脂質の化学的定量法としてMojonnier method というものがあるようなんですが、
本を見ると、たぶん別の名前で載っているためにどの方法を指しているのか分かりません。簡単な原理かまたは使う試薬とか、このことについて触れてある文献やホームページをできれば教えて欲しいです。
よろしく。

A 回答 (3件)

rei00 です。

昨日の続きですが,その前に Medline というのは,医学・生物学系の論文の Summary, Abstract, 要約等の部分を集めたデ-タベ-スです。

で,その Medline で Mojonnier で検索したところ,10 件ヒットしました。ざっと内容を見たんですが,論文のSummary, Abstract, 要約等の部分ですので,Mojonnier method を用いてとしか出てきませんでした。必要ならこれらの文献中の参考文献を調べれば詳しい文献に到達すると思います。

なお,私が把握した範囲では,乳製品中の脂肪をエ-テルで抽出する方法のようです。たぶん zarastro21 さんが回答されている方法の一部ではと思います。


以下に Medline でヒットした文献を挙げておきます。参考になれば幸いです。

Mojonnier method として出てくるもの:
・Morin DE. Rowan LL. Hurley WL. Braselton WE.: Composition of milk from llamas in the United States. Journal of Dairy Science. 78(8):1713-20, 1995.

・Kleyn DH. Trout JR. Weber M.: Determination of fat in raw milk: comparison of mojonnier (ether extraction) and Gerber method. Journal - Association of Official Analytical Chemists. 71(4):851-3, 1988.

・Mills BL. van de Voort FR. Usborne WR.: Mojonnier method as reference for infrared determination of fat in meat products. Journal - Association of Official Analytical Chemists. 66(4):1048-50, 1983.


Mojonnier ether extraction method として出てくるもの:
・Lynch JM. Barbano DM. Fleming JR.: Comparison of Babcock and ether extraction methods for determination of fat content of cream: collaborative study. Journal of AOAC International. 79(4):907-16, 1996.

・Clark JL. Barbano DM. Dunham CE.: Combination of total solids determined by oven drying and fat determined by Mojonnier extraction for measurement of solids-not-fat content of raw milk: collaborative study. Journal - Association of Official Analytical Chemists. 72(5):719-24, 1989.

・Barbano DM. Clark JL. Dunham CE.: Comparison of Babcock and ether extraction methods for determination of fat content of milk: collaborative study. Journal - Association of Official Analytical Chemists. 71(5):898-914, 1988.


その他の形で出てくるもの:
・Valladao M. Sandine WE.: Quaternary ammonium compounds in milk: detection by reverse-phase high performance liquid chromatography and their effect on starter growth. Journal of Dairy Science. 77(6):1509-14, 1994.
Mojonnier milk fat extraction method として出てくる。

・Duthie AH. Fox JR. Cavalier JP. Wulff S.: Modification of the vermont test for monitoring fat adulteration of dairy products. Journal of Dairy Science. 71(7):1764-8, 1988.
Mojonnier extraction として出てくる。

・van de Voort FR. Kermasha S. Smith JP. Mills BL. Ng-Kwai-Hang KF.: A study of the stability of Record of Performance milk samples for infrared milk analysis. Journal of Dairy Science. 70(8):1515-23, 1987.
Mojonnier analysis として出てくる。

・Lee TW.: Quantitative determination of linoleic acid in infant formulas by gas chromatography. Journal - Association of
Official Analytical Chemists. 70(4):702-5, 1987.
Mojonnier flask として出てくる。

この回答への補足

わざわざたくさん調べていただいてすみません。
論文をどれか当たってみます。

補足日時:2001/01/19 09:48
    • good
    • 0

回答ではないんですが,Medline で検索したところ,幾つかヒットしました。



今は,時間がないので内容を確認できませんが,後程もう少し調べてみます。明日(1/19)の午前中ぐらいまでは閉めないで下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あ・・・
どうもすみません。
Medlineとは・・・?

お礼日時:2001/01/18 20:57

レーゼ・ゴットリーフ法のことだと思います。


レーリッヒ管やマジョニア管を用いて乳製品などの脂肪を定量します。
衛生試験法注解などに乗っていると思いますが、
基本的にはアンモニアでタンパク皮膜を破砕しエーテルで脂肪を抽出します。
チーズなどの場合は酸分解をもちいます。
使用するガラス器具が特殊なので乳製品以外では使用しないと思います。

この回答への補足

早速の回答ありがとうございます。
脂質の定量にはエーテル抽出法を基本として様々改良法があるようで、酸分解法かまたはクロロホルムメタノール混液改良法などではないかとは思ったのですが・・
マジョニア管というのも色々な方法に用いられているようなので・・・
マジョニア法という項目や用語では本には載っていないんですかね?

補足日時:2001/01/18 13:17
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q糖質と脂質の定量分析

食品実験で、きな粉中の糖質(ベルトラン法)と脂質(ソックスレー抽出法)の定量を行ったところ、実験結果が成分表と比較すると、結構差が出ました。成分表というのは代表値であって、全ての試料の実験値を表しているわけではないので、誤差が生じているからだというのはわかるのですが、それ以外にこの誤差の原因は何が考えられるでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

>>誤差が生じているからだというのはわかるのですが、
こういうのは「誤差」とは呼ばないと思います。特に。
>>結構差が出ました
と言う場合。
このような事が起こったときまず「一方方向にずれていないか」を考えます。
両方とも多いか、または少ないか、の場合「分析手法」に問題があったのではないか。あるいは個人的な「癖」があるのではないか。と疑うのが賢明です。
しかし、もし多人数で別々に行って、皆同じ方向にずれたりした場合、「試料の選択」が問題になるでしょう。きな粉の原料は「大豆」です。大豆の糖質や脂質に「種別」「国別」があるのは既知の事実で、大企業の品質管理者はいつもそれに悩まされているからです。
「誤差」は「同じ試料」を分析したときに初めて使える「用語」だと考えてください。つまり「真の値」がある場合に「その廻りにばらつく」(無作為なら正規分布か?)分けです。

Q比色定量法に用いる試薬について

現在、大学の化学実験で比色定量法と分光光度法について学んでいます。

そこで、Fe、Ni、Cuの金属イオンの比色法には通常どのような試薬が用いられるか、またそれらの有機試薬に共通する特徴は何か、の2点について調べているのですが、分析化学や機器分析の本を調べても、該当箇所が全く見つかりません。

どのようなことでも結構ですので、ご教授頂ければと思います。

Aベストアンサー

分析化学便覧でもあたってみて,どういうものが使われているか調べてみたらどうですか.




ヒント.キレート.

Qルイス塩基と求核試薬(ルイス酸と求電子試薬)

同じ化学種でも反応機構によって呼称が違うのですか?
ある化学種と別の化学種が反応する時、求核剤として働いているのかルイス塩基として働いているのか見分ける方法はあるのですか?化学構造から判断するのですか?それとも各々の反応ごとに覚えなければいけないのでしょうか?

Aベストアンサー

「回答に対するお礼」を拝見しました。

確かに私の回答は、あなたが興味を持たれていた点とは
多少かけ離れていましたね。お詫びというわけではないですが、
求核剤と塩基、どちらとして働くか?見分け方の一つの目安を。

たとえば同じアルコキサイドでもメトキサイドのほうが
tert-ブトキサイドよりも求核剤として働きやすい。
(速度論的な話で、求核剤としてどちらが強いか?という話ではありません。)

といったことは、立体的なかさ高さの点から予測できると思います。
特に、求電子中心も立体的にかさ高い場合、立体的にかさ高い
試薬は、求電子中心に近づくことが困難なため、塩基としてしか働けない。
といった傾向があると思います。

Q粉末試薬か液体溶液試薬か

実験試薬を調製するときに、液体溶液試薬を購入するのと、粉末試薬を購入して調製するのと精度は違うのでしょうか?
実際は、0.01Nのチオ硫酸ナトリウム溶液を調製するのに、0.1Nのチオ硫酸ナトリウム溶液を購入して希釈するか、粉末のチオ硫酸ナトリウムを購入して調製するか、迷っているところです。

Aベストアンサー

滴定に用いるのであれば、市販品にはファクターfが記載されていると思いますので購入した方が精度もいいですし、調製する手間もいりません。

標準溶液としてチオ硫酸ナトリウム溶液を調製するのであれば、ファクターも求めなければならないですし、面倒なことが多い。

しかし、購入しても10倍希釈する必要があるということなので、どっちにしてもkololiさんの腕次第のような気がします。

Qアリルグリニャール試薬とアリールグリニャール試薬

英語の文献に下記の2つのグリニャール試薬が出てきました。

allyl Grignard reagent
aryl Grignard reagent

"allyl(アリル)"は脂肪族基名、"aryl(アリール)"は芳香族基の総称で、二つは全く別物だと思うのですが、そもそも"allyl Grignard reagent(アリルグリニャール試薬)"というものはあるのでしょうか?
web上で検索すると、"allyl Grignard" が少なからずありますが、"aryl Grignard"の方が圧倒的に多く、
化学の知識が乏しいため、"allyl"が"aryl"のミススペリングなのかどうかというところで迷っています。

検討違いの質問かもしれませんが、お力をお借りできないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「アリル基 (aryl group)」は次のものです。

  CH2=CH-CH2-

「アリール基 (aryl group)」とは芳香環の水素原子が取れた形の置換基です。一番簡単なものはフェニール基。

     _
    / \
  HC ○ C一
    \_/

 したがって,「アリルグリニャール試薬」はアリル基の付いたグリニャール試薬(下記のAなど)であり,「アリールグリニャール試薬」はアリール基の付いたグリニャール試薬(下記のBなど)です。

 A: CH2=CH-CH2-MgX
       _
      / \
 B: HC ○ C一MgX
      \_/

 どちらもありえますから,御覧になったものがミススペリングかどうかは内容で判断するしかありません。ただ,「aryl」と「allyl」を間違える事はあっても,ミススペルスルとは考え難いですが・・・


人気Q&Aランキング

おすすめ情報