ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

中実の丸棒において
S45Cとアルミニウムの引張試験を行った際、

S45Cは引張方向に対し水平に破断するのに対し
アルミニウムは引張方向に対し45度の方向に破断するのはなぜですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

s45c」に関するQ&A: S45Cの熱処理について

A 回答 (2件)

試験片の延性の度合いで大まかな破断面の形状(タイプ)が変わります。



脆性材料>>>延性材料と延性の度合いが変化した時、

A)垂直破壊する物
  ↓
B)カップアンドコーン型破壊する物
  ↓
C)チゼルポイント型破壊
 または、傾斜破壊

S45Cは硬鋼に該当するので脆性材料とみなしてもOKだと思います。なのでA)の形だったのだと思います。

アルミニウムの場合は、純アルミだと仮定すると延性材料なのでC)の形になったのだと思います。


(余談ですが)
私は学生時代に、「球状黒鉛鋳鉄」という脆性材料の引張試験を行ってその破断面を電子顕微鏡で観察する、 ということを実際やってましたが、普通に見た限りでは引張方向に対して水平の断面ですが破断面の最外周部を電子顕微鏡で観察すると45度の傾斜部も確かに存在してました。
いくら脆性材料とはいえ塑性変形もするのだなぁ~という感想を持ったこと思い出しました。^ ^;)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
たいへん参考になりました。

お礼日時:2007/06/24 00:31

 まず S45C という材料は知りませんので、一般論になります。

コンクリートの圧縮試験から連想すると、45度方向の破断になると思います。
 純圧縮や純引張りで、45度方向に最大応力が発生するのは、力の釣り合いからの帰結なので、どんな材料にも成り立つと思います。
 ただし材料に異方性がある場合、必ずしも45度の破断面とは限らないと思えます。例えば、水平方向の強度が、45度方向の強度よりかなり小さい場合などです。
 S45C は当初は等方性材料であっても、荷重の作用により、異方化したのかな?、と想像しました。
 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q材料力学 引張試験カップアンドコーン現象

今、カップアンドコーンについて調べているのですがわかりません。
軟鋼とアルミで引張試験をして、破断した時にカップアンドコーンという現象の破断面になりました。カップアンドコーンとは、なぜ起きるのですか?あと、カップアンドコーンについて知っている事教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

う~ん 詳しく説明するとかなり専門的になりますね
専門的な話は僕もよくわかりません(笑)
ですので簡単な話をおば

カップアンドコーンの破断面をよく思い出してみましょう
平な部分と斜めの部分がありますよね
平らな部分というのは垂直応力によって破断しています
これは感覚的にわかるでしょう 

これに対して斜めの部分はせん断応力によって破断しています
最大せん断応力は主軸(試験片を引っ張っている方向)から45°をなす面で
働くって聞いたことありませんか?

カップアンドコーンとは
試験片内部では垂直応力が主に働いていて,
試験片表面部分ではせん断応力が主に働いているということを表していると
言えるでしょう.

材料力学の本などをみて確認してみてくださいな

Q材料のネッキングは何故おこる?

延性のある材料を引張試験にかけると材料にネッキングが生じますが、これは何故なのでしょうか?
それまで均一に伸びていた材料の一部だけが急にくびれる理由が分かりません。
どなたかお分かりの方がおられましたら教えてください、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そもそも、くびれない方が不思議だと思いません?
同じ断面積の平行部を引張って、もし、ちょっとでも細いところが
あると、そこは応力が高いものだからよけい変形する(細長くなる)、
するとより断面が減少、応力が増加してますます変形・・・。

金属材料がこのようにならないのは、加工硬化があるからです。
何かのはずみで他の部分よりもよけいに変形した部分は、断面積は
減少してより応力が高くなりますが、それを補うくらい材料の強度が
自動的にあがります。これが加工硬化。
金属材料のもっとも優れた特徴の一つです。

但し材料は加工硬化でいくらでも強度が上がるわけではなく、
だんだん、その強度の増加加減は減ってきます。
変形による断面積減少に、加工硬化が追いつかなくなった時点で
材料はくびれ始める、ネッキングを生じることになります。

Q降伏点 又は 0.2%耐力とはなんですか?

降伏点 又は 0.2%耐力というものを教えて下さい。
SUSを使って圧力容器の設計をしようとして、許容引張応力とヤング率だけでいいと思っていましたが、どうも降伏点 又は 0.2%耐力というものも考慮しなければいけないと思ってきました。
どなたかご助言お願い致します。

Aベストアンサー

●二つの材料強度
 金属材料の機械的特性のうち、一般に強度と呼ばれるものには
 ・引張強度
 ・降伏強度
 この二つがあります。

 引張強度はその名のとおり、引張荷重を上げていくと切れてしまう破断強度です。
 いわば最終強度です。

●降伏強度とは
 さて、ある材料を用意し、引張荷重を徐々にかけていくと、荷重に比例して
 ひずみ(伸び)が増えていきます。
 ところが、引張強度に達する前に、荷重とひずみの関係が崩れ、
 荷重が増えないのに、ひずみだけ増えるようなポイントが現れます。
 これを降伏と呼びます。

 一般に設計を行う場合は、降伏強度に達することをもって「破壊」と考えます。
 降伏強度は引張強度より低く、さらに降伏強度を安全率で割って、
 許容応力度とします。大きい順に並べると以下のような感じです。

 引張強度>降伏強度>許容応力度

●0.2%ひずみ耐力
 普通鋼の場合は降伏点が明確に現れます。
 引張荷重を上げていくと、一時的にひずみだけが増えて荷重が抜けるポイントがあり
 その後、ひずみがどんどん増え、荷重が徐々に上がっていくようになります。

 ところが、材料によっては明確な降伏点がなく、なだらかに伸びが増えていき
 破断する材料もあります。鋼材料でもピアノ線などはこのような荷重-ひずみの
 関係になります。

 そこで、このような明確に降伏を示さない材料の場合、0.2%のひずみに達した強度を
 もって降伏点とすることにしています。

●二つの材料強度
 金属材料の機械的特性のうち、一般に強度と呼ばれるものには
 ・引張強度
 ・降伏強度
 この二つがあります。

 引張強度はその名のとおり、引張荷重を上げていくと切れてしまう破断強度です。
 いわば最終強度です。

●降伏強度とは
 さて、ある材料を用意し、引張荷重を徐々にかけていくと、荷重に比例して
 ひずみ(伸び)が増えていきます。
 ところが、引張強度に達する前に、荷重とひずみの関係が崩れ、
 荷重が増えないのに、ひずみだけ増えるようなポイントが現...続きを読む

Q材料引張り試験について

今回、引張試験機でS45CとSS400の丸棒の引張試験を行いました。
そして、実験で得られた結果と文献で調べた降伏点、引張強さと差が生じていました。この差が生じた理由は何ですか?
他の材料(アルミや木材等)の引張試験で得られた値とS45C、SS400との違いは何ですか?
機械部品の強度設計の時に、引張試験で得られた強度値はどのようにして使用されるのでしょうか?
引張試験で得られた強度値と他の試験結果との関係はどのような物でしょうか?
一度に複数の質問すみません。

Aベストアンサー

わかる範囲だけですが、
実験で得られた結果と文献で調べた降伏点、引張強さと差が生じていました。この差が生じた理由は何ですか?
>どの程度の誤差ですか?材料は文献と全く同じ材料ですか?
数%とかなら、材料仕様と測定誤差かと思います。

他の材料(アルミや木材等)の引張試験で得られた値とS45C、SS400との違いは何ですか?
>木材には降伏点がありませ。各材料が同じ挙動をしないので、項目を絞らないと答えられません。

機械部品の強度設計の時に、引張試験で得られた強度値はどのようにして使用されるのでしょうか?
>多軸応力状態を引張り試験で得られた応力状態に換算して、引張り試験で得られた降伏点等の以下(当然安全率は考慮)となるように設計します。

引張試験で得られた強度値と他の試験結果との関係はどのような物でしょうか?
>他の試験結果とは何でしょうか?

Q引っ張り強度の表示について

鉄の引っ張り強度で520Nとかかいてありますが これは、どのような鉄の強さでしょうか?厚みが何ミリで幅が何ミリの鉄の強度でしょうか教えてください。ド素人です。

Aベストアンサー

520N/mm2はSI単位で、旧単位のCGSだと53Kgf/mm2となります。
SI単位の数値を9.8で割って下さい。

Q【Excel】3軸以上のグラフを作成できますか?

Excelでグラフを作成する場合
Y軸が2本で平面のグラフまでは
標準で用意されていると思うのですが、

例えば下のようなX軸が共通でY軸が3本以上必要となる(吸塵率「%」・粉塵量「個」・騒音レベル「dB」)
表をグラフ化する場合
どのようにすればいいのでしょうか?

銘柄   吸塵率% 排気中粒子 駆動音平均
手軽    16.3%      0個    54dB
排気0   13.4%    4000個    60dB
JET    35.3%    1000個    62dB
かるワザ 67.5%      0個    63dB

(表記中の固有名称その他は現実のそれとは何ら関係なく・またデータも説明用に一時的に作成されたものとする)

Aベストアンサー

 散布図でダミーのY軸を作成作れば、3軸でも4軸でも可能です。ただ、その軸をどのように配置するかという問題があります。
 また、3軸なら「三角グラフ」、4軸なら「Jチャート」というグラフもあります。2つとも散布図を工夫すれば、Excelで作成可能です。

 しかし、今回の表の場合は、作成元のデータを加工して、スネークプロット(縦の折れ線グラフ)またはレーダーチャートを作成したらいかがでしょうか。

 データの加工は、偏差値・達成率・最大値の対する比率などを使って基準を揃え、評価が高いほど値が高くなるように調整します。

Q引張試験について

先日、学校で軟鋼の引張試験の授業があったのですが
破断位置が中心からかなりずれてしまいました。
破断位置のずれてしまった原因についてご存知の方、教えて頂けないでしょうか。
初歩的な質問ですみません。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 中心とは試験片平行部の中心部と思いますが。引張試験の破壊は「延性破壊」と言われる破壊形式です。延性破壊のメカニズムを調べてみれば分かりますが、不純物や非金属介在物等の周りに母材との変形の相違から空隙ができこれらがつながってき裂化します。
 電子顕微鏡で観察した破面の中心領域は空孔が連結したディンプル(えくぼ模様)と言われる破面になります。従って、このような現象は試験片平行部のどこでも起こる可能性があり、一番強度的に弱い(介在物など多い)部分からくびれが生じ破壊します。試験片平行部の中心から破断が生ずる根拠はありません。ただし、通常の引張試験のように試験片平行部が同寸法(同じ直径)で同じ荷重条件であることが前提ですが。

Q硬さの単位について教えてください。

硬さの単位で、普段はビッカース硬さ[Hv]の表示に慣れているのですが、
たまに[GPa]の表示がされているときがあります。
この2つの単位の関係を教えていただけないでしょうか?
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

HBはブリネル硬さです。これは鋼球を押しつけたときのへこみを測定するもので、ビッカースの方はダイアモンドのクサビを押しつけて測ります。詳しくは下記を参照して下さい。

参考URL:http://www.unichemy.co.jp/GihouBackNm/htmVol32-2/gihou32-2.htm

Q引張速度が引張試験に及ぼす影響

先日、実験で引張試験を行い引張速度が及ぼす影響について考えていました。
いろいろなサイトを見ると
「引張速度が上がる(速くなる)と一般に、降伏点や引張強さなどの値を上昇する」
と書いてあるのですが
なぜ、引張速度が上がると降伏点や引張強さが上昇するのですか?
教えてください。

Aベストアンサー

簡単な例で考えましょう。

ある一定の力F1をかけた場合に、伸びる速度がv1だったとしましょう。

F1より少しだけ大きい力F2をかけたら、伸びる速さv2はどうなると思いますか?

v2はv1より少しだけ速くなるでしょうね。

このことから、いろいろな条件で元の速度に対して少しだけ早い速度のグラフをプロットすれば、降伏点や引張強さなどの値が上昇することが直感的にわかると思います。

もう少し具体的な例で言えば、小さな力でも長時間かけ続けているとクリープする材質がありますよね?
しかし、そういう材質でも短時間で変形させようとすると大きな力が必要になります。

Q真応力と真ひずみの定義(真応力は定義式)を教えてください。

真応力と真ひずみの定義(真応力は定義式)を教えてください。

あと、材料の応力-ひずみ線図において
塑性領域では真応力、真ひずみを使う理由も教えて欲しいです。

Aベストアンサー

試験片を引っ張ると引っ張る方向に延びるとともに、断面が縮みます。応力は荷重を断面積で割ったものであるとすればこの縮み分を考慮に入れようというのが真応力力、真ひずみの考え方です。塑性領域では断面の変化が大きくなるから真応力、真ひずみを用いる必要性が高くなります。

参考URL:http://www.eng.u-hyogo.ac.jp/msc/msc12/HIT/html/tests/stress-strain.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング