岡野玲子さんの「陰陽師」で「呪」についての説明がありましたが、「名前」というものに関しての質問です。
 名前を隠すというのは「ゲド戦記」(未読ですが)の「真の名」に代表されるように西洋(ケルトか?)に多いと思うのですが、日本の文献でも名を隠すというのはみられますか?たとえば日本の場合、、戦いの前に自分の名をまず名乗ってから行動をおこしたりします。すぐ金縛りになっちゃう(笑)。個人の名前が人生の内で何度も変わったり、役職名だけが残っていたりして、名前が呪としてどのように重きを置かれていたのか自信を持って結論に達することができません。
 「名前」や「呪」に関する文献や、岡野玲子さん(若しくは夢枕獏さん)がこの部分を何を元にして書かれたのか、ご存知の方がいらっしゃったら教えて下さい。あなたの考えでも結構です。

A 回答 (3件)

 手元に資料がなくて、記憶に頼って答えざるをえないのが申し訳ないですが、一応。



 日本にも「本当の名前を隠す」習慣はありました。
 まず、奈良時代以前の万葉歌謡の時代ですと、男が娘に名を尋ね、娘が「真名(まな)」を名乗ると婚姻を受諾したものと見なされました。「名」が、その本体と同一視される言霊思想の反映と考えられます。
 それから平安時代。女流文学者たちの名前として、紫式部、清少納言、和泉式部、赤染衛門など、多くの女性の名が残されていますが、これらはどれ一つとして彼女らの「本名」ではありません。「女房名」です。七曲署捜査一課に配属された新人刑事が、「よぉし、おまえは今日からラザニアだ!」と勝手にニックネームがつけられ、二度と本名で呼んでもらえないのと同じことです。本名で呼び合うことを「忌むべきこと」とする習慣が、宮中にはあったのです。やはり、本名が呪詛に使われるのを恐れてのことでしょう。
 ですから、宮仕えしていなかったり、たまたま女房名が忘れられたりした女流文学者の場合、「藤原道綱母」(蜻蛉日記)とか「菅原孝標女」(更級日記)とか、親類縁者との関係でしか呼ばれていない女性たちもいるわけです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

親切な回答ありがとうございます。やはり本名は隠すものなのですね。
ところで、平安時代の女性は本名は持っていたのでしょうか。女性には名前をつけないという話を聞いた事があるのですが(男尊女卑から?)。

お礼日時:2001/01/22 22:01

日本や中国には「字(あざな)」と「忌み名(いみな)」がありますね。


たとえば、西郷隆盛の字は吉之助で、いみ名は隆盛です。西郷さん本人は自分のことをいつも吉之助と名乗り、一生涯隆盛と名乗った事はないそうです。もっとも隆盛という忌み名は間違いだったという話もありますけど・・・。
中国では三国志で有名な諸葛公明がいますが、公明は字で、忌み名は亮です。主人の劉備や父母以外は亮という忌み名は知らなかったはずです。
日本では、会社の上司の事を階級である「部長」「課長」で呼び「××さん」とは普通呼びません。これは名前による呪を忌むことの名残りだと言われています。
「呪」に関しての文献ですが、「陋巷に在り」(酒見賢一)が参考になると思います。(学問的な知識を得たいのなら不向きかもしれないですけど)

この回答への補足

他にもまだまだ回答受けつけてますのでよろしくお願いします。

補足日時:2001/01/22 22:11
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
本名というものを日常で使わなかったり記録に残さないのなら、歴史人物の本当の名前は確かに調べにくい問題ですね。
酒見賢一さんの本は以前に「童貞」というものを読んだことがあり、「陋巷に在り」にも少なからず興味があります。ご推薦ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/22 22:10

ozapanさんに追加です。



武士の世の中になってからも本名ではほとんど呼びませんでした。本名で呼んでいいのは主君だけでした。
例えば徳川三郎次郎家康。これがフルネームです。しかし、三郎次郎を使ったり、官職名で呼んだりします。
特に(松平)伊豆守、(吉良)上野介等の名前を武士が勝手に名乗ってそれを自分の通称にしている場合が多いですね。
これは昔の貴族が地方行政官に任官されたとき領地+官名を名乗っていたのを真似したのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ほう!三郎次郎というのですか!まったく知らなかったことを教えてくださってありがとうございます。じゃあ、戦いの前に名乗るシーンは後世の創作か、必ずしも本名を名乗ったわけではないということですね?

お礼日時:2001/01/22 22:03

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q現在でも陰陽師はいますか?陰陽道ならともかく

最近そのかたはTVで見かけないのですが、ネットだは、正当陰陽師と書いておられます。
たいしか陰陽師は律令制廃止とともに陰陽寮も廃止でその役職が無くなり正当陰陽師はいなくなったと聞きますが。

Aベストアンサー

陰陽師は正式には存在しておりませんよ
陰陽師とは律令制により陰陽寮に置かれた職位(官位)で、陰陽寮が解体された現在、陰陽師と言う官位は存在しません。
陰陽寮には陰陽師以外にも陰陽頭を筆頭にさまざまな官位が存在しておりましたが当然、それらも現在は存在しておりません。

もっとも、広義の陰陽師は存在していてもおかしくはありませんね
陰陽寮が解体されたといっても陰陽道の技術や精神が失われた訳ではありません
独自に陰陽道を学んだり、先人から受け継いだりしている人が「陰陽師」を名乗ることはあるでしょう
言ってみれば「家元」がなくなってしまった流派を学んだ人が、勝手に「師範」とか「名取」を名乗るようなものです
陰陽寮という制度自体がなくなってしまっているので、権威を借りたいヤツとか偽物が跳梁跋扈している現状のようです

なお、陰陽頭を務めていた「土御門家」は、かの「安倍晴明」の末裔です。
陰陽寮解体とともに律令制の官位は失いましたが、新政府の元で爵位を得ているはず

彼らの行ってきた「陰陽道」の流れは「天社土御門神道」として現在も受け継がれています

http://tsuchimikado.ehoh.net/

陰陽師は正式には存在しておりませんよ
陰陽師とは律令制により陰陽寮に置かれた職位(官位)で、陰陽寮が解体された現在、陰陽師と言う官位は存在しません。
陰陽寮には陰陽師以外にも陰陽頭を筆頭にさまざまな官位が存在しておりましたが当然、それらも現在は存在しておりません。

もっとも、広義の陰陽師は存在していてもおかしくはありませんね
陰陽寮が解体されたといっても陰陽道の技術や精神が失われた訳ではありません
独自に陰陽道を学んだり、先人から受け継いだりしている人が「陰陽師」を名乗ること...続きを読む

Q引用文献と参考文献の両方に、一つの文献を書いても良い?

卒業論文を書くにあたって質問があります。
論文の最後に「参考文献」と「注」を書くのですが、そこで迷ったことがあります。
「注」の欄に引用した文献を記載して、さらに同じ文献を「参考文献」として記載してもよいのでしょうか?
つまり、ひとつの文献を、「注(引用文献)」と「参考文献」の両方に書いてもだいじょうぶでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

両方書いても大丈夫でしょう。

引用した箇所に注を施して末尾に書くのは基本的なルールですが、その引用した箇所以外にも、その文献をすべて読み、その内容を自分で咀嚼した上で、論文中に内容を反映させたとしたとすれば、むしろ、参考文献として必ず挙げておくべきではないかと思います。

参考にしたのが引用した一箇所だけとか、その引用自体も論文の主旨からいえば些末なことであるならば、わざわざ参考文献として列記する必要はないと思いますが、重要な参考文献であると思うのであれば、参考文献として挙げればよいと思います。

私が卒業論文を書いたのはもう随分前のことですし、文系、理系、その他、学科の違いで引用文献の扱いも違うのではと思うので、あくまで参考ということで。

Q陰陽師がらみのマンガありますか?

タイトルに「陰陽師」となくても、陰陽師が活躍しているマンガはありますか?
あったら教えて下さい。

Aベストアンサー

あしべゆうほさんの「雷鳴の符」はどうでしょうか?
秋田書店のボニ-タコミックスデラックスから発売されてます。
発行数は少ないのですが、8月に発売されたばかりなので、大きな本屋さんならまだ手に入ると思います。

作者のあしべさんは、「悪魔の花嫁」「クリスタル★ドラゴン」などで有名な方です。
「雷鳴の符」は、久々の和物ですが、ファンタジーものの作品や、その画力の素晴らしさには定評があるあしべさんの世界を堪能することができます。

それから、安倍晴明公に関する小説やマンガを集めた書評ページのURLを載せておきますね。

参考URL:http://seimei.nihon.to/booksbbs/index.cgi

Q参考文献中の参考文献を参考にする?

レポートを書いているのですが参考文献の書き方に困っています。
ちょっとややこしくて説明になっているか不安ですが。。。

「(1)参考文献」として見つけたサイト中で
「(2)参考文献として取り扱われているサイト」の引用内容が参考になりました。

それを私の参考文献としてレポートに書くとき、どのように扱ったらいいのでしょうか?

大本の「(1)サイト」を題名・発行など、私のレポートの参考文献として書くだけでいいでしょうか?

それとも、その大本のサイトが参考にした「(2)サイト」を参考文献として書くべきなのでしょうか?

大本のサイトが参考にした「(2)サイト」を検索してみると、
会員制のみが見られる論文サイトのようで一般の人が見ることはできず、
結局、私が参考にできたのは、大本「(1)サイト」が参考にしたという引用部分だけです。

わかりにくてすみません。
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

一般的には(2)を読んでから参考文献にあげるべきだと思います。

ただ、レポートであれば(1)が(2)を参照していたということを書けばいいと思いますよ。

あとは、(2)を読んでいないのに(2)を参考文献に上げて読んだように見せかけるといったことも実際にはやられているようです(いけないことだと思いますが)。

(2)の著者にメールなどを出来る手段があれば、問い合わせるといったこともいいのではないでしょうか?

Q陰陽師とは宗教? 占い?

陰陽師の本物とは何なの?
霊が見えると思えませんが
陰陽師の占い中などで使うチンプンカンプンな言葉
呪文のような言葉は
意味不明な言葉は 中国語? インド語? 適当なのでしょうか?

陰陽師とは
神教? 仏教?  ビジネス? 

Aベストアンサー

陰陽師というのは#1の方が書いていらっしゃる通り
中国の陰陽五行説を基礎に、神道、修験道、密教、道教などを取り込み
日本で独自の進化を遂げた陰陽道を学んで実践している人のことですね。

平安時代前後は政治から民衆の習慣に至るまで迷信に支配されており
先々の出来事を知ろうとして多いに占いが流行しました。
そのニーズに応えるために天文学と暦学
つまり占星術や四柱推命のような占いに使うための勉強を修めた人が
朝廷でも民間でも重用されるようになりました。
これが陰陽師の走りです。
後に安倍家と賀茂家の二家が陰陽道を公に受け継ぐことになりますが
戦乱時代から江戸時代に移るにつれて二家とも衰退していき
民間で伝承されてきた陰陽道に由来するまじないや占いをする人なども
明治政府が迷信の流布を禁じたことで姿を消しました。
ですので現在「陰陽師」と名乗れる人はほとんどいないはずです。
四国に陰陽道の秘儀を保ってきた人々が現在もいるとは聞きますが
公の場で身分を明かすようなことはしないのではないでしょうか。

「呪文のような言葉」についてお尋ねですが、陰陽道においては
道教の呪文、日本神道の祝詞、真言密教の経文など
様々な呪言を使っていたようです。
チンプンカンプンと仰られるのなら、密教の真言かもしれませんね。
サンスクリット語というインドの古い言語です。
真言宗では現在でもお経として使われています。

特定の信仰があるわけではないので、宗教者ではないと思います。
あえて言うなら、拝み屋、占い師というのが近いように感じます。

陰陽師というのは#1の方が書いていらっしゃる通り
中国の陰陽五行説を基礎に、神道、修験道、密教、道教などを取り込み
日本で独自の進化を遂げた陰陽道を学んで実践している人のことですね。

平安時代前後は政治から民衆の習慣に至るまで迷信に支配されており
先々の出来事を知ろうとして多いに占いが流行しました。
そのニーズに応えるために天文学と暦学
つまり占星術や四柱推命のような占いに使うための勉強を修めた人が
朝廷でも民間でも重用されるようになりました。
これが陰陽師の走りです。
...続きを読む

QSS400 許容引張応力値 機械文献or建築文献 どちらを採用?

 SS400の各温度における許容引張応力は0°Cから350°Cにおいて100N/mm2(JIS G3101 1995)なので通常室温にて用いる際は100N/mm2と理解しています。
一方 一般構造用鋼材 許容応力(引張)は結果的に基準強度と同等で2400キログラム毎平方センチメートル(建築基準法令行令 第90条、昭和55年建設省告示第1794号)となっております。
つまり前者は10000N/cm2、後者は24000N/cm2 どうしてこんなに違うのでしょうか?
機械計算がらみの場合は前者を、建築物がらみの場合は後者の許容引張応力の値を使うことになるんでしょうか?

Aベストアンサー

なるほど、経験者の方でしたか。しかも圧力容器ですか。
私は全く設計したことがありません。(失礼しました)

私の持っている材力のテキストの「フープ応力」の例題を見ると
「板の引張強さを、40kg/mm^2として、安全率を4とする」と
なっていました。これぞ、まさに許容応力=100N/mm^2ですね。

そこで調べてみると、「圧力容器構造規格」なるものが見つかり
ました。(参考URLの第4条、一のイ ヤッター!)

あと他に、こんなものも見つかりました。
 ↓
http://www2u.biglobe.ne.jp/~xbm95632/hp110.htm
これは、ちょっと…という内容ですが、勉強になりますよ。
(ちょっと酔いますが)

では、失礼します。

参考URL:http://www.jaish.gr.jp/anzen/hor/hombun/hor1-10/hor1-10-4-1h1-0.htm

Q陰陽師とはなれるものなのですか?

どこで聞いて良いのか分からなかったので、ここで質問させていただきます。間違えていたらすみません。
本題です。ある友人が、「陰陽師になりたかったけど、歴史が出来ないからなるのをやめた。」と言っていました。もちろん職業として、選ぶということです。実際陰陽師というものは、言い方は変ですが、誰でもなれるものなのでしょうか。陰陽師の一族でないとなれないとかはあるのでしょうか?
また、陰陽師は占いやお祓い以外にどういうことをする人なのでしょうか。
もし、知っている方いらっしゃいましたら、教えてください。
長々と失礼しました。

Aベストアンサー

陰陽師というのは昔は国家公務員でしたから、採用されてちゃんとした教育を受けなければならず誰でもなれるものではありませんでした。
ただ、その時代にもこれらの国家公務員とは別に陰陽道を学んだ民間の陰陽師はいました。
いまは、別に陰陽師の資格などなく、誰かに認定してもらわねばならないということはありませんから陰陽道を知っていれば(マスターしていれば)誰でもなろうとすればなれます。
自分で名乗るだけなら自由ですし。
その他陰陽道については下記URLを参照してみてください。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/haruakira/onmyoudou/top.html

Q引用文献と参考文献ってありますけど違いがよく分かりません。

引用文献と参考文献ってありますけど違いがよく分かりません。
説明お願いします。

Aベストアンサー

引用文献とは、その中の文言を引用した文献。
 正式な学術論文では、或る文献から引用を行った際は、その文献の著者・出版年次・タイトル・出版社を明記し、更にその本の何ページ目から引用したかを明記しなくてはなりません(しないと無断引用になり、最悪の場合は剽窃と言われます)。

参考文献は、自分の著作を書く上で漠然と参考になったという文献です。

だそうですよ。

yahoo知恵袋
参考文献と引用文献の違いについて教えてください。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1012765510

参考URL:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1012765510

Q陰陽師の出てくる小説

「陰陽師」といえば夢枕獏さんしか浮かばないのですが、その他で面白い陰陽師の小説などないでしょうか?
安倍清明でも、舞台が現代のものでも、とにかく「陰陽師」がメインのものを探しています。

1.文庫本で手に入れやすいもの
2.主人公が少年ではなく、ストーリーのしっかりしているもの
3.舞台が昭和でないもの

以上の条件でオススメのものがありましたら、お願いします。
2,3ですが、これはなぜか好きになれないので…。

また漫画でも何かありましたらお願いします。
(岡野玲子さんと岩崎陽子さんは読みました)

Aベストアンサー

高橋克彦氏の「鬼シリーズ」
「鬼」(ハルキホラー文庫)「白妖鬼」(講談社)「長人鬼」(ハルキホラー文庫)「空中鬼」(祥伝社)
平安時代の陰陽師『弓削是雄』(ゆげのこれお)と仲間達が怪異のなぞに挑む話です。
「空中鬼」以外は読みましたが、結構面白かったです。
参考までに

Qキリスト教の聖書や、ギリシアの古典文献などの文献に、文章ごとに番号がつ

キリスト教の聖書や、ギリシアの古典文献などの文献に、文章ごとに番号がついていますね。たとえば、[ヨハネ:1:14]とあれば受肉という考え方の源泉であるとか。あのような番号を振るやり方は、ヘブライ語、ギリシア語、英語、日本語に共通ですから便利ですよね。おそらく近代西欧の文献学者が作り上げた方法だと思うのですが、あれは何というのでしょうか? つい最近まで情報処理工学で使っていた「コーデックス」がそれに該当する言葉だと思って使っていました。ところが、史学で使う「コデック」も、冊子という意味だそうで、巻物から冊子に変わった頃の3世紀頃から西欧では用いられていたそうですが、「文章番号をふる」という意味ではないですね。インデックスは、固有名詞などが出てくる頁ですし。 どなたか教えてください。

Aベストアンサー

ギリシャの古典文献はルネサンス期の校定本のページを参照する数字とアルファベットが付くものがあります。
定訳はありませんが英語ではpagenationといいます。

例えばプラトンの著作は「国家」は327aから621dの記号が振られており、書籍の体裁が違っていても同じ箇所を参照することができます。これは16世紀の編纂者ステパヌスによる「プラトン全集」でのページ番号とほぼ10行ごとにつけられたアルファベットで、その後に出版された校定本や翻訳なども踏襲しています。日本語訳とOxford Classical Textsを並べて参照したいときなども便利です。例えば「国家」第7巻冒頭には514aという番号が振られています。

http://plato-dialogues.org/stephanus.htm

3枚目の写真は「国家」7巻冒頭ですが、このページ数の514と、二つの組版(左がギリシャ語、右がラテン語訳)の間にA,B,Cと振られていますよね。これが番号の正体です。

複数ある手書きのcodexを整理して一つにまとめ組版して量産する過程で初めて用いられたものです。羊皮紙写本の時代にはなかった発想です。

言ってみればモーツァルトの楽曲に付いているケッヘル番号みたいなものです。

プラトンは以上の通りですが、ギリシャの古典文献でも叙事詩は巻と行番号、演劇は行番号というようにジャンルによる違いもあります。

ギリシャの古典文献はルネサンス期の校定本のページを参照する数字とアルファベットが付くものがあります。
定訳はありませんが英語ではpagenationといいます。

例えばプラトンの著作は「国家」は327aから621dの記号が振られており、書籍の体裁が違っていても同じ箇所を参照することができます。これは16世紀の編纂者ステパヌスによる「プラトン全集」でのページ番号とほぼ10行ごとにつけられたアルファベットで、その後に出版された校定本や翻訳なども踏襲しています。日本語訳とOxford Classical Textsを並べて...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報