祝Queenの日!フレディ・マーキュリーの年代別ファッション&ヒットソングまとめ

2003年センター追試の漢文で”此れ吾が粟に非ずや”という部分の解釈が”その粟は私の粟と言えるのではないか”とあったのですがなぜこのような解釈になるのでしょうか????その粟は私の粟ではないのではないか、ではダメでしょうか????

A 回答 (2件)

「此れ吾が粟に非ずや」は、


「此れ吾が粟に非ず」の疑問形となります。。

従いまして、
「その栗は私の栗ではない か?」
となります。
「私」は、その栗が自分のものかを知っている前提で
話しているはずなので、
「その栗は私の栗だと思うのですが」
 ↓
「その粟は私の粟と言えるのではないか」
のような意味合いになると思います。

inhisownhandさんの書かれている、
「その粟は私の粟ではないのではないか」
は現代用語として解釈すると、
「その栗は私の栗ではないと思う」
と言う(正解とは全く逆の)意味になってしまいます。

この様な説明で参考になれば幸いです。

似た質問があったので参考リンクも見て下さい。

参考URL:http://www.casphy.com/bbs/test/read.cgi/chinesew …
    • good
    • 0

「あらずや」は否定+疑問であり、事実上の二重否定で肯定を意味します。

つまり「俺の粟だ」と云おうとしているわけです。

「ないのではないか」は否定+否定+疑問です。回りくどくも三重否定、よって否定になります。「俺の粟ではない」と云いたいときに、使えないこともありません。

「非ず」というのが見た目上、二重否定に見えるがゆえの誤解と推定します。「あらず」なら単なる否定であることが明瞭のはずです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q"~せりの意味は?"成功せり、死せり

 我、奇襲に成功せり
など、いろいろなところで見かけるんですが、正しい意味がつかめないのです。これは奇襲に成功したということではないのでしょうか?(真珠湾攻撃のこの打電は攻撃が成功すると確信した時点で打ち出されたものであるらしいが、"せり"を推測の意味でつかっているのでしょうか。)

 我、死せり
だと、これから死に至る…という"推測"している感じがします。

この"せり"とは意味が異なるのかもしれませんが、勝てり、来たり、など"り"で終わる言葉がありますが、国語的な正しい解釈はどうなっているんでしょうか?

 今川義元を討ち取ったり~
だったら、うちとった後だし

 我、勝機を見たり。我、勝てり。
だったら、これからの推測ですよね。

ちょっとでも意味がわかる人いましたら、よろしくお願いします。戦いの時の言葉によくつかわれる気もしますし…。なんなんでしょうか。
 これまで何となく使っていた言葉でしたが意味をわかっていませんでした…アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

完了の助動詞「り」なのでは?

Q楽しからずや

古語で「楽しからずや」というのは
訳にするとどうなりますでしょうか。
「楽しくないだろうか、いや、楽しくないはずがない」で
ニュアンスとしては正しいでしょうか。

Aベストアンサー

論語などで使われているのですが、
「楽しくないことがあろうか」という意味になります。
つまり、楽しくないことがあろうか→とても楽しい
打消しで問いかけて、強い肯定を表します。
今の言葉で言うと「楽しくないわけないじゃん」といった感じです。

Q豈非~乎の読み方

(1)漢文で「豈非大愚乎」という文のひらがなだけの書き下しが問われ
私は「あにたいぐにあらざらんや」と書きましたが
解答には「あにたいぐにあらずや」と書いてありました

句形の本を読むと、詠嘆の場合、あに~未然形+(ん)や で答えろと書いてあり、
「あらずや」で正解なのに異論はないのですが「ざらんや」ではいけない理由がわかりません


(2)また、同じ問題で「毋汚我剣也」を私は「よごす」解答は「けがす」でした
これは「よごす」ではいけないのでしょうか

ちなみにもし持っている方がいたときのために書くと「漢文道場」第二部練成編11の問題です


どなたか教えてください
お願いします

Aベストアンサー

よく漢文の勉強をしておられますね。
たいしたものだと思います。

ただ、見直しをする時の発想として、
「なぜこの答えではいけないのか」よりも、
「なぜ模範解答のほうがいいのか」と発想する方が、
自分で伸びていく力が増していくと思いますよ。

(1)について、
>句形の本を読むと、詠嘆の場合、あに~未然形+(ん)や で答えろと書いてあり、
とあるのは、「あに~未然形+ずや」の誤記ではないかと思います。
「不亦~乎」と同様、「なんと~ではないか」という詠嘆の場合の文末は「ずや」です。

「ざらんや」ではいけないか、という質問ですが、
もちろん「豈非~乎」を「ざらんや」で読む場合はあります。
その場合は反語で、「どうして~でないだろうか、いや~でないことはない(=~である)」という意味です。
「~」が「大愚」なら詠嘆と理解するほうがいいのは当然ですし、
>「あらずや」で正解なのに異論はないのですが
と質問者もおっしゃっているとおりです。
反語と詠嘆のどちらで解釈する「ほうがいいのか」と発想すれば、
次の機会に伸びる力が出てきます。

(2)のほうは、上記の点がよりはっきりする例です。
質問者は「よごす」と「けがす」ではどういう意味合いの違いがあると思われますか?
慣れている人間にとっては、明らかに違いがあります。
もし質問者がその違いを感じ取れないとすれば、単なる力不足なのです。
「汚」は「よごす」とも「けがす」とも読めるのだから「どっちでもいいはずじゃないか」というのは低レベルです。
「よごす」は単に「血がついてきたない」という意味にしかなりませんが、
「けがす」なら「罪を犯す」という意味合いがはっきりします。

まとめて言えば、
「自分の誤答(ベターでない解答)の救出に気を取られず、
 模範解答(ベターな解答)に自分を近づけよう。」
ということです。

せっかくよく勉強しておられるのですから、
「ではいけない理由がわからない」「ではいけないのでしょうか」
という発想に足をひっぱられるのが残念です。

この回答に対しても「自分が非難された」ととらえるのでなく、
「向上するための厳しいアドバイスをもらった」と思ってもらえれば幸いです。

よく漢文の勉強をしておられますね。
たいしたものだと思います。

ただ、見直しをする時の発想として、
「なぜこの答えではいけないのか」よりも、
「なぜ模範解答のほうがいいのか」と発想する方が、
自分で伸びていく力が増していくと思いますよ。

(1)について、
>句形の本を読むと、詠嘆の場合、あに~未然形+(ん)や で答えろと書いてあり、
とあるのは、「あに~未然形+ずや」の誤記ではないかと思います。
「不亦~乎」と同様、「なんと~ではないか」という詠嘆の場合の文末は「ずや」で...続きを読む

Q以て

漢文の「以て」の訳しわけができません。
なんか見分けるポイントはありますか?

Aベストアンサー

質問が漠然としているので答えにくい感じがします。

「以」を制覇すると、ずいぶん漢文の力がついてきます。
思いつく構文パターンを書いてみます。がんばってください。

基本形 「以AB。」「Aを以てBす。」
 「以」は、[理由・~ので][手段方法・~を用いて/~で][対象・~を]などの意味です。
省略形 「A。以B。」「Aす/である。以てBす。」
 「以」は、[指示語・それで/そういうわけで][接続語・そして]などの意味。
倒置形 「B以A。」「BするにAを以てす。」
 「以」は、動詞として読まれています。「BするのにAを用いる。」などと訳します。

基本形の発展1 「以A為B。」「Aを以てBと為す。」
  「AをBとする/思う/見なす。」という意味。よく出てくる形ですね。
発展1の省略形 「A。以為B。」「Aす/である。以てBと為す。」
  「Aする/である。それで/そういうわけでBと思う。」という意味。
省略形の別の訓読 「A。以為B。」「Aす/である。以為(おも)へらくBと。」
  「Aする/である。(それを)Bと思う。」という意味。

Qずや??

古文での質問です。
「いとうれしき事ならずや。」
という文の訳が、
「たいそううれしいことではないか。」
となっているのですが、この場合の「や」は終助詞の「や」ですよね?そして、その上の「ず」は打ち消しですよね??(もしかして、打ち消しでない???)
打ち消しであれば、なぜ「大してうれしいことではないことよ。」などの訳にならないのでしょうか?

Aベストアンサー

こういう場合の「や」は終助詞なのか係助詞なのか議論が分かれており、したがってまともな大学入試問題には出ません。「係助詞出身の終助詞」と言ったところでしょか。論理的には「大してうれしいことではないことよ。」という訳も成り立ちますが、「すっごくうれしくなかった?」の意味が「私はたいそううれしかった。あなたもそうだろう。」であって「あなたは全然うれしくはなかったでしょう?」という意味にならないのと同じで、「そういうもんだ」と割り切って古文に慣れてください。国文学科出身。


人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較