何年も事務をやってなくて出納帳の書き方を忘れてしまったので
経験者の方ご回答お願いいたします。

※振込帳または振込用紙と通帳を銀行窓口へ持って行き
振り込んだ場合です。
領収書として振込の控えをもらうので他の領収書と一緒に
綴っているんですが、これを現金出納帳に書き込んでよい
のでしょうか?

例えば銀行窓口に通帳と印鑑を直接出して地代を10000円振込ました。
振込手数料は525円です。

10000 現金/ 9475 地代家賃
        525 支払い手数料

それとも直接窓口から振り込んで現金が手元に出る訳ではないので
記入しなくてもよいのでしょうか?
ちなみに通帳には 振込・手数料という風にしか書かれて
いないのでどこに振り込んだかわかりにくいです。
(銀行帳はつけておりません)

昔やってた事務で確か書き込んでた記憶があるの
ですが定かではありませんので何方か回答お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

多分ですが、


かつては現金化の仕訳をしてらっしゃったのだと思います。

この場合正しくは同日処理で

現金 10,000 / 普通預金 10,000

地代家賃 9,475 / 現金 10,000
支払手数料 525

です。

また、小口現金を用意してらっしゃらない点、
当座預金ではない点などから、
もしかして、企業会計ではなく、収支会計なのではないでしょうか。
そうなりますと、現預金を合わせた出納帳になっていたりもします。
いづれにしても、出金について、支払先と内容は記帳されなければなりませんね。

この回答への補足

ありがとうございました。大変わかりやすいです。
やってみます。

補足日時:2007/06/24 10:30
    • good
    • 2

地代家賃 10,000/ 普通預金 10,000


となります。

手数料は相手負担なので家賃と手数料は分けません。


銀行帳はできれば作った方がいいですね。
作らない場合は通帳に直接メモ書きすると
後々困らなくて済みます。

この回答への補足

振込手数料はこちら持ちらしいのです。。
とりあえず参考になりました。ありがとうございました。

補足日時:2007/06/24 10:33
    • good
    • 0

預金から振込みした場合は現金帳に記入はしません、ANO、2の方の言われる様に銀行帳に記入します。


銀行帳はつけていないとの事ですが記帳の仕方は現金帳と同じですからぜひ作ってください。
今は良くても将来口座が増えたり何回か資金移動をしたりした時に後から追跡が出来なくなると大変困った事になります。

この回答への補足

ありがとうございます。銀行帳も必要ですよね。
小さな会社なので通帳コピーでいいそうですが、
今度会計士さんに相談してみます。

補足日時:2007/06/24 10:33
    • good
    • 1

質問文中の仕訳は、ありえません。

 
地代家賃9475 / 普通預金10000
支払手数料525 です、仕訳は。
現金出納帳と銀行別預金帳は、パソコン処理してても併用してつけるべきです。会社の規模に関係なく。

この回答への補足

そうなんですか。どうも会社によっていろいろ解釈が
違うようで本当に迷います。
ありがとうございました。

補足日時:2007/06/24 10:35
    • good
    • 0

私であれば、通帳に相手先名とかを書き込んでしまい、出納帳には


書かないですね。

出納帳に書く方もいるみたいですが、私は実際に現金の動きが
あった場合にだけ出納帳には記入しています。

この回答への補足

会社や会計士さんによって違うみたいで
大混乱です。預金から直接振り込んだら現金は
動いてないと思うのですが。。
アドバイスどうもありがとうございました。

補足日時:2007/06/24 10:36
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q受領書の発行について

受領書の発行義務について質問です。
お客さんから注文があった際には大抵注文書が送られてきます。
その時に複写で受領書がついているので受け取った証明として受領印を押し、受領書を渡します。
(そこまでは何の疑問もありません)

お客さんへ品物を納品する際、こちらは納品書(複写で受領書)を渡し、受領書に受領印をもらい受領書を持って帰るのが普通だと思いますが、納品先から納品先が発行した受領書をもらう場合があります。
(ここで疑問です。受領書がほしいのはうちなので、納品先がわざわざ自分達で受領書を発行しておく必要はないように思うのですが、どうなんでしょう?)

また、受領書なしに受け渡しをした場合には、「受け取ったor渡した」でトラブルが起きた場合にどちらの責任になるのでしょうか?

Aベストアンサー

>こちらには配送業者に渡したという送り状の控えが残ります。

この場合は運送業者の保管している受領書でOKです。通常は運送業者の使用する様式の受領書でしょうね。
できればその送り状に品名が明示されていることが望ましいとは思いますが。

私の会社でも、直販で全国に多数の得意先を持っていて、運送は全部業者任せでした。

時々得意先と着いた着かないという行き違いがありましたが、運送業者のそのあたりの事務処理は完璧で、常に受領書の控えがあり、それを取り寄せて得意先に提示すると解決できました。
この例は、毎月数万件の出荷がある会社の話です。

そこでは自社ではとても受領書の管理は無理だったので全部業者に任せていましたが、この伝票によるトラブルはほとんどなかったと思います。
最も運送業者もそれが立証できないと配達した事実が証明できないので運賃がもらえないですよね。

Q事業用銀行口座と現金出納帳・預金出納帳

昨秋開業した、青色申告予定の個人事業主初心者です。実は事業用銀行口座を昨年開設はしましたが、昨年内は使うことなく、必要経費をすべて個人用銀行口座から家庭用と共に引き出してまかない、年を越してしまいました。

今更ながら、現金出納帳と預金出納帳をどう処理したものか困っています。

参考になるご意見をお持ちの方がいらっしゃいましたら、ご教示願いたいと存じます。

Aベストアンサー

※例を書きますので参考にして下さい。
お父さんが定年退職金2千万円で事業を始めました。このお金は個人の自由にはなりません。会社「事業」のための運用資金として処理されますので、出納帳・仕訳帳をしっかり記帳してください。

借方資産の部の現金及び預金であり、負債の部の資本金なのです。
上記を理解した上で当てはめて仕訳経理処理して下さい。銀行口座は会社は当座預金に個人は普通預金とはっきり区別して下さい。

>会社で出納した金額の内容金額を年月日ごとに整理して仕訳記帳して下さい。「証憑書類はB5用紙に左側を綴じるように、領収書・レシ-ト等を糊付けして上に年月日透視NO右下に合計を記載する。」

Q納品書・受領書について

会社が取引先に商品を直接納品するときに、たいてい納品書を渡し、納品書から複写された受領書にサインなどをもらい、持ち帰りますよね(物によっては違うと思いますが)。

でも、宅急便とかで送られてくる商品の場合、宅急便の荷札の受け取りにサインをして宅急便の配達の方が持ち帰ることで受領書の代わりになっていると思います。
そしたら、同封されているのは納品書のみでいいはずですよね?
でも、ほとんどの会社が受領書も同封してくるのはなぜでしょう?
返信用封筒が入っているとか、「受領書は返送してください」と書いてあるのならわかるのですが、それもないですし。だから受領書は捨てちゃってるんですが。
今の会社に勤めてかなりたっているので、今更会社の人にも聞きづらくて・・・

「それが暗黙の了解なんだよ!」とかでも構いません、事情を知ってらっしゃる方いましたらお願いします。

Aベストアンサー

昔からの習慣で・・・と言い切ってしまうのは乱暴でしょうか。(^^;)

ただ、会社というのは、帳票にしても、業務処理にしてもそれが本当に必要なものかどうか、よく考えると???となるようなことがよくありますよね。
ご指摘のような受領書もその類ではあると思いますが、例えば同じ納品でも、宅配便で届ける場合と、直接持っていく場合があります。
そんな時、直接の場合だけ受領書を用意するってのも面倒くさいってのもあるかもしれません。

私の場合は届けられることが多いのですが、受領書とともに切手を貼った返信用封筒が同封されてくるような取引先は、「きちっとしてるなぁ」といつも感心しながら受領印を押しています。

Q自宅兼事務所(教室)の備品と開業費の現金出納帳への記入の仕方について

自宅兼事務所(教室)の備品と開業費の現金出納帳への記入の仕方について

備品(パソコン12万)を開業前に購入しました。
パソコンは仕事で使いますが、個人用としても使用しています。この様に事業+個人使用で使用する備品は、家賃や光熱費の様に事業での使用分(50%など)を経費として現金出納帳に記入すればよいのでしょうか?

また、開業費(教材費・備品等)は開業日の日付けで”開業費”として記入してよいのでしょうか。。。?

申告は白色で行う予定です。

どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

仕訳

開業費6万円 / 現金 12万円
事業主貸6万円

仕訳の日付は開業の費でいいですが、現金出納帳は実際の日を書いておきます

Q受領書

似たようなご質問が前にもあがっているかも知れませんが
質問させて下さい。

弊社は売上(請求)は納入ベースとなっているため
売上(請求)の根拠として物品の受領書の回収が義務づけらていますが、
納品先の受領印をもってして「受領書」となすのは
当然のことであるとは思われますが
例えば契約のある配達業者の送り状の
荷物預かりの受領印を「受領書」として代用することは可能なのでしょうか。

御回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

それは常識的に考えてNGでしょう。

なぜなら、配送業者の受領書は、
「配送業者から荷物を受け取った」と相手が捺印をしているので
あって、
「あなたの会社から、頼んだ通りの荷物を確認した」受領印ではないからです。

Q現金出納帳と、金銭出納帳は同じもの?

長年、カウンセラーとして経験は積んでいまして、今回、カウンセリング・オフィスを
私設開業する運びになったのですが、(質問内容と直接関係のないことを書いたのは
逆に、簿記や経理にいかにドシロウトかをわかっていただくためですが)

青色申告なども必要かと思い、「起業の手引き」なる本を参考に手探りでやっていますが、
詳しい人からは、笑われるような基礎かと思うのですが、本には受け掛け帳や買い掛け帳、
経費帳、固定資産台帳とともに、「現金出納帳」なるものが必要と書かれていましたが、

文具店で、捜したところ「現金出納帳」なるものは、見つけられず、「金銭出納帳」というもの
しか見つけられなかったために、「金銭出納帳」を買ったのですが、外国語のものを訳した
場合などには、現金も金銭も、訳し方の違いぐらいで、同じ意味でどっちでも良いという
場合も多いかともおもいましたが、経理用語として、「現金」と「金銭」は同一と考えて
差支えがないのかどうか。

知り合いに、あまり経理に詳しい人がいないために、一笑にふされそうなことかもしれません
が、教えていただけると、ありがたいです。

長年、カウンセラーとして経験は積んでいまして、今回、カウンセリング・オフィスを
私設開業する運びになったのですが、(質問内容と直接関係のないことを書いたのは
逆に、簿記や経理にいかにドシロウトかをわかっていただくためですが)

青色申告なども必要かと思い、「起業の手引き」なる本を参考に手探りでやっていますが、
詳しい人からは、笑われるような基礎かと思うのですが、本には受け掛け帳や買い掛け帳、
経費帳、固定資産台帳とともに、「現金出納帳」なるものが必要と書かれていましたが、

文具...続きを読む

Aベストアンサー

現金出納帳という言葉の方がよく使われますが、両方とも同じです。

Q一般顧客への納品書・物品受領書の発行の有無について

いつもお世話になっております。

昨年に配属され、自分なりに1年やってきましたが煩雑なところもあり合理化しよう色々考えています。
一番頭を悩ませてるのは請求書・納品書・物品受領書です。
個人客に販売してますが、その場合納品書・物品受領書は必須でしょうか?
お客さんは300人程(まだ増えそう)おり、繁忙期だと毎朝大量の伝票を発行するのが非常に煩雑になってきました。
伝票のフォームはエクセルで作成されてあり、受注番号を選択するとその番号の購入者・商品・単価など金額も全て表示されるようにはしています。

営業が納品書・物品受領書を発行しても配達時は持って行かない(前納の時は受注を確認後発行してます)とこもしばしばで、机の中に昔の納品書・物品受領書が放置されています。
紙も安くないわけだし、こんな現状なら作成しなくてもいいかなと思ってるのですが…。
やはり、納品書・物品受領書は必要だと思いますか?

Aベストアンサー

例えば発送で商品を届ける場合は受領書が必ず回収できる訳ではないので、納品書のみでも可だと思いますが、自社で配達しているのなら納品書とともに受領書をもらうことなど一連の作業なので書類よりもまず営業のかたの配達方法に問題があると思います。
双方ともに責任を持たさないと(渡した、受取ったという責任)何かあった場合、あなたの会社側のみの責任になってしまいませんか?

Q個人事業主の現金出納帳の現金残高は家計の現金残高と一致?

 こんにちは、みなさん!!

個人事業主の会計において現金出納帳は必ずつけます。
収入が事業収入だけの場合は事業主はその収入で生活をしていることになります。

家計費の支出についても事業主貸勘定を使い、生活費をとっている仕分けを切ります。

したがって、現金出納帳は家計の現金残高と同じなのでしょうか?

現金出納帳=会社の金庫=事業主の財布となっているのでしょうか?

それとも、会社の金庫(会社の金庫)と事業主の財布は明確に分けられているのでしょうか?

ご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は、個人事業主/青色申告者です。
すでに多くの方から回答が寄せられておりますが、私の場合を説明いたしましょう。
わが家には、三つの財布があります。
(1)個人事業の財布
(2)私(個人事業主)の個人的な財布
(3)妻の財布
この三つを明確に分けて、(1)(2)については私自身で現金出納帳を記載しています。((3)については、当然妻が管理)
先般新たに購入した10万円未満のノートパソコンの購入代金は、(1)の現金出納帳に、事業分/個人分=6/4に按分して、事業分→科目「消耗工具備品」、個人分→科目「事業主貸」に仕訳けてパソコン入力しました。
知人から受取った「お祝い金」のような明らかに個人分に該当するものは、(2)にだけパソコン入力しております。
従って、表題の「個人事業主の現金出納帳の現金残高は家計の現金残高と一致?」のご質問への回答は、「一致しません」となります。
以上、ご参考になれば幸いです。

Q複数行の差し込み印刷で納品書(上)受領書(下)とA4で上下に同じものを表示させたい

店別に上半分には納品書、下半分には受領書として同じ内容をwordの差込印刷を使って表示させ印刷したいです。
(データはexcel2000で作ってます)

excelデータの方では
店  納品書書名 納品書冊数  受領書書名  受領書冊数 ダミー
A   あああ    1000    あああ    1000    1
A   いいい    1980    いいい    1980    1
A   ううう    1050    ううう    1050    1
B   あああ    980     あああ    980     1
B   いいい    1110    いいい    1110    1
C   あああ     500    あああ     500     1

と 納品書書名=受領書書名 納品書冊数=受領書冊数で作ってみました
(店によって行数は異なります。最大で13行)
その後、集計でグループ基準【店】でダミー列の合計を出して空白行を作りました

店  納品書書名 納品書冊数  受領書書名  受領書冊数 ダミー
A   あああ    1000    あああ    1000    1
A   いいい    1980    いいい    1980    1
A   ううう    1050    ううう    1050    1
A計                             3
B   あああ    980     あああ    980     1
B   いいい    1110    いいい    1110    1
B計                             2
C   あああ     500    あああ     500     1
C計                             1

そのあとwordで上半分(納品書)に14行の表を作り、下半分(受領書)にも14行の表を作りました。
上半分の表に差込印刷から

《店》様

《納品書書名》           《納品書冊数》
《Next Recoed If》《納品書書名》  《納品書冊数》
《Next Recoed If》《納品書書名》  《納品書冊数》
《Next Recoed If》《納品書書名》  《納品書冊数》

としてNext Recoed Ifは
フィールド名を【納品書書名】
比較【等しくない】
比較対照【""】
としました。

ここまではうまくいき、新規文書に差し込んでうまくいってるのですが
このあと、下半分の受領書にも受領書書名と受領書冊数を表示させたいのですが
行き詰ってしまいました。

何かうまくいく方法を教えていただけたらと思います。

店別に上半分には納品書、下半分には受領書として同じ内容をwordの差込印刷を使って表示させ印刷したいです。
(データはexcel2000で作ってます)

excelデータの方では
店  納品書書名 納品書冊数  受領書書名  受領書冊数 ダミー
A   あああ    1000    あああ    1000    1
A   いいい    1980    いいい    1980    1
A   ううう    1050    ううう    1050    1
B   あああ    980     あああ    980     1
...続きを読む

Aベストアンサー

どうしてもWordの差し込み印刷を使い、納品書と受領書を同じページに
配置して、さらに[ Next Record If ]フィールドを使って店名を基準に
したいのなら、納品著と受領書を左右に配置して、同じ行に並べます。

一つの表として作成すれば[ Next Record If ]フィールドの対象になる
行は同じになるので、左右にレイアウトを別々に見えるようにしても、
問題なく差し込みができるようになります。
これを[新規文書への差し込み]で確認すれば、店名ごとに差し込みして
ページが区切られていることを確認できると思います。

添付した画像は別の検証時に作成してあったデータをもとに、表組みを
したものに、差し込みで[ Next Record If ]フィールドを配置してみて
検証および確認するために用意したものです。
少ないデータでしたが問題なくレイアウトできましたので、質問にある
ものに近い差し込み形式だと思います。

Q現金出納帳に記入について。

自由業を営んでおります。
経理は初心者で、悪戦苦闘しておりまして
現金出納帳の記入についての質問です。

事業用の口座
個人の口座(クレジットカード決済に使用)
現金

通常のお金の流れですがプロバイダー等通信費など、事業用・個人用含めて個人口座をクレジットカード決済用に使用し、打ち合わせの経費等は事業用口座から引き出して使用しています。その中で交際費以外の食費などは、事業に関係のない経費は「事業主貸」として処理すればいいのでしょうか。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

補足につきお答えします。
事業主分は下記の勘定科目で会計します。
事業用の口座の場合
事業主分は、「事業主貸」となります。
個人の口座(クレジットカード決済に使用)の場合
事業主分は、「事業主借」となります。

個人の通帳から事業用に現金を引き出した時
現金/個人通帳より/事業主借
事業用の通帳から現金を引き出した時
現金/現金引き出し/普通預金
上記現金から事業主分を支払った時
事業主貸/昼食代/現金
個人通帳から事業経費をクレジットで支払っている場合
銀行引き落とし日で事業経費分だけ計上します。
100車両費/○○クレジットガソリン代/事業主借300
100通信費/○○クレジットプロバイダー代
100交際費/○○クレジット○○食堂
クレジットカード会社の請求書の内訳には、それぞれの該当欄に経費勘定科目を書いて捺印して保管します。
ご参考まで


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング