1.どのような歴史的、社会的背景から出てきたのか。
2.教育思想
3.受けた影響と与えた影響(日本も含む)
4.教育方法
  についてなんですけど、図書館に行っても本がなかなか見つかりません。レポート提出期日が明後日なので間に合いません。今からチョット遠い図書館に行ってみますが助けてくださいm(_ _)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

すでに参考のHPなどが挙がっていますので、私はそれ以外のものを。


きっとレポートのいい香辛料となるでしょう。

名著の一つ『エミール』は現代にまで影響をおよぼす教育論を展開しますが、
その著者であるジャン・ジャック・ルソーその人の現実とは相反します。

彼はそのような名著を後世に残しつつ、
自らの子らを、ことごとく孤児院へ送り込んでいます。

しばしば思想や理論・方法を評価するさいに、
その背景の倫理的側面からそれ自体が否定される場合がありますが・・・
さて・・・。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

すばらしい香辛料、ありがとうございました。今日中に頑張って終わらせます。助かりました。本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/01/20 20:09

今や教育学の名著として名高いルソーの『エミール』も出版当時は危険思想として焚書となり、ルソー自身もお尋ね者となったそうですね。



1760年にリュクサンブール元帥のモンモランシー邸で完成された『エミール』の原稿は、すぐさま国内で刊行されませんでした。18世紀中葉当時のアンシャンレジューム期のフランスでは、書物の検閲が行われており、『百科全書』(1751-80)を編集したディドロ(D.Diderot, 1713-84)やダランベール(d'Alembert, 1717-83)ら百科全書派に代表される啓蒙主義者たちの言論は大きく制限されていました。彼らに理解のある司法官マルゼルブが検閲を監督しており、『エミール』の出版に好意的な反応を示していたとはいえ、出版に危惧を抱いたルソーは、フランス国外での出版を当初主張していました。その後の紆余曲折の結果、『エミール』はパリとオランダで同じ1762年に出版されることとなりましたが、ルソーの不安は残念ながら的中します。

出版後、パリの高等法院は、反宗教・反王権の罪により、『エミール』の焚書と著者ルソーの逮捕を命じます。やむなくルソーは、以後10年近くにおよぶ放浪生活を余儀なくされたのです。パリ版がこのような運命をたどる一方で、オランダ版は、ここでも出版禁止となる前に、各地に広がっていきました。しかし、出版された1762年のうちにも、すでに多くの偽版が出現しており、現在ではもはや本物の初版かどうかは慎重な確認作業が必要となっているようです。

教育思想・教育方法については

http://ha3.seikyou.ne.jp/home/Kazuhiro.Yamaguchi …

http://members.tripod.co.jp/rgotou/edu11.htm
あたりが参考になるのでは。

影響に関しては、
http://www.tulips.tsukuba.ac.jp/pub/tsukubane/24 …

ちなみに老婆心ながらこれを見ることもお勧めします。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~hmminami/ronbun.htm

参考URL:http://ha3.seikyou.ne.jp/home/Kazuhiro.Yamaguchi …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ここまで詳しく教えていただき、本当にありがとうございました。今日中には何とか終わらせます。本当の本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/01/20 20:07

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qルソーの一般意思ってなんですか

ルソーが言った一般意思っていうのはなんですか?
全体意思との違いなども簡単に教えていただけるとうれしいです。
ウィキペディアなどで見たのですが、どうも私には難しすぎてさっぱりわかりませんでした。
なんか高校の政経の授業で一般意思は代表しない、とか
なんかそんなようなことを先生が言っていたような言わなかったような、、、でもうろ覚えなので意味はわかっていません。
素人なのですがわかりやすくおしえていただけないでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

なるべく簡単に書きます。
簡単すぎて、不十分な点はあると思いますので、ここらへんをもっとくわしく知りたい、という問題意識がおありでしたら、補足要求してください。

国家というものはどうつくられるべきか、ということをルソーは考えます。
単独で、孤立した個人が集まって作る国家はどういうものが望ましいか。
それは、ひとりひとりが自己の利益を脇に置いて、共同体全体の利益を考えるような、そういう意識をよりどころに結びついたような共同体である。

ひとりひとりの利益を追求するのが「特殊意志」
「特殊意志」を単純に加算していったのが「全体意志」
「一般意志」というのは、社会契約のもとに集まった、共同体の意志です。

そこでは、各個人の意志は「一般意志」にすっぽりと呑みこまれていきます。
ルソーは『社会契約論』でこう言っています。(引用は.「社会契約論」 『世界の名著 36 ルソー』所収)

-----
この社会契約のあらゆる条項は、よく理解されるならば、ただ一つの条項に帰着する。すなわち、各構成員は、自己をそのあらゆる権利とともに共同体全体に譲り渡すということである。それはなぜかというと、まず第一に各人はいっさいを譲り渡すので、万人にとって条件は平等となるからであり、条件が万人に平等であるなら、だれも他人の条件の負担を重くすることに関心をいだかないからである。
-----

重要なのは、「自己をそのあらゆる権利とともに共同体全体に譲り渡す」という点。
個人は社会契約を結ぶ時点で「特殊意志」を捨て、「一般意志」に委ねるのです。

つまり、個人は個人の自由を手放し、共同体の一員となることによって初めて真に自由になれる、とルソーは考えたんです。「特殊意志」を捨てて「一般意志」のもとにみずからを従属させることで。そうすることで、人間は自己のもつ最高の可能性が発揮され、最高の自由を手に入れることができる、と。

なるべく簡単に書きます。
簡単すぎて、不十分な点はあると思いますので、ここらへんをもっとくわしく知りたい、という問題意識がおありでしたら、補足要求してください。

国家というものはどうつくられるべきか、ということをルソーは考えます。
単独で、孤立した個人が集まって作る国家はどういうものが望ましいか。
それは、ひとりひとりが自己の利益を脇に置いて、共同体全体の利益を考えるような、そういう意識をよりどころに結びついたような共同体である。

ひとりひとりの利益を追求するのが「特...続きを読む


人気Q&Aランキング