるので、ご自分にとっても、あなたが仕事上、コミュニケーションを取ることになる技術者(発明者)の方にとってもある意味あまり良く無い就職コースです。

あと、業務内容がかなり特殊ですので、技術者よりも向き不向きが激しいところがあります。試験採用期間中に適性が無いということで首を切る特許事務所も結構ありますし、せっかく弁理士になったのに適性が無いということに気づいてこの業界から足を洗った方も知っています。

特許事務所への就職は、新卒よりも数年~十数年の経験のある技術者がメーカーから転職する場合の方が圧倒的に多いです。資格はあった方が有利には違いありませんが、この業界の未経験者ということであれば、数年以上の技術者としてのキャリアは結構高く評価されます。採用する事務所側から見れば、法律知識さえ覚えてもらえれば即戦力ですから。余裕のある大手の特許事務所あたりなら新卒で採用するところもぽつぽつはあるようですが・・・あまりお奨めしません。当方、特許事務所勤務の弁理士で、新人採用については全権ではないものの一定の権限を持っていますが、新卒か新卒同然に近い技術者は例え試験に合格していてもお断わりです。この業界の素人であっても5年か10年ぐらいの経験のある技術者の方を採用したいですね。前者よりも後者の方が即戦力になって、良い仕事をしてくれる可能性も高いですから。30前後か30代の経験を積んだ技術者なら資格が無くてもどこかの特許事務所には結構容易に就職(転職)できます。

まずは、メーカーに就職して技術者(特に研究開発業務)としての経験を積んでください。その中で、発明提案をおこなったり特許出願したりといった知財絡みの業務を技術者(発明者)の立場で行う機会も幾度かあるかと思いますので、その際に知財業務にご自分が向いているかどうかもある程度判断できると思います。まあ、あとは技術者として研究開発業務に携われば、社内向けのテクニカルレポートやプレゼン資料なんかを作る機会が多々あると思いますが、そういう書類(特に文章でがっちり固めた書類)作りが好きかどうか、得意かどうかや、アイデアを徹底的に考え抜くタフな論理的思考力を持っているかどうかも判断のポイントですね。嫌い・不得手なら特許事務所は向いていない可能性が高いです。知的財産部はケースバイケースかもしれませんが・・。それから弁理士を目指すかどうかという身の振り方を考えても全然遅くないと思います。
・・・というか今の時点で悩むのは殆ど無駄以外の何物でもないです。試験は確かに沢山勉強しないと受かりませんが、技術者としての経験を積みながら向き不向きを見極めた上での方が、資格は取ったが向いていなかったという無駄な回り道は避けられると思います。
    • good
    • 0

在学中に取得すればそれなりに評価されます。

    • good
    • 0

 弁理士業界は,弁護士ほどひどい状況にはなっていないようですが,弁理士試験の合格者数はここ10年間で大幅に増加しており,それにより競争が激しくなっている一方,不況の影響で就職や収入も厳しい状況になっているようです。


 また,弁理士として活躍できるか否かは,試験のための勉強より実際の発明や技術に対する理解力が重要になるので,ひとまず特許事務所か技術を取り扱う企業などに就職し,働きながら弁理士を目指す方が現実的かと思われます。もちろん,本格的に弁理士を目指すのであれば,在学中から弁理士試験の勉強を始めても構わないですけどね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q司法書士と弁理士どちらの資格をとったほうが将来有利でしょうか。

司法書士と弁理士どちらの資格をとったほうが将来有利でしょうか。
知人に相談されたのですが、よくわからないので教えて下さい。

34歳女性、法学部卒、国1あり。行政職を退職した後、司法試験に3回落ち(短答までは合格)会計事務所に数年働いていましたが退職し今は派遣で働いています。

これから司法書士と弁理士のどちらの資格をとろうかと迷っています。

将来どちらのほうが仕事が多く、長く続けられるか現在の社会情勢や就職情況などをアドバイス頂ければ幸いです。
本人は、なんとなく弁理士の勉強のほうに興味があるようですが。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

資格とった後が問題ですねー。

弁理士は特許と商標の業務を行いますが、商標を主たる業務にしている弁理士は少数です。

特許の業務を行うにはクライアントが出してきた漠然としたアイデアを理解して、それに近い特許を避けて文章を書かなくてはいけません。ということは、アイディアを出した人と同程度にはその分野についての知識を持っている必要があります。

弁理士は設計などの実務経験を持っている人が取得することが多いですし、一般的には「理系」の資格だと認識されています。

見たところ理系の学歴・実務経験ないようですが、特許書けますかね。

Q理系の資格習得について

工学部に通っている大学生なのですが、工学とは関係のないような資格、例えば簿記・FP・中小企業診断士などのものは取っても就職のときに有利になったりはしないのでしょうか?
それよりも理系の資格を取ったりTOEICなどをやった方がいいのでしょうか?
また、就職とは関係なくても仕事をする上で役に立った資格などがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

将来何がしたいとか希望はありますか?
私は化学科出身ですが、簿記1級・FPは持っています。
私は経理の仕事がしたいので簿記は有効でした。
簿記は工業簿記・原価計算と計算主流の問題があり、理系にはとっつきやすいです。
社会保険労務士は法律なのでとっつきづらく、断念しました。
やはり、興味が持てそうなこと・今までにさわったことのあること・好きなことの方が断然伸びます。
理系だとすると私の周りは危険物処理の資格とか取ってましたが、今となっては医療事務やみなそれぞれ好きな資格の勉強をしています。
理系だからというのではなく好きなことを勉強するのがいいですよ。
もちろん簿記・FP・中小企業診断士は取って損はないです。
でも使わない資格は無駄かもと思います。
金融に勤めるなら上記は有利です。

Q弁理士が現実に儲かっているか

以前NHKの特集で弁護士が供給過多で仕事がないと言うのを見ました。どこの事務所にも入れないいわゆる「野良弁護士」が多く、費用の安い国選弁護を回してもらって何とか食べていける状態だとか。

今自分は弁護士ではなく弁理士資格をとろうと思っているのですが、弁理士も同様に供給過多状態で受け入れがないのでしょうか。

その方面の事情にお詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

両方の分野に多少つてがあります。


弁理士も供給過多になりつつあります。試験の合格者数をみれば明らかです。
試験に合格しても,登録していない人も多数存在します。


弁理士の場合,専攻する理系の分野がまず問題となります。特許や発明という
最先端技術を文章化するので,その分野を専攻していないと話にならないわけ
です。ですので,まずその専攻分野がポイントです(理系の専攻分野が発展系
でなければ相手にされません)。

次に英語力が問題となります。いま特許は外国出願しか生き残り策がみえにく
いです。ですので,英語力が高い,例えば,既にアメリカのパテントアトーニー
の資格をもっていることなども重要視されてきます。

最後に事務所の方向性もポイントです。シャープですら買収される世の中です。
大きなクライアントをもっていていも,たえず危険にさらされています。

いずれにせよ,弁護士以上に弁理士は,食べて行きにくい状況です。

Q卒業検定に落ちた人!

卒業検定に落ちた人!
(ペーパー試験じゃなくて、実技の方)

どの理由で落ちたか教えてください。
あと10日程で、卒業検定です。
参考にさせてください。

Aベストアンサー

一般的なことは,皆様が書かれている通りです
自分は一発合格でしたが
私の卒業した学校であった,変わったエピソードがあります
参考まで

交差点手前でで一台のトラックが止まっていたのですが
検定車5台の内,先頭の運転手が信号待ちと判断
トラックの後ろに停止,残り4台も同様に停止しました
ところが,トラックは信号待ちではなく
交差点近くの電話ボックスで電話する為に停車していただけだった
検定者は誰も気付かず教官に指摘された
ところが,車間距離が近すぎて,免許所持者なら切り返しで
抜けられるところ,未熟なため列から抜け出せず
全員が100点原点で不合格になった(実話ですよ)

ポイントは状況判断ミスと走行不能による検定中断になったため
一般的なことは皆様書かれているようなことで
おそらく,質問者様もある程度予測できていることも
あると思います
上のような,予測不可能な事態に巻き込まれたとき
如何に判断して抜け出せるかだと思います

運とか,こういう場面に出くわす確立とか
ありますが,平常,冷静を保つことが大事です!!

一般的なことは,皆様が書かれている通りです
自分は一発合格でしたが
私の卒業した学校であった,変わったエピソードがあります
参考まで

交差点手前でで一台のトラックが止まっていたのですが
検定車5台の内,先頭の運転手が信号待ちと判断
トラックの後ろに停止,残り4台も同様に停止しました
ところが,トラックは信号待ちではなく
交差点近くの電話ボックスで電話する為に停車していただけだった
検定者は誰も気付かず教官に指摘された
ところが,車間距離が近すぎて,免許所持者なら切り返し...続きを読む

Q弁理士の仕事っておもしろいですか?

 私は現在、弁理士の資格を取得しようかどうか迷っています。
 弁理士の仕事の概要などを自分なりに調べてみたりしているのですが実際に働く人達はどのように感じているのか知りたくて質問させていただきました。
 良い面も悪い面も含めてアドバイスもらえたらと思っています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

仕事のおもしろい、おもしろくない、は本人が何に興味を持っているかによります。
仕事には、仕事自体のほかに人間関係、給料等の別の要素もあり、何を一番に求めるかもよるでしょう。
人間関係では格段に企業のほうがいいように、思うので、そういったものを重視する場合にはつらいかもしれません。企業のカラーによって合う合わないはあるかもしれませんが、企業は基本的にチームで行動し、人との関わりは不可欠なものであると思います。働くと同時に人との交流も生まれ、自分が社会の一員であると認識できます。
一方、特許事務所では(これも事務所に多少よるとは思いますが)、あまりチーム作業の仕事ではなく、所員一人ひとりが個人商店のような一面があります。1日全く誰とも会話しないことも可能です。社会からの疎外感を感じることもしばしばです。
仕事の内容が何よりも好きで、生きがいを感じていれば、耐えられるかもしれませんが、決して楽しい職場ではありません。または、ある程度干渉されないのが好きな人はいいかもしれません。また、職場の雰囲気は所員の努力次第でも変わります。あなたが交流を深める努力をしたり、そういう楽しい雰囲気の職場もあるかもしれません。
つまり、弁理士の仕事がおもしろいかどうかは、まずは弁理士の仕事自体がおもしろいかどうかで決まり、地味で地道な作業だけれど、考えるのが好きなひと、責任感のあるひと、文章を書くのが好きなひと、向上心、勉強意欲のあるひと等にとっては、あとはやりがいさえ感じされればおもしろく、得るものも多い仕事だと思います。
決して派手でエキサイティングな仕事ではなく、日々淡々と、しかし期日に追われ忙しい仕事です。

仕事のおもしろい、おもしろくない、は本人が何に興味を持っているかによります。
仕事には、仕事自体のほかに人間関係、給料等の別の要素もあり、何を一番に求めるかもよるでしょう。
人間関係では格段に企業のほうがいいように、思うので、そういったものを重視する場合にはつらいかもしれません。企業のカラーによって合う合わないはあるかもしれませんが、企業は基本的にチームで行動し、人との関わりは不可欠なものであると思います。働くと同時に人との交流も生まれ、自分が社会の一員であると認識できま...続きを読む

Q弁理士は理系卒でなきゃだめ?

弁理士になるにはやはり理系のベースが必要なのでしょうか? それと、ほとんどの方が大学院卒なのですか? どの程度資格がものをいい、経験が物を言うのでしょうか? 漠然としてますが、女性が開業しやすい分野、資格はどういったものが…?

Aベストアンサー

No.5です。えーと・・・ 何だか・・・ 再度補足します。

まず、私が書いているのは一貫して弁理士の話です。他職種の事を書いてませんし、それはここで求められてません。また、個人のみを顧客とする弁理士のことは全く想定していません。弁理士の仕事の99%以上は企業に対するサービスでしょう。

日本の弁理士が英語を使う状況について書きます。外国の企業が日本において権利を獲得したり、権利を行使したり、権利をめぐって戦ったりするとき、弁理士はその企業の代理をしたり、その企業をサポートしたりといった仕事をします。そのとき、その外国の企業或いはその企業から依頼を受けた外国の弁護士・弁理士等とのビジネス上のコミュニケーションは基本的に英語で行ないます。ドイツ語やフランス語が使えればさらに便利な場合や、逆に日本語を使える人が比較的多い国もありますが、基本的には英語がこの世界での共通言語です。また、日本の企業が外国で同様のことをする場合、弁理士は、その企業に代わって、外国の弁護士・弁理士に対して判断を求めたり指示を出したりします。このときも英語が最も多く使われます。

そして、弁理士の仕事というのは、言語という道具を用いて筋道立った論理を構成しながら技術論・法律論を駆使することによって、自分のクライアント側に有利な結果を得ようとするものです。実は弁理士の資格を持っていても、この部分の実務能力が(日本語のときでさえも)大丈夫かなと心配になる人も事実います。まして、英語でそれが充分に行なえることは、誰にでも出来るというものではありません。No.7で「ネイティブ並みに」と書いたのは、一般的な日本人の英語のレベルでは、不十分な場合が非常に多いからです。日本の企業や弁理士から外国の弁理士・弁護士に対して出される文書は、英語として不完全なものがかなり多い(すべてというわけではない)そうです。英語圏のある国の複数の弁護士からそのような率直な意見を聞きました。つまり、日本からその国に出てくる文書は、内容がどうこう以前の問題で、英語として誤っていたり意味が不明瞭な部分を含むものが多いそうです(すべてではない)。これは些細な問題ではなく致命的です。極端な場合、ある一語の解釈一つで権利が取れたり取れなかったり、権利の範囲が大きく違ったりする世界ですから。彼らも直す努力はしますが限界があります。当然だと思います。また、その国の特許庁の審査官経験者も似たことを言ってました。

また、「仕事上の付き合い」とは、ビジネス上必要なすべての付き合いです。日々、書類をやり取りするのは当然のこととして、ややこしい案件では直接会って議論したり、また営業などのために訪問したり、されたり、そういったことです。ときには接待もあります。英語でジョークを言わなくてもクライアントとの関係を深めることは全く可能ですが、まあ、できたら一つか二つくらいは言っておいても損はしません。ビジネスですから。

私は、文系弁理士は簡単ではないと書いてます(数人知っていますが、かなり努力して活躍されてます)が、「英語が使えればやっていけるでしょうか」という質問者さんの問いに対する私の回答は、中途半端でない語学力ならば不利を跳ね返す要素になり得る、ということです。

No.5です。えーと・・・ 何だか・・・ 再度補足します。

まず、私が書いているのは一貫して弁理士の話です。他職種の事を書いてませんし、それはここで求められてません。また、個人のみを顧客とする弁理士のことは全く想定していません。弁理士の仕事の99%以上は企業に対するサービスでしょう。

日本の弁理士が英語を使う状況について書きます。外国の企業が日本において権利を獲得したり、権利を行使したり、権利をめぐって戦ったりするとき、弁理士はその企業の代理をしたり、その企業をサポートしたり...続きを読む

Q理系の最難関資格ってなんでしょう?

私は一級建築士なんですが
できればさらなる難関試験に挑戦したいと考えています。だからといって司法試験や公認会計士なんて畑違いで現実的じゃありません。
できれば理系の資格を挑戦したいと思っています。
そこで理系最難関資格はなにがありますか?
やはり弁理士でしょうか?

Aベストアンサー

#3です。技術士制度について補足します。

技術士の受験資格は技術士1次試験を合格して、技術士補登録して技術士などの指導の元で4年以上の経験を積むという方法もありますが、周り(同じ会社など)に技術士がいない場合は、確か技術士会にお願いすると指導技術士を紹介してくれるような制度があったと思います(詳しくは技術士会にお問い合わせ下さい)。

また、技術士の指導を受けなくとも、1次試験合格者なら(技術士補登録していなくとも)、指導的な立場で実務経験(鋼構造及びコンクリートで受験するなら、それに関する実務経験に限定)が7年以上あれば、受験することができます(すなわち指導を受けた場合よりも長い実務経験が必要)

だから選択科目即した必要実務経験年数があれば、誰でも受験できます。

この実務経験は1次試験合格以前のものをカウントしてよいです。1級建築士を持っているということは、既に実務経験が2年以上あるはずですから、後5年分あればとりあえず受験することはできます。

また、指導的立場というのは、誰かの補助業務は含まれませんが、プロジェクトのリーダーでなくとも一部分を任されただけでも自分が中心となって行った業務についてはカウントすることができます。

ちなみに技術士試験も1次試験は誰でも受験することはできます。但し学歴がないと1次試験の試験科目がが増えてしまうだけです(学歴などにより免除される受験科目がある)。

技術士はよく博士号と比較されます。これは資格の認定システムが似通っているからです。
博士号は行った研究の成果である論文によって審査が行われます。同じように技術士は行ってきた科学技術に対する業績(実務経験)に対して審査が行われます。
だから受験資格として、2次試験に実務経験が必要というよりも、実務経験内容自体を評価する試験といえますので、受験資格は実務経験さえあれば得られますが、勉強すれば受かるというものではない点が特徴的です。

#3です。技術士制度について補足します。

技術士の受験資格は技術士1次試験を合格して、技術士補登録して技術士などの指導の元で4年以上の経験を積むという方法もありますが、周り(同じ会社など)に技術士がいない場合は、確か技術士会にお願いすると指導技術士を紹介してくれるような制度があったと思います(詳しくは技術士会にお問い合わせ下さい)。

また、技術士の指導を受けなくとも、1次試験合格者なら(技術士補登録していなくとも)、指導的な立場で実務経験(鋼構造及びコンクリートで受験...続きを読む

Q理系関係で高給料も目指せれるような仕事ってありますか?(研究所の管理職?など)

弁理士とかは知ってるのですが、たとえば、研究所の管理職とかってどのくらいもらってたりするのかはよく知りませんが、高そうなイメージがあります。そういう系統(独立して社長とか)でお願いします。
また、理系の仕事(研究所)とかで社長、管理職とかを目指すのって難しいものなんでしょうか?(理系の能力があって、ビジネス力・社交性などもかなりある場合とかならどうなんでしょうか?)

自分は血とか見るのが苦手なので医者には向いてないと思います。(というより無理だと思います)
IT系はあまり縁がないのですが、パソコンはけっこうできるほうです。

できるだけ理工系の仕事がいいのですが・・・

追加;理系の知識を生かしてコンサル業務をおこなってみようかとも
   思うのですが(コンサルは儲かるそうなので)

Aベストアンサー

 理系・文系の給料格差がよくいわれていますが、厳密にいえば「業界・企業間」格差です。製造にいる文系の人は基本的にそこの理系の人と変わりません(人事は別格)逆に理系で給料の良いといわれていた業界に入れば高給取りになります。(理系TOP大学の東工大の主席卒業者が当時高給で有名な外資系証券に就職したとかありました)
 ただ、日本の場合高給で有名なのは競争のない放送(これも最近やばい)お金そのものを司る金融とかになります。
 コンサルの仕事ですが、理系のコンサルはあまり高給でなくて、上場企業の方と比較してさほど収益はありません。(一日10万から20万程度)年の売り上げが1000万から2000万程度の方が大半のようですので、その能力(大企業のTOPクラスのエンジニア)と比較してさほど高給取りとは思えません。(給料だけで1000万以上あります)

Q積分で1/x^2 はどうなるのでしょうか?

Sは積分の前につけるものです
S dx =x
S x dx=1/2x^2
S 1/x dx=loglxl
まではわかったのですが
S 1/x^2 dx
は一体どうなるのでしょうか??

Aベストアンサー

まず、全部 積分定数Cが抜けています。また、積分の前につけるものは “インテグラル”と呼び、そう書いて変換すれば出ます ∫

積分の定義というか微分の定義というかに戻って欲しいんですが
∫f(x)dx=F(x)の時、
(d/dx)F(x)=f(x)です。

また、微分で
(d/dx)x^a=a*x^(a-1)になります …高校数学の数3で習うかと
よって、
∫x^(a-1)dx=(1/a)*x^a+C
→∫x^adx={1/(a+1)}*x^(a+1)+C
となります。

つまり、
∫1/x^2 dx=∫x^(-2)dx
={1/(-2+1)}*x^(-2+1)+C
=-x^(-1)+C
=-1/x+C

です。

Q東京の私立工学部、 芝浦工大 東京都市大 日大理工の中で最もお奨めは? 

早稲田、慶応、理科大にはちょっと及びません。
MARCHは確かに魅力がありますが、もともと文系大学のイメージが強くて・・・

で、理系でMARCHと同格もしくは少し下のレベル?で 例えば、芝浦工大 東京都市大 日大理工のうち、学ぶ環境や教授陣、将来の就職(出来れば東京)でもっともいいのはどこでしょうか?
あと、これらの大学は地方国立大工学部(旧ニ期校レベル)と比べて遜色ないものでしょうか?

Aベストアンサー

某大工学部出身者です。

ここであがっている私立3校の中では、芝浦工大をおすすめします。一般的には地味ですが、工学部出身者で知らない人はいませんし、社会での評価も高いです。
学科定員、教員に対する学生数等、「濃さ」がかなり違います。まずは学科定員を確認してみてください。あとは、自分が勉強したい内容を専門にしている教員がいるかどうかも重要です。
MARCHは大学名は有名ですが、それは一般人の間での話で、現場での評価はあまり高くないと思います。お気に入りの先生がいるなら別ですが。

私立理系と国立理系の違いは、教授が研究者であるか実務者であるか、という点が大きいです。国立の場合、その身分から兼業が難しく、博士→助手(助教)→助教授(准教授)→教授というコースを歩んできた「学者」が多く、研究内容や思考が現実と乖離してしまうケースが多くみられます。
一方、私立の場合、企業や官庁で実務経験を積み、40代や50代で助教授(准教授)や教授として大学教員になるケースや、自ら事務所等を主宰しているケースがみられ、「実学」を身につけることができます。

工学は実学の世界ですから、社会に出てから役に立つのは後者です。前者はまったく役にたたないケースもあります。

以上、ご参考まで。

某大工学部出身者です。

ここであがっている私立3校の中では、芝浦工大をおすすめします。一般的には地味ですが、工学部出身者で知らない人はいませんし、社会での評価も高いです。
学科定員、教員に対する学生数等、「濃さ」がかなり違います。まずは学科定員を確認してみてください。あとは、自分が勉強したい内容を専門にしている教員がいるかどうかも重要です。
MARCHは大学名は有名ですが、それは一般人の間での話で、現場での評価はあまり高くないと思います。お気に入りの先生がいるなら別ですが。

私立...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報