以前、液体酸素を入れた試験管の中に、火をつけた線香を入れると激しく燃焼するという実験を本か何かで見たことがあります。
液体の中で物が燃えるのが意外で、興味をひくおもしろい実験だなと思ったのを覚えているのですが、かなり前のことで、何を見たかは覚えていません。どのような手順で、どのような点に注意して実験すればいいのでしょうか?
何か実験書、もしくは、それを紹介したHPなどはご存知ないでしょうか?
中学校の生徒でもできるでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

寒剤」に関するQ&A: 寒剤における融解熱

A 回答 (4件)

皆さんが書かれているように,危険なのでやめた方がよいと思います.


酸素を空気の濃いもののように思うのは大きな間違いです.
酸素中に赤熱した鉄線を入れると,火花をあげて燃える実験がありますが,
そのあたりからも危険性は想像できると思います.

酸素の液体と標準状態気体(0℃,1気圧)の体積比は約 1:800 です.
だから,一見少量の液体酸素に見えても,実際の量はかなりものです.
可燃物との反応が一度起こると,温度が上昇して急激に液体酸素が蒸発しますので,
爆発(あるいは爆発的燃焼)が起こるというのは,そのあたりが原因でしょう.

液体酸素自身の性質を調べる,
あるいは国際実用温度目盛との関連
(酸素の三重点 54.3584 K が定点になっている)
で使われることはありますが,単に寒剤の目的で使われることはまずありません.
たいていの場合,液体窒素で代用できますので.

液体窒素を空気と広い面積で触れさせておくと,
沸点の違いにより(酸素 90 K,窒素 77 K)だんだん窒素が酸素に置き換わり,
液体窒素のつもりがいつの間にか危険な液体酸素になっている,
などのことが起こりますので,そのあたりも注意が必要です.
    • good
    • 0

私も液体酸素に火のついた布を入れて爆発するのを見たことがあります。


有機物の量によりますが、ある発熱速度を超えると爆発的に反応が進みます。
場合によっては大変危険ですので、授業などでやるのはやめたほうがいいでしょう。

関連HPを下にあげておきます。

参考URL:http://www.zzz.or.jp/~masasuma/alchemst/l98-12.htm
    • good
    • 0

かなり危険なので止めた方が良いです。


安易に液体酸素を扱ってこぼしてしまい、可燃物にこぼれた所に
火が点いて爆発する事故がよくおきます。横須賀市消防本部の一
般向け消化訓練の実演で、わらに液体酸素をかけて火を点けた途
端に爆発するという事故を起こした事もあります。NHKの理科の
番組の収録中に液体酸素をこぼしてしまい、そこにひいてあった
布にアルコールランプか何かが引火した事故を起こしたというの
を本で読んだ事もあります。そもそも、可燃物に液体酸素を染み
込ませて爆発させる液体酸素爆弾が研究された事もあります。
(結局火薬が高性能化したので実用化されなかったようです)
    • good
    • 0

液体酸素は液体窒素で酸素ガスを冷却して得られる青色液体です。


反応性が高かったように思いますが、
確か液体空気での事故もあったように記憶しています。
下記のHPに実験例があります。

参考URL:http://www.mpec.tsu.mie.jp/kyoiku/kyouzai/kagaku …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

寒剤」に関するQ&A: 小学2年生の科学研究。

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q蚊取り線香の燃え方について

蚊取り線香は、先端を炎が出るほど燃やすと余り煙が目立たないように見えて、通常の使用法のように燃やすと煙が目立つように思います。これは単に目の錯覚のようなものか、燃えるメカニズムが何か異なるのか教えて下さい。

Aベストアンサー

そもそも、蚊取り瀬藤は、芯になる渦まきに、薬剤を塗布しているもの(ピレスロイド化合物)
これは、揮発性が低いので、熱で発散させる。
マット式やノーマットでも同じ。
線香が赤く燃えているところでなく、その手前のところで薬剤がいぶし出されているわけです。

穂の大が出るように燃やしちゃうと、薬剤までの得て分解するから蚊取り線香にならない。

Qメタンとエチレンを生成する実験での試験管

メタンとエチレンを生成する実験をしたのですが、メタンの場合酢酸ナトリウムと水酸化ナトリウムが入っている試験管の口を少し下げ、エチレンの場合エタノールと硫酸の入っている試験管の口を上げてガスバーナーで加熱しました。なぜ試験管の口を下げたり、上げたりするかそれぞれ教えてください。

Aベストアンサー

エタノール+濃硫酸のほうは#2 w-palaceさんのとおりです。液体の入った試験管の口を下げたら流れ出てしまうことくらい容易に想像つきませんか?想像できないのだとしたら、日常生活に困ってると思いますが。

固体を加熱する場合で、水(など)が発生するであろう場合には試験管の口を下げる必要があります。これは中学校でよく「なぜか」なんて聞かれる問題ですね。熱した試験管内で水蒸気が出て、加熱部分でないところで冷えてしずくになり、それがそこの部分にたれてくると、熱した部分がしずくで急に冷え、ガラスが割れてしまいます。それを防ぐ目的ですね。
この方法でメタンを発生させるときに、反応式の上では水が出てきませんが、酢酸ナトリウムの結晶が水を吸っていたり水和物であったりするので、試験管の口を下げて行う必要があります。

Qスチールウールの燃焼の実験。

スチールウールを燃焼するとき、空気を送りながら加熱するんですけど、なぜ空気を送り込むのですか?

教えて下さい。

Aベストアンサー

燃焼は、激しい酸化です。
周りに多くの酸素(空気)があれば、問題ありませんが、
狭い空間(ガラス管の中など)で燃焼させるには、
空気を送りながらでないと、周りの酸素を使い切り、
全てを燃焼させるのが困難な為と思われます。

Qある液体培地を作り その中にコウジカビを入れ 3日間培養させます。 その培地を吸引濾過し、 そのろ液

ある液体培地を作り
その中にコウジカビを入れ
3日間培養させます。
その培地を吸引濾過し、
そのろ液に澱粉を入れて
100℃で反応させます。
コウジカビが作った
アミラーゼなどの酵素が
働いて、ブドウ糖とかになります

そのあと、その溶液に
蒸留水を加えて希釈した後
紫外可視分光光度計で
吸光度を測定するのですが

間違って、実験書に書いてある
量よりも多く蒸留水を
加えてしまいました。

このことによって
測定結果(吸光度)には
どんな影響がありますか?

Aベストアンサー

単純に薄くなるので、濃度に比例して吸光度も変わります。・・・・当たり前ですが
ランベルト・ベールの法則

Q液体窒素での実験

中学校で液体窒素を用いた実験を使用と思います。
オーソドックスな実験をいくつかしようと思って
いるのですが、液体窒素はビーカーに移して用いて
大丈夫でしょうか?
ガラスは極端に熱いものなどを入れると割れるので
少し心配です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

低温とは言ってもせいぜいマイナス200度程度、温度差はさほど大きくないのでたいていは大丈夫だと思いますが。
外気温と差が大きかったり、使い込んだビーカーとかだとたまに割れてしまうこともあります。
メーカーとか業者に大丈夫か尋ねてはどうでしょうか?

あと、カップ麺のような発泡スチロールでできた器であれば
容易に壊れたりしないと思います。壊れてもそれほど痛くないですし。
あ少し多めに扱う場合は、同じく発泡スチロールで作られた蓋付きのクーラーボックスで扱います。
少々小さめなものであれば100円ショップに売っていましたね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報