いまさらって感じですが、
今年のオーストリアGPのファイナルラップでトップだったバリチェロがシューに1位を譲った事件。
どう思いましたか?
レース後、バリチェロは「契約更新してスッキリしてる、チームオーダーに従った事。不満はない云々」とか言ってましたが本心じゃないと思います。

そこまでして勝ちたいのか?フェラーリ&シュー!!

ちなみにこういうのはFAIは何も言えないのでしょうか?
これってスポーツマンシップに則ってるって言えるのでしょうかね・・・。

A 回答 (6件)

出ましたねぇ・・・評決!100万ドルの罰金!



でも、その理由が笑っちゃいませんか?
スポーツマンシップが云々じゃないんですもん。
バリチェロがシューちゃんに優勝を譲ったからのお咎めではなく
ポディウムで、優勝(一応んねッ)したシューちゃんが
2位のバリチェロを真ん中に立たせたということに対すること?
(ドイツ国歌演奏中のことやトロフィーを手渡したこととか・・・セコイ内容)
で、ポイント剥奪もないし、これって・・・なんでやねん?って感じです。

じゃぁ、チームオーダーで1stドライバーに優勝譲ることはアリってこと?

・・・・・って3度もここに来てしまった!m(。-_-。)m ゴメンナサーイ

参考URL:http://www.fia.com/homepage/selection-a.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もご意見ありがとうございます(^^
そうですか、ただの罰金のみになったんですね。
じゃ今度からもバリはいくら前走ってても譲らないと駄目なんでしょうね(笑)
これで今年もフェラーリ、シューのWCは決まったも同じでしょうね。
何か最近つまんなく感じるF1GP・・・。

お礼日時:2002/06/28 04:01

再び登場です。


さすがに、ヨーロッパGPではチームオーダー無かったみたいですね。
2回目にタイヤ交換の後、バリチェロのペースが上がらず
w(゜〇゜)w、またお譲りかぁ?って思いましたが・・・(笑)

ところで、やっぱりFIAも動きましたね。
あ、今日じゃないですかぁ・・・評議会でどういう裁決が下されるか
(ま、せいぜいお叱り&罰金かな?)
    • good
    • 0

私も見た瞬間は「おぃおぃ」と思いましたが、それはやはりファン心理としては当然の事だと思います。

ただ、それはあくまでファン心理として。。

私はバリチェロには同情しません。契約更新して自らセカンドドライバーの立場を選んでいるのですからそれは当然の結果です。チームオーダーについてもシューが言ってたように、フェラーリがTOPチームだから色々言われてますが、モナコのジョーダンのように下位?のチームであろうとチームオーダーは当然のことですからね。
また、最終コーナーを回って「いかにも」という形でバリチェロが譲ったのも、あれはチームオーダーがあの直前に出されていたための結果だと思います。そしてそのチームオーダーもジャントッドから出てたと言うよりは、フェラーリのオーナーから出てたと観るのが妥当だと言われています。チームを運営してる側から見ればオーダーはやはり仕方のないことでしょうね。
そういう意味では・・・私もシュー兄ファンではないですが、シューに同情してしまいます。

FIAはこの行為を「問題あり」とはしてますが、ファン心理を考えるとそういうポーズを取らねばならない部分はあるでしょう。しかし、チームオーダーを否定すると何かと問題になる部分(運営上も)あると思います。スポーツとは言えビジネスですからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございました。(^^)

お礼日時:2002/06/28 04:03

私は別に気になりませんでしたが…。


1stドライバーと2ndドライバーが明確なチームでは当然のことだと思います。
今現在DPでダントツ1位でもまだシーズン中盤ですし、この後何があるかわかりません。
確実にシュー兄がタイトルを取らせるためには、適切な指示だったのではないでしょうか。
1チーム二台体制で戦っている以上、チームオーダーは当然の権利だと思います。私には問題視されること自体が驚きでした。
但しベネトン時代のブリアトーレがリジェを使ってブロックさせていたのは頭に来ましたが…

NO2さん同様に、私もアンチシュー兄ですがこの件に関しては責められているシューに同情してます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。
チームオーダーですか・・・・。
僕はシューによりもバリチェロに同情したいです(笑)

お礼日時:2002/06/15 01:00

全国のFerrariファンの皆さんを敵に回してしまうかもしれませんが・・・


あの小柄の監督(笑)なら、しそうなオーダーだと思いませんか?

シューちゃんに関しては、実際のところはわかりませんが
嫌だったと思いますよ。
シューちゃんの戦歴の中で、オーストリアだけが勝ててなかった。
でも、来年から先、ずっと言われるかもしれません。
全サーキット制覇・・・でも、オーストリアだけは譲ってもらったって。
来年以降、シューちゃんが自力で勝たないかぎり、言われるでしょう。

ただ、チームオーダーに関しては、McLarenもミカとクルサードであったし、
古くは、鈴鹿でセナとベルガーの間でのお礼のような譲り合いもあった。
譲ってもらった勝利が、本人にとってウレシイかどうか・・・
スポーツマンシップがどうのこうのと言うより、情けないような気もしますよね。

ちなみに、私はアンチシューマッハですが、あの件に関しては
シューちゃんにも同情します。(やっぱりジャントッドは好きじゃない。)
バリチェロに関しては、あそこまでワザトラの譲り方をしたのも、
ちょっとレジスタンスの意味も含んでいたのでしょう。

回答というよりは、単なる感想になっちゃったなぁ・・・〈苦笑〉
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。
たしかに91年の鈴鹿のように最後にセナが譲ったのありましたね。
でもあれは事前に「PPを取った者が1位で行こう」と言うドライバー同士の約束があったそうです。
セナはそれを守りました。だから良かったんです。のちに美談になってますよね。
(後でロン・デニスが水さすような事言ってましたが(笑)

でも今回は違うような気がします。
まだシーズン半ばなのに・・。ブッチギリでドライバーズポイント1位なのに・・・。
これは美談にはならないと思いますね。
僕もアンチ・シューですが要するにもっと悪いのは今のチームが・・・って事ですかね。

エンツォがもし生きていたら今回の件はどう思ったんでしょうね・・・・。

お礼日時:2002/06/13 23:32

後で真意は追求されたようですが…


ま、チームオーダーなんでしょうね
シューマッハ自身は「俺が勝てる位置にいる、だから、バリチェロ待たせろ!!」なんて通信をしてないと思いますが…
彼、レース後、結構困惑していたようですので…
まあ、レースとは言え、戦略上いろいろ思惑があり、チームであるからセカンドにはある種、きつい指示も出る。
でも、見ている側としては、不快なレースでありましたよね。
あそこまで露骨にバレバレのチームオーダー発動ですので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。
あれを見てて不快だと思わないフェラーリファンも中にはいたんですかね~(^^;

お礼日時:2002/06/13 23:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qオーストリア観光についてアドバイスお願いします。

今年の9月に家内とオーストリア観光を計画しています。ウイーンに3日、ザルツブルグに2日(移動日1日を含む)ですが時間的には充分でしょうか? 気候はどうでしょう? 美術に興味がある家内は9月にはウイーンの美術品が日本で展示されるのでタイミングが悪いのではと心配しているのですがすべての美術品が移動するわけではないと思うし帰国してからそれはそれで見に行けばまた旅行を思い出すことにもなり良いかなと思うのですが如何でしょうか? 初めてのオーストリア旅行なのでアドバイスよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.2(Ebiplitz)です。日程変更との事なので、プラハのポイントをお伝えします。
プラハは日本で言う京都のような場所で第2次大戦をくぐり抜けて中世の町並みが残っている非常に貴重な都市です。(一説ではドイツ軍もここを爆撃するのは暴動を恐れて躊躇したとか。)
1.5日なら効率的に周る必要がありますね。有名なのはプラハ城です。内装やスタンドグラスなど建物の美しさを堪能してください。また周辺の教会や黄金の小道など、歴史的にも色々と面白いです。
あとは、旧市街で、中世を思わせる古い小路や、アールヌーボーの家並みをご堪能ください。昼に旧市庁舎を登った風景や、夜のカレル橋は絶景だと思いますよ。
また、プラハは映画撮影(アマデウスやミッションインポッシブル等)や芸術家の輩出(スメタナ、ドボルジャーク、ミュンシャ等)でも有名なので何かテーマを決めて周るのも面白いかと思います。(スメタナのモルダウはチェコが舞台ですし、ドボルジャークはチェコを旅立った気持ちを有名な新世界に書いたと言われています。)
初日の夜に、コンサートやモルダウ川クルーズが組めたらよいですね。買い物は、ボヘミアングラスでしょうか。
あと、有名なビール(ピルゼンやブドバイゼル:バドワイザーの元)はぜひ堪能してください。(一説にはチェコビールは欧米の有名ビールのお手本になった原型と言われています。)
尚、街中は石畳が多いので靴にはお気をつけください。(ハイヒール等は厳禁です。)短い日程ですので、少々歩く覚悟で色々と楽しんでください!

No.2(Ebiplitz)です。日程変更との事なので、プラハのポイントをお伝えします。
プラハは日本で言う京都のような場所で第2次大戦をくぐり抜けて中世の町並みが残っている非常に貴重な都市です。(一説ではドイツ軍もここを爆撃するのは暴動を恐れて躊躇したとか。)
1.5日なら効率的に周る必要がありますね。有名なのはプラハ城です。内装やスタンドグラスなど建物の美しさを堪能してください。また周辺の教会や黄金の小道など、歴史的にも色々と面白いです。
あとは、旧市街で、中世を思わせる古い小路や、...続きを読む

Qシューマッハのフェラーリ復権はあるのか・・・弱体化の理由は?

母国で惜しくも5位になり、豪邸の建設も始まり引退が近づいてきたM・シューマッハですが、今年はこんな苦しい年は見た事無いくらいに厳しいです。その原因は、タイヤ交換が出来なくなったりとレギュレーションの変更という事も聞きましたが、なぜここまで勝てなくなったのでしょうか。ここ一番というところでマシンが踏ん張っていないような気がします。
腕については落ちてはいないと思うのですが・・・。

また、フェラーリ好きとして、また復権できる時は来ないのでしょうか。

Aベストアンサー

シーズン初めはBSタイヤの性能不足がかなり叩かれましたが、
(フェラーリのルカ社長もチクリと言ってましたが)
どうやら車体側の力不足も大きいようです。

ご存知の通り陣営の目論みは、序盤戦は余裕を持って暫定版F2004Mで乗り切り、
満を持してF2005で勝ちまくるつもりでした。
ところがルノー、マクラーレンの新車のレベルがあまりにも高く、
必死で開発して捕まえようとしても、相手も進化して追いつけない状態です。
(焦って、らしくないトラブルも多いです)

昨日のレースでも、去年の二強(フェラーリ、BAR)と今年の二強(ルノー、マクラーレン)
の競う位置の差が明確でしたね。
フェラーリが落ちたというより、冬の間に今年の二強が急成長した、のだと思います。
実際、去年までは各チームが圧倒的に強いフェラーリのコピーに走っていましたが、
今年は新規定で新たなアイデアが求められたため、序列を崩す流れが生まれたのでしょう。

ただ、シューマッハ自身のモチベーションは一向に衰えていないと思います。
彼は記録の更新より、チームと共同作業で毎レースいい仕事をすることにやり甲斐を感じます。
フェラーリ復権をかけてハッキネンと争っていた頃はピリピリしていましたが、
今は気負いもなく超俗の境地で、純粋にF1の競争を楽しんでいます。
(だからマンネリや疲れとは無縁でしょう)
引退するとすれば、体の衰えを感じ、フェラーリを託せる才能が現われたとき、
潔くレース活動すべてから身を引くと思います。

>フェラーリ好きとして、また復権できる時は来ないのでしょうか。
今シーズンを諦め、早く来期の構想にシフトすれば可能かもしれません。
BSタイヤについても、奇数年スランプ説(01,03,05)を根拠にすれば、
来年はやり返すはずです。
ただ、近いうちに最強体制(シュー、トッド、ブラウン、バーン)が解散したら、
黄金期はひとまず終わると思います。
                                     

シーズン初めはBSタイヤの性能不足がかなり叩かれましたが、
(フェラーリのルカ社長もチクリと言ってましたが)
どうやら車体側の力不足も大きいようです。

ご存知の通り陣営の目論みは、序盤戦は余裕を持って暫定版F2004Mで乗り切り、
満を持してF2005で勝ちまくるつもりでした。
ところがルノー、マクラーレンの新車のレベルがあまりにも高く、
必死で開発して捕まえようとしても、相手も進化して追いつけない状態です。
(焦って、らしくないトラブルも多いです)

昨日のレースでも...続きを読む

Qオーストリアの観光・レジャーについて

旅行先の候補としてオーストリアがあるのですが、
宮殿などの建物や街並み、食べ物くらいしか観光場所が思い浮かびません。
見ることも好きなのですが、何か体験できるものがあったら知りたいです。

また、自然も豊かだとのことなので、レジャー・アウトドア・アトラクションなども教えていただけたらと思います!
ただし、激しく体力を消耗するもの(長いハイキングやクライミングなど)は遠慮します。。
スカイダイビングなどは大丈夫です!
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

オーストリアに住んでいたことがある者です。留学と仕事が目的だったので、体験的なイベントなどはあまり知らないのですが、すぐに思いつくことを並べてみます。私の専門は音楽なので、オペラやコンサートの御案内はできますが、これはガイドブックにもたくさん情報がありますし、お好きかどうかもわからないので、とりあえず省略します。
首都ウィーンだと、やはり文化的なものになると思います。オーストリア観光協会のホームページに紹介されているものには、ウィンナーワルツのレッスン体験が紹介されています。一応、日本語によるレッスンもあると書いてありますが、コースによるので、詳細は問い合わせないとわかりません。1時間のレッスンで30ユーロほどのようです。

http://www.austria.info/jp/booking/Private_Dance_Academy-2601261.html

https://www.waltzvienna.com/authenticvienna/danceacademies/dance-academy-japanese-offers/?utm_source=ANTOJAP&utm_medium=websitepromotion&utm_campaign=waltzinvienna-japanese-offers

もう一つ、ウィーン伝統のアップルパイ、「アプフェルシュトゥルーデル」作りを体験することもできます。

http://www.austria.info/jp/austrian-cuisine/bake_your_own_apple_strudel-2093388.html

ウィーン周辺で自然に関連する観光目的地の代表的なものは、ゼーグロッテという地底湖を含むツアーや、ノイジードラー湖へのツアーがあります。地底湖はそれほど大きなものではないので、もしこれまでに似たようなものを御覧になっているのならば、積極的にお勧めはしません。ノイジードラー湖は、船による観光があります。どちらも、個人で列車やバスを使っていくのはかなり難しいので、ツアーの利用をお勧めします。
あと、シュネーベルクという小さな山がウィーンからそう遠くないところにあり、SLが走っているので、観光地としてはよく知られています。周辺のハイキングもできるようです(私は行きそびれたので、体験はしていません)。

http://www.austria.info/jp/regions-and-federal-provinces/Schneeberg-1142706.html

ウィーン周辺でしたら、少し費用は掛かりますが、日本人の公認ガイドに依頼して、「自然」や「体験」をテーマにプランを立ててもらうという方法もあります。日本のガイドブックではわからない情報を持っているはずです。

http://www.wien-kanko.com/

それから、オーストリアの最高峰グロースグロックナーという選択肢もあります。

http://www.austria.info/jp/active-austria/grossglockner-hochalpenstrasse-1224790.html

http://www.myushop.net/options/detail/1211#tab01

チロル地方では、農業体験ができる宿泊施設がたくさんあります。日本語はさすがに無理でしょうが、英語ならある程度は通じると思います。

http://www.austria-taiken.jp/01/cn14/farmstay.html

http://www.komtours.com/original/experience/post_26.html

自然観光の盛んな国なので、ガイド付きのハイキングはたくさんあります。子供でも参加できる、3~4時間コースなら大丈夫でしょう。

http://www.austria.info/jp/active-austria/hiking-for-familes-1176667.html

http://www.austria.info/jp/travel-planning/hiking-free-guide-1143446.html

スカイダイビングについてはわかりません。観光目的としてはやや特殊になるので、ドイツ語の情報ならありますが、どこが特に良いのかは経験がないのでわかりません。

http://www.mydays.at/geschenkideen/fallschirmspringen?affl=sem_at.fallschirm&wt_ga=14830007700_70558262340&wt_kw=fallschirmspringen%20%C3%B6sterreich_e&gclid=CJ-wmaih9cYCFdglvQod7GkBkQ

オーストリア観光局のホームページは日本語版があり、ほかにもたくさん情報がありますので、参照されたらいかがでしょうか。

自然
http://www.austria.info/jp/tags/%E8%87%AA%E7%84%B6

ハイキング
http://www.austria.info/jp/active-austria/hiking-route-1144545.html

名所・景勝地
http://www.austria.info/jp/tags/%E5%90%8D%E6%89%80%EF%BC%86%E6%99%AF%E5%8B%9D%E5%9C%B0


http://www.austria.info/jp/tags/%E5%A4%8F

アクティビティー
http://www.austria.info/jp/tags/%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%93%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC

以上、御参考まで。

オーストリアに住んでいたことがある者です。留学と仕事が目的だったので、体験的なイベントなどはあまり知らないのですが、すぐに思いつくことを並べてみます。私の専門は音楽なので、オペラやコンサートの御案内はできますが、これはガイドブックにもたくさん情報がありますし、お好きかどうかもわからないので、とりあえず省略します。
首都ウィーンだと、やはり文化的なものになると思います。オーストリア観光協会のホームページに紹介されているものには、ウィンナーワルツのレッスン体験が紹介されています...続きを読む

QベルギーGP・シューマッハと琢磨の接触について

今回のベルギーGPで残念ながら琢磨とシューマッハが接触し、リタイアしてしまいました。
シューマッハのブレーキが早くて間に合わなかった・・・などと双方言い分はあると思いますが、皆さんはこの件についてどう思いますか?


また、以前も接触があったと言っていました。私もあったとは記憶にありますが具体的なGP名は覚えていません。琢磨選手とシューマッハは以前接触したことはどのくらい有るのでしょう?またGP名を教えて頂ければ幸いです。

(お礼のお返事は少し遅くなるかもしれません)

Aベストアンサー

今回は完全に琢磨選手に非があると思われます。

レース展開にそって考えてみると、スタート後4位まで浮上した挽回は見事でした。
例によってチームの判断ミスでウェットタイヤに履き直す不手際を被りましたが、
その後バトンが3位フィニッシュしたように、残り周回での追い上げは十分可能でした。
前戦に続くチ-ムのミスで気が急いたのかもしれませんが、
雨のレースでの混乱を考えれば、リスク管理の必要性が問われる事故でした。

接触の場面では、ラ・ソースの侵入で前車を抜いたシューマッハについていこうと
イン側でブレーキングしましたが、たぶんアウト側の車が自分を確認しているか
自信が持てず、被せられて接触しないよう半車身でも並ぶために
遅めのブレーキングになった・・・。
しかし、代えたばかりのグリップのないタイヤ、濡れたイン側のラインでは
減速しきれず、そのままフェラーリのリアに突っ込んでしまったのだと思います。

本人としては、ミハエルとのギャップを空けたくないため選択した追い抜きでしたが、
コンディションやその後の展開を省みない、軽率すぎる判断ミスでした。
琢磨選手の「大胆で迷いのない走り」は魅力的ですが、その無垢なアグレッシブさが
前後を走るドライバーに「予測しづらい厄介なもの」と映っているのは確かです。
昨年のヨーロッパGPでバリチェロが批判した「判断が楽観的すぎる」面が
今回も表れてしまったような印象でした。

以前の接触についてはNo.1さんの仰られる03年日本GPでの一件です。
琢磨選手がシケイン侵入でブロックラインを取らないため、
「譲ってくれる」と見切ったシューマッハがインに並びかけたら
ターンインしてきたBARの後輪にフロントウイングを踏まれた、という接触でした。
この件では、同一周回なのに譲ると思ったミハエルのほうが楽観的でした。
(その後、必死で挽回して7位入賞、冷や汗で王座防衛のレースでした)
しかし、「挙動の読めないドライバー」という印象を持ったため
今回の再接触に怒り、めったに見せないジェスチャーをとったのだと思います。
                                     

今回は完全に琢磨選手に非があると思われます。

レース展開にそって考えてみると、スタート後4位まで浮上した挽回は見事でした。
例によってチームの判断ミスでウェットタイヤに履き直す不手際を被りましたが、
その後バトンが3位フィニッシュしたように、残り周回での追い上げは十分可能でした。
前戦に続くチ-ムのミスで気が急いたのかもしれませんが、
雨のレースでの混乱を考えれば、リスク管理の必要性が問われる事故でした。

接触の場面では、ラ・ソースの侵入で前車を抜いたシューマッハにつ...続きを読む

Qオーストリア、チロル地方のおすすめ観光情報を教えてください

タイトルの通りです、7月上旬にインスブルックを中心に1週間ほど滞在予定で詳細はまだ決めていません。
かわいい街、おいしいお店、軽めのハイキングコース、など、できれば実際に行かれた方のお話を色々聞きたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

インスブルックから日帰りでアクセスできるハイキングコースも多いですが、チロル地方の滞在を楽しむのでしたらザンクトアントンやオーバーグルグルを選ばれるとよいように思います。
 個人的には後者が静かでハイキングコースも多く気に入っています。エッツ谷の一番奥にあり途中のゼルデンなども含めて滞在中にいろいろ周るという方法もあります。
 オーストリア政府観光局やチロル州観光局の日本語サイト(*1)に各種情報がありますし、地方や村の観光局のサイトへのリンクもありますので、最新情報は更にそれらのサイトで確認することが出来ます。

http://www.austria.info/jp
http://www.jtc.at/site/index.php

(*1) 長く更新が停止されているようですが、基本情報や地域や村の観光局へのリンクは生きている(リンク先のURLが変更されていない)ので今も利用価値はあります。

参考まで。

Qべッテル選手はシューマッハさんを超えられる?

 ベッテル選手がデビューする前は、シューマッハさんを記録という意味で超えられる選手は現れないと思っていましたが、べッテル選手の現時点での記録、年齢を考えたら、素人判断ですが、超える可能性は十分あるんじゃないかと思います。チャンピオン回数、ポールポジション、FL、通算獲得ポイントetc、しかし、シューマッハさんの記録はモナコGPの優勝回数意外、ほとんど塗り替えている信じられない記録ですし、もし、べッテル選手があと10年現役で走ると仮定して、どうなるか、興味深いです。どのチームで走れるか、とか、ベストマシンに恵まれるか、などめぐり合わせもあると思いますが、ご回答お待ちしています。

Aベストアンサー

去年の今頃であればそんなことも言ってられましたが、昨季は未勝利、来季からは低迷続くフェラーリに移籍となると、一昨年までのような快進撃はよほどのことがない限りはもう見られないと思います。

Qオーストリア旅行、合わせて他の国?

GWか夏休みにオーストリア旅行に行きたいと計画しているのですが、合わせて他の国も10日間ほどで回りたいと思っています。

オーストリア+ドイツ

オーストリア+チェコ+ハンガリー
どちらの方が楽しめるでしょうか?
また、何を中心に観光するか未定なので、こちらだったらこういう楽しみ方で、私はこちらのほうがオススメという回答でお願いします。

お待ちしています。

Aベストアンサー

オーストリア旅行、いいですねー。

私はチェコ+ハンガリーがおすすめです。というのも、私自身が行ったときは、クラシック音楽や中世ヨーロッパの名残のある城、建築、町の雰囲気に頭の先から足の先までじっくりとつかりたかったため、チェコを選択しました。

チェコで見た城や国立博物館の建物など、どれも一言で表すと「厳しい表情」を感じました。悪魔のつかいみたいなキャラ(?)が壁の四隅に配置されているとか、濃い色合いによる重たい雰囲気であるなど、華やかさよりも重たさを感じることが多く、それがチェコの人の生き様や町の歴史を表しているのだと感じられます。そうしたヘビーな雰囲気がよかったので、私はチェコをおすすめです。

ドイツの場合、中世ヨーロッパ的な雰囲気のお城もあれば近代都市もあります。ハンブルグみたいな商業都市もあればロマンチック街道のように、訪れた人全員が「美しい」と感じることのできるお城もあります。古城街道も面白いでしょうね。どこを選ぶかで良さが全く変わってくるかとは思いますが、総じて「明るい感じ」で観光地としては外れがない感じです。しかし、私なら上品さよりも面白さを選ぶのでチェコがおすすめです。ハンガリーは行ったことがないので申し上げられないです。

せっかくのチャンスです。ぜひ楽しんできてくださいね。

オーストリア旅行、いいですねー。

私はチェコ+ハンガリーがおすすめです。というのも、私自身が行ったときは、クラシック音楽や中世ヨーロッパの名残のある城、建築、町の雰囲気に頭の先から足の先までじっくりとつかりたかったため、チェコを選択しました。

チェコで見た城や国立博物館の建物など、どれも一言で表すと「厳しい表情」を感じました。悪魔のつかいみたいなキャラ(?)が壁の四隅に配置されているとか、濃い色合いによる重たい雰囲気であるなど、華やかさよりも重たさを感じることが多く、それ...続きを読む

Qフェラーリの新マシンが美しくない理由

 
先日、フェラーリが2012年シーズンの新型マシン「F2012」を発表しましたが、美くしくない等と批判されているそうですね。

具体的にどの辺が美しくないのでしょうか?

よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

2012年から運用される新レギュレーションをクリアするために多くのチームで採用された「ステップドノーズ(段差ノーズ)」は、”見た目”については、フェラーリに限らず最悪に近い評価を受けています。
新レギュレーションの詳細や改訂の理由は「段差ノーズ」で検索してみてください。

マクラーレンは、他チームと違うコンセプトでデザインされたため、スムーズなノーズになっているけど・・・エースドライバーのハミルトンは他チームと違うアプローチに懸念を持っているそうな・・・

Q観光VISAについて

観光VISAについて

ドイツで就労後の帰国旅行です。
日本の総領事館で確認してもらったのですが、ドイツの滞在VISAが切れた後の
ドイツ以外の3カ月観光は可能とのことでしたが、ドイツへはその間再入国は
出来ないとのことで、ドイツを避けての周遊となります。

周遊ですが9月初め頃からアテネから始まります。
急きょ予定変更でスタートはアテネですがギリシャ旅行は9月後半の2週間ほどです。
ですので前半の2週間を別の国に移動して戻る形になります。
希望としては南イタリア・クロアチアです。
9月後半のギリシャ旅行を終えたらブルガリア・ルーマニア・ハンガリー・スロバキア・
チェコ等を列車移動の予定で、チェコ辺りから飛行機で11月後半の5日間程バルセロナへ行ったら
トルコのイスタンブールへ飛び1泊したら最終目的地のオーストリアへ飛行機で行く予定です。

オーストリアは観光で180日間の滞在が出来るとのことで最終目的地としたいのです。

ですので9月から始まり、オーストリア入国の頃にはその他の国の90日滞在が過ぎてしまいます。

オーストリアへ入国前にトルコへ行く理由はその他の国(90日までの滞在国)から1度出ている
証明になればと思っての事です。

その際、1泊でも問題はないのでしょうか?

この様な形でオーストリアへ入国し、2、3週間滞在して日本へ帰国しても
問題はないのでしょうか?

この様な周遊旅行での注意点等もありましたらお願いいたします。

どうぞよろしくお願いいたします。

観光VISAについて

ドイツで就労後の帰国旅行です。
日本の総領事館で確認してもらったのですが、ドイツの滞在VISAが切れた後の
ドイツ以外の3カ月観光は可能とのことでしたが、ドイツへはその間再入国は
出来ないとのことで、ドイツを避けての周遊となります。

周遊ですが9月初め頃からアテネから始まります。
急きょ予定変更でスタートはアテネですがギリシャ旅行は9月後半の2週間ほどです。
ですので前半の2週間を別の国に移動して戻る形になります。
希望としては南イタリア・クロアチアです。
9月後...続きを読む

Aベストアンサー

わざわざトルコまで行かなくても、オーストリアに入ってから管轄の警察へ出頭して滞在届けの手続きすれば規則では滞在できます。トルコまで行ってからオーストリアに入る場合でもシェンゲン協定国内を90日滞在してからの入国なので、入国できたとしても同じ手続きが必要です。

それ以前にシェンゲン協定国内の滞在が90日を越えているのでオーストリアに入国できない可能性があります。
シェンゲン協定国内の滞在は6ヶ月以内で90日で、最初の入国日から6ヶ月あけないと再入国ができません。
一度外へでてしまうと入国審査で拒否される可能性が高い気がします。

また、オーストリアの警察に行って手続きする際にも、警察がルールを熟知しているとは限りません。特にオーストリアの180日滞在は日本とオーストリアの協定での事なので特殊です。
しかもパスポート上は、入国した日を確認できるのは、始めにドイツに入国した日だけです。その日から180日以上たっているならだめだと言われる可能性もあります。
揉めたり、詳しく説明する必要が出てくる可能性があります。英語が通じるとも限らないのでドイツ語で説明できるほうがいいでしょう。

就労ビザが切れた後はシェンゲン協定国内でも滞在できないとも聞いた事があります。入国管理官が全ての国の人の滞在について熟知しているとも限りませんので、このような思い込みの管理官もいるかもしれません。
鉄道移動となると途中で警察によるパスポートチェックが入ることもあり、不法滞在扱いされる可能性もあります。

就労ビザが切れる前に旅行を済ますのが一番トラブルにある可能性が低いです。
90日以内に旅行を済ませるのが次にトラブルを避ける方法でしょう。
どこで聞かれても事情を説明できる英語力かドイツ語力(非ドイツ語圏でもシェンゲン協定国内ならドイツ語が通じやすいです)が必要です。

わざわざトルコまで行かなくても、オーストリアに入ってから管轄の警察へ出頭して滞在届けの手続きすれば規則では滞在できます。トルコまで行ってからオーストリアに入る場合でもシェンゲン協定国内を90日滞在してからの入国なので、入国できたとしても同じ手続きが必要です。

それ以前にシェンゲン協定国内の滞在が90日を越えているのでオーストリアに入国できない可能性があります。
シェンゲン協定国内の滞在は6ヶ月以内で90日で、最初の入国日から6ヶ月あけないと再入国ができません。
一度外へでて...続きを読む

QフェラーリF2004のエンジンの写真を探しています。

フェラーリF2004のスケールモデルを作るためエンジン
(TYPE053)の写真を探しています。
いろいろさがしましたがカウリングに覆われていて
エンジンの写っている物がなかなか見つかりません。
エンジンの写真があっても細部まで分かりません。
きれいにとれている物をご存じの方がいらっしゃいましたら教えてください。
エンジン単体ではなく、車載の状態の物です。
雑誌や専門書でもWEBの物でもかまいません。
できるだけ鮮明に、いろんな角度から見られる物が必要です。
エアインテーク、配管、配線等が分かるものです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

フェラーリのオフィシャルサイトです。
グラフィックは有りました、さがせば写真も有ると思います

参考URL:http://www.ferrariworld.com/f2004/eng/gallery_1.htm


人気Q&Aランキング