これからの季節に親子でハイキング! >>

200ml中、カルシウムを520mg含んでいることがセールスポイントの某社の乳飲料について、カルシウムの原材料を尋ねたところ、石灰石由来といわれました。

牛骨でも使っているのかなと思ったのですが、石灰石を食用に使えるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

純度の高い石灰石は炭酸カルシウムが99.何%以上なので、そのまま粉砕して食品添加物や医薬品に使うことができます。

これは重質炭酸カルシウムです。
また、石灰石を焼成して分解した後に炭酸ガスと反応させて再結晶させ、純度をさらに上げたものもあります。これは軽質炭酸カルシウムや沈降炭酸カルシウムと云います。

http://www.shiraishi.co.jp/calcium/product/food/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2007/05/25 10:19

多分、乳酸カルシュウムとして添加しているのでしょう。


その由来(原料)が、石灰石(炭酸カルシュウム)と言うことでしょう。

乳酸カルシュウムはありふれて利用されていますし、カルシュウムも容易に精製出来ますし、よほどドジなことさえしなければ問題ないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2007/05/25 10:19

こんにちは



石灰石をそのまま食べれば、問題ですが、
石灰石を溶かすと炭酸カルシウムなので、
溶け残った固形物を除けば、飲んでも
人体に問題ないです。

石灰石で出来た大地に雨で石灰石が溶け、
地中にしみこめば、竜泉洞や秋芳洞みたいになります。
あの水、飲めるでしょ。
実際に売ってるし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2007/05/25 10:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング