エデンの園を追われたアダムとエバは、二人で働きながら暮らし始め、やがてカインとアベルという二人の息子が産まれました。
 カインとアベルは仲たがいし、カインはアベルを殺し、放浪者となります。そして、カインはエデンの東、ノドの地に移り住むわけですが……ノドの地にはすでに人が住んでおり、カインはこの地で結婚して子供をもうけます。

 ちょっちょっちょっと待って下さいよ。アダムとエバは神が造った「最初の人間」であり、全人類の祖先なんじゃないんですか?
 だったら、アダムとエバの息子カインがよその土地に行って、そこに人が住んでるわけはないでしょう?
 実は人間なんかすでに大勢いて、アダムとエバはその中でも特別に優良な種として神が育てようとしたのでしょうか。(品種改良みたいなもんか?)
 それとも、エデンの園みたいな場所は他にも世界中にいっぱいあって、それぞれに「アダムとエバ」がいたのでしょうか? もしそうなら、禁断の木の実を食べたのはたまたまアダムとエバが愚かだっただけであり、その他の大多数の人間には無関係な話(つまり原罪でも何でもない)だということになります。
 それとも、他の「エデンの園」の「アダムとエバ」も、全員禁断の木の実を食べてしまったのでしょうか? そうだとしたらそれは人間の本質ということであり、造った神の方に設計上の問題があったのではないでしょうか。

 どういうことなのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 


先の「カイン」についての質問(以下の参考URL)に少し書いたのですが、「創世記」に記されているエデンの苑の神話は、イスラエル(ユダヤ人)固有のものではなく、他の文化の創世神話を借用したものです。

無論、そこに「編集」があり、ユダヤ神話の形になっているのですが、色々と矛盾というか、おかしい所が出てきます。

アダムとヘーウァが最初の人間であるというのは、神話規定であって、これは、そのまま受け取るしかありません。

しかし、アダムとヘーウァとそのあいだの子どもたちだけでなかったのは、聖書を読んでみると明らかです。

一つに「巨人族」というものがいます。巨人族の娘たちと、天使が交わって、美しい種族が生まれ、アダムの子孫が、それらの娘と交わり、子孫を造るという過程もあります。しかし、「巨人族」は何時造られたのか、という疑問も出てきます。

「み使い=天使」も登場するのですが、これも何時の間にか存在しています。天使は、創造の初期の頃、多分、一番最初の光と闇が分けられた時に創造されたという説がありますが、「聖書」には明示的には記されていません。

アダムとヘーウァが最初の人間で、「楽園追放」がドラマティックにあったというのは、一つのまとまりのある神話です。

エデンを追われたアダムたちは、地に居住するようになるのですが、この話は、すでに別の神話へと移行しています。別の資料を基に記されているということです。そこでの資料では、「巨人族」以外にも、すでに大勢の人々がいたことになります。

整合が取れませんが、「聖書」には、それだけしか書いていないので、想像する余地はありますが、別の神話や別の資料に基づくと考えた方がよいでしょう。

有名なのは、「創世記」においては、「エローヒム文書」と「ヤハウェ文書」という二種類の基本資料があり、「創世記」の編集においては、この二つの文書を併用しているということです。

これは、神を、「エロヒーム」と読んでいる部分と、「ヤハウェ」と読んでいる部分があり、交互に出てきて、重複する内容を述べるので、古くから確認されていたことです。

例えば、創世の七日間のできごとについて、二回、重複した記述が出てくるはずです。一方が、「エロヒーム文書」で、他方が「ヤハウェ文書」です。

編集者は、原資料自体が、相互に矛盾したり、よく分からない部分が多数あるので、これを元に一つの文書を作成する時、何とか整合性を図ったのでしょうが、どちらかを選ぶと言うこともできないので、「エロヒーム文書」と「ヤハウェ文書」を並列したり、「飛躍」と思える記述を残さざるを得なかったのです。

「創世記」だけでなく、イスラエルの歴史については、「サミュエル記」「列王記」「歴代誌」などに歴史記述がありますが、明らかに重複しており、平行記事が多数あります。ところが、同じできごとを扱った記事を読み比べると、数字や、内容が違っている場合があります。

これは、依拠した資料に違いがあったのだと言えます。

あるいは「新約聖書」のなかには、「福音書」が四つあり、それぞれにイエズスの事跡や事件を記していますが、読み比べると、同じ出来事について、違う説明があることが多いです。

「聖書」は、一人あるいは複数の作者が、全体に筋が通るように、整合的に書いたものではなく、昔からの伝承文書資料を基に、後で編集したものであり、それぞれの文書が独立に編集されていますから、「聖書」全体としては、矛盾や話の合わない場所が一杯あります。

一つの文書内でも、整合が取れないのが、「創世記」などです。これは、「神話」の類に属するので、飛躍しているように思える部分や、整合の取れない部分が多数あります。ただ、こういう形で「聖なる書物」と認めてきたのだということは重要です。

勝手に文章を書き加えれば、例えば、「アダムやヘーウァの子孫に仕える者たちとして、神は、アダムの息子たちの髪の毛などから、多くの人を造り出した。カインは、そのようにして生まれた美しい娘を妻にめとった」などとすれば、筋は通ります。

しかし、そういうことはしなかったということです。一旦、編集が終わると、「聖なる書物」になり、勝手に内容改竄はしなかったのです。

(ただし、「新約聖書」などの場合、編集上の加筆というものがあり、「旧約聖書」でも、それはあります。文書が成立した後、伝承の途上で、書き加えられたと考えられる部分です。これは、聖書において、括弧記号などで囲んで、それと分かるようになっています)。

>No.297779 質問:カイン
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=297779
 

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=297779
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 ありがとうございます。

お礼日時:2002/08/14 23:27

 御礼ありがとうございます。


 実は……回答を書いてから、ふと同様の疑問がわきました。第一……第一ですよ、城壁のある町をカインと家族のみで建設できるわけないし、たった数年、数十年で人口が急増するのはおかしいなぁと。もちろん、妻はどこから来たのでしょうということも。私には解説不可能です。う~ん、回答するんじゃなかったですねσ(^^)。
 私も、このケースで近親相姦も否定できないんですよ。カインとアベルのことがエバの教育方針の成果の違いだった?としても、いわゆる妹の存在=恋の争いという御推理もあながちすっとんきょうな推理ではないかもしれないと思います。妻も神が創ったというのは聞いたことがないしですね。やっぱり妹の存在が最も自然?ですよね。
 私は、神学者やキリスト教徒には悪いのですが、物語としての聖書には魅力がありますが、これが真理で教義だと言われると引いてしまう人間の一人です。nyannnyanさんがキリスト教徒だったらごめんなさいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。

お礼日時:2002/08/14 23:26

参考URLはキリスト教関係の出版社のQ&Aです。

まあ、こうとでも説明するしかないだろうけどねえ……という、かなりトホホな説明ですが。

まともな説明を考えるなら、聖書というのはユダヤ人が征服した諸民族の神話を取り込みつつ、つぎはぎによってに成立したものですから、矛盾があるのは当然で、突っ込んでもしょうがないですよ、ということになってしまいます。「楽園追放神話」と「兄弟殺し神話」と「追放された罪人神話」を、ユダヤ教に都合のいいようにカット・アンド・ペーストした結果が、こういう矛盾となって現われているんでしょう。

またそうした矛盾も丸飲みにして信じるというのが「信仰」というものの本質なんだろうと思います。

参考URL:http://www2.biglobe.ne.jp/~remnant/mujun.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2002/08/14 23:25

面白い御質問ですが……。

創世記の解釈ではこうありますが……。「自分が憎しみを持った弟を殺した今、両親が生み育てた弟や妹たち以外はこの地上に存在しないときに、彼(カイン)はその弟や妹たちを恐れて自分の愛する妻や子供たちを守る為に、誰も危害を加える者などいないというのに、恐怖におびえて城壁のある都市を建設した」。つまり、カインがその都市を建設したというらしいですね。よくは存じませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。
 でも、…ますますわけがわからないですよ。その「自分の愛する妻」というのはどこからわいて出たのでしょうか??

 それとももしかして、聖書には明記されていないけれども、実はカイン,アベル以外にももう一人妹(か姉?)がいて、アベルを殺した後でその妹ともども家出したのでしょうか。そして他の地で結婚し、妹は妻として子供を産んだと。
 当時は他に人間がいないのですから、他に方法がない以上は近親相姦といっても別に不道徳と非難するようなことではありません。がしかし、全人類の祖先である人間が近親婚をしていたというのはあまりに問題がありそうだったので、削除されたのではないでしょうか。
 もしそうなら、アベルを殺した原因は、実は恋の鞘当てだった?
 いかがでしょう。この推理は。

お礼日時:2002/06/23 16:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカイン

聖書を読んでいて思ったのですが、
弟(アベル)を殺したカインは、神に追放されましたよね。
それなのに、
「私がさすらい人になれば、出会った誰にでも殺される」
と云ったカインに、神が、
「カインを殺す者は7倍の復讐を受けるだろう」
と云って、カインに、殺されないようにしるしをつけたのは何故なんですか?
殺されてもいい…とゆうか、仕方ないと思うんですが…

出来れば、宗教学見地からのご意見を伺えないでしょうか。
いえ、個人的なご意見でも良いのですが、
「なるほど!」と納得出来るようなお答えを、ぜひ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

いろいろな見方があるかと思います。

出エジプトの時代に、ヤハウェの神は
『だれでも、人を撃ち殺した者は、必ず殺されなければならない』
という律法をイスラエル人に与えますが、それまでは殺人
についての明確な戒めはありませんでした。

ですので律法以前の時代においては、刑法の規定(現代的
に述べると)がないので、裁量的な判決を下していたので
はないでしょうか。


カインはアベルを殺してしまいますが、それに対して
『あなたは地上の放浪者となるでしょう』
と神は判決を下します。

その後で
『わたしを見付ける人は、だれでもわたしを殺すでしょう』
とカインが神に訴えると、
『だれでもカインを殺す者は七倍の復讐を受けるでしょう』
と答えます。

これは「あなたは死刑判決を受けたのではないから命を取
られることはないですよ」という確証を与えたのだと捉え
ています。


この神の「情状酌量」については、もっと後に出てくる
「ヨナ書」とかを読むとわかりやすいかもしれません。
ヨナ書では、ニネベの町に対して神が審判を下そうとし、
預言者ヨナを通して町の滅亡をニネベの町の人に宣告しま
すが、ニネベの町の人が罪を改めた時、神は思いとどまっ
てニネベの町を滅ぼすのを止めました。

いろいろな見方があるかと思います。

出エジプトの時代に、ヤハウェの神は
『だれでも、人を撃ち殺した者は、必ず殺されなければならない』
という律法をイスラエル人に与えますが、それまでは殺人
についての明確な戒めはありませんでした。

ですので律法以前の時代においては、刑法の規定(現代的
に述べると)がないので、裁量的な判決を下していたので
はないでしょうか。


カインはアベルを殺してしまいますが、それに対して
『あなたは地上の放浪者となるでしょう』
と神は判決を下します...続きを読む

Q王貞治監督って日本国民じゃないの?

今回のWBC関係のニュースで知ったのですが、
王監督って現在でも中国国籍なんですね?
国民栄誉賞も受賞されているしてっきり帰化されているのだとばかり。。。
と言うことはサッカーのジーコ監督と同じであくまで外国人監督で、もし王監督が現役だとしたら中国(台湾)代表としてWBCに出場出来ても日本代表としては出場でiきないのでしょうか?
これだけ素晴らしい方なのにやはり外国人なんですよね。。。
日本国民の定義ってやはり日本国籍を有する物なんですよね?
なんとなく気持ちがすっきりしません。
日本国民の定義と国民栄誉賞について詳しい方いらしたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。

 王監督は、父が台湾籍で、帰化をされていませんから、台湾籍です。
 監督自身が、父の国籍に誇りをもたれているようで、帰化をされていないようです。

>日本国民の定義ってやはり日本国籍を有する物なんですよね?

 法律的にはそうですね。

>日本国民の定義と国民栄誉賞について詳しい方いらしたらよろしくお願いします。

 日本国民である定義は、一番簡単なのは日本の戸籍に載っている方と言う事です(皇族は除きますが)。もう少し法律的に書きますと、両親が日本人の方(例外もありますが。アメリカなど出生地主義の国での出生です。アメリカで生まれた場合、アメリカ国籍にすることも出来ます。)、両親のいずれかが日本人で、日本国籍を選択された方と言う事になります。

 国民栄誉章は、国民の栄誉をたたえるのではなく、広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があった方に対して、その栄誉を讃えることを目的にしたものですから、国籍は関係がありません。ですから、第一号が王監督なんですね。

Qイエス・キリストの死亡日はいつですか?

イエス・キリストの亡くなった日は何年の何月何日でしょうか?
処刑された日のことです。
13日の金曜日であったのは作り話だという話を聞きましたが。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

聖書『ネヘミヤ記』第二章1節に「アルタシャスタ王の第二十年、ニサンの月」と書かれておりますがはっきりはせず、処刑されたのは、西暦30年4月7日金曜日と推定されています。

Q聖書の疑問(カインとアベルについて)

 神様が、兄カインの貢物は受け取らず、弟の貢物は受け取ったので、カインがアベルに嫉妬して殺してしまったと言いますが、なぜ神様はそんなことをしたのでしょうか?

 そんなえこひいきをするから悲劇が生まれたとしか思えないのですが・・。

Aベストアンサー

カインとアベル、二人の生業がミソです。
カインは農業、アベルは遊牧でした。
つまり、アベル=ユダヤ民族、カイン=他民族なのです。

旧約聖書は、ユダヤ民族のためのものですから、当然神に愛されるのは、ユダヤ民族、ということになります。
現代の感覚で見ると、えこひいきに見えますが、昔の宗教というものはそういうものです。

ことにユダヤ民族は、戦争によって自国を失った寄る辺のない民でしたから、民族としての統一感を守るためにも、
強く男性的で、しかも自分たちユダヤ民族のみを愛してくれる神が必要だったわけです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報