ID登録せずに、無料で質問できる♪ 教えて!gooアプリ>>

弁理士になるにはやはり理系のベースが必要なのでしょうか? それと、ほとんどの方が大学院卒なのですか? どの程度資格がものをいい、経験が物を言うのでしょうか? 漠然としてますが、女性が開業しやすい分野、資格はどういったものが…?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

No.5です。

えーと・・・ 何だか・・・ 再度補足します。

まず、私が書いているのは一貫して弁理士の話です。他職種の事を書いてませんし、それはここで求められてません。また、個人のみを顧客とする弁理士のことは全く想定していません。弁理士の仕事の99%以上は企業に対するサービスでしょう。

日本の弁理士が英語を使う状況について書きます。外国の企業が日本において権利を獲得したり、権利を行使したり、権利をめぐって戦ったりするとき、弁理士はその企業の代理をしたり、その企業をサポートしたりといった仕事をします。そのとき、その外国の企業或いはその企業から依頼を受けた外国の弁護士・弁理士等とのビジネス上のコミュニケーションは基本的に英語で行ないます。ドイツ語やフランス語が使えればさらに便利な場合や、逆に日本語を使える人が比較的多い国もありますが、基本的には英語がこの世界での共通言語です。また、日本の企業が外国で同様のことをする場合、弁理士は、その企業に代わって、外国の弁護士・弁理士に対して判断を求めたり指示を出したりします。このときも英語が最も多く使われます。

そして、弁理士の仕事というのは、言語という道具を用いて筋道立った論理を構成しながら技術論・法律論を駆使することによって、自分のクライアント側に有利な結果を得ようとするものです。実は弁理士の資格を持っていても、この部分の実務能力が(日本語のときでさえも)大丈夫かなと心配になる人も事実います。まして、英語でそれが充分に行なえることは、誰にでも出来るというものではありません。No.7で「ネイティブ並みに」と書いたのは、一般的な日本人の英語のレベルでは、不十分な場合が非常に多いからです。日本の企業や弁理士から外国の弁理士・弁護士に対して出される文書は、英語として不完全なものがかなり多い(すべてというわけではない)そうです。英語圏のある国の複数の弁護士からそのような率直な意見を聞きました。つまり、日本からその国に出てくる文書は、内容がどうこう以前の問題で、英語として誤っていたり意味が不明瞭な部分を含むものが多いそうです(すべてではない)。これは些細な問題ではなく致命的です。極端な場合、ある一語の解釈一つで権利が取れたり取れなかったり、権利の範囲が大きく違ったりする世界ですから。彼らも直す努力はしますが限界があります。当然だと思います。また、その国の特許庁の審査官経験者も似たことを言ってました。

また、「仕事上の付き合い」とは、ビジネス上必要なすべての付き合いです。日々、書類をやり取りするのは当然のこととして、ややこしい案件では直接会って議論したり、また営業などのために訪問したり、されたり、そういったことです。ときには接待もあります。英語でジョークを言わなくてもクライアントとの関係を深めることは全く可能ですが、まあ、できたら一つか二つくらいは言っておいても損はしません。ビジネスですから。

私は、文系弁理士は簡単ではないと書いてます(数人知っていますが、かなり努力して活躍されてます)が、「英語が使えればやっていけるでしょうか」という質問者さんの問いに対する私の回答は、中途半端でない語学力ならば不利を跳ね返す要素になり得る、ということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

諸事情からこの質問をしたのち、しばらくコンピューターを使えませんでした。 たくさんの皆様からのアドバイス、本当にありがとうございました。 勝手ながらこちらの場所をお借りして皆様にお礼申し上げたいと思います。これからもよろしくお願いします。

お礼日時:2005/01/27 22:07

他の職種の常識を当てはめて、の答え?



>仕事上の付き合いに英語が~
ですか。それは、弁護士、弁理士ともに”個人のみ”を顧客とする場合ですかね。それしかないですね。

英語を母国語とする個人のみを扱う弁理士ですか?ゼロではないかもしれないが、非常に考えにくい(笑)
日本在住の日本人弁理士が? 

>仕事上の付き合い~という言葉がまずない。
仕事は仕事、付き合いは仕事ではない、それが弁理士の仕事です。弁護士等が接待受けたら大事件ですよー。それは解られますよね。

”商社マン”や”金融マン”と大きく違いますね。こちらの仕事でしたら、英語力武器ですよね。仕事上の付き合い、てんこ盛り。

企業を顧客とする場合は、母国語並みの英語力であってもほぼ、役にたたない。ジョークが言えるという意味でしょうか。そんな仕事ではない。企業内で働く場合も同様。

>英語は不可欠です
日本語が話せる、英語がわかる(大卒程度)という意味では、何の仕事でも不可欠です(笑)グローバルな展開をしている場合。武器に~は意味が違います。

ちなみに最近開業した知人の弁理士、奥さん英語圏の人です。一人分人件費が浮いたか(笑)
そういう従業員は欲しいようなので、できても邪魔にはならないですね。その程度かな。
    • good
    • 0

No.5です。



「英語力」について補足しますと、海外の企業、あるいは海外の弁護士・弁理士と仕事上の付き合いをするためには、英語は不可欠です。ネイティブ並みに読み・書きができればさらに強いですが、そのレベルに達している日本人弁理士は、探してもそんなに多くはいないようです。
    • good
    • 0

企業の特許関連部門での勤務経験があり、当時の同僚のうち2名が弁理士として独立開業しました。



最近も彼らと話す機会があり、”質問者さんの理系率でないと?”を見て投稿したわけです。

特許申請などやってみたら解りますが、実務はとても理系向きとはいえません。あえて言うなら”文系に強い理系”向き(笑)。純粋理系にはもろに苦痛です。
弁護士さんが特許事務所を兼業されるのがよくわかります。
言葉を駆使してがんじがらめにするのは、弁護士さんの得意技か・・・。

理系ベースはあったほうがよいでしょうが、”文系の方でも高いコミ能力あれば可能”は、弁護士さんの参入が証明しています。

弁理士開業2名中一人は文系、二人とも四大のみです。
しかし、企業とのパイプをもっていたため、開業は早かったです。

”顧客の開拓力”。男女の差、文理の差ではなく、ここが最も物をいうと思います。該当分野の企業勤務経験は男性が多いので今の現状があるのか、です。

法律の知識は役に立ちますが、#5の方の回答の

>英語力を武器には、意味不明です。自分たちは業務上の英語の読み書き程度には不自由しませんが、武器になどなりません。まったく無関係。採用の時点でも考慮なしです。英語苦手の人もいますが、不自由してないです。もちろん国際特許も扱いますよ。

外資系企業内の~という意味でしょうか。国際特許事務所の”従業員”になりたいのなら武器になりえますが。

今までは、女性で志す人が少なかったのではないでしょうか。
    • good
    • 0

>英語がつかえれば、意匠、商標専門の弁理士としてやっていけるでしょうか?



意匠・商標は特許と比べて仕事量が少ないと思われますので、それだけでやっていけるという保証はないと思います。文系出身で弁理士の資格を取った方は、その多くの方が、まず、意匠・商標分野を狙うとも聞いたことがありますので。英語が使えることは、プラスにはなると思いますが、それで「やっていける」かどうかまでは、保証の限りではないと思います。企業が求めているのは、弁理士という資格を持った人ではなく、弁理士であり且つ企業が必要とするサービスを提供してくれる人です。文系で弁理士は、簡単な道ではないと思います。弁理士試験合格後に、大学の工学部に入りなおす人も少なくないようです。また、もし、英語力を武器に意匠・商標の仕事を狙われるのでしたら、企業の法務部門でその関係の仕事を行ないながら、法律とビジネスの知識を深め、それと同時に弁理士試験の勉強をされるのもひとつの方法ではないでしょうか。
    • good
    • 1

特許を扱うならば、理系の大学で何らかの専門分野の勉強・研究をしたことがないと、実務を行えないのではないかと思われます。

大学院は、行っていれば別に損はしませんが、絶対必要というわけではないと思います。

文系卒の弁理士の方は、意匠・商標のみを専門的に扱われる場合があります。但し、仕事量としては、意匠・商標は、特許ほどには多くないと思われます。

弁理士の場合も、資格は、単に入口に立つためものに過ぎません。弁理士としては、資格は当然必要ですが、資格以上に、実務経験、実務能力、クライアントとのコミュニケーション能力など、能力が求められる仕事だと思います。外国関係の仕事をこなせる能力があれば、よりいっそう強いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

英語がつかえれば、意匠、商標専門の弁理士としてやっていけるでしょうか? それともやはり理系分野の理解は必要になるのでしょうか? もしよろしければまたご回答下さい。 ありがとうございました。

お礼日時:2004/10/27 00:43

>理系のベースが必要なのでしょうか?


については、前の方の意見でよいのでは。

>どの程度資格がものをいい、経験が物を言うのでしょうか?
については、やはり自営業ということでしょうか。
弁護士、税理士と同様と捉えてます。
開業に関しては資質、営業力、経験、人脈は大きく影響します。

資格だけでは・・・。ただニーズがあるため、税理士より参入は難しくない?。かも

将来性のない分野ではないことは確かです。
>女性が開業しやすい
については、現状では確かに女性は少ないですが、男女差よりも、経験、人脈差の方が重要だと思いますが。

弁理士で、”女性で開業している”知り合いないため、このアドバイスになりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何となく希望の持てるアドバイスありがとうございました。

お礼日時:2004/10/27 00:39

トライ中の人ですが・・


特許庁の統計をみると、
理系がやはり80%ですね。
逆に20%は理系ではないとも。

博士、修士での免除は2500人ぐらい。
一万人近い受験者からすると4分の1です。

「弁理士法」に守られた分は資格がものを言うところでしょう。
<願望(--;
実務が皆無なので経験についてははしりません(^^;

弁理士の仕事はご存知の通り、特許関連だけではありません。意匠、商標、著作権など、理系でない方でも引けを取らない分野は広いのではないでしょうか。

参考URL:http://www.jpo.go.jp/torikumi/benrishi/benrishi2 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり理系出身の方が多いのですね。データのほうありがとうございました。

お礼日時:2004/10/27 00:38

弁理士には法的な知識と、専門技術に関しての知識が必要と思われます。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2004/10/27 00:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今年の弁理士短答試験について

今週末の弁理士短答試験の結果発表はいつなのでしょうか?
調べたけど、10日後くらいの発表ということしかわかりませんでした。
お願いします。

Aベストアンサー

6/7合格発表です。
ちなみに、去年と同じなら、23日くらいに特許庁HPに問題と解答が掲載されますよ。

参考URL:http://www.deux.jpo.go.jp/cgi/search.cgi?query=%95%D9%97%9D%8Em%8E%8E%8C%B1&lang=jp&root=short

Q資格取得と独立開業について御尋ねします。会社員とし勤務しながら資格取得

資格取得と独立開業について御尋ねします。会社員とし勤務しながら資格取得・いずれは開業を
目指してます
 税理士・会計士、得意分野や業務内容が違うので比較はできないと思うのですが、年齢的なこともあり、
背水の陣で取り組まねばならない。それでも合格にはおぼつかないかもしれない。でも今の私にはやるしかないんです。
そういった背景にて両方の資格の実際の仕事の側面や受験内容、その後の認定に至るまでの過程・求人・求職のバランスなどを専門学校の方に御尋ねしました。

 会社員として10年以上勤務している(会計関係ではありません)ので、年齢的なことを考えても
税理士・会計士ともに難関ですが取り組んでいきやすいのではないかとのことでした。

 また会計士は若い方を中心に監査法人に就職をして、規定の訓練を受け初めて公認会計士になれる
といったように伺いました。また合格しても勤務する場所がなかなか見つからない方が多いということでした。
 対して税理士資格は科目合格制なのが一番のメリットです。ニーズも十分にあるし、お勧めしたいとの
お答えをいただきました。ただ規定の訓練については国税庁のHPにあると伺ったのですが、記載の内容が
漠然としていてよくわからず、このまま受けるのに不安を感じているのも事実です。ご存知の方
おられますか

 大変長文になってしまい、まとまりのない文章ですみません。
 つまるところ、自分がどうようにして社会に貢献しながら生活の糧を得るために仕事をしたいか?
そこにあるかと思うので答えは自分にあると思いつつも情報はきちんと広い分野から得たほうが
いいかと存じ、質問させていただきました。

実際に勉強されている方、お仕事をされている方からのご意見を頂けたら大変ありがたいです。

 ・税理士・公認会計士の社会でのニーズ(年齢も含めた採用状況、転職につながる資格かどうか)
 ・試験のそれぞれの特徴、また試験に合格してからの規定の訓練はどこでどのように受けるのか
また現状受け皿はそれぞれあるのか?
 ・私が勉強できるのは残念ながら多くても3年です。そこで何か得るものがあれば、その後系統が近い
とされる資格取得にも家族の賛同が得られるでしょう。その中で何も得るものがないのは妻に迷惑を
今で強いているのでも一番情けないことになります。
そのうえでご回答者の方ならどういった選択肢が考えられるか、アドバイスをいただきたく、また知らぬ
ことが多いゆえに「そんなことも知らないのか」という無知な部分はご寛容をいただき、詳細にわたり、
ご指導いただけると幸いです。
 ・最後にここが仕事に実際ついてみてやりがいを感じる部分です。面白いです。といった忌憚のない
ご意見まで賜れれば大変うれしいです。

よろしくお願いします。

資格取得と独立開業について御尋ねします。会社員とし勤務しながら資格取得・いずれは開業を
目指してます
 税理士・会計士、得意分野や業務内容が違うので比較はできないと思うのですが、年齢的なこともあり、
背水の陣で取り組まねばならない。それでも合格にはおぼつかないかもしれない。でも今の私にはやるしかないんです。
そういった背景にて両方の資格の実際の仕事の側面や受験内容、その後の認定に至るまでの過程・求人・求職のバランスなどを専門学校の方に御尋ねしました。

 会社員として10年以上勤...続きを読む

Aベストアンサー

公認会計士は実務経験が必要ですが、年齢的にその実務経験を得るための就職が出来るかどうかが問題となるかもしれませんね。

税理士も実務経験が必要ですが、一般企業の経理などの経験も認められますから、会計士よりハードルが低いでしょう。

公認会計士も重要な仕事を扱いますが、監査業務のほとんどは監査法人が行うものです。従って、会計士が独立開業をする場合のほとんどが、税理士業務を主業務として扱うことでしょうね。

会計士が税理士業務を行うためには、税理士登録が必要です。従って、会計士を名乗りつつ税理士業務を行うためには、両方の登録と会費などは必要となるでしょう。

会計士の税理士業務での独立の場合には、社会保険労務士業務や司法書士業務の一部が可能であることが、顧問先から見ればメリットです。しかし、資格が許しても、資格者がその知識を持っているかは別ですからね。

私は、高卒後に専門学校へ入学し、税理士を目指しました。専門学校4年間、税理士事務所勤務5年で税理士試験の合格の見込が薄かったことからあきらめました。現在はIT企業経営をしながら、コンサルタントを行っています。

短期間でお考えであれば、行政書士や社会保険労務士などが良いのではないでしょうか?資格取得後経験を積みながら、受験勉強をすることも可能でしょう。そうすれば受験期間を長くすることも可能ですし、当初の目的資格ではなくとも独立開業は可能でしょう。目標が高いのは良いですが、結果取得が出来なかった場合を考えると、保険的要素を含めて他の資格を検討されるのも良いでしょう。

公認会計士は実務経験が必要ですが、年齢的にその実務経験を得るための就職が出来るかどうかが問題となるかもしれませんね。

税理士も実務経験が必要ですが、一般企業の経理などの経験も認められますから、会計士よりハードルが低いでしょう。

公認会計士も重要な仕事を扱いますが、監査業務のほとんどは監査法人が行うものです。従って、会計士が独立開業をする場合のほとんどが、税理士業務を主業務として扱うことでしょうね。

会計士が税理士業務を行うためには、税理士登録が必要です。従って、会計...続きを読む

Q弁理士 短答試験対策の独学について

http://benrishikoza.web.fc2.com/ttokkyo/tokkyo001-005.html

↑のサイトに書かれてることを覚えていったらいいのですよねぇ?
ただ、自分は法律などについての知識はまったくないのですが、いきなり条文暗記からはじめても大丈夫なのでしょうか?

また条文などは最終的には一語一句全部覚えなくてはいけないのでしょうか。

http://benrishikoza.web.fc2.com/tantou.html
↑の条文は少なくとも全部必要な条文ですよねぇ?

短答試験だけは独学で行きたいと思ってます
論文対策は予備校に通います。

Aベストアンサー

条文を覚える必要はありません。すべて法律が基本です。参考書を実ながら法律で確認していきます。

Q漠然とですが資格を取りたい

もし、みなさんが大学に入学して、半年から一年資格の勉強をする時間があるなら、どんな資格を取得しようと考えますか?
就職に有利な資格でしょうか?それとも自分の趣味の延長の資格でしょうか?私はこの春大学に入学し、漠然と資格を取りたいと考えました。
 正直大学は推薦で入った為勉強などはしていません、不合格になる方が難しいほど、お世辞にも頭のよい大学ではありません、資格試験に合格して何か自信になれるものが欲しいという気持ちがある為です。
 といいながらもバンド活動をしており夢は音楽で食べていくことです
でも、何か保険を掛けておきたい、大学に行き、そう感じました。
 ちなみに法学部です、自分に合う資格は自分で考えろと言われたら
最もですが、今は様々な資格があります、みなさんならどのような資格を取るのか参考にさせてもらいたいと思っています。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

研究者だろうが製造業者であろうがアルバイトであろうが、万人に薦めるのは、簿記です。会社のお金を見る能力は、社会に出て経済を垣間見るのに、何かと役に立つ視線になります。

Q弁理士の勉強について

今理系大学の三年で、大学院進学を考えています。
学校が忙しいのでLECの答弁合格パック(入門講座、短答基礎力完成講座、短答実戦答練)をとり、法律の基礎的な知識や体系を覚えたいと思っています。

大学院卒業(三年後)したら、弁理士試験を受けたいと考えているのですが、この知識を覚えるだけで短答を合格できると思います?
また論文は独学だけで大丈夫だと思いますか

そしてこの三年間で法律はどの程度変わると思いますか?

Aベストアンサー

可能だと思います。
事実、私もLの入門講座で短答は合格しました。

論文も独学で可能です。ただし、答練だけは受ける必要があります。
基本書も辞書のようにして使用すると良いですよ。

改正については、なんともいえません。
H18改正時に議題に挙がるも改正から漏れた項目などがあるので…
ただ3年以内にはあると思ってよいと思います。

文章からすると講座を受講して3年後に試験を受けるとお考えのようですが、そうであれば講座を受講するのは3年後でよいと思います。
人間は忘れる生き物ですから

まだまだ若いのでぜひがんばってください。

Q弁理士試験の選択科目免除を狙うべきか、一発で弁理士を目指すか

行政書士の資格を取った後、選択科目免除で弁理士試験に挑むのと、最初から弁理士試験を受けるのとはどちらが良いですか?最終目的は弁理士資格なのですが、何しろ学ぶ量が多いため、少しでも1年間で学ぶ量を減らすため、選択科目免除を考えているのですが…もちろん学ぶ量は同じですが、自分は試験を受けるとすぐに勉強したことを忘れてしまう人なので、まず行政書士頑張って、免除になった分それ以外の科目に集中して1年間弁理士試験勉強に挑んだら少しは楽かな?と回りくどいかもしれませんがおおちゃくをしようとしています…アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

行政書士の取得を考えているようですので、文系の方と推測しますが、
行政書士を取れる位なら、選択科目を勉強したほうが良いと思います。
試験制度が変わって、選択科目に一度合格すれば以降は免除されますので、
それほど難しくないと思いますよ。
ちなみに、私は選択科目を受けりましたが、2ヶ月の勉強でも一発で合格できました。

また、行政書士は取得したのみでは足りず、登録に二十万ほど必要です。
金銭的にも負担が大きいと思います。

Q司法書士と弁理士どちらの資格をとったほうが将来有利でしょうか。

司法書士と弁理士どちらの資格をとったほうが将来有利でしょうか。
知人に相談されたのですが、よくわからないので教えて下さい。

34歳女性、法学部卒、国1あり。行政職を退職した後、司法試験に3回落ち(短答までは合格)会計事務所に数年働いていましたが退職し今は派遣で働いています。

これから司法書士と弁理士のどちらの資格をとろうかと迷っています。

将来どちらのほうが仕事が多く、長く続けられるか現在の社会情勢や就職情況などをアドバイス頂ければ幸いです。
本人は、なんとなく弁理士の勉強のほうに興味があるようですが。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

資格とった後が問題ですねー。

弁理士は特許と商標の業務を行いますが、商標を主たる業務にしている弁理士は少数です。

特許の業務を行うにはクライアントが出してきた漠然としたアイデアを理解して、それに近い特許を避けて文章を書かなくてはいけません。ということは、アイディアを出した人と同程度にはその分野についての知識を持っている必要があります。

弁理士は設計などの実務経験を持っている人が取得することが多いですし、一般的には「理系」の資格だと認識されています。

見たところ理系の学歴・実務経験ないようですが、特許書けますかね。

Q36才、文系卒。独立または転職に有利な資格は何でしょうか?

バリバリの文系人間で(しかしコンピュータ関係の業務には従事しています)
理系や数字はあまり得意ではないのですが、最近、独立や転職を考えるように
なり、その際有利な資格は何だろうと検討中です。
どうぞよいご意見をご教授いただきたくお願いいたします。

Aベストアンサー

資格社会は終わりです。英検などの資格?も、もうすぐ廃止されるそうですし。
個人が問われると言うのは、他人あっての個人でなく、個人における個人です。
ですから、他の事を考えていては、相手にされません。
もう実力社会です。先のことを考えるなら、四角に囚われていてはダメです。
どれだけ自分の実力を出すかにつきます。持っているものを出せなくては、道具をたくさん持っても同じです。それに、山(サバイバル社会)に行くのに、荷物が多いとへばります。そういうときに頼りになるのは、自分自身という能力です。荷物が少ないほうが身軽ですし、五感も鋭くなり、外部環境をよく把握できます。そして六感(意識)もよく働きます。何故なら、頼る者が少ないからです。その時、自分と言う能力が使われます。使わないと仕方がないんですね(笑
それは、自分の能力の出る環境を探すと言う意味ではないです。自分という能力を自分で出すのです。そうしないと、環境を探すのにも能力がいるので、環境めぐり(職めぐり、転職のこと)ばかりしていても、自分の能力は出てきません。(ooieiさんがそうだというのではなく、。)
生きていく場所、働く場所と言うのは、あなたが、あなたという能力をもって、目の前に現れます。魚は水に住み、ウサギは野に住みます。多くの現代人は、自分を知りません。ですから、ドコに住むべきかも分りません。魚は砂漠を望みません。何故なら、砂漠を知らないからです。多くの人間は、知った気になっているだけです。自分が魚なのに、望まない砂漠にいけることが出来るでしょうか?探検をすればそれで探検家です。牛を飼えばそれで酪農家です。自分を知りましょう。そうして生きる人間は、ドコでも望む所に暮らせます。自分を知らなければその望みもまたわかりません。

そのような者は、すでに独立しており、そのような者は、他から必要とされます。
必要とされなくても、自分で生きていきます。そのような者が、社会を外からも内からも形成します。何故なら、その者は、社会に頼るのでなく、社会を支えるほうだからです。持ちつ持たれつとはそういうことで、お互いが「浮き足」で、よりあう事ではありません。現代の多くの社会人は、まさに社会人で、社会を支えているわけではありません。社会に埋もれ、溺れているといえます。そういう意味で、社会人です。浮雲に風情はありますが、浮き足立った人間に魅力はありません。魅力が隠されているからです。魅力は、その人がその人であることです。

きつめの意見でしょうか?そんなことはないです。

あなたの自立心、独立心が、ほんとうにあなたを助けるよう
 

資格社会は終わりです。英検などの資格?も、もうすぐ廃止されるそうですし。
個人が問われると言うのは、他人あっての個人でなく、個人における個人です。
ですから、他の事を考えていては、相手にされません。
もう実力社会です。先のことを考えるなら、四角に囚われていてはダメです。
どれだけ自分の実力を出すかにつきます。持っているものを出せなくては、道具をたくさん持っても同じです。それに、山(サバイバル社会)に行くのに、荷物が多いとへばります。そういうときに頼りになるのは、自分自身と...続きを読む

Q弁理士になるために

今、アメリカで電子工学を専攻している大学2年です
弁理士とって実務経験が重要だということですが、卒業後はこっちで働きたいと思っています。その場合おそらくエンジニア関係の就職となり、ビザの関係で早ければ3年、最長でも6年です。
まだ、卒業後の就職もあくまで希望なので、弁理士になりたいというのはその後日本に帰ってからの話ですが、難しい試験だけに出来るだけ早く準備したいという気持ちがあります。

そこで質問です。
1つ目は弁理士試験の勉強についてです。
アメリカにいるため弁理士の予備校等には行けないし、特許関係で働いている知り合いもいません。
本を買うことは可能なので、短答問題は独学でも何とかなるかもしれませんが、2007年の論述問題の合格率を見たところ4.5%でした。
まだ何も始めていないのですが、正直、不安があります
実際、1人での勉強だと合格は難しいですか?


2つ目は海外での開発、営業でも弁理士の実務経験として有効なのか、ということです。まだどんなところで働きたいかというのが漠然としているのですが・・

よろしくお願いします。

今、アメリカで電子工学を専攻している大学2年です
弁理士とって実務経験が重要だということですが、卒業後はこっちで働きたいと思っています。その場合おそらくエンジニア関係の就職となり、ビザの関係で早ければ3年、最長でも6年です。
まだ、卒業後の就職もあくまで希望なので、弁理士になりたいというのはその後日本に帰ってからの話ですが、難しい試験だけに出来るだけ早く準備したいという気持ちがあります。

そこで質問です。
1つ目は弁理士試験の勉強についてです。
アメリカにいるため弁理士の...続きを読む

Aベストアンサー

まず、独学は可能ですが、長い時間がかかります。
ですが、受験機関を受講する前に、特許法等の基礎を学習するのは良いと思いますので、インターネット等で学習してはどうでしょうか。
また、せっかくアメリカにいるのですから、弁理士の勉強を始める前に、パテントエージェントの資格を取ってしまうのが良いと思います。
パテントエージェントの資格を持っていれば、弁理士の資格が無くとも就職がかなり楽になると思います。

なお、この場合であれば、日本帰国後に弁理士の資格を取得するのであっても、経験としては十分でしょう。

参考URL:http://www.lec-jp.com/benrishi/understand/index.shtml,http://benrishikoza.web.fc2.com/

Q理系、高3です。今どんな資格をとればいいか考えてます

自分は高三で、理系クラスに所属しています。つい先日大学の指定校が決まり、今は特にすることがありません。なので将来に活かせる資格でも取ろうかと思っています。しかし、具体的な職業などを決めているわけでないので、受ける資格検定を絞り込めずたくさんありすぎてなにを取ろうか悩んでいます。これはとっておいたほうがいいという資格がありましたら教えてください。ちなみに学部は理工学部でナノテクとバイテクの融合した分野を専攻していきます。

Aベストアンサー

>つまり、簿記とかですよね。分りました。挑戦してみたいと思います。

 えっと、もちろん簿記を勉強することも、将来独立するとか、会社の経営にかかわるつもりであれば必要なことですが、研究者、技術者として考えるとすぐに活かせるものではないです。私が書いた秘書技能とかビジネスマナーの資格とは、上司や取引先とのやり取りで、不要な失敗や無礼な対応がないようにという勉強です。(秘書と名前が付いていると変な印象を持つかもしれませんが、上司について出張したときタクシーのどの席に座るのか、上司不在時に緊急の問い合わせが入った場合の対応はといった、仕事をしている人なら常識的な勉強です。)


人気Q&Aランキング