人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

サプリを複数飲んでいます。(ダイエット系・美容・漢方など。)
よく含有成分の最後に「二酸化ケイ素」とか「酸化チタン」という共通成分がありますが、これは複数飲んでも大丈夫なのでしょうか??
微量とは思いますが複数飲んでいて今後も増やす可能性あるので、アレルギー反応など起こらないか心配です。
詳しい方、教えてください。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

サプリメントや健康食品の場合、二酸化ケイ素、酸化チタンは食品添加物になります。


FAO/WHOの機関も安全性評価をしていますが安全性の高い添加物です。
規格基準や使用基準、範囲も決まっていて毒性試験が行われていますので基準どおり製造されていれば安全なものです。

No.2さんが説明されているように医薬品基準で製造されていれば安全性は高いと思います。
健康食品の場合は使用基準があります。
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku …

アレルギーを起こすおそれのある卵、乳、小麦、ゼラチンや大豆など決められた成分は表示義務があります。
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku …

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/syoku …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございましたm(__)m
基本的には基準内であれば安全なのですね。また添加物自体にはアレルギー性はなさそうですね。
以前、「化粧品での添加物の蓄積で肌がくすむ・シミになる」というのを聞き、飲用しても内臓の中が黒くなると聞きました。
どちらにしてもあまり長期で飲むのはやめようと思います。

お礼日時:2007/06/24 22:51

二酸化ケイ素や酸化チタンは、錠剤のコーティング剤としてしようしています。

コーティングとは「錠剤を呑みやすくしたり、割れ・有効成分の保護などの為に行うことです。」呑んでも体の中に吸収されずに、「大便」で排出されます。
もし危険があるとすれば、二つの物を粉で取り扱う時のほうが危険で、長期間吸い込むとケイ肺を起こす事があります。
私は現在製薬会社に勤務しこの二つの原料は毎日使用しています。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございましたm(__)m
体内に吸収されずに排出されるとは初めて聞きました。
蓄積されることはないということでしょうか・・。
飲用する分には、添加物それ自体には心配はなさそうですね。

お礼日時:2007/06/24 22:55

サプリメントを沢山飲む人は仰るように,高い金出して添加物を飲んでいるようなもんです.


健康被害も沢山出ています.勿論濃縮された成分で障害が出ていますが,多量に使われている添加剤もいろんな障害が出ています.
サプリを飲んでも,恐らく気付くような効果は実感できないはずですが,副作用だけははっきりでますから,異常を感じたら,即止めることです.

 http://hfnet.nih.go.jp/
 http://www.pref.kanagawa.jp/osirase/seikatueisei …

 http://allabout.co.jp/fashion/supplement/subject … 
http://mmh.banyu.co.jp/mmhe2j/sec02/ch019/ch019a …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございましたm(__)m
サイト拝見しましたが、様々な健康被害があるのですね・・勉強になりました。
今まで効果を実感したのは、コラーゲンによる肌の改善と、漢方の利尿作用くらいです。ダイエット系はほぼ効果ありませんでした。
栄養補助程度に安心できるものを選んでいきたいと思います。

お礼日時:2007/06/24 22:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q二酸化ケイ素は発ガン性物質?!

昨日、報道ステーションを見ていて、黄砂のトピックで、「二酸化ケイ素に発ガン性」という風に言っていたのですが、本当でしょうか?
本当だったら、普通のガラスが使用禁止になりかねないのですが・・・。

Aベストアンサー

残念ながらそのニュースは見ませんでした。^o^
二酸化ケイ素は石英ですので地殻の構成成分の中では最大でしょう、当然黄砂の中にも大量に含まれますが、私たちの足元の土の構成成分でもあります。花崗岩などでは長石と共に主成分をなしています。
どこにでもあるので、二酸化ケイ素だけで発がん性があるなら生命は発生してこなかった(少なくともDNAなど意味がなかった)でしょう。
発がん性があるなら二酸化ケイ素に吸着された、汚染物質でしょうね。

なお二酸化ケイ素は食品添加物としては「ろ過助剤の目的以外の使用不可最終食品の完成前に除去すること」になっていますね。
http://www.ffcr.or.jp/zaidan/MHWinfo.nsf/a11c0985ea3cb14b492567ec002041df/8aa11687a2aaf0c4492570650018d5ba?OpenDocument 

Q体をアルカリ性にするには?

こんにちは。
先日病院にて血酸値だか尿酸値が高いとの事で
体をアルカリ性にしなさいと言われました。
そのお医者さんの先輩が痛風持ちの方だったらしいのですが
毎朝バナナを1本食べて酸の値が下がって健康になったとの事で
バナナを勧められました。
ですが買い物に毎日行けない為、バナナは買いだめになり
痛みが早くて困っています。

さてバナナ以外に体をアルカリ性に出来る
食べ物って有りませんでしょうか?
どうか教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

お医者さんも、ちょっと説明が大雑把だったのかな?
(話をわかりやすくするために、あえて「体をアルカリ性」といった表現で説明したのかも?)

人間の体は高度な恒常性を保っており、皆さんがおっしゃるように、食品で体が酸やアルカリに偏ることはありません。

ただし、通風の予防・治療にアルカリ性食品は、とても意味のあることです。

体液のpHの調節には尿が使われており、酸性食品を摂ると尿が酸性に、アルカリ性食品を摂るとアルカリ性になって、酸やアルカリを体外に排出してバランスをとっています。
要するに、アルカリ性食品というのは、尿をアルカリ性にする食品ということです。

そして、通風の原因となる尿酸はそのほとんどが尿で排出されますが、アルカリ性の方が溶け出しやすく、スムーズに排出されます。
ですから、尿をアルカリ性にすることは、通風(や尿路結石)の予防・治療に効果があります。


さて、ご質問の食品についてですが、大まかに言うと、リンや硫黄、窒素を多く含むもの(肉・魚)が酸性、カリウムやカルシウムを多く含む物(野菜・果物)がアルカリ性食品です。

具体的には、以下の表を参考にしてください。
http://www.wellba.com/wellness/food/contents/00301/table.html

表の見方の注意ですが、酸度・アルカリ度の数値だけでなく、食べる量も考慮することが大切です。
例えばシイタケはアルカリ度の高い食品ですが、一度にそれほど多く食べるわけではありません。
一方、先生がおっしゃったバナナは、カリウムを豊富に含み、かつそれなりの量を食べられます。

こういったことを加味して効率の良さそうなアルカリ性食品を挙げると、果物、根菜類、芋、あと(表にはありませんが)ワカメはかなりアルカリ度が高く、少量でも意味がありそうです。
一方、大豆や干しいたけはアルカリ性食品ですが、プリン体も多く含みますので、微妙です。

逆に、注意すべき酸性食品は、鶏肉、卵黄(卵白はアルカリ性)、マグロ、玄米あたりでしょうか?

ただし、食品は薬のように即効で効果があるわけではありません。
以下のサイトでも、実際に影響が出るまで1ヶ月以上かかっています。
http://www6.plala.or.jp/yamaski/fruits/alkaline.htm

「バナナを食べればそれでOK」ではなくて、基本的な食生活を改善する(肉や魚介類を控え、野菜をたくさん摂る。アルコールは通風にも悪影響がありますので、お酒は控えめに。など)ことが大切だと思います。

参考URL:http://www.nhk.or.jp/gatten/archive/2001q1/20010117.html

お医者さんも、ちょっと説明が大雑把だったのかな?
(話をわかりやすくするために、あえて「体をアルカリ性」といった表現で説明したのかも?)

人間の体は高度な恒常性を保っており、皆さんがおっしゃるように、食品で体が酸やアルカリに偏ることはありません。

ただし、通風の予防・治療にアルカリ性食品は、とても意味のあることです。

体液のpHの調節には尿が使われており、酸性食品を摂ると尿が酸性に、アルカリ性食品を摂るとアルカリ性になって、酸やアルカリを体外に排出してバランスをとっ...続きを読む

Qセルロースは食品添加物?

最近、添加物について気になっています。粉チーズやピザ用チーズなどに入っている「セルロース」って食品添加物なのでしょうか?
なるべく食品添加物は取らないように心がけたいと考えています。教えて下さい!!

Aベストアンサー

>なるべく食品添加物は取らないように心がけたい
そのような心がけには意味がありません。
食品添加物を十把一絡げにするのは愚の骨頂です。

原材料成分としてセルロースと書かれているなら食品添加物です。ですが、その商品を摂らないようにしたところで、セルロースが口にはいらないかというと、あり得ない話です。
セルロースというのはヒトが消化できない多糖類(炭水化物)であり、植物の細胞壁を作る上で重要な成分です(だからcellulose=細胞の糖と言うのです)。食物繊維と呼ばれることもあります。なので、野菜を食べるというのは大量のセルロースを摂取すると言うことでもあります。

このように、元の食品に含まれていれば食品添加物ではなく、敢えて加えれば食品添加物となります。ですから、「食品添加物を摂らないようにする」という行為は無意味です。お茶に含まれるカテキンなども加えてしまえば食品添加物です。何が悪くて何がよいのかは、その成分の種類と量で決まるものですから、「食品添加物」などという大きな括りではリスクマネジメントとは言えません。

Qビオフェルミンのタルクという成分について

ビオフェルミンの成分にタルクというのが入っているんですが

ネットで調べると化粧品などで使われてる場合、有害だと出てました。

ビオフェルミンのように飲むタイプではどうなんでしょうか?

調べてみて分からなかったので、ご存知の方教えてください。

現在常薬してるので不安です(汗)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

タルクはいろいろな薬に添加物として使われていますし、漢方薬にもそれを成分のひとつとしているものがあります。
どういう意味で有害としていたのかわかりませんが、少なくとも通常使用で有害という証拠はないと思いますけどね。

ただし品質チェックをきちんとしていないタルクはアスベストを含むことがありこれが問題になったことはありますが、現在はちゃんとしたメーカーであればそのようなものは使っていないと思います。

Q添加物(ジェラン、微結晶セルロース、デキストリン)の安全性

添加物(ジェラン、微結晶セルロース、デキストリン)の安全性

私はココアが好きで、よく紙パックのココアを飲みます。
そのココアには原材料名のところに「安定剤(ジェラン)」と「微結晶セルロース」、「デキストリン」
という添加物が記載されているのですが、
これらはそこそこ摂取しても体に害(危険性)はないのでしょうか?
摂りすぎはさすがにどんなものでも良くないとは思いますが…。

デキストリンについては、馬鈴薯から作られているということが検索して判明したので、
まぁ害はないのかな、とは思っていますが、一応確認したいです。
ジェランと微結晶セルロースについてはよく分かりませんでした。

何方かご教授くださいませ。
宜しくお願い致しますm(_ _)m

Aベストアンサー

普通の量では接種しても害が無いから、入っていると言う事はおいといて…

ジェランはジェランガムと言って、多糖類でネバネバさせとろみを出す物です。寒天の代わりとして実験に使ってたりもします。

セルロースも多糖類でこちらも同じような作用です。β-グルコースが重合してできており、綿などの繊維です。

ココアは乳化を維持(ほっとくと牛乳の成分が沈殿する)するために、これらの成分が安定剤として加えられています。

どれも普通に飲む程度であれば、急性毒性も、慢性毒性もありません。

Q二酸化チタンと酸化チタンの違い

こんにちは。はじめまして。

最近手作りの化粧品を作っているのですが、「日焼け止め」も作ってます。クリームになるベースを作って、そこに「二酸化チタン」をまぜて日焼け止めとするのですが、ある材料ショップで「二酸化チタン」ではなく「酸化チタン」の名前で販売されていました。化学式はTiO2でまったく同じで「酸化チタン」と「二酸化チタン」は同一のものである、という説明が書いてあります。

また、ある本では「二酸化チタンには光毒性があるが、酸化チタンには毒性が確認されていない」との記述があるそうです。(成分表でわかる買いたい化粧品という本)

自分でオンラインで調べてみたところ、化学式が同じでも結晶構造によって用途が違うと書いてあるページを見つけたのですが、化粧品用に日焼け止めとして「二酸化チタン」と表示がある商品は、いったいどれにあたるのでしょうか?また、結晶構造が違うという理由で、化学式が同じあっても、人体に与える影響があったりなかったりするのでしょうか??

化粧品の化学に詳しい方がいらっしゃったら教えていただきたいのです。
よろしくお願いいたします。

こんにちは。はじめまして。

最近手作りの化粧品を作っているのですが、「日焼け止め」も作ってます。クリームになるベースを作って、そこに「二酸化チタン」をまぜて日焼け止めとするのですが、ある材料ショップで「二酸化チタン」ではなく「酸化チタン」の名前で販売されていました。化学式はTiO2でまったく同じで「酸化チタン」と「二酸化チタン」は同一のものである、という説明が書いてあります。

また、ある本では「二酸化チタンには光毒性があるが、酸化チタンには毒性が確認されていない」との記述...続きを読む

Aベストアンサー

> 化学式はTiO2でまったく同じで「酸化チタン」と「二酸化チタン」は同一のものである

そのとおりです。化粧品の原料として使われる二酸化チタンのことを,単に酸化チタンと呼ぶこともあります。両者は区別されずに使われています。

> 「二酸化チタンには光毒性があるが、酸化チタンには毒性が確認されていない」

よって,この記述は間違えております。

> 化学式が同じでも結晶構造によって用途が違うと書いてあるページを見つけたのですが

これが正しい記述です。組成式が同じ TiO2 でも,結晶構造が「ルチル型」の場合は光不活性,「アナターゼ型」の場合は光活性で,光活性なアナターゼ型は光照射によって水や有機物を分解します。光触媒と呼ばれている現象です。

> 化粧品用に日焼け止めとして「二酸化チタン」と表示がある商品

これは不活性なルチル型です。日焼け止め以外にも,ファンデーションのベース,絵の具やペンキの白色顔料にも用いられます。

> 結晶構造が違うという理由で、化学式が同じあっても、人体に与える影響があったりなかったりするのでしょうか??

アナターゼ型には強力な光酸化作用がありますので,皮膚に塗布すると光毒性皮膚炎になる可能性があります。

> 化学式はTiO2でまったく同じで「酸化チタン」と「二酸化チタン」は同一のものである

そのとおりです。化粧品の原料として使われる二酸化チタンのことを,単に酸化チタンと呼ぶこともあります。両者は区別されずに使われています。

> 「二酸化チタンには光毒性があるが、酸化チタンには毒性が確認されていない」

よって,この記述は間違えております。

> 化学式が同じでも結晶構造によって用途が違うと書いてあるページを見つけたのですが

これが正しい記述です。組成式が同じ TiO2 でも,結...続きを読む

Qフィチン酸についてお聞きします

(1)豆乳と豆腐と納豆を毎日摂取していたのですが、フィチン酸を知り怖くなりました
豆腐と豆乳はフィチン酸が大量に含まれているとのことで摂取を控えようと思いますが
同じ大豆でも味噌や納豆は発酵させているので大丈夫と聞きました。
本当でしょうか?

(2)豆乳ヨーグルトは発酵させてるのでフィチン酸の心配はないですか?

(3)十六茶や爽健美茶やからだ巡り茶をよく飲んでますがフィチン酸は含まれますか?
色んな茶葉や発芽玄米が含まれているので不安です

(4)そもそもフィチン酸は、一緒に食べた食品の栄養や体内の栄養素を奪うというよりも、
フィチン酸を含む食品自体の栄養だけが吸収されないだけですが?
もしそうならマイナス作用というよりミネラル摂取の観点からするとプラスにはならないだけということですよね?



実はカルシウム摂取をしようと検索していたらフィチン酸が出てきて、従来の大豆食品による健康法及びカルシウム摂取の希望が根底から覆されてしまい困惑している状態です。
豆腐と豆乳はやめてヨーグルト等の乳製品でカルシウムを取ろうかなと検討中です

玄米は発芽させれば大丈夫だとか、元々フィターゼがないから駄目だなど賛否両論あって
様子みたほうがいいかなというのが私の考えです

(1)豆乳と豆腐と納豆を毎日摂取していたのですが、フィチン酸を知り怖くなりました
豆腐と豆乳はフィチン酸が大量に含まれているとのことで摂取を控えようと思いますが
同じ大豆でも味噌や納豆は発酵させているので大丈夫と聞きました。
本当でしょうか?

(2)豆乳ヨーグルトは発酵させてるのでフィチン酸の心配はないですか?

(3)十六茶や爽健美茶やからだ巡り茶をよく飲んでますがフィチン酸は含まれますか?
色んな茶葉や発芽玄米が含まれているので不安です

(4)そもそもフィチン酸は、一緒に食べた食品の栄...続きを読む

Aベストアンサー

豆乳200gには、銅0.24mg、鉄2.4mg、マグネシウム50mg、カリウム380mg、亜鉛0.6mg、カルシウム30mg、リン98mg、ナトリウム4mg、マンガン0.4mgなどのミネラル類を含んでいます。

ではフィチン酸とは何かというとC6H12O6の分子式であるイノシトールにリンが6つ結合してリン酸化した物質です。その6つのリン酸にミネラル類が結合すると、分子量が大きくなりすぎて水に解けなくなって額面どおりに人体には吸収されないというのです。

フィチン酸消化酵素であるフィターゼがあるとフィチン酸を分解してミネラル類が吸収できるようになるが、牛は別として人間はフィターゼを十分持っていないのです。納豆が良いのは納豆菌がフィターゼを持っていて人間の代わりにフィチン酸を分解してくれるからなのです。

じゃ豆乳を飲んでもミネラル類が吸収されないのかというと私はそうは思わない。厳密な計算はできないけど、豆乳の豊富なミネラル類を100%フィチン酸がブロックしているとするなら、豆乳に含まれるリンの重量はもっと重くなると思うのです。ミネラル類は原子1個の質量がそれぞれかなり異なるけど、イノシトール1つに6つもリンが結合すれば、それだけでかなり重くなる筈なのです。

人は普段余りカリウムを意識していませんが、豆乳に最も多く含まれるのはカリウムで、カリウムとカルシウムの原子量はほとんど同じです。原子1個の質量は、どちらも大きく違わない。
フィチン酸は確かにミネラル類と結合しやすく、そうなると人体への吸収を阻害してしまいますが、カリウムを無視してカルシウムを好むなどという道理は無いのです。

人間がカルシウムばかり意識しているというだけの話でフィチン酸がカルシウムだけを好むなどという理屈は有り得ません。

結論から言えば、「根底から覆されてしまい困惑している状態」というのは過剰反応、過大評価の極みです。マンガン、亜鉛といった微量元素を大豆加工食品だけに頼ろうというのは少し危険とは言えるけど、リンの含有量から考えて、ミネラル類の吸収を完全に阻害するほどのフィチン酸が含まれているとは考えられません。

そもそも特定の食品に偏りすぎるのは良くないし、特定の食品からだけ特定の栄養素を取ろうという態度も間違いです。ミネラル類の摂取に多少の難があるといっても豆乳は、タンパク質、脂質、ビタミン類を豊富に含んでいて栄養的に優れていると言えます。

カルシウムの多い食品と、含有量一覧表
http://www.eiyoukeisan.com/calorie/nut_list/calcium.html

カルシウム摂取をいうのなら、大豆加工食品だけでなく、骨ごと食べる小魚(煮干、ししゃもなど)、甲殻ごと食べる小エビ、子ガニ、ひじき、ごま、乳製品も食べるべきです。

なんにせよ、日本人は太古の昔から、穀類・豆類・魚類・魚介類・海藻類・木の実類・きのこ類・野菜類・果物類などを満遍なくバランスよく食べてきた民族です。日本は世界一食材の種類が豊富で五穀豊穣で海の幸、山の幸に恵まれた国なのです。

そういうことを考えれば、豆腐、豆乳、納豆と大豆加工食品ばかり3種類も食べているのはおかしい。
とかく女性は、みのもんたが口を開くたびにどどどっとなだれ込んで同じものばかり食べたがるのは困りものです。

豆乳200gには、銅0.24mg、鉄2.4mg、マグネシウム50mg、カリウム380mg、亜鉛0.6mg、カルシウム30mg、リン98mg、ナトリウム4mg、マンガン0.4mgなどのミネラル類を含んでいます。

ではフィチン酸とは何かというとC6H12O6の分子式であるイノシトールにリンが6つ結合してリン酸化した物質です。その6つのリン酸にミネラル類が結合すると、分子量が大きくなりすぎて水に解けなくなって額面どおりに人体には吸収されないというのです。

フィチン酸消化酵素であるフィターゼがあるとフィチン酸を分解してミネラル類が...続きを読む

Qサプリメントの常用は健康上危険なのでしょうか?

現在、サプリメントに頼って、ビタミンB2,B6,B12、C,D,E,亜鉛、イチョウ葉エキス、ビフズス菌、カルシウム、クエン酸などを定期的(販売元が勧める一日摂取量の80%目安を毎日)とってます。

サプリメントに頼ると、特にビタミンB群は自己の産生能力が落ちてゆく恐れがあって、ビタミン群もステロイドと同様に記号が合わなければ適材適所に作用しないはずだが、作ったビタミンは無印記号で侵入し作用するので、自分自身が作る記号のビタミンはやがて利かなくなるので危険である,,,,、と言った意見を眼にしたのですが、サプリメントの常用は麻薬と同じようにやめられなくなってしまうのでしょうか?

健康に良いと思ってやってることが、数年たつと否定されるケースがあり、疑心暗鬼でCMを見ているのですが、サプリメントも同じでしょうか?

肯定的な意見でも否定的な意見でも何でも結構ですので、アドバイスをお願いいたします。

Aベストアンサー

>危険ととるほうが賢明なのでしょうか
何でも分量が多ければ毒性を持ちます。ただその患者数が少ないか覆いだけかの違いです。
たとえばアミノ酸.蛋白質では必須です。しかし.アミノ酸代謝障害(腎不全など)の方には致死的になり兼ねません。
ビタミンB1塩化チアミンのLD50は経口で9000mg/kg.静脈で430.b2リボフラミンは腹くうで560.B6塩酸ビリドキシン経口で4000.ニコチン酸経口で5000.ハンテドール静脈で4000.葉酸静脈で120.B12酢酸ヒドロキソコバシラミン静脈で2000-4000です。
LD0はわかりませんが.程度の差はあれ毒性があります。

食品の場合.特に何かの交ぜ物と入っている場合には.「消化」されますので吸収にそれなりに時間がかかります。しかし.精製した薬剤で取ると.大体15-30ぷんで吸収が始まり1-3時間で血中濃度が最高になります。食品では物によりますが1-4時間かかります。瞬間的に高濃度になり易い濃度の高い製剤の毒性の一つとして.瞬間的に高濃度になり易い事があります。

それと.一部の方々が愛用しているが害がないという方の場合に.慢性的な栄養失調(偏食など.特に農村の場合にはあるものしか食べないので偏食が激しい)に陥っている場合と代謝障害を含めた内傷・外傷や吸収障害となっている方の場合があります。都市部の方の場合に重金属汚染・石油燃焼ガスによる大気汚染などの環境汚染による代謝障害で特定のビタミン需要が多くなっている場合があります。

ここでははっきりと中身が分かっている有効成分にのみ限りましたが.製剤の添加物や不純物の影響も考えなければなりません。
たとえばある羊歯の胞子はべとつかず物がくっつきにくくする性質があり漢方薬等で配合されていた時期があります。この胞子の発癌性が指摘され以後使われなくなりました。
ツムラの漢方薬には.煎じ薬と顆粒があります。顆粒を飲むとアレルギーを発生する方がいます。これは顆粒にするためにいろいろなものを添加していて添加物によるある種の中毒です。
日本仕様の何かの注射薬と海外仕様の違いはある種の添加物です。海外では温度が高いために変質しやすいので添加しています。この生産ラインを国内向けと海外向けとを同じ調合にしたら日本国内での副作用の発生が増えたという事があります。

化学合成の場合に結構物騒な薬品を使います。もし混ざっていたらどうなるのでしょうか。

なるべくならば使用しない.使用するときはごくかぎられたときに。これが純度を上げた食品成分を使用する場合の原則です。

>危険ととるほうが賢明なのでしょうか
何でも分量が多ければ毒性を持ちます。ただその患者数が少ないか覆いだけかの違いです。
たとえばアミノ酸.蛋白質では必須です。しかし.アミノ酸代謝障害(腎不全など)の方には致死的になり兼ねません。
ビタミンB1塩化チアミンのLD50は経口で9000mg/kg.静脈で430.b2リボフラミンは腹くうで560.B6塩酸ビリドキシン経口で4000.ニコチン酸経口で5000.ハンテドール静脈で4000.葉酸静脈で120.B12酢酸ヒドロキソコバシラミン...続きを読む

Q左わき腹(肋骨の下辺り)が痛い・・!?

左わき腹(肋骨の下)が痛いです。
我慢できないような痛みではないのですが、ずっと痛みが続いているので、少し心配になってきました。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

病院に行くのが先決かと思います。
↑という答え以外、ということで書きますね(笑)

私はよく肋骨下が痛くなります。
私の場合は表面でも内臓でもない2センチ奥ぐらいがチクッチクッと不定期に痛い感じです。たまにチクチクチク~っとも。身をよじる程度で耐えられないほどではないです。
これは中学に入ったぐらいから数年に1度、1週間~2週間ぐらいおこります。
何度か病院でレントゲンをかけて診てもらったのですが異常なし。「ストレスですね。」と言われるのですが思い当たるストレスは無いし…。

最初は病院でも見つけられない病気が潜んでいるのでは?と心配していましたが20年経っても元気です。

最近では「またきたか。」と思ってあきらめていますが
誰かこれはこうゆう病気ですよと言ってくれないかしらと常々思っています。

それで最近気が付いたことがあるのですが、パソコンや書き物などで前かがみの状態で異常に内臓を圧迫したときや、きついアンダーのブラを長時間つけていた時に起こりやすい気がします。思い当たらない時もあるので結局は定かではありませんが、qoo1234さんは思い当たることはありませんか?

まったく関係ないようでしたら、また他の方を参考にしてください。

病院に行くのが先決かと思います。
↑という答え以外、ということで書きますね(笑)

私はよく肋骨下が痛くなります。
私の場合は表面でも内臓でもない2センチ奥ぐらいがチクッチクッと不定期に痛い感じです。たまにチクチクチク~っとも。身をよじる程度で耐えられないほどではないです。
これは中学に入ったぐらいから数年に1度、1週間~2週間ぐらいおこります。
何度か病院でレントゲンをかけて診てもらったのですが異常なし。「ストレスですね。」と言われるのですが思い当たるストレスは無いし…。

...続きを読む

Q天然100%で一番お手軽なビタミンCのサプリメント教えてください

私はここ10年くらい、ずっとビタミンCのサプリを愛用していました。最初は医者から処方されたシナールに始まり、ファンケル、DHC・・。
おかげで(?)20代後半になってもシミはできてないですが・・でもこのごろ天然ものと合成ものとは違うっていう意見がありますよね?!
合成側の人は元素記号は一緒だから効き目は同じ・・とか言われますが、どうせ取るなら少々高くても天然100%のものにしたいと思っています。
なので、天然100%で、配合されたビタミンCの量に見合った値段が一番安いものを教えてください。
とりあえず私が知ってるのは化粧品メーカー”アスカ”のものなのですが・・。 ↓
http://www.natural-aska.co.jp/products.html
これならOKなのでしょうか?ただ、ビタミンCの含有量から考えるとずいぶん高いですよね。。
もっと安くて天然100%のサプリメント、オススメあったら教えてくださいm(__)m

Aベストアンサー

No.2のasrunです。
私も飲んでて気になったので問い合わせてみました!!
アスコルビン酸はやはりケミカル(天然ではない)だけども、ビタミンCの中では実績のある成分だそうです。
それから、ローズヒップはもちろん天然成分でした。
一緒にあるビタミンEも、天然成分だそうです。

参考URL:http://www.dms.co.jp/sup/SUP0001.html


人気Q&Aランキング